MS-DATABASE-別館

MS-DATABASE-別館 INDEX

ブログはカスタマイズしにくい、ということで INDEX をこちらに移設。
少しずつイジッて、見易くしていきたいと思います。


スポンサーサイト

Billboard Black Singlesチャートのウルトラダウン記録

 先日DB化が終了したBillboard Black Singlesチャートの様々なチャートアクションをご紹介いたします。
 今回はウルトラダウン記録。
 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入される直前週である1992/11/28付まで。

 この間、前週から最も大きく順位を下げたのはSing A Happy Song-The O'Jays。1979/11/3付で前週の15位から93位へと78ランクのダウン。この週は同作を始め前週から30ランクダウン以上したシングルが7作を数えるなど、ウルトラダウンが続出した週となりました。

■前週から73ランク以上ダウンしたシングル
日付 ダウン幅 当該週 前週 Title Artist
1979/11/03 -78 93 15 Sing A Happy Song The O'Jays
1982/01/23 -77 100 23 Shake GQ
1981/06/06 -76 99 23 Get Tough Kleeer
1977/06/11 -76 100 24 You're Throwing A Good Love Away Spinners
1979/09/22 -75 100 25 Dance "N" Sing "N" L.T.D.
1980/06/28 -74 98 24 Don't Say Goodnight(It's Time For Love) The Isley Brothers
1984/09/01 -74 100 26 Beat Street Breakdown - Part I Grandmaster Melle Mel & The Furious Five
1979/11/03 -73 91 18 Come Go With Me Teddy Pendergrass
1979/09/08 -73 96 23 Ring My Bell Anita Ward
1980/02/16 -73 97 24 Move Your Boogie Body Bar-Kays
1984/09/01 -73 98 25 Feels So Real (Won't Let Go) Patrice Rushen
1980/08/23 -73 99 26 Shining Star The Manhattans


 TOP10内から最も大きく順位を下げたのは1982/10/30付で前週の10位から58位へと48ランクダウンしたThe Message-Grand Master Flash & The Furious Five。
 同作に続くのが1980/12/20付で前週の8位から55位へと47ランクダウンしたAnother One Bites The Dust-Queen。Queenがブラックチャートにエントリーとは何とも新鮮な感があります。

■TOP10内から27ランク以上ダウンしたシングル
日付 ダウン幅 当該週 前週 Title Artist
1982/10/30 -48 58 10 The Message Grand Master Flash & The Furious Five
1980/12/20 -47 55 8 Another One Bites The Dust Queen
1979/08/04 -44 51 7 Boogie Wonderland Earth, Wind & Fire with The Emotions
1978/10/28 -34 38 4 Got To Get You Into My Life Earth, Wind & Fire
1975/11/22 -33 39 6 Sweet Sticky Thing Ohio Players
1973/07/21 -32 37 5 Hey You! Get Off My Mountain The Dramatics
1976/11/13 -31 41 10 Anything You Want John Valenti
1976/11/20 -30 38 8 Message In Our Music The O'Jays
1978/11/04 -29 37 8 Holding On(When Love Is Gone) L.T.D.
1975/07/05 -27 34 7 Sadie Spinners
1978/06/17 -27 34 7 On Broadway George Benson
1975/09/13 -27 37 10 The Phones Been Jumping All Day Jeannie Reynolds
1983/02/05 -27 37 10 Young Love Janet Jackson


 1位からの最大ランクダウンは1988/03/05付で前週1位から20位へと19ランクダウンしたGirlfriend-Pebbles。
 1位からTOP10圏外にダウンした作品は同作を含み7作を数えます。

■№1から11位以下にダウンしたシングル
日付 1位からの
ランクダウン
Title Artist
1988/03/05 20 Girlfriend Pebbles
1991/09/21 15 Let The Beat Hit 'Em Lisa Lisa & Cult Jam
1989/07/01 14 Have You Had Your Love Today The O'Jays
1989/02/18 13 Can You Stand The Rain New Edition
1988/09/24 12 Another Part Of Me Michael Jackson
1975/02/15 11 Happy People The Temptations
1989/05/27 11 Start Of A Romance Skyy

 前週、最も高い順位から翌週TOP100圏外に去った作品は、1977/12/31付の20位から翌週TOP100圏外に去ったIt's Ecstasy When You Lay Down Next To Me-Barry White。
 これにThe Pinocchio Theory-    Bootsy's Rubber Bandの22位→TOP100圏外(1977/06/04付)が続きます。

■前週27位以内からTOP100圏外にダウンしたシングル
日付 前週 TOP100
週数
最高位 Title Artist
1977/12/31 20 21 1 It's Ecstasy When You Lay Down Next To Me Barry White
1977/06/04 22 13 6 The Pinocchio Theory Bootsy's Rubber Band
1981/02/21 23 14 7 Agony Of DeFeet Parliament
1981/05/23 24 20 2 It's A Love Thing The Whispers
1981/05/23 26 18 4 Thighs High (Grip Your Hips And Move) Tom Browne
1973/10/13 27 14 3 Theme From "Cleopatra Jones" Joe Simon featuring the Mainstreeters


Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(AirplayチャートTOP10ヒット編)

 1984年10月20日付けでスタートしたHot 100 Airplay(A/P)。1998年11月28日付け以前は「シングル盤」の発売がなかった曲は原則HOT100にエントリーすることはできませんでした。しかし、A/Pチャートには、そうした制限はなかったため、HOT100にエントリーしなかった曲もエントリーすることが可能となりました。
 今回はA/PチャートのTOP10にランクされながら、HOT100にエントリーしなかった曲を紹介します。

 1984年10月20日付けから1998年11月28日付けの間でA/PチャートのTOP10に入りながら、HOT100にエントリーしなかった曲は24曲。
 うち、Don't Speak-No Doubt、Men In Black-Will Smith、Fly-Sugar Rayの3曲はA/Pで1位にまで上昇。
 またDon't Speak、Flyに加え、Mr. Jones-Counting Crows、Killing Me Softly-Fugees、Head Over Feet-Alanis Morissette、Lovefool-Cardigans、Uninvited-Alanis Morissetteの7曲はRadio & Recordsチャートで1位を獲得。もし、シングルカットしていれば、HOT100でもかなり上位まで上昇していたのではないかと思われます。
 こうしてみると1990年代後半のBillboardのシングルチャートは、「ヒット」の状況を反映していた、とは言い切れない存在だったことが分かります。

■Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(AirplayチャートTOP10編)
Entry date Peak CB RR Title Artist
1991/02/16 5 8 4 State Of The World Janet Jackson
1994/01/22 5 - 1 Mr. Jones Counting Crows
1994/12/10 6 - 4 When I Come Around Green Day
1995/07/08 8 - 12 I Could Fall In Love Selena
1995/12/30 10 - - The Chanukah Song Adam Sandler
1996/03/09 2 - 1 Killing Me Softly Fugees
1996/06/08 10 - 7 Standing Outside A Broken Phone Booth With Money In My Hand Primitive Radio Gods
1996/06/29 9 - 6 Forever Mariah Carey
1996/08/10 3 - 1 Head Over Feet Alanis Morissette
1996/10/19 1 - 1 Don't Speak No Doubt
1996/12/07 2 - 1 Lovefool Cardigans
1996/12/07 6 - 7 A Long December Counting Crows
1997/01/04 2 - 2 One Headlight Wallflowers
1997/04/26 4 - 2 How Bizarre OMC
1997/05/10 10 - 15 Butterfly Kisses Bob Carlisle
1997/06/07 5 - 2 Push matchbox twenty
1997/06/28 1 - 5 Men In Black Will Smith
1997/07/05 1 - 1 Fly Sugar Ray
1997/07/26 2 - 3 Walkin' On The Sun Smash Mouth
1998/02/07 6 - 6 Anytime Brian McKnight
1998/02/14 3 - 3 3 AM matchbox twenty
1998/03/07 4 - 3 As Long As You Love Me Backstreet Boys
1998/06/20 5 - 4 The Way Fastball
1998/06/27 4 - 1 Uninvited Alanis Morissette

4位からウルトラダウン記録更新 2017年5月20日付けBillboard 200

 最新(2017年5月20日付け)のBillboard200(アルバムチャート)で前週4位だった8-Incubusが一気に123ランクダウンし、127位にまで下降。
 これは従来の4位からの急降下記録(77ランクダウン:4位→81位)を大きく上回る新記録となります。
 Incubusといえば、2006年12月23日付けアルバムチャートで"Light Grenades"が1位から37位へ急降下し、当時の1位からのウルトラダウン記録を樹立したアーティスト。今後も急降下記録の塗り替えに期待したいところであります。
参考:1位からウルトラダウン記録更新 2016年12月3日付けBillboard 200

■Billboardアルバムチャートで4位から46ランク以上ダウンした作品
記録日付 4位→ 下降幅 タイトル アーティスト
2017/05/20 127 -123 8 Incubus
2010/04/10 81 -77 The Edge Various Artists
2014/04/19 62 -58 Unconditional Memphis May Fire
2013/04/06 60 -56 Let The Future Begin Passion
2014/05/24 52 -48 Passion: Take It All Passion
2016/04/30 51 -47 Weezer(White Album) Weezer
2016/08/27 50 -46 American Love Jake Owen

Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(1991年以前編)

 1984年10月20日付けでスタートしたHot 100 Airplay。1998年11月28日付け以前は「シングル盤」の発売がなかった曲は原則HOT100にエントリーすることはできませんでした。しかし、Airplayチャートには、そうした制限はなかったため、HOT100にエントリーしなかった曲もエントリーすることが可能となりました。
 Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲を2回に分けて紹介します。今回は1991年以前編です。

 この間、Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲は23曲。うち2曲がCashboxに、4曲がRadio & Recordsにエントリーしています。
 Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲の第一号はNever Say Goodbye-Bon Jovi。
 1987/5/23付でAirplayチャートに36位でエントリーし、6/20付け28位が最高。"Slippery When Wet"からのアルバムカッツです。この曲あたりはシングルカットすれば、かなりのヒットが期待できたような気がしますが...。

 続く第二号もBon Joviでサントラ"Disorderlies"からのアルバムカッツ、Edge Of A Broken Heart。1987/10/17付け1週のみのチャートインで38位。
 これに続くのはSpotlight-Madonna。1988/1/16付でAirplayチャートにエントリーし、最高位は32位。リミックスアルバム"You Can Dance"に収録されています。当時のMadonna人気からすると、シングルカットすれば、TOP10は固かった?
 1980年代は上記の3曲のみ。いずれもR&Rチャートにエントリーしています。

 1991/1/26付でAirplayチャート11位まで上昇したDo The Bartman-SimpsonsはCBで22位まで上昇。CBではBrother, Don't You Walk Away-Hootersに次いで、アルバムカッツによる総合チャート入りした2曲目の作品となっています。

 State Of The World-Janet Jacksonは初のAirplayチャートTOP10ヒット(最高位5位)にして、HOT100にエントリーしなかった曲。CBでは8位、RRでは4位まで上昇しており、BBの"シングル盤"に対する頑な偏向ぶりを表しているのではないでしょうか?

参考:Cashboxシングルチャートにエントリーした"シングル"ではない曲

■Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(1991年以前編)
Entry date PK CB RR Title Artist
1987/05/23 28 - 35 Never Say Goodbye Bon Jovi
1987/10/17 38 - 39 Edge Of A Broken Heart Bon Jovi
1988/01/16 32 - 31 Spotlight Madonna
1990/12/08 74 - - Eddy Steady Go Rozlyne Clarke
1990/12/15 11 22 9 Do The Bartman Simpsons
1990/12/22 64 - - Found Love Double Dee
1990/12/22 57 - - You Don't Have To Worry En Vogue
1991/01/05 72 - - One Good Man Sweet Sensation
1991/01/12 63 - - Don't Stop Now Cover Girls
1991/01/26 58 - - Games NKOTB
1991/02/02 69 - - Satisfaction Vanilla Ice
1991/02/16 5 8 4 State Of The World Janet Jackson
1991/02/23 56 - - I Like You Culture Beat
1991/02/23 61 - - Same Song Digital Underground
1991/04/06 68 - - Now Is Tomorrow Definition Of Sound
1991/04/13 70 - - Got My Eye On You Pajama Party
1991/06/08 55 - - You're The One For Me April
1991/06/08 59 - - Dangerous On The Dancefloor Musto and Bones
1991/06/22 66 - - (I Wanna Give You) Devotion Nomad
1991/08/10 64 - - Such A Good Feeling Brothers In Rhythm
1991/08/31 37 - - Word To The Mutha! Bell Biv DeVoe
1991/09/07 67 - - The Whistle Song Frankie Knuckles
1991/11/09 75 - - Peace (In The Valley) Sabrina Johnston

Record Worldチャートの高順位ニューエントリー記録

 ニューエントリー特集のRecord World編。
 対象期間は1964年1月第一週(Music Vedor時代含む)から休刊となる1982年4月10日付けまで。

■Record Worldチャートで初登場30位以内のシングル
初登場
順位
翌週 日付 最高
Title Artist BB CB
日付 順位 日付 順位
19 16 1965/02/20 8 Red Roses For A Blue Lady Wayne Newton 1965/02/27 76 1965/02/13 91
20 9 1971/10/30 1 Have You Seen Her Chi-Lites 1971/10/23 60 1971/10/23 87
20 5 1965/07/03 1 I'M Henry Viii, I Am Herman's Hermits 1965/07/03 42 1965/07/03 18
22 17 1965/02/27 6 Goldfinger John Barry & His Orchestra 1965/03/13 84 1965/02/06 59
22 19 1965/02/13 8 Red Roses For A Blue Lady Vic Dana 1965/02/06 95 1965/02/13 91
23 19 1979/10/06 1 Heartache Tonight Eagles 1979/10/06 52 1979/10/06 23
25 20 1980/08/09 9 Late In The Evening Paul Simon 1980/08/09 46 1980/08/09 33
26 - 1970/11/07 26 Hum Along And Dance Temptations - - 1970/10/31 93
27 18 1965/12/25 12 Day Tripper Beatles 1965/12/18 56 1965/12/18 76
27 24 1980/09/06 9 Real Love Doobie Brothers 1980/09/06 40 1980/09/06 31
28 23 1979/02/10 1 Tragedy Bee Gees 1979/02/10 29 1979/02/10 32
28 6 1965/04/17 1 Mrs.Brown You've Got A Lovely Daughter Herman's Hermits 1965/04/17 12 1965/04/17 31
29 23 1980/10/04 1 Lady Kenny Rogers 1980/10/04 39 1980/10/04 31
29 26 1980/11/08 10 Hungry Heart Bruce Springsteen 1980/11/08 30 1980/11/08 37
29 26 1980/09/06 1 Woman In Love Barbra Streisand 1980/09/06 49 1980/09/06 34
30 27 1980/11/01 3 Love On The Rocks Neil Diamond 1980/11/01 32 1980/11/01 36

