FC2ブログ

MS-DATABASE-別館

全米四大チャートの年別TOP10シングルの推移-長期TOP10エントリー作品編-

 全米四大チャート(Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR))の年別TOP10シングルの推移シリーズ第二弾。今回は10週以上TOP10にエントリーしていた作品の推移を見ていきます。
 対象期間は、RRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月までの間で、12か月フルにカウントできる1974年から1995年までの22年間。

■四大チャートの年別TOP10滞在10週以上のシングル数の推移
  BB CB RR RW
TOP10
ヒット数
TOP10
10
週以上数
割合 TOP10
ヒット数
TOP10
10
週以上数
割合 TOP10
ヒット数
TOP10
10
週以上数
割合 TOP10
ヒット数
TOP10
10
週以上数
割合
1974 109 0 0.0% 121 0 0.0% 92 9 9.8% 110 1 0.9%
1975 109 1 0.9% 114 0 0.0% 86 10 11.6% 107 0 0.0%
1976 90 9 10.0% 99 5 5.1% 92 11 12.0% 87 15 17.2%
1977 88 7 8.0% 96 8 8.3% 83 9 10.8% 85 14 16.5%
1978 77 14 18.2% 87 14 16.1% 88 9 10.2% 75 18 24.0%
1979 80 14 17.5% 83 12 14.5% 96 3 3.1% 75 17 22.7%
1980 82 15 18.3% 77 20 26.0% 90 6 6.7% 89 18 20.2%
1981 78 17 21.8% 79 23 29.1% 86 10 11.6% 72 22 30.6%
1982 71 19 26.8% 73 23 31.5% 91 9 9.9%      
1983 87 15 17.2% 77 15 19.5% 96 5 5.2%      
1984 89 9 10.1% 88 12 13.6% 106 1 0.9%      
1985 108 0 0.0% 102 5 4.9% 105 0 0.0%      
1986 109 1 0.9% 103 1 1.0% 105 0 0.0%      
1987 112 0 0.0% 99 1 1.0% 106 0 0.0%      
1988 113 0 0.0% 103 3 2.9% 113 0 0.0%      
1989 117 1 0.9% 112 1 0.9% 108 1 0.9%      
1990 108 4 3.7% 109 1 0.9% 105 2 1.9%      
1991 102 4 3.9% 90 6 6.7% 95 3 3.2%      
1992 68 25 36.8% 81 17 21.0% 105 6 5.7%      
1993 57 25 43.9% 68 21 30.9% 55 23 41.8%      
1994 54 29 53.7% 53 28 52.8% 57 28 49.1%      
1995 58 26 44.8% 62 26 41.9% 55 24 43.6%      
合計 1966 235 12.0% 1976 242 12.2% 2015 169 8.4% 700 105 15.0%

 TOP10に10週以上滞在していた作品の推移を見ると、RRを除く三チャートでは期間始め(1970年代中盤)には10週を超える長期滞在作品は年1作あるかと言ったとことでしたが、70年代後半に向かうにつれ増加し始め1981、1982年をピークに減少。1980年代中盤には再び年に1作でるかという状態にまで減少。しかし1990年代に入りぞの数は増加。全TOP10ヒットの半数以上がTOP10滞在二桁週という状態となりました。
 RRは三大チャートとは異なり、1970年代中盤には10作を超えるTOP10シングルがTOP1O滞在10週以上を記録したものの、1970年代後半から他のチャートがその数を増やすのと反対にその数は減少。RRは年末年始のいわゆる"Frozen Chart"がほぼ2週あり、他チャートに比べチャート滞在が若干有利になるにも拘わらず、全期間を通じた二桁TOP10シングル数は全TOP10ヒットの1割未満となっています。

 対象期間を便宜上4期(1974年-1977年、1978年-1984年、1985年-1991年、1992年-1995年)に分け、各期間ごとのTOP10長期滞在シングルTOP5をご紹介いたします。

