MS-DATABASE-別館

MS-DATABASE-別館 INDEX

ブログはカスタマイズしにくい、ということで INDEX をこちらに移設。
少しずつイジッて、見易くしていきたいと思います。


スポンサーサイト

UK三大チャートでMelody Makerのみにチャートインシングル(1980年代編)

 1980年代、UK三大チャート((Music Week(MW)、New Musical Express(NME)、Melody Maker(MM))でMMのみにチャートインしたシングルをご紹介します。
 はじめに1980年代の三大チャートのチャートサイズは以下の通り。
MW
 1980/01/05~…75位
 1983/01/08~…100位(BU含む)
NME
 1980/01/05~…30位
 1983/04/23~…50位
MM
 1980/01/05~…30位
 1984/01/14~…50位
※(1988/6/18付け位以降、NMEとMMのチャートは統合)

 上記の通り、例えば1983年12月最終週では、MWが100位まで、NMEが50位まで、MMは30位までといった具合に、三大チャートでチャートサイズが異なる時期がありました。このため、NMEやMMでチャートインせず、MWのみのチャートインというシングルはかなりの数に上ります。その一方、MMのみでチャートインしたシングルは17作と希少性が高くなります。
 MMでの最高位が最も高く、他チャートにエントリーしなかったのは1985/08/10付で38位を記録したThe People's Limousine-Coward Brothers。Elvis CostelloとT Bone Burnettによるコラボです。
 次いでBig BlackのThe Model/He’s A Whore(1987/09/12付39位)が続きます。さらにBig Blackは前シングル"Headache"も1987/07/04付44位ながら他チャートにエントリーしませんでした(MMのみとは言え、Big BlackがUKチャートにエントリーしていることに改めてビックリ)。
 このほか、ConflictやBilly Bragg、Tom WaitsあたりもMMのみのチャートインシングルで、新鮮な感があります。

■UK三大チャートでMelody Makerのみにチャートインシングル

entry date peak wks Title Artist
1984/02/18 41 2 Snake Dance March Violets
1984/03/17 47 1 Blue Light David Gilmour
1984/08/04 44 2 Walk Into The Sun March Violets
1984/11/03 41 1 Heartbeat Psychedelic Furs
1985/02/09 44 3 St. Swithins Day Billy Bragg
1985/03/23 45 1 This Is Not Enough Conflict
1985/05/11 49 1 Be With Me Red Guitars
1985/06/01 44 1 Death Of The European Three Johns
1985/06/15 49 2 Motorslug Wiseblood
1985/08/10 38 1 The Peoples Limousine Coward Brothers
1985/08/24 45 3 Well Well Well Woodentops
1985/11/16 50 1 Miracle Of Age Dr. & Medics
1985/12/14 44 1 Kick Over The Statues Redskins
1986/03/08 46 1 Safety Net Shop Assistants
1986/03/22 48 2 In The Neighbourhood Tom Waits
1987/07/04 44 1 Headache Big Black
1987/09/12 39 2 The Model / Hes A Whore Big Black

参考:New Musical Express(NME)にエントリーし、Music Week(MW)にエントリーしなかった作品


UK版Bubbling Underチャートの記録(1983年-1991年)

 UKチャートのオフィシャルランク外のシングルの記録をご紹介いたします。

 なお、以前も少し触れましたが、UKチャート(OCCウェブサイトのチャートアーカイブ)では2015年2月28日付の更新分から過去に遡って、76位~100位の"Next25"(Bubbling Under)によるチャートアクションも含まれるようになりました。
 また各週のアーカイブも、チャート順位が100位まで拡大された1983年1月第1週から、それまでの"Official Singles Chart Top 75"の表記が"Official Singles Chart Top 100"と変わり、従来までBubbling Under扱いされていた順位部分が、オフィシャル扱いにされたかのような印象を受けます。
 OCCサイトでは1991年4月第1週から1994年1月最終週までは"Official Singles Chart Top 75"となっており、76位以下の順位は"Official"扱いされていませんが、当時の紙媒体のチャートを見るとGallupチャートでは"Official National TOP100 Singles"、Music Weekでは"TOP75 Singles"と当時からダブルスタンダード状態にあることが分かります。
 このようにUKチャートでは何をもって"Official"順位なのかはっきりしませんが(一つの目安はGuinness社のチャート本である"British Hit Singles"への掲載)、ここでは"Next25"(またはBubbling Under)時代である1983年1月8日付から1991年4月6日付の76位から100位のデータをご紹介いたします

 この間に"Next25"(で便宜上統一)にチャートインし、かつ最高位を記録した作品(リエントリー含む)は2849作。うち最高位76位を記録したのは113作、同100位は89作となっています。
 最も長く"Next25"にランクしていたのはMama Told Me-Fantastiqueで13週(最高位84位)。これにThe Flame-Cheap Trickの11週(同77位)が続きます。

■"Next25"に9週以上滞在した作品
初チャートイン日付 最高位 週数 Title Artist
1986/09/20 84 13 Mama Told Me Fantastique
1988/06/18 77 11 The Flame Cheap Trick
1987/05/23 80 10 Gone Forever Cry Before Dawn
1988/01/16 82 10 Hungry Eyes Eric Carmen
1989/06/17 81 10 The Way To Your Heart Soul Sister
1985/03/16 76 9 Eastenders Theme Simon May
1988/12/17 80 9 Walk On Smith And Mighty

 5作以上"Next25"を持つアーティストは28組(Beatles除く)。
 最多ホルダーはFallの9作。チャートインから6作連続最高位90位台という珍記録を経て、7作目("Mr Pharmacist")にしてTOP75入り。しかしながら、最高位は75位とギリギリのオフィシャルへのチャートインとなりました。

■Fallのチャートインシングル(1983/1/8-1991/4/16)
初チャートイン日付 Title 最高位 週数
1984/06/23 Oh Brother 93 1
1984/09/01 Creep 91 2
1984/11/03 Draygos Guilt 99 1
1985/07/06 Rollin' Dany/Couldn'T Get Ahead 90 2
1985/11/16 Cruisers Creek/La 96 1
1986/07/26 Living Too Late/Hot Aftershave Bop 97 1
1986/09/13 Mr Pharmacist 75 2
1986/12/20 Hey Luciani 59 2
1987/05/09 There'S A Ghost In My House 30 4
1987/10/31 Hit The North 57 5
1988/01/30 Victoria 35 3
1988/11/26 Big New Prinz 59 2
1989/06/24 Cab It Up 81 1
1990/01/27 Telephone Thing 58 2
1990/03/24 Popcorn Double Feature 84 2
1990/09/08 White Lightning 56 2
1990/12/15 High Tension Line 97 1

 これに次ぐのがIcicle Worksの7作(Birds Fly(Whisper To A Scream)の初回ヒット含む)。
 個人的には全CDを持っている大ファンで、中でも一番のお気に入りである"Hollow Horse"が90位止まりっていうのが信じられないですね...。

■Icicle Worksのチャートインシングル(1983/1/8-1991/4/16)
初チャートイン日付 Title 最高位 週数
1983/07/02 Birds Fly (Whisper To A Scream) 90 4
1983/12/10 Love Is A Wonderful Colour 15 10
1984/03/10 Birds Fly (Whisper To A Scream) [R] 53 4
1984/10/13 Hollow Horse 91 2
1985/07/27 Seven Horses 80 3
1986/07/26 Understanding Jane 52 3
1986/10/04 Who Do You Want For Your Love 54 5
1987/02/14 Evangeline 53 4
1987/11/28 High Time 76 3
1988/03/05 Numb Ep 76 3
1988/04/30 Little Girl Lost 59 4
1988/07/23 Here Comes Trouble 94 2
1990/03/17 Motorcycle Rider 73 3
1990/06/02 Melanie Still Hurts 82 1
1990/08/18 I Still Want You 99 1

 "Next25"6作のアーティストはRobert Plant、Balaam And The Angel、Clannad、David Essex、Eric Clapton、Working Week、XTC。 Balaam And The AngelとWorking Weekはともにチャートイン7作中、"Next25"が6作。特にWorking Weekは初チャートイン作品("Venceremos - We Will Win")に続く2作目から7作目まで6作連続"Next25"という珍記録となっています。

■Working Weekのチャートインシングル(1983/1/8-1991/4/16)

初チャートイン日付 Title 最高位 週数
1984/06/02 Venceremos - We Will Win 64 3
1984/08/04 Storm Of Light 88 4
1985/03/09 Inner City Blues 93 2
1985/05/18 Sweet Nothing 83 3
1985/08/31 I Thought I'D Never See You Again 80 6
1986/08/23 Too Much Time 94 2
1991/02/16 Positive 96 1


 XTCは6作の"Next25"のうち2作が最高位100位、2作が同99位というチャートマニアには堪らない記録フォルダー。

■XTCのチャートインシングル(1983/1/8-1991/4/16)

初チャートイン日付 Title 最高位 週数
1983/10/01 Love On A Farmboy'S Wages 50 6
1984/09/22 All You Pretty Girls 55 6
1984/11/10 This World Over 99 1
1985/02/09 Wake Up 94 2
1986/09/06 Grass 100 2
1987/02/14 The Meeting Place 100 1
1987/06/27 Dear God 99 1
1989/01/28 Mayor Of Simpleton 46 5
1989/04/29 King For A Day 82 3

Billboard Black Singlesチャート(1958年10月20日付-1973年7月7日)のウルトラダウン&ジャンプアップ記録

 チャートサイズがTOP100に拡大される直前週(1973/7/7付)以前のダウン&アップ記録をご紹介します。
 スタートはBest SellersチャートとJockeyチャートがHot R&B Sidesとして統一された1958/10/20付以降です。

この間のチャートサイズは以下の通り。
TOP30 1958/10/20-1963/11/23
TOP40 1965/1/30-1966/7/30
TOP50 1966/8/6-1973/6/23
TOP60 1973/6/30-1973/7/7
なお、1963/11/30-1965/1/23の間はBillboardのR&Bチャートは休止となっています。

 この間、前週から最も大きく順位を上げたのはLet A Man Come In And Do The Popcorn (Part 2) -James Brown。前週の50位から11位へと39ランクアップのジャンプアップ。
 これに次ぐのが同じくJBのBrother Rapp (Part 1)など3曲の37ランクアップ。前週から30ランクアップした作品は、41作。うち37作が登場2週目のジャンアップアップ。残る4作は登場3週目のジャンアップ。
1971/06/05 Mr. Big Stuff-Jean Knight           43→38→8
1967/09/30 Memphis Soul Stew-King Curtis       45→45→14
1970/01/31 Do The Funky Chicken-Rufus Thomas   48→47→16
1972/03/11 In The Rain-The Dramatics           46→38→6

■前週から33ランク以上アップしたシングル
日付アップ幅 当該週 前週 Title Artist
1970/01/03 39 11 50 Let A Man Come In And Do The Popcorn (Part 2) James Brown
1968/03/09 37 10 47 (Sweet Sweet Baby) Since You've Been Gone Aretha Franklin
1970/05/09 37 13 50 Brother Rapp (Part 1) James Brown
1967/02/18 37 9 46 Love Is Here And Now You're Gone The Supremes
1966/11/19 36 9 45 I'm Ready For Love Martha & The Vandellas
1966/11/19 36 8 44 You Keep Me Hangin' On The Supremes
1968/11/23 35 13 48 Too Weak To Fight Clarence Carter
1971/04/10 35 14 49 (For God's Sake)Give More Power To The People The Chi-Lites
1972/07/22 34 15 49 I'm Still In Love With You Al Green
1969/05/03 34 13 47 I Can't See Myself Leaving You Aretha Franklin
1966/08/20 34 14 48 How Sweet It Is (To Be Loved By You) Jr. Walker & The All Stars
1968/09/07 34 14 48 Special Occassion Smokey Robinson & The Miracles
1968/12/07 34 13 47 Soulful Strut Young-Holt Unlimited
1968/11/16 33 16 49 Talking About My Baby Gloria Walker
1968/06/22 33 13 46 Here Comes The Judge Shorty Long
1969/05/17 33 14 47 Oh Happy Day Edwin Hawkins Singers feat. Dorothy Combs Morrison


 1位へのジャンプアップ記録はI Can't Stop Loving You-Ray Charlesが1962/05/26付で記録した23位→1位。
 これに次ぐのがYou Can't Hurry Love-The Supremesの22位→1位。この2作を含み前週のTOP10圏外から翌週1位は4作となっています。

■前週から9ランク以上アップして№1になったシングル
日付アップ幅 当該週 前週 Title Artist
1962/05/26 22 1 23 I Can't Stop Loving You Ray Charles
1966/09/03 21 1 22 You Can't Hurry Love The Supremes
1967/03/25 13 1 14 I Never Loved A Man(The Way I Loved You) Aretha Franklin
1963/06/15 11 1 12 It's My Party Lesley Gore
1968/12/14 10 1 11 I Heard It Through The Grapevine Marvin Gaye
1961/10/02 10 1 11 Hit The Road, Jack Ray Charles
1962/12/15 10 1 11 You Are My Sunshine Ray Charles
1959/10/19 9 1 10 You Better Know It Jackie Wilson
1961/04/03 9 1 10 Blue Moon The Marcels


 初登場TOP10以内を記録した作品は34作。うち33作がチャートサイズTOP30時代に記録されたもの。残る1作はTOP50時代の1972/12/2付で10位初登場したTrouble In My Home- Joe Simon。

■10位以内にニューエントリーしたシングル
日付初登場
順位
Title Artist
1960/08/22 3 Kiddio Brook Benton
1961/05/29 4 Every Beat Of My Heart The Pips
1961/05/29 6 Tossin' And Turnin' Bobby Lewis
1959/04/06 6 That's Why (I Love You So) Jackie Wilson
1962/01/06 7 Gypsy Woman The Impressions
1961/05/29 7 Barbara-Ann The Regents
1959/08/10 8 I Want To Walk You Home Fats Domino
1963/02/02 8 Mama Didn't Lie Jan Bradley
1960/05/23 8 Good Timin' Jimmy Jones
1959/11/16 8 Smooth Operator Sarah Vaughan
1963/01/19 9 That's The Way Love Is Bobby Bland
1959/04/13 9 Almost Grown Chuck Berry
1960/01/25 9 Baby (You've Got What It Takes) Dinah Washington & Brook Benton
1960/05/23 9 Mack The Knife Ella Fitzgerald
1960/04/04 9 Doggin' Around Jackie Wilson
1959/11/23 9 Come Into My Heart Lloyd Price
1958/12/22 9 Tom Dooley The Kingston Trio
1960/01/18 9 Uh! Oh! Part 2 The Nutty Squirrels
1961/02/06 10 I Pity The Fool Bobby Bland
1960/01/18 10 How About That Dee Clark
1959/08/17 10 A Big Hunk O' Love Elvis Presley
1960/11/28 10 Are You Lonesome To-night? Elvis Presley
1960/10/10 10 Three Nights A Week Fats Domino
1960/01/11 10 Why Frankie Avalon
1959/03/09 10 Teardrops On Your Letter Hank Ballard & The Midnighters
1960/08/01 10 A Fool In Love Ike & Tina Turner
1960/11/21 10 Am I The Man Jackie Wilson
1972/12/02 10 Trouble In My Home Joe Simon
1959/08/03 10 I Loves You, Porgy Nina Simone
1963/02/02 10 Hey Paula Paul & Paula
1960/09/05 10 I Want To Know Sugar Pie DeSanto
1961/05/29 10 Heart And Soul The Cleftones
1958/12/15 10 Smoke Gets In Your Eyes The Platters
1960/05/02 10 Easy Lovin' Wade Flemons


 前週から最も大きく順位を下げたのはStanding In The Shadows Of Love-Four Tops。前週の14位から45位へと31ランクダウン。TOP10内からのダウンはForget It-The Sandpebblesの10位→39位が最大。