 この間にいきなりTOP40にエントリーした作品は64作。最も高い順位でのエントリー作品は、1965/02/20付で19位にエントリーしたRed Roses For A Blue Lady-Wayne Newton。
 ちなみに同作はBBでは翌週76位に、CBでは前週に91位で、それぞれニューエントリー。この差は何なんでしょう?
 Wayne Newtonと言えばこの27年後の1992年に "The Letter事件"の当事者(?)となったアーティスト。RWでも順位工作を...(笑)

 1970/11/07付で26位にニューエントリーしたHum Along And Dance-Temptationsは翌週圏外にドロップアウトという21世紀のチャート並みのチャートアクション。なお同作はBBではエントリーせず、CBでは93位止まりなので、もしかすると集計ミスによる幻のエントリーという可能性もありそうです。

 64作中、30位以内へのニューエントリーは16作。うち6作までが翌週3ランクという小幅な上昇。翌週TOP10入りは3作に止まっています。

 TOP40内初登場作品を最も多くもつアーティストはBeatlesで7作。うち3作(Do You Want To Know A Secret、Paperback Writer、Rain)が40位ちょうどのニューエントリー、となっています。
 これに次ぐのがKenny Rogersの4作。こちらも3作が37位ニューエントリーという珍記録となっています。


 ちなみに同期間の他チャートでTOP40ニューエントリー作品数はBBが50作、CBが52作。RWが他チャートに比べ2割ほど多くなっています。
 期間別に見てみるとBB、CBはほぼ同じ傾向を示しているの対し、RWでは1970年代後半に一気にその数が増加していることが分かります。とくに1979年から1982年までは35作がTOP40内ニューエントリー。これはBB19作、CB17作の倍近くに達する数字。
 廃刊間近のチャート工作、という感がないわけでもありません。

■三大チャートの期間別TOP40ニューエントリー
BB CB RW
1964-1969 23 27 16
1970-1974 5 6 7
1975-1979 7 6 19
1980-1982 15 13 22
Total 50 52 64


Billboard-Cashbox両チャートの高順位ニューエントリー記録(1958年-1991年編)

 BB-CBの高順位ニューエントリー記録第二弾は、CBが100位までランキングを拡大した1958年9月13日付けからBBがSoundscanシステムを導入しチャートが大きく変質する前の1991年11月23日付けまでの33年間が対象。
Rank BB CB
Entry date Title Artist Peak Entry date Title Artist Peak
6 1970/03/21 Let It Be Beatles 1           
10 1968/09/14 Hey Jude Beatles 1
1969/05/10 Get Back Beatles 1
12 1965/04/17 Mrs. Brown You've Got A Lovely Daughter Herman's Hermits 1
14   1985/03/23 We Are The World USA For Africa 1
15 1991/03/02 Rescue Me Madonna 9    
18         1965/07/03 I'm Henry VIII, I Am Herman's Hermits 1
1965/12/18 We Can Work It Out Beatles 1
20 1969/10/18 Something Beatles 3 1966/07/23 They're Coming To Take Me Away, Ha-Haaa! Napoleon XIV 1
1971/10/23 Imagine John Lennon 3         
1984/02/11 Thriller Michael Jackson 4
21 1964/07/18 A Hard Day's Night Beatles 1 1964/03/28 Can't Buy Me Love Beatles 1
1985/03/23 We Are The World USA for Africa 1 1968/03/23 Lady Madonna Beatles 2
22 1964/12/05 I Feel Fine Beatles 1     
23 1968/03/23 Lady Madonna Beatles 4 1966/03/05 Nowhere Man Beatles 2
1969/10/18 Come Together Beatles 1 1979/10/06 Heartache Tonight Eagles 1
         1985/03/16 That Was Yesterday Foreigner 10
1987/08/08 I Just Can't Stop Loving You Michael Jackson 1
24 1961/02/20 Surrender Elvis Presley 1 1958/11/08 I Got Stung Elvis Presley 5
1968/03/09 Valleri Monkees 3 1966/02/26 19th Nervous Breakdown Rolling Stones 1
        1966/08/20 Yellow Submarine Beatles 1
1984/02/04 Thriller Michael Jackson 4
25 1966/03/05 Nowhere Man Beatles 3 1981/05/23 All Those Years Ago George Harrison 3
     1984/05/26 Dancing In The Dark Bruce Springsteen 1
26 1983/10/15 Say Say Say Paul McCartney 1 1965/12/25 As Tears Go By Rolling Stones 3
     1984/06/30 State Of Shock Jacksons 3
27 1964/03/28 Can't Buy Me Love Beatles 1 1967/07/29 All You Need Is Love Beatles 1
1990/04/28 U Can't Touch This M.C. Hammer 8 1978/11/18 Too Much Heaven Bee Gees 2
1990/05/26 Step By Step New Kids On The Block 1     
28 1966/06/11 Paperback Writer Beatles 1 1970/09/19 I'll Be There Jackson 5 1
1983/04/09 Overkill Men At Work 3 1984/01/21 Nobody Told Me John Lennon 6
1984/10/06 Purple Rain Prince 2 1984/10/06 Purple Rain Prince 1
     1985/05/18 Raspberry Beret Prince & The Revolution 1
29 1979/02/10 Tragedy Bee Gees 1 1959/03/07 It's Late Ricky Nelson 6
1982/04/10 Ebony And Ivory Paul McCartney & Stevie Wonder 1 1971/04/03 Never Can Say Goodbye The Jackson 5 1
1983/01/22 All Right Christopher Cross 12 1984/12/22 Careless Whisper Wham! Feat.George Michael 1
30 1958/11/10 One Night Elvis Presley 4 1982/04/10 Ebony And Ivory Paul McCartney & Stevie Wonder 1
1966/12/17 Snoopy Vs. The Red Baron Royal Guardsmen 2 1985/02/09 Just Another Night Mick Jagger 10
1980/11/08 Hungry Heart Bruce Springsteen 5           
1983/10/29 Say It Isn't So Daryl Hall & John Oates 2
1984/06/30 State Of Shock Jacksons 3

・この間、30位以内にニューエントリーしたのは、BB32作、CB29作とほぼ同じ。
・BB、CBともにTOP30内にニューエントリーしたのはCan't Buy Me Love、Ebony And Ivory、Lady Madonna、Nowhere Man、Purple Rain、State Of Shock、Thriller、We Are The Worldの8作。
・一方TOP10でのニューエントリーはBBではLet It Beの6位を筆頭に3作を数えるのに対し、CBはゼロ。
・アーティスト別ではBBのTOP30エントリー32作中1/3以上の11作がBeatles。一方、CBではBeatlesは6作とほぼ半数に止まる。
・BB32作中1位まで上昇したのは15作と半数以下、CBでは29作中17作。一方、All Rightは29位ニューエントリー(BB)ながら最高位12位とこの期間唯一のTOP30ニューエントリーでTOP10ヒットならずの不名誉シングル(チャートアクション:29→23→19→16→16→16→12→12→12)
・両者のニューエントリー順位で最も差がついたのはRescue Me-Madonna。BB15位に対しCBでは81位とランク差66。これに次ぐのがIt's Late-Ricky NelsonでCB29位、BB91位でランク差62。
詳細はこちら

Billboard-Cashbox両チャートの高順位ニューエントリー記録(1980年代編)

 1982年から1984年まではBBが高順位(50位以内)でのニューエントリーが多く、1985年以降はCBが逆転。
全体的にCBチャートが高順位での初登場が多い傾向にあります。

■年別高順位エントリーシングル数の推移
TOP50内TOP40内 TOP30以内
BB CB BB CB BB CB
1980 15 18 7 7 1 0
1981 9 10 7 5 0 1
1982 7 5 4 3 1 1
1983 25 17 11 6 4 0
1984 32 28 8 11 3 6
1985 30 47 6 13 1 4
1986 11 24 2 5 0 0
1987 13 17 5 6 0 1
1988 12 12 1 1 0 0
1989 12 5 3 1 0 0
Total 166 183 54 58 10 13


■年別のハイエストデビューシングル一覧
Billboard Cashbox
初登場年月日 順位 タイトル/アーティスト 初登場年月日 順位 タイトル/アーティスト
1980 1980/11/08 30 Hungry Heart/Bruce Springsteen 1980/09/06 31 Real Love/Doobie Brothers
1981 1981/01/24 31 The Best Of Times/Styx 1981/05/23 25 All Those Years Ago/George Harrison
1982 1982/04/10 29 Ebony And Ivory/Paul McCartney & Stevie Wonder 1982/04/10 30 Ebony And Ivory/Paul McCartney with Stevie Wonder
1983 1983/10/15 26 Say Say Say/Paul McCartney & Michael Jackson 1983/06/04 32 Every Breath You Take/Police
1984 1984/02/11 20 Thriller/Michael Jackson 1984/02/04 24 Thriller/Michael Jackson
1985 1985/03/23 21 We Are The World/USA for Africa 1985/03/23 14 We Are The World/USA For Africa
1986 1986/07/19 40 Dancing On The Ceiling/Lionel Richie 1986/03/15 39 Harlem Shuffle/Rolling Stones
1986/10/04 40 True Blue/Madonna
1987 1987/08/08 37 I Just Can't Stop Loving You/Michael Jackson & Siedah Garrett 1987/08/08 23 I Just Can't Stop Loving You/Michael Jackson
1988 1988/04/16 40 One More Try/George Michael 1988/04/16 39 One More Try/George Michael
1989 1989/08/19 37 Cherish/Madonna 1989/03/18 40 Like A Prayer/Madonna

両者が同一シングルだったのは1982年、1984年-1985年、1987年-1988年の5回。
ただし、Thriller/Michael JacksonはCBの方が一週早くエントリー。

惜しい!~全米三大誌(Billboard、Cashbox、Radio & Records)全ての最高位が11位~13位だったシングル

 全米三大チャートBillboard=BB、Cashbox=CB、Radio & Records=RR)全てでTOP10入り目前(11位-13位)で失速したシングルをご紹介します。対象期間はRRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月まで。

 この期間で三大チャート全てで最高位が11位-13位だったシングルは27作。
 うちThat'll Be The Day-Linda RonstadtとCrazy About Her-Rod Stewartの2作が三大チャート全てで最高位11位。「全米TOP10シングル」という称号を逃しました。

TitleARTIST BB Peak Date BB CB RR
Bungle In The Jungle Jethro Tull 1975/01/11 12 12 13
That'll Be The Day Linda Ronstadt 1976/10/23 11 11 11
Theme From Close Encounters Of The Third Kind John Williams 1978/02/25 13 13 13
I Just Fall In Love Again Anne Murray 1979/04/07 12 11 11
Rock 'N' Roll Fantasy Bad Company 1979/06/16 13 11 13
Pilot Of The Airwaves Charlie Dore 1980/05/03 13 12 11
Goody Two Shoes Adam Ant 1983/02/12 12 12 11
How Am I Supposed To Live Without You Laura Branigan 1983/10/08 12 13 12
Do What You Do Jermaine Jackson 1985/01/05 13 12 12
You Spin Me Round (Like A Record) Dead Or Alive 1985/08/17 11 13 13
Dare Me Pointer Sisters 1985/09/21 11 12 13
A Love Bizarre Sheila E. 1986/03/01 11 13 11
I Wanna Be A Cowboy Boys Don't Cry 1986/06/21 12 13 13
(Sittin' On) The Dock Of The Bay Michael Bolton 1988/03/26 11 12 11
Another Lover Giant Steps 1988/11/12 13 12 11
Rocket Def Leppard 1989/04/29 12 11 13
Crazy About Her Rod Stewart 1989/07/29 11 11 11
It's Not Enough Starship 1989/10/07 12 11 12
Leave A Light On Belinda Carlisle 1989/12/09 11 12 11
All My Life Linda Ronstadt Feat.Aaron Neville 1990/03/31 11 11 12
Heartbeat Seduction 1990/04/28 13 12 12
Love Child Sweet Sensation 1990/05/19 13 12 11
Stranded Heart 1990/12/01 13 11 11
Miracle Jon Bon Jovi 1990/12/22 12 12 13
Walking In Memphis Marc Cohn 1991/07/06 13 11 11
The Dream Is Still Alive Wilson Phillips 1991/08/03 12 11 12
Believe Elton John 1995/05/13 13 11 12

一方、三大チャートのいずれかが11位で他チャートの順位が高い作品は以下の通り

BBで11位ながら他チャートで高順位
It's Raining Again-Supertramp RR2位(CB7位)

CBで11位ながら他チャートで高順位
Because Of Love-Janet Jackson RR2位(BB10位)

RRで11位ながら他チャートで高順位
Got To Give It Up (Pt. 1)-Marvin Gaye BB、CB、RW1位
Love Machine (Pt. 1)-Miracles BB、CB、RW1位
Creep-TLC BB1位(CB2位)
Mickey-Toni Basil BB1位(CB2位)
Sittin' Up In My Room-Brandy CB1位(BB2位)
Cruisin'-Smokey Robinson CB1位(BB4位、RW5位)

同時期(1982年12月)のヒット曲でIt's Raining Again-SupertrampがBB11位に対しRR2位、一方Mickey-Toni BasilがBB2位、CB1位ながらRR11位と真逆の成績に。このころまでのRRの特異性は顕著でした。


参考:惜しい!~全米三大誌(Billboard、Cashbox、Record World)全ての最高位が41位以上45位以下だったシングル

全英三大チャート #1シングル記録集

 1980年第1週(1980/1/5付)からMelody Maker(MM)とNew Musical Express(NME)が統一チャートを使用し始める1988年6月までの8年半の間、UK三大チャート(MUsic Week(MW)、MM、NME)で1位を獲得した作品は232作。
 今回はこの「全英№1」についていろいろな角度からご紹介します。
 1980年代の「全英№1」232作をチャート別にみると、MW160作、NME195作、MM200作。MMチャートが「1位に成り易いチャート」ということになります。
 さらに詳しく組み合わせ別にみていきます。

