FC2ブログ

1980年代のBillboard Country Single TOP10ヒットのPopチャートでの成績

 あるブログのコメント欄でも触れましたが、Billboard Hot Country Singles(カントリーチャート)でヒットしたシングルがPopチャート(HOT100)でどの程度ヒットしたのかを調べてみました。
対象は1980年1月第1週から1989年12月最終週までの522週間にカントリーチャートTOP10入りしたシングルとしました。

 この間にカントリーチャートでTOP10を記録したシングルは1247枚。毎年、120枚から130枚前後のTOP10ヒットが生まれています。このうち、Popチャート(Billboard HOT100+101位以下のランキングであるBubbling Underチャート)にエントリーしたのは121枚(9.7%)。残りの9割以上はPopチャートにエントリーすることはできませんでした。
このPopチャートにエントリーした121枚を年別に見ると1984年以降はPopチャート入りするシングルが激減。1988年に至っては128枚のカントリーTOP10ヒットのすべてがPopチャートにエントリーすることができない状況となりました。

 Popチャートにエントリーした121枚を最高位別に見るとTOP40入りは53枚、さらにTOP10に到達したのは17枚。つまりカントリーチャートでTOP10を記録したシングルの僅か1.3%しかPopチャートのTOP10入りできなかったことになります。この17曲にはJulio Iglesiasn、Sheena Easton、Kim Carnesなど、明らかにカントリーアーティストの定義から外れるアーティストの作品も含まれておりますので、純粋なカントリーソング(定義が難しいところですが...)がPopチャートにエントリーするのは至難の業、ということができるでしょう。

■1980年代のCountry TOP10ヒットのPopチャートでの成績
Country
TOP10
HOT100
/BU
TOP40 TOP10
1980 116 28 11 3
1981 121 29 19 7
1982 121 28 15 3
1983 132 22 5 2
1984 132 6 1 1
1985 126 2 0 0
1986 125 3 0 0
1987 124 2 1 0
1988 128 0 0 0
1989 122 1 1 1
Total 1247 121 53 17



■1980年代のPopチャートTOP10入りしたCountry TOP10ヒット
Peak Date 100 40 10 Peak PK
wks
Title Artist Pop
1980/05/31 14 10 6 3 3 Don't Fall In Love With A Dreamer Kenny Rogers with Kim Carnes 4
1980/08/23 15 12 5 1 1 Drivin' My Life Away Eddie Rabbitt 5
1980/11/22 14 8 6 1 1 Lady Kenny Rogers 1
1981/01/17 17 12 6 1 1 I Love A Rainy Night Eddie Rabbitt 1
1981/01/24 14 9 4 1 1 9 To 5 Dolly Parton 1
1981/03/28 14 9 3 6 2 Crying Don McLean 5
1981/05/30 14 9 6 1 1 Elvira Oak Ridge Boys 5
1981/08/15 15 10 6 1 2 I Don't Need You Kenny Rogers 3
1981/08/29 15 11 6 1 2 (There's) No Gettin' Over Me Ronnie Milsap 5
1981/10/17 16 11 7 1 1 Step By Step Eddie Rabbitt 5
1982/01/30 19 13 7 1 1 The Sweetest Thing (I've Ever Known) Juice Newton 7
1982/05/08 21 15 6 1 2 Always On My Mind Willie Nelson 5
1982/12/04 19 12 4 1 1 You And I Eddie Rabbitt with Crystal Gayle 7
1983/04/09 17 13 5 1 1 We've Got Tonight Kenny Rogers & Sheena Easton 6
1983/10/29 23 15 7 1 2 Islands In The Stream Kenny Rogers with Dolly Parton 1
1984/05/12 20 13 7 1 2 To All The Girls I've Loved Before Julio Iglesias & Willie Nelson 5
1989/04/15 20 11 3 7 2 You Got It Roy Orbison 9

 1984年以降、目に見えてカントリーシングルがPopチャート(HOT100)から「締め出された」要因はどこにあるのでしょう? Billboardチャートが集計方法を変えたのか、それともカントリーソングが支持を集められなくなったのか。次回はCash Boxチャートで同様の分析をしてみたいと思います。
スポンサーサイト

1980年代 Billboard 最高位別Favorite Songs(最高位56位-59位編)

5年ぶりに続きを...

■1980年代 Billboard 最高位56位-59位 全作品リスト
80年代
ランク
ポイント HO
T100
最高位
週数
最高位 最高位日付 Title Artist
2191 472 16 2 56 1989/01/14 Cross My Heart Eighth Wonder
2277 430 18 1 57 1985/03/23 Rain Forest Paul Hardcastle
2318 412 15 1 56 1989/12/02 Girl I Am Searching For You Stevie B
2323 411 14 1 59 1989/12/09 Over And Over Pajama Party
2336 403 13 2 59 1983/05/28 Love's Got A Line On You Scandal
2338 403 15 1 58 1989/07/29 Don't Say You Love Me Billy Squier
2379 388 15 2 56 1984/07/21 Jam On It Newcleus
2423 371 11 1 56 1986/06/14 Don Quichotte Magazine 60
2431 368 13 5 59 1983/02/26 Always Firefall
2432 368 13 1 57 1986/04/05 The Power Of Love Jennifer Rush
2438 365 11 2 56 1986/01/11 Everything Must Change Paul Young
2444 361 11 2 56 1987/03/28 I Got The Feelin' (It's Over) Gregory Abbott
2462 355 12 1 57 1988/02/27 Save Your Love Great White
2469 353 12 4 59 1987/12/26 Lover's Lane Georgio
2470 353 12 1 57 1988/12/03 Girls Ain't Nothing But Trouble DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince
2475 351 13 1 58 1987/09/26 One Lover At A Time Atlantic Starr
2476 351 13 1 57 1988/05/28 Take It While It's Hot Sweet Sensation
2490 345 11 2 56 1986/12/27 Heartache Away Don Johnson
2493 344 13 2 57 1985/02/23 Yo' Little Brother Nolan Thomas
2511 339 10 2 57 1985/06/08 Dangerous Natalie Cole
2512 338 11 3 57 1986/09/20 Give Me The Reason Luther Vandross
2532 329 12 1 57 1986/05/24 If Your Heart Isn't In It Atlantic Starr
2539 327 10 1 57 1988/03/12 Talking Back To The Night Steve Winwood
2547 325 11 2 58 1988/08/06 Tell Me White Lion
2552 323 13 1 58 1989/07/01 Joy And Pain Rob Base & D.J. E-Z Rock
2557 321 11 1 57 1987/01/10 French Kissin Debbie Harry
2558 320 12 1 57 1985/11/23 Hurts To Be In Love Gino Vannelli
2562 319 12 1 58 1985/08/24 You Look Marvelous Billy Crystal
2577 315 10 3 57 1982/12/25 Psychobabble Alan Parsons Project
2581 314 10 1 57 1986/10/25 California Dreamin' Beach Boys
2585 313 11 1 58 1982/01/16 Falling In Love Balance
2598 308 11 2 59 1988/08/27 Make It Last Forever Keith Sweat & Jacci McGhee
2600 307 13 1 57 1989/05/13 Closer Than Friends Surface
2603 306 9 2 57 1987/01/24 Girlfriend Bobby Brown
2606 305 10 1 56 1987/11/07 Waterfall Wendy & Lisa
2616 302 11 1 59 1980/08/30 Honey, Honey David Hudson
2636 295 11 1 58 1985/06/29 All You Zombies Hooters
2643 293 11 1 59 1985/06/15 Meeting In The Ladies Room Klymaxx
2654 290 10 1 57 1987/04/11 It's Tricky Run DMC
2656 290 9 1 57 1989/03/25 It's Only Love Simply Red
2657 288 10 2 58 1983/07/09 The Metro Berlin
2666 284 10 1 58 1984/05/12 There's No Easy Way James Ingram
2675 281 9 2 58 1983/04/09 Escalator Of Life Robert Hazard
2678 280 9 1 56 1983/08/27 Sharp Dressed Man ZZ Top
2680 280 10 1 56 1985/03/23 Let's Talk About Me Alan Parsons Project
2683 278 10 1 56 1982/07/24 Street Corner Ashford and Simpson
2688 277 11 2 59 1985/11/30 Freedom Pointer Sisters
2690 277 10 1 59 1987/02/28 Coming Up Close 'Til Tuesday
2703 271 10 2 56 1988/08/06 Heart Turns To Stone Foreigner
2704 271 13 1 59 1989/10/28 Radar Love White Lion
2709 269 12 1 59 1989/02/11 The Great Commandment Camouflage
2710 269 10 1 56 1989/11/18 I'm A Believer Giant
2717 267 9 2 57 1982/05/01 The Gigolo O'Bryan
2719 267 10 1 58 1988/10/29 Never Let You Go Sweet Sensation
2721 266 8 1 59 1982/07/03 What Do All The People Know Monroes
2725 264 9 1 58 1987/06/13 Why Should I Cry? Nona Hendryx
2748 256 9 2 57 1986/01/25 Own The Night Chaka Khan
2750 255 11 1 58 1984/01/28 You're Looking Like Love To Me Peabo Bryson & Roberta Flack
2753 254 8 1 56 1982/07/03 Right Kind Of Love Quarterflash
2754 254 9 2 56 1984/09/08 The More You Live, The More You Love Flock Of Seagulls
2757 253 9 3 58 1983/03/05 Come Give Your Love To Me Janet Jackson
2760 252 10 1 58 1981/01/31 Skateaway Dire Straits
2762 252 8 1 56 1984/06/09 Heart Don't Lie LaToya Jackson
2769 249 10 1 58 1981/04/04 Walking On Thin Ice Yoko Ono
2770 249 8 1 57 1988/06/25 Darlin' Danielle Don't Henry Lee Summer
2773 247 9 1 58 1983/04/30 Mexican Radio Wall Of Voodoo
2775 247 9 1 56 1989/09/23 Lay Down Your Arms Graces
2776 246 8 2 56 1980/06/14 Back Together Again Roberta Flack with Donny Hathaway
2779 246 9 1 57 1987/05/09 Living In A Dream Pseudo Echo
2782 245 8 1 56 1981/01/31 United Together Aretha Franklin
2783 245 9 1 59 1984/06/23 The Ghost In You Psychedelic Furs
2785 245 9 2 59 1986/03/01 Let Me Be The One Five Star
2787 245 8 1 59 1988/12/03 Best Of Times Peter Cetera
2789 244 9 1 56 1984/08/25 The Only Flame In Town Elvis Costello & The Attractions
2791 244 9 1 58 1986/09/20 The Other Side Of Life Moody Blues
2801 241 8 3 58 1982/10/23 Right Here And Now Bill Medley
2811 237 8 1 57 1981/03/28 It's My Job Jimmy Buffett
2813 237 9 1 58 1987/03/28 Sexappeal Georgio
2819 236 8 2 56 1981/09/05 The Sun Ain't Gonna Shine Anymore Nielsen/Pearson
2822 235 8 1 57 1984/04/21 Hunters Of The Night Mr. Mister
2823 234 8 1 58 1980/07/26 On The Rebound Russ Ballard
2825 234 8 2 57 1985/04/20 Lonely In Love Giuffria
2827 233 9 2 56 1980/09/20 Thunder And Lightning Chicago
2828 233 10 1 58 1984/10/06 In The Name Of Love Ralph MacDonald & Bill Withers
2838 230 8 2 59 1982/10/30 So Much In Love Timothy B. Schmit
2842 229 8 2 58 1982/05/08 Finally T.G. Sheppard
2848 228 8 1 58 1980/10/04 Turn It On Again Genesis
2856 226 9 1 59 1988/10/15 Heart Don't Fail Me Now Holly Knight
2857 225 9 2 56 1982/01/23 A World Without Heroes KISS
2861 224 7 2 58 1983/01/22 All Touch Rough Trade
2862 224 8 2 59 1985/02/23 Restless Heart John Waite
2865 224 8 2 58 1988/06/25 Wishing I Was Lucky Wet Wet Wet
2870 223 7 3 56 1983/04/02 Goodnight Saigon Billy Joel
2875 222 8 2 58 1984/06/30 So You Ran Orion The Hunter
2876 221 7 2 57 1980/01/05 Move Your Boogie Body Bar-Kays
2880 221 9 2 59 1987/03/21 Dance Ratt
2888 218 10 1 59 1984/12/08 Taxi Dancing Rick Springfield & Randy Crawford
2894 216 8 2 57 1982/11/06 Cool Magic Steve Miller Band
2900 214 8 1 58 1980/10/11 Angeline Allman Brothers Band
2901 214 9 2 57 1982/08/21 She Got The Goldmine (I Got The Shaft) Jerry Reed
2904 213 8 1 56 1980/05/24 Rock Lobster B-52's
2912 212 8 1 58 1989/09/23 'Puss N Boots / These Boots (Are Made For Walkin')' Kon Kan
2913 211 8 1 56 1981/08/29 The Sensitive Kind Santana
2915 211 8 1 57 1987/02/21 Someone Like You Daryl Hall
2918 210 6 2 57 1984/10/27 Shangri-La Steve Miller Band
2919 210 7 1 57 1985/05/11 Steady Jules Shear
2923 208 7 2 57 1982/09/25 Machinery Sheena Easton
2926 208 7 1 56 1987/07/11 Still A Thrill Jody Watley
2928 207 8 2 56 1981/03/21 Hold On Badfinger
2932 206 8 2 57 1984/08/11 Happy Ending Joe Jackson & Elaine Caswell
2933 206 7 1 56 1984/11/24 Hot For Teacher Van Halen
2936 205 7 1 58 1984/05/26 The Original Sin INXS
2941 204 8 1 58 1989/03/04 Into You Giant Steps
2942 204 9 1 58 1989/12/09 I Think I Can Beat Mike Tyson DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince
2943 203 9 2 57 1983/12/03 Magnetic Earth, Wind and Fire
2947 202 7 2 59 1981/02/28 And Love Goes On Earth, Wind and Fire
2948 202 7 2 58 1982/08/21 Hot Fun In The Summertime Dayton
2950 201 7 1 58 1982/05/01 I'll Drink To You Duke Jupiter
2963 198 8 1 58 1989/09/02 Oh Daddy Adrian Belew
2965 197 7 1 57 1980/04/12 A Certain Girl Warren Zevon
2972 196 7 1 56 1986/05/17 Under The Influence Vanity
2978 194 7 1 56 1981/05/02 I Don't Need You Rupert Holmes
2984 193 7 1 58 1984/04/28 Olympia Sergio Mendes
2988 192 7 1 58 1981/05/16 Hurry Up And Wait Isley Brothers
3000 190 7 1 58 1983/09/10 Don't You Know How Much I Love You Ronnie Milsap
3001 190 7 1 57 1988/10/01 Inside A Dream Jane Wiedlin
3003 189 7 2 59 1982/09/11 He Got You Ronnie Milsap
3004 189 6 2 59 1983/06/25 Love Never Fails Greg Kihn Band
3005 189 7 1 57 1984/10/06 New Girl Now Honeymoon Suite
3011 187 8 1 59 1980/01/19 Stargazer Peter Brown
3012 187 7 1 59 1980/05/24 Here Comes My Girl Tom Petty and the Heartbreakers
3015 186 6 1 57 1982/11/20 Tough World Donnie Iris
3021 184 8 1 57 1981/06/27 Sign Of The Gypsy Queen April Wine
3022 184 7 1 59 1982/02/13 Perhaps Love Placido Domingo and John Denver
3024 184 7 1 59 1987/07/11 Under The Boardwalk Bruce Willis
3026 183 7 2 58 1981/05/30 You're So Easy To Love Tommy James
3027 183 7 1 59 1981/07/11 You Are Forever Smokey Robinson
3030 183 7 1 59 1984/04/21 Communication Spandau Ballet
3054 176 6 2 57 1980/09/06 Late At Night England Dan Seals
3056 176 6 1 59 1983/06/11 Theme From "Doctor Detroit" Devo
3059 175 7 1 58 1983/10/01 Fight Fire With Fire Kansas
3064 174 6 1 58 1983/10/22 Take Another Picture Quarterflash
3070 172 6 1 58 1980/09/13 I Hear You Now Jon and Vangelis
3079 171 6 2 57 1983/01/22 Are You Serious Tyrone Davis
3107 165 7 1 58 1989/02/04 I Wanna Be Loved House Of Lords
3111 164 6 1 58 1984/03/03 This Could Be The Right One April Wine
3126 160 7 1 59 1989/08/26 You Better Dance Jets


■最高位56位-59位のFavorite Songs TOP10(数字は最高位と最高位記録年)
1 56 1986 Everything Must Change-Paul Young    曲のクオリティとアーティストネームを考えるとなぜこの順位なのか理解に苦しみます。
2 57 1984 Happy Ending-Joe Jackson    同上
3 57 1985 Rain Forest-Paul Hardcastle    ”19”より遥かに好き
4 57 1982 Machinery-Sheena Easton    TOP10は難しくてもTOP40は軽くクリアできそうな曲だと思ったが。
5 56 1984 The More You Live, The More You Love-A Flock Of Seagulls    この辺りの順位がしっくりきます
6 56 1984 The Only Flame In Town-Elvis Costello & The Attractions    時々"I Wanna Be Loved"と混同してしまう
7 59 1980 Here Comes My Girl-Tom Petty & The Heartbreakers    少しパンチ不足でこの順位か?
8 59 1984 Communication-Spandau Ballet    "True""Gold"に比べると少し..
9 56 1980 Rock Lobster-B-52's    10年後に発売されていたら…
10 58 1983 Fight Fire With Fire-Kansas    Journeyのシングルです、といっても違和感ない…

1980年代 全米三大チャート(Billboard、Cashbox、Radio & Records)№1アルバム記録集-4-

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Radio & Records(RR)の全米「新御三家」チャート№1アルバムの比較第四弾(最終回)。
 対象期間である1980年代(1980年第一週から1989年最終週)の522週間に三大チャートで1位に輝いたアルバムは174作。この174作を組み合わせ別でみると以下のようになります。

三チャート全てで№1を獲得…29作
三チャートのうち二チャートで№1を獲得…55作
三チャートのうち一チャートのみ№1を獲得…90作

今回は三チャートのうち一チャートのみの№1獲得作品(90作)についてご紹介します。
一チャートのみの№1作品90作の内訳は、BBのみ14作、CBのみ6作、そしてRRのみが70作と他の二チャートを圧倒しています。

■BBのみの№1アルバム
Title Artist Biilboard  Cash Box  Radio & Records 
初№1日付 週数 最高位日付 最高位 最高位日付 最高位
For Those About To Rock We Salute You AC/DC 1981/12/26 3 1981/12/26 3 1982/01/22 3
Bee Gees Greatest Bee Gees 1980/01/12 1 1980/01/05 4 - -
Hysteria Def Leppard 1988/07/23 6 1987/09/19 2 1987/08/14 2
On The Radio-Greatest Hits Vol.& Donna Summer 1980/01/05 1 1980/01/05 2 - -
Heart Heart 1985/12/21 1 1986/03/29 2 1985/07/05 6
Sports Huey Lewis & The News 1984/06/30 1 1984/06/16 2 1983/10/14 3
Dancing On The Ceiling Lionel Richie 1986/09/27 2 1986/09/20 7 - -
Welcome To The Real World Mr. Mister 1986/03/01 1 1986/02/15 4 1985/10/11 7
Winner In You Patti Labelle 1986/07/19 1 1986/06/28 2 - -
Metal Health Quiet Riot 1983/11/26 1 1983/11/26 2 1983/11/11 12
Repeat Offender Richard Marx 1989/09/02 1 1989/09/02 2 1989/05/12 4
Beverly Hills Cop Original Soundtrack 1985/06/22 2 1985/05/04 5 1985/01/18 5
Flashdance Original Soundtrack 1983/06/25 2 1983/06/04 2 - -
Tracy Chapman Tracy Chapman 1988/08/27 1 1988/08/27 2 1988/07/29 13
"Hysteria"(Def Leppard)…BBで6週1位を獲得したものの、CB、RRともに2位止まり
"Beverly Hills Cop"(Original Soundtrack)…BB2週1位、CB、RRともに5位
"Flashdance"(Original Soundtrack)…BB2週1位、CB2位、RRはチャートインせず