■前週から26ランク以上ダウンしたシングル
日付ダウン幅 当該週 前週 Title Artist
1967/03/11 -31 45 14 Standing In The Shadows Of Love Four Tops
1967/08/26 -30 42 12 Baby Please Come Back Home J.J. Barnes
1968/07/20 -30 45 15 Ain't Nothin' Like The Real Thing Marvin Gaye & Tammi Terrell
1967/09/23 -29 44 15 Hypnotized Linda Jones
1972/10/21 -29 41 12 (Win, Place Or Show) She's A Winner The Intruders
1967/10/14 -29 39 10 Forget It The Sandpebbles
1966/08/06 -29 40 11 It's An Uphill Climb To The Bottom Walter Jackson
1968/06/29 -28 38 10 The Happy Song (Dum-Dum) Otis Redding
1972/07/29 -27 46 19 Woman's Gotta Have It Bobby Womack
1972/10/07 -27 47 20 Starting All Over Again Mel & Tim
1967/08/26 -27 37 10 For Your Love Peaches & Herb
1967/09/30 -27 40 13 Come On Sock It To Me Syl Johnson
1973/03/24 -27 44 17 Wish That I Could Talk To You The Sylvers
1967/08/12 -27 41 14 Soul Dance Number Three Wilson Pickett
1973/03/24 -26 38 12 Daddy's Home Jermaine Jackson
1972/03/04 -26 34 8 Love Gonna Pack Up (And Walk Out) The Persuaders


 1位からの最大ダウン作品は、So Many Ways-Brook BentonとI Could Never Love Another(After Loving You)-The Temptationsの1位から12位。7ランク以上のダウンはこの2作を含み4作。

■№1から8位以下にダウンしたシングル
日付ダウン幅 当該週 前週 Title Artist
1959/12/28 11 12 1 So Many Ways Brook Benton
1968/07/13 11 12 1 I Could Never Love Another(After Loving You) The Temptations
1972/03/11 9 10 1 Let's Stay Together Al Green
1959/12/07 7 8 1 Don't You Know Della Reese

UKアルバムチャート 前週から大きくジャンプアップして1位に輝いたアルバム

  リクエストにお応えして、UKチャートで大きくジャンプアップして1位に輝いたアルバムをご紹介いたします。
 ※UKチャートはオフィシャルチャートとしてTOP100まで発表されていますが、Bubbling Underチャート的に1994/11/19付以降TOP200まで集計されています。

 史上最も大きくジャンプアップして1位に輝いたアルバムはSpirit-Leona Lewis。
 同アルバムは2007/11/24付で初登場で1位に輝き、7週連続1位をキープ。登場47週目の2008/10/11付で101位とTOP100から転落し、以降103-110-121-129-132-137と順位を下げ続けます。しかし、2008/11/29付で前週の137位から一気に136ランクアップし1位に返り咲きました。

 これに続くのはMichael JacksonのNumber Ones。こちらも2003/11/29付で初登場1位に輝いたのち、ランクダウン。
 TOP200に出たり入ったりしていましたが、2009年6月25日の死去により、追悼需要で売上を伸ばし、2009/7/4付で前週の121位から120ランクアップし、1位に返り咲きました。

 最新のUKアルバムチャートで前週84位から83ランクアップジャンプし1位に到達したSgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band-The Beatlesは歴代5位のジャンプアップ幅となります。
 チャートインして271週目(TOP100では255週)、50年ぶりの1位返り咲きはもちろん最長スパン記録となります。

■UKアルバムチャート 大きくジャンプアップして1位に輝いたアルバムTOP10
Date TW LW WKS Title Artist
2008/11/29 1 137 54 Spirit Leona Lewis
2009/07/04 1 121 158 Number Ones Michael Jackson
2015/07/05 1 104 114 The Definitive Collection Lionel Richie & The Commodores
2016/06/24 1 85 7 A Moon Shaped Pool Radiohead
2017/06/02 1 84 271 Sgt Peppers Lonely Hearts Club Band The Beatles
2001/09/01 1 83 4 Break The Cycle Staind
2010/02/27 1 68 5 Glee - The Music - Season One - Vol 1 Glee Cast
2011/08/06 1 59 164 Back To Black Amy Winehouse
1976/02/07 1 54 2 The Very Best Of Slim Whitman Slim Whitman
1977/02/19 1 48 2 20 Golden Greats - Shadows Shadows


Billboard Black Singlesチャートのデータあれこれ

 Billboard Black Singlesチャートの様々なチャートアクションをご紹介。今回はチャートデータのあれこれ。
 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入される直前週である1992/11/28付まで。

 この間、ブラックチャートで1位を獲得した作品は502作。チャートインから最も早く1位に到達したのは、Billie Jean-Michael Jackson。1983/1/29付で31位にNE。翌週8位へとジャンプアップし、登場3週目の1983/2/12付で1位に達しました。
 これに次ぐ初登場4週目での1位到達はGot To Give It Up、Sexual Healing-Marvin Gaye、When Doves Cry-Princeの3作、5週目は6作となっています。なお5週以内に1位に到達した10作中、5作が7週以上1位をキープしています。

■初登場から5週以内で1位に到達したシングル
1位まで
の週数
Entry Date Peak Date 100 40 10 peak PK wks Title Artist
3 1983/01/29 1983/02/12 23 19 14 1 9 Billie Jean Michael Jackson
4 1982/10/16 1982/11/06 27 25 16 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
4 1984/06/09 1984/06/30 20 18 13 1 8 When Doves Cry Prince
4 1977/04/09 1977/04/30 21 19 11 1 5 Got To Give It Up (Pt. I) Marvin Gaye
5 1982/01/23 1982/02/20 21 20 15 1 9 That Girl Stevie Wonder
5 1973/07/07 1973/08/04 12 10 6 1 2 Angel Aretha Franklin
5 1983/09/24 1983/10/22 22 21 15 1 7 All Night Long (All Night) Lionel Richie
5 1987/09/19 1987/10/17 11 9 7 1 3 Bad Michael Jackson
5 1977/05/28 1977/06/25 22 21 13 1 4 Best Of My Love The Emotions
5 1976/07/10 1976/08/07 17 15 10 1 2 Getaway Earth, Wind & Fire

  一方、初登場から最も週数をかけて1位に到達したのは、The Second Time Around-ShalamarとDouble Dutch Bus-Frankie Smithの21週。
 ※The Second Time Aroundの1位までのチャートアクション88-78-68-58-48-40-31-27-27-26-27-25-20-20-15-12-7-5-2-2-1
 ※Double Dutch Bus-Frankie Smithの1位までのチャートアクション93-83-73-66-60-55-48-43-39-33-30-23-20-15-13-9-5-2-2-2-1

 これに次ぐのがGot To Be Real-Cheryl LynnとWritten All Over Your Face-Rude Boysの18週。17週目での1位到達は3作となっています。

■初登場から16週以上かけ1位に到達したシングル
1位まで
の週数
Entry Date Peak Date 100 40 10 peak PK wks Title Artist
21 1979/09/29 1980/02/16 32 24 10 1 1 The Second Time Around Shalamar
21 1981/02/28 1981/07/18 31 21 11 1 4 Double Dutch Bus Frankie Smith
18 1978/09/09 1979/01/06 26 17 10 1 1 Got To Be Real Cheryl Lynn
18 1990/11/17 1991/03/16 31 18 6 1 1 Written All Over Your Face Rude Boys
17 1976/12/11 1977/04/02 26 18 8 1 1 Trying To Love Two William Bell
17 1989/10/21 1990/02/10 25 15 6 1 1 Real Love Skyy
17 1991/08/03 1991/11/23 28 18 6 1 1 Tender Kisses Tracie Spencer
16 1984/10/13 1985/01/26 23 17 10 1 1 Gotta Get You Home Tonight Eugene Wilde
16 1987/11/07 1988/02/20 21 15 6 1 2 Girlfriend Pebbles


 最も初登場の順位が低く1位に到達したのはFinally Got Myself Together-The Impressions。1974/4/27付で100位にNE。以降、87-68-47-30-11-8-5と順調にランクアップし、登場9週目の1974/6/22付で1位に到達しました。

■初登場の順位が98位-100位で1位に到達したシングル
初登場 Date Entered Date Peaked 100 40 10 peak PK wks Title Artist 1位までの週数 
100 1974/04/27 1974/06/22 17 13 8 1 2 Finally Got Myself Together The Impressions 9
99 1974/05/11 1974/07/06 19 13 8 1 2 Rock Your Baby George McCrae 9
99 1974/11/09 1975/02/15 21 13 6 1 1 I Belong To You Love Unlimited 15
98 1975/04/19 1975/06/28 19 14 6 1 1 Look At Me (I'm In Love) The Moments 11
98 1975/04/26 1975/07/05 17 12 5 1 1 Slippery When Wet Commodores 11
98 1974/12/14 1975/02/22 18 11 4 1 1 Lady Marmalade Labelle 11
98 1976/05/15 1976/07/24 22 16 11 1 2 You'll Never Find Another Love Like Mine Lou Rawls 11
98 1975/12/20 1976/02/21 19 15 9 1 2 Sweet Thing Rufus feat. Chaka Kahn 10
98 1977/12/03 1978/02/04 21 15 9 1 2 Theme Song From "Which Way Is Up" Stargard 10


 TOP100に最も長くランクインしたのはDon't Walk Away-Jade。1992/11/14付でNEし、1993/02/06付まで37週間エントリー。以下、33週以上ランクインした作品はすべて1991年以降の作品。これ以前では
The Second Time Around-Shalamarの32週が最長となります。

■TOP100に32週以上エントリーしたシングル
Entry Date Peak Date TOP
100
40 10 5 3 2 peak PK wks Title Artist
1992/11/14 1993/02/06 37 31 14 6 3 2 2 2 Don't Walk Away Jade
1992/09/05 1992/11/21 35 28 7 4 3 1 1 1 Games Chuckii Booker
1992/11/21 1993/04/03 35 26 12 2 0 0 5 2 So Alone Men At Large
1992/08/29 1992/11/28 34 27 7 2 1 0 1 1 I Got A Thang 4 Ya! Lo-Key?
1991/11/02 1992/02/29 34 15 7 5 3 0 3 3 Breakin' My Heart Mint Condition
1991/03/16 1991/06/22 33 13 3 0 0 0 6 1 With You Tony Terry
1992/09/26 1992/11/28 33 26 0 0 0 0 11 1 Love's Taken Over Chante Moore
1979/09/29 1980/02/16 32 24 10 7 5 2 1 1 The Second Time Around Shalamar

 TOP40の最長滞在記録もDon't Walk Away-Jadeの31週を筆頭に1990年代の作品がずらりと並びます。この中で目を引くのが1980年代最長№1シングルであるSexual Healing-Marvin Gayeの25週。

■TOP40に25週以上エントリーしたシングル
Entry Date Peak Date TOP40 100 10 5 3 2 peak PK wks Title Artist
1992/11/14 1993/02/06 31 37 14 6 3 2 2 2 Don't Walk Away Jade
1992/09/05 1992/11/21 28 35 7 4 3 1 1 1 Games Chuckii Booker
1992/08/29 1992/11/28 27 34 7 2 1 0 1 1 I Got A Thang 4 Ya! Lo-Key?
1992/09/26 1992/11/28 26 33 0 0 0 0 11 1 Love's Taken Over Chante Moore
1992/11/21 1993/04/03 26 35 12 2 0 0 5 2 So Alone Men At Large
1982/10/16 1982/11/06 25 27 16 16 12 0 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
1992/10/10 1992/11/28 25 27 12 3 1 1 2 1 Love Shoulda Brought You Home Toni Braxton

 TOP10滞在記録になるとがらりと様相が変わり、1970年代後半から1980年代前半の作品が上位を占めます。TOP10最長滞在記録は前述のSexual HealingとOne Nation Under A Groove-Funkadelicの16週。

■TOP10に14週以上エントリーしたシングル
Entry Date Peak Date TOP10 100 40 5 3 2 peak PK wks Title Artist
1978/08/19 1978/09/30 16 25 19 11 6 0 1 6 One Nation Under A Groove Funkadelic
1982/10/16 1982/11/06 16 27 25 16 12 0 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
1979/11/03 1980/01/05 15 25 21 13 9 2 1 6 Rock With You Michael Jackson
1981/07/11 1981/08/22 15 24 21 13 7 0 1 7 Endless Love Diana Ross & Lionel Richie
1981/01/31 1981/05/09 15 24 21 9 7 4 1 1 Sukiyaki A Taste Of Honey
1982/01/23 1982/02/20 15 21 20 13 11 2 1 9 That Girl Stevie Wonder
1983/09/24 1983/10/22 15 22 21 10 9 0 1 7 All Night Long (All Night) Lionel Richie
1976/10/09 1976/11/27 14 23 20 9 8 2 1 4 Dazz Brick
1979/10/13 1979/12/15 14 23 19 12 9 6 1 3 Do You Love What You Feel Rufus & Chaka
1980/10/18 1980/12/20 14 24 20 10 8 0 1 6 Celebration Kool & The Gang
1981/11/07 1982/02/06 14 24 20 8 7 4 1 2 Call Me Skyy
1983/01/29 1983/02/12 14 23 19 12 12 2 1 9 Billie Jean Michael Jackson
1983/11/05 1984/01/28 14 26 21 9 9 4 1 4 If Only You Knew Patti LaBelle
1992/09/26 1992/12/05 14 27 23 10 8 0 3 8 Rump Shaker Wreckx-N-Effect
1992/11/14 1993/02/06 14 37 31 6 3 2 2 2 Don't Walk Away Jade

 TOP5の最長記録はSexual Healingの16週。これに次ぐのが13週(4作)なのでダントツの滞在週数と言えるでしょう。

■TOP5に12週以上エントリーしたシングル
Entry Date Peak Date TOP5 100 40 10 3 2 peak PK wks Title Artist
1982/10/16 1982/11/06 16 27 25 16 12 0 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
1979/11/03 1980/01/05 13 25 21 15 9 2 1 6 Rock With You Michael Jackson
1980/03/22 1980/05/17 13 22 18 13 9 3 1 6 Let's Get Serious Jermaine Jackson
1981/07/11 1981/08/22 13 24 21 15 7 0 1 7 Endless Love Diana Ross & Lionel Richie
1982/01/23 1982/02/20 13 21 20 15 11 2 1 9 That Girl Stevie Wonder
1977/08/13 1977/10/01 12 21 19 13 8 2 1 5 It's Ecstasy When You Lay Down Next To Me Barry White
1979/10/13 1979/12/15 12 23 19 14 9 6 1 3 Do You Love What You Feel Rufus & Chaka
1980/09/20 1980/11/01 12 24 20 13 11 1 1 7 Master Blaster (Jammin') Stevie Wonder
1981/10/03 1981/11/21 12 21 20 13 10 5 1 1 Take My Heart Kool & The Gang
1983/01/29 1983/02/12 12 23 19 14 12 2 1 9 Billie Jean Michael Jackson
1983/04/09 1983/06/04 12 25 19 13 9 1 1 8 Juicy Fruit Mtume
1984/06/09 1984/06/30 12 20 18 13 10 2 1 8 When Doves Cry Prince
1992/11/14 1992/12/05 12 23 20 13 11 0 1 11 I Will Always Love You Whitney Houston

 TOP3の滞在記録はSexual HealingとBillie Jean-Michael Jacksonの12週。10週以上TOP3に滞在していた9作中8作までが1位6週以上を記録する中、Take My Heart-Kool & The Gangの1位1週のみでTOP3滞在10週が目を引きます。


■TOP3に10週以上エントリーしたシングル
Entry Date Peak Date TOP3 100 40 10 5 2 peak PK wks Title Artist
1982/10/16 1982/11/06 12 27 25 16 16 0 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
1983/01/29 1983/02/12 12 23 19 14 12 2 1 9 Billie Jean Michael Jackson
1980/09/20 1980/11/01 11 24 20 13 12 1 1 7 Master Blaster (Jammin') Stevie Wonder
1982/01/23 1982/02/20 11 21 20 15 13 2 1 9 That Girl Stevie Wonder
1992/11/14 1992/12/05 11 23 20 13 12 0 1 11 I Will Always Love You Whitney Houston
1977/06/25 1977/08/13 10 20 17 13 11 2 1 6 Float On The Floaters
1981/10/03 1981/11/21 10 21 20 13 12 5 1 1 Take My Heart Kool & The Gang
1984/06/09 1984/06/30 10 20 18 13 12 2 1 8 When Doves Cry Prince
1992/10/17 1992/12/05 10 24 20 13 11 9 2 9 If I Ever Fall In Love Shai