■四大チャート 年代別TOP10長期ランクイン作品TOP10

1974年-1977年
Billboard
Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1977/12/24 17 1 2 How Deep Is Your Love Bee Gees
1977/07/30 16 1 4 I Just Want To Be Your Everything Andy Gibb
1977/10/15 14 1 10 You Light Up My Life Debby Boone
1977/03/05 13 1 3 Love Theme From A Star Is Born (Evergreen) Barbra Streisand
1977/08/20 12 1 5 Best Of My Love Emotions, The

Cash Box

Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1977/10/08 15 1 8 You Light Up My Life Debby Boone
1977/07/30 12 1 3 I Just Want To Be Your Everything Andy Gibb
1976/01/03 12 1 1 I Write The Songs Barry Manilow
1976/06/26 12 1 4 Afternoon Delight Starland Vocal Band
1977/12/17 11 1 4 How Deep Is Your Love Bee Gees
1977/02/12 11 1 3 Torn Between Two Lovers Mary MacGregor
1976/07/17 11 1 2 Kiss And Say Goodbye The Manhattans
1976/10/09 11 1 1 A Fifth Of Beethoven Walter Murphy & The Big Apple Band

Record World

Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1977/10/15 17 1 13 You Light Up My Life Debby Boone
1976/09/11 16 1 2 Play That Funky Music Wild Cherry
1977/08/06 15 1 5 I Just Want To Be Your Everything Andy Gibb
1977/07/02 15 1 4 Undercover Angel Alan O'Day
1977/08/27 12 1 3 Best Of My Love The Emotions
1977/11/05 12 2 5 Boogie Nights Heatwave
1976/08/07 12 1 5 Don't Go Breaking My Heart Elton John & Kiki Dee

Radio & Recrds

Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1974/11/22 12 1 4 Kung Fu Fighting Carl Douglas
1975/06/06 12 1 6 Love Will Keep Us Together Captain & Tennille
1977/10/14 12 1 6 You Light Up My Life Debby Boone
1977/11/25 12 1 4 How Deep Is Your Love Bee Gees
1974/02/08 11 1 6 Seasons In The Sun Terry Jacks
1974/04/19 11 1 4 The Loco-Motion Grand Funk
1975/02/21 11 1 5 Have You Never Been Mellow Olivia Newton-John
1975/04/04 11 1 5 Philadelphia Freedom Elton John
1975/12/19 11 1 5 I Write The Songs Barry Manilow
1976/06/25 11 1 4 Afternoon Delight Starland Vocal Band
1976/11/12 11 1 5 Tonight's The Night (Gonna Be Alright) Rod Stewart
1977/06/24 11 1 2 Undercover Angel Alan O'Day
1977/07/29 11 1 3 I Just Want To Be Your Everything Andy Gibb

 


1978年-1984年
Billboard
Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1982/08/07 16 2 4 Hurts So Good John Cougar
1978/12/09 15 1 5 Le Freak Chic
1980/10/04 15 1 3 Another One Bites The Dust Queen
1981/11/21 15 1 10 Physical Olivia Newton-John
1981/11/28 15 2 10 Waiting For A Girl Like You Foreigner
1982/07/24 15 1 6 Eye Of The Tiger Survivor

Cash Box

Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1981/11/21 17 1 8 Physical Olivia Newton-John
1980/10/04 17 1 4 Another One Bites The Dust Queen
1983/05/28 16 1 6 Flashdance...What A Feeling Irene Cara
1981/08/15 16 1 9 Endless Love Diana Ross & Lionel Richie
1983/07/16 15 1 7 Every Breath You Take The Police
1980/11/15 15 1 4 Lady Kenny Rogers
1982/07/31 15 1 4 Eye Of The Tiger Survivor

Record World

Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1980/10/04 20 1 6 Another One Bites The Dust Queen
1979/01/20 17 2 2 Y.M.C.A. Village People
1978/02/04 16 1 6 Stayin' Alive Bee Gees
1978/12/16 16 1 7 Le Freak Chic
1981/11/21 16 1 9 Physical Olivia Newton-John
1978/07/29 15 1 1 You're The One That I Want John Travolta & Olivia Newton-John