■CBのみの№1アルバム
Title Artist Biilboard  Cash Box  Radio & Records 
最高位日付 最高位 初№1日付 週数 最高位日付 最高位
Lionel Richie Lionel Richie 1982/11/27 3 1982/12/11 1 - -
Urban Cowboy Original Soundtrack 1980/09/06 3 1980/09/13 2 1980/07/04 3
Xanadu Original Soundtrack/E.L.O 1980/10/04 4 1980/10/18 1 - -
Hotter Than July Stevie Wonder 1980/12/06 3 1980/12/13 1 - -
Built For Speed Stray Cats 1982/11/27 2 1982/12/18 1 1982/11/05 7
Whitesnake Whitesnake 1987/06/13 2 1987/08/22 3 1987/08/21 4
"Built For Speed"(Stray Cats)…CB1週1位、BB15週連続2位
"Whitesnake"(Whitesnake)…CB3週1位、BB2位、RR4位

■RRのみ№1で他チャートの最高位が40位以下のアルバム
Title Artist Biilboard Cash Box Radio & Records 
最高位日付 最高位 最高位日付 最高位 初№1日付 週数
New Light Through Old Windows Chris Rea 1989/04/15 92 1989/04/22 135 1989/03/17 1
Mr. Jordan Julian Lennon 1989/04/29 87 1989/12/30 13 1989/04/07 1
Voices of Babylon Outfield 1989/05/06 53 1989/05/13 54 1989/04/14 2
Don't Tell a Soul Replacements 1989/03/11 57 1989/03/25 46 1989/03/24 2
Teachers Original Soundtrack 1984/12/01 34 1984/12/08 42 1984/10/26 2
RRで1位を獲得しながら他チャートで極端に最高位の低いアルバムをピックアップ。
RR1位、BB、CB最高位40位以下は5作。最も極端な作品は"New Light Through Old Windows"(Chris Rea)。
RR1週1位でBB92位、CBは何と135位でTOP100入りすらできず。"Mr. Jordan"(Julian Lennon)はRR1週1位でCB13位ながらBBでは87位止まり。BBとCBでこれだけの差がつくのも珍しい。

1980年代 全米三大チャート(Billboard、Cashbox、Radio & Records)№1アルバム記録集-3-

Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Radio & Records(RR)の全米「新御三家」チャート№1アルバムの比較第三弾。
対象期間である1980年代(1980年第一週から1989年最終週)の522週間に三大チャートで1位に輝いたアルバムは174作。この174作を組み合わせ別でみると以下のようになります。

三チャート全てで№1を獲得…29作
三チャートのうち二チャートで№1を獲得…55作
三チャートのうち一チャートのみ№1を獲得…90作

今回は三チャートのうち二チャートで№1を獲得した作品についてご紹介します。
三チャートのうち二チャートで№1を獲得した55作の組み合わせはBB-CB48作、BB-RR5作、CB-RR2作。
BB-CBでともに10週以上1位を獲得しながらRRで1位ならずは5作。
"Thriller"、"Purple Rain"という80年代を代表するアルバムはTOP30入りすらできないという状況となっています。これは既述のとおりR&RチャートはAOR(Album-Oriented Rock)チャートであるため、ブラック、ポップス、ダンス、カントリー等ロック系以外がエントリーすることは極めて稀であるためです。

■BB-CBでともに10週以上1位を獲得しながらRRで1位を逃したアルバム

Title Artist Biilboard Cash Box Radio & Records
初№1日付 週数 初№1日付 週数 最高位日付 最高位
Business As Usual Men At Work 1982/11/13 15 1982/11/20 12 1982/11/26 3
Thriller Michael Jackson 1983/02/26 37 1983/02/26 38 1983/04/29 33
Purple Rain Prince & The Revolution 1984/08/04 24 1984/07/28 21 - -
Whitney Houston Whitney Houston 1986/03/08 14 1986/03/08 14 - -
Faith George Michael 1988/01/16 12 1988/01/16 11 - -



■BB-RRでともに1位を獲得しながらCBで1位を逃したアルバム

Title Artist Biilboard Cash Box Radio & Records
初№1日付 週数 最高位日付 最高位 初№1日付 週数
Reckless Bryan Adams 1985/08/10 2 1985/07/27 3 1984/11/09 4
Hold Out Jackson Browne 1980/09/13 1 1980/08/16 2 1980/07/25 7
Centerfield John Fogerty 1985/03/23 1 1985/03/30 2 1985/01/18 5
Roll With It Steve Winwood 1988/08/20 1 1988/07/30 3 1988/07/01 8
Bella Donna Stevie Nicks 1981/09/05 1 1981/09/12 2 1981/09/11 1



■CB-RRでともに1位を獲得しながらBBで1位を逃したアルバム

Title Artist Biilboard Cash Box Radio & Records 
最高位日付 最高位 初№1日付 週数 初№1日付 週数
Steel Wheels Rolling Stones 1989/10/07 3 1989/10/07 1 1989/09/01 12
Traveling Wilburys Volume I Traveling Wilburys 1989/01/28 3 1989/01/21 2 1989/02/24 3

Billboard All-Time Adult Contemporary Singles 1000 (ms-database Ver.)

 1961年7月17日にスタートしたBillboard Adult Contemporary チャート(当時はEasy Listeningチャート)に2018年7月末までにエントリーした9200曲余りをデータベース化し、オールタイムランキングTOP1000を作成。

msdatabaseindex.web.fc2.com/ac_All-Time_1000-blog.pdf

 ポイント算出方法は、1位50ポイント...50位1ポイントの基礎ポイントに、ボーナスポイントとして1位1週につき40ポイント、TOP10内1週につき10ポイント、TOP40内1週につき5ポイントを加算。年代による傾斜配点等は行っていませんので、年代に大きな偏りが出ています。

ちなみに1000曲のDecade別作品数は
1961-1969    50
1970-1979    80
1980-1989    171
1990-1999    308
2000-2009    211
2010-2018    180

最高位別では
 1位 452
 2位 121
 3位  86
 4位  70
 5位  63
 6位  43
 7位  23
 8位  38
 9位  24
10位  26
11位  33
12位   9
13位   5
14位   6
15位   0
16位   1

Billboard All-Time Country Singles 1000 (ms-database Ver.)

 Billboard Countryチャートに1958年10月20日付から2018年7月末までにエントリーした18000曲余りをデータベース化し、オールタイムランキングを作成してみました。

msdatabaseindex.web.fc2.com/Country_All-Time_1000.pdf

 ポイント算出方法は、1位100ポイント...100位1ポイントの基礎ポイントに、ボーナスポイントとして1位1週につき100ポイント、TOP10内1週につき10ポイント、TOP40内1週につき5ポイントを加算。年代による傾斜配点等は行っていませんので、予想どおり、ロングランヒットが多い2000年以降の曲に偏ってしまいました...
ちなみに1000曲のDecade別作品数は
1958年~1969年 123
1970年~1979年  2
1980年~1989年  4
1990年~1999年   72
2000年~2009年    424
2010年~2018年    375

1980年代 全米三大チャート(Billboard、Cashbox、Radio & Records)№1アルバム記録集-2-

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Radio & Records(RR)の全米「新御三家」チャート№1アルバムの比較第二弾。
 対象期間である1980年代(1980年第一週から1989年最終週)の522週間に三大チャートで1位に輝いたアルバムは174作。この174作を組み合わせ別でみると以下のようになります。

三チャート全てで№1を獲得…29作
三チャートのうち二チャートで№1を獲得…55作
三チャートのうち一チャートのみ№1を獲得…90作

 三チャート全てで№1を獲得した「三冠王」は29作。三チャート全てで10週以上№1を獲得したのは、その1でもご紹介したとおり"Synchronicity"(Police)のみ。これはR&RチャートはAOR(Album-Oriented Rock)チャートであるため、ブラック、ポップス、ダンス、カントリー等ロック系以外がエントリーすることは極めて稀であるため、"Thriller"(Michael Jackson)、"Purple Rain"(Prince & The Revolution)をはじめロック系以外の1980年代を代表するメガヒットアルバムが除外されるためです。

■三チャート全てで№1を獲得したアルバム
Title Artist Biilboard Cash Box Radio & Records Total
1週数
初№1日付 週数 初№1日付 週数 初№1日付 週数
Synchronicity Police 1983/07/23 17 1983/07/23 18 1983/06/17 17 52
The Wall Pink Floyd 1980/01/19 15 1980/01/26 16 1980/02/01 6 37
Hi Infidelity REO Speedwagon 1981/02/21 15 1981/03/07 17 1981/02/13 2 34
The Joshua Tree U2 1987/04/25 9 1987/04/18 11 1987/03/20 14 34
Born In The U.S.A. Bruce Springsteen 1984/07/07 7 1984/06/30 13 1984/06/08 10 30
4 Foreigner 1981/08/22 10 1981/11/14 13 1981/07/24 6 29
Tattoo You Rolling Stones 1981/09/19 9 1981/09/26 7 1981/09/18 10 26
The Long Run Eagles 1979/11/03 9 1979/10/20 14 1980/01/11 1 24
Against The Wind Bob Seger & The Silver Bullet Band 1980/05/03 6 1980/05/17 5 1980/03/21 13 24
Rattle And Hum U2 1988/11/12 6 1988/11/12 2 1988/10/14 16 24
Asia Asia 1982/05/15 9 1982/07/03 4 1982/04/09 10 23
Brothers In Arms Dire Straits 1985/08/31 9 1985/08/24 10 1985/08/02 4 23
Live/1975-85 Bruce Springsteen & E Street Band 1986/11/29 7 1986/11/29 7 1986/11/14 7 21
Emotional Rescue Rolling Stones 1980/07/26 7 1980/07/26 7 1980/07/18 5 19
Double Fantasy John Lennon & Yoko Ono 1980/12/27 8 1981/01/10 8 1981/01/23 3 19
Freeze-Frame J.Geils Band 1982/02/06 4 1982/02/13 5 1982/01/29 10 19
Mirage Fleetwood Mac 1982/08/07 5 1982/07/31 5 1982/07/23 7 17
No Jacket Required Phil Collins 1985/03/30 7 1985/03/30 5 1985/03/08 4 16
Ou812 Van Halen 1988/06/25 4 1988/06/25 5 1988/05/27 7 16
Third Stage Boston 1986/11/01 4 1986/10/25 5 1986/10/03 6 15
The River Bruce Springsteen 1980/11/08 4 1980/11/15 1 1980/10/31 9 14
Tunnel Of Love Bruce Springsteen 1987/11/07 1 1987/11/07 2 1987/10/09 6 9
New Jersey Bon Jovi 1988/10/15 4 1988/10/22 3 1988/09/30 2 9
5150 Van Halen 1986/04/26 3 1986/04/26 4 1986/05/02 1 8
Long Distance Voyager Moody Blues 1981/07/25 3 1981/07/25 2 1981/07/10 2 7
Paradise Theatre Styx 1981/04/04 3 1981/04/04 1 1981/02/27 2 6
Escape Journey 1981/09/12 1 1981/09/05 3 1981/08/07 2 6
Fore Huey Lewis & The News 1986/10/18 1 1986/10/11 2 1986/09/12 3 6
Dr. Feelgood Motley Crue 1989/10/14 2 1989/10/14 1 1990/03/30 1 4

 "Hi Infidelity"(REO Speedwagon)はBBで15週、CBでは17週と長期№1を獲得(1982年に廃刊したRecord Worldでは21週)していますが、RRチャートでは僅か2週№1に止まっているのが意外な感がします。
 29作中、Bruce Springsteenが4作、Rolling Stones、U2、Van Halenがそれぞれ2作、「三冠王」を獲得。
 なお1982年に廃刊したRecord Worldでも1位を獲得した「四冠王」は11作。この11作が「真の全米№1アルバム」の称号に相応しいともいえるでしょう。

■四チャートで№1を獲得したアルバム
Title Artist BB CB RR RW
The Long Run Eagles 9 14 1 14
The Wall Pink Floyd 15 16 6 14
Against The Wind Bob Seger & The Silver Bullet Band 6 5 13 2
Emotional Rescue Rolling Stones 7 7 5 1
Double Fantasy John Lennon & Yoko Ono 8 8 3 2
Hi Infidelity REO Speedwagon 15 17 2 21
Long Distance Voyager Moody Blues 3 2 2 1
4 Foreigner 10 13 6 15
Escape Journey 1 3 2 6
Tattoo You Rolling Stones 9 7 10 5
Freeze-Frame J.Geils Band 4 5 10 5

1980年代 全米三大チャート(Billboard、Cashbox、Radio & Records)#1アルバム記録集-1-

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)の全米「御三家」チャート№1アルバム比較に次いで、1982年4月10日付で休刊(廃刊)したRWを除き、Radio & Records(RR)を加えた「新御三家」チャートの№1の比較データを数回に分けご紹介します。
 対象期間は1980年代(1980年第一週から1989年最終週)の522週。
 なお、RRアルバムチャートはこちらでもご紹介したとおり、AOR(Album-Oriented Rock)チャートであるため、ブラック、ポップス、ダンス、カントリー等ロック系以外がエントリーすることは極めて稀であることに留意するする必要があります。

 この間、三大チャートで1位に輝いたアルバムは174作。各チャートで1位を獲得した作品数はBB96作、CB85作、RR105作。CBとRRでは20作の差が付いており、№1の希少性はCB>BB>RRということができます。

 三大チャートで1980年代、10週以上№1を獲得した作品数はBB14作、CB16作、RR13作とほぼ同じですが、№1最長週を比較するとBB37週、CB38週(ともにThriller-Michael Jackson)に対し、№1作品数が多いRRでは17週(3作)に止まっているのが特徴的です。
 なお、三大チャート全てで10週以上の№1を記録したのは、Synchronicity-Policeのみです。


■1980年代三大チャート№1週数別作品数
  BB CB RR
1 19 11 16
2 11 10 19
3 12 7 13
4 9 6 11
5 7 11 7
6 9 9 14
7 7 8 6
8 2 6 2
9 6 1 4
10週~14 7 10 8
15週以上 7 6 5
1アルバム数 96 85 105


■1980年代三大チャート№1週数TOP5
BB
37 1983/02/26 Thriller-Michael Jackson
24 1984/08/04 Purple Rain-Prince & The Revolution
18 1987/11/14 Dirty Dancing-Original Soundtrack
17 1983/07/23 Synchronicity-Police
15 1982/11/13 Business As Usual-Men At Work
15 1980/01/19 The Wall-Pink Floyd
15 1981/02/21 Hi Infidelity-REO Speedwagon

CB
38 1983/02/26 Thriller-Michael Jackson
21 1984/07/28 Purple Rain-Prince & The Revolution
18 1983/07/23 Synchronicity-Police
17 1981/03/07 Hi Infidelity-REO Speedwagon
16 1988/07/30 Appetite For Destruction-Guns N' Roses
16 1980/01/26 The Wall-Pink Floyd

RR
17 1984/03/23 Heartbeat City-Cars
17 1983/06/17 Synchronicity-Police
17 1985/11/01 Afterburner-Zz Top
16 1988/10/14 Rattle And Hum-U2
15 1989/11/24 Journeyman-Eric Clapton




参考:全米三大チャート#1アルバム記録集-1-  -その2-

Various Weekly TOP10

 新たな試みとして、MS-DBに登録されているチャート(とりあえず1980年代に限定)をチャートメモ帳で日々アトランダムにご紹介。スペースの都合上、泣く泣くTOP10まで。

MS-DATABASEに登録されているチャート一覧
シングル
US Billboard
 R&B
 Country
 Adult Contemporary
 Rock Tracks

 Dance
 Airplay
 Sales
Cash Box
 R&B
 Country
 12 inch single(Dance)
 Jukebox
Radio & Records
 CHR/Top40
Record World
 Pop
 Black
 Country
 
UK   New Musical Express
Official
Music Week
Melody Maker
日本   Oricon(洋楽チャート)
オール・ジャパン・ポップ
SBSポピュラーベストテン
その他の国 カナダ
オーストラリア
ニュージランド
ドイツ
イタリア
フランス
オランダ
ベルギー
アイルランド
ノルウェー
スウェーデン
オーストリア
スイス
デンマーク
ユーロ
アルバム
US Billboard
 R&B
 Country
 CD(Compact Discs)
 Catalog
Cash Box
 R&B
 Country
 CD(Compact Discs)
 Midline Price Album
 
Radio & Records
 AOR
Record World
 Pop
 Black
 Country
 Jazz
UK   New Musical Express
Official
Music Week
Melody Maker
日本 Oricon
 Album
 LP
 Cassette
 CD
その他の国 カナダ
オーストラリア
ニュージランド
ドイツ
フランス
オランダ
ベルギー
ノルウェー
スウェーデン
オーストリア
スイス


Radio & Records 1980年代TOP80 アルバム

 Radio & Records(RR)が1990年に発表した1980年代のDecadeランキング、今回はアルバムチャートをご紹介します。
 なお、ここでご紹介するRRのアルバムチャートはAOR(Album-Oriented Rock)チャートであるため、ブラック、ポップス、ダンス、カントリー等ロック系以外がエントリーすることは極めて稀であることに留意するする必要があります。

 RRの年間チャートは西暦の下フタケタ数字のランキング(1983年なら83位まで、1989年は89位まで)が発表されていますが、このDecadeランキングもその例に倣い80位までとなっています(25位と61位は同順位)。
 対象はシングル同様№1に限定されており、"Damn The Torpedoes"(Tom Petty & The Heartbreakers)(1980/1/18付1位)から"Journeyman"(Eric Clapton)(1989/11/24付1位)までに1位を獲得した作品が対象と思われます。この間に1位を獲得した作品は105作。25作が№1を獲得しながらDecadeTOP80にランキングされなかったアルバムとなります。
 シングル同様、ランキングはほぼ1位獲得週順に並んでいます。1980年代のRRでは原則(1984年まで)年末年始にFrozenチャートが2週設けられておりますが、このDecadeランキングではFrozen部分は反映されていないようです。Frozenチャート分を含み3週以上の№1アルバムは全てランクイン。Frozenチャート分を含み2週№1を獲得しながら、DecadeTOP80入りを逃した作品は以下の9作です。
Escape-Journey
A Momentary Lapse Of Reason-Pink Floyd
New Jersey-Bon Jovi
Teachers-Soundtrack
Live From Earth-Pat Benatar
Undercover-Rolling Stones
Voices of Babylon-Outfield
Mystery Girl-Roy Orbison
I Never Said Goodbye-Sammy Hagar

 80年代の№1アルバムは"Heartbeat City"(Cars)。当時のアルバムチャートでは異例の初登場1位を記録。11週連続1位を独走した後、"Born In The U.S.A."(Bruce Springsteen)と交互に1位の座を争い通算17週間1位を記録しています。これに次ぐのが、"Synchronicity"(Police)。Billboardで17週、Cash Boxでは18週、そしてこちらRRでも17週1位と三大チャートでいずれも17週以上1位を獲得。三大チャート全てで1位フタケタはこの"Synchronicity"のみ。まさにDecadeを代表するアルバムです。
 TOP80にもっとも多くの作品を送り込んだのはTom Petty(& The Heartbreakers)で5作。これにBruce SpringsteenとRolling Stonesが4作で続きます。
 しかし、マイケルもプリンスもマドンナもエントリーしていない80年代のDecadeチャートも新鮮で良いですね~