 最後は2位の記録。2位に最も長く止まっていたのはTruly-Lionel Richieで9週。これにShe's A Bad Mama Jama-Carl Carltonが8週で続きます。6週以上2位を記録した12作中、最高位が2位止まりだったのは9作。残る3作は最高位1位かつ2位滞在5週以上となります。


■5週以上2位を記録したシングル
Entry Date Peak Date #2 100 40 10 5 3 peak PK wks Title Artist
1982/10/16 1982/11/13 9 23 20 13 10 9 2 9 Truly Lionel Richie
1981/06/20 1981/08/29 8 26 21 13 9 9 2 8 She's A Bad Mama Jama Carl Carlton
1979/10/13 1979/12/15 6 23 19 14 12 9 1 3 Do You Love What You Feel Rufus & Chaka
1980/10/18 1980/11/29 6 18 15 10 7 7 2 6 Love T.K.O. Teddy Pendergrass
1978/07/29 1978/09/23 5 16 13 10 8 7 1 1 Got To Get You Into My Life Earth, Wind & Fire
1978/08/26 1978/10/21 5 17 14 8 7 6 2 5 It Seems To Hang On Ashford & Simpson
1979/11/24 1980/02/23 5 23 19 11 8 7 1 1 Special Lady Ray,Goodman & Brown
1980/03/22 1980/05/24 5 22 18 12 5 5 2 5 Funkytown Lipps, Inc.
1981/10/03 1981/11/21 5 21 20 13 12 10 1 1 Take My Heart Kool & The Gang
1980/12/06 1981/01/10 5 17 14 10 7 5 2 5 Heartbreak Hotel The Jacksons
1983/05/07 1983/06/25 5 22 17 9 7 6 2 5 Flashdance... What A Feeling Irene Cara
1984/06/02 1984/07/14 5 24 21 13 11 9 2 5 What's Love Got To Do With It Tina Turner


Billboard Black Singlesチャートのジャンプアップ記録

Billboard Black Singlesチャートの様々なチャートアクションをご紹介。今回はジャンプアップ記録。
 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入される直前週である1992/11/28付まで。

 この間、前週から大きくジャンプアップしたのは1978/04/22付で前週の72位から19位へと53ランクアップしたThe Groove Line-Heatwave。
 これに次ぐのが1978/01/07付で87位から35位へ52ランクアップした同じくHeatwaveのAlways And Forever。奇しくもHeatwaveが上位を占めることになりました。
 また期間3位にあたる50ランクアップ(Used Ta Be My Girl-The O'Jays 73位から23位)もhe Groove Line-Heatwave同様、1978/04/22付で記録されています。

■前週から45ランク以上アップしたシングル
日付 ジャンプ幅 当該週 前週 Title Artist
1978/04/22 53 19 72 The Groove Line Heatwave
1978/01/07 52 35 87 Always And Forever Heatwave
1978/04/22 50 23 73 Used Ta Be My Girl The O'Jays
1973/07/21 48 31 79 Let's Get It On Marvin Gaye
1985/04/06 48 10 58 We Are The World USA For Africa
1982/03/20 47 37 84 Get Down On It Kool & The Gang
1980/09/27 47 36 83 Master Blaster (Jammin') Stevie Wonder
1977/11/19 46 34 80 Reach For It George Duke
1978/12/16 46 38 84 Aqua Boogie (A Psychoalphadiscobetabioaquadoloop) Parliament
1991/04/27 45 39 84 I Wanna Sex You Up Color Me Badd


 下位から最も大きくジャンプアップしTOP10入りしたのはWe Are The World-USA For Africa。
 1985/03/30付で58位にニューエントリーし、翌週10位へと48ランクとジャンプアップ。48ランクアップは全体でも4位に当たるジャンプアップ記録です。
 前週30位台からTOP10入りしたのは、Reunited-Peaches & Herb、Upside Down-Diana Ross、Billie Jean-Michael Jacksonの3曲。
 Upside DownはHOT100でも49位から10位へ39ランクアップを記録しています。

■前週から17ランク以上アップしてTOP10入りしたシングル
日付 ジャンプ幅 当該週 前週 Title Artist
1985/04/06 48 10 58 We Are The World USA For Africa
1979/04/07 28 9 37 Reunited Peaches & Herb
1980/07/26 26 7 33 Upside Down Diana Ross
1983/02/05 23 8 31 Billie Jean Michael Jackson
1977/06/25 20 7 27 A Real Mother For Ya Johnny "Guitar" Watson
1978/09/16 19 10 29 One Nation Under A Groove - Part I Funkadelic
1974/08/24 17 10 27 Can't Get Enough Of Your Love, Babe Barry White
1984/10/27 17 10 27 Purple Rain Prince & The Revolution
1976/11/20 17 10 27 Car Wash Rose Royce
1980/03/01 17 8 25 Stomp! The Brothers Johnson
1977/01/29 17 9 26 Be My Girl The Dramatics
1980/12/27 17 6 23 Heartbreak Hotel The Jacksons

 最も大きくジャンプアップして1位になったのはGot To Give It Up (Pt. I)-Marvin Gaye。
 1977/04/30付で前週の13位から12ランクアップして1位に輝きました。
 二桁ランクアップでの1位到達はこの曲のみ。この間、1位への大ジャンプアップ記録はなかなかお目にかかることはできませんでした。

■前週から6ランク以上アップして№1になったシングル
日付 ジャンプ幅 当該週 前週 Title Artist
1977/04/30 12 1 13 Got To Give It Up (Pt. I) Marvin Gaye
1979/01/20 8 1 9 Aqua Boogie (A Psychoalphadiscobetabioaquadoloop) Parliament
1973/08/18 7 1 8 Let's Get It On Marvin Gaye
1983/02/12 7 1 8 Billie Jean Michael Jackson
1977/01/08 7 1 8 Darlin' Darlin' Baby (Sweet, Tender, Love) The O'Jays
1979/06/16 6 1 7 Ring My Bell Anita Ward
1989/05/27 6 1 7 My First Love Atlantic Starr
1983/07/30 6 1 7 She Works Hard For The Money Donna Summer
1976/08/07 6 1 7 Getaway Earth, Wind & Fire
1978/07/01 6 1 7 Stuff Like That Quincy Jones


 30位以内にいきなりエントリーしたシングルは9作。最も高位置でのエントリーは1982/01/23付で14位にエントリーしたThat Girl-Stevie Wonder。
 翌週一気に1位かと思いきや、8位へと6ランクアップ。以降5位→4位とアップし、5週目で1位に到達しました。

 これに続くのはThe Girl Is Mine    Michael-Jackson/Paul McCartneyの21位(1982/11/13付)。こちらは翌週10位に上昇するも以降6位→3位→3位→3位→3位→3位→3位となんと3位に6週間足止め。1位獲得ならずか、と思いきや登場10週目で1位に輝きました。
 
 期間3位に当たる24位にニューエントリーしたBig Fun-Kool & The Gang(1982/08/28付)は2週目以降18位→16位→13位→10位→8位→7位→6位→6位→6位→12位→40位と№1どころかTOP5入りも果たせませんでした。
これを上回るのがWelcome To The Club-The Brothers Johnson(1982/11/27付27位ニューエントリー)。2週目以降、21位→17位→15位→13位→13位→13位→13位→15位とTOP10入りできず。HOT100におけるAll Right-Christopher Crossのような結果となってしまいました。
 
 興味深いのが1982/10/16付でともに25位と28位という高位置でニューエントリーしたSexual Healing-    Marvin GayeとTruly-Lionel Richie。
Sexual Healingは25位→15位→3位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位と1980年代唯一、10週1位を獲得。
 一方、Trulyは28位→23位→11位→8位→2位→2位→2位→2位→2位→2位→2位→2位→2位とSexual Healingに阻まれ9週2位に据え置かれました(HOT100ではSexual Healing3位、Truly1位)。
 HOT100におけるPhysical-Waiting For Girl Like Youをほうふつさせるようなチャートアクションでありました。

■30位以内にニューエントリーしたシングル
日付 初登場順位 最高位 Title Artist
1982/01/23 14 1 That Girl Stevie Wonder
1982/11/13 21 1 The Girl Is Mine Michael Jackson/Paul McCartney
1982/08/28 24 6 Big Fun Kool & The Gang
1982/10/16 25 1 Sexual Healing Marvin Gaye
1981/10/03 27 1 Take My Heart (You Can Have It If You Want It) Kool & The Gang
1982/11/27 27 13 Welcome To The Club The Brothers Johnson
1991/02/23 28 3 Let's Chill Guy
1982/10/16 28 2 Truly Lionel Richie
1983/03/05 28 4 Tonight The Whispers



Billboard Black Singlesチャートのウルトラダウン記録

 先日DB化が終了したBillboard Black Singlesチャートの様々なチャートアクションをご紹介いたします。
 今回はウルトラダウン記録。
 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入される直前週である1992/11/28付まで。

 この間、前週から最も大きく順位を下げたのはSing A Happy Song-The O'Jays。1979/11/3付で前週の15位から93位へと78ランクのダウン。この週は同作を始め前週から30ランクダウン以上したシングルが7作を数えるなど、ウルトラダウンが続出した週となりました。

■前週から73ランク以上ダウンしたシングル
日付 ダウン幅 当該週 前週 Title Artist
1979/11/03 -78 93 15 Sing A Happy Song The O'Jays
1982/01/23 -77 100 23 Shake GQ
1981/06/06 -76 99 23 Get Tough Kleeer
1977/06/11 -76 100 24 You're Throwing A Good Love Away Spinners
1979/09/22 -75 100 25 Dance "N" Sing "N" L.T.D.
1980/06/28 -74 98 24 Don't Say Goodnight(It's Time For Love) The Isley Brothers
1984/09/01 -74 100 26 Beat Street Breakdown - Part I Grandmaster Melle Mel & The Furious Five
1979/11/03 -73 91 18 Come Go With Me Teddy Pendergrass
1979/09/08 -73 96 23 Ring My Bell Anita Ward
1980/02/16 -73 97 24 Move Your Boogie Body Bar-Kays
1984/09/01 -73 98 25 Feels So Real (Won't Let Go) Patrice Rushen
1980/08/23 -73 99 26 Shining Star The Manhattans


 TOP10内から最も大きく順位を下げたのは1982/10/30付で前週の10位から58位へと48ランクダウンしたThe Message-Grand Master Flash & The Furious Five。
 同作に続くのが1980/12/20付で前週の8位から55位へと47ランクダウンしたAnother One Bites The Dust-Queen。Queenがブラックチャートにエントリーとは何とも新鮮な感があります。

■TOP10内から27ランク以上ダウンしたシングル
日付 ダウン幅 当該週 前週 Title Artist
1982/10/30 -48 58 10 The Message Grand Master Flash & The Furious Five
1980/12/20 -47 55 8 Another One Bites The Dust Queen
1979/08/04 -44 51 7 Boogie Wonderland Earth, Wind & Fire with The Emotions
1978/10/28 -34 38 4 Got To Get You Into My Life Earth, Wind & Fire
1975/11/22 -33 39 6 Sweet Sticky Thing Ohio Players
1973/07/21 -32 37 5 Hey You! Get Off My Mountain The Dramatics
1976/11/13 -31 41 10 Anything You Want John Valenti
1976/11/20 -30 38 8 Message In Our Music The O'Jays
1978/11/04 -29 37 8 Holding On(When Love Is Gone) L.T.D.
1975/07/05 -27 34 7 Sadie Spinners
1978/06/17 -27 34 7 On Broadway George Benson
1975/09/13 -27 37 10 The Phones Been Jumping All Day Jeannie Reynolds
1983/02/05 -27 37 10 Young Love Janet Jackson


 1位からの最大ランクダウンは1988/03/05付で前週1位から20位へと19ランクダウンしたGirlfriend-Pebbles。
 1位からTOP10圏外にダウンした作品は同作を含み7作を数えます。

■№1から11位以下にダウンしたシングル
日付 1位からの
ランクダウン
Title Artist
1988/03/05 20 Girlfriend Pebbles
1991/09/21 15 Let The Beat Hit 'Em Lisa Lisa & Cult Jam
1989/07/01 14 Have You Had Your Love Today The O'Jays
1989/02/18 13 Can You Stand The Rain New Edition
1988/09/24 12 Another Part Of Me Michael Jackson
1975/02/15 11 Happy People The Temptations
1989/05/27 11 Start Of A Romance Skyy

 前週、最も高い順位から翌週TOP100圏外に去った作品は、1977/12/31付の20位から翌週TOP100圏外に去ったIt's Ecstasy When You Lay Down Next To Me-Barry White。
 これにThe Pinocchio Theory-    Bootsy's Rubber Bandの22位→TOP100圏外(1977/06/04付)が続きます。

■前週27位以内からTOP100圏外にダウンしたシングル
日付 前週 TOP100
週数
最高位 Title Artist
1977/12/31 20 21 1 It's Ecstasy When You Lay Down Next To Me Barry White
1977/06/04 22 13 6 The Pinocchio Theory Bootsy's Rubber Band
1981/02/21 23 14 7 Agony Of DeFeet Parliament
1981/05/23 24 20 2 It's A Love Thing The Whispers
1981/05/23 26 18 4 Thighs High (Grip Your Hips And Move) Tom Browne
1973/10/13 27 14 3 Theme From "Cleopatra Jones" Joe Simon featuring the Mainstreeters


Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(AirplayチャートTOP10ヒット編)

 1984年10月20日付けでスタートしたHot 100 Airplay(A/P)。1998年11月28日付け以前は「シングル盤」の発売がなかった曲は原則HOT100にエントリーすることはできませんでした。しかし、A/Pチャートには、そうした制限はなかったため、HOT100にエントリーしなかった曲もエントリーすることが可能となりました。
 今回はA/PチャートのTOP10にランクされながら、HOT100にエントリーしなかった曲を紹介します。

 1984年10月20日付けから1998年11月28日付けの間でA/PチャートのTOP10に入りながら、HOT100にエントリーしなかった曲は24曲。
 うち、Don't Speak-No Doubt、Men In Black-Will Smith、Fly-Sugar Rayの3曲はA/Pで1位にまで上昇。
 またDon't Speak、Flyに加え、Mr. Jones-Counting Crows、Killing Me Softly-Fugees、Head Over Feet-Alanis Morissette、Lovefool-Cardigans、Uninvited-Alanis Morissetteの7曲はRadio & Recordsチャートで1位を獲得。もし、シングルカットしていれば、HOT100でもかなり上位まで上昇していたのではないかと思われます。
 こうしてみると1990年代後半のBillboardのシングルチャートは、「ヒット」の状況を反映していた、とは言い切れない存在だったことが分かります。

■Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(AirplayチャートTOP10編)
Entry date Peak CB RR Title Artist
1991/02/16 5 8 4 State Of The World Janet Jackson
1994/01/22 5 - 1 Mr. Jones Counting Crows
1994/12/10 6 - 4 When I Come Around Green Day
1995/07/08 8 - 12 I Could Fall In Love Selena
1995/12/30 10 - - The Chanukah Song Adam Sandler
1996/03/09 2 - 1 Killing Me Softly Fugees
1996/06/08 10 - 7 Standing Outside A Broken Phone Booth With Money In My Hand Primitive Radio Gods
1996/06/29 9 - 6 Forever Mariah Carey
1996/08/10 3 - 1 Head Over Feet Alanis Morissette
1996/10/19 1 - 1 Don't Speak No Doubt
1996/12/07 2 - 1 Lovefool Cardigans
1996/12/07 6 - 7 A Long December Counting Crows
1997/01/04 2 - 2 One Headlight Wallflowers
1997/04/26 4 - 2 How Bizarre OMC
1997/05/10 10 - 15 Butterfly Kisses Bob Carlisle
1997/06/07 5 - 2 Push matchbox twenty
1997/06/28 1 - 5 Men In Black Will Smith
1997/07/05 1 - 1 Fly Sugar Ray
1997/07/26 2 - 3 Walkin' On The Sun Smash Mouth
1998/02/07 6 - 6 Anytime Brian McKnight
1998/02/14 3 - 3 3 AM matchbox twenty
1998/03/07 4 - 3 As Long As You Love Me Backstreet Boys
1998/06/20 5 - 4 The Way Fastball
1998/06/27 4 - 1 Uninvited Alanis Morissette

4位からウルトラダウン記録更新 2017年5月20日付けBillboard 200

 最新(2017年5月20日付け)のBillboard200(アルバムチャート)で前週4位だった8-Incubusが一気に123ランクダウンし、127位にまで下降。
 これは従来の4位からの急降下記録(77ランクダウン:4位→81位)を大きく上回る新記録となります。
 Incubusといえば、2006年12月23日付けアルバムチャートで"Light Grenades"が1位から37位へ急降下し、当時の1位からのウルトラダウン記録を樹立したアーティスト。今後も急降下記録の塗り替えに期待したいところであります。
参考:1位からウルトラダウン記録更新 2016年12月3日付けBillboard 200

■Billboardアルバムチャートで4位から46ランク以上ダウンした作品
記録日付 4位→ 下降幅 タイトル アーティスト
2017/05/20 127 -123 8 Incubus
2010/04/10 81 -77 The Edge Various Artists
2014/04/19 62 -58 Unconditional Memphis May Fire
2013/04/06 60 -56 Let The Future Begin Passion
2014/05/24 52 -48 Passion: Take It All Passion
2016/04/30 51 -47 Weezer(White Album) Weezer
2016/08/27 50 -46 American Love Jake Owen

Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(1991年以前編)

 1984年10月20日付けでスタートしたHot 100 Airplay。1998年11月28日付け以前は「シングル盤」の発売がなかった曲は原則HOT100にエントリーすることはできませんでした。しかし、Airplayチャートには、そうした制限はなかったため、HOT100にエントリーしなかった曲もエントリーすることが可能となりました。
 Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲を2回に分けて紹介します。今回は1991年以前編です。

 この間、Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲は23曲。うち2曲がCashboxに、4曲がRadio & Recordsにエントリーしています。
 Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲の第一号はNever Say Goodbye-Bon Jovi。
 1987/5/23付でAirplayチャートに36位でエントリーし、6/20付け28位が最高。"Slippery When Wet"からのアルバムカッツです。この曲あたりはシングルカットすれば、かなりのヒットが期待できたような気がしますが...。

 続く第二号もBon Joviでサントラ"Disorderlies"からのアルバムカッツ、Edge Of A Broken Heart。1987/10/17付け1週のみのチャートインで38位。
 これに続くのはSpotlight-Madonna。1988/1/16付でAirplayチャートにエントリーし、最高位は32位。リミックスアルバム"You Can Dance"に収録されています。当時のMadonna人気からすると、シングルカットすれば、TOP10は固かった?
 1980年代は上記の3曲のみ。いずれもR&Rチャートにエントリーしています。

 1991/1/26付でAirplayチャート11位まで上昇したDo The Bartman-SimpsonsはCBで22位まで上昇。CBではBrother, Don't You Walk Away-Hootersに次いで、アルバムカッツによる総合チャート入りした2曲目の作品となっています。

 State Of The World-Janet Jacksonは初のAirplayチャートTOP10ヒット(最高位5位)にして、HOT100にエントリーしなかった曲。CBでは8位、RRでは4位まで上昇しており、BBの"シングル盤"に対する頑な偏向ぶりを表しているのではないでしょうか?

参考:Cashboxシングルチャートにエントリーした"シングル"ではない曲

■Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(1991年以前編)
Entry date PK CB RR Title Artist
1987/05/23 28 - 35 Never Say Goodbye Bon Jovi
1987/10/17 38 - 39 Edge Of A Broken Heart Bon Jovi
1988/01/16 32 - 31 Spotlight Madonna
1990/12/08 74 - - Eddy Steady Go Rozlyne Clarke
1990/12/15 11 22 9 Do The Bartman Simpsons
1990/12/22 64 - - Found Love Double Dee
1990/12/22 57 - - You Don't Have To Worry En Vogue
1991/01/05 72 - - One Good Man Sweet Sensation
1991/01/12 63 - - Don't Stop Now Cover Girls
1991/01/26 58 - - Games NKOTB
1991/02/02 69 - - Satisfaction Vanilla Ice
1991/02/16 5 8 4 State Of The World Janet Jackson
1991/02/23 56 - - I Like You Culture Beat
1991/02/23 61 - - Same Song Digital Underground
1991/04/06 68 - - Now Is Tomorrow Definition Of Sound
1991/04/13 70 - - Got My Eye On You Pajama Party
1991/06/08 55 - - You're The One For Me April
1991/06/08 59 - - Dangerous On The Dancefloor Musto and Bones
1991/06/22 66 - - (I Wanna Give You) Devotion Nomad
1991/08/10 64 - - Such A Good Feeling Brothers In Rhythm
1991/08/31 37 - - Word To The Mutha! Bell Biv DeVoe
1991/09/07 67 - - The Whistle Song Frankie Knuckles
1991/11/09 75 - - Peace (In The Valley) Sabrina Johnston

Record Worldチャートの高順位ニューエントリー記録

 ニューエントリー特集のRecord World編。
 対象期間は1964年1月第一週(Music Vedor時代含む)から休刊となる1982年4月10日付けまで。

■Record Worldチャートで初登場30位以内のシングル
初登場
順位
翌週 日付 最高
Title Artist BB CB
日付 順位 日付 順位
19 16 1965/02/20 8 Red Roses For A Blue Lady Wayne Newton 1965/02/27 76 1965/02/13 91
20 9 1971/10/30 1 Have You Seen Her Chi-Lites 1971/10/23 60 1971/10/23 87
20 5 1965/07/03 1 I'M Henry Viii, I Am Herman's Hermits 1965/07/03 42 1965/07/03 18
22 17 1965/02/27 6 Goldfinger John Barry & His Orchestra 1965/03/13 84 1965/02/06 59
22 19 1965/02/13 8 Red Roses For A Blue Lady Vic Dana 1965/02/06 95 1965/02/13 91
23 19 1979/10/06 1 Heartache Tonight Eagles 1979/10/06 52 1979/10/06 23
25 20 1980/08/09 9 Late In The Evening Paul Simon 1980/08/09 46 1980/08/09 33
26 - 1970/11/07 26 Hum Along And Dance Temptations - - 1970/10/31 93
27 18 1965/12/25 12 Day Tripper Beatles 1965/12/18 56 1965/12/18 76
27 24 1980/09/06 9 Real Love Doobie Brothers 1980/09/06 40 1980/09/06 31
28 23 1979/02/10 1 Tragedy Bee Gees 1979/02/10 29 1979/02/10 32
28 6 1965/04/17 1 Mrs.Brown You've Got A Lovely Daughter Herman's Hermits 1965/04/17 12 1965/04/17 31
29 23 1980/10/04 1 Lady Kenny Rogers 1980/10/04 39 1980/10/04 31
29 26 1980/11/08 10 Hungry Heart Bruce Springsteen 1980/11/08 30 1980/11/08 37
29 26 1980/09/06 1 Woman In Love Barbra Streisand 1980/09/06 49 1980/09/06 34
30 27 1980/11/01 3 Love On The Rocks Neil Diamond 1980/11/01 32 1980/11/01 36

 この間にいきなりTOP40にエントリーした作品は64作。最も高い順位でのエントリー作品は、1965/02/20付で19位にエントリーしたRed Roses For A Blue Lady-Wayne Newton。
 ちなみに同作はBBでは翌週76位に、CBでは前週に91位で、それぞれニューエントリー。この差は何なんでしょう?
 Wayne Newtonと言えばこの27年後の1992年に "The Letter事件"の当事者(?)となったアーティスト。RWでも順位工作を...(笑)

 1970/11/07付で26位にニューエントリーしたHum Along And Dance-Temptationsは翌週圏外にドロップアウトという21世紀のチャート並みのチャートアクション。なお同作はBBではエントリーせず、CBでは93位止まりなので、もしかすると集計ミスによる幻のエントリーという可能性もありそうです。

 64作中、30位以内へのニューエントリーは16作。うち6作までが翌週3ランクという小幅な上昇。翌週TOP10入りは3作に止まっています。

 TOP40内初登場作品を最も多くもつアーティストはBeatlesで7作。うち3作(Do You Want To Know A Secret、Paperback Writer、Rain)が40位ちょうどのニューエントリー、となっています。
 これに次ぐのがKenny Rogersの4作。こちらも3作が37位ニューエントリーという珍記録となっています。


 ちなみに同期間の他チャートでTOP40ニューエントリー作品数はBBが50作、CBが52作。RWが他チャートに比べ2割ほど多くなっています。
 期間別に見てみるとBB、CBはほぼ同じ傾向を示しているの対し、RWでは1970年代後半に一気にその数が増加していることが分かります。とくに1979年から1982年までは35作がTOP40内ニューエントリー。これはBB19作、CB17作の倍近くに達する数字。
 廃刊間近のチャート工作、という感がないわけでもありません。

■三大チャートの期間別TOP40ニューエントリー
BB CB RW
1964-1969 23 27 16
1970-1974 5 6 7
1975-1979 7 6 19
1980-1982 15 13 22
Total 50 52 64


Billboard-Cashbox両チャートの高順位ニューエントリー記録(1958年-1991年編)

 BB-CBの高順位ニューエントリー記録第二弾は、CBが100位までランキングを拡大した1958年9月13日付けからBBがSoundscanシステムを導入しチャートが大きく変質する前の1991年11月23日付けまでの33年間が対象。
Rank BB CB
Entry date Title Artist Peak Entry date Title Artist Peak
6 1970/03/21 Let It Be Beatles 1           
10 1968/09/14 Hey Jude Beatles 1
1969/05/10 Get Back Beatles 1
12 1965/04/17 Mrs. Brown You've Got A Lovely Daughter Herman's Hermits 1
14   1985/03/23 We Are The World USA For Africa 1
15 1991/03/02 Rescue Me Madonna 9    
18         1965/07/03 I'm Henry VIII, I Am Herman's Hermits 1
1965/12/18 We Can Work It Out Beatles 1
20 1969/10/18 Something Beatles 3 1966/07/23 They're Coming To Take Me Away, Ha-Haaa! Napoleon XIV 1
1971/10/23 Imagine John Lennon 3         
1984/02/11 Thriller Michael Jackson 4
21 1964/07/18 A Hard Day's Night Beatles 1 1964/03/28 Can't Buy Me Love Beatles 1
1985/03/23 We Are The World USA for Africa 1 1968/03/23 Lady Madonna Beatles 2
22 1964/12/05 I Feel Fine Beatles 1     
23 1968/03/23 Lady Madonna Beatles 4 1966/03/05 Nowhere Man Beatles 2
1969/10/18 Come Together Beatles 1 1979/10/06 Heartache Tonight Eagles 1
         1985/03/16 That Was Yesterday Foreigner 10
1987/08/08 I Just Can't Stop Loving You Michael Jackson 1
24 1961/02/20 Surrender Elvis Presley 1 1958/11/08 I Got Stung Elvis Presley 5
1968/03/09 Valleri Monkees 3 1966/02/26 19th Nervous Breakdown Rolling Stones 1
        1966/08/20 Yellow Submarine Beatles 1
1984/02/04 Thriller Michael Jackson 4
25 1966/03/05 Nowhere Man Beatles 3 1981/05/23 All Those Years Ago George Harrison 3
     1984/05/26 Dancing In The Dark Bruce Springsteen 1
26 1983/10/15 Say Say Say Paul McCartney 1 1965/12/25 As Tears Go By Rolling Stones 3
     1984/06/30 State Of Shock Jacksons 3
27 1964/03/28 Can't Buy Me Love Beatles 1 1967/07/29 All You Need Is Love Beatles 1
1990/04/28 U Can't Touch This M.C. Hammer 8 1978/11/18 Too Much Heaven Bee Gees 2
1990/05/26 Step By Step New Kids On The Block 1     
28 1966/06/11 Paperback Writer Beatles 1 1970/09/19 I'll Be There Jackson 5 1
1983/04/09 Overkill Men At Work 3 1984/01/21 Nobody Told Me John Lennon 6
1984/10/06 Purple Rain Prince 2 1984/10/06 Purple Rain Prince 1
     1985/05/18 Raspberry Beret Prince & The Revolution 1
29 1979/02/10 Tragedy Bee Gees 1 1959/03/07 It's Late Ricky Nelson 6
1982/04/10 Ebony And Ivory Paul McCartney & Stevie Wonder 1 1971/04/03 Never Can Say Goodbye The Jackson 5 1
1983/01/22 All Right Christopher Cross 12 1984/12/22 Careless Whisper Wham! Feat.George Michael 1
30 1958/11/10 One Night Elvis Presley 4 1982/04/10 Ebony And Ivory Paul McCartney & Stevie Wonder 1
1966/12/17 Snoopy Vs. The Red Baron Royal Guardsmen 2 1985/02/09 Just Another Night Mick Jagger 10
1980/11/08 Hungry Heart Bruce Springsteen 5           
1983/10/29 Say It Isn't So Daryl Hall & John Oates 2
1984/06/30 State Of Shock Jacksons 3

・この間、30位以内にニューエントリーしたのは、BB32作、CB29作とほぼ同じ。
・BB、CBともにTOP30内にニューエントリーしたのはCan't Buy Me Love、Ebony And Ivory、Lady Madonna、Nowhere Man、Purple Rain、State Of Shock、Thriller、We Are The Worldの8作。
・一方TOP10でのニューエントリーはBBではLet It Beの6位を筆頭に3作を数えるのに対し、CBはゼロ。
・アーティスト別ではBBのTOP30エントリー32作中1/3以上の11作がBeatles。一方、CBではBeatlesは6作とほぼ半数に止まる。
・BB32作中1位まで上昇したのは15作と半数以下、CBでは29作中17作。一方、All Rightは29位ニューエントリー(BB)ながら最高位12位とこの期間唯一のTOP30ニューエントリーでTOP10ヒットならずの不名誉シングル(チャートアクション:29→23→19→16→16→16→12→12→12)
・両者のニューエントリー順位で最も差がついたのはRescue Me-Madonna。BB15位に対しCBでは81位とランク差66。これに次ぐのがIt's Late-Ricky NelsonでCB29位、BB91位でランク差62。
詳細はこちら

Billboard-Cashbox両チャートの高順位ニューエントリー記録(1980年代編)

 1982年から1984年まではBBが高順位(50位以内)でのニューエントリーが多く、1985年以降はCBが逆転。
全体的にCBチャートが高順位での初登場が多い傾向にあります。

■年別高順位エントリーシングル数の推移
TOP50内TOP40内 TOP30以内
BB CB BB CB BB CB
1980 15 18 7 7 1 0
1981 9 10 7 5 0 1
1982 7 5 4 3 1 1
1983 25 17 11 6 4 0
1984 32 28 8 11 3 6
1985 30 47 6 13 1 4
1986 11 24 2 5 0 0
1987 13 17 5 6 0 1
1988 12 12 1 1 0 0
1989 12 5 3 1 0 0
Total 166 183 54 58 10 13