Radio & Recrds

Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1981/12/18 13 1 8 I Can't Go For That (No Can Do) Daryl Hall & John Oates
1978/01/27 12 1 6 Stayin' Alive Bee Gees
1978/03/10 12 1 6 Night Fever Bee Gees
1980/11/07 12 1 5 Lady Kenny Rogers
1981/11/06 12 1 6 Waiting For A Girl Like You Foreigner
1983/01/07 12 1 5 Down Under Men At Work
1983/07/01 12 1 8 Every Breath You Take Police

 


1985年-1991年
Billboard
Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1991/12/14 11 2 3 It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday Boyz II Men
1986/01/18 10 1 4 That's What Friends Are For Dionne & Friends
1989/12/23 10 1 3 Another Day In Paradise Phil Collins
1990/04/21 10 1 4 Nothing Compares 2 U Sinead O'Connor
1990/06/09 10 3 4 Poison Bell Biv DeVoe
1990/12/08 10 1 3 Because I Love You (The Postman Song) Stevie B
1990/12/15 10 2 1 From A Distance Bette Midler
1991/06/08 10 2 4 I Wanna Sex You Up Color Me Badd
1991/07/27 10 1 7 (Everything I Do) I Do It For You Bryan Adams
1991/12/07 10 1 7 Black Or White Michael Jackson

Cash Box

Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1985/09/21 12 1 4 Money For Nothing Dire Straits
1985/11/30 11 1 1 Separate Lives (Love Theme From White Nights) Phil Collins & Marilyn Martin
1985/12/07 11 1 2 Broken Wings Mr. Mister
1985/12/21 11 1 5 Say You, Say Me Lionel Richie
1991/02/02 11 1 1 The First Time Surface
1985/04/13 11 1 5 We Are The World USA For Africa

Radio & Recrds

Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1990/11/30 11 1 1 I'm Your Baby Tonight Whitney Houston
1989/12/01 10 1 6 Another Day In Paradise Phil Collins
1990/12/07 10 1 2 Because I Love You (The Postman Song) Stevie B.
1991/02/22 10 1 4 Someday Mariah Carey
1991/06/07 10 1 5 Rush, Rush Paula Abdul
1991/07/26 10 1 6 (Everything I Do) I Do It For You Bryan Adams

 


1992年-1995年
Billboard
Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1993/07/31 24 2 7 Whoomp! There It Is Tag Team
1994/11/12 23 3 11 Another Night Real McCoy
1994/08/27 22 1 14 I'll Make Love To You Boyz II Men
1995/09/09 22 1 3 Gangsta's Paradise Coolio
1994/03/12 21 1 6 The Sign Ace Of Base

Cash Box

Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1994/09/03 21 1 13 I'll Make Love To You Boyz II Men
1995/09/16 21 1 3 Gangsta'S Paradise Coolio featuring L.V.
1994/12/17 19 2 7 Another Night Real McCoy
1994/07/09 18 1 3 Don'T Turn Around Ace Of Base
1992/09/12 18 1 10 End Of The Road Boyz II Men
1995/10/07 18 1 9 Fantasy Mariah Carey
1995/12/09 18 1 11 One Sweet Day Mariah Carey & Boyz II Men
1995/04/15 18 1 6 I Know Dionne Farris
1994/08/20 18 1 2 Stay(I Missed You) Lisa Loeb & Nine Stories
1993/11/27 18 3 5 All That She Wants Ace Of Base

Radio & Recrds

Peak Date TOP10 Peak PK Title Artist
1994/11/18 26 1 4 Another Night Real McCoy
1994/02/04 20 1 12 The Sign Ace Of Base
1994/07/01 20 1 6 Don't Turn Around Ace Of Base
1993/04/02 19 1 7 Two Princes Spin Doctors
1994/08/12 19 1 4 Stay (I Missed You) Lisa Loeb & Nine Stories
1995/03/17 19 1 9 I Know Dionne Farris
1995/08/04 19 1 8 Kiss From A Rose Seal

 