■RR1980年代TOP80 アルバム
# 1
週数
初№1日付 年間チャート Title Artist
順位 
1 17 1984/03/23 1984
1985
1
54
Heartbeat City Cars
2 17 1983/06/17 1983 2 Synchronicity Police
3 17 1985/11/01 1985
1986
60
1
Afterburner ZZ Top
4 16 1988/10/14 1988 42 Rattle & Hum U2
5 14 1987/03/20 1987
1988
1
70
The Joshua Tree U2
6 13 1980/03/21 1980 1 Against The Wind Bob Seger & The Silver Bullet Band
7 10 1981/09/18 1981
1982
1
57
Tattoo You Rolling Stones
8 12 1989/09/01 1989 11 Steel Wheels Rolling Stones
9 11 1988/02/26 1988 2 Now And Zen Robert Plant
10 10 1984/06/08 1984
1985
3
7
Born In The U.S.A. Bruce Springsteen
11 10 1982/04/09 1982 1 Asia Asia
12 9 1980/10/31 1980
1981
66
25
The River Bruce Springsteen
13 10 1982/01/29 1982 9 Freez-Frame J.Geils Band
14 9 1986/06/13 1986
1987
5
48
Invisible Touch Genesis
15 9 1989/06/30 1981 56 The End of the Innocence Don Henley
16 9 1985/08/30 1985 11 Scarecrow John Cougar Mellencamp
17 8 1984/01/27 1984 4 1984 Van Halen
18 7 1988/05/27 1988 3 OU812 Van Halen
19 8 1988/07/01 1988 5 Roll With It Steve Winwood
20 7 1989/04/28 1989 1 Full Moon Fever Tom Petty
21 7 1980/07/25 1980 5 Hold Out Jackson Browne
22 7 1982/07/23 1982 12 Mirage Fleetwood Mac
23 6 1983/04/01 1983 1 Pyromania Def Leppard
24 6 1986/10/03 1986 35 Third Stage Boston
25 6 1987/01/02 1987 6 August Eric Clapton
25 6 1985/06/21 1985 6 The Dream Of The Blue Tutles Sting
27 6 1981/07/24 1981
1982
2
53
4 Foreigner
28 6 1983/02/18 1983 7 Frontiers Journey
29 6 1985/04/05 1985 9 Southern Accents Tom Petty & The Heartbreakers
30 6 1987/07/17 1987 14 In The Dark Grateful Dead
31 6 1981/04/10 1981 17 Face Dances Who
32 6 1982/09/17 1982 20 It's Hard Who
33 7 1986/11/14 1987 50 Live 1975-1985 Bruce Springsteen & E Street Band
34 6 1987/10/09 1987
1988
38
11
Tunnel Of Love Bruce Springsteen
35 6 1980/02/01 1980 2 The Wall Pink Floyd
36 6 1987/12/18 1988 7 Inside Information Foreigner
37 5 1980/07/18 1980 3 Emotional Rescue Rolling Stones
38 5 1985/01/18 1985 8 Centerfield John Fogerty
39 5 1981/05/22 1981 9 Hard Promises Tom Petty & The Heartbreakers
40 5 1987/02/13 1987 8 Ready Or Not Lou Gramm
41 7 1982/11/26 1983 26 Long After Dark Tom Petty & The Heartbreakers
42 5 1986/03/28 1986 20 Dirty Work Rolling Stones
43 5 1983/01/14 1983 15 The Distance Bob Seger & The Silver Bullet Band
44 4 1984/11/09 1984
1985
76
1
Reckless Bryan Adams
45 4 1985/08/02 1985
1986
2
22
Brothers In Arms Dire Straits
46 4 1985/03/08 1985
1986
4
85
No Jacket Required Phil Collins
47 6 1984/12/07 1985 5 Building The Perfect Beast Don Henley
48 4 1980/06/20 1980 4 Empty Glass Pete Townshend
49 4 1986/08/01 1986
1987
7
26
Back In The Highlife Again Steve Winwood
50 4 1988/01/29 1988 12 Skyscraper David Lee Roth
51 4 1983/04/29 1983 13 Cargo Men At Work
52 4 1986/02/21 1986 27 Mean Business Firm
53 4 1985/05/24 1985 23 Shaken 'N Stirred Robert Plant
54 4 1987/08/28 1987
1988
19
6
The Lonesome Jubilee John Cougar Mellencamp
55 4 1987/11/20 1988 8 Cloud Nine George Harrison
56 15 1989/11/24 1990 1 Journeyman Eric Clapton
57 3 1983/10/28 1984 14 Uh-Huh John Cougar Mellencamp
58 3 1986/05/16 1986 6 Like A Rock Bob Seger
59 3 1986/09/12 1986
1987
25
46
Fore! Huey Lewis & The News
60 3 1981/03/13 1981 7 Arc Of A Diver Steve Winwood
61 3 1982/06/18 1982 5 Special Forces .38 Special
61 3 1989/02/24 1988 77 Traveling Wilburys Volume I Traveling Wilburys
63 5 1983/12/02 1984 7 90125 Yes
64 3 1980/01/18 1980 12 Damn The Torpedoes Tom Petty & The Heartbreakers
65 3 1985/02/22 1985 15 She'S The Boss Mick Jaggar
66 3 1981/01/23 1981 24 Double Fantasy John Lennon & Yoko Ono
67 3 1980/10/10 1980 21 Panorama Cars
68 3 1984/01/06 1983
1984
59
16
Genesis Genesis
69 3 1982/10/29 1982 19 I Can'T Stand Still Don Henley
70 3 1984/10/05 1984 38 Tonight David Bowie
71 2 1981/02/13 1981 4 Hi Infidelity REO Speedwagon
72 2 1981/02/27 1981 8 Paradise Theatre Styx
73 2 1988/05/13 1988 10 Scenes From The Southside Bruce Hornsby & The Range
74 2 1981/07/10 1981 10 Long Distance Voyager Moody Blues
75 2 1982/03/26 1982 8 Standing Hampton Sammy Hagar
76 2 1989/03/24 1989 31 Don't Tell a Soul Replacements
77 2 1989/05/05 1989 16 Cycles Doobie Brothers
78 2 1988/09/02 1988 17 Let It Roll Little Feat
79 2 1981/06/26 1981 19 There Goes The Neighborhood Joe Walsh
80 2 1982/07/09 1982 30 Eye Of The Tiger Survivor


Radio & Records 1980年代TOP80 シングル

 Radio & Records(RR)が1990年に発表した1980年代のDecadeランキングをご紹介します。
RRの年間チャートは西暦の下フタケタ数字のランキング(1983年なら83位まで、1989年は89位まで)が発表されていますが、このDecadeランキングもその例に倣い80位までとなっています。
 対象は№1に限定されており、"Babe"(Styx)(1979/11/16付1位)から"Another Day In Paradise"(Phil Collins)(1989/12/1付1位)までに1位を獲得した作品が対象と思われます。この間に1位を獲得した作品は235作。うち80作がランキングされています。
 なお8位、18位、21位、25位、27位(3作)、37位、41位、44位、48位、53位、77位は同順位。かなりシンプルなポイント制が採られているようです。

■RR1980年代TOP80 シングル
Rank Title Artist #1 初№1日付 TOP
20
TOP
10
TOP
5
TOP
3
年間チャート 
順位
1 Every Breath You Take Police 8 1983/07/01 14 14 11 10 1983 1
2 Open Arms Journey 7 1982/02/12 14 10 9 8 1982 1
3 Waiting For A Girl Like You Foreigner 6 1981/11/06 16 12 11 10 1981 23
4 I Can't Go For That(No Can Do) Daryl Hall & John Oates 8 1981/12/18 16 13 10 9 1982 11
5 Call Me Blondie 6 1980/03/28 13 10 8 7 1980 1
6 Flashdance...What A Feeling Irene Cara 5 1983/05/27 12 10 9 8 1983 2
7 Bette Davis Eyes Kim Carnes 5 1981/05/15 14 10 9 8 1981 1
8 Don't Talk To Strangers Rick Springfield 5 1982/04/09 13 10 8 8 1982 3
8 Jump Van Halen 5 1984/02/17 13 9 8 7 1984 1
10 Endless Love Diana Ross & Lionel Richie 5 1981/08/14 12 11 9 8 1981 2
11 Lady Kenny Rogers 5 1980/11/07 15 12 9 7 1980 15
12 Eye Of The Tiger Survivor 5 1982/07/09 13 10 8 6 1982 6
13 Say Say Say Paul Mccartney & Michael Jackson 7 1983/11/18 14 11 10 10 1983
1984
48
66
14 Down Under Men At Work 5 1983/01/07 15 12 10 10 1983 10
15 Against All Odds(Take A Look At Me Now) Phil Collins 4 1984/04/13 11 9 9 7 1984 2
16 Rosanna Toto 4 1982/06/11 13 10 8 8 1982 4
17 Hard To Say I'M Sorry Chicago 4 1982/08/13 14 10 9 8 1982 2
18 Arthur's Theme (Best That You Can Do) Christopher Cross 4 1981/09/25 13 10 8 6 1981 3
18 Sailing Christopher Cross 4 1980/08/01 12 8 8 6 1980 3
20 When Doves Cry Prince 4 1984/07/06 11 9 8 7 1984 4
21 Ebony & Ivory Paul Mccartney & Stevie Wonder 4 1982/05/14 13 11 10 9 1982 5
21 Let's Go Crazy Prince 4 1984/09/14 10 8 6 5 1984 5
23 Say You Say Me Lionel Richie 5 1985/12/13 12 9 8 7 1986 31
24 It's Still Rock & Roll To Me Billy Joel 4 1980/06/20 12 10 7 6 1980 2
25 One More Try George Michael 4 1988/05/13 9 7 6 6 1988 3
25 Can't Fight This Feeling Reo Speedwagon 4 1985/02/22 11 8 6 6 1985 2
27 Biggest Part Of Me Ambrosia 4 1980/05/09 11 8 6 5 1980 6
27 Lost In Your Eyes Debbie Gibson 4 1989/02/17 10 8 6 5 1989 6
27 Father Figure George Michael 4 1988/02/12 9 7 5 4 1988 6
30 Woman John Lennon 4 1981/02/06 11 9 7 7 1981 7
31 Maneater Daryl Hall & John Oates 6 1982/11/26 13 10 9 8 1982 62
32 Another Day In Paradise Phil Collins 6 1989/12/01 12 10 8 6 1990 42
33 We Are The World Usa For Africa 3 1985/04/05 8 7 6 5 1985 20
34 Amanda Boston 3 1986/10/31 10 8 6 4 1986 19
35 Footloose Kenny Loggins 3 1984/03/23 12 9 7 6 1984 3
36 The Power Of Love Huey Lewis & The News 3 1985/08/16 11 9 5 5 1985 3
37 Take On Me A-Ha 3 1985/10/04 11 8 6 5 1985 4
37 The One That You Love Air Supply 3 1981/07/03 14 10 8 7 1981 4
39 Another Brick In The Wall (Part 2) Pink Floyd 3 1980/03/07 12 9 6 3 1980 5
40 Up Where We Belong Joe Cocker & Jennifer Warnes 3 1982/10/29 9 7 7 4 1982 20
41 Miss You Much Janet Jackson 3 1989/10/06 11 8 6 5 1989 1
41 I Wanna Dance With Somebody (Who Loves Me) Whitney Houston 3 1987/06/19 11 8 7 5 1987 1
43 Livin' On A Prayer Bon Jovi 3 1987/02/06 10 8 6 5 1987 2
44 Total Eclipse Of The Heart Bonnie Tyler 3 1983/09/23 12 9 7 6 1983 3
44 Live To Tell Madonna 3 1986/05/23 10 7 6 5 1986 3
46 Woman In Love Barbra Streisand 3 1980/10/17 13 9 7 7 1980 4
47 Babe Styx 3 1979/11/16 13 9 9 8 1979 17
48 Time After Time Cyndi Lauper 3 1984/06/01 10 8 6 5 1984 8
48 I Keep Forgettin' Michael Mcdonald 3 1982/10/01 12 7 6 5 1982 8
50 Crazy Little Thing Called Love Queen 3 1980/02/15 11 8 7 6 1980 8
51 Faith George Michael 4 1987/12/04 10 8 7 7 1988 77
52 Roll With It Steve Winwood 3 1988/07/22 10 8 5 5 1988 2
53 Man In The Mirror Michael Jackson 3 1988/03/18 10 8 6 4 1988 4
53 With Or Without You U2 3 1987/05/08 10 8 6 5 1987 4
55 Money For Nothing Dire Straits 3 1985/09/13 9 8 6 5 1985 6
56 Jeopardy Greg Kihn Band 3 1983/04/08 11 8 5 5 1983 6
57 Jack & Diane John Cougar 3 1982/09/10 11 8 6 5 1982 7
58 Ghostbusters Ray Parker Jr 3 1984/08/03 10 8 6 6 1984 9
59 Let's Hear It For The Boy Deniece Williams 3 1984/05/11 10 8 5 5 1984 10
60 Right Here Waiting Richard Marx 3 1989/08/04 9 7 5 5 1989 12
61 Stuck With You Huey Lewis & The News 3 1986/09/12 10 8 6 5 1986 1
62 Karma Chameleon Culture Club 3 1984/01/20 12 7 5 5 1984 14
63 Monkey George Michael 3 1988/08/12 9 7 5 4 1988 15
64 Overkill Men At Work 3 1983/05/06 10 7 6 6 1983 9
65 Like A Prayer Madonna 3 1989/04/14 10 8 6 5 1989 10
66 Shout Tears For Fears 3 1985/07/26 9 6 4 4 1985 17
67 The Tide Is High Blondie 3 1981/01/16 13 11 8 4 1981 33
68 Tell Her About It Billy Joel 3 1983/09/02 10 6 6 4 1983 14
69 Rock Me Amadeus Falco 3 1986/03/21 9 7 5 4 1986 21
70 Like A Virgin Madonna 5 1984/12/14 11 8 7 6 1985 52
71 All Night Long Lionel Richie 3 1983/10/28 11 9 7 5 1983 15
72 Missing You John Waite 2 1984/08/31 11 8 6 5 1984 6
73 Look Away Chicago 2 1988/12/02 11 9 5 3

-

-

74 Crazy For You Madonna 2 1985/04/26 12 9 8 6 1985 1
75 Forever Your Girl Paula Abdul 2 1989/05/12 10 8 6 4 1989 3
76 I'll Be Loving You (Forever) New Kids On The Block 2 1989/06/02 10 8 5 4 1989 4
77 The Flame Cheap Trick 2 1988/07/01 10 7 4 3 1988 5
77 Nothing's Gonna Stop Us Now Starship 2 1987/03/27 10 8 6 5 1987 5
79 Slow Hand Pointer Sisters 2 1981/07/31 12 9 6 4 1981 10
80 Just The Two Of Us Grover Washington Jr. 2 1981/04/17 11 9 6 5 1981 11

 基本的にランキングは1位獲得週が重視されているようで、ほぼ1位週順に並んでいます。なお、1980年代のRRでは原則(1984年まで)年末年始にFrozenチャートが2週設けられておりますが、このDecadeランキングではFrozen部分は反映されていないようです。
 なお、この間、Frozenチャート分を含み3週以上№1を獲得しながら、DecadeTOP80入りを逃した作品は以下のとおり。
Escape (The Pina Colada Song)/Rupert Holmes(5週)
(Just Like) Starting Over/John Lennon(4週)
Walk Like An Egyptian/Bangles(3週)
Every Rose Has Its Thorn/Poison(3週)
The Best Of Times/Styx(3週)

ちなみにこちらがMS-DATABASE版 Radio & Records 1980's TOP40です。

スペインチャート#1シングルのあれこれ

 世界の№1シングル特集、今回はスペインです。対象としたのは1959年から2000年最終週まで。
この間スペインチャートで1位を獲得した曲は598曲(アメリカ(Billboard)859曲、イギリス808曲)。うち10週以上の長期№1を記録したのは35曲。12週以上は19曲と長期に亘る№1が目立ちます。
 
 スペインチャート最大のヒット曲は、スペインのアラン・ドロンことManolo Oteroの"Todo El Tiempo Del Mundo (Soleado)"  。1975年1月4日から実に18週間首位を独走しました。
 これに次ぐのが英米を代表するシンガー、Tom Jonesの"Delilah"とAndy Williamsの"Speak Softly Love (Tema De Amor De "El Padrino")”、そしてフランスの個性派シンガーDesirelessの"Voyage Voyage"の3曲が16週1位で続きます。
 14週1位にはラテン勢(Duo Dinamico、Los Diablosのスペイン勢やSandro Giacobbe、Pino d´Angio、Jimmy Fontanaの3組のイタリア勢)に混じりおなじみElton John、そしてEddy Grant!が顔を出しています。
 フタケタ№1を複数記録したのはCamilo Sesto、Duo Dinamico、Michael Jacksonの3組。Michael Jackson
が"Thriller"(11週)で記録しているのが目を引きます。

□スペインチャートで12週以上№ 1を記録したシングル(1959年-2000年)
1
週数
初№1日付 Title Artist
18 1975/01/04 Todo El Tiempo Del Mundo (Soleado) Manolo Otero
16 1968/06/22 Delilah Tom Jones
16 1972/11/04 Speak Softly Love (Tema De Amor De "El Padrino") Andy Williams
16 1987/06/27 Voyage Voyage Desireless
14 1961/09/30 Quisiera Ser Duo Dinamico
14 1965/10/23 El Mundo Jimmy Fontana
14 1970/06/13 Un Rayo De Sol Los Diablos
14 1976/08/21 El Jardin Prohibido Sandro Giacobbe
14 1981/10/03 Ma Quale Idea Pino d´Angio
14 1988/06/11 Gimme Hope Jo´Anna Eddy Grant
14 1997/09/27 Candle In The Wind'97 Elton John
13 1972/07/22 Algo De Mi Camilo Sesto
13 1975/07/05 Bella Sin Alma Richard Cocciante
13 1989/09/02 Lambada Kaoma
12 1959/02/28 Mariquilla Jose Luis y su guitarra
12 1966/11/19 Black Is Black Los Bravos
12 1985/11/02 Part-Time Lover Stevie Wonder
12 1991/03/16 Grease Megamix John Travolta & Olivia Newton-John
12 1999/07/03 Mambo No5 Lou Bega

 スペインチャートで5曲以上の№1をもつアーティスト/グループは15組。最多№1ホルダーはMadonnaで10曲。これにBeatlesが9曲で続きます。8曲組はPaul Anka、Michael Jacksonのアメリカ勢にスペインのホール&オーツ(勝手に命名)ことDuo Dinamicoの3組となっています。
 Camilo Sesto(7曲)、Los Bravos(7曲)、Miguel Bose(7曲)、Julio Iglesias(5曲)などのスペインが誇るシンガー、グループ、Elvis Presley(7曲)George Michael(5曲)Paul McCartney(5曲)といったワールドワイド組の中にDepeche Mode(5曲)が顔を出しています。 DMのヨーロッパでの人気ぶりを改めて認識します。


□スペインチャートで5曲以上№ 1をもつアーティスト/グループ(1959年-2000年)
Artist 1
1
週数
Madonna 10 38
The Beatles 9 18
Duo Dinamico 8 50
Paul Anka 8 45
Michael & Janet Jackson 8 42
Camilo Sesto 7 41
Los Bravos 7 31
Elvis Presley 7 20
Miguel Bose 7 18
Depeche mode 5 22
George Michael 5 22
Julio Iglesias & Diana Ross 5 18
Victor Manuel 5 17
Los 5 Latinos 5 11
Paul McCartney 5 7




オーストラリアチャート#1シングルのあれこれ

 世界の№1シングル特集、今回はオーストラリアです。対象としたのは1956年から2000年最終週まで。
 この間オーストラリアのチャートで1位を獲得した曲は、647曲(アメリカ(Billboard)919曲、イギリス848曲)。そのうち9週以上の長期№1を記録したのは20曲。他国チャートに比べ比較的長期に亘る№1が少ないといえます。
 