■年別のハイエストデビューシングル一覧
Billboard Cashbox
初登場年月日 順位 タイトル/アーティスト 初登場年月日 順位 タイトル/アーティスト
1980 1980/11/08 30 Hungry Heart/Bruce Springsteen 1980/09/06 31 Real Love/Doobie Brothers
1981 1981/01/24 31 The Best Of Times/Styx 1981/05/23 25 All Those Years Ago/George Harrison
1982 1982/04/10 29 Ebony And Ivory/Paul McCartney & Stevie Wonder 1982/04/10 30 Ebony And Ivory/Paul McCartney with Stevie Wonder
1983 1983/10/15 26 Say Say Say/Paul McCartney & Michael Jackson 1983/06/04 32 Every Breath You Take/Police
1984 1984/02/11 20 Thriller/Michael Jackson 1984/02/04 24 Thriller/Michael Jackson
1985 1985/03/23 21 We Are The World/USA for Africa 1985/03/23 14 We Are The World/USA For Africa
1986 1986/07/19 40 Dancing On The Ceiling/Lionel Richie 1986/03/15 39 Harlem Shuffle/Rolling Stones
1986/10/04 40 True Blue/Madonna
1987 1987/08/08 37 I Just Can't Stop Loving You/Michael Jackson & Siedah Garrett 1987/08/08 23 I Just Can't Stop Loving You/Michael Jackson
1988 1988/04/16 40 One More Try/George Michael 1988/04/16 39 One More Try/George Michael
1989 1989/08/19 37 Cherish/Madonna 1989/03/18 40 Like A Prayer/Madonna

両者が同一シングルだったのは1982年、1984年-1985年、1987年-1988年の5回。
ただし、Thriller/Michael JacksonはCBの方が一週早くエントリー。

惜しい!~全米三大誌(Billboard、Cashbox、Radio & Records)全ての最高位が11位~13位だったシングル

 全米三大チャートBillboard=BB、Cashbox=CB、Radio & Records=RR)全てでTOP10入り目前(11位-13位)で失速したシングルをご紹介します。対象期間はRRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月まで。

 この期間で三大チャート全てで最高位が11位-13位だったシングルは27作。
 うちThat'll Be The Day-Linda RonstadtとCrazy About Her-Rod Stewartの2作が三大チャート全てで最高位11位。「全米TOP10シングル」という称号を逃しました。

TitleARTIST BB Peak Date BB CB RR
Bungle In The Jungle Jethro Tull 1975/01/11 12 12 13
That'll Be The Day Linda Ronstadt 1976/10/23 11 11 11
Theme From Close Encounters Of The Third Kind John Williams 1978/02/25 13 13 13
I Just Fall In Love Again Anne Murray 1979/04/07 12 11 11
Rock 'N' Roll Fantasy Bad Company 1979/06/16 13 11 13
Pilot Of The Airwaves Charlie Dore 1980/05/03 13 12 11
Goody Two Shoes Adam Ant 1983/02/12 12 12 11
How Am I Supposed To Live Without You Laura Branigan 1983/10/08 12 13 12
Do What You Do Jermaine Jackson 1985/01/05 13 12 12
You Spin Me Round (Like A Record) Dead Or Alive 1985/08/17 11 13 13
Dare Me Pointer Sisters 1985/09/21 11 12 13
A Love Bizarre Sheila E. 1986/03/01 11 13 11
I Wanna Be A Cowboy Boys Don't Cry 1986/06/21 12 13 13
(Sittin' On) The Dock Of The Bay Michael Bolton 1988/03/26 11 12 11
Another Lover Giant Steps 1988/11/12 13 12 11
Rocket Def Leppard 1989/04/29 12 11 13
Crazy About Her Rod Stewart 1989/07/29 11 11 11
It's Not Enough Starship 1989/10/07 12 11 12
Leave A Light On Belinda Carlisle 1989/12/09 11 12 11
All My Life Linda Ronstadt Feat.Aaron Neville 1990/03/31 11 11 12
Heartbeat Seduction 1990/04/28 13 12 12
Love Child Sweet Sensation 1990/05/19 13 12 11
Stranded Heart 1990/12/01 13 11 11
Miracle Jon Bon Jovi 1990/12/22 12 12 13
Walking In Memphis Marc Cohn 1991/07/06 13 11 11
The Dream Is Still Alive Wilson Phillips 1991/08/03 12 11 12
Believe Elton John 1995/05/13 13 11 12

一方、三大チャートのいずれかが11位で他チャートの順位が高い作品は以下の通り

BBで11位ながら他チャートで高順位
It's Raining Again-Supertramp RR2位(CB7位)

CBで11位ながら他チャートで高順位
Because Of Love-Janet Jackson RR2位(BB10位)

RRで11位ながら他チャートで高順位
Got To Give It Up (Pt. 1)-Marvin Gaye BB、CB、RW1位
Love Machine (Pt. 1)-Miracles BB、CB、RW1位
Creep-TLC BB1位(CB2位)
Mickey-Toni Basil BB1位(CB2位)
Sittin' Up In My Room-Brandy CB1位(BB2位)
Cruisin'-Smokey Robinson CB1位(BB4位、RW5位)

同時期(1982年12月)のヒット曲でIt's Raining Again-SupertrampがBB11位に対しRR2位、一方Mickey-Toni BasilがBB2位、CB1位ながらRR11位と真逆の成績に。このころまでのRRの特異性は顕著でした。


参考:惜しい!~全米三大誌(Billboard、Cashbox、Record World)全ての最高位が41位以上45位以下だったシングル

全英三大チャート #1シングル記録集

 1980年第1週(1980/1/5付)からMelody Maker(MM)とNew Musical Express(NME)が統一チャートを使用し始める1988年6月までの8年半の間、UK三大チャート(MUsic Week(MW)、MM、NME)で1位を獲得した作品は232作。
 今回はこの「全英№1」についていろいろな角度からご紹介します。
 1980年代の「全英№1」232作をチャート別にみると、MW160作、NME195作、MM200作。MMチャートが「1位に成り易いチャート」ということになります。
 さらに詳しく組み合わせ別にみていきます。

三大チャート全てで1位を獲得
 232作中、144作が三大チャート全てで1位を獲得。「真」の全英№1シングルといえるでしょう。

二チャートで1位を獲得
MW-NMEで1位を獲得(MMで1位を逃す)
 MW-NMEでの1位組み合わせは10作。

NW-MMで1位を獲得(NMEで1位を逃す)
 NW-MMの組み合わせは僅か3作と希少性がグッと高まります。

NME-MMで1位を獲得(MWで1位を逃す)
 この組み合わせが最も多く28作となっています。

一チャートのみの1位
MWのみ1位を獲得…5作
 "We Are The World"が他誌では1位獲得していなかったのが意外。

NMWのみ1位を獲得…16作
 6作がMWで3位止まり。

MMのみ1位を獲得…28作
 オフィシャルチャートを見慣れていると、MMのみといえど「全英チャート1位」という称号が意外と感じる作品が。
 特に"Two Pints Of Lager"(Splodgenessabounds)はNMEで5位、MWでは7位という順位ですから一層の驚きが。
 "Speak Like A Child"(Style Council)(MW4位、NME3位)、"Change"(Tears For Fears)(MW、NMEともに4位)あたりも
"運のよい"全英№1といえるでしょう。
一方、"I.O.U"(Freeze)や"Temptation"(Heaven 17)が1位を獲得しており嬉しい...
Title Artist MM MW N.M.E
初№1日付 週数 最高位 最高位
Antmusic Adam & The Ants 1981/01/24 1 2 2
Ain't No Pleasing You Chas And Dave 1982/04/17 1 2 2
Lean On Me Club Nouveaux 1987/04/25 1 3 2
Sometimes Erasure 1986/12/13 1 2 2
I.O.U Freeze 1983/08/13 1 2 2
Axel F Harold Faltemeyer 1985/07/13 2 2 2
Temptation Heaven 17 1983/05/28 1 2 2
Just An Illusion Imagination 1982/04/10 1 2 2
What Have You Done For Me Lately? Janet Jackson 1986/05/10 1 3 3
Can't Be With You Tonight Judy Boucher 1987/05/09 1 2 2
Kids In America Kim Wilde 1981/03/28 1 2 3
All Night Long Lionel Richie 1983/11/05 1 2 2
Only Love Nana Mouskouri 1986/02/08 1 2 2
I Can't Wait Nu Shooze 1986/06/21 1 2 2
On My Own Pattie Labelle & Michael Macdonald 1986/05/17 1 2 2
Say, Say, Say Paul Mccartney & Michael Jackson 1983/11/26 1 2 2
Sledgehammer Peter Gabriel 1986/05/31 2 4 2
Invisible Sun Police 1981/10/10 1 2 2
1999 Prince 1985/02/02 1 2 2
Hooked On Classics Royal Philharmonic Orchestra 1981/08/22 1 2 2
You Drive Me Crazy Shakin' Stevens 1981/06/06 1 2 2
Holding Back The Years Simply Red 1986/06/14 1 2 2
Torch Soft Cell 1982/06/26 1 2 2
Two Pints Of Lager Splodgenessabounds 1980/07/05 1 7 5
Golden Brown Stranglers 1982/02/06 1 2 2
Speak Like A Child Style Council 1983/03/26 1 4 3
Change Tears For Fears 1983/02/19 1 4 4
Only You Yazoo 1982/05/29 1 2 4


途切れることなくTOP100/HOT100にシングルをランクインさせたアーティスト

いわゆる「ランクインリレー」の記録。
上位10アーティストは以下の通り。
週数 スタート日付 最終日付 アーティスト
409 2009/05/23 継続中 Drake
326 2007/09/29 2013/12/21 Lil' Wayne
216 2009/08/15 2013/09/28 Rihanna
207 2010/02/20 2014/02/01 Nicki Minaj
205 1955/07/09 1959/06/01 Pat Boone
159 1999/06/26 2002/07/06 Jay-Z
152 2000/04/29 2003/03/22 Nelly
142 2010/07/17 2013/03/30 Chris Brown
141 2002/11/30 2005/08/06 Kenny Chesney
139 2010/04/10 2012/12/01 Katy Perry
139 1999/06/19 2002/02/09 Destiny's Child
139 2007/10/13 2010/06/05 Taylor Swift

 ランクインリレー記録はPat Booneの205週連続が不滅の記録として君臨し続けてきましたが、20世紀後半から21世紀にかけて塗り替えるアーティストが続出。やはり、「Featuring」の影響が大きいのでしょう。
 最長はDrake。2009年5月23日付から最新チャート(2017年3月18日付)までPat Booneの樹立した205週の倍に当たる409週間にわたりHOT100にランクイン。この間にHOT100に送り込んだ作品数は129作(Featuring含む)に達します。

なお、20世紀に100週以上のランクインリレーを達成したアーティストは次の通り(前掲アーティスト除く)
週数 スタート日付 最終日付 アーティスト
135 1956/03/03 1958/09/22 Elvis Presley
121 1998/12/05 2001/03/24 'n Sync
120 1998/05/16 2000/08/26 Dixie Chicks
115 1955/10/22 1957/12/23 Nat "King" Cole
114 1997/01/25 1999/03/27 Mase
113 1973/08/04 1975/09/27 Elton John
112 1994/10/08 1996/11/23 Hootie & The Blowfish
111 1980/07/19 1982/08/28 Daryl Hall & John Oates
110 1983/10/29 1985/11/30 Madonna
109 1957/02/09 1959/03/02 Johnny Mathis
108 1996/11/09 1998/11/28 Puff Daddy
106 1958/12/01 1960/12/05 Paul Anka
105 1956/03/03 1958/02/24 Fats Domino
104 1978/05/13 1980/05/03 Donna Summer
104 1959/01/26 1961/01/16 Brook Benton
102 1955/10/01 1957/09/02 The Platters
101 1998/11/21 2000/10/21 Britney Spears
101 1999/11/06 2001/10/06 Faith Hill
100 1987/02/21 1989/01/14 George Michael


ちなみに日本(オリコン)の記録は以下の通り
山口百恵 1973/6/ 4-1981/ 3/ 2 405週
森 進一 1968/1/ 4-1974/ 9/ 9 350週
五木ひろし 1971/3/22-1977/ 2/ 7 308週
松田聖子 1980/4/21-1985/ 9/ 9 282週
西条秀樹 1972/5/15-1977/ 8/29 277週+1977/ 9/12-81/12/14 223週
内山田 洋とクールファイブ 1969/ 3/ 3-1974/ 5/ 6 271週

西条秀樹は1977/9/5付で記録が途切れ、翌週返り咲き。
この空白の一週がなければ501週という空前絶後の大記録が誕生したところでした。

Billboard Black Singles Artist Decade Ranking(1980's)

Billboard Black Singlesの1980年代アーティスト編。
ポイントの集計法やチャートサイズの変遷、作品別ランキングはこちらをご参照ください。

■1980年代Billboard Black Singles TOP30 Artist
Rank Artist Points TOP
100
TOP
40
TOP
10
TOP
5
TOP
3
1
1 Prince 31,525 31 27 15 13 8 5
2 Stevie Wonder 28,904 23 20 16 12 9 7
3 Kool & The Gang 28,299 24 21 15 10 8 5
4 Luther Vandross 26,831 24 19 17 13 9 5
5 The Gap Band 25,573 24 19 12 10 8 4
6 Stephanie Mills 24,787 22 19 9 7 7 5
7 Michael Jackson 24,054 20 17 15 15 11 8
8 Cameo 23,999 23 18 12 10 7 3
9 Lionel Richie 23,093 14 14 13 8 7 4
10 Aretha Franklin 22,285 24 20 11 8 6 3
11 New Edition 22,038 20 18 14 10 9 4
12 Diana Ross 22,032 22 16 10 7 6 3
13 Freddie Jackson 21,962 17 15 13 10 9 8
14 Chaka Khan 21,408 24 17 8 6 4 4
15 Rick James 21,254 21 17 10 6 5 3
16 Atlantic Starr 20,122 20 16 9 7 3 2
17 Melba Moore 19,559 21 18 6 4 2 2
18 Janet Jackson 18,873 14 14 11 9 9 8
19 The Whispers 18,842 18 16 8 6 4 2
20 Peabo Bryson 18,819 26 17 5 2 1 1
21 Jeffrey Osborne 18,199 18 14 9 6 5 1
22 Smokey Robinson 17,891 21 16 6 5 4 1
23 Patti Labelle 17,667 18 13 9 5 4 2
24 Whitney Houston 16,941 13 13 12 11 7 3
25 Teddy Pendergrass 16,872 18 13 9 7 5 1
26 Stacy Lattisaw 16,832 21 14 8 3 2 1
27 Billy Ocean 16,776 15 13 10 5 4 4
28 The Temptations 16,624 23 14 6 3 2 0
29 The S.O.S. Band 16,439 18 14 6 4 3 1
30 Gladys Knight & The Pips 16,287 19 13 6 6 5 3

 DecadeトップはPrince(& The Revolution)。Decadeの最大ヒット作はWhen Doves Cry(Decadeランク12位)で8週1位を獲得。
Decade100位以内はKiss(72位)と2作のみですが、TOP100ヒット31作、TOP40 27作はともにDecade最多で、Decade唯一の30,000ポイント超え(31,525)となりました。
 2位はStevie Wonder。That Girl(Decadeランク2位)、Master Blaster(Decadeランク6位)の2作をDecadeTOP10に送り込むほか、DecadeTOP100ヒットは5作を数えます。
 3位はKool & The Gang。TOP100ヒット24作、TOP10ヒット15作、№1 5作はお見事。Decade最大のヒット作はCelebration(Decadeランク8位)。
 4位はLuther Vandross。DecadeTOP100ヒットはNever Too Much(Decadeランク82位)のみですが、TOP10ヒット17作は80年代最多。№1も5作と健闘。
 5位はThe Gap Band。№1 4作、№2 3作、2位以上7作は見事。

 以下、主なところを...
 7位Michael Jackson…言わずと知れたビッグネーム。"本家"チャートでは7位とやや振るわないものの、TOP5 14作、TOP3 11作、№1 8作はDecade最多。
 9位Lionel Richie…TOP100ヒット14作ながら、うち13作がTOP10入りと典型的な「出せば、売れる」アーティスト
 13位Freddie Jackson…№1 8作はMichael Jackson、Janet Jacksonと並ぶDecade最多。3人とも奇しくもJackson。