スポンサーサイト
  1. 2019/01/19(土) 18:06:05|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

全米四大チャートの年別TOP10シングルの推移-総数編-

 リクエストにお応えして全米四大チャート(Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR))の年別TOP10シングルの推移を3回に分けてご紹介します。第一回目は年別のシングル数。
 対象期間は、RRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月までの間で、12か月フルにカウントできる1974年から1995年までの22年間としました。 

■四大チャートの年別TOP10シングルの推移
  BB CB RR RW 平均
1974 109 121 92 110 108
1975 109 114 86 107 104
1976 90 99 92 87 92
1977 88 96 83 85 88
1978 77 87 88 75 82
1979 80 83 96 75 84
1980 82 77 90 89 85
1981 78 79 86 72 79
1982 71 73 91   78
1983 87 77 96   87
1984 89 88 106   94
1985 108 102 105   105
1986 109 103 105   106
1987 112 99 106   106
1988 113 103 113   110
1989 117 112 108   112
1990 108 109 105   107
1991 102 90 95   96
1992 68 81 105   85
1993 57 68 55   60
1994 54 53 57   55
1995 58 62 55   58
合計 1966 1976 2015 700





 総体的に70年代後半からTOP10ヒットの数が減り、1982年をボトムに増加。90年代に入り再び減少していることが分かります。
数値が大きいほどチャートの回転が速く、逆ならば遅いということになります。
 22年間のTOP10ヒットの総数はRRが2015作で年平均91.6作、次いでCB1976作(年平均89.8作)、BB1966作(年平均89.4作)、RW700作(8年間・年平均88作)という順となっています。


 次回はTOP10シングルのあれこれをご紹介いたします。
  1. 2019/01/12(土) 18:39:46|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:6

最高位1位にも拘わらず年間チャートにランク・インできなかったアルバム (Billboard編)

 リクエストにお応えして「最高位1位にも拘わらず年間チャートにランク・インできなかったアルバム(Billboard)」をご紹介します。
 対象はモノラル、ステレオ両チャートが統一された1963/8/17付から、Billboard(BB)がサウンドスキャンの売上データを導入する前週の1991/5/18付まで。これ以降は初登場1位が頻発し、年間入りを逃す№1アルバムも珍しくなくなりますのでご了承ください。

 この間BBアルバムチャートで1位に輝いたアルバムは286作。そのうち年間チャートにランクインできなかったアルバムは7作。№1シングルで年間チャートにランクされなかった作品が28作なので希少性が高いということができるでしょう。

■最高位1位で年間チャートにランク・インできなかったアルバム
Title Artist 初チャートイン
日付
初№1日付 最終チャートイン
日付
TOP
200
TOP
100
TOP
10
TOP
5
TOP
3
№2 1
Ode To Billie Joe Bobbie Gentry 1967/09/16 1967/10/14 1968/04/13 30 22 10 6 4 2 2
Imagine John Lennon 1971/09/18 1971/10/30 1972/07/29 45 34 12 8 4 2 1
Santana Santana 1971/10/16 1971/11/13 1972/07/15 39 33 11 9 7 1 5
Bad Company Bad Company 1974/07/27 1974/09/28 1975/08/23 56 24 8 7 5 2 1
So Far Crosby,Stills,Nash & Young 1974/09/07 1974/11/02 1975/03/15 27 18 5 2 2 1 1
Wish We Were Here Pink Floyd 1975/09/27 1975/10/04 1976/06/26 39 22 9 8 6 2 2
Hold Out Jackson Browne 1980/07/19 1980/09/13 1981/04/11 38 32 13 9 9 7 1

 いずれも年間チャート集計の端境期にチャートインするという不利な条件ではありますが、"SantanaⅢ"は5週1位に輝き、"Bad Company"はTOP200の滞在が56週で翌年(1975年)の8/23付までチャートインしているにも拘わらず、年間入りできませんでした。
 ちなみに年間入りできなかった7作の年間チャート対象期間(1967年から1981年の15年間)に年間チャートにランクインした作品は延べ1500作。うち最高位がTOP50に届かなかった作品は22作、TOP10入りできなかった作品は実に668作に上ります。どんな集計をしていたのか興味深いものがあります。