三大チャート全てで1位を獲得
 232作中、144作が三大チャート全てで1位を獲得。「真」の全英№1シングルといえるでしょう。

二チャートで1位を獲得
MW-NMEで1位を獲得(MMで1位を逃す)
 MW-NMEでの1位組み合わせは10作。

NW-MMで1位を獲得(NMEで1位を逃す)
 NW-MMの組み合わせは僅か3作と希少性がグッと高まります。

NME-MMで1位を獲得(MWで1位を逃す)
 この組み合わせが最も多く28作となっています。

一チャートのみの1位
MWのみ1位を獲得…5作
 "We Are The World"が他誌では1位獲得していなかったのが意外。

NMWのみ1位を獲得…16作
 6作がMWで3位止まり。

MMのみ1位を獲得…28作
 オフィシャルチャートを見慣れていると、MMのみといえど「全英チャート1位」という称号が意外と感じる作品が。
 特に"Two Pints Of Lager"(Splodgenessabounds)はNMEで5位、MWでは7位という順位ですから一層の驚きが。
 "Speak Like A Child"(Style Council)(MW4位、NME3位)、"Change"(Tears For Fears)(MW、NMEともに4位)あたりも
"運のよい"全英№1といえるでしょう。
一方、"I.O.U"(Freeze)や"Temptation"(Heaven 17)が1位を獲得しており嬉しい...
Title Artist MM MW N.M.E
初№1日付 週数 最高位 最高位
Antmusic Adam & The Ants 1981/01/24 1 2 2
Ain't No Pleasing You Chas And Dave 1982/04/17 1 2 2
Lean On Me Club Nouveaux 1987/04/25 1 3 2
Sometimes Erasure 1986/12/13 1 2 2
I.O.U Freeze 1983/08/13 1 2 2
Axel F Harold Faltemeyer 1985/07/13 2 2 2
Temptation Heaven 17 1983/05/28 1 2 2
Just An Illusion Imagination 1982/04/10 1 2 2
What Have You Done For Me Lately? Janet Jackson 1986/05/10 1 3 3
Can't Be With You Tonight Judy Boucher 1987/05/09 1 2 2
Kids In America Kim Wilde 1981/03/28 1 2 3
All Night Long Lionel Richie 1983/11/05 1 2 2
Only Love Nana Mouskouri 1986/02/08 1 2 2
I Can't Wait Nu Shooze 1986/06/21 1 2 2
On My Own Pattie Labelle & Michael Macdonald 1986/05/17 1 2 2
Say, Say, Say Paul Mccartney & Michael Jackson 1983/11/26 1 2 2
Sledgehammer Peter Gabriel 1986/05/31 2 4 2
Invisible Sun Police 1981/10/10 1 2 2
1999 Prince 1985/02/02 1 2 2
Hooked On Classics Royal Philharmonic Orchestra 1981/08/22 1 2 2
You Drive Me Crazy Shakin' Stevens 1981/06/06 1 2 2
Holding Back The Years Simply Red 1986/06/14 1 2 2
Torch Soft Cell 1982/06/26 1 2 2
Two Pints Of Lager Splodgenessabounds 1980/07/05 1 7 5
Golden Brown Stranglers 1982/02/06 1 2 2
Speak Like A Child Style Council 1983/03/26 1 4 3
Change Tears For Fears 1983/02/19 1 4 4
Only You Yazoo 1982/05/29 1 2 4


途切れることなくTOP100/HOT100にシングルをランクインさせたアーティスト

いわゆる「ランクインリレー」の記録。
上位10アーティストは以下の通り。
週数 スタート日付 最終日付 アーティスト
409 2009/05/23 継続中 Drake
326 2007/09/29 2013/12/21 Lil' Wayne
216 2009/08/15 2013/09/28 Rihanna
207 2010/02/20 2014/02/01 Nicki Minaj
205 1955/07/09 1959/06/01 Pat Boone
159 1999/06/26 2002/07/06 Jay-Z
152 2000/04/29 2003/03/22 Nelly
142 2010/07/17 2013/03/30 Chris Brown
141 2002/11/30 2005/08/06 Kenny Chesney
139 2010/04/10 2012/12/01 Katy Perry
139 1999/06/19 2002/02/09 Destiny's Child
139 2007/10/13 2010/06/05 Taylor Swift

 ランクインリレー記録はPat Booneの205週連続が不滅の記録として君臨し続けてきましたが、20世紀後半から21世紀にかけて塗り替えるアーティストが続出。やはり、「Featuring」の影響が大きいのでしょう。
 最長はDrake。2009年5月23日付から最新チャート(2017年3月18日付)までPat Booneの樹立した205週の倍に当たる409週間にわたりHOT100にランクイン。この間にHOT100に送り込んだ作品数は129作(Featuring含む)に達します。

なお、20世紀に100週以上のランクインリレーを達成したアーティストは次の通り(前掲アーティスト除く)
週数 スタート日付 最終日付 アーティスト
135 1956/03/03 1958/09/22 Elvis Presley
121 1998/12/05 2001/03/24 'n Sync
120 1998/05/16 2000/08/26 Dixie Chicks
115 1955/10/22 1957/12/23 Nat "King" Cole
114 1997/01/25 1999/03/27 Mase
113 1973/08/04 1975/09/27 Elton John
112 1994/10/08 1996/11/23 Hootie & The Blowfish
111 1980/07/19 1982/08/28 Daryl Hall & John Oates
110 1983/10/29 1985/11/30 Madonna
109 1957/02/09 1959/03/02 Johnny Mathis
108 1996/11/09 1998/11/28 Puff Daddy
106 1958/12/01 1960/12/05 Paul Anka
105 1956/03/03 1958/02/24 Fats Domino
104 1978/05/13 1980/05/03 Donna Summer
104 1959/01/26 1961/01/16 Brook Benton
102 1955/10/01 1957/09/02 The Platters
101 1998/11/21 2000/10/21 Britney Spears
101 1999/11/06 2001/10/06 Faith Hill
100 1987/02/21 1989/01/14 George Michael


ちなみに日本(オリコン)の記録は以下の通り
山口百恵 1973/6/ 4-1981/ 3/ 2 405週
森 進一 1968/1/ 4-1974/ 9/ 9 350週
五木ひろし 1971/3/22-1977/ 2/ 7 308週
松田聖子 1980/4/21-1985/ 9/ 9 282週
西条秀樹 1972/5/15-1977/ 8/29 277週+1977/ 9/12-81/12/14 223週
内山田 洋とクールファイブ 1969/ 3/ 3-1974/ 5/ 6 271週

西条秀樹は1977/9/5付で記録が途切れ、翌週返り咲き。
この空白の一週がなければ501週という空前絶後の大記録が誕生したところでした。

Billboard Black Singles Artist Decade Ranking(1980's)

Billboard Black Singlesの1980年代アーティスト編。
ポイントの集計法やチャートサイズの変遷、作品別ランキングはこちらをご参照ください。

■1980年代Billboard Black Singles TOP30 Artist
Rank Artist Points TOP
100
TOP
40
TOP
10
TOP
5
TOP
3
1
1 Prince 31,525 31 27 15 13 8 5
2 Stevie Wonder 28,904 23 20 16 12 9 7
3 Kool & The Gang 28,299 24 21 15 10 8 5
4 Luther Vandross 26,831 24 19 17 13 9 5
5 The Gap Band 25,573 24 19 12 10 8 4
6 Stephanie Mills 24,787 22 19 9 7 7 5
7 Michael Jackson 24,054 20 17 15 15 11 8
8 Cameo 23,999 23 18 12 10 7 3
9 Lionel Richie 23,093 14 14 13 8 7 4
10 Aretha Franklin 22,285 24 20 11 8 6 3
11 New Edition 22,038 20 18 14 10 9 4
12 Diana Ross 22,032 22 16 10 7 6 3
13 Freddie Jackson 21,962 17 15 13 10 9 8
14 Chaka Khan 21,408 24 17 8 6 4 4
15 Rick James 21,254 21 17 10 6 5 3
16 Atlantic Starr 20,122 20 16 9 7 3 2
17 Melba Moore 19,559 21 18 6 4 2 2
18 Janet Jackson 18,873 14 14 11 9 9 8
19 The Whispers 18,842 18 16 8 6 4 2
20 Peabo Bryson 18,819 26 17 5 2 1 1
21 Jeffrey Osborne 18,199 18 14 9 6 5 1
22 Smokey Robinson 17,891 21 16 6 5 4 1
23 Patti Labelle 17,667 18 13 9 5 4 2
24 Whitney Houston 16,941 13 13 12 11 7 3
25 Teddy Pendergrass 16,872 18 13 9 7 5 1
26 Stacy Lattisaw 16,832 21 14 8 3 2 1
27 Billy Ocean 16,776 15 13 10 5 4 4
28 The Temptations 16,624 23 14 6 3 2 0
29 The S.O.S. Band 16,439 18 14 6 4 3 1
30 Gladys Knight & The Pips 16,287 19 13 6 6 5 3

 DecadeトップはPrince(& The Revolution)。Decadeの最大ヒット作はWhen Doves Cry(Decadeランク12位)で8週1位を獲得。
Decade100位以内はKiss(72位)と2作のみですが、TOP100ヒット31作、TOP40 27作はともにDecade最多で、Decade唯一の30,000ポイント超え(31,525)となりました。
 2位はStevie Wonder。That Girl(Decadeランク2位)、Master Blaster(Decadeランク6位)の2作をDecadeTOP10に送り込むほか、DecadeTOP100ヒットは5作を数えます。
 3位はKool & The Gang。TOP100ヒット24作、TOP10ヒット15作、№1 5作はお見事。Decade最大のヒット作はCelebration(Decadeランク8位)。
 4位はLuther Vandross。DecadeTOP100ヒットはNever Too Much(Decadeランク82位)のみですが、TOP10ヒット17作は80年代最多。№1も5作と健闘。
 5位はThe Gap Band。№1 4作、№2 3作、2位以上7作は見事。

 以下、主なところを...
 7位Michael Jackson…言わずと知れたビッグネーム。"本家"チャートでは7位とやや振るわないものの、TOP5 14作、TOP3 11作、№1 8作はDecade最多。
 9位Lionel Richie…TOP100ヒット14作ながら、うち13作がTOP10入りと典型的な「出せば、売れる」アーティスト
 13位Freddie Jackson…№1 8作はMichael Jackson、Janet Jacksonと並ぶDecade最多。3人とも奇しくもJackson。

 Blackチャートは非黒人系もエントリーすることでも有名。
 非黒人で最も多くBlackチャートにエントリーしたのがDaryl Hall & John Oatesで11作、次いでMadonna(10作)、Culture Club(9作)。
 ここら辺りはなんとなく「黒っぽい」感じがするので分からないでもありませんが、
 I Want To Know What Love Is-Foreigner(最高位85位)
 Can't Fight This Feeling-REO Speedwagon(最高位89位)
 Jump-Van Halen(最高位88位)
 あたりは完全なロックでBlackチャートにエントリーすることにおもっきり違和感を感じます。

Billboard Black Singles All-time TOP40(1980's)

 1980年代のBillboard Black Singlesチャートにエントリーした全作品のチャートアクションのデータベース化が終了したのを機に、Decadeオールタームチャートをご紹介いたします。
 
 チャート名は1982/6/19付までHot Soul Singles、1982/6/26付から1984/10/13付けまでBlack Singles、1984/10/20付以降Hot Black Singles。チャートサイズはDecadeを通じTOP100となっています。

 1980年代のオールタイムチャートは、1980年1月5日付けから1989年12月30日付けまでにBlackチャートにランクインした全4715作が対象。1980年代にチャートインした作品の90年代のポイント(週数等)は付加していますが、1970年代にエントリーした作品は、1980年代にランクした場合も除外しました。
 ポイントの集計方法は、1位100ポイント...100位1ポイントの超ベタな基礎ポイントに、 ボーナスポイントとして1位1週につき100ポイント、TOP10内1週につき10ポイント、TOP40内1週につき5ポイントを加算しました。

 1980年代№1は、このDecade唯一10週連続1位を独走したSexual Healing-Marvin Gaye。TOP100 27週、TOP40はDecade最長となる25週、TOP10も同様に16週を記録し、ポイントは2位以下を大きく引き離す3619。1980年代のブラックチャートを代表する作品と言えるでしょう。
 2位以下はThat Girl-Stevie Wonder(3026ポイント)、Billie Jean-Michael Jackson(2991ポイント)、Endless Love-Diana Ross & Lionel Richie(2976ポイント)、Juicy Fruit-Mtume(2964ポイント)、Master Blaster (Jammin')-Stevie Wonder(2953ポイント))と僅差で続きます。