 オーストラリアチャート最大のヒット曲は、Beatlesの「Hey Jude」(15週1位)。意外なことに、Beatlesの曲が最大のヒットとなった国はこのオーストラリアだけです。
 Beatlesがオーストラリアで放った№1は23曲、№1滞在トータル週は108週。この記録はelvisの10曲(曲数)、Abbaの41週(滞在週)を大きく離すダントツの1位。
 また23曲の№1ヒットは本国イギリス(17曲)やアメリカ(20曲)を上回っており、オーストラリアは彼らが「世界で最も受け入れられた国」ということも出来るでしょう。
 
 Abbaは、オーストラリアでの№1ヒットこそ6曲(歴代4位)ですが、1975年10月から1976年12月にかけて、この期間の2/3にあたる41週を彼らの曲で占めました。これほど短期間に爆発的な売れ行きを見せたのは、オーストラリア以外にはないでしょう。
 
 その他、4曲以上の№1をもつアーティストは、Madonna、George Michael、Michael Jackson、Bryan Adams、Rolling Stones、U2、Cliff Richard、Rod Stewartなど英米のチャートかと見まごうばかりです。
 一方、オーストラリア出身のアーティストに目を転じると、アイドル系女性ヴォーカリストであるOlivia Newton-John、Kylie Minogueは、それぞれ6曲の№1をもっておりますし、英米では全くチャートインしていないCol JoyeやEasybeatsといった「国民的アーティスト」も5曲の№1を獲得するなど、なかなか健闘をみせています。
 しかし、Rick Springfield、Little River Band、Air Supply、Men At Work、Inxs、Midnight Oilなど70年代後半から80年代にかけて、Ozブームの中核を担ったアーティストがあまり本国で奮っていないのは、これまた意外なです。

■オーストラリアチャートで9週以上№1を記録したシングル
Title Artist 初№1日付 №週数 Billboard
最奥位
Hey Jude Beatles 1968/09/28 15 1(9)
Fernando Abba 1976/04/10 14 13
Gangsta'S Paradise Coolio 1995/10/21 13 1(3)
Que Sera Sera Normie Rowe & The Playboys 1965/10/09 11 -
Mull Of Kintyre / Girl's School Wings 1977/12/17 11 33
(Everything I Do) I Do It For You Bryan Adams 1991/07/27 11 1(7)
Wannabe Spice Girls 1996/11/02 11 1(4)
Tom Dooley Kingston Trio 1958/12/06 10 1(1)
Eagle Rock Daddy Cool 1971/07/03 10 -
Mama Mia Abba 1975/11/08 10 32
I Will Always Love You Whitney Houston 1992/12/19 10 1(14)
Just Walkin' In The Rain Johnnie Ray 1956/12/08 9 2
Smoke Gets In Your Eyes Platters 1959/02/21 9 1(3)
Flashdance ... What A Feeling Irene Cara 1983/07/09 9 1(6)
We Are The World U.S.A. For Africa 1985/04/13 9 1(5)
Macarena Los Del Rio 1996/08/31 9 1(2)
Mmmbop Hanson 1997/06/01 9 1(3)
I Don't Want To Miss A Thing Aerosmith 1998/09/13 9 1(4)
...Baby One More Time Britney Spears 1999/02/28 9 1(2)
Blue (Da Ba Dee) Eiffel 65 1999/11/14 9 6



■オーストラリアチャートで4曲以上№1シングルを持つアーティスト
№1曲数 Artist №1
週数
23 Beatles 108
10 Elvis Presley 37
8 Madonna 33
6 Abba 41
6 Olivia Newton-John 28
6 Kylie Minogue 23
5 Col Joye 18
5 George Michael 15
5 Easybeats 14
5 Roy Orbison 11
4 Michael Jackson 24
4 Bryan Adams 21
4 Rolling Stones 13
4 U2 11
4 Cliff Richard 11
4 Rod Stewart 9


イタリアチャート#1シングルのあれこれ

 ドイツチャートの№1特集に続き、今回はイタリアシングルチャートの№1を特集しました。
 チャート対象期間は1959年から2000年まで。
 イタリアチャートの特長は、自国のアーティスト(イタリア語)による曲が圧倒的に多いことにあります。5曲以上の№1をもつアーティスト11組のうち、イタリア出身のアーティストが9組。さらに12週以上の長期間№1に輝いた曲26曲のうち、実に19曲を占めるに至っています。これは英語圏のイギリス、カナダやオーストラリアはもとより、非英語圏であるドイツチャートにも見られない現象です。
 つまりイタリア人から見て外国人アーティスト(の楽曲)は、№1をとることがかなり難しいといえます。ここら辺は日本のチャートと似ているところでもあります。
 
 イタリアチャートで最も長期に亘って№1を獲得したのは、Kaomaの「Lambada」で20週。あの脳天気(死語)な曲がこのラテンの国でビッグヒットを記録したことは、妙に納得できてしまいます(しかし、ドイツチャートでも10週間1位だったですからね...。)
 続いて「Un'Estate Italiana」だの「In Ginocchio Da Te」だの「Rapput」だの、なんと読むのか分からないイタリアの曲が続きます。
 英語圏のなじみ深い長期№1に目を転じますと、「Candle In The Wind 1997」がイタリアでも16週間1位を独走。
 他にCoolioの「Gangsta'S Paradise」(13週)、Madonnaの「Who's That Girl」(12週)などに交じり、Bugglesの「Video Killed The Radio Star」が14週№1に輝いています。
 
 11週以下の№1では、Bruce Springsteenの「Streets Of Philadelphia」(9週)、Duran Duranの「Mixing」(こんな曲あった?)(3週)あたりが目立つ程度です.。
 なお1982年、我が国でもヒットした映画主題曲、Phoebe Cates(フィービー・ケイツ)の「Paradise(パラダイス)」(10週)やRichard Sanderson(リチャード・サンダーソン)の「Reality(愛のファンタジー)」(8週)がビッグヒットを記録。分からないでもないが、新鮮で意外だなあ。

■イタリアチャートで12週以上1位を記録したシングル
Title Artist #1
週数
初№1日付
Lambada Kaoma 20 1989/09/23
Un'Estate Italiana Gianna Nannini & Edoardo Bennato 19 1990/02/10
In Ginocchio Da Te Gianni Morandi 17 1964/07/18
Rapput Claudio Bisio 16 1991/07/13
Something About The Way You Look Tonight/Candle In The Wind 1997 Elton John 16 1997/10/04
Tu Sei L'Unica Donna Per Me Alan Sorrenti 14 1979/06/23
A Blue Shadow Berto Pisano 14 1974/04/06
Video Killed The Radio Star Buggles 14 1980/03/15
Sabato Pomeriggio Claudio Baglioni 14 1975/08/23
Pensieri E Parole Lucio Battisti 14 1971/06/05
Il Cielo In Una Stanza Mina 14 1960/10/15
(Out Here)On My Own Nikka Costa 14 1981/08/15
Gangsta's Paradise Coolio Feat. L.V. 13 1995/12/09
Il Mio Nome E' Mai Piu Liga /Jova /Pelu' 13 1999/07/10
Un Anno D'Amore Mina 13 1965/04/03
Il Padrino Santo & Johnny 13 1972/09/16
Ti Amo Umberto Tozzi 13 1977/07/23
Tu Umberto Tozzi 13 1978/07/01
Nata Per Me Adriano Celentano 12 1961/11/18
Stai Lontana Da Me Adriano Celentano 12 1962/06/16
E Tu Claudio Baglioni 12 1974/07/27
Ancora Tu Lucio Battisti 12 1976/04/03
La Collina Dei Ciliegi Lucio Battisti 12 1973/11/10
Una Donna Per Amico Lucio Battisti 12 1978/10/21
Who'S That Girl Madonna 12 1987/08/08
Scandalo Al Sole Percy Faith 12 1960/04/30

  アーティスト別では、Adriano Celentano(15曲)、Gianni Morandi(11曲)、Lucio Battisti(10曲)、Rita Pavone(8曲)、Domenico Modugno(7曲)などイタリアの誇るビッグアーティスト(おそらく)に交じり、Madonna(15曲)、Michael Jackson(7曲)といったワールドワイドなアーティストが多数の№1を放っています。

 因みにBeatlesはSimple Minds(!)、Depeche Mode、Duran Duranと並んで№1は4曲。しかしSimple Mindsがイタリアで受けるって...。


■イタリアチャートで4作以上№1シングルをもつアーティスト
1
曲数
Artist #1
週数
15 Adriano Celentano 71
15 Madonna 69
11 Gianni Morandi 65
10 Lucio Battisti 85
8 Rita Pavone 34
7 Domenico Modugno 34
7 Michael Jackson 31
7 Jovanotti 24
6 Renato Zero 20
5 Claudio Baglioni 37
5 Mina 36
4 Elton John 32
4 Gianna Nannini 26
4 Pooh 19
4 Duran Duran 16
4 Beatles 15
4 Bobby Solo 12
4 U2 12
4 Simple Minds 9
4 Depeche Mode 6


ドイツ#1シングルのあれこれ

 ドイツシングルチャート特集第三弾は、№1シングル特集。対象は1971年1月第1週から2000年12月最終週までの1564週間(年末のチャート空白週含む)。

 この間に№1を獲得した作品は310曲。同期間Billboardで№1に輝いた曲はドイツのちょうど倍にあたる621曲、UKチャート(オフィシャルチャート)は593曲。つまり1曲あたりの№1滞在週はアメリカが約2.5週、イギリスが約2.6週であるのに比べ、ドイツでは平均5週を超えることになります。
 10週以上の長期間1位をキープした曲は全体の1割にあたる31曲、5週以上に至っては150曲を数える。逆に1週のみの№1は45曲に過ぎません。
 
 この間、ドイツチャートで最も長期に亘り、1位を維持したのは西ドイツが生んだ偉大なるディスコバンド、Boney M.の「Rivers Of Babylon」。1978年4月20日から16週間1位を独走。8月10日付けでYou're The One That I Want」(John Travolta & Olivia Newton-Johnに1週首位を明け渡すものの、翌週再び1位に返り咲きました。
 「Rivers Of Babylon」はアメリカでは30位と振るわなかったものの、イギリスでは5週、オーストラリアでは6週とそれぞれ1位に輝くワールドワイドヒットとなっています。
 「Rivers Of Babylon」と並び16週1位を獲得したのが地元ドイツのシンガーソングライターMatthias Reimの「Verdammt Ich Lieb' Dich」。ドイツ語のポップスに馴染みのないものにとっては、良く言えば新鮮...ですね...

 米独両チャートで10週以上№1のウルトラヒットを記録したのは、Puff Daddy & Faith Evans Feat. 112の「I'll Be Missing You」のみ。両チャートともに11週間1位を独走ししています。

 Coolioの「Gangsta's Paradise」は1995年10月26日から6週1位を続けた後、Michael Jacksonの「The Earth Song」に6週首位を譲るものの、1996年1月18日、中6週空けて1位に輝き、「最長中抜き1位返り咲き」を記録しています。

 意外なドイツでのビッグヒットを挙げると、FR Davidの「Words」、Scorpionsの「Wind Of Change」、Vangelisの「Conquest Of Paradise」、Kaomaの「Lambada」あたりか。中でも日本でも流行った「ランバダ」の10週1位はホントに意外。イタリアやスペインなら分かりますが。ドイツ人の感性って...。 

■ドイツチャートで10週以上1位を記録したシングル(1971年-2000年)
Title Artist 初№1日付 週数 Billboard
Peak
Rivers Of Babylon Boney M. 1978/04/20 17 30
Verdammt Ich Lieb' Dich Matthias Reim 1990/05/17 16 -
Butterfly Danyel Gerard 1971/05/20 15 78
I'd Love You To Want Me Lobo 1973/11/01 13 2
Paloma Blanca George Baker Selection 1975/06/12 13 26
Das Boot U96 1992/01/23 13 -
My Heart Will Go On Celine Dion 1998/01/29 13 1(2)
Time To Say Goodbye Sarah Brightman & Andrea Bocelli 1996/12/12 13* -
Daddy Cool Boney M 1976/09/09 12 65
Sweat (A La La La La Long) Inner Circle 1992/09/24 12 16
Ymca Village People 1978/12/07 11 2
Words FR David 1982/09/23 11 62
Nothing Compares 2 U Sinead O'Connor 1990/03/01 11 1(4)
Wind Of Change Scorpions 1991/05/30 11 4
Conquest Of Paradise Vangelis 1995/02/09 11 -
I'll Be Missing You Puff Daddy & Faith Evans Feat.112 1997/06/26 11 1(11)
Mambo No.5 Lou Bega 1999/05/27 11 3
Sadeness Enigma 1990/11/08 11* 5
My Sweet Lord George Harrison 1971/01/28 10 1(4)
Mamy Blue Pop Tops 1971/11/04 10 57
Get Down Gilbert O'Sullivan 1973/05/10 10 7
Rock Your Baby George Mccrae 1974/08/29 10 1(2)
Mull Of Kintyre Wings 1978/01/12 10 33
Funkytown Lipps Inc. 1980/06/26 10 1(4)
Lambada Kaoma 1989/09/21 10 46
Rhythm Is A Dancer Snap 1992/05/21 10 5
What's Up Four Non Blondes 1993/08/19 10 14
Don't Worry, Be Happy Bobby Mcferrin 1988/11/03 10* 1(2)
Another Day In Paradise Phil Collins 1989/11/30 10* 1(4)
Let's Talk About Sex Salt'N'Pepa 1991/11/14 10* 13
Cotton Eye Joe Rednex 1994/11/03 10* -

 ※週数の「*」は年末のチャート空白週を含んだNO.1週数を表す。



 ドイツチャートでは、いわゆる「一発屋」が長期に亘り№1を続けるケースが非常に多い。逆に複数の№1をもつヒットメーカーが珍しい存在となっており、3曲以上の№1をもつアーティスト・グループは、僅か10組に過ぎません。
 
 最も1位を多くもつアーティストはABBA(スウェーデン)の9曲。続いて本国のBoney M、イギリスのバンドSweetが8曲でこれに続きます。また本国のModern Talkingは1984年、1985年の僅か2年で5曲の№1を放つなど、圧倒的な支持を受けました。


■ドイツチャートで3曲以上№1シングルを持つアーティスト(1971年-2000年)
#1 Artist #1週数 US1
9 Abba 32 1
8 Boney M  48 0
8 Sweet 36 0
5 Modern Talking 19 0
4 Pet Shop Boys 19 1
4 Falco 17 1
3 Rednex 25 0
3 Smokie 15 0
3 Whitney Houston 14 11
3 Frankie Goes To Hollywood 9 0

  

1980年代ドイツチャート#1シングル (1980年-1984年)

 ドイツチャート特集第二弾は1980年代前半(1980年~1984年)の№1シングルをご紹介。
この間、ドイツチャートで1位を獲得した曲は55曲。この中で我が国でも馴染みのある「意外な」NO.1シングルをご紹介します。

Fade To Grey Visage
 1980年代初頭のブリティッシュ・ミュージック・シーンを語る際に避けて通れない、ニュー・ロマブーム。その旗手的存在だったのがこのヴィサージ。この「Fade To Grey」は彼らの1stアルバムからのシングルで、本国では8位止まりでしたが、これがドイツに飛び火し、7週1位に輝く大ヒットとなりました。
 O.M.Dとウルトラヴォックスを足して割り、チープにした感じとでもいえましょうか。

Words/FR David
 1980年代ドイツチャートで最も長期に亘って1位に滞在したのが、チュニジア生まれのフランス人、F.R.デヴィッドの「ワーズ」。ドイツでは実に11週連続1位を獲得。この他、フランス、ベルギー、オランダ、イタリアなど西ヨーロッパ諸国で軒並み1位(イギリスでは2位)に輝き、300万枚を超える大ヒットを記録しました。
 我が国ではオリコン50位台とあまりヒットはしませんでしたが、分かりやすくシンプルなメロディと軽快なシンセサウンドは、記録より記憶に残る佳曲といえるでしょう。21世紀を目前に控えた2000年には「2000年ヴァージョン」も発売されています。

Major Tom/Peter Schilling
 デヴィッド・ボウイの「Space Oddity」のアンサーソングとして発表されたのが、この「Major Tom」。イギリスでは42位と振るいませんでしたが、アメリカでは堂々の14位を記録(94年に'94ヴァージョンが発売されがヒットせず)。
 我が国では長らく、そのチープなエレポサウンドから「一発屋」の「キワモノ」扱いされてきましたが、この「Major Tom」を含む1stアルバムが日本盤でCD化されるなど、再評価が進んでいます(進んでいないって)。

Sunshine Reggae/Laid Back
 デンマーク出身エレクトリック・ファンクデュオのレイド・バックが放った80年代最も異色なTOP40ヒッツ「White Horse」は、アフリカ・バンバータを彷彿させる無機質なテクノ・ファンク。これがアメリカのTOP40(84年26位)に入ったこと自体、未だに信じられません。
 ドイツでは、その「White Horse」とカップリングされた「Sunshine Reggae」が6週もの間1位を独走しました。「White...」とは、うって変わってタイトルどおりホンニャカしたレゲエポップ。両方ともいいんだよなぁ、これが。
 しかし、「Sunshine...」がアメリカで、「White...」がドイツで売れたって言うなら分かるけど、その逆なのがまた驚き。
 
I Like Chopin/Gazebo
 この曲は、英米ではチャートインしなかったものの、1984年我が国で最も売れた洋楽(最高位9位・20.4万枚)です。同曲は約1年半後、小林麻美が「雨音はショパンの調べ」のタイトルでカバーされ、オリコンで1位を獲得。こちらも50万枚を超えるヒットとなりました。
 リンジー・バッキンガムにちょいとラテン味を施し、軟派にしたら「ガゼボ」ってな感じで、曲も聴いていてむず痒くなってきますが、これがドイツで1位ですからね。
 ところで日本盤のシングルのライナーは、ガゼボについての情報がないためか、カフェバーがどうのとか、ガゼボとは全く関係のない支離滅裂(表現のしようがない)な文が延々と。当時のライナーはラジオ局のディレクターみたいな人が書いていたからしょうがないけど、いまじゃ考えられませんね、これは。
 
Big In Japan/Alphaville
 最後の正統派エレポップ・バンドともいえるベルリン出身のアルファヴィル。彼らのデビューシングルであるこの「Big In Japan」はイギリスで8位、アメリカでも66位とスマッシュヒットを記録。本国では3週1位に輝きました(日本でも本田美奈子がカバー....笑)。
 この曲をはじめアメリカで93位まで上昇したエレポ・バラード「Forever Young」や80'Sの臭いがプンプンする「Jet Set」を含むデビューアルバム「Forever Young」は必聴!(ジャケットがJohn Foxxのベストアルバム「Assembly」と酷似)
 しかしドイツ人の日本に対する認識ってのは、この程度なんでしょうか。どう聴いても音が「Big In China」....