 なお、最高位2位で年間入り出来なかったアルバムは6作(同期間中に最高位2位を記録したアルバムは126作)となっております。


■最高位2位で年間チャートにランク・インできなかったアルバム
Title Artist 初チャートイン
日付
初№1日付 2
週数
TOP
200
Summer Days(And Summer Nights!!) Beach Boys 1965/07/24 1965/09/04 1 33
Through The Past,Darkly(Big Hits Vol.2) Rolling Stones 1969/09/13 1969/10/11 2 32
Never A Dull Moment Rod Stewart 1972/08/12 1972/09/09 3 36
We're An American Band Grand Funk 1973/08/18 1973/09/22 2 35
The Beatles At The Hollywood Bowl Beatles 1977/05/21 1977/06/11 2 17
Who Are You Who 1978/09/09 1978/10/21 2 30


  1. 2019/01/03(木) 18:15:20|
  2. US年間チャート
  3. | コメント:4

2年連続で年間チャートにランクインしたシングル(Billboard編)

 最高位1位にも拘わらずランク・インしなかった曲TOP10ヒットながら年間チャートにエントリーしなかったシングルがある一方、2年連続で年間チャートにランクインしたシングルも存在します。

 今回は、2年連続で年間チャートにランクインしたシングル特集のBillboard編。
 対象期間は1955年から、売上データシステムNielsen SoundScanが導入され、チャート滞在が極端に長期化し、連続年間チャートランクインが頻発するようになった1991年以前まで。
 なお、年間チャートのチャートサイズは1955年TOP30、1956年から1958年TOP50、1959年以降TOP100。1958年のHOT100導入以前は"Best Selling Records"チャートを使用しています。
 また集計期間は12月第1週から翌年11月最終までですが、1985年以前は11月から10月まででした。

 対象期間内に2年連続年間シングルチャートにランクインしたシングルは12枚。HOT100(1958年8月4日付)以降では8枚。1960年代はゼロ、1970年代2枚、1980年代以降5枚という内訳となっています。

■2年連続で年間チャートにランクインしたシングル(1955年-1991年)
Title Artist 最高位 年間
順位
1
年間
順位
2
初登場日付 最高位日付 週数   最終チャートイン
日付
100 40 10
Sixteen Tons Tennessee Ernie Ford 1 13 1955 22 1956 1955/11/12 1955/11/26 3 14 1956/03/03 17 17 16
The Green Door Jim Lowe 2 19 1956 44 1957 1956/09/29 1956/11/10 7 14 1957/02/16 21 21 18
Blueberry Hill Fats Domino 3 41 1956 46 1957 1956/10/13 1957/01/19 15 5 1957/02/23 20 20 15
Singing The Blues Guy Mitchell 1 40 1956 7 1957 1956/11/03 1956/12/08 6 14 1957/03/16 20 20 16
Heartaches By The Number Guy Mitchell 1 88 1959 93 1960 1959/10/05 1959/12/14 11 5 1960/02/15 20 16 10
I Love The Night Life (Disco 'Round) Alicia Bridges 5 88 1978 64 1979 1978/07/08 1978/12/23 25 6 1979/02/03 31 19 7
Rise Herb Alpert 1 80 1979 54 1980 1979/07/28 1979/10/20 13 12 1980/01/12 25 15 9
Arthur's Theme(Best That You Can Do) Christopher Cross 1 64 1981 98 1982 1981/08/15 1981/10/17 10 14 1982/01/23 24 17 12
Gloria Laura Branigan 2 75 1982 56 1983 1982/07/10 1982/11/27 21 15 1983/03/12 36 22 10
Love Shack B-52's 3 47 1989 78 1990 1989/09/02 1989/11/18 12 15 1990/03/03 27 17 6
Blame It On The Rain Milli Vanilli 1 21 1989 46 1990 1989/10/07 1989/11/25 8 15 1990/03/10 23 14 6
Love Takes Time Mariah Carey 1 76 1990 69 1991 1990/09/15 1990/11/10 9 17 1991/03/09 26 18 7