 Blackチャートは非黒人系もエントリーすることでも有名。
 非黒人で最も多くBlackチャートにエントリーしたのがDaryl Hall & John Oatesで11作、次いでMadonna(10作)、Culture Club(9作)。
 ここら辺りはなんとなく「黒っぽい」感じがするので分からないでもありませんが、
 I Want To Know What Love Is-Foreigner(最高位85位)
 Can't Fight This Feeling-REO Speedwagon(最高位89位)
 Jump-Van Halen(最高位88位)
 あたりは完全なロックでBlackチャートにエントリーすることにおもっきり違和感を感じます。

Billboard Black Singles All-time TOP40(1980's)

 1980年代のBillboard Black Singlesチャートにエントリーした全作品のチャートアクションのデータベース化が終了したのを機に、Decadeオールタームチャートをご紹介いたします。
 
 チャート名は1982/6/19付までHot Soul Singles、1982/6/26付から1984/10/13付けまでBlack Singles、1984/10/20付以降Hot Black Singles。チャートサイズはDecadeを通じTOP100となっています。

 1980年代のオールタイムチャートは、1980年1月5日付けから1989年12月30日付けまでにBlackチャートにランクインした全4715作が対象。1980年代にチャートインした作品の90年代のポイント(週数等)は付加していますが、1970年代にエントリーした作品は、1980年代にランクした場合も除外しました。
 ポイントの集計方法は、1位100ポイント...100位1ポイントの超ベタな基礎ポイントに、 ボーナスポイントとして1位1週につき100ポイント、TOP10内1週につき10ポイント、TOP40内1週につき5ポイントを加算しました。

 1980年代№1は、このDecade唯一10週連続1位を独走したSexual Healing-Marvin Gaye。TOP100 27週、TOP40はDecade最長となる25週、TOP10も同様に16週を記録し、ポイントは2位以下を大きく引き離す3619。1980年代のブラックチャートを代表する作品と言えるでしょう。
 2位以下はThat Girl-Stevie Wonder(3026ポイント)、Billie Jean-Michael Jackson(2991ポイント)、Endless Love-Diana Ross & Lionel Richie(2976ポイント)、Juicy Fruit-Mtume(2964ポイント)、Master Blaster (Jammin')-Stevie Wonder(2953ポイント))と僅差で続きます。

■Billboard Black Singles All-time TOP40(1980's)
Rank Points entry date TOP
100
TOP
40
TOP
10
最高位 週数 Title Artist
1 3619 1982/10/16 27 25 16 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
2 3026 1982/01/23 21 20 15 1 9 That Girl Stevie Wonder
3 2991 1983/01/29 23 19 14 1 9 Billie Jean Michael Jackson
4 2976 1981/07/11 24 21 15 1 7 Endless Love Diana Ross & Lionel Richie
5 2964 1983/04/09 25 19 13 1 8 Juicy Fruit Mtume
6 2953 1980/09/20 24 20 13 1 7 Master Blaster (Jammin') Stevie Wonder
7 2860 1983/09/24 22 21 15 1 7 All Night Long (All Night) Lionel Richie
8 2841 1980/10/18 24 20 14 1 6 Celebration Kool & The Gang
9 2799 1981/02/28 31 21 11 1 4 Double Dutch Bus Frankie Smith
10 2764 1981/10/10 22 18 13 1 8 Let's Groove Earth, Wind & Fire
11 2726 1985/04/06 26 19 12 1 6 Rock Me Tonight Freddie Jackson
12 2716 1984/06/09 20 18 13 1 8 When Doves Cry Prince
13 2697 1983/11/05 26 21 14 1 4 If Only You Knew Patti Labelle
14 2672 1983/01/29 26 21 13 1 4 Atomic Dog George Clinton
15 2642 1982/03/13 26 20 11 1 5 Let It Whip Dazz Band
16 2637 1983/10/15 23 19 12 1 5 Time Will Reveal DeBarge
17 2621 1980/03/22 22 18 13 1 6 Let's Get Serious Jermaine Jackson
18 2605 1984/06/30 27 20 10 1 4 Caribbean Queen Billy Ocean
19 2590 1981/03/28 25 19 11 1 5 Give It To Me Baby Rick James
20 2539 1980/11/22 27 17 10 1 5 Don't Stop The Music Yarbrough & Peoples
21 2458 1984/09/29 24 20 12 1 3 Solid Ashford & Simpson
22 2456 1980/04/19 24 17 10 1 5 Take Your Time (Do It Right) Part 1 The S.O.S. Band
23 2444 1982/04/24 24 19 11 1 3 Early In The Morning The Gap Band
24 2416 1980/06/28 21 20 12 1 3 Give Me The Night George Benson
25 2408 1981/02/14 21 18 10 1 5 Being With You Smokey Robinson
26 2397 1980/01/19 20 18 11 1 5 And The Beat Goes On The Whispers
27 2357 1981/11/07 24 20 14 1 2 Call Me Skyy
28 2329 1981/01/31 24 21 15 1 1 Sukiyaki A Taste Of Honey
29 2328 1982/08/07 22 16 11 1 5 Love Come Down Evelyn King
30 2314 1984/12/08 24 20 10 1 3 Missing You Diana Ross
31 2305 1983/07/23 19 15 11 1 6 Cold Blooded Rick James
32 2297 1981/06/20 26 21 13 2 8 She's A Bad Mama Jama Carl Carlton
33 2293 1984/09/15 21 19 13 1 3 I Feel For You Chaka Khan
34 2280 1983/11/05 23 20 12 1 2 Joanna Kool & The Gang
35 2275 1980/08/02 21 17 11 1 4 Funkin' For Jamaica (N.Y.) Tom Browne
36 2274 1980/05/03 25 19 11 1 2 One In A Million You Larry Graham
37 2268 1984/02/18 20 17 12 1 4 She's Strange Cameo
38 2247 1983/04/09 25 20 12 1 1 Save The Overtime For Me Gladys Knight & The Pips
39 2245 1986/03/29 21 17 10 1 4 On My Own Patti Labelle & Michael McDonald
40 2243 1982/12/04 24 21 10 1 1 Outstanding The Gap Band


1980年代の長期ランクインTOP5は以下の通り。
TOP100
31 Double Dutch Bus-Frankie Smith   
29 It Takes Two-Rob Base & D.J. E-Z Rock   
28 You Give Good Love-Whitney Houston   
28 I Like It-DeBarge   
28 As We Lay-Shirley Murdock   
28 Electric Avenue-Eddy Grant

TOP40
25 Sexual Healing-Marvin Gaye       
22 Baby, Come To Me-Patti Austin & James Ingram       
21 Double Dutch Bus-Frankie Smith       
21 If Only You Knew-Patti Labelle       
21 Atomic Dog-George Clinton       
21 She's A Bad Mama Jama (She's Built, She's Stacked)-Carl Carlton       
21 Endless Love-Diana Ross & Lionel Richie       
21 Sukiyaki-A Taste Of Honey       
21 What's Love Got To Do With It-Tina Turner       
21 Outstanding-The Gap Band       
21 I Really Don't Need No Light-Jeffrey Osborne       
21 All Night Long (All Night)-Lionel Richie

TOP10
16 Sexual Healing-Marvin Gaye   
15 Endless Love-Diana Ross & Lionel Richie   
15 Sukiyaki-A Taste Of Honey   
15 All Night Long (All Night)-Lionel Richie   
15 That Girl-Stevie Wonder   
14 If Only You Knew-Patti Labelle   
14 Celebration-Kool & The Gang   
14 Call Me-Skyy   
14 Billie Jean-Michael Jackson

№1
10 Sexual Healing-Marvin Gaye           
 9 That Girl-Stevie Wonder           
 9 Billie Jean-Michael Jackson           
 8 Juicy Fruit-Mtume           
 8 Let's Groove-Earth, Wind & Fire             
 8 When Doves Cry-Prince           
 7 Endless Love-Diana Ross & Lionel Richie           
 7 Master Blaster (Jammin')-Stevie Wonder           
 7 All Night Long (All Night)-Lionel Richie

1980年代のBillborad TOP40 お気に入りの曲が多い週は?

 1980年代のBillboard TOP40に限定し、どの週に"お気に入り"の曲が多いのかを弾いてみました。
評価は5段階で、基準はもちろん主観。5=お気に入り、4=好き、3=普通、2=あんまり...、1=ダメ...
40曲全てが「お気に入り」なら200ポイント、全て「ダメ」なら40ポイントということになります。
1980年1月第一週から1989年12月最終週までの1980年代全週にポイントを付けてみました。

 もっともポイントが高かったのは1983/2/12付と1983/4/16付で156ポイント。これに1983/1/29付と1983/2/5付が155ポイントで、1983/4/23付と1983/4/30付が154ポイントで、1983/3/5付、1983/4/2付、1983/4/9付が153ポイントで続きます。上位10週は全て1983年で1月から4月までに集中。改めて1983年の前半は"自分の洋楽全盛期"だったんだな~。

 一方、ポイントが低かったのは1989/8/12~19、1989/9/9、1989/9/23~30、1989/10/7~10/21の8週で70ポイント。
ワースト20は全て1989年。1989年でもっともポイントが高かった1989年1月7日付けでも86ポイント。「ダメ」な曲のオンパレードですね、1989年は...。

 ちなみに「5=お気に入り」が最も多かったのは1982/11/27付と1983/2/12付の14曲。40曲中14曲が「お気に入り」という週でした。


■1983年2月12日付
2/12 2/05 wks Title Artist Point
1 2 15 Down Under Men At Work 5
2 4 22 Baby, Come To Me Patti Austin (With James Ingram) 3
3 3 16 Sexual Healing Marvin Gaye 4
4 5 9 Shame On The Moon Bob Seger & The Silver Bullet Band 4
5 1 16 Africa Toto 5
6 6 18 Maneater Daryl Hall & John Oates 3
7 9 19 You And I Eddie Rabbitt & Crystal Gayle 2
8 8 20 Rock The Casbah Clash 3
9 12 8 Stray Cat Strut Stray Cats 2
10 10 15 You Can't Hurry Love Phil Collins 5
11 11 13 The Other Guy Little River Band 4
12 13 14 Goody Two Shoes Adam Ant 3
13 14 10 Pass The Dutchie Musical Youth 4
14 18 10 Your Love Is Driving Me Crazy Sammy Hagar 4
15 15 12 Heart To Heart Kenny Loggins 4
16 19 4 All Right Christopher Cross 3
17 17 12 Allentown Billy Joel 5
18 21 11 Do You Really Want To Hurt Me Culture Club 4
19 22 8 Hungry Like The Wolf Duran Duran 4
20 20 14 You Got Lucky Tom Petty & The Heartbreakers 4
21 24 5 You Are Lionel Richie 5
22 26 10 Back On The Chain Gang Pretenders 5
23 27 4 Billie Jean Michael Jackson 4
24 28 3 We'Ve Got Tonight Kenny Rogers & Sheena Easton 4
25 25 12 Heart Of The Night Juice Newton 3
26 33 12 Twilight Zone Golden Earring 3
27 36 2 Separate Ways (Worlds Apart) Journey 3
28 37 3 One On One Daryl Hall & John Oates 5
29 30 22 What About Me Moving Pictures 5
30 31 14 Space Age Love Song A Flock Of Seagulls 5
31 34 11 On The Loose Saga 5
32 7 16 Dirty Laundry Don Henley 5
33 39 5 Breaking Us In Two Joe Jackson 5
34 16 15 The Girl Is Mine Michael Jackson & Paul Mccartney 4
35 42 4 Fall In Love With Me Earth, Wind & Fire 3
36 41 15 I Know There's Something Going On Frida 5
37 38 10 I Knew You When Linda Ronstadt 5
38 43 10 The Clapping Song Pia Zadora 2
39 40 9 The Woman In Me Donna Summer 2
40 - 1 Mr. Roboto Styx 3

 

■1983年4月16日付
4/16 4/09 wks Title Artist Point
1 1 13 Billie Jean Michael Jackson 4
2 4 13 Come On Eileen Dexy's Midnight Runners 3
3 5 10 Mr. Roboto Styx 3
4 9 12 Jeopardy Greg Kihn Band 3
5 10 8 Beat It Michael Jackson 3
6 3 17 Hungry Like The Wolf Duran Duran 4
7 7 12 One On One Daryl Hall & John Oates 5
8 8 11 Separate Ways (Worlds Apart) Journey 3
9 12 10 Der Kommissar After The Fire 4
10 2 20 Do You Really Want To Hurt Me Culture Club 4
11 6 12 We'Ve Got Tonight Kenny Rogers & Sheena Easton 4
12 11 14 You Are Lionel Richie 5
13 16 9 She Blinded Me With Science Thomas Dolby 4
14 13 24 I Know There's Something Going On Frida 5
15 29 4 Let's Dance David Bowie 4
16 22 6 Even Now Bob Seger & The Silver Bullet Band 5
17 19 8 Little Red Corvette Prince 4
18 14 19 Back On The Chain Gang Pretenders 5
19 28 2 Overkill Men At Work 4
20 23 6 I Won't Hold You Back Toto 4
21 21 8 Change Of Heart Tom Petty & The Heartbreakers 5
22 26 5 Solitaire Laura Branigan 4
23 15 21 Twilight Zone Golden Earring 3
24 18 12 I'Ve Got A Rock 'n Roll Heart Eric Clapton 3
25 17 18 Shame On The Moon Bob Seger & The Silver Bullet Band 4
26 25 12 Poison Arrow Abc 5
27 20 11 Little Too Late Pat Benatar 5
28 24 13 Fall In Love With Me Earth, Wind & Fire 3
29 32 12 It Might Be You Stephen Bishop 3
30 34 9 Whirly Girl Oxo 3
31 31 11 I Like It Debarge 5
32 47 6 Photograph Def Leppard 5
33 33 6 Welcome To Heartlight Kenny Loggins 4
34 38 8 Some Kind Of Friend Barry Manilow 4
35 40 3 Rio Duran Duran 3
36 27 13 All Right Christopher Cross 3
37 55 2 My Love Lionel Richie 4
38 52 3 Flashdance...What A Feeling Irene Cara 3
39 43 6 Straight From The Heart Bryan Adams 5
40 48 5 So Wrong Patrick Simmons 2


Journeyの全米四大チャートインシングル

 アーティスト別の全米四大チャートインシングル比較、今回はJourney。
 JourneyといえばRRでの強さが目を引きます。Who's Crying Now?、Open Arms、Separate Waysの3作の№1ヒットに加え、6作のTOP10ヒットと計9作がTOP10入り。とくにSeparate WaysはBB8位、CB9位ながらRRでは1位という"離れ業"
 一方、CBでは、Walks Like A LadyとThe Party's OverがTOP40入り一歩手前の41位止まり、Only The YoungがBB9位、RR6位に対し18位とTOP10、TOP20、TOP40ヒット作品数が他チャートに比べ少なめ。
 41位2作はPat Benatarと同じでいわゆる"ロック系"には微妙に辛い感じがしますね。
 なお、BBでは6週連続2位と"悲劇の"№2ソングの代名詞となっているOpen Armsは前述の通りBBを除く3チャート全て1位に到達。
とくにRRでは当時の最長№1記録となる7週1位を記録。Journeyに一番辛いのはBBなのかもしれません。