People Are People/Depeche Mode
 3枚目のアルバム「Construction Time Again」からインダストリアルサウンドに傾倒し、レコーディングの一部もベルリンで行うなど、ドイツに急接近していったデペッシュモード。この「People...」は、重厚な4枚目のアルバム「Some Great Reward」からの1stシングルで彼ら初のワールドワイドな売上を記録しました(US13位・UK4位)。
 中でも最もこれを歓迎したのは、インダストリアルサウンドの母国ともいえるドイツでしょう。3週間1位を獲得しました。この頃までの彼らは、本国イギリスよりむしろドイツにおいて人気がありました。

Send Me An Angel/Real Life
 一部で盛り上がっている(?)オーストラリア出身のリアル・ライフ。ユーリーズミックスを彷彿させるクールなシンセポップは、やっぱりドイツ人好みなのでしょうか。4週間1位に輝く大ヒットとなりました。イギリスではチャートインしませんでしたが、アメリカでは29位を記録。さらに89年にはニューバージョンが26位まで上昇するなど、エレポップのスタンダードの地位を築いています。
 この曲を含むアルバム「Heartland」は現在はかなりのプレミアムがついてますねえ。

Reach Out/Giorgio Moroder
 70年代後半のディスコミュージックの「聖地」といえば、ドイツはミュンヘン。このミュンヘンサウンドのドンといえば、ジョルジオ・モロダー。彼が手がけたアーティストは、1980年代前半に限ってもDonna Summerを筆頭に、Berlin、Blondie、David Bowie、Irene Cara、Limahl、Nina Hagen、Sparks、The Three Degrees など枚挙に暇がないほどです。
 その彼がソロ名義で放った唯一のNO.1ヒットが、84年のロス五輪の公式アルバム(個人的にはこのアルバム、駄曲が多いと思いますが)からのシングル「Reach Out」(トラック競技のテーマ)です。Flashdanceをほうふつさせるいかにもエイティーズといった感じが時代を感じさせてくれます。

 この他にも、Der Kommissar/Falco、Maid Of Orleans/O.M.D.など隠れたエレポップの名曲がドイツでNO.1になっています。
この時代のドイツは、エイティーズミュージックの坩堝だったんですね。

1980年-1984年 ドイツシングルチャート№1リスト
Title Artist Date Weeks
Maybe Thom Pace 1979/11/15 9
Sun Of Jamaica Goombay Dance Band 1980/01/17 9
Another Brick In The Wall Pink Floyd 1980/01/31 4
It's A Real Good Feeling Peter Kent 1980/04/10 1
Weekend Earth & Fire 1980/04/24 4
Der Nippel Mike Kruger 1980/05/22 5
Funkytown Lipps Inc. 1980/06/26 10
Xanadu Olivia Newton-John & ELO 1980/09/04 2
Santa Maria Oliver Onions 1980/09/18 6
Santa Maria Roland Kaiser 1980/10/30 5
Woman In Love Barbra Streisand 1980/12/04 3
Super Trouper Abba 1980/12/18 5
Angel Of Mine Frank Duval 1981/01/29 5
Fade To Grey Visage 1981/03/05 7
Shaddap You Face Joe Dolce 1981/04/16 3
In The Air Tonight Phil Collins 1981/05/14 1
Stars On 45 Stars On 45 1981/05/21 7
Bette Davis Eyes Kim Carnes 1981/07/09 7
Dance Little Bird Electronica's 1981/08/27 8
Ja Wenn Wir Alle Englein Waren Fred Sonnenschein 1981/10/22 4
Tainted Love Soft Cell 1981/11/19 2
Polonase Blankenese Gottlieb Wendehals 1981/12/03 9
One Of Us Abba 1981/12/31 1
Skandal Im Sperrbezirk Spider Murphy Gang 1982/02/04 8
Der Kommissar Falco 1982/04/08 3
Ein Bischen Frieden Nicole 1982/04/15 5
Ebony & Ivory Paul Mccartney & Stevie Wonder 1982/06/03 5
Maid Of Orleans Omd 1982/07/08 4
Ich Will Spas Markus 1982/07/29 2
Adios Amor Andy Borg 1982/08/19 5
Words Fr David 1982/09/23 11
Do You Really Want To Hurt Me Culture Club 1982/12/09 7
Major Tom Peter Schilling 1983/01/27 8
99 Luftballons Nena 1983/03/24 1
Too Shy Kajagoogoo 1983/03/31 5
Bruttosozialprodukt Geier Sturzflug 1983/05/05 4
Juliet Robin Gibb 1983/06/02 6
Baby Jane Rod Stewart 1983/07/14 3
Codo Dof 1983/08/04 5
Sunshine Reggae Laid Back 1983/09/08 6
I Like Chopin Gazebo 1983/10/20 3
Come Back And Stay Paul Young 1983/11/10 7
Jenseits Von Eden Nino De Angelo 1983/12/29 7
Only You Flying Pickets 1984/02/16 1
Relax Frankie Goes To Hollywood 1984/02/23 6
Big In Japan Alphaville 1984/04/05 3
People Are People Depeche Mode 1984/04/26 3
Send Me An Angel Real Life 1984/05/17 4
Self Control Laura Branigan 1984/06/14 6
Two Tribes Frankie Goes To Hollywood 1984/07/26 1
High Energy Evelyn Thomas 1984/08/02 4
Reach Out Giorgio Moroder 1984/08/30 4
I Just Called To Say I Love You Stevie Wonder 1984/09/27 6
When The Rain Begins To Fall Jermaine Jackson & Pia Zadora 1984/11/08 4


1970年代ドイツチャート#1シングル (1975年-1979年)

 今回は英米チャートを離れて、馴染みの薄いドイツチャートの№1をご紹介いたします。今回は1970年代後半です。

 70年代後半(75年~79年)のドイツチャートの顔といえば、ボニーMとABBA、といっても過言ではないでしょう。
 ボニーMがこの間(259週)に放ったNO.1は8曲、1位滞在週は通算48週に上り、1ヶ月に1週はNO.1に輝いていた計算になります。
 対するドイツチャート最多NO.1アーティストであるアバは、彼らの9曲のNO.1ヒットのうち、6曲がこの期間に1位になったものです。
 またジンギスカン、ヴィレッジ・ピープル、バカラといった我が国ではお馴染みのアーティストのヒット曲も1位に輝いています。特にジンギスカンの「ジンギスカン」は英米では全くヒットせず、本国のみのヒット。
 ドイツ以外でボニーMが売れて、ジンギスカンが売れない理由は何なんでしょうか。
 スペイン出身のケバイ二人組バカラも「YES SIR I CAN BOOGIE」と「SORRY I'M A LADY」の2大ヒット曲(2曲しか知らない)がそれぞれ8週と7週1位に輝いています。
 クリス・ノーマン率いるスモーキーも本国イギリスでは1曲もNO.1がないのに、ドイツでは堂々3曲のNO.1(NO.2も2曲)を持っています。
 かと思えばウイングスやクリフ・リチャードといったイギリスの誇る国民的アーティストも長期NO.1に輝いたりするなど、もしかしたらこの時期のドイツチャートは世界中で最も「闇ナベ」的であったのかも知れません。
 
TITLE ARTIST DATE WEEKS
TRANEN LUGEN NICHT MICHAEL HOLM 74.12.26 5
YOU AIN'T SEEN NOTHIN' YET BACHMAN TURNER OVERDRIVE 75.01.23 1
GRIECHISCHER WEIN UDO JURGENS 75.02.06 8
I CAN HELP BILLY SWAN 75.02.27 1
FOX ON THE RUN SWEET 75.04.10 6
SHAME SHAME SHAME SHIRLEY & COMPANY 75.04.17 3
PALOMA BLANCA GEORGE BAKER SELECTION 75.06.12 13
SOS ABBA 75.09.11 7
LADY BUMP PENNY MCLEAN 75.10.30 8
I'M ON FIRE 5000 VOLTS 75.12.04 1
DOLANNES-MELODIE JEAN-CLAUDE BORELLY 75.12.25 4
MOVIESTAR HARPO 76.01.29 4
MAMMA MIA ABBA 76.02.05 1
MISSISSIPPI PUSSYCAT 76.03.04 5
ROCKY FRANK FARIAN 76.04.01 4
FERNANDO ABBA 76.04.29 7
LET YOUR LOVE FLOW BELLAMY BROTHERS 76.06.24 5
EIN BETT IM KORNFELD JURGEN DREWS 76.07.29 6
DADDY COOL BONEY M 76.09.09 12
DANCING QUEEN ABBA 76.09.16 1
JEANS ON DAVID DUNDAS 76.12.02 1
MONEY MONEY MONEY ABBA 76.12.16 5
SUNNY BONEY M 77.01.20 2
LIVING NEXT DOOR TO ALICE SMOKIE 77.02.03 9
KNOWING ME KNOWING YOU ABBA 77.04.07 2
LAY BACK IN THE ARMS OF SOMEONE SMOKIE 77.04.21 5
PORQUE TE VAS JEANETTE 77.04.28 1
ORZOWEI OLIVER ONIONS 77.05.26 1
MA BAKER BONEY M. 77.06.09 3
YES SIR I CAN BOOGIE BACCARA 77.06.30 8
MAGIC FLY SPACE 77.08.25 1
SORRY I'M A LADY BACCARA 77.09.01 7
BELFAST BONEY M. 77.10.20 4
DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD SANTA ESMERALDA 77.11.17 8
MULL OF KINTYRE WINGS 78.01.12 10
DAS LIED DER SCHLUMPFE VADER ABRAHAM UND DIE SCHLUMPFE 78.03.23 4
RIVERS OF BABYLON BONEY M. 78.04.20 17
YOU'RE THE ONE THAT I WANT JOHN TRAVOLTA & OLIVIA NEWTON-JOHN 78.08.10 6
DANCING IN THE CITY MARSHALL HAIN 78.09.07 1
RASPUTIN BONEY M. 78.10.05 1
MEXICAN GIRL SMOKIE 78.10.12 1
SUBSTITUTE CLOUT 78.10.19 3
YOU'RE THE GREATEST LOVER LUV' 78.11.09 4
YMCA VILLAGE PEOPLE 78.12.07 11
MARY'S BOY CHILD BONEY M. 79.01.04 1
HEART OF GLASS BLONDIE 79.03.01 6
DSCHINGIS KHAN DSCHINGIS KHAN 79.04.12 4
BORN TO BE ALIVE PATRICK HERNANDEZ 79.05.10 5
POP MUZIK M 79.06.14 6
SO BIST DU PETER MAFFAY 79.07.26 3
EL LUTE BONEY M. 79.08.16 8
WE DON'T TALK ANYMORE CLIFF RICHARD 79.10.11 5


全米四大チャートの年別TOP10シングルの推移-各チャート長期最高位記録(3位-10位編)-

 全米四大チャート(Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR))の長期間最高位を記録したシングル特集。今回が一応最終回で最高位3位から10位までの記録です。
 対象期間は、RRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月までの間で、12か月フルにカウントできる1974年から1995年までの22年間。
 
 この間、各チャートで最高位3位から10位を5週以上作品は延73作(BB24作、CB16作、RW14作、RR17作)。順位別では3位23作、4位9作、5位12作、6位5作、7位4作、8位6作、9位5作、10位7作。
 ちなみに1位を5週以上続けた作品は175作、2位は39作なので、最高位が下がるほど長期同一順位記録は難易度が高くなる傾向にあります。
 最高位3位から10位の間でもっとも長期間同一順位にとどまった作品は、BB3位の"Another Night"(Real McCoy)。
 1994/11/12付で前週の4位から3位に上昇。翌週、翌々週と4位に下降するも、次週再び3位に上昇。ここから5週連続で3位を維持。いったん4位に後退しますが、翌週3位に上昇し、再び5週連続3位。2回の4位落ちを経ながら合計11週間3位に止まりました(4→3→4→4→3→3→3→3→3→4→3→3→3→3→3→4→4)。
 これに続くのが同じくBBで記録された"Hey Lover"(LL Cool J featuring Boyz II Men)。
 1995/12/2付から8週連続3位。7週連続は"Hold Me"(Fleetwood Mac)(BB7週4位) をはじめ5作、6週が11作、5週が53作となります。

 珍しいところでは"Let's Groove"(Earth, Wind & Fire)がBB、CB、RWの三誌でいずれも5週連続3位を記録。(年末年始のFrozenチャート含む) 。三チャートで最高位が揃った上、いずれも5週連続とくればこれは珍記録ですね(RR最高位は13位)。
 "Sukiyaki"は4 P.M.ヴァージョンがRRで6週連続5位、A Taste Of Honeyヴァージョンが5週連続8位と異なったアーティストで連続同一週数記録を樹立。これも希少な記録と言えますね。

■四大チャートで最高位3位-10位を6週以上記録したシングル
Chart Peak date 100 40 10 Peak PK
WKS
Title Artist
BB 1994/11/12 45 40 23 3 11 Another Night Real McCoy
BB 1995/12/02 21 20 14 3 8 Hey Lover LL Cool J featuring Boyz II Men
BB 1993/05/22 25 20 12 3 7 Knockin' Da Boots H-Town
BB 1982/07/24 17 15 10 4 7 Hold Me Fleetwood Mac
RW 1981/08/08 27 19 10 4 7 Slow Hand Pointer Sisters
RW 1981/12/19 22 17 12 5 7 Young Turks Rod Stewart
CB 1993/08/14 27 23 12 7 7 Lately (Live) Jodeci
RR 1994/09/02 32 12 3 6 Wild Night John Mellencamp & Me'Shell Ndegeocello
BB 1994/03/19 23 21 13 3 6 Without You Mariah Carey
RW 1980/06/14 20 16 10 3 6 Coming Up Paul McCartney & Wings
BB 1981/09/05 21 15 10 3 6 Stop Draggin' My Heart Around Stevie Nicks(with Tom Petty & The Heartbreakers)
BB 1994/12/10 32 29 18 4 6 Always Bon Jovi
CB 1982/08/28 25 17 8 4 6 You Should Hear How She Talks About You Melissa Manchester
RR 1994/12/16 24 12 5 6 Sukiyaki 4 P.M.
CB 1995/12/30 40 32 13 5 6 Name Goo Goo Dolls
BB 1983/03/19 17 16 7 8 6 Separate Ways (Worlds Apart) Journey
BB 1993/03/06 20 15 6 10 6 Bed Of Roses Bon Jovi
BB 1982/11/13 17 10 6 10 6 Muscles Diana Ross


全米四大チャートの年別TOP10シングルの推移-各チャート長期最高位記録№2編-

 全米四大チャート(Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR))の長期間最高位を記録したシングル特集。今回は№2記録です。
 対象期間は、RRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月までの間で、12か月フルにカウントできる1974年から1995年までの22年間。
 四大チャートの2位記録は、こちらでもご紹介していますので合わせてご覧ください。
「悲劇の」#2ソング(1964年-1973年編)
「悲劇の」#2ソング(1973年-1982年編)
「悲劇の」#2ソング(1982年-1996年編)

 この間、各チャートで最高位2位作品は、BB184作、CB135作、RW32作、RR228作(同期間の№1作品数は、BB492作、CB547作、RW213作、RR444作)。
 うち3週以上最高位2位を記録した作品はBB66作、CB46作、RW13作、RR54作。6週以上2位を記録した作品は以下のとおり。

■最高位2位を6週以上記録したシングル
Billboard
Peak Date 100 40 10 PK WKS Title Artist
1981/11/28 23 19 15 10 Waiting For A Girl Like You Foreigner
1992/11/21 27 24 15 8 If I Ever Fall In Love Shai
1993/07/31 45 41 24 7 Whoomp! There It Is Tag Team
1978/06/24 20 15 9 6 Baker Street Gerry Rafferty
1982/02/27 18 14 10 6 Open Arms Journey
1992/08/15 33 24 14 6 Baby-Baby-Baby TLC
1992/09/26 24 20 11 6 Sometimes Love Just Ain't Enough Patty Smyth With Don Henley
1994/10/08 33 27 14 6 All I Wanna Do Sheryl Crow
Cash Box
Peak Date 100 40 10 PK wks Title Artist
1995/09/16 26 24 12 11 Runaway Janet Jackson
1995/12/02 24 22 17 9 Exhale?(Shoop Shoop) Whitney Houston
1992/11/28 31 21 16 8 If I Ever Fall In Love Shai
1994/12/17 47 31 19 7 Another Night Real McCoy
1995/02/11 36 23 16 6 Creep TLC
1993/12/25 32 26 16 6 Hero Mariah Carey
1992/10/03 34 20 10 6 Sometimes Love Just Ain't Enough Patty Smyth with Don Henley
1981/12/05 24 19 13 6 Waiting For A Girl Like You Foreigner
Record World
Peak Date 100 40 10 PK wks Title Artist
1981/12/05 23 19 14 7 Waiting For A Girl Like You Foreigner
1977/11/05 27 20 12 5 Boogie Nights Heatwave
1981/09/05 29 20 13 5 Queen Of Hearts Juice Newton
1978/01/07 32 21 13 4 Baby Come Back Player
1978/04/08 20 16 9 4 Can't Smile Without You Barry Manilow
1978/06/24 20 15 9 4 Baker Street Gerry Rafferty
1979/12/29 28 20 10 4 Please Don'T Go K.C. & The Sunshine Band
Radio & Records
Peak Date 40 10 PK wks Title Artist
1994/11/25 27 18 8 Always Bon Jovi
1992/12/04 15 10 7 In The Still Of The Nite (I'll Remember) Boyz Ii Men
1978/12/01 14 9 6 My Life Billy Joel
1993/08/27 15 10 6 If Janet Jackson
1995/10/20 28 18 6 Runaway Janet Jackson
1977/12/02 14 9 6 Blue Bayou Linda Ronstadt

 "悲劇の№2"と称される"Waiting For A Girl Like You"(Foreigner)はRR以外(RRでは6週1位!)の三チャートでTOP5入り。BBとRWでは最長2位記録となっています。

 2位の長期記録で忘れてはならないのは、最高位1位を記録したシングルの2位の週数。№1シングルの1位になる前と1位から転落した後で通算6週以上2位を記録したシングルは以下のとおり。

■最高位1位で2位を6週以上記録したシングル
Billboard
Peak date TOP10 #1 wks #2 wks Title Artist
1995/11/25 15 1 11 Exhale (Shoop Shoop) Whitney Houston
1993/05/01 16 2 10 Freak Me Silk
1995/09/09 22 3 9 Gangsta's Paradise Coolio Featuring L.V.
1994/03/12 21 6 7 The Sign Ace Of Base
1994/08/06 16 3 7 Stay Lisa Loeb & Nine Stories
1978/02/04 13 4 6 Stayin' Alive Bee Gees
1995/01/28 20 4 6 Creep TLC
Cash Box
Peak date TOP10 #1 wks #2 wks Title Artist
1993/07/17 14 2 7 Weak SWV
1980/11/15 15 4 6 Lady Kenny Rogers
1994/03/19 16 3 6 The Sign Ace Of Base
1983/07/09 11 1 6 Electric Avenue Eddy Grant
1983/05/21 13 1 6 Let'S Dance David Bowie
1978/09/09 9 1 6 Grease Frankie Valli
Record World
Peak date TOP10 #1 wks #2 wks Title Artist
1980/10/04 20 6 11 Another One Bites The Dust Queen
1980/05/31 13 4 6 Funkytown Lipps, Inc.
Radio & Records
Peak date TOP10 #1 wks #2 wks Title Artist
1994/09/09 16 4 6 I'll Make Love To You Boyz Ii Men
1994/06/17 14 2 6 I Swear All-4-One
1981/09/18 11 1 6 Who'S Crying Now Journey

BBの記録は BillboardシングルチャートTOP2に10週以上止まったシングル をご参照ください。


 特筆すべきはRWの"Another One Bites The Dust"(Queen)。1980/9/27付で前週5位から2位に上昇。翌週から"Upside Down"(Diana Ross)を2週、"Woman In Love"(Barbra Streisand)を3週抑え5週連続1位を独走。11/8付で"Woman In Love"に1位を譲り2位に転落するも、翌週1位に返り咲き、これで6週№1を記録。
 この後、"Lady"(Kenny Rogers)の下で5週、"(Just Like) Starting Over"(John Lennon)の下で4週と実に9週連続2位を維持。
 1980/9/27付から1981/1/17付まで17週連続2位以内という空前の記録を打ち立てることになりました。

■RWチャートの1980/9/27付から1981/1/17付までの1位2位の推移
9/27 10/4 10/11 10/18 10/25 11/1 11/8 11/15 11/22 11/29 12/6 12/13 12/20 12/27 1/3 1/10 1/17
Another One Bites The Dust/Queen 2 1 1 1 1 1 2 1 2 2 2 2 2 2 2 2 2
Upside Down/D.Ross 1 2 2  
Woman In Love/B.Streisand   2 2 2 1  
Lady/K.Rogers   2 1 1 1 1 1  
(Just Like) Starting Over/J.Lennon   1 1 1 1