I Love The Night Life (Disco 'Round)/Alicia Bridges
 1978/07/08付86位でHOT100ニューエントリー(NE)。10週後の9/9付でTOP40入り。TOP10入りは登場21週目の11/25付。最高位は12/23付の3位。翌1979/02/03付を最後にHOT100圏外に。HOT100 31週のロングランヒット。
 ピークを記録したのが登場25週目、HOT100翌年2月第一週目までHOT100に止まっていたということで、"Heartaches By The Number"(Guy Mitchell)の1959年-1960年以来、19年ぶりの2年連続年間チャート入り(1978年88位、1979年64位)シングルとなりました。
 ちなみにHOT100 31週はDecade(1970年代)3位タイのロングランヒット。

Rise/Herb Alpert
 HOT100登場は1979/07/28付(83位)、TOP40入りは8/25付、TOP10入り09/22付、そして10/13付で№1に到達。ちなみにDon't Stop 'Til You Get Enough/Michael JacksonはRiseと同一週にHOT100にNEし、ほぼ同じ軌跡を辿りましたが、滞在週が少なく2年連続の年間入りを逃しています。

Arthur's Theme (Best That You Can Do)/Christopher Cross
 HOT100入りは1981/08/15付、TOP40入りが登場3週目、TOP10入り5週目の9/12付、そして登場10週目の10/17付で№1に到達。翌1982年1月23日付までHOT100に止まりました。(HOT100滞在24週)。
年間チャートのランクは1981年98位、翌82年71位。
 年度は異なりますが、同様ほぼ同様の動きをしたI Just Called To Say I Love You/Stevie WonderとCaribbean Queen/Billy Oceanは2年連続年間入りならず。
 Arthur's Themeが連続年間入りなら、I Just Called...も良さそうなものですが...

■Arthur's Theme、I Just Called To Say I Love You、Caribbean Queenの比較
Title Artist 初登場
順位
HOT
100
日付
TOP
40
日付
TOP
10
日付
初№1日付 最終HOT
100
日付
100 40 10
Arthur's Theme C.Cross 71 1981/08/15 1981/08/29 1981/09/12 1981/10/17 1982/01/23 24 17 12
I Just Called To Say I Love You S.Wonder 58 1984/08/18 1984/09/01 1984/09/22 1984/10/13 1985/02/09 26 15 10
Caribbean Queen B.Ocean 85 1984/08/11 1984/09/08 1984/10/13 1984/11/03 1985/02/02 26 15 7
  1. 2018/12/31(月) 20:19:55|
  2. US年間チャート
  3. | コメント:2

1980年代 Billboard 最高位別 Favorite Songs(最高位101位編)

久々のBillboard(BB)最高位別のお気に入り曲特集。
今回からBubbling Under Chartr(B.U)(101位以下)をご紹介。

1959年6月1日付から1985年8月24日付まで約26年間、 BBではHOT100以下(101位以下)のランクを発表していた時期がありました。対象となるランクは、115位や120位までの時期、さらに多いときには135位前後まで、時代によりバラツキが見られましたが、1974年7月13日からは、110位までに固定されました。
 1985年8月24日付を最後に休止状態にあったB.Uチャートは、1992年12月5日付から再開され、現在に至るまで25位(125位)までのランキングとして発表されています。

まずは最高位101位のTOP5。1980年代(といっても5年強ですが)に最高位101位を記録したシングルは85作。
うち48作が1週のみですが、4週以上101位に止まった作品も7作に上ります。
最長記録は"Nasty Girl"(Vanity 6)の7週連続101位!
HOT100にエントリーするより、よほど難しい、珍記録と言えるでしょう。

で、FavoriteTOP5は以下のとおり
1位 1982/05/01 Try Jah Love-Third World
2位 1983/04/09 Red Skies-The Fixx
3位 1985/06/29 Save Your Love (For #1)-René & Angela
4位 1982/09/18 What!-Soft Cell
5位 1984/04/28 Beat Box-The Art Of Noise