Title BB Pos BB Peak Date CB Pos CB Peak Date RW Pos RW Peak Date RR Pos RR Peak Date
Wheel In The Sky 57 1978/05/13 52 1978/05/20 52 1978/05/13 - -
Anytime 83 1978/07/08     75 1978/07/08 - -
Lights 68 1978/09/09 67 1978/10/07 63 1978/09/16 - -
Just The Same Way 58 1979/05/19 63 1979/05/12 75 1979/04/21 - -
Lovin', Touchin', Squeezin' 16 1979/10/27 15 1979/10/20 12 1979/10/27 6 1979/10/12
Too Late 70 1980/01/26 89 1980/01/26 70 1980/01/19 - -
Any Way You Want It 23 1980/04/26 21 1980/05/10 23 1980/05/03 18 1980/04/18
Walks Like A Lady 32 1980/07/19 41 1980/07/19 36 1980/07/19 - -
Good Morning Girl, Stay Awhile 55 1980/09/20 68 1980/09/13 59 1980/09/20 - -
The Party's Over 34 1981/04/25 41 1981/04/18 41 1981/04/25 - -
Who's Crying Now? 4 1981/10/03 3 1981/10/10 3 1981/09/26 1 1981/09/18
Don'T Stop Believin' 9 1981/12/19 8 1981/12/26 9 1981/12/12 9 1981/12/11
Open Arms 2 1982/02/27 1 1982/03/13 1 1982/03/06 1 1982/02/12
Still They Ride 19 1982/07/17 25 1982/07/17   18 1982/07/09
Separate Ways 8 1983/03/19 9 1983/04/02 1 1983/03/25
Faithfully 12 1983/06/11 15 1983/06/11 4 1983/06/03
After The Fall 23 1983/08/27 23 1983/09/03 15 1983/08/19
Send Her My Love 23 1983/11/19 31 1983/11/26 12 1983/11/11
Only The Young 9 1985/03/23 18 1985/03/23 6 1985/03/08
Be Good To Yourself 9 1986/05/31 10 1986/05/31 8 1986/05/23
Suzanne 17 1986/08/16 20 1986/08/02 14 1986/08/01
Girl Can'T Help It 17 1986/11/01 17 1986/11/01 14 1986/10/17
I'll Be Alright Without You 14 1987/02/28 12 1987/02/28 11 1987/02/20
Why Can't This Night Go On Forever 60 1987/05/23 68 1987/05/23 - -
Lights (Live) 74 1993/01/30 71 1993/02/06 - -
When You Love A Woman 12 1996/12/14 12 1996/11/16 7 1996/11/15
If He Should Break Your Heart - - - - 37 1997/03/28
TOP10 6  5  3  9 
TOP20 13  12  4  16 
TOP40 18  16  6  17 
TOP100 26  25  13  17 

Pat Benatarの全米四大チャートインシングル

 アーティスト別の全米四大チャートインシングル比較、今回はPat Benatar。
 Pat Benatarのシングルで最も注目すべきは、こちらでもご紹介した"Little Too Late"。
 BBが20位とTOP20入りしたにもかかわらず、CBでは41位とTOP40入りを逃すという珍事。RRでは34位であることから、最高位は30位台が妥当、といったところでしょうか。
 "Little Too Late"に次ぐ"Looking For A Stranger"もCBでは41位と2作連続TOP40入り直前で足踏み。BBでは39位と辛うじてながらTOP40入り。
 一方、BBでは18位止まりだった"Treat Me Right"はCBでは10位とTOP10入りでBB-CBでのTOP10ヒットの数は4-5でCBが上回っています。
 もっとも"好意的"なのがRR。BBで5位、5位、CBで4位、6位の"Love Is A Battlefield"と"We Belong"がRRでは3位と2位。一歩間違えれば"全米ナンバー1シングル"の称号を得るところでした。

Title BB CB RW RR
PK Peak Date PK Peak Date PK Peak Date PK Peak Date
Heartbreaker 23 1980/03/15 19 1980/03/15 19 1980/3/15 20 1980/02/29
We Live For Love 27 1980/06/14 28 1980/06/21 26 1980/6/14 16 1980/06/13
You Better Run 42 1980/08/30 44 1980/09/06 54 1980/8/30 - -
Hit Me With Your Best Shot 9 1980/12/20 7 1980/12/27 5 1981/1/24 9 1980/11/14
Treat Me Right 18 1981/03/14 10 1981/03/14 13 1981/3/21 12 1981/03/06
Fire & Ice 17 1981/09/05 15 1981/09/05 15 1981/9/12 14 1981/08/14
Promises In The Dark 38 1981/10/31 35 1981/11/07 39 1981/11/7 27 1981/10/23
Shadows Of The Night 13 1982/12/11 13 1982/12/18 8 1982/12/10
Little Too Late 20 1983/03/26 41 1983/03/26 34 1983/02/25
Looking For A Stranger 39 1983/05/28 41 1983/06/04 32 1983/05/20
Love Is A Battlefield 5 1983/12/10 4 1983/12/10 3 1983/11/25
We Belong 5 1985/01/05 6 1984/12/29 2 1984/12/21
Ooh Ooh Song 36 1985/02/16 35 1985/03/02 36 1985/02/08
Invincible 10 1985/09/14 9 1985/09/14 10 1985/08/30
Sex As A Weapon 28 1986/01/18 27 1986/01/18 26 1986/01/10
Le Bel Age (The Best Years) 54 1986/03/08 54 1986/03/08 - - 
All Fired Up 19 1988/08/27 25 1988/08/27 25 1988/08/12
TOP10 4 5 1 5
TOP20 9 8 4 9
TOP40 15 13 6 15

歴代2位の115ランクジャンプアップで1位の座に(Shape Of You-Ed Sheeran)

 2017年1月28日付BillboardHOT100の1位に輝いたのは、先週Bubbling Under(B.U)チャートの116位に登場したEd SheeranのShape Of You。116位から1位へ115ランクのジャンプアップは、歴代2位の大記録となります。
 またB.Uチャートを経由した№1シングルは1959年6月1日付でB.Uチャートがスタートして以降、244作目となりました。
今回は、
「"PART OF ME"(KATY PERRY)が101位から100ランクアップで1位獲得」
「101位以下から#1に輝いたシングル(Billboard 1959年-1985年編)」
「101位以下から#1に輝いたシングル(Billboard 1992年-2015年編)」
の総集編としてB.Uチャートを経由した№1シングルを更新しました。

■1992年以降チャート初登場が120位以下で1位に輝いた作品
初№1日付 タイトル アーティスト 1位までのチャートアクション
2009/04/11 Poker Face Lady Gaga 125,92,81,83,72,48,32,23,12,10,6,3,3,3,2,1
1993/11/06 I'd Do Anything For Love Meat Loaf 125,68,48,25,9,6,3,2,1
2010/06/19 California Gurls Katy Perry Featuring Snoop Dogg 125,2,3,2,1
2010/10/30 Like A G6 Far*East Movement Feat. Cataracs & Dev 125,106,92,69,41,21,16,10,6,2,2,1
2006/08/19 London Bridge Fergie 124,84,5,1
2000/04/08 Maria Maria Santana Featuring The Product G&B 124,125,120,118,119,119,109,101,15,8,6,5,2,3,2,2,1
2015/07/25 Cheerleader Omi 124,119,124,*,122,112,95,63,47,31,27,16,11,7,4,3,2,1
2006/04/08 Bad Day Daniel Powter 124,116,113,108,55,41,29,14,5,2,1
2000/11/11 With Arms Wide Open Creed 124,107,84,78,76,74,70,68,74,75,69,74,70,79,84,86,76,62,45,29,19,11
10,7,5,3,3,3,1
2000/03/04 Amazed Lonestar 124,107,81,54,44,39,38,33,29,29,32,27,26,24,27,32,33,35,35,40,43,50,-,-,-,-,-,-,-,-,-,
45,45,45,23,17,14,17,18,18,3,1
2001/03/31 Angel Shaggy Featuring Rayvon 124,105,81,57,56,39,24,19,12,9,7,5,3,3,2,1
2011/01/29 Hold It Against Me Britney Spears 124,1
2014/07/26 Rude Magic! 123,97,62,39,28,15,8,7,3,3,2,2,1
1999/07/31 Genie In A Bottle Christina Aguilerra 123,111,105,61,12,4,3,1
2001/12/22 How You Remind Me Nickelback 123,106,103,75,64,60,58,53,43,36,26,17,11,9,5,4,3,3,1
1999/09/04 Bailamos Enrique Iglesias 123,105,63,51,38,29,16,13,11,2,1,
2000/06/24 Be With You Enrique Iglesias 123,101,63,45,34,23,17,12,9,8,8,6,5,4,1
2009/11/21 Fireflies Owl City 122,97,94,82,58,46,24,11,9,7,1
2007/02/24 Say It Right Nelly Furtado 122,93,66,25,12,6,6,6,10,5,4,3,3,2,1
2006/12/16 Irreplaceable Beyonc? 122,87,24,9,4,3,2,1
2003/05/31 21 Questions 50 Cent 122,74,47,21,15,10,5,5,4,2,2,1
2007/07/28 Hey There Delilah Plain White T'S 122,103,79,66,53,53,44,41,37,27,27,16,6,5,4,3,2,1
2003/12/13 Hey Ya! Outkast 122,102,57,41,25,15,13,5,3,2,1
2007/03/03 What Goes Around... Comes Around Justin Timberlake 122,-,112,64,38,23,34,21,12,13,10,11,8,1
2005/09/17 Gold Digger Kanye West Featuring Jamie Foxx 121,122,92,75,62,47,30,27,19,1
2000/07/15 Everything You Want Vertical Horizon 121,114,110,106,103,70,61,53,46,40,33,31,26,22,19,17,15,13
9,9,8,8,6,7,7,8,3,3,6,6,1
2006/10/28 Money Maker Ludacris Featuring Pharrell 121,104,96,79,61,56,15,2,2,2,2,1
2009/11/14 Whatcha Say Jason Derulo 121,101,54,24,13,9,7,10,5,4,4,2,2,1
2006/06/03 Ridin' Chamillionaire Featuring Krayzie Bone 120,111,103,88,73,57,36,27,21,17,13,12,4,4,4,3,1
2013/06/22 Blurred Lines Robin Thicke Featuring T.I & Pharrell 120,109,112,94,89,70,54,12,11,6,1
2000/08/12 Incomplete Sisqo 120,107,77,66,61,61,61,55,2,1

■101位以下から翌週1位に輝いた作品
初№1日付 タイトル アーティスト 初登場順位
2011/01/29 Hold It Against Me Britney Spears 124
2017/01/28 Shape Of You Ed Sheeran 116
2010/11/13 We R Who We R Ke$Ha 115
2009/10/24 3 Britney Spears 114
2015/11/14 Hello Adele 114
2016/05/28 Can'T Stop The Feeling! Justin Timberlake 105
2014/09/06 Shake It Off Taylor Swift 104
2012/03/03 Part Of Me Katy Perry 101

Billboardアルバムチャート最高位50位以下の長期滞在記録

 最高位が低くて長期間チャートインしたアルバムの特集。ここでは最高位50位以下の作品を取り上げます。
 最高位50位以下でTOP200に100週以上チャートインしたアルバムは15作。
 最も長期間エントリーしたのは、日本でも絶大な人気を誇るDecember-George Winston。最高位54位ながらTOP200に178週エントリー。うちTOP100には60週間滞在しています。ちなみに最高位である54位を記録しした1984年の年間アルバムチャートでは65位を記録しています。

 これに最高位52位のThe Sea-Anita Kerr Singers, Rod Mckuen & The San Sebastian StringsがTOP200滞在143週で続きます。 TOP100の滞在は77週で年間チャートには1967年(68位)、1968年(34位)と2年連続でランクインするという快挙を達成。
 
 Super Hits-Willie Nelsonは最高位98位でTOP200滞在が110週、しかしTOP100へのエントリーは最高位98位を記録した週の1週に止まっています。

 なお、最高位101位以下で最も長期間TOP200にエントリーしたのはEarly Days And Latter Days - The Very Best Of Led Zeppelin(2002/12/7付初チャートイン)で最高位114位でTOP200滞在68週間。
 そのチャートアクションは以下の通り。
116,200,182,168,154,156,181,173,175,176,184,195,-,191,199,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,
195,169,135,129,126,149,177,180,184,186,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,188,-,-,196,
193,189,186,186,183,194,187,-,190,193,175,161,155,160,140,138,132,130,133,
148,140,146,154,138,135,114,134,152,144,155,159,168,166,171,165,170,167,165,169,173,191,-,-,-,-,191,190

■最高位50位以下で100週以上チャートインしたアルバム
最高位日付 最高位 TOP
200
TOP
100
タイトル アーティスト
1984/01/21 54 178 60 December George Winston
1968/08/03 52 143 77 The Sea Anita Kerr Singers,
Rod Mckuen & The San Sebastian Strings
2011/04/30 60 135 23 The Best Of Lynyrd Skynyrd:
20th Century Masters The Millennium Collection
Lynyrd Skynyrd
2007/09/22 57 133 62 Flyleaf Flyleaf
1991/11/23 75 115 13 Pretty Hate Machine Nine Inch Nails
1973/04/14 70 113 36 Sittin' In Loggins And Messina
2014/03/01 66 113 5 Wicked Original Broadway Cast Recording
2013/05/18 84 111 11 Megalithic Symphony Awolnation
2012/02/18 98 110 1 Super Hits Willie Nelson
1991/05/25 57 110 29 Here In The Real World Alan Jackson
2011/04/30 66 107 11 The Best Of Eric Clapton:
20th Century Masters The Millenium Collection
Eric Clapton
1998/04/11 61 104 36 I'M Alright Jo Dee Messina
2000/03/04 70 102 30 The Whole Shebang Shedaisy
1986/08/30 85 100 4 Storms Of Life Randy Travis
1994/06/04 50 100 46 Fumbling Towards Ecstasy Sarah Mclachlan


Billboardアルバムチャート101位以下の長期滞在記録

こちらでご紹介したTOP100の長期滞在記録のリバーシブル編。

対象は1961年1月以降にアルバムチャートにランクインした作品で2016年12月31日付までの週数をカウント。Billboardのレギュラーポップアルバムの滞在週のみが対象でComprehensive AlbumsやTop Pop Catalog Albumsの週数はカウントしてません。
なお、Billboardのレギュラーポップアルバムのチャートサイズはこちらをご参照ください。

もっとも長く101位以下に滞在したのは、The Dark Side Of The Moon-Pink Floyd。TOP200に滞在すること925週。うち767週が101位以下で、実に全滞在週の8割以上を占めています。
参考:"Dark Side Of The Moon"、”狂気”のチャートアクション(Billboard編)

 これに次ぐのがChronicle:The 20 Greatest Hits-Creedence Clearwater Revivalで101位以下の滞在は296週。TOP200の滞在が324週なので実に9割以上が101位以下で推移ということになります。
 初チャートインは1976年3月6日付。14週間チャートインし、最高位は100位。1986年11月1日付で約10年5カ月ぶりにリエントリー。ここでも16週チャートインしながら最高位は165位と下位に低迷。2009年12月5日付で「足切り制度」が廃止され、2010年1月9日付で約23年ぶりに三度目のチャートイン。リエントリーを重ねながら2013年8月17日付で前週の133位から22位へと111ランクの大ジャンプアップをみせ、これが最高位となりました。2016年11月26日付を最後にTOP200から姿を消していますが、TOP200にリエントリーするのは間違いないところでしょう。

 続いて274週間101位以下に滞在したのはJourney's Greatest Hits。同作のTOP200滞在は439週で歴代5位。現時点(2016年12月31日付)もTOP200に滞在中で、このまま滞在し続けると、今年中にJohnny's Greatest HitsやMy Fair Ladyの記録を上回りTOP3入りも夢ではありません。TOP100滞在165週はThe Dark Side Of The Moon(159週)を上回る週数となっています。

 Journey's Greatest Hitsに1週及ばない273週で4位に位置するのがLegend:The Best Of Bob Marley And The Wailers。この作品のTOP200滞在は448週でJourney's Greatest Hitsを上回り歴代4位。Journey's Greatest Hits同様、今年一年チャートインし続けると、歴代2位に上昇するとともに、史上2作目のチャートイン500週の快挙の達成となります。
 同作の最高位はチャートインから実に464週目の2014年9月20日付の5位。前週100位から一気にTOP5入りを果たしています。
「足切り制度」廃止の恩恵を受けた作品の一つと言えるでしょう。