全米四大チャートの年別TOP10シングルの推移-各チャート長期最高位記録№1編-

 全米四大チャート(Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR))の年別TOP10シングルの推移シリーズ、三回で終了予定でしたが、継続。今回から各チャートで長期間最高位を記録したシングルの特集。今回は長期№1記録です。
 対象期間は、RRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月までの間で、12か月フルにカウントできる1974年から1995年までの22年間。
 この間に各チャートで№1を記録したシングルは、BB492作、CB547作、RW213作、RR444作。CBとRRとの差は実に103作。№1の希少性はRR>BB>CBといったところでしょうか。
 週別の分布を見ると1週のみの№1の割合はRWでは全体の6割を占める一方、RRでは3割。同じく2週以下の割合でもRWが全体の3/4であるのに対し、RRでは57%と大きな差が見られます。
 二桁№1はBB7作、CB5作に対し、RW1作、RRはゼロ。
 RWの1作は13週連続1位を独走した"You Light Up My Life"(Debby Boone)。これに次ぐのが"Endless Love"(Diana Ross & Lionel Richie)と"Physical"(Olivia Newton-John)の9週ですので、突出した大ヒットということができます。

参考:全米四大チャート #1シングル記録集-1-

■四大チャート週数別№1シングルの分布(1974年-1995年)
  BB CB RW RR
1 220 268 128 134
2 123 144 36 120
3 65 65 16 87
4 35 22 9 49
5 11 21 14 20
6 11 10 4 21
7 11 4 1 4
8 7 6 2 5
9 2 2 2 4
10 2 1 0 0
11 1 2 0 0
12 0 0 0 0
13 1 2 1 0
14 2 0 0 0
15 0 0 0 0
16 1 0 0 0
1総数 492 547 213 444



■四大チャート長期№1シングルTOP5(1974年-1995年)
Billboard
100 40 10 #1 Title Artist Peak Date
27 26 19 16 One Sweet Day Mariah Carey & Boyz II Men 1995/12/02
33 31 22 14 I'll Make Love To You Boyz II Men 1994/08/27
26 24 16 14 I Will Always Love You Whitney Houston 1992/11/28
32 28 19 13 End Of The Road Boyz II Men 1992/08/15
30 26 18 11 I Swear All-4-One 1994/05/21
Cash Box
100 40 10 #1 Title Artist Peak Date
34 31 21 13 I'll Make Love To You Boyz II Men 1994/09/03
30 22 16 13 I Will Always Love You Whitney Houston 1992/12/05
33 29 18 11 One Sweet Day Mariah Carey & Boyz II Men 1995/12/09
28 23 17 11 On Bended Knee Boyz II Men 1994/12/03
35 26 18 10 End Of The Road Boyz II Men 1992/09/12
Record World
100 40 10 #1 Title Artist Peak Date
28 21 17 13 You Light Up My Life Debby Boone 1977/10/15
28 26 16 9 Physical Olivia Newton-John 1981/11/21
28 19 14 9 Endless Love Diana Ross & Lionel Richie 1981/08/15
21 19 14 8 Shadow Dancing Andy Gibb 1978/06/03
22 18 13 8 Night Fever Bee Gees 1978/03/25
Radio & Records
40 10 #1 Title Artist Peak Date
29 19 9 The Sign Ace Of Base 1994/02/11
16 13 9 I Will Always Love You Whitney Houston 1992/11/27
38 19 9 I Know Dionne Farris 1995/03/17
17 12 9 Dreamlover Mariah Carey 1993/08/20
35 19 8 Kiss From A Rose Seal 1995/08/04
24 18 8 On Bended Knee Boyz II Men 1994/12/16
28 14 8 I'll Be There For You Rembrandts 1995/06/09
17 13 8 I Can't Go For That (No Can Do) Daryl Hall & John Oates 1981/12/18
17 12 8 Every Breath You Take Police 1983/07/01


全米四大チャートの年別TOP10シングルの推移-四大チャートTOP10エントリー編-

 全米四大チャート(Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR))の年別TOP10シングルの推移シリーズ第三弾。
 今回は四大チャートTOP10へのエントリー状況を見ていきます。
対象期間は、RRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月までの間で、12か月フルにカウントできる1974年から1995年までの22年間。

 この間、四大チャートにエントリーしたシングルは延べ6657作に及びますが、四大チャート全てでTOP10入りしたのは1030作。うち205作が全チャートで№1を記録しています。
 一方、四大チャートのうち、一チャートのみのTOP10入りは、BBのみ23作、CBのみ27作、RRのみ215作、RWのみ16作とRRが際立っています。

■BBのみTOP10入りし、他チャートで20位以下のシングル
Title Artist BB CB RW RR
Peak Peak Date Peak Peak Date Peak Peak Date Peak Peak Date
Times Of Your Life Paul Anka 7 1976/02/07 17 1976/01/31 21 1976/01/24 32 1976/01/30
Hey Deanie Shaun Cassidy 7 1978/01/14 21 1978/01/14 13 1978/01/28 16 1977/12/23
Steppin' Out Tony Orlando & Dawn 7 1974/10/26 14 1974/10/26 11 1974/10/19 29 1974/10/04
Nightingale Carole King 9 1975/03/01 16 1975/03/01 26 1975/02/22 29 1975/02/14
Can't Get It Out Of My Head Electric Light Orchestra 9 1975/03/15 14 1975/03/22 23 1975/03/15 27 1975/03/07
Junk Food Junkie Larry Groce 9 1976/03/20 20 1976/03/27 24 1976/02/28 26 1976/02/13
Cut The Cake Average White Band 10 1975/06/21 12 1975/06/14 15 1975/06/21 34 1975/06/06
Carefree Highway Gordon Lightfoot 10 1974/11/09 13 1974/11/16 19 1974/11/23 25 1974/10/25
I Was Made For Dancing Leif Garrett 10 1979/02/17 15 1979/02/10 19 1979/02/17 27 1979/02/09
Star Wars (Main Title) London Symphony Orchestra 10 1977/09/17 18 1977/09/17 20 1977/09/03 27 1977/08/19
Keep On Smilin' Wet Willie 10 1974/08/24 16 1974/08/24 12 1974/08/24 21 1974/07/26


■CBのみTOP10入りし、他チャートで20位以下のシングル

Title Artist CB BB RW RR
Peak Peak Date Peak Peak Date Peak Peak Date Peak Peak Date
(Don't Fear) The Reaper Blue Oyster Cult 7 1976/11/06 12 1976/11/06 22 1976/11/13 15 1976/10/22
L-O-V-E (Love) Al Green 10 1975/04/26 13 1975/04/19 15 1975/04/26 22 1975/04/18
Love Song Anne Murray 10 1974/03/09 12 1974/03/09 14 1974/03/09 23 1974/03/08
Disco Nights G.Q. 10 1979/06/02 12 1979/06/09 11 1979/06/09 22 1979/05/18
Action Sweet 10 1976/04/10 20 1976/04/17 18 1976/04/03 19 1976/03/19
Love Me Yvonne Elliman 10 1977/01/08 14 1976/12/25 21 1977/01/15 17 1976/12/10


■RWのみTOP10入りし、他チャートで20位以下のシングル

Title Artist RW BB CB RR
Peak Peak Date Peak Peak Date Peak Peak Date Peak Peak Date
The Stroke Billy Squier 6 1981/08/29 17 1981/08/15 17 1981/08/22 - -
That's The Way Of The World Earth, Wind & Fire 6 1975/09/20 12 1975/09/20 13 1975/09/13 22 1975/09/05
Bobbie Sue Oak Ridge Boys 6 1982/03/13 12 1982/03/20 13 1982/03/27 26 1982/03/05
One Nation Under A Groove Funkadelic 7 1978/11/18 28 1978/11/18 22 1978/11/18 - -
How Long Pointer Sisters 7 1975/09/27 20 1975/10/04 17 1975/10/04 20 1975/09/26
Theme From The Dukes Of Hazzard Waylon Jennings 7 1980/12/20 21 1980/12/13 22 1980/12/20 - -
Tear The Roof Off The Sucker Parliament 8 1976/07/31 15 1976/07/31 20 1976/07/24 16 1976/07/23
Empire Strikes Back Meco 9 1980/08/23 18 1980/08/09 24 1980/08/02 23 1980/07/25
Take Off Bob & Doug Mckenzie 10 1982/04/03 16 1982/03/27 14 1982/04/10 21 1982/03/12
Serpentine Fire Earth, Wind & Fire 10 1978/01/28 13 1978/02/11 15 1978/02/04 22 1978/01/27
Way Down Elvis Presley 10 1977/10/08 18 1977/09/24 25 1977/10/01 - -
Ain't Gonna Bump No More Joe Tex 10 1977/06/04 12 1977/06/11 15 1977/06/04 21 1977/05/27


■RRのみTOP3入りし、他チャートで11位以下のシングル
Title Artist RR BB CB RW
Peak Peak Date Peak Peak Date Peak Peak Date Peak Peak Date
Gypsy Fleetwood Mac 1 1982/10/22 12 1982/10/23 13 1982/10/30 - -
I'll Be There For You Rembrandts 1 1995/06/09 17 1995/10/07 18 1995/10/21 - -
The One You Love Glenn Frey 2 1982/10/22 15 1982/11/06 12 1982/11/06 - -
Allentown Billy Joel 3 1983/02/04 17 1983/02/05 14 1983/02/26 - -
Forever Love Color Me Badd 3 1992/10/09 15 1992/10/17 14 1992/10/31 - -
Heart To Heart Kenny Loggins 3 1983/01/28 15 1983/01/29 15 1983/02/12 - -
Cool Night Paul Davis 3 1982/01/29 11 1982/02/06 16 1982/02/06 12 1982/02/13

全米四大チャートの年別TOP10シングルの推移-長期TOP10エントリー作品編-

 全米四大チャート(Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR))の年別TOP10シングルの推移シリーズ第二弾。今回は10週以上TOP10にエントリーしていた作品の推移を見ていきます。
 対象期間は、RRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月までの間で、12か月フルにカウントできる1974年から1995年までの22年間。

■四大チャートの年別TOP10滞在10週以上のシングル数の推移
 BBCBRRRW
TOP10
ヒット数
TOP10
10
週以上数
割合TOP10
ヒット数
TOP10
10
週以上数
割合TOP10
ヒット数
TOP10
10
週以上数
割合TOP10
ヒット数
TOP10
10
週以上数
割合
197410900.0%12100.0%9299.8%11010.9%
197510910.9%11400.0%861011.6%10700.0%
197690910.0%9955.1%921112.0%871517.2%
19778878.0%9688.3%83910.8%851416.5%
1978771418.2%871416.1%88910.2%751824.0%
1979801417.5%831214.5%9633.1%751722.7%
1980821518.3%772026.0%9066.7%891820.2%
1981781721.8%792329.1%861011.6%722230.6%
1982711926.8%732331.5%9199.9%   
1983871517.2%771519.5%9655.2%   
198489910.1%881213.6%10610.9%   
198510800.0%10254.9%10500.0%   
198610910.9%10311.0%10500.0%   
198711200.0%9911.0%10600.0%   
198811300.0%10332.9%11300.0%   
198911710.9%11210.9%10810.9%   
199010843.7%10910.9%10521.9%   
199110243.9%9066.7%9533.2%   
1992682536.8%811721.0%10565.7%   
1993572543.9%682130.9%552341.8%   
1994542953.7%532852.8%572849.1%   
1995582644.8%622641.9%552443.6%   
合計196623512.0%197624212.2%20151698.4%70010515.0%

 TOP10に10週以上滞在していた作品の推移を見ると、RRを除く三チャートでは期間始め(1970年代中盤)には10週を超える長期滞在作品は年1作あるかと言ったところでしたが、70年代後半に向かうにつれ増加し始め1981、1982年をピークに減少。1980年代中盤には再び年に1作でるかという状態にまで減少しました。しかし1990年代に入り再び増加。全TOP10ヒットの半数以上がTOP10滞在二桁週という状態となりました。
 RRは三大チャートとは異なり、1970年代中盤には10作を超えるTOP10シングルがTOP10滞在10週以上を記録したものの、1970年代後半から他のチャートがその数を増やすのとは反対にその数は減少しています。
 RRは年末年始のいわゆる"Frozen Chart"がほぼ2週あり、他チャートに比べチャート滞在が若干有利になるにも拘わらず、全期間を通じた二桁TOP10シングル数は全TOP10ヒットの1割未満となっています。

 対象期間を便宜上4期(1974年-1977年、1978年-1984年、1985年-1991年、1992年-1995年)に分け、各期間ごとのTOP10長期滞在シングルTOP5をご紹介いたします。

■四大チャート 年代別TOP10長期ランクイン作品TOP10

1974年-1977年
Billboard
Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1977/12/241712How Deep Is Your LoveBee Gees
1977/07/301614I Just Want To Be Your EverythingAndy Gibb
1977/10/1514110You Light Up My LifeDebby Boone
1977/03/051313Love Theme From A Star Is Born (Evergreen)Barbra Streisand
1977/08/201215Best Of My LoveEmotions, The

Cash Box

Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1977/10/081518You Light Up My LifeDebby Boone
1977/07/301213I Just Want To Be Your EverythingAndy Gibb
1976/01/031211I Write The SongsBarry Manilow
1976/06/261214Afternoon DelightStarland Vocal Band
1977/12/171114How Deep Is Your LoveBee Gees
1977/02/121113Torn Between Two LoversMary MacGregor
1976/07/171112Kiss And Say GoodbyeThe Manhattans
1976/10/091111A Fifth Of BeethovenWalter Murphy & The Big Apple Band

Record World

Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1977/10/1517113You Light Up My LifeDebby Boone
1976/09/111612Play That Funky MusicWild Cherry
1977/08/061515I Just Want To Be Your EverythingAndy Gibb
1977/07/021514Undercover AngelAlan O'Day
1977/08/271213Best Of My LoveThe Emotions
1977/11/051225Boogie NightsHeatwave
1976/08/071215Don't Go Breaking My HeartElton John & Kiki Dee

Radio & Recrds

Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1974/11/221214Kung Fu FightingCarl Douglas
1975/06/061216Love Will Keep Us TogetherCaptain & Tennille
1977/10/141216You Light Up My LifeDebby Boone
1977/11/251214How Deep Is Your LoveBee Gees
1974/02/081116Seasons In The SunTerry Jacks
1974/04/191114The Loco-MotionGrand Funk
1975/02/211115Have You Never Been MellowOlivia Newton-John
1975/04/041115Philadelphia FreedomElton John
1975/12/191115I Write The SongsBarry Manilow
1976/06/251114Afternoon DelightStarland Vocal Band
1976/11/121115Tonight's The Night (Gonna Be Alright)Rod Stewart
1977/06/241112Undercover AngelAlan O'Day
1977/07/291113I Just Want To Be Your EverythingAndy Gibb

 


1978年-1984年
Billboard
Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1982/08/071624Hurts So GoodJohn Cougar
1978/12/091515Le FreakChic
1980/10/041513Another One Bites The DustQueen
1981/11/2115110PhysicalOlivia Newton-John
1981/11/2815210Waiting For A Girl Like YouForeigner
1982/07/241516Eye Of The TigerSurvivor

Cash Box

Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1981/11/211718PhysicalOlivia Newton-John
1980/10/041714Another One Bites The DustQueen
1983/05/281616Flashdance...What A FeelingIrene Cara
1981/08/151619Endless LoveDiana Ross & Lionel Richie
1983/07/161517Every Breath You TakeThe Police
1980/11/151514LadyKenny Rogers
1982/07/311514Eye Of The TigerSurvivor

Record World

Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1980/10/042016Another One Bites The DustQueen
1979/01/201722Y.M.C.A.Village People
1978/02/041616Stayin' AliveBee Gees
1978/12/161617Le FreakChic
1981/11/211619PhysicalOlivia Newton-John
1978/07/291511You're The One That I WantJohn Travolta & Olivia Newton-John

Radio & Recrds

Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1981/12/181318I Can't Go For That (No Can Do)Daryl Hall & John Oates
1978/01/271216Stayin' AliveBee Gees
1978/03/101216Night FeverBee Gees
1980/11/071215LadyKenny Rogers
1981/11/061216Waiting For A Girl Like YouForeigner
1983/01/071215Down UnderMen At Work
1983/07/011218Every Breath You TakePolice

 


1985年-1991年
Billboard
Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1991/12/141123It's So Hard To Say Goodbye To YesterdayBoyz II Men
1986/01/181014That's What Friends Are ForDionne & Friends
1989/12/231013Another Day In ParadisePhil Collins
1990/04/211014Nothing Compares 2 USinead O'Connor
1990/06/091034PoisonBell Biv DeVoe
1990/12/081013Because I Love You (The Postman Song)Stevie B
1990/12/151021From A DistanceBette Midler
1991/06/081024I Wanna Sex You UpColor Me Badd
1991/07/271017(Everything I Do) I Do It For YouBryan Adams
1991/12/071017Black Or WhiteMichael Jackson

Cash Box

Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1985/09/211214Money For NothingDire Straits
1985/11/301111Separate Lives (Love Theme From White Nights)Phil Collins & Marilyn Martin
1985/12/071112Broken WingsMr. Mister
1985/12/211115Say You, Say MeLionel Richie
1991/02/021111The First TimeSurface
1985/04/131115We Are The WorldUSA For Africa

Radio & Recrds

Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1990/11/301111I'm Your Baby TonightWhitney Houston
1989/12/011016Another Day In ParadisePhil Collins
1990/12/071012Because I Love You (The Postman Song)Stevie B.
1991/02/221014SomedayMariah Carey
1991/06/071015Rush, RushPaula Abdul
1991/07/261016(Everything I Do) I Do It For YouBryan Adams

 


1992年-1995年
Billboard
Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1993/07/312427Whoomp! There It IsTag Team
1994/11/1223311Another NightReal McCoy
1994/08/2722114I'll Make Love To YouBoyz II Men
1995/09/092213Gangsta's ParadiseCoolio
1994/03/122116The SignAce Of Base

Cash Box

Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1994/09/0321113I'll Make Love To YouBoyz II Men
1995/09/162113Gangsta'S ParadiseCoolio featuring L.V.
1994/12/171927Another NightReal McCoy
1994/07/091813Don'T Turn AroundAce Of Base
1992/09/1218110End Of The RoadBoyz II Men
1995/10/071819FantasyMariah Carey
1995/12/0918111One Sweet DayMariah Carey & Boyz II Men
1995/04/151816I KnowDionne Farris
1994/08/201812Stay(I Missed You)Lisa Loeb & Nine Stories
1993/11/271835All That She WantsAce Of Base

Radio & Recrds

Peak DateTOP10PeakPKTitleArtist
1994/11/182614Another NightReal McCoy
1994/02/111919The SignAce Of Base
1994/08/121914Stay (I Missed You)Lisa Loeb & Nine Stories
1995/03/171919I KnowDionne Farris
1995/08/041918Kiss From A RoseSeal

 

全米四大チャートの年別TOP10シングルの推移-総数編-

 リクエストにお応えして全米四大チャート(Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR))の年別TOP10シングルの推移を3回に分けてご紹介します。第一回目は年別のシングル数。
 対象期間は、RRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月までの間で、12か月フルにカウントできる1974年から1995年までの22年間としました。 

■四大チャートの年別TOP10シングルの推移
  BB CB RR RW 平均
1974 109 121 92 110 108
1975 109 114 86 107 104
1976 90 99 92 87 92
1977 88 96 83 85 88
1978 77 87 88 75 82
1979 80 83 96 75 84
1980 82 77 90 89 85
1981 78 79 86 72 79
1982 71 73 91   78
1983 87 77 96   87
1984 89 88 106   94
1985 108 102 105   105
1986 109 103 105   106
1987 112 99 106   106
1988 113 103 113   110
1989 117 112 108   112
1990 108 109 105   107
1991 102 90 95   96
1992 68 81 105   85
1993 57 68 55   60
1994 54 53 57   55
1995 58 62 55   58
合計 1966 1976 2015 700