■Billboard Black Singles All-time TOP40(1980's)
Rank Points entry date TOP
100
TOP
40
TOP
10
最高位 週数 Title Artist
1 3619 1982/10/16 27 25 16 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
2 3026 1982/01/23 21 20 15 1 9 That Girl Stevie Wonder
3 2991 1983/01/29 23 19 14 1 9 Billie Jean Michael Jackson
4 2976 1981/07/11 24 21 15 1 7 Endless Love Diana Ross & Lionel Richie
5 2964 1983/04/09 25 19 13 1 8 Juicy Fruit Mtume
6 2953 1980/09/20 24 20 13 1 7 Master Blaster (Jammin') Stevie Wonder
7 2860 1983/09/24 22 21 15 1 7 All Night Long (All Night) Lionel Richie
8 2841 1980/10/18 24 20 14 1 6 Celebration Kool & The Gang
9 2799 1981/02/28 31 21 11 1 4 Double Dutch Bus Frankie Smith
10 2764 1981/10/10 22 18 13 1 8 Let's Groove Earth, Wind & Fire
11 2726 1985/04/06 26 19 12 1 6 Rock Me Tonight Freddie Jackson
12 2716 1984/06/09 20 18 13 1 8 When Doves Cry Prince
13 2697 1983/11/05 26 21 14 1 4 If Only You Knew Patti Labelle
14 2672 1983/01/29 26 21 13 1 4 Atomic Dog George Clinton
15 2642 1982/03/13 26 20 11 1 5 Let It Whip Dazz Band
16 2637 1983/10/15 23 19 12 1 5 Time Will Reveal DeBarge
17 2621 1980/03/22 22 18 13 1 6 Let's Get Serious Jermaine Jackson
18 2605 1984/06/30 27 20 10 1 4 Caribbean Queen Billy Ocean
19 2590 1981/03/28 25 19 11 1 5 Give It To Me Baby Rick James
20 2539 1980/11/22 27 17 10 1 5 Don't Stop The Music Yarbrough & Peoples
21 2458 1984/09/29 24 20 12 1 3 Solid Ashford & Simpson
22 2456 1980/04/19 24 17 10 1 5 Take Your Time (Do It Right) Part 1 The S.O.S. Band
23 2444 1982/04/24 24 19 11 1 3 Early In The Morning The Gap Band
24 2416 1980/06/28 21 20 12 1 3 Give Me The Night George Benson
25 2408 1981/02/14 21 18 10 1 5 Being With You Smokey Robinson
26 2397 1980/01/19 20 18 11 1 5 And The Beat Goes On The Whispers
27 2357 1981/11/07 24 20 14 1 2 Call Me Skyy
28 2329 1981/01/31 24 21 15 1 1 Sukiyaki A Taste Of Honey
29 2328 1982/08/07 22 16 11 1 5 Love Come Down Evelyn King
30 2314 1984/12/08 24 20 10 1 3 Missing You Diana Ross
31 2305 1983/07/23 19 15 11 1 6 Cold Blooded Rick James
32 2297 1981/06/20 26 21 13 2 8 She's A Bad Mama Jama Carl Carlton
33 2293 1984/09/15 21 19 13 1 3 I Feel For You Chaka Khan
34 2280 1983/11/05 23 20 12 1 2 Joanna Kool & The Gang
35 2275 1980/08/02 21 17 11 1 4 Funkin' For Jamaica (N.Y.) Tom Browne
36 2274 1980/05/03 25 19 11 1 2 One In A Million You Larry Graham
37 2268 1984/02/18 20 17 12 1 4 She's Strange Cameo
38 2247 1983/04/09 25 20 12 1 1 Save The Overtime For Me Gladys Knight & The Pips
39 2245 1986/03/29 21 17 10 1 4 On My Own Patti Labelle & Michael McDonald
40 2243 1982/12/04 24 21 10 1 1 Outstanding The Gap Band


1980年代の長期ランクインTOP5は以下の通り。
TOP100
31 Double Dutch Bus-Frankie Smith   
29 It Takes Two-Rob Base & D.J. E-Z Rock   
28 You Give Good Love-Whitney Houston   
28 I Like It-DeBarge   
28 As We Lay-Shirley Murdock   
28 Electric Avenue-Eddy Grant

TOP40
25 Sexual Healing-Marvin Gaye       
22 Baby, Come To Me-Patti Austin & James Ingram       
21 Double Dutch Bus-Frankie Smith       
21 If Only You Knew-Patti Labelle       
21 Atomic Dog-George Clinton       
21 She's A Bad Mama Jama (She's Built, She's Stacked)-Carl Carlton       
21 Endless Love-Diana Ross & Lionel Richie       
21 Sukiyaki-A Taste Of Honey       
21 What's Love Got To Do With It-Tina Turner       
21 Outstanding-The Gap Band       
21 I Really Don't Need No Light-Jeffrey Osborne       
21 All Night Long (All Night)-Lionel Richie

TOP10
16 Sexual Healing-Marvin Gaye   
15 Endless Love-Diana Ross & Lionel Richie   
15 Sukiyaki-A Taste Of Honey   
15 All Night Long (All Night)-Lionel Richie   
15 That Girl-Stevie Wonder   
14 If Only You Knew-Patti Labelle   
14 Celebration-Kool & The Gang   
14 Call Me-Skyy   
14 Billie Jean-Michael Jackson

№1
10 Sexual Healing-Marvin Gaye           
 9 That Girl-Stevie Wonder           
 9 Billie Jean-Michael Jackson           
 8 Juicy Fruit-Mtume           
 8 Let's Groove-Earth, Wind & Fire             
 8 When Doves Cry-Prince           
 7 Endless Love-Diana Ross & Lionel Richie           
 7 Master Blaster (Jammin')-Stevie Wonder           
 7 All Night Long (All Night)-Lionel Richie

1980年代のBillborad TOP40 お気に入りの曲が多い週は?

 1980年代のBillboard TOP40に限定し、どの週に"お気に入り"の曲が多いのかを弾いてみました。
評価は5段階で、基準はもちろん主観。5=お気に入り、4=好き、3=普通、2=あんまり...、1=ダメ...
40曲全てが「お気に入り」なら200ポイント、全て「ダメ」なら40ポイントということになります。
1980年1月第一週から1989年12月最終週までの1980年代全週にポイントを付けてみました。

 もっともポイントが高かったのは1983/2/12付と1983/4/16付で156ポイント。これに1983/1/29付と1983/2/5付が155ポイントで、1983/4/23付と1983/4/30付が154ポイントで、1983/3/5付、1983/4/2付、1983/4/9付が153ポイントで続きます。上位10週は全て1983年で1月から4月までに集中。改めて1983年の前半は"自分の洋楽全盛期"だったんだな~。

 一方、ポイントが低かったのは1989/8/12~19、1989/9/9、1989/9/23~30、1989/10/7~10/21の8週で70ポイント。
ワースト20は全て1989年。1989年でもっともポイントが高かった1989年1月7日付けでも86ポイント。「ダメ」な曲のオンパレードですね、1989年は...。

 ちなみに「5=お気に入り」が最も多かったのは1982/11/27付と1983/2/12付の14曲。40曲中14曲が「お気に入り」という週でした。


■1983年2月12日付
2/12 2/05 wks Title Artist Point
1 2 15 Down Under Men At Work 5
2 4 22 Baby, Come To Me Patti Austin (With James Ingram) 3
3 3 16 Sexual Healing Marvin Gaye 4
4 5 9 Shame On The Moon Bob Seger & The Silver Bullet Band 4
5 1 16 Africa Toto 5
6 6 18 Maneater Daryl Hall & John Oates 3
7 9 19 You And I Eddie Rabbitt & Crystal Gayle 2
8 8 20 Rock The Casbah Clash 3
9 12 8 Stray Cat Strut Stray Cats 2
10 10 15 You Can't Hurry Love Phil Collins 5
11 11 13 The Other Guy Little River Band 4
12 13 14 Goody Two Shoes Adam Ant 3
13 14 10 Pass The Dutchie Musical Youth 4
14 18 10 Your Love Is Driving Me Crazy Sammy Hagar 4
15 15 12 Heart To Heart Kenny Loggins 4
16 19 4 All Right Christopher Cross 3
17 17 12 Allentown Billy Joel 5
18 21 11 Do You Really Want To Hurt Me Culture Club 4
19 22 8 Hungry Like The Wolf Duran Duran 4
20 20 14 You Got Lucky Tom Petty & The Heartbreakers 4
21 24 5 You Are Lionel Richie 5
22 26 10 Back On The Chain Gang Pretenders 5
23 27 4 Billie Jean Michael Jackson 4
24 28 3 We'Ve Got Tonight Kenny Rogers & Sheena Easton 4
25 25 12 Heart Of The Night Juice Newton 3
26 33 12 Twilight Zone Golden Earring 3
27 36 2 Separate Ways (Worlds Apart) Journey 3
28 37 3 One On One Daryl Hall & John Oates 5
29 30 22 What About Me Moving Pictures 5
30 31 14 Space Age Love Song A Flock Of Seagulls 5
31 34 11 On The Loose Saga 5
32 7 16 Dirty Laundry Don Henley 5
33 39 5 Breaking Us In Two Joe Jackson 5
34 16 15 The Girl Is Mine Michael Jackson & Paul Mccartney 4
35 42 4 Fall In Love With Me Earth, Wind & Fire 3
36 41 15 I Know There's Something Going On Frida 5
37 38 10 I Knew You When Linda Ronstadt 5
38 43 10 The Clapping Song Pia Zadora 2
39 40 9 The Woman In Me Donna Summer 2
40 - 1 Mr. Roboto Styx 3

 

■1983年4月16日付
4/16 4/09 wks Title Artist Point
1 1 13 Billie Jean Michael Jackson 4
2 4 13 Come On Eileen Dexy's Midnight Runners 3
3 5 10 Mr. Roboto Styx 3
4 9 12 Jeopardy Greg Kihn Band 3
5 10 8 Beat It Michael Jackson 3
6 3 17 Hungry Like The Wolf Duran Duran 4
7 7 12 One On One Daryl Hall & John Oates 5
8 8 11 Separate Ways (Worlds Apart) Journey 3
9 12 10 Der Kommissar After The Fire 4
10 2 20 Do You Really Want To Hurt Me Culture Club 4
11 6 12 We'Ve Got Tonight Kenny Rogers & Sheena Easton 4
12 11 14 You Are Lionel Richie 5
13 16 9 She Blinded Me With Science Thomas Dolby 4
14 13 24 I Know There's Something Going On Frida 5
15 29 4 Let's Dance David Bowie 4
16 22 6 Even Now Bob Seger & The Silver Bullet Band 5
17 19 8 Little Red Corvette Prince 4
18 14 19 Back On The Chain Gang Pretenders 5
19 28 2 Overkill Men At Work 4
20 23 6 I Won't Hold You Back Toto 4
21 21 8 Change Of Heart Tom Petty & The Heartbreakers 5
22 26 5 Solitaire Laura Branigan 4
23 15 21 Twilight Zone Golden Earring 3
24 18 12 I'Ve Got A Rock 'n Roll Heart Eric Clapton 3
25 17 18 Shame On The Moon Bob Seger & The Silver Bullet Band 4
26 25 12 Poison Arrow Abc 5
27 20 11 Little Too Late Pat Benatar 5
28 24 13 Fall In Love With Me Earth, Wind & Fire 3
29 32 12 It Might Be You Stephen Bishop 3
30 34 9 Whirly Girl Oxo 3
31 31 11 I Like It Debarge 5
32 47 6 Photograph Def Leppard 5
33 33 6 Welcome To Heartlight Kenny Loggins 4
34 38 8 Some Kind Of Friend Barry Manilow 4
35 40 3 Rio Duran Duran 3
36 27 13 All Right Christopher Cross 3
37 55 2 My Love Lionel Richie 4
38 52 3 Flashdance...What A Feeling Irene Cara 3
39 43 6 Straight From The Heart Bryan Adams 5
40 48 5 So Wrong Patrick Simmons 2


Journeyの全米四大チャートインシングル

 アーティスト別の全米四大チャートインシングル比較、今回はJourney。
 JourneyといえばRRでの強さが目を引きます。Who's Crying Now?、Open Arms、Separate Waysの3作の№1ヒットに加え、6作のTOP10ヒットと計9作がTOP10入り。とくにSeparate WaysはBB8位、CB9位ながらRRでは1位という"離れ業"
 一方、CBでは、Walks Like A LadyとThe Party's OverがTOP40入り一歩手前の41位止まり、Only The YoungがBB9位、RR6位に対し18位とTOP10、TOP20、TOP40ヒット作品数が他チャートに比べ少なめ。
 41位2作はPat Benatarと同じでいわゆる"ロック系"には微妙に辛い感じがしますね。
 なお、BBでは6週連続2位と"悲劇の"№2ソングの代名詞となっているOpen Armsは前述の通りBBを除く3チャート全て1位に到達。
とくにRRでは当時の最長№1記録となる7週1位を記録。Journeyに一番辛いのはBBなのかもしれません。

Title BB Pos BB Peak Date CB Pos CB Peak Date RW Pos RW Peak Date RR Pos RR Peak Date
Wheel In The Sky 57 1978/05/13 52 1978/05/20 52 1978/05/13 - -
Anytime 83 1978/07/08     75 1978/07/08 - -
Lights 68 1978/09/09 67 1978/10/07 63 1978/09/16 - -
Just The Same Way 58 1979/05/19 63 1979/05/12 75 1979/04/21 - -
Lovin', Touchin', Squeezin' 16 1979/10/27 15 1979/10/20 12 1979/10/27 6 1979/10/12
Too Late 70 1980/01/26 89 1980/01/26 70 1980/01/19 - -
Any Way You Want It 23 1980/04/26 21 1980/05/10 23 1980/05/03 18 1980/04/18
Walks Like A Lady 32 1980/07/19 41 1980/07/19 36 1980/07/19 - -
Good Morning Girl, Stay Awhile 55 1980/09/20 68 1980/09/13 59 1980/09/20 - -
The Party's Over 34 1981/04/25 41 1981/04/18 41 1981/04/25 - -
Who's Crying Now? 4 1981/10/03 3 1981/10/10 3 1981/09/26 1 1981/09/18
Don'T Stop Believin' 9 1981/12/19 8 1981/12/26 9 1981/12/12 9 1981/12/11
Open Arms 2 1982/02/27 1 1982/03/13 1 1982/03/06 1 1982/02/12
Still They Ride 19 1982/07/17 25 1982/07/17   18 1982/07/09
Separate Ways 8 1983/03/19 9 1983/04/02 1 1983/03/25
Faithfully 12 1983/06/11 15 1983/06/11 4 1983/06/03
After The Fall 23 1983/08/27 23 1983/09/03 15 1983/08/19
Send Her My Love 23 1983/11/19 31 1983/11/26 12 1983/11/11
Only The Young 9 1985/03/23 18 1985/03/23 6 1985/03/08
Be Good To Yourself 9 1986/05/31 10 1986/05/31 8 1986/05/23
Suzanne 17 1986/08/16 20 1986/08/02 14 1986/08/01
Girl Can'T Help It 17 1986/11/01 17 1986/11/01 14 1986/10/17
I'll Be Alright Without You 14 1987/02/28 12 1987/02/28 11 1987/02/20
Why Can't This Night Go On Forever 60 1987/05/23 68 1987/05/23 - -
Lights (Live) 74 1993/01/30 71 1993/02/06 - -
When You Love A Woman 12 1996/12/14 12 1996/11/16 7 1996/11/15
If He Should Break Your Heart - - - - 37 1997/03/28
TOP10 6  5  3  9 
TOP20 13  12  4  16 
TOP40 18  16  6  17 
TOP100 26  25  13  17 