1位…邦題「ラブ・アイランド」。スティーヴィー・ワンダープロデュースのレゲ・ポップ(創作)の名作。というより、スティーヴィー・ワンダーそのもの?
2位…緊張感漲るFixxらしい快作。てっきりHOT100入りしていたと思っていたのですが...
3位…UKチャートで1982年12月18日付から4週間1位に輝いたイタリアン・オペラポップ(創作)の傑作。どういうわけか3年後の1985年に全米でプチ・ヒット。クセになる曲です。
4位…UKでは3位の大ヒット曲。USでは"Tainted Love"の後を受け、HOT100入りを目指すも直前で力尽きる。エレポップの名曲。
5位…少し早すぎました。数年後ならHOT100入りは確実?

■1980年代 Billboard 最高位101位 全作品リスト
Peak Date Wks Wks
at PK
Title Artist
1980/01/12 3 1 My Feet Keep Dancing Chic
1980/02/02 6 1 You Know How To Love Me Phyllis Hyman
1980/02/09 1 1 Ravel's Bolero Henry Mancini
1980/02/16 5 2 The Very First Time Michael Johnson
1980/03/22 8 2 Shriner's Convention Ray Stevens
1980/04/26 3 1 Reach Your Peak Sister Sledge
1980/05/10 3 2 Got To Be Enough Con Funk Shun
1980/06/14 3 1 You Got Me Tommy James
1980/06/21 6 2 Sitting In The Park Gq
1980/07/19 6 1 Does She Have A Friend? Gene Chandler
1980/09/20 4 2 The Rest Of The Night Cliff Newton
1980/10/04 10 1 You May Be Right The Chipmunks
1980/10/11 2 2 I Ain't Much Atlanta Rhythm Section
1980/10/25 1 1 Ashes To Ashes David Bowie
1980/11/01 3 3 Bomb Iran Vince Vance And The Valiants
1980/11/29 6 1 Uptown Prince
1980/12/06 4 1 That's All That Matters To Me Mickey Gilley
1980/12/27 5 4 Silver Eagle Atlanta Rhythm Section
1981/03/21 6 1 Praise Marvin Gaye
1981/04/18 7 5 When Love Calls Atlantic Starr
1981/05/30 7 1 Magic Man Robert Winters And Fall
1981/06/20 9 6 Pull Up To The Bumper Grace Jones
1981/10/10 5 2 Talk To Ya Later The Tubes
1981/10/24 4 1 It's Over Teddy Baker
1981/11/14 3 1 Too Late The Hero John Entwistle
1981/12/05 7 3 Sandy Beaches Dilbert Mcclinton
1981/12/26 7 3 Hit And Run Bar-Kays
1982/02/13 5 3 Rain Is Falling Elo
1982/03/06 3 3 If You Think You're Lonely Now Bobby Womack
1982/03/27 2 1 Mountain Music Alabama
1982/05/01 10 1 Try Jah Love Third World
1982/05/08 5 1 Just Be Yourself Cameo
1982/05/15 4 1 I Just Want To Satisfy The O'Jays
1982/06/12 5 2 Big Band Medley Meco
1982/07/24 6 3 Dance Floor (Part 1) Zapp
1982/08/07 6 1 Last Night Stephanie Mills
1982/08/14 5 1 Which Man Are You Tommy Tutone
1982/08/21 6 2 Don't Throw It All Away Stacy Lattisaw
1982/09/18 7 2 What! Soft Cell
1982/10/16 8 1 Favourite Shirts (Boy Meets Girl) Haircut One Hundred
1982/10/23 10 1 If This World Were Mine Cheryl Lynn With Luther Vandross
1982/10/30 15 7 Nasty Girl Vanity 6
1982/12/18 9 4 Jump Loverboy
1983/02/05 10 5 Heartbeats Yarbrough And Peoples
1983/03/12 4 2 I've Made Love To You A Thousand Times Smokey Robinson
1983/03/26 6 2 Last Night A D.J. Saved My Life Indeep
1983/04/09 5 1 Red Skies The Fixx
1983/04/16 9 3 Atomic Dog George Clinton
1983/05/14 4 2 Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye Bananarama
1983/06/04 7 1 Just Another Saturday Night Alex Call
1983/06/11 6 2 Candy Man Mary Jane Girls
1983/06/25 3 1 Between The Sheets The Isley Brothers
1983/07/09 4 2 Two Hearts Beat As One U2
1983/07/30 3 1 All The Love In The World Dionne Warwick
1983/08/20 8 1 All Night Long Mary Jane Girls
1983/10/01 4 1 Party Train The Gap Band
1983/10/29 3 1 Party Animal James Ingram
1983/11/19 3 1 U Bring The Freak Out Rick James
1983/12/10 8 1 Make Believe It's Your First Time Carpenters
1983/12/17 10 2 White Lines (Don't Don't Do It) Grandmaster Flash And Melle Mel
1984/01/21 5 1 Popcorn Love New Edition
1984/02/11 7 1 You Can Count On Me Shalamar
1984/04/28 5 2 Beat Box The Art Of Noise
1984/06/16 3 1 Reunited Greg Kihn Band
1984/07/07 8 2 Lovelite O'Bryan
1984/08/04 2 1 Fine, Fine Line Andy Fraser
1984/08/11 5 1 Outrageous Lakeside
1984/08/18 3 1 Rescue Me Duke Jupiter
1984/08/25 1 1 Young Hearts Commuter
1984/09/15 5 1 Rock You Helix
1984/09/22 8 2 Don't Stand Another Chance Janet Jackson
1984/10/20 4 2 So Fine Marc Anthony Thompson
1984/11/10 5 1 Playin' It Cool Timothy B. Schmit
1985/01/12 6 1 Skylark Linda Ronstadt
1985/02/23 2 1 I Want To Know What Love Is New Jersey Mass Choir Feat. D.Harper & S.Mcgee
1985/03/02 2 1 Premonition Jack Wagner
1985/03/30 6 2 Bad Habits Jenny Burton
1985/04/06 4 1 Tore Down A La Rimbaud Van Morrison
1985/04/20 2 1 Can You Feel It Fat Boys
1985/04/27 8 2 Innocent Alexander O'neal
1985/05/25 6 2 Sanctified Lady Marvin Gaye
1985/06/15 5 1 Material Thangz The Deele
1985/06/29 1 1 Save Your Love (For #1) Ren? & Angela
1985/07/06 5 1 Double Oh-Oh George Clinton
1985/07/20 9 5 It's Over Now Luther Vandross