 総体的に70年代後半からTOP10ヒットの数が減り、1982年をボトムに増加。90年代に入り再び減少していることが分かります。
数値が大きいほどチャートの回転が速く、逆ならば遅いということになります。
 22年間のTOP10ヒットの総数はRRが2015作で年平均91.6作、次いでCB1976作(年平均89.8作)、BB1966作(年平均89.4作)、RW700作(8年間・年平均88作)という順となっています。


 次回はTOP10シングルのあれこれをご紹介いたします。

最高位1位にも拘わらず年間チャートにランク・インできなかったアルバム (Billboard編)

 リクエストにお応えして「最高位1位にも拘わらず年間チャートにランク・インできなかったアルバム(Billboard)」をご紹介します。
 対象はモノラル、ステレオ両チャートが統一された1963/8/17付から、Billboard(BB)がサウンドスキャンの売上データを導入する前週の1991/5/18付まで。これ以降は初登場1位が頻発し、年間入りを逃す№1アルバムも珍しくなくなりますのでご了承ください。

 この間BBアルバムチャートで1位に輝いたアルバムは286作。そのうち年間チャートにランクインできなかったアルバムは7作。№1シングルで年間チャートにランクされなかった作品が28作なので希少性が高いということができるでしょう。

■最高位1位で年間チャートにランク・インできなかったアルバム
Title Artist 初チャートイン
日付
初№1日付 最終チャートイン
日付
TOP
200
TOP
100
TOP
10
TOP
5
TOP
3
№2 1
Ode To Billie Joe Bobbie Gentry 1967/09/16 1967/10/14 1968/04/13 30 22 10 6 4 2 2
Imagine John Lennon 1971/09/18 1971/10/30 1972/07/29 45 34 12 8 4 2 1
Santana Santana 1971/10/16 1971/11/13 1972/07/15 39 33 11 9 7 1 5
Bad Company Bad Company 1974/07/27 1974/09/28 1975/08/23 56 24 8 7 5 2 1
So Far Crosby,Stills,Nash & Young 1974/09/07 1974/11/02 1975/03/15 27 18 5 2 2 1 1
Wish We Were Here Pink Floyd 1975/09/27 1975/10/04 1976/06/26 39 22 9 8 6 2 2
Hold Out Jackson Browne 1980/07/19 1980/09/13 1981/04/11 38 32 13 9 9 7 1

 いずれも年間チャート集計の端境期にチャートインするという不利な条件ではありますが、"SantanaⅢ"は5週1位に輝き、"Bad Company"はTOP200の滞在が56週で翌年(1975年)の8/23付までチャートインしているにも拘わらず、年間入りできませんでした。
 ちなみに年間入りできなかった7作の年間チャート対象期間(1967年から1981年の15年間)に年間チャートにランクインした作品は延べ1500作。うち最高位がTOP50に届かなかった作品は22作、TOP10入りできなかった作品は実に668作に上ります。どんな集計をしていたのか興味深いものがあります。

 なお、最高位2位で年間入り出来なかったアルバムは6作(同期間中に最高位2位を記録したアルバムは126作)となっております。


■最高位2位で年間チャートにランク・インできなかったアルバム
Title Artist 初チャートイン
日付
初№1日付 2
週数
TOP
200
Summer Days(And Summer Nights!!) Beach Boys 1965/07/24 1965/09/04 1 33
Through The Past,Darkly(Big Hits Vol.2) Rolling Stones 1969/09/13 1969/10/11 2 32
Never A Dull Moment Rod Stewart 1972/08/12 1972/09/09 3 36
We're An American Band Grand Funk 1973/08/18 1973/09/22 2 35
The Beatles At The Hollywood Bowl Beatles 1977/05/21 1977/06/11 2 17
Who Are You Who 1978/09/09 1978/10/21 2 30


2年連続で年間チャートにランクインしたシングル(Billboard編)

 最高位1位にも拘わらずランク・インしなかった曲TOP10ヒットながら年間チャートにエントリーしなかったシングルがある一方、2年連続で年間チャートにランクインしたシングルも存在します。

 今回は、2年連続で年間チャートにランクインしたシングル特集のBillboard編。
 対象期間は1955年から、売上データシステムNielsen SoundScanが導入され、チャート滞在が極端に長期化し、連続年間チャートランクインが頻発するようになった1991年以前まで。
 なお、年間チャートのチャートサイズは1955年TOP30、1956年から1958年TOP50、1959年以降TOP100。1958年のHOT100導入以前は"Best Selling Records"チャートを使用しています。
 また集計期間は12月第1週から翌年11月最終までですが、1985年以前は11月から10月まででした。

 対象期間内に2年連続年間シングルチャートにランクインしたシングルは12枚。HOT100(1958年8月4日付)以降では8枚。1960年代はゼロ、1970年代2枚、1980年代以降5枚という内訳となっています。

■2年連続で年間チャートにランクインしたシングル(1955年-1991年)
Title Artist 最高位 年間
順位
1
年間
順位
2
初登場日付 最高位日付 週数   最終チャートイン
日付
100 40 10
Sixteen Tons Tennessee Ernie Ford 1 13 1955 22 1956 1955/11/12 1955/11/26 3 14 1956/03/03 17 17 16
The Green Door Jim Lowe 2 19 1956 44 1957 1956/09/29 1956/11/10 7 14 1957/02/16 21 21 18
Blueberry Hill Fats Domino 3 41 1956 46 1957 1956/10/13 1957/01/19 15 5 1957/02/23 20 20 15
Singing The Blues Guy Mitchell 1 40 1956 7 1957 1956/11/03 1956/12/08 6 14 1957/03/16 20 20 16
Heartaches By The Number Guy Mitchell 1 88 1959 93 1960 1959/10/05 1959/12/14 11 5 1960/02/15 20 16 10
I Love The Night Life (Disco 'Round) Alicia Bridges 5 88 1978 64 1979 1978/07/08 1978/12/23 25 6 1979/02/03 31 19 7
Rise Herb Alpert 1 80 1979 54 1980 1979/07/28 1979/10/20 13 12 1980/01/12 25 15 9
Arthur's Theme(Best That You Can Do) Christopher Cross 1 64 1981 98 1982 1981/08/15 1981/10/17 10 14 1982/01/23 24 17 12
Gloria Laura Branigan 2 75 1982 56 1983 1982/07/10 1982/11/27 21 15 1983/03/12 36 22 10
Love Shack B-52's 3 47 1989 78 1990 1989/09/02 1989/11/18 12 15 1990/03/03 27 17 6
Blame It On The Rain Milli Vanilli 1 21 1989 46 1990 1989/10/07 1989/11/25 8 15 1990/03/10 23 14 6
Love Takes Time Mariah Carey 1 76 1990 69 1991 1990/09/15 1990/11/10 9 17 1991/03/09 26 18 7



I Love The Night Life (Disco 'Round)/Alicia Bridges
 1978/07/08付86位でHOT100ニューエントリー(NE)。10週後の9/9付でTOP40入り。TOP10入りは登場21週目の11/25付。最高位は12/23付の3位。翌1979/02/03付を最後にHOT100圏外に。HOT100 31週のロングランヒット。
 ピークを記録したのが登場25週目、HOT100翌年2月第一週目までHOT100に止まっていたということで、"Heartaches By The Number"(Guy Mitchell)の1959年-1960年以来、19年ぶりの2年連続年間チャート入り(1978年88位、1979年64位)シングルとなりました。
 ちなみにHOT100 31週はDecade(1970年代)3位タイのロングランヒット。

Rise/Herb Alpert
 HOT100登場は1979/07/28付(83位)、TOP40入りは8/25付、TOP10入り09/22付、そして10/13付で№1に到達。ちなみにDon't Stop 'Til You Get Enough/Michael JacksonはRiseと同一週にHOT100にNEし、ほぼ同じ軌跡を辿りましたが、滞在週が少なく2年連続の年間入りを逃しています。

Arthur's Theme (Best That You Can Do)/Christopher Cross
 HOT100入りは1981/08/15付、TOP40入りが登場3週目、TOP10入り5週目の9/12付、そして登場10週目の10/17付で№1に到達。翌1982年1月23日付までHOT100に止まりました。(HOT100滞在24週)。
年間チャートのランクは1981年98位、翌82年71位。
 年度は異なりますが、同様ほぼ同様の動きをしたI Just Called To Say I Love You/Stevie WonderとCaribbean Queen/Billy Oceanは2年連続年間入りならず。
 Arthur's Themeが連続年間入りなら、I Just Called...も良さそうなものですが...

■Arthur's Theme、I Just Called To Say I Love You、Caribbean Queenの比較
Title Artist 初登場
順位
HOT
100
日付
TOP
40
日付
TOP
10
日付
初№1日付 最終HOT
100
日付
100 40 10
Arthur's Theme C.Cross 71 1981/08/15 1981/08/29 1981/09/12 1981/10/17 1982/01/23 24 17 12
I Just Called To Say I Love You S.Wonder 58 1984/08/18 1984/09/01 1984/09/22 1984/10/13 1985/02/09 26 15 10
Caribbean Queen B.Ocean 85 1984/08/11 1984/09/08 1984/10/13 1984/11/03 1985/02/02 26 15 7

1980年代 Billboard 最高位別 Favorite Songs(最高位101位編)

久々のBillboard(BB)最高位別のお気に入り曲特集。
今回からBubbling Under Chartr(B.U)(101位以下)をご紹介。

1959年6月1日付から1985年8月24日付まで約26年間、 BBではHOT100以下(101位以下)のランクを発表していた時期がありました。対象となるランクは、115位や120位までの時期、さらに多いときには135位前後まで、時代によりバラツキが見られましたが、1974年7月13日からは、110位までに固定されました。
 1985年8月24日付を最後に休止状態にあったB.Uチャートは、1992年12月5日付から再開され、現在に至るまで25位(125位)までのランキングとして発表されています。

まずは最高位101位のTOP5。1980年代(といっても5年強ですが)に最高位101位を記録したシングルは85作。
うち48作が1週のみですが、4週以上101位に止まった作品も7作に上ります。
最長記録は"Nasty Girl"(Vanity 6)の7週連続101位!
HOT100にエントリーするより、よほど難しい、珍記録と言えるでしょう。

で、FavoriteTOP5は以下のとおり
1位 1982/05/01 Try Jah Love-Third World
2位 1983/04/09 Red Skies-The Fixx
3位 1985/06/29 Save Your Love (For #1)-René & Angela
4位 1982/09/18 What!-Soft Cell
5位 1984/04/28 Beat Box-The Art Of Noise

1位…邦題「ラブ・アイランド」。スティーヴィー・ワンダープロデュースのレゲ・ポップ(創作)の名作。というより、スティーヴィー・ワンダーそのもの?
2位…緊張感漲るFixxらしい快作。てっきりHOT100入りしていたと思っていたのですが...
3位…UKチャートで1982年12月18日付から4週間1位に輝いたイタリアン・オペラポップ(創作)の傑作。どういうわけか3年後の1985年に全米でプチ・ヒット。クセになる曲です。
4位…UKでは3位の大ヒット曲。USでは"Tainted Love"の後を受け、HOT100入りを目指すも直前で力尽きる。エレポップの名曲。
5位…少し早すぎました。数年後ならHOT100入りは確実?

■1980年代 Billboard 最高位101位 全作品リスト
Peak Date Wks Wks
at PK
Title Artist
1980/01/12 3 1 My Feet Keep Dancing Chic
1980/02/02 6 1 You Know How To Love Me Phyllis Hyman
1980/02/09 1 1 Ravel's Bolero Henry Mancini
1980/02/16 5 2 The Very First Time Michael Johnson
1980/03/22 8 2 Shriner's Convention Ray Stevens
1980/04/26 3 1 Reach Your Peak Sister Sledge
1980/05/10 3 2 Got To Be Enough Con Funk Shun
1980/06/14 3 1 You Got Me Tommy James
1980/06/21 6 2 Sitting In The Park Gq
1980/07/19 6 1 Does She Have A Friend? Gene Chandler
1980/09/20 4 2 The Rest Of The Night Cliff Newton
1980/10/04 10 1 You May Be Right The Chipmunks
1980/10/11 2 2 I Ain't Much Atlanta Rhythm Section
1980/10/25 1 1 Ashes To Ashes David Bowie
1980/11/01 3 3 Bomb Iran Vince Vance And The Valiants
1980/11/29 6 1 Uptown Prince
1980/12/06 4 1 That's All That Matters To Me Mickey Gilley
1980/12/27 5 4 Silver Eagle Atlanta Rhythm Section
1981/03/21 6 1 Praise Marvin Gaye
1981/04/18 7 5 When Love Calls Atlantic Starr
1981/05/30 7 1 Magic Man Robert Winters And Fall
1981/06/20 9 6 Pull Up To The Bumper Grace Jones
1981/10/10 5 2 Talk To Ya Later The Tubes
1981/10/24 4 1 It's Over Teddy Baker
1981/11/14 3 1 Too Late The Hero John Entwistle
1981/12/05 7 3 Sandy Beaches Dilbert Mcclinton
1981/12/26 7 3 Hit And Run Bar-Kays
1982/02/13 5 3 Rain Is Falling Elo
1982/03/06 3 3 If You Think You're Lonely Now Bobby Womack
1982/03/27 2 1 Mountain Music Alabama
1982/05/01 10 1 Try Jah Love Third World
1982/05/08 5 1 Just Be Yourself Cameo
1982/05/15 4 1 I Just Want To Satisfy The O'Jays
1982/06/12 5 2 Big Band Medley Meco
1982/07/24 6 3 Dance Floor (Part 1) Zapp
1982/08/07 6 1 Last Night Stephanie Mills
1982/08/14 5 1 Which Man Are You Tommy Tutone
1982/08/21 6 2 Don't Throw It All Away Stacy Lattisaw
1982/09/18 7 2 What! Soft Cell
1982/10/16 8 1 Favourite Shirts (Boy Meets Girl) Haircut One Hundred
1982/10/23 10 1 If This World Were Mine Cheryl Lynn With Luther Vandross
1982/10/30 15 7 Nasty Girl Vanity 6
1982/12/18 9 4 Jump Loverboy
1983/02/05 10 5 Heartbeats Yarbrough And Peoples
1983/03/12 4 2 I've Made Love To You A Thousand Times Smokey Robinson
1983/03/26 6 2 Last Night A D.J. Saved My Life Indeep
1983/04/09 5 1 Red Skies The Fixx
1983/04/16 9 3 Atomic Dog George Clinton
1983/05/14 4 2 Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye Bananarama
1983/06/04 7 1 Just Another Saturday Night Alex Call
1983/06/11 6 2 Candy Man Mary Jane Girls
1983/06/25 3 1 Between The Sheets The Isley Brothers
1983/07/09 4 2 Two Hearts Beat As One U2
1983/07/30 3 1 All The Love In The World Dionne Warwick
1983/08/20 8 1 All Night Long Mary Jane Girls
1983/10/01 4 1 Party Train The Gap Band
1983/10/29 3 1 Party Animal James Ingram
1983/11/19 3 1 U Bring The Freak Out Rick James
1983/12/10 8 1 Make Believe It's Your First Time Carpenters
1983/12/17 10 2 White Lines (Don't Don't Do It) Grandmaster Flash And Melle Mel
1984/01/21 5 1 Popcorn Love New Edition
1984/02/11 7 1 You Can Count On Me Shalamar
1984/04/28 5 2 Beat Box The Art Of Noise
1984/06/16 3 1 Reunited Greg Kihn Band
1984/07/07 8 2 Lovelite O'Bryan
1984/08/04 2 1 Fine, Fine Line Andy Fraser
1984/08/11 5 1 Outrageous Lakeside
1984/08/18 3 1 Rescue Me Duke Jupiter
1984/08/25 1 1 Young Hearts Commuter
1984/09/15 5 1 Rock You Helix
1984/09/22 8 2 Don't Stand Another Chance Janet Jackson
1984/10/20 4 2 So Fine Marc Anthony Thompson
1984/11/10 5 1 Playin' It Cool Timothy B. Schmit
1985/01/12 6 1 Skylark Linda Ronstadt
1985/02/23 2 1 I Want To Know What Love Is New Jersey Mass Choir Feat. D.Harper & S.Mcgee
1985/03/02 2 1 Premonition Jack Wagner
1985/03/30 6 2 Bad Habits Jenny Burton
1985/04/06 4 1 Tore Down A La Rimbaud Van Morrison
1985/04/20 2 1 Can You Feel It Fat Boys
1985/04/27 8 2 Innocent Alexander O'neal
1985/05/25 6 2 Sanctified Lady Marvin Gaye
1985/06/15 5 1 Material Thangz The Deele
1985/06/29 1 1 Save Your Love (For #1) Ren? & Angela
1985/07/06 5 1 Double Oh-Oh George Clinton
1985/07/20 9 5 It's Over Now Luther Vandross




"MS-DB-CD4000"Vol.3

 "MS-DB-CD4000"のVol.3は”私撰【Blue Note】この10枚”と銘打ち、大胆にもBlue Noteの作品(所有する)
から個人的に十枚を選んでみました。
 選んだ10枚は1990年に購入したもの7枚、翌91年が2枚、そして93年が1枚。
 つまり、ここで選んだ10作は四半世紀以上前から固定されていた、ということになります。
 30年近く前、狂ったように、浴びるように聴きこんだことを思い出します。三つ子の魂百まで(苦笑)

※タイトル、アーティスト、カタログ№、CD購入日
1
Blue And Sentimental
Ike Quebec
4098
1990/06/28

 ケベックの咽び啼くテナー、グリーンのブルーなギター、ジョー・ジョーンズの繊細なブラッシング。
 世に「ムード音楽」、数あれど、ここまで「真のムード音楽」を探求した作品はない(断言)
2
Feelin' The Spirit
Grant Green
4132
1990/05/08

「神との対話」がゴスペルの本質であるとしたら、紛れもなくこの作品はゴスペル。
 グリーンのギターを媒介とし、「神との対話」を可能にした不世出の作品、とは言い過ぎか。
 青臭いハンコックとエモーショナルかつ執拗なフレージングのグリーンの掛け合いに陶酔。
3
Born To Be Blue
Grant Green
4432
1990/05/21

 1/4 世紀の永きに亘り、発表が見合わせれていた作品。
 邪推すれば
1961年当時のグリーンの作風としては、あまりにも「雅」過ぎたのでないのでしょうか。
 タイトル曲でのケベックのブローには驚愕を禁じ得ません。
 常に"Blue And Sentimental"と対で聴く隠れた名盤。
4
Portrait Of Sheila
Sheila Jordan
9002
1991/01/11

 ヴォーカルとブルーノートは縁遠い。
 しかし、その数少ない作品がジャズヴォーカル史上極上の作品に仕上がるとは...。
 ギター・ベース・ドラムのシンプルな編成の中に、シーラの妖艶な声が響きます。
 はじめの一音からゾクゾクするヴォーカルアルバムの逸品。
 "洒落たバー"のBGMにはしないでね。
5
Introducing Kenny Burrell
Kenny Burrell
(1523)
1990/09/17

 煽るキャンディドのコンガ、フラナガンのピアノも縦横に跳ねる。それに応え疾走するバレル。
 バレル初のリーダーアルバムは、バレルが若さと気負い溢れた、うねるようなジャズを聴かせてくれます。
 70年代以降の渋さに満ちたバレルからは想像もつかない、躍動感!
6
Happenings
Bobby Hutcherson
4231
1990/09/20

 聴くたびに「海」を連想させる作品。
 ハッチャーソンのヴァイブ、ハンコックのピアノが紡ぎだす、時には穏やかな南海、時には極寒の荒々しい海。
 これほど情景が浮かび上がる作品は、ないでしょう。
7
Bass On Top
Paul Chambers

1521
1990/06/28

 ベースが、ここまで表情豊かに唄う楽器だったとは、と驚いてしまいます。
 その太い音色に急逝したチェンバースの魂が伝わります。
バレルのギターが、いつになく神妙で、哀しい、とは思い過ごしか。
 50年代をリードしたベーシストの二十代半ばにしての集大成。
8
Sal Salvador Quintet
Sal Salvador
5035
1990/09/17