Pat Benatarの全米四大チャートインシングル

 アーティスト別の全米四大チャートインシングル比較、今回はPat Benatar。
 Pat Benatarのシングルで最も注目すべきは、こちらでもご紹介した"Little Too Late"。
 BBが20位とTOP20入りしたにもかかわらず、CBでは41位とTOP40入りを逃すという珍事。RRでは34位であることから、最高位は30位台が妥当、といったところでしょうか。
 "Little Too Late"に次ぐ"Looking For A Stranger"もCBでは41位と2作連続TOP40入り直前で足踏み。BBでは39位と辛うじてながらTOP40入り。
 一方、BBでは18位止まりだった"Treat Me Right"はCBでは10位とTOP10入りでBB-CBでのTOP10ヒットの数は4-5でCBが上回っています。
 もっとも"好意的"なのがRR。BBで5位、5位、CBで4位、6位の"Love Is A Battlefield"と"We Belong"がRRでは3位と2位。一歩間違えれば"全米ナンバー1シングル"の称号を得るところでした。

Title BB CB RW RR
PK Peak Date PK Peak Date PK Peak Date PK Peak Date
Heartbreaker 23 1980/03/15 19 1980/03/15 19 1980/3/15 20 1980/02/29
We Live For Love 27 1980/06/14 28 1980/06/21 26 1980/6/14 16 1980/06/13
You Better Run 42 1980/08/30 44 1980/09/06 54 1980/8/30 - -
Hit Me With Your Best Shot 9 1980/12/20 7 1980/12/27 5 1981/1/24 9 1980/11/14
Treat Me Right 18 1981/03/14 10 1981/03/14 13 1981/3/21 12 1981/03/06
Fire & Ice 17 1981/09/05 15 1981/09/05 15 1981/9/12 14 1981/08/14
Promises In The Dark 38 1981/10/31 35 1981/11/07 39 1981/11/7 27 1981/10/23
Shadows Of The Night 13 1982/12/11 13 1982/12/18 8 1982/12/10
Little Too Late 20 1983/03/26 41 1983/03/26 34 1983/02/25
Looking For A Stranger 39 1983/05/28 41 1983/06/04 32 1983/05/20
Love Is A Battlefield 5 1983/12/10 4 1983/12/10 3 1983/11/25
We Belong 5 1985/01/05 6 1984/12/29 2 1984/12/21
Ooh Ooh Song 36 1985/02/16 35 1985/03/02 36 1985/02/08
Invincible 10 1985/09/14 9 1985/09/14 10 1985/08/30
Sex As A Weapon 28 1986/01/18 27 1986/01/18 26 1986/01/10
Le Bel Age (The Best Years) 54 1986/03/08 54 1986/03/08 - - 
All Fired Up 19 1988/08/27 25 1988/08/27 25 1988/08/12
TOP10 4 5 1 5
TOP20 9 8 4 9
TOP40 15 13 6 15

歴代2位の115ランクジャンプアップで1位の座に(Shape Of You-Ed Sheeran)

 2017年1月28日付BillboardHOT100の1位に輝いたのは、先週Bubbling Under(B.U)チャートの116位に登場したEd SheeranのShape Of You。116位から1位へ115ランクのジャンプアップは、歴代2位の大記録となります。
 またB.Uチャートを経由した№1シングルは1959年6月1日付でB.Uチャートがスタートして以降、244作目となりました。
今回は、
「"PART OF ME"(KATY PERRY)が101位から100ランクアップで1位獲得」
「101位以下から#1に輝いたシングル(Billboard 1959年-1985年編)」
「101位以下から#1に輝いたシングル(Billboard 1992年-2015年編)」
の総集編としてB.Uチャートを経由した№1シングルを更新しました。

■1992年以降チャート初登場が120位以下で1位に輝いた作品
初№1日付 タイトル アーティスト 1位までのチャートアクション
2009/04/11 Poker Face Lady Gaga 125,92,81,83,72,48,32,23,12,10,6,3,3,3,2,1
1993/11/06 I'd Do Anything For Love Meat Loaf 125,68,48,25,9,6,3,2,1
2010/06/19 California Gurls Katy Perry Featuring Snoop Dogg 125,2,3,2,1
2010/10/30 Like A G6 Far*East Movement Feat. Cataracs & Dev 125,106,92,69,41,21,16,10,6,2,2,1
2006/08/19 London Bridge Fergie 124,84,5,1
2000/04/08 Maria Maria Santana Featuring The Product G&B 124,125,120,118,119,119,109,101,15,8,6,5,2,3,2,2,1
2015/07/25 Cheerleader Omi 124,119,124,*,122,112,95,63,47,31,27,16,11,7,4,3,2,1
2006/04/08 Bad Day Daniel Powter 124,116,113,108,55,41,29,14,5,2,1
2000/11/11 With Arms Wide Open Creed 124,107,84,78,76,74,70,68,74,75,69,74,70,79,84,86,76,62,45,29,19,11
10,7,5,3,3,3,1
2000/03/04 Amazed Lonestar 124,107,81,54,44,39,38,33,29,29,32,27,26,24,27,32,33,35,35,40,43,50,-,-,-,-,-,-,-,-,-,
45,45,45,23,17,14,17,18,18,3,1
2001/03/31 Angel Shaggy Featuring Rayvon 124,105,81,57,56,39,24,19,12,9,7,5,3,3,2,1
2011/01/29 Hold It Against Me Britney Spears 124,1
2014/07/26 Rude Magic! 123,97,62,39,28,15,8,7,3,3,2,2,1
1999/07/31 Genie In A Bottle Christina Aguilerra 123,111,105,61,12,4,3,1
2001/12/22 How You Remind Me Nickelback 123,106,103,75,64,60,58,53,43,36,26,17,11,9,5,4,3,3,1
1999/09/04 Bailamos Enrique Iglesias 123,105,63,51,38,29,16,13,11,2,1,
2000/06/24 Be With You Enrique Iglesias 123,101,63,45,34,23,17,12,9,8,8,6,5,4,1
2009/11/21 Fireflies Owl City 122,97,94,82,58,46,24,11,9,7,1
2007/02/24 Say It Right Nelly Furtado 122,93,66,25,12,6,6,6,10,5,4,3,3,2,1
2006/12/16 Irreplaceable Beyonc? 122,87,24,9,4,3,2,1
2003/05/31 21 Questions 50 Cent 122,74,47,21,15,10,5,5,4,2,2,1
2007/07/28 Hey There Delilah Plain White T'S 122,103,79,66,53,53,44,41,37,27,27,16,6,5,4,3,2,1
2003/12/13 Hey Ya! Outkast 122,102,57,41,25,15,13,5,3,2,1
2007/03/03 What Goes Around... Comes Around Justin Timberlake 122,-,112,64,38,23,34,21,12,13,10,11,8,1
2005/09/17 Gold Digger Kanye West Featuring Jamie Foxx 121,122,92,75,62,47,30,27,19,1
2000/07/15 Everything You Want Vertical Horizon 121,114,110,106,103,70,61,53,46,40,33,31,26,22,19,17,15,13
9,9,8,8,6,7,7,8,3,3,6,6,1
2006/10/28 Money Maker Ludacris Featuring Pharrell 121,104,96,79,61,56,15,2,2,2,2,1
2009/11/14 Whatcha Say Jason Derulo 121,101,54,24,13,9,7,10,5,4,4,2,2,1
2006/06/03 Ridin' Chamillionaire Featuring Krayzie Bone 120,111,103,88,73,57,36,27,21,17,13,12,4,4,4,3,1
2013/06/22 Blurred Lines Robin Thicke Featuring T.I & Pharrell 120,109,112,94,89,70,54,12,11,6,1
2000/08/12 Incomplete Sisqo 120,107,77,66,61,61,61,55,2,1

■101位以下から翌週1位に輝いた作品
初№1日付 タイトル アーティスト 初登場順位
2011/01/29 Hold It Against Me Britney Spears 124
2017/01/28 Shape Of You Ed Sheeran 116
2010/11/13 We R Who We R Ke$Ha 115
2009/10/24 3 Britney Spears 114
2015/11/14 Hello Adele 114
2016/05/28 Can'T Stop The Feeling! Justin Timberlake 105
2014/09/06 Shake It Off Taylor Swift 104
2012/03/03 Part Of Me Katy Perry 101

Billboardアルバムチャート最高位50位以下の長期滞在記録

 最高位が低くて長期間チャートインしたアルバムの特集。ここでは最高位50位以下の作品を取り上げます。
 最高位50位以下でTOP200に100週以上チャートインしたアルバムは15作。
 最も長期間エントリーしたのは、日本でも絶大な人気を誇るDecember-George Winston。最高位54位ながらTOP200に178週エントリー。うちTOP100には60週間滞在しています。ちなみに最高位である54位を記録しした1984年の年間アルバムチャートでは65位を記録しています。

 これに最高位52位のThe Sea-Anita Kerr Singers, Rod Mckuen & The San Sebastian StringsがTOP200滞在143週で続きます。 TOP100の滞在は77週で年間チャートには1967年(68位)、1968年(34位)と2年連続でランクインするという快挙を達成。
 
 Super Hits-Willie Nelsonは最高位98位でTOP200滞在が110週、しかしTOP100へのエントリーは最高位98位を記録した週の1週に止まっています。

 なお、最高位101位以下で最も長期間TOP200にエントリーしたのはEarly Days And Latter Days - The Very Best Of Led Zeppelin(2002/12/7付初チャートイン)で最高位114位でTOP200滞在68週間。
 そのチャートアクションは以下の通り。
116,200,182,168,154,156,181,173,175,176,184,195,-,191,199,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,
195,169,135,129,126,149,177,180,184,186,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,188,-,-,196,
193,189,186,186,183,194,187,-,190,193,175,161,155,160,140,138,132,130,133,
148,140,146,154,138,135,114,134,152,144,155,159,168,166,171,165,170,167,165,169,173,191,-,-,-,-,191,190

■最高位50位以下で100週以上チャートインしたアルバム
最高位日付 最高位 TOP
200
TOP
100
タイトル アーティスト
1984/01/21 54 178 60 December George Winston
1968/08/03 52 143 77 The Sea Anita Kerr Singers,
Rod Mckuen & The San Sebastian Strings
2011/04/30 60 135 23 The Best Of Lynyrd Skynyrd:
20th Century Masters The Millennium Collection
Lynyrd Skynyrd
2007/09/22 57 133 62 Flyleaf Flyleaf
1991/11/23 75 115 13 Pretty Hate Machine Nine Inch Nails
1973/04/14 70 113 36 Sittin' In Loggins And Messina
2014/03/01 66 113 5 Wicked Original Broadway Cast Recording
2013/05/18 84 111 11 Megalithic Symphony Awolnation
2012/02/18 98 110 1 Super Hits Willie Nelson
1991/05/25 57 110 29 Here In The Real World Alan Jackson
2011/04/30 66 107 11 The Best Of Eric Clapton:
20th Century Masters The Millenium Collection
Eric Clapton
1998/04/11 61 104 36 I'M Alright Jo Dee Messina
2000/03/04 70 102 30 The Whole Shebang Shedaisy
1986/08/30 85 100 4 Storms Of Life Randy Travis
1994/06/04 50 100 46 Fumbling Towards Ecstasy Sarah Mclachlan


Billboardアルバムチャート101位以下の長期滞在記録

こちらでご紹介したTOP100の長期滞在記録のリバーシブル編。

対象は1961年1月以降にアルバムチャートにランクインした作品で2016年12月31日付までの週数をカウント。Billboardのレギュラーポップアルバムの滞在週のみが対象でComprehensive AlbumsやTop Pop Catalog Albumsの週数はカウントしてません。
なお、Billboardのレギュラーポップアルバムのチャートサイズはこちらをご参照ください。

もっとも長く101位以下に滞在したのは、The Dark Side Of The Moon-Pink Floyd。TOP200に滞在すること925週。うち767週が101位以下で、実に全滞在週の8割以上を占めています。
参考:"Dark Side Of The Moon"、”狂気”のチャートアクション(Billboard編)

 これに次ぐのがChronicle:The 20 Greatest Hits-Creedence Clearwater Revivalで101位以下の滞在は296週。TOP200の滞在が324週なので実に9割以上が101位以下で推移ということになります。
 初チャートインは1976年3月6日付。14週間チャートインし、最高位は100位。1986年11月1日付で約10年5カ月ぶりにリエントリー。ここでも16週チャートインしながら最高位は165位と下位に低迷。2009年12月5日付で「足切り制度」が廃止され、2010年1月9日付で約23年ぶりに三度目のチャートイン。リエントリーを重ねながら2013年8月17日付で前週の133位から22位へと111ランクの大ジャンプアップをみせ、これが最高位となりました。2016年11月26日付を最後にTOP200から姿を消していますが、TOP200にリエントリーするのは間違いないところでしょう。

 続いて274週間101位以下に滞在したのはJourney's Greatest Hits。同作のTOP200滞在は439週で歴代5位。現時点(2016年12月31日付)もTOP200に滞在中で、このまま滞在し続けると、今年中にJohnny's Greatest HitsやMy Fair Ladyの記録を上回りTOP3入りも夢ではありません。TOP100滞在165週はThe Dark Side Of The Moon(159週)を上回る週数となっています。

 Journey's Greatest Hitsに1週及ばない273週で4位に位置するのがLegend:The Best Of Bob Marley And The Wailers。この作品のTOP200滞在は448週でJourney's Greatest Hitsを上回り歴代4位。Journey's Greatest Hits同様、今年一年チャートインし続けると、歴代2位に上昇するとともに、史上2作目のチャートイン500週の快挙の達成となります。
 同作の最高位はチャートインから実に464週目の2014年9月20日付の5位。前週100位から一気にTOP5入りを果たしています。
「足切り制度」廃止の恩恵を受けた作品の一つと言えるでしょう。

 続いてCurtain Call: The Hits-Eminemが259週間101位以下にランクイン。こちらは前出のChronicleとは対照的に初登場1位を記録。2週1位を維持したのち、順位をずるずると下げ、登場30週目に102位とTOP100から転落。しかし、ここから40週間200位以内に滞在。2007年4月14日付を最後にTOP200圏外に去りますが、2010年1月16日付け193位にリエントリー。何度もTOP200内外を往復しながら、定期的にTOP100入りも果たすなど、TOP200滞在は319週に達しました。