 続いてCurtain Call: The Hits-Eminemが259週間101位以下にランクイン。こちらは前出のChronicleとは対照的に初登場1位を記録。2週1位を維持したのち、順位をずるずると下げ、登場30週目に102位とTOP100から転落。しかし、ここから40週間200位以内に滞在。2007年4月14日付を最後にTOP200圏外に去りますが、2010年1月16日付け193位にリエントリー。何度もTOP200内外を往復しながら、定期的にTOP100入りも果たすなど、TOP200滞在は319週に達しました。

 TOP20中、9作がベストアルバム、6作が№1アルバムとなっています。

■Billboardアルバムチャート101位以下滞在週TOP20
101位以下
の週数
Title Artist 初チャート
イン
日付
TOP
200
TOP
100
TOP
10
最高位 #1
767 The Dark Side Of The Moon Pink Floyd 1973/03/17 926 159 27 1 1
296 Chronicle:The 20 Greatest Hits Creedence Clearwater Revival 1976/03/06 324 28 0 22 0
274 Journey's Greatest Hits Journey 1988/12/03 439 165 2 10 0
273 Legend:The Best Of Bob Marley And The Wailers Bob Marley And The Wailers 1984/08/18 448 175 1 5 0
259 Curtain Call: The Hits Eminem 2005/12/24 319 60 12 1 2
226 Mcmxc AD Enigma 1991/03/02 282 56 5 6 0
225 Phantom Of The Opera Highlights Original London Cast 1990/03/10 331 106 0 46 0
224 Nevermind Nirvana 1991/10/12 341 117 28 1 2
221 Phantom Of The Opera Original London Cast 1987/05/23 255 34 0 33 0
204 Greatest Hits Guns N' Roses 2004/04/10 378 174 6 3 0
198 The Best Of Van Morrison Van Morrison 1990/05/26 242 44 0 41 0
196 Back In Black Ac/Dc 1980/08/23 281 85 23 4 0
193 Tapestry Carole King 1971/04/10 318 125 46 1 15
190 Greatest Hits Queen 1981/11/14 262 72 0 11 0
187 Mothership Led Zeppelin 2007/12/01 214 27 1 7 0
185 Hot Rocks, 1964-1971 Rolling Stones 1972/01/08 262 77 8 4 0
165 Recovery Eminem 2010/07/10 260 95 27 1 7
156 1 Beatles 2000/12/02 251 95 20 1 8
149 Shepherd Moons Enya 1991/12/07 238 89 0 17 0
147 Under A Blood Red Sky U2 1983/12/10 180 33 0 28 0


全米三大チャート全てで2位止まりとなったアルバム

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)の全米三大チャート全てで2位止まりとなったアルバムをご紹介します。
 対象とする期間はMusic VendorがRecord Worldに改称した1964年4月18日付から、同チャートが休刊した1982年4月10日付までの939週間。
 この間に三大チャート全てで2位止まりだったアルバムは、19作。同期間、三大チャートを制覇したアルバムは167作ですので、ぐっと希少性が高まります。
 もっとも悲劇的だった作品は"Something New"-Beatles。BB、CBともに9週連続2位(RWの週数は調査中)。とはいうものの、同期間1位に君臨したのは"A Hard Day's Night”なので文句は言えないでしょうが。

参考:
全米三大チャート#1アルバム記録集-1-
全米三大チャート#1アルバム記録集-2-

■全米三大チャート全てで2位止まりだったアルバム
Title Artist BB CB RW

週数

2位週

週数

2位週

週数

2位週

Something New Beatles 9 1964/08/22 9 1964/08/15 ? 1964/08/01
Between The Buttons Rolling Stones 4 1967/03/11 4 1967/03/11 ? 1967/02/11
Their Satanic Majesties Request Rolling Stones 6 1968/01/06 5 1968/01/13 ? 1967/12/16
The Age Of Aquarius Fifth Dimention 2 1969/06/28 2 1969/07/05 ? 1969/05/31
Carpenters Carpenters 2 1971/07/03 1 1971/07/10 4 1971/07/10
Mud Slide Slim & The Blue Horizon James Taylor 4 1971/07/24 3 1971/08/14 2 1971/08/21
Ram Paul & Linda Mccartney 2 1971/08/21 1 1971/09/04 2 1971/09/04
Teaser And The Firecat Cat Stevens 1 1971/12/04 1 1971/12/11 1 1971/12/11
School'S Out Alice Cooper 3 1972/07/29 1 1972/08/19 2 1972/08/12
Buddha And The Chocolate Box Cat Stevens 3 1974/05/11 1 1974/05/25 2 1974/05/18
Sprit Earth,Wind & Fire 2 1976/10/30 4 1976/10/23 1 1976/11/13
The Song Remains The Same Led Zeppelin/Soundtrack 3 1976/11/13 2 1976/11/20 2 1976/11/20
I'M In You Peter Frampton 4 1977/07/16 3 1977/07/16 3 1977/07/09
Crosby Stills & Nash Crosby Stills & Nash 4 1977/08/13 4 1977/08/20 2 1977/08/06
Star Wars Soundtrack 3 1977/09/10 5 1977/09/17 7 1977/09/03
The Stranger Billy Joel 6 1978/02/18 6 1978/02/25 1 1978/03/11
London Town Paul Mccartney 6 1978/05/06 4 1978/05/06 5 1978/04/29
Feels So Good Chuck Mangione 2 1978/06/17 4 1978/06/03 3 1978/06/03
A Wild And Crazy Guy Steve Martin 6 1978/12/09 3 1978/12/02 2 1978/12/16

1位からウルトラダウン記録更新 2016年12月3日付けBillboard 200

 ここのところウルトラダウン記録が続出する中、12/3付Billboardアルバムチャート(Billboard 200)で10年ぶりに1位からのウルトラダウン記録が塗り替えられました。
 これまでのウルトラダウン記録は、2006/12/23付でLight Grenades-Incubusが記録した1位→37位。これを今週、This House Is Not For Sale-Bon Joviが1位→43位という記録で上回ることになりました。
 1位から13位以下に転落したアルバムは同作で25作目ですが、うち23作までが2000年以降に、半数以上の13作が2010年代に記録されたものになります。1位からTOP50圏外という記録も出そうな雰囲気も漂ってくる、昨今のチャート状況であります。

■Billboardアルバムチャートで1位から13位以下にダウンした作品
日付 1位→ タイトル アーティスト
2016/12/03 43 This House Is Not For Sale Bon Jovi
2006/12/23 37 Light Grenades Incubus
2016/03/26 26 I Like It When You Sleep, For You Are So Beautiful Yet So Unaware Of It 1975
2011/02/19 26 Mission Bell Amos Lee
2011/02/05 25 Showroom Of Compassion Cake
2011/12/03 24 Blue Slide Park Mac Miller
2013/02/02 22 Burning Lights Chris Tomlin
2003/06/07 21 The Golden Age Of Grotesque Marilyn Manson
2016/11/12 20 Walls Kings Of Leon
2009/12/05 19 The Circle Bon Jovi
2015/07/04 19 Drones Muse
2014/08/02 19 1000 Forms Of Fear Sia
2007/01/06 18 The Inspiration Young Jeezy
2016/04/16 17 This Is What The Truth Feels Like Gwen Stefani
2015/05/09 17 Handwritten Shawn Mendes
1999/10/16 16 The Fragile Nine Inch Nails
2007/03/31 15 Greatest Hits Notorious B.I.G.
2013/06/29 15 ...Like Clockwork Queens Of The Stone Age
2000/01/01 14 Born Again Notorious B.I.G.
2016/11/26 14 Trap Or Die 3 Jeezy
2005/01/08 13 Loyal To The Game 2Pac
1974/10/12 13 Endless Summer Beach Boys
2006/12/09 13 Doctor's Advocate Game
2003/05/03 13 Faceless Godsmack
2009/12/12 13 Battle Studies John Mayer


6位からウルトラダウン記録更新 2016年11月12日付けBillboard 200

 先週(11/5付)のウルトラダウン続出の余韻さめやらぬ中(笑)、今週もBillboard 200でウルトラダウン記録が更新されました。
 今週の記録更新は6位からの大幅ダウン記録。従来の記録は2015/06/06付のTrust Fall (Side A) (EP)-Incubusの6位→109位。
今週、Mad Love.-Jojoがこれを2ランク上回る6位→111位を達成。
 これで6位から50ランク以上ダウンしたアルバムは14作目となりますが、全て2008年以降の作品。うち13作が2010年代に記録されたのもの。

■Billboardアルバムチャートで6位から50ランク以上ダウンした作品
記録日付 6位⇒ 下降幅 タイトル アーティスト
2016/11/12 111 -105 Mad Love. Jojo
2015/06/06 109 -103 Trust Fall (Side A) (EP) Incubus
2015/06/13 92 -86 The Voice: The Complete Season 8 Collection Sawyer Fredericks
2013/11/16 80 -74 Better Together (EP) Fifth Harmony
2015/08/08 72 -66 Sometime Last Night R5
2016/04/09 70 -64 Incarnate Killswitch Engage
2014/05/03 67 -61 Somo Somo
2016/08/27 66 -60 The Definition Of... Fantasia
2014/04/05 64 -58 Stereolithic 311
2011/07/02 63 -57 Dirty Work All Time Low
2016/05/28 62 -56 Electric Warlock Acid Witch Satanic Orgy Celebration Dispenser Rob Zombie
2012/11/03 58 -52 Don'T Panic All Time Low
2014/05/17 57 -51 Pop Psychology Neon Trees
2008/04/05 56 -50 The Elephant In The Room Fat Joe

 1990年代以前の6位からの下降記録は1962/3/3付でHoliday Sing Along With Mitch-Mitch Miller And The Gangが記録した6位→49位。70年代、80年代では大きなダウン記録は見当たらず、1983/2/5付でCoda-Led Zeppelinが記録した6位→20位が最大ダウン記録となっています。
 もう全くの別物チャート、ですね。

ウルトラダウン続出の2016年11月5日付けBillboard 200


 11月5日付けBillboard200(アルバムチャート)は、前週から160ランク以上のウルトラダウンを記録した作品が続出。
 まず前週の17位から194位へと177ランクダウンしたThe Violent Sleep Of Reason - Meshuggahは歴代4位、
13位から182位へ169ランクダウンしたMothership-Dance Gavin Danceは同13位、9位から172位へ163ランクダウンしたThree-    Phantogramは同27位、34位から196位へ162ランクダウンしたMemphis Rock And Soul-Melissa Etheridgeは同32位とウルトラダウン上位35傑に4作がエントリー。
 しかも全て前週初登場し、2週目にあたる今週160ランク以上の大幅ダウンを記録しています。
 ウルトラダウン記録TOP20は全て2012年以降のもの。実売からストリーミング、ダウンロードなどの要素が大きなポイントを占める近年のチャート。今後もウルトラダウンの記録が続出することが予想されます。

■Billboard Albumチャートで前週から160ランク以上ダウンした作品
DATE   TW LW TITLE ARTIST
2012/08/25 -190 195 5 Number Ones 2 Bee Gees
2014/08/30 -182 192 10 Somebody To You Ep Vamps
2016/09/03 -181 192 11 Gotta Be Me Cody Johnson
2016/11/05 -177 194 17 The Violent Sleep Of Reason Meshuggah
2015/05/23 -176 193 17 Marvelous Missing Link (Lost) Insane Clown Posse
2016/06/18 -176 196 20 Headspace Issues
2012/08/18 -176 200 24 Tomorrow Never Knows Beatles
2015/03/28 -175 198 23 Discovery Daft Punk
2012/07/28 -175 198 23 What We Saw From The Cheap Seats Regina Spektor
2016/05/14 -174 197 23 Origins, Vol. 1 Ace Frehley
2016/08/06 -172 199 27 Wildflower Avalanches
2014/03/29 -171 193 22 100 (EP) Kb
2016/11/05 -169 182 13 Mothership Dance Gavin Dance
2014/08/23 -168 198 30 Stuck Adelitas Way
2012/11/17 -167 185 18 Abominationz Twiztid
2015/12/19 -167 192 25 Strangeulation II Tech N9Ne Collabos
2013/11/09 -167 196 29 Get Home Safely Dom Kennedy
2016/07/02 -166 182 16 Love You To Death Tegan And Sara
2010/07/31 -166 199 33 The Wild Trapeze Brandon Boyd
2016/09/24 -165 184 19 It Doesn't Have To Make Sense Ingrid Michaelson
2016/05/14 -165 187 22 Layers Royce Da 5'9"
2013/03/30 -165 195 30 Welcome Oblivion How To Destroy Angels
2009/10/10 -164 182 18 Fashionably Late Honor Society
2002/02/16 -164 190 26 And All That Could Have Been, Live - Deluxe Edition Nine Inch Nails
2014/03/22 -164 192 28 Tides Live Bethel Music
2012/07/07 -164 196 32 At Heart Miss May I
2016/11/05 -163 172 9 Three Phantogram
2014/11/08 -163 192 29 Heart On My Sleeve Mary Lambert
2013/11/30 -163 200 37 Proof Of Life Scott Stapp
2013/02/09 -162 194 32 Fall Into Me Katie Armiger
2011/07/16 -162 196 34 Nothing But The Best Frank Sinatra
2016/11/05 -162 196 34 Memphis Rock And Soul Melissa Etheridge
2015/03/28 -162 197 35 Chasing Yesterday Noel Gallagher's High Flying Birds
2012/03/24 -161 181 20 The Best Of The Monkees Monkees
2011/10/29 -160 186 26 Radiosurgery New Found Glory
2012/01/21 -160 193 33 Under The Mistletoe Justin Bieber
2014/12/06 -160 198 38 Forever Queen


全米四大シングルチャート チャートアクション比較(You Ain't Seen Nothing Yet)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。
 今回はYou Ain't Seen Nothing Yet(Bachman Turner Overdrive)。

 チャートデビューは、CBが1974/9/14付で76位と他2誌より1週早くチャートイン。翌週BB65位、RW70位とHOT/TOP100にエントリー。以降、3誌とも順調に上昇し、10/26付で3誌同時にTOP10入り。特にBBでは前週17位から3位へとジャンプアップ。
 最初に1位を記録したのはRW。11/2付で前週の8位から7ランクアップし一気に1位に到達。翌11/9付にBBで、11/23付にはCBで、それぞれ1位を獲得、とここまでは目立つようなチャートアクションの差は見られませんが、1位獲得後のBBのチャートアクションが迷走状態に。
 11/9付で1位を獲得したものの、翌週12位に一気にランクダウン。さらに翌週34位まで下降。前述の通りこの週CBでは1位に到達しているので、同一週で方や1位、方や34位(RW6位)という大きな開きが見られることに。
 これに驚いた?(笑)BB、11/30付で一気に8位まで再浮上させるという荒業を見せます。これが奏功しこの週、BB8位、CB8位、RW13位と自然な並びとなりました。
 BBのこのチャートアクションの背景には、当初"You Ain't Seen Nothing Yet"のみの集計だったものが、途中から「B面」の"Free Wheelin'"が両A面扱いになり、両曲のポイントが合算されたため、急上昇に転じた、ということがあったらしいですが、真偽は?ですね。


BB CB RW
1974/09/14 - 76 -
1974/09/21 65 56 70
1974/09/28 49 38 53
1974/10/05 28 25 36
1974/10/12 22 19 28
1974/10/19 17 13 21
1974/10/26 3 7 8
1974/11/02 2 4 1
1974/11/09 1 3 2
1974/11/16 12 2 4
1974/11/23 34 1 6
1974/11/30 8 8 13
1974/12/07 8 14 18
1974/12/14 12 34 22
1974/12/21 23 40 31
1974/12/28 42 75 44
1975/01/04 51 - 50
1975/01/11 67 - 58
1975/01/18 - - 63


  BB CB RW
HOT/TOP100 17 16 18
TOP40 12 13 12
TOP30 11 10 10
TOP20 8 9 7
TOP10 5 6 5
Peak 1 1 1


次のページ

FC2Ad