 サルの唯一のブルーノート盤。
 1989年にタル・ファーロウ、ルー・メッカの作品とカップリングで世界初CD化されました。
 いつでも口ずさめるようなホーンライクで、メロディアックな音色は、心和ませてくれます。

 文字通り"Get Happy"な作品。
9
Beautiful
Candido
(4357)
1993/11/09

 ブルーノートは早くから、コンガやボンゴなどアフリカンパーカッションに注目していましたが、リーダー作はブルーノート随一の珍盤と呼ばれる
サブーの「
PALO CONGO(1561)、ソロモン・イロリの「AFRICAN HIGHLIFE(4136)
そしてこのキャンディドと三作のみ。
 この作品は前二作に比べ、ラテンフュージョンフレーバー満載の楽しいジャズ。走れ、キャンディド!
10

Foreign Intrigue
Tony Williams
85119
1991/06/21

 十撰唯一の新生ブルーノートの作品(1985年)。
 センスの悪いジャケット(失礼)とのっけから電子ドラム、ということでしばらく敬遠。
 しかし、改めて聴き直すと、瑞々しいフレーズで埋め尽くされる紛れもない新主流派の音。
 このメンバーがロックを通過し、ジャズに回帰するとこういう音になります、といった感じでしょうか。
 いまやBN十撰には欠かせないアルバム。

"MS-DB-CD4000"Vol.2

 前回のジャンル別に続き、Vol.2ではアーティスト別に4000枚を分類してみました。
 こちらはジャンル別に比べ遥かに分かり易く、カンタン。原則、共演名義は最初にアーティスト名が記されているほう(George Benson & Joe Farreell→George Benson、YMO/Human League”→ YMO等)にカウントしました。
 「同一アルバムで複数枚」(リマスター盤・再発盤・デラックスエディション盤等)はそれぞれ1枚にカウントしました。

 10枚以上のアーティストは以下のとおりで43組。そのアーティストの最初に購入した作品とカタログナンバー、そして購入日、アーティストのジャンルを記しました。
 もっとも多くのCDを保有するアーティストは、Grant Greenの41枚、これに39枚のGeorge BensonとKenny Burrellが続きます。上位3傑は奇しくもジャズギタリストで占めることになりました。
 
Grant Green
 最初に購入したGreenのCDは、"Idle Moments"(US盤 CDP 7 84154 2)で1989年7月のこと。この1989年はちょうどBlue Note創設50周年にあたり、同レーベルの旧作が続々とCD化を始めた年にあたります。世界的なアシッドジャズ(ソウルジャズ)ブームとも重なり、正統的なジャズファンから見向きもされなかった未発表盤も“発掘”され陽の目を見ることになりはじめたころでもあります。こうしたブームも多分に影響したことでしょう、1993年5月、東芝EMIの「歴史的英断」によりBlue Noteの核心ともいえる4000番台全てが、3年以上を掛けCD化されることとなりました。カタログナンバー順に、しかも毎月!
 定期購読していた「スイングジャーナル」でこの報に接し狂喜乱舞。毎月第4水曜日を心待ちにしたのは、もう四半世紀前のことになるのですねえ。
 ここから一気にG.Green作品の収集ペースが加速します。「完全ブルーノート・ブック」(1987年ジャズ批評社)を片手にリーダー作品以外にも食指を伸ばし、足掛け30年でG.Greenリーダー作は41枚(リマスター盤・再発盤・デラックスエディション盤含む)に。
 未だに発掘されていない音源もあるというから、この枚数はまだまだ増えることでしょう。

George Benson
 ある評論家がGeorge Bensonをこう評していました。
 「もしBensonの歌が聴けないとしたら、ちょっと寂しいものの、といって落ち込むほどではない。一方ギターが聴けないとしたら、これは本当に悲しくなってしまう」 
 なるほど、蓋し名言。しかし、私はBensonのヴォーカル曲は全部飛ばして聴いている輩ですが...
 Prestigeに残したブラザー・ジャック・マクダフ・グループのギタリスト時代に始まりColumbia、A&M、CTIを経て、「BREEZIN'」で一気にポップ・フィールドに進出したWarner時代...。この後のエンターテイナーとしての活躍はご存知のとおり。
 どの時代をとっても、また4ビートでも8ビートでも16ビートでも、その超絶したギターは際立っていますが、もっともお気に入りなのはCTIに残した作品群。ジャズとPOPの両者の魅力がギッシリと詰まった快作が揃っており、実は彼のキャリアの中で、最も充実した時期なのでは?

Kenny Burrell
 1956年の初レコーディング以来、リーダー作は100枚を超え、サイド・マンとして参加したアルバムは、実に600枚とも700枚とも言われる、ジャズ・ギタリストの最高峰に位置するKenny Burrell。
 87歳の現在も健在でリーダー作を発表し続けているというから驚きのひとこと。
 彼のギタースタイルはとかく「都会的で、ハードボイルド」なんて形容されますが、通底するのは紛れもなくブルースであることは間違いありません。
 初Burrell CDはベタな"Midnight Blue"。聴き始めは"Chitlins Con Carne"にノックアウトされましたが、30年近く経った今、"Mule" に打ち震え、"Soul Lament"に涙する日々(苦笑)。

41
Grant Green
Jazz/Fusion

Idle Moments
 CDP 7 84154 2
 1989/07/08
39
George Benson
Jazz/Fusion
Greatest Jazz
 JC-1603
 1990/05/15
39
Kenny Burrell
Jazz/Fusion
Midnight Blue
 CP32-5229
 1990/07/09
26
Kraftwerk
Techno/House/Electro
Electric Cafe
 CDP 0777 7 46416 2 3
 1987/06/23
23
Pat Metheny/Group
Jazz/Fusion
Letter From Home
 22P2-2874
 1992/02/13
22
808 State
Techno/House/Electro
90
 246 461-2
 1990/03/15
20
Boston
Rock/Pops
Don't Look Back
 EK 35050
 1987/11/14
19
Joe Jackson
Rock/Pops
Body And Soul
 CD-3286
 1987/11/21
19
Heaven 17
Rock/Pops
Pleasure One
 32VD-1055
 1986/12/27
18
Daryl Hall & John Oates
Rock/Pops
Rock'n Soul Part1
 BVCP-5017
 1991/02/19
18
Depeche Mode
Rock/Pops
The Singles 81-85
 CD MUTEL 1
 1987/03/06
18
Herbie Hancock
Jazz/Fusion
Perfect Machine
 CK-40025
 1988/05/24

17枚~14
17 Human League
Rock/Pops
Love And Dancing
 CDOVED 6
 1987/02/13
17 Fleetwood Mac
Rock/Pops
Greatest Hits
 25P2-2390
 1989/01/17
16 Cars
Rock/Pops
The Cars Greatest Hits
 32XD-373
 1986/02/02
16 Earl Klugh
Jazz/Fusion
Collaboration
 32XD-752
 1991/08/09
15 Toto
Rock/Pops
Past To Present 1977-1990
 CSCS 5220
 1990/06/28
14 Buzzcocks
Punk/Hardcore
Singles Going Steady
 Records CD 001
 1990/02/05
14 George Winston
Easy Listening/New Age/Healing
Autumn
 D25Y-5129
 1990/10/29
14 Ministry
Body/Industrial/Noise
Twelve Inch Singles 1981-1984
 WAXCD 035
 1992/07/22
14 KMFDM
Body/Industrial/Noise
Angst
 TVT 7202
 1993/12/25

 

13枚~10
13 Art Of Noise Rock/Pops In Visible Silence 1986/08/23
13 Donald Fagen Rock/Pops The Nightfly 1989/01/09
13 Wes Montgomery Jazz/Fusion Road Song 1990/05/09
13 Wedding Present Rock/Pops Bizarro 1994/12/29
12 Orchestral Manoeuvres In The Dark Rock/Pops The Pacific Age 1986/12/02
12 New Order Rock/Pops Substance 1987/08/20
12 Blood,Sweat & Tears Rock/Pops Blood,Sweat & Tears Greatest Hits 1987/11/15
12 Kansas Rock/Pops Leftoverture 1987/11/21
12 Ultravox Rock/Pops The Collection 1988/11/27
12 Ike Quebec Jazz/Fusion Blue And Sentimental 1990/06/28
11 Talk Talk Rock/Pops It's My Life 1987/06/14
11 Exploited Punk/Hardcore Death Before Dishonour 1988/12/06
11 Chickenshack Jazz/Fusion Chickenshack 1991/08/23
11 David Bowie Rock/Pops Sound And Vision 1992/02/13
11 Dionne Warwick Soul/R&B Greatest Hits 1979-1990 1995/03/23
11 Chemical Brothers Rock/Pops Exit Planet Dust 1995/10/27
11 Fatboy Slim Rock/Pops Palookaville 2014/03/24
10 Thompson Twins Rock/Pops Quick Step And Side Kick 1988/04/10
10 Meat Beat Manifesto Body/Industrial/Noise Satyricon 1993/06/22
10 Al Kooper Rock/Pops Super Session 1988/01/23
10 Art Blakey Jazz/Fusion The Big Beat 1991/03/27
10 Steely Dan Rock/Pops Steely Dan Featuring W.Becker&D.Fagen 1989/09/21


"MS-DB-CD4000"Vol.1

 先日(11/23)、"Wes Montgomery Plays Latin And"(Wes Montgomery 1988年 ビクターVDJ-28050)を入手。
 これで1985年12月2日に購入した"Chicago17"(ワーナー32XD-314)から33年を経て、ちょうど4000枚目(Maxi-single含む)の購入CDとなりました(すでに手元にないものもかなりありますが…)。

 これを機に、購入CDデータをまとめたDBを(再)整備しようと発起。
 現在のDB項目である購入日、タイトル、アーティスト、購入店、購入価格、その他(再購入盤、枚組、プラスDVD等。一部カタログナンバー)に加え、収録曲やジャンル等も加えてみたいと作業に取り掛かりましたが、これが予想以上に難しい。
 
 そもそもジャンルの定義から始まり、盤で分類するのか、アーティストで分類するのか、改めて日本盤・輸入盤や「枚組」の定義とは? 複数のアーティストによるアルバムの扱いは?...数え上げればきりがない。
 例えば、日本盤・輸入盤の定義。CD黎明期の80年代中盤頃までは、「西ドイツ盤等の輸入盤の日本仕様盤」が少なくありませんでした。これは西ドイツでプレス・製造し(Made In West Germany)固有のカタログナンバーが付された盤(輸入盤)に日本語解説や対訳、帯をつけ、日本盤としてカタログナンバーをつけ販売したもので、ふたつのカタログナンバーが並立することになります(Warner系に多く見られました)。

 とりあえず、アーティスト名でジャンル分けしようといくつかの類型に分類すること数回、試行錯誤の末、「えいやっ」と
「Rock/Pops」
「Jazz/Fusion」
「Techno/House/Electro」
「Body/Industrial/Noise」
「Soul/R&B」
「Punk/Hardcore」
「Easy Listening/New Age/Healing」
「Funk/Hip-Hop」
「Blues」
「Classic」
「日本」
「O.S.T」
「V.A.」
「その他」
の13分類(+その他)を強引に設定したところまでは良かったのですが…。

 Dan Hartmanの”Instant Replay”は「Rock/Pops」だが”New Green/Clear Blue”は「Easy Listening/New Age」だよな?、John CageやSteve Reichは「Rock/Pops」「Jazz/Fusion」「Classic」「その他」のどれ? 石野卓球は「Techno」?「日本」?
そもそも「Rock/Pops」にPaul Ankaや Andrews SistersとともにBauhausやPop Groupが分類されることに強い違和感が(苦笑)
 
 とはいうものの、大まかにアーティストのジャンルで4000枚を分類し、微調整を加えつつ、備忘録("MS-DB-CD4000")をまとめてみようと思います。HP開設から19年目、ブログ開設から13年目にして初の私的データの開陳?

MS-DB-CD4000枚のジャンル別分類
ジャンル枚数比率
Rock/Pops176444.1%
V.A.85621.4%
Jazz/Fusion57214.3%
Techno/House/Electro1964.9%
Body/Industrial/Noise1333.3%
Soul/R&B1233.1%
Punk/Hardcore892.2%
Easy Listening/New Age/Healing862.2%
日本491.2%
O.S.T521.3%
Funk/Hip-Hop320.8%
Blues250.6%
その他150.4%
Classic80.2%
 4000100.0%




ジャンル別分類の考え方は以下のとおりです。

Bluesに含んだアーティスト・盤
 Blind Lemon Jefferson、Buddy Guy、Chris Thomas King、Hound Dog Taylor、Howlin Wolf、James Cotton、John Little John、Magic Sam、Memphis Slim、Mississippi John Hurt、Muddy Waters、Otis Rush、Robert Johnson、Robert Lockwood Jr.、Snooks Eaglin、T-Bone Walker、Willie Willis…
 いわゆる黒人の「どブルース」のみ。Paul Butterfield Blues BandやMike Bloomfield、John Mayall & The Bluesbreakers等の白人のブルースもどき(失礼)はRock/Popsに分類。

Jazz/Fusionに含んだアーティスト・盤
 いわゆる正統派ジャズ(デキシー、スイング、4ビート、メインストリーム等)とフュージョン(系)、ラテン、ジャズファンク等など。
 すこし(かなり)微妙ですが、以下のアーティストはこちらにカテゴライズしました。
Azymuth、Cab Calloway、Chuck Mangione、Fania All Stars、Guru、James Blood Ulmer、John Zorn、Kenny G.、Ocho、Pucho & Latin Soul Brothers、Shakatak、。
 渡辺貞夫、Square、村松健、近藤等則、高中正義、日野皓正、マリーン、カシオペア、マルタ、Chickenshack(チキンシャック・山岸潤史)は「日本」ではなく、Jazz/Fusionに、Ben Sidran、Meta Roos & Nippe Sylwens Band、Nina SimoneはSoul/R&Bに、Allan Holdsworth、Doris Day、Gipsy Kings、Manhattan Transfer、Sergio MendesはRock/PopsにMitch MillerはEasy Listening/New Age/Healingに分類。
 Chuck Mangione はEasy Listening/New Age、ShakatakはRock/Popsの方がいいのかしらん…

Techno/House/Electroに含んだアーティスト・盤
 このジャンルあたりから分類が難しく、困難に…
こちらもかなり微妙ですが、Bizarre Inc.、Coil、Dub Syndicate、L.A. Style、M/A/R/R/S、Meat Beat Manifesto、Mr. Fingers、Shades Of Rhythm、T-99、Tackhead Soundsystem、Todd Terry、Ultraviolence…もTechno扱いに。
またサンプリングCD等はV.A.ではなくコチラに含みました。
 Co-Fusion、石野卓球、Y.M.O、電気グルーヴ、ケン・イシイは「日本」ではなく、Technoに分類。


以下、次回に続く

”聴き飽きた”-多くの"耳だこ"が含まれるコンピレーション盤

 多くの"耳だこ"が含まれるコンピレーション盤=耳だこコンピレーション盤はなにか?
 調査対象とした「80's」(1980年代)と銘打つ輸入コンピ盤1197枚の中で多くの"耳だこ"が含まれるコンピレーション盤=耳だこコンピレーション盤は"Fantastic 80's!"(1999年・UK盤・Sony Music TV-SONYTV37CD)。

 同作は1999年の2枚組UK盤で収録曲は40曲。"耳だこ"ランキングTOP10中、実に8曲、TOP20中12曲、収録曲の半数以上に当たる21曲が"耳だこ"ランキングTOP100にランクインという"耳だこ"ぶりを発揮。
 その一方、輸入コンピ盤1197枚に全く含まれない"I Can't Stand Up For Falling Down"(Elvis Costello & The Attractions/UKチャート4位)や"Annie I'm Not Your Daddy"(Kid Creole & The Coconuts/UKチャート2位)、"Swords Of A Thousand Men"(Tenpole Tudor)といった希少性の高いシングルも収録。闇ナベ的な味わいのあるコンピ盤といっても良いでしょう。

"Fantastic 80's!"収録曲
# Title Artist Rank
1 Wake Me Up Before You Go Go Wham! 17
2 The Reflex Duran Duran 21
3 Take On Me A-Ha 22
4 Come On Eileen Dexy's Midnight Runners 6
5 Karma Chameleon Culture Club 16
6 When The Going Gets Tough, The Tough Get Going Billy Ocean 66
7 Never Gonna Give You Up Rick Astley 5
8 Girls Just Want To Have Fun Cyndi Lauper 7
9 Breakout Swing Out Sister 107
10 A Good Heart Feargal Sharkey 87
11 Fantastic Day Haircut One Hundred  
12 I'm Still Standing Elton John  
13 If You Let Me Stay Terence Trent D'Arby  
14 I Don't Wanna Dance Eddy Grant  
15 Respectable Mel & Kim 57
16 Down Under Men At Work 9
17 Imagination Belouis Some  
18 Wherever I Lay My Hat (That's My Home) Paul Young  
19 Hold On Tight Electric Light Orchestra  
20 Bette Davis Eyes Kim Carnes 14
CD-2
1 Two Tribes Frankie Goes To Hollywood  
2 You Spin Me Round (Like A Record) Dead Or Alive 4
3 Don't You Want Me Human League 61
4 What Is Love? Howard Jones  
5 Hold Me Now Thompson Twins 30
6 Sweet Dreams (Are Made Of This) Eurythmics 55
7 Nobody's Diary Yazoo  
8 Stand & Deliver Adam & The Ants  
9 Love Plus One Haircut One Hundred  
10 Tempted Squeeze  
11 Going Underground Jam  
12 I Can't Stand Up For Falling Down Elvis Costello & The Attractions  
13 Golden Brown Stranglers 40
14 Swords Of A Thousand Men Tenpole Tudor  
15 Kids In America Kim Wilde 10
16 99 Red Balloons Nena 3
17 Mickey Toni Basil  
18 Annie I'm Not Your Daddy Kid Creole & The Coconuts  
19 Too Shy Kajagoogoo 1
20 Vienna Ultravox 19

※Rankは"耳だこランキング"順位


”聴き飽きた”-多くのコンピレーション盤に収録されているシングル(トータル編)で紹介したTOP10シングルのアーティストのこんな曲によるコンピ盤出ないかなあ~
"耳だこ"ランキングTOP10 "耳だこ"ランキングTOP10アーティスト裏収録曲
Title Artist US
最高位
日付 Title 最高位 日付 チャート
1 Too Shy Kajagoogoo 5 1983/07/09 Ooh To Be Ah 7 1983/04/09 UK
2 Tainted Love Soft Cell 8 1982/07/17 Say Hello Wave Goodbye 3 1982/02/20 UK
3 99 Luftballons/99 Red Balloons Nena 2 1984/03/03 Just A Dream 70 1984/05/12 UK
4 You Spin Me Round(Like A Record) Dead Or Alive 11 1985/08/17 Lover Come Back To Me 11 1985/04/27 UK
5 Never Gonna Give You Up Rick Astley 1 1988/03/12 She Wants To Dance With Me 6 1988/10/15 UK
6 Come On Eileen Dexy's Midnight Runners 1 1983/04/23 The Celtic Soul Brothers 20 1983/04/16 UK
7 Girls Just Want To Have Fun Cyndi Lauper 2 1984/03/10 All Through The Night 5 1984/12/08 US
8 Walking On Sunshine Katrina & The Waves 9 1985/06/22 Do You Want Crying 37 1985/09/07 US
9 Down Under Men At Work 1 1983/01/15 Everything I Need 47 1985/06/29 US
10 Kids In America Kim Wilde 25 1982/08/14 View From A Bridge 16 1982/05/08 UK


MS-DATABASEリンク集
最新コメント
最新の記事
一応、ジャンル分け
塗りつぶせ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
キーワードは、と