 TOP20中、9作がベストアルバム、6作が№1アルバムとなっています。

■Billboardアルバムチャート101位以下滞在週TOP20
101位以下
の週数
Title Artist 初チャート
イン
日付
TOP
200
TOP
100
TOP
10
最高位 #1
767 The Dark Side Of The Moon Pink Floyd 1973/03/17 926 159 27 1 1
296 Chronicle:The 20 Greatest Hits Creedence Clearwater Revival 1976/03/06 324 28 0 22 0
274 Journey's Greatest Hits Journey 1988/12/03 439 165 2 10 0
273 Legend:The Best Of Bob Marley And The Wailers Bob Marley And The Wailers 1984/08/18 448 175 1 5 0
259 Curtain Call: The Hits Eminem 2005/12/24 319 60 12 1 2
226 Mcmxc AD Enigma 1991/03/02 282 56 5 6 0
225 Phantom Of The Opera Highlights Original London Cast 1990/03/10 331 106 0 46 0
224 Nevermind Nirvana 1991/10/12 341 117 28 1 2
221 Phantom Of The Opera Original London Cast 1987/05/23 255 34 0 33 0
204 Greatest Hits Guns N' Roses 2004/04/10 378 174 6 3 0
198 The Best Of Van Morrison Van Morrison 1990/05/26 242 44 0 41 0
196 Back In Black Ac/Dc 1980/08/23 281 85 23 4 0
193 Tapestry Carole King 1971/04/10 318 125 46 1 15
190 Greatest Hits Queen 1981/11/14 262 72 0 11 0
187 Mothership Led Zeppelin 2007/12/01 214 27 1 7 0
185 Hot Rocks, 1964-1971 Rolling Stones 1972/01/08 262 77 8 4 0
165 Recovery Eminem 2010/07/10 260 95 27 1 7
156 1 Beatles 2000/12/02 251 95 20 1 8
149 Shepherd Moons Enya 1991/12/07 238 89 0 17 0
147 Under A Blood Red Sky U2 1983/12/10 180 33 0 28 0


全米三大チャート全てで2位止まりとなったアルバム

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)の全米三大チャート全てで2位止まりとなったアルバムをご紹介します。
 対象とする期間はMusic VendorがRecord Worldに改称した1964年4月18日付から、同チャートが休刊した1982年4月10日付までの939週間。
 この間に三大チャート全てで2位止まりだったアルバムは、19作。同期間、三大チャートを制覇したアルバムは167作ですので、ぐっと希少性が高まります。
 もっとも悲劇的だった作品は"Something New"-Beatles。BB、CBともに9週連続2位(RWの週数は調査中)。とはいうものの、同期間1位に君臨したのは"A Hard Day's Night”なので文句は言えないでしょうが。

参考:
全米三大チャート#1アルバム記録集-1-
全米三大チャート#1アルバム記録集-2-

■全米三大チャート全てで2位止まりだったアルバム
Title Artist BB CB RW

週数

2位週

週数

2位週

週数

2位週

Something New Beatles 9 1964/08/22 9 1964/08/15 ? 1964/08/01
Between The Buttons Rolling Stones 4 1967/03/11 4 1967/03/11 ? 1967/02/11
Their Satanic Majesties Request Rolling Stones 6 1968/01/06 5 1968/01/13 ? 1967/12/16
The Age Of Aquarius Fifth Dimention 2 1969/06/28 2 1969/07/05 ? 1969/05/31
Carpenters Carpenters 2 1971/07/03 1 1971/07/10 4 1971/07/10
Mud Slide Slim & The Blue Horizon James Taylor 4 1971/07/24 3 1971/08/14 2 1971/08/21
Ram Paul & Linda Mccartney 2 1971/08/21 1 1971/09/04 2 1971/09/04
Teaser And The Firecat Cat Stevens 1 1971/12/04 1 1971/12/11 1 1971/12/11
School'S Out Alice Cooper 3 1972/07/29 1 1972/08/19 2 1972/08/12
Buddha And The Chocolate Box Cat Stevens 3 1974/05/11 1 1974/05/25 2 1974/05/18
Sprit Earth,Wind & Fire 2 1976/10/30 4 1976/10/23 1 1976/11/13
The Song Remains The Same Led Zeppelin/Soundtrack 3 1976/11/13 2 1976/11/20 2 1976/11/20
I'M In You Peter Frampton 4 1977/07/16 3 1977/07/16 3 1977/07/09
Crosby Stills & Nash Crosby Stills & Nash 4 1977/08/13 4 1977/08/20 2 1977/08/06
Star Wars Soundtrack 3 1977/09/10 5 1977/09/17 7 1977/09/03
The Stranger Billy Joel 6 1978/02/18 6 1978/02/25 1 1978/03/11
London Town Paul Mccartney 6 1978/05/06 4 1978/05/06 5 1978/04/29
Feels So Good Chuck Mangione 2 1978/06/17 4 1978/06/03 3 1978/06/03
A Wild And Crazy Guy Steve Martin 6 1978/12/09 3 1978/12/02 2 1978/12/16

1位からウルトラダウン記録更新 2016年12月3日付けBillboard 200

 ここのところウルトラダウン記録が続出する中、12/3付Billboardアルバムチャート(Billboard 200)で10年ぶりに1位からのウルトラダウン記録が塗り替えられました。
 これまでのウルトラダウン記録は、2006/12/23付でLight Grenades-Incubusが記録した1位→37位。これを今週、This House Is Not For Sale-Bon Joviが1位→43位という記録で上回ることになりました。
 1位から13位以下に転落したアルバムは同作で25作目ですが、うち23作までが2000年以降に、半数以上の13作が2010年代に記録されたものになります。1位からTOP50圏外という記録も出そうな雰囲気も漂ってくる、昨今のチャート状況であります。

■Billboardアルバムチャートで1位から13位以下にダウンした作品
日付 1位→ タイトル アーティスト
2016/12/03 43 This House Is Not For Sale Bon Jovi
2006/12/23 37 Light Grenades Incubus
2016/03/26 26 I Like It When You Sleep, For You Are So Beautiful Yet So Unaware Of It 1975
2011/02/19 26 Mission Bell Amos Lee
2011/02/05 25 Showroom Of Compassion Cake
2011/12/03 24 Blue Slide Park Mac Miller
2013/02/02 22 Burning Lights Chris Tomlin
2003/06/07 21 The Golden Age Of Grotesque Marilyn Manson
2016/11/12 20 Walls Kings Of Leon
2009/12/05 19 The Circle Bon Jovi
2015/07/04 19 Drones Muse
2014/08/02 19 1000 Forms Of Fear Sia
2007/01/06 18 The Inspiration Young Jeezy
2016/04/16 17 This Is What The Truth Feels Like Gwen Stefani
2015/05/09 17 Handwritten Shawn Mendes
1999/10/16 16 The Fragile Nine Inch Nails
2007/03/31 15 Greatest Hits Notorious B.I.G.
2013/06/29 15 ...Like Clockwork Queens Of The Stone Age
2000/01/01 14 Born Again Notorious B.I.G.
2016/11/26 14 Trap Or Die 3 Jeezy
2005/01/08 13 Loyal To The Game 2Pac
1974/10/12 13 Endless Summer Beach Boys
2006/12/09 13 Doctor's Advocate Game
2003/05/03 13 Faceless Godsmack
2009/12/12 13 Battle Studies John Mayer


6位からウルトラダウン記録更新 2016年11月12日付けBillboard 200

 先週(11/5付)のウルトラダウン続出の余韻さめやらぬ中(笑)、今週もBillboard 200でウルトラダウン記録が更新されました。
 今週の記録更新は6位からの大幅ダウン記録。従来の記録は2015/06/06付のTrust Fall (Side A) (EP)-Incubusの6位→109位。
今週、Mad Love.-Jojoがこれを2ランク上回る6位→111位を達成。
 これで6位から50ランク以上ダウンしたアルバムは14作目となりますが、全て2008年以降の作品。うち13作が2010年代に記録されたのもの。

■Billboardアルバムチャートで6位から50ランク以上ダウンした作品
記録日付 6位⇒ 下降幅 タイトル アーティスト
2016/11/12 111 -105 Mad Love. Jojo
2015/06/06 109 -103 Trust Fall (Side A) (EP) Incubus
2015/06/13 92 -86 The Voice: The Complete Season 8 Collection Sawyer Fredericks
2013/11/16 80 -74 Better Together (EP) Fifth Harmony
2015/08/08 72 -66 Sometime Last Night R5
2016/04/09 70 -64 Incarnate Killswitch Engage
2014/05/03 67 -61 Somo Somo
2016/08/27 66 -60 The Definition Of... Fantasia
2014/04/05 64 -58 Stereolithic 311
2011/07/02 63 -57 Dirty Work All Time Low
2016/05/28 62 -56 Electric Warlock Acid Witch Satanic Orgy Celebration Dispenser Rob Zombie
2012/11/03 58 -52 Don'T Panic All Time Low
2014/05/17 57 -51 Pop Psychology Neon Trees
2008/04/05 56 -50 The Elephant In The Room Fat Joe

 1990年代以前の6位からの下降記録は1962/3/3付でHoliday Sing Along With Mitch-Mitch Miller And The Gangが記録した6位→49位。70年代、80年代では大きなダウン記録は見当たらず、1983/2/5付でCoda-Led Zeppelinが記録した6位→20位が最大ダウン記録となっています。
 もう全くの別物チャート、ですね。

ウルトラダウン続出の2016年11月5日付けBillboard 200


 11月5日付けBillboard200(アルバムチャート)は、前週から160ランク以上のウルトラダウンを記録した作品が続出。
 まず前週の17位から194位へと177ランクダウンしたThe Violent Sleep Of Reason - Meshuggahは歴代4位、
13位から182位へ169ランクダウンしたMothership-Dance Gavin Danceは同13位、9位から172位へ163ランクダウンしたThree-    Phantogramは同27位、34位から196位へ162ランクダウンしたMemphis Rock And Soul-Melissa Etheridgeは同32位とウルトラダウン上位35傑に4作がエントリー。
 しかも全て前週初登場し、2週目にあたる今週160ランク以上の大幅ダウンを記録しています。
 ウルトラダウン記録TOP20は全て2012年以降のもの。実売からストリーミング、ダウンロードなどの要素が大きなポイントを占める近年のチャート。今後もウルトラダウンの記録が続出することが予想されます。

■Billboard Albumチャートで前週から160ランク以上ダウンした作品
DATE   TW LW TITLE ARTIST
2012/08/25 -190 195 5 Number Ones 2 Bee Gees
2014/08/30 -182 192 10 Somebody To You Ep Vamps
2016/09/03 -181 192 11 Gotta Be Me Cody Johnson
2016/11/05 -177 194 17 The Violent Sleep Of Reason Meshuggah
2015/05/23 -176 193 17 Marvelous Missing Link (Lost) Insane Clown Posse
2016/06/18 -176 196 20 Headspace Issues
2012/08/18 -176 200 24 Tomorrow Never Knows Beatles
2015/03/28 -175 198 23 Discovery Daft Punk
2012/07/28 -175 198 23 What We Saw From The Cheap Seats Regina Spektor
2016/05/14 -174 197 23 Origins, Vol. 1 Ace Frehley
2016/08/06 -172 199 27 Wildflower Avalanches
2014/03/29 -171 193 22 100 (EP) Kb
2016/11/05 -169 182 13 Mothership Dance Gavin Dance
2014/08/23 -168 198 30 Stuck Adelitas Way
2012/11/17 -167 185 18 Abominationz Twiztid
2015/12/19 -167 192 25 Strangeulation II Tech N9Ne Collabos
2013/11/09 -167 196 29 Get Home Safely Dom Kennedy
2016/07/02 -166 182 16 Love You To Death Tegan And Sara
2010/07/31 -166 199 33 The Wild Trapeze Brandon Boyd
2016/09/24 -165 184 19 It Doesn't Have To Make Sense Ingrid Michaelson
2016/05/14 -165 187 22 Layers Royce Da 5'9"
2013/03/30 -165 195 30 Welcome Oblivion How To Destroy Angels
2009/10/10 -164 182 18 Fashionably Late Honor Society
2002/02/16 -164 190 26 And All That Could Have Been, Live - Deluxe Edition Nine Inch Nails
2014/03/22 -164 192 28 Tides Live Bethel Music
2012/07/07 -164 196 32 At Heart Miss May I
2016/11/05 -163 172 9 Three Phantogram
2014/11/08 -163 192 29 Heart On My Sleeve Mary Lambert
2013/11/30 -163 200 37 Proof Of Life Scott Stapp
2013/02/09 -162 194 32 Fall Into Me Katie Armiger
2011/07/16 -162 196 34 Nothing But The Best Frank Sinatra
2016/11/05 -162 196 34 Memphis Rock And Soul Melissa Etheridge
2015/03/28 -162 197 35 Chasing Yesterday Noel Gallagher's High Flying Birds
2012/03/24 -161 181 20 The Best Of The Monkees Monkees
2011/10/29 -160 186 26 Radiosurgery New Found Glory
2012/01/21 -160 193 33 Under The Mistletoe Justin Bieber
2014/12/06 -160 198 38 Forever Queen


全米四大シングルチャート チャートアクション比較(You Ain't Seen Nothing Yet)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。
 今回はYou Ain't Seen Nothing Yet(Bachman Turner Overdrive)。

 チャートデビューは、CBが1974/9/14付で76位と他2誌より1週早くチャートイン。翌週BB65位、RW70位とHOT/TOP100にエントリー。以降、3誌とも順調に上昇し、10/26付で3誌同時にTOP10入り。特にBBでは前週17位から3位へとジャンプアップ。
 最初に1位を記録したのはRW。11/2付で前週の8位から7ランクアップし一気に1位に到達。翌11/9付にBBで、11/23付にはCBで、それぞれ1位を獲得、とここまでは目立つようなチャートアクションの差は見られませんが、1位獲得後のBBのチャートアクションが迷走状態に。
 11/9付で1位を獲得したものの、翌週12位に一気にランクダウン。さらに翌週34位まで下降。前述の通りこの週CBでは1位に到達しているので、同一週で方や1位、方や34位(RW6位)という大きな開きが見られることに。
 これに驚いた?(笑)BB、11/30付で一気に8位まで再浮上させるという荒業を見せます。これが奏功しこの週、BB8位、CB8位、RW13位と自然な並びとなりました。
 BBのこのチャートアクションの背景には、当初"You Ain't Seen Nothing Yet"のみの集計だったものが、途中から「B面」の"Free Wheelin'"が両A面扱いになり、両曲のポイントが合算されたため、急上昇に転じた、ということがあったらしいですが、真偽は?ですね。


BB CB RW
1974/09/14 - 76 -
1974/09/21 65 56 70
1974/09/28 49 38 53
1974/10/05 28 25 36
1974/10/12 22 19 28
1974/10/19 17 13 21
1974/10/26 3 7 8
1974/11/02 2 4 1
1974/11/09 1 3 2
1974/11/16 12 2 4
1974/11/23 34 1 6
1974/11/30 8 8 13
1974/12/07 8 14 18
1974/12/14 12 34 22
1974/12/21 23 40 31
1974/12/28 42 75 44
1975/01/04 51 - 50
1975/01/11 67 - 58
1975/01/18 - - 63


  BB CB RW
HOT/TOP100 17 16 18
TOP40 12 13 12
TOP30 11 10 10
TOP20 8 9 7
TOP10 5 6 5
Peak 1 1 1


全米四大シングルチャート チャートアクション比較(Hit Me with Your Best Shot)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。今回はHit Me with Your Best Shot (Pat Benatar)。
 1980/10/4付でBB73位、CB74位、RW66位と大きな差なく三大チャートにランクイン。TOP40入りもBB、RWが10/18付け、CBが翌週の10/25付で、この週BB33位、CB、RW34位で横一線。RRはこの週TOP30 3週目にして22位まで上昇。
 最初にTOP10入りしたのはRRで11/14付(三大チャート日付-1日)。次いでRWが11/29付(7位)、2週遅れてBB、CBでもTOP10入り、とここまでは大きな差のないチャートアクションでしたが、RWでは7-7-7-8-9-9-9-9とジリジリ後退するも、1981/1/24付けで9位から5位にランクアップ。  1980年代のランクダウン後の再上昇は珍しく、しかも4ランクアップというのは希少の部類に。
 その後、RWでは3週TOP10をキープ。2/14付ではRW9位に対しCB16位、BBではすでに43位とTOP40圏外に。
 さらにBBは3/14付、CBでは3/21付を最後にHOT/TOP100から去りますが、RWではその後もランクイン。
 最終的にはHOT/TOP100週数はBB24週、CB25週に対し、RWでは31週、TOP40週数でもBB15週に対しRW23週と大きな差がつくことになりました。
 ちなみにRWでのTOP100滞在31週は歴代16位タイ、TOP40 23週は歴代11位タイの長期滞在記録となります。

  BB CB RW RR
1980/10/04 73 74 66 -
1980/10/11 55 56 44 30
1980/10/18 40 44 38 28
1980/10/25 33 34 34 22
1980/11/01 25 23 29 15
1980/11/08 19 20 22 11
1980/11/15 16 16 15 9
1980/11/22 15 14 13 9
1980/11/29 13 12 7 10
1980/12/06 11 11 7 10
1980/12/13 10 9 7 13
1980/12/20 9 8 8 17
1980/12/27 9 7 9 17
1981/01/03 9 7 9 17
1981/01/10 12 7 9 23
1981/01/17 16 7 9 -
1981/01/24 28 10 5 -
1981/01/31 41 11 5 -
1981/02/07 41 12 9 -
1981/02/14 43 16 9 -
1981/02/21 51 32 20 -
1981/02/28 57 40 18 -
1981/03/07 79 48 18 -
1981/03/14 96 52 19 -
1981/03/21 - 77 34 -
1981/03/28 - - 42 -
1981/04/04 - - 58 -
1981/04/11 - - 62 -
1981/04/18 - - 68 -
1981/04/25 - - 83 -
1981/05/02 - - 99 -

 

BB CB RW RR
HOT/TOP100 24 25 31  
TOP40 15 19 23  
TOP30 13 16 20 14
TOP20 11 15 18 10
TOP10 4 7 12 4
Peak 9 7 5 9


全米四大シングルチャート チャートアクション比較(Uptown Festival)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。今回はUptown Festival (Shalamar)。
 はじめにチャートインしたのはBB。1977/3/5付でBubbling Under(BU)チャートの109位にエントリー。翌週86位に上昇しHOT100初登場。以降76→66→55→45とほぼ10ランクずつ好調にランクアップ。
 しかし、ここまで他誌でのチャートインはなし。BUにチャートインしてから7週目にあたる4/16付で39位とTOP40にランクイン。同週ようやくCBチャート96位にエントリー。さらに3週遅れて5/7付でようやくRW97位に登場という差のつきよう。
 結局、BBでは25位とスマッシュヒットを記録するも、CB61位、RWでは77位が最高位と大きな差がつくことに。
 HOT/TOP100の滞在週数もBB17週に対し、CB11週、RWでは僅か9週という結果に。
 BBが「大盤振る舞い」しすぎたのか、CB、RWが「辛め」なのか。

BB CB RW
1977/03/05 109
1977/03/12 86
1977/03/19 76
1977/03/26 66
1977/04/02 55
1977/04/09 45
1977/04/16 39 96
1977/04/23 35 91
1977/04/30 33 90
1977/05/07 32 86 97
1977/05/14 30 98 92
1977/05/21 27 90 88
1977/05/28 26 76 85
1977/06/04 25 69 82
1977/06/11 45 67 79
1977/06/18 45 61 77
1977/06/25 45 66 81
1977/07/02 79 94

  

  BB CB RW
HOT/TOP100 17 11 9
TOP40 8 0 0
TOP30 4 0 0
TOP20 0 0 0
TOP10 0 0 0
Peak 25 61 77


全米四大シングルチャート チャートアクション比較(I Go Crazy)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。第1回目I Go Crazy (Paul Davis)。
 TOP100入りはBB、CB、RWともに1977/8/27付で順位も80位台とほぼ同じ。
 TOP40入りはBBが登場10週目にあたる1977/10/29付、1週遅れてCB。二誌で順調に上昇するもRWではTOP40入りに時間がかかり、登場16週目、BBから遅れること7週目の1977/12/10付でようやくTOP40入り。
 1977/12/24付、CBでは前週の22位から45位と大きくダウン。年末年始を挟み44位→43位→41位とTOP40圏外に4週滞在。
TOP10入りはBBが1978/3/4付、1週遅れてCBが3/11付。RWでは2/25付の13位が、TOP30のRRでは3/4付の18位が最高位でTOP10入りならず。
 最終的にはHOT/TOP100週数はBB40週、CB36週、RW37週。TOP40はBB25週に対しRW17週、TOP30はBB21週、RW11週と倍以上の差がつくことになりました。
 しかし、CBでの急降下は「?」な現象でありました。


Date BB CB RW RR
1977/08/27 89 84 88 -
1977/09/03 78 76 79 -
1977/09/10 68 66 72 -
1977/09/17 58 61 71 -
1977/09/24 47 56 69 -
1977/10/01 45 53 67 -
1977/10/08 43 49 67 -
1977/10/15 41 46 65 -
1977/10/22 41 44 62 -
1977/10/29 37 42 61 -
1977/11/05 34 39 60 -
1977/11/12 31 36 56 -
1977/11/19 29 31 49 -
1977/11/26 28 26 43 -
1977/12/03 25 25 42 -
1977/12/10 25 23 39 -
1977/12/17 23 22 36 -
1977/12/24 23 45 35 -
1977/12/31 23 44 35 -
1978/01/07 21 43 32 -
1978/01/14 21 41 31 -
1978/01/21 19 34 27 -
1978/01/28 18 25 22 28
1978/02/04 16 21 19 23
1978/02/11 14 19 16 20
1978/02/18 12 16 15 20
1978/02/25 11 14 13 19
1978/03/04 9 12 13 18
1978/03/11 8 10 13 27
1978/03/18 7 8 14 -
1978/03/25 7 7 18 -
1978/04/01 7 7 24 -
1978/04/08 28 11 43 -
1978/04/15 35 29 63 -
1978/04/22 63 45 71 -
1978/04/29 63 59 76 -
1978/05/06 83   81 -
1978/05/13 90     -
1978/05/20 95     -
1978/05/27 99     -

 

  BB CB RW RR
HOT/TOP100 40 36 37  
TOP40 25 20 17  
TOP30 21 16 11 7
TOP20 11 9 8 4
TOP10 5 4 0 0
Peak 7 7 13 18


Billboardアルバムチャートで同一順位に長く止まっていた作品(その3)

番外編としてTOP10以下で長期同順位を続けたアルバムをご紹介します。

11位
 最も長く11位に止まったのは"Lionel Richie"の12週。
1982/10/23付で42位に初登場し、30位→16位→5位→4位→3位と登場6週目で3位に達するも、以降6週連続3位(計7週連続3位)。翌週の5位を挟んで1983/1/22付で11位に転落。ここから7週連続11位をキープしたのち1983/3/12付で7位に上昇。以降7位→7位→7位→7位→7位→7位→8位→7位→10位→11位→10位→11位→11位→11位→11位で計12週間11位の座に止まりました。
 これに続くのが"Toni Braxton"の11週。奇しくもアーティスト名=タイトルが1、2位を占めました。
最高位11位の記録はAnother Page-Christopher Crossの5週。
 上記の"Lionel Richie"に引き継いで11位の座に止まること5週。こちらでも紹介したようにこの時期のアルバムチャートの固定ぶりは様々な記録を生むことになりました。

■Billboardアルバムチャート11位に7週以上止まった作品
11
週数
Title Artist 11位日付 最高位 TOP10
週数
12 Lionel Richie Lionel Richie 1983/01/22 3 21
11 Toni Braxton Toni Braxton 1993/10/09 1 11
10 Breakaway Kelly Clarkson 2005/01/01 3 23
9 Come On Over Shania Twain 1998/01/24 2 53
8 Soul Provider Michael Bolton 1990/02/17 3 21
7 Devil Without A Cause Kid Rock 1999/07/10 4 30
7 Tuesday Night Music Club Sheryl Crow 1994/09/24 3 12
7 Fly Like An Eagle The Steve Miller Band 1976/07/17 3 30

200位

 ぐっとマニアックに200位に長く止まったアルバムをご紹介いたします。
 最長はこちらでも紹介したWings Over America-Paul Mccartney & Wings。実に22週!これは今後破られない記録でしょう。
 これに次ぐのがTapestry-Carole Kingで15週。1976/11/13付から8週連続200位を記録。これは200位の連続記録です。
なお同作は198位にも17週止まり、198位の長期位記録を樹立しています。
 200位滞在第3位はThe Dark Side Of The Moon-Pink Floydで13週。これもこちらで詳しくご紹介していますので、ご参照ください。

Billboardアルバムチャートで同一順位に長く止まっていた作品(その2)

 Billboardアルバムチャートで同一順位に長く止まっていた作品シリーズ第二弾は5位から10位です。

 まず5位。最長記録はHeartbeat City-CarsとThe Sound Of Musicの16週。前者は最高位3位1週ながら、5位に16週滞在。うち11週は連続記録です。同作のTOP10週数は31週ですので、半分以上が5位に止まっていた、ということになります。
The Sound Of Musicは3位、4位、そしてこの5位と3ランク滞在の最長記録保持作品です。この2作を含み5位に10週以上止まった作品は8作。Heartbeat City以外は№1に輝いています。
 なお最高位5位の最長記録はPoison-Bell Biv Devoe、Emotions In Motion-Billy Squier、Raise-Earth, Wind & Fireの3作が記録した8週となっています。

■Billboardアルバムチャート5位滞在週数TOP10
週数 Title Arist 日付 最高位 TOP10
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
16 HEARTBEAT CITY CARS 1984/06/02 3 31 16 3 1 0 0
16 THE SOUND OF MUSIC SOUNDTRACK 1965/07/10 1 109 16 26 20 9 2
11 BORN IN THE USA BRUCE SPRINGSTEEN 1985/06/15 1 84 11 9 15 24 7
11 FOREVER YOUR GIRL PAULA ABDUL 1989/03/18 1 64 11 11 4 4 10
10 BAD MICHAEL JACKSON 1988/01/30 1 39 10 6 7 9 6
10 DR. ZHIVAGO SOUNDTRACK 1966/07/09 1 71 10 11 12 13 1
10 WEST SIDE STORY SOUNDTRACK 1963/01/19 1 99 10 13 11 27 12
10 1989 TAYLOR SWIFT 2015/02/28 1 59 10 4 3 12 11
9 AN INNOCENT MAN BILLY JOEL 1983/09/10 4 30 9 5 0 0 0
9 FALLING INTO YOU CELINE DION 1996/05/11 1 61 9 11 13 11 3
9 TIME, LOVE & TENDERNESS MICHAEL BOLTON 1991/06/22 1 38 9 2 0 2 1
9 NO STRINGS ATTACHED N SYNC 2000/06/10 1 31 9 2 0 0 8
9 SPACE JAM SOUND TRACK 1996/12/14 2 22 9 1 3 1 0


 6位の最長記録はPeter, Paul And Maryの20週。20週間6位ながら連続は3週どまり。1週+1週+1週+1週+1週+1週+2週+3週+1週+2週+1週+1週+1週+1週+2週と落ちては戻り、戻っては落ちを繰り返し、計20週間にわたり6位の座に止まっています。
 10週以上6位をキープしたのは10作、最高位6位の最長記録はWas Captured Live At The Forum-Three Dog Night、Physical-Olivia Newton-John、Rio-Duran Duran、Love Zone-Billy Ocean、The Lonesome Jubilee-John CougarMellencampの5作で7週。Was Captured Live...以外の4作は80年代の作品でした。

■Billboardアルバムチャート6位滞在週数TOP10
週数 Title Arist 日付 最高位 TOP10
週数
6
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
20 PETER PAUL & MARY PETER, PAUL AND MARY 1962/07/14 1 84 20 7 12 5 2 7
13 AUGUST & EVERYTHING AFTER COUNTING CROWS 1994/05/07 4 32 13 4 2 0 0 0
12 HUMAN CLAY CREED 2000/05/27 1 44 12 4 9 1 1 2
12 HYSTERIA DEF LEPPARD 1987/10/31 1 78 12 6 8 5 8 6
12 IN-A-GADDA-DA-VIDA IRON BUTTERFLY 1968/10/12 4 49 12 6 1 0 0 0
11 THE SOUND OF MUSIC SOUNDTRACK 1965/05/01 1 109 11 16 26 20 9 2
10 DON'T BE CRUEL BOBBY BROWN 1988/10/29 1 45 10 4 5 3 9 6
10 THE FAME LADY GAGA 2009/03/28 2 49 10 6 5 3 1 0
10 CRIMES OF PASSION PAT BENATAR 1980/10/11 2 29 10 5 2 0 5 0
10 WEST SIDE STORY SOUNDTRACK 1962/03/24 1 99 10 10 13 11 27 12


 7位の記録は、Hysteria-Def LeppardとPeter, Paul And Maryが持つ14週。前者は6位週数で3位、後者は6位週数トップの記録を持つ作品。
 最高位7位の最長記録はGood Trouble-Reo Speedwagonで9週。かつ9週連続で7位を記録しており。9週連続7位はBella Donna-Stevie Nicksと並ぶ7位の連続記録です。

■Billboardアルバムチャート7位滞在週数TOP10
週数 Title Arist 日付 最高位 TOP10
週数
7
週数
6
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
14 HYSTERIA DEF LEPPARD 1987/12/05 1 78 14 12 6 8 5 8 6
14 PETER PAUL & MARY PETER, PAUL AND MARY 1962/07/21 1 84 14 20 7 12 5 2 7
12 HANGIN TOUGH NEW KIDS ON THE BLOCK 1989/05/06 1 45 12 6 4 3 4 4 2
11 THE LONESOME JUBILEE JOHN COUGAR MELLENCAMP 1987/10/24 6 27 11 7 0 0 0 0 0
11 THE SOUND OF MUSIC SOUNDTRACK 1966/09/03 1 109 11 11 16 26 20 9 2
10 THE CARPENTERS CARPENTERS 1971/07/31 2 24 10 4 4 2 0 2 0
10 FALLEN EVANESCENCE 2003/03/22 3 43 10 4 2 8 7 0 0
10 IN-A-GADDA-DA-VIDA IRON BUTTERFLY 1968/12/07 4 49 10 12 6 1 0 0 0
10 THE WOMAN IN ME SHANIA TWAIN 1995/07/22 5 28 10 7 1 0 0 0 0
10 BELLA DONNA STEVIE NICKS 1981/11/07 1 26 10 4 3 1 2 4 1


 8位の最長記録はMary Poppins-Soundtrackの11週。14週1位の同作、7位2週、9位2週と11週8位を記録した前後の順位の週数は平凡なもの。
 8位を10週以上記録した作品は、同作を含み3作。最高位8位の最長記録はAldo Nova-Aldo Novaの6週でした。

■Billboardアルバムチャート8位滞在週数TOP10
週数 Title Arist 日付 最高位 8
週数
7
週数
6
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
11 MARY POPPINS SOUNDTRACK 1964/12/19 1 11 2 1 0 4 9 5 14
10 WHIPPED CREAM & OTHER DELIGHTS HERB ALPERT & THE TIJUANA BRASS 1965/07/24 1 10 1 8 2 2 8 13 8
10 WILSON PHILLIPS WILSON PHILLIPS 1990/06/23 2 10 9 2 1 9 6 10 0
9 BACKSTREET BOYS BACKSTREET BOYS 1998/02/28 4 9 9 6 5 2 0 0 0
9 TIME, LOVE & TENDERNESS MICHAEL BOLTON 1991/05/18 1 9 4 1 9 2 0 2 1
8 AN INNOCENT MAN BILLY JOEL 1983/12/24 4 8 2 4 9 5 0 0 0
8 HYSTERIA DEF LEPPARD 1987/12/12 1 8 14 12 6 8 5 8 6
8 ARE YOU EXPERIENCED JIMI HENDRIX EXPERIENCE 1967/12/09 5 8 8 1 1 0 0 0 0
8 IN THE LONELY HOUR SAM SMITH 2014/09/20 2 8 5 7 3 7 3 2 0
8 LOVE AT FIRST STING SCORPIONS 1984/04/14 6 8 1 2 0 0 0 0 0
8 COME ON OVER SHANIA TWAIN 1998/07/04 2 8 7 9 6 2 3 2 0
8 THE SOUND OF MUSIC SOUNDTRACK 1966/08/27 1 8 11 11 16 26 20 9 2
8 FULL MOON FEVER TOM PETTY 1989/10/14 3 8 2 7 7 1 2 0 0
8 I LEFT MY HEART IN SAN FRANCISCO TONY BENNETT 1962/10/13 6 8 7 4 0 0 0 0 0


 9位の記録はBackstreet Boysの11週。二桁週数は同作とFearless-Taylor Swiftの2作。
 そして最高位9位の最長記録はChicago 16-ChicagoとEddie & The Cruisers-Soundtrackの5週。ここら辺に来ると長期記録が難しくなってきますね。

■Billboardアルバムチャート9位滞在週数TOP10
週数 Title Arist 日付 最高位 TOP10
週数
9
週数
8
週数
7
週数
6
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
11 BACKSTREET BOYS BACKSTREET BOYS 1998/01/17 4 45 11 9 9 6 5 2 0 0 0
10 FEARLESS TAYLOR SWIFT 2009/05/16 1 58 10 5 6 3 4 4 2 4 11
9 DISRAELI GEARS CREAM 1968/02/17 4 30 9 5 6 4 0 2 0 0 0
8 BACK IN BLACK AC/DC 1980/10/25 4 23 8 1 0 5 3 3 0 0 0
8 V MAROON 5 2014/10/11 1 23 8 1 4 0 0 1 0 1 1
8 OPEN UP & SAY AHH! POISON 1988/07/23 2 26 8 2 0 2 3 2 3 1 0
8 COME ON OVER SHANIA TWAIN 1997/12/20 2 53 8 8 7 9 6 2 3 2 0
8 DR. ZHIVAGO SOUNDTRACK 1966/06/04 1 71 8 7 1 5 10 11 12 13 1
8 FLY LIKE AN EAGLE STEVE MILLER BAND 1976/07/24 3 30 8 3 1 5 2 2 2 0 0
7 THE RAZOR'S EDGE AC/DC 1990/12/15 2 19 7 2 3 1 1 1 2 1 0
7 GOODBYE YELLOW BRICK ROAD ELTON JOHN 1974/03/16 1 36 7 5 1 2 3 3 1 2 8
7 FALLEN EVANESCENCE 2003/03/29 3 43 7 3 10 4 2 8 7 0 0
7 IN-A-GADDA-DA-VIDA IRON BUTTERFLY 1968/12/21 4 49 7 7 10 12 6 1 0 0 0
7 BREAKAWAY KELLY CLARKSON 2005/03/19 3 23 7 5 1 4 0 0 1 0 0
7 DEVIL WITHOUT A CAUSE KID ROCK 1999/06/12 4 30 7 4 6 2 1 1 0 0 0
7 FOREVER YOUR GIRL PAULA ABDUL 1989/02/25 1 64 7 3 4 7 11 11 4 4 10
7 PETER PAUL & MARY PETER, PAUL AND MARY 1962/08/11 1 84 7 5 14 20 7 12 5 2 7
7 M!SSUNDAZTOOD PINK 2002/02/02 6 23 7 5 1 1 0 0 0 0 0
7 1999 PRINCE 1983/05/28 7 12 7 0 1 0 0 0 0 0 0


 10位の記録。Reckless-Bryan Adamsのみが13週と10週超え。9週7作、8週3作と長期滞在作品はぐっと減少します。
 最高位10位の記録はMemories-Barbra StreisandとSonic Temple-Cultの6週。こちらも80年代の作品で、最高位の最長記録は80年代に大きく偏っていることが分かります。

■Billboardアルバムチャート10位滞在週数TOP10
Title Arist 日付 最高位 TOP10
週数
10
週数
9
週数
8
週数
7
週数
6
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
13 RECKLESS BRYAN ADAMS 1985/01/05 1 40 13 1 6 5 3 2 4 1 3 2
9 SHE'S SO UNUSUAL CYNDI LAUPER 1984/03/31 4 21 9 5 0 1 2 0 4 0 0 0
9 SEVEN & THE RAGGED TIGER DURAN DURAN 1984/01/21 8 14 9 0 5 0 0 0 0 0 0 0
9 ARE YOU EXPERIENCED JIMI HENDRIX EXPERIENCE 1967/10/07 5 32 9 5 8 8 1 1 0 0 0 0
9 DEVIL WITHOUT A CAUSE KID ROCK 1999/06/19 4 30 9 7 4 6 2 1 1 0 0 0
9 M!SSUNDAZTOOD PINK 2001/12/22 6 23 9 7 5 1 1 0 0 0 0 0
9 FEARLESS TAYLOR SWIFT 2009/04/18 1 58 9 10 5 6 3 4 4 2 4 11
9 CRAZYSEXYCOOL TLC 1995/03/25 3 40 9 1 7 5 5 5 7 1 0 0
8 NO FENCES GARTH BROOKS 1991/07/20 3 36 8 3 5 4 3 4 7 2 0 0
8 ALL THE RIGHT REASONS NICKELBACK 2006/01/21 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
8 COME ON OVER SHANIA TWAIN 1998/05/09 2 53 8 8 8 7 9 6 2 3 2 0


Billboardアルバムチャートで同一順位に長く止まっていた作品(その1)

 リクエストにお応えしてBillboardアルバムチャートで同一順位に長く止まっていた作品をご紹介します。
 対象とした期間はアルバムチャートが150位まで拡大された1961年4月3日付から最新チャート(2016年8月20日付)まで。
 まず2位の記録は以前、こちらでご紹介しましたが、対象が1963年8月17日付から2002年12月7日付でしたので、その前後のデータを追加して改めてご紹介致します。

 この間、10週以上2位の座にあったアルバムは37作。最も長く2位を記録したのが、West Side Story-Soundtrack。
1961/10/23付128位に初登場し、27週目に2位に到達。翌週から7週連続1位を維持したのち、2位に転落。ここから14週連続2位をキープしたのち、登場49週目で再び1位に返り咲き。3週1位の後、2位に転落し5週2位に止まり、3位に転落。ここから3位-6位の間を17週間上下したのち、74週目に2位に上昇。以降3→2→2→1→1→2→2→2→3→3→2とTOP3内に止まることに。
 最終的にTOP10滞在は実に99週、№1 12週、そして2位に止まること27週という記録を樹立しました。
 これに次ぐのがBorn In The USA-Bruce Springsteenと21-Adeleの24週。Born In The USAのチャートアクションは、こちらでもご紹介したので割愛。
 21は現在もチャートイン。いったん140位台に下降したのち、再び9位まで上昇したこともあるため、今後、再び2位の座にカムバックすることも皆無ではないでしょう。

■Billboardアルバムチャート2位滞在週数TOP10
2
週数
TitleArtist初チャートイン最高位TOP
10
1
週数
27West Side StorySoundtrack1961/10/2319912
2421Adele2011/03/1218424
24Born In The USABruce Springsteen1984/06/231847
20Slippery When WetBon Jovi1986/09/131468
17Let's Talk About LoveCeline Dion1997/12/061261
17ThrillerMichael Jackson1982/12/2517837
16Please Hammer Don'Hurt 'EmM.C. Hammer1990/03/1015221
15Appetite For DestructionGuns N Roses1987/08/291525
15Built For SpeedStray Cats1982/07/032180
14Jagged Little PillAlanis Morissette1995/07/0117212

  
 続いて3位の記録。10週以上3位をキープしたアルバムは19作。
 最長3位記録はJagged Little Pill-Alanis MorissetteとThe Sound Of Music-Soundtrackの20週。前者は1位12週に加え、2位にも14週滞在(歴代10位)するなど90年代を代表する息の長いヒットアルバム。後者は1位2週、2位9週ながらTOP10滞在109週という歴史に残る超ロングランヒットアルバム。 The Sign-Ace Of Base(16週)をはさみ、2位24週で並んだ21-AdeleとBorn In The USA-Bruce Springsteenが3位週数でも15週で並んでいます。最高位3位の最長記録は、こちらでも紹介したH2O-Daryl Hall & John Oatesの15週(連続)。
 ちなみに同作、CashboxではTOP3に一歩届かず14週4位となっています。

■Billboardアルバムチャート3位滞在週数TOP10
3
週数
TitleArtist初チャートイン最高位TOP
10
2
週数
1
週数
20Jagged Little PillAlanis Morissette1995/07/011721412
20The Sound Of MusicSoundtrack1965/03/20110992
16The SignAce Of Base1993/12/1113082
1521Adele2011/03/121842424
15Born In The USABruce Springsteen1984/06/23184247
15H2ODaryl Hall & John Oates1982/10/3033300
13Falling Into YouCeline Dion1996/03/30161113
13MovingPeter, Paul And Mary1963/01/1925080
13FlashdanceSoundtrack1983/04/3012562
12Cracked Rear ViewHootie & The Blowfish1994/07/2315588
12Dr. ZhivagoSoundtrack1966/03/19171131


 4位の記録。10週以上4位を記録したアルバムは16作。最長記録は3位同様、The Sound Of Music-Soundtrackで26週。おそらく26週4位という記録、最も破られにくい記録でしょう。これに次ぐのがPyromania-Def Leppardの17週。同作最高位は2位(2週)でそのほかの順位分布は3位3週、5位3週、6位から8位まで各2週、9位5週、そして10位2週と平凡な週数ですが、4位だけ突出して17週、というのが不思議です。なお同作は12週連続で4位を記録しており、連続4位の最長記録となっています。
ちなみに最高位4位の最長記録はThe Mamas & The Papas-Mamas & The PapasとFragile-Yesの7週となっています。

■Billboardアルバムチャート4位滞在週数TOP10
4
週数
TitleArtist初チャートイン最高位TOP
10
3
週数
2
週数
1
週数
26The Sound Of MusicSoundtrack1965/03/2011092092
17PyromaniaDef Leppard1983/02/05238320
13Breakfast At Tiffany'sHenry Mancini & His Orchestra1961/10/09237770
13West Side StorySoundtrack1961/10/23199112712
12Mariah CareyMariah Carey1990/06/3014911411
12Peter Paul & MaryPeter, Paul & Mary1962/04/28184527
12WhitesnakeWhitesnake1987/04/182419100
11Falling Into YouCeline Dion1996/03/3016113113
11UnpluggedEric Clapton1992/09/121381053
114Foreigner1981/07/251346510
11Business As UsualMen At Work1982/07/031310015
11Forever Your GirlPaula Abdul1988/07/231644410
11Dr. ZhivagoSoundtrack1966/03/1917112131








次のページ

FC2Ad