  1. 2018/12/28(金) 21:15:36|
  2. お気に入りの曲
  3. | コメント:0

"MS-DB-CD4000"Vol.3

 "MS-DB-CD4000"のVol.3は”私撰【Blue Note】この10枚”と銘打ち、大胆にもBlue Noteの作品(所有する)
から個人的に十枚を選んでみました。
 選んだ10枚は1990年に購入したもの7枚、翌91年が2枚、そして93年が1枚。
 つまり、ここで選んだ10作は四半世紀以上前から固定されていた、ということになります。
 30年近く前、狂ったように、浴びるように聴きこんだことを思い出します。三つ子の魂百まで(苦笑)

※タイトル、アーティスト、カタログ№、CD購入日
1
Blue And Sentimental
Ike Quebec
4098
1990/06/28

 ケベックの咽び啼くテナー、グリーンのブルーなギター、ジョー・ジョーンズの繊細なブラッシング。
 世に「ムード音楽」、数あれど、ここまで「真のムード音楽」を探求した作品はない(断言)
2
Feelin' The Spirit
Grant Green
4132
1990/05/08

「神との対話」がゴスペルの本質であるとしたら、紛れもなくこの作品はゴスペル。
 グリーンのギターを媒介とし、「神との対話」を可能にした不世出の作品、とは言い過ぎか。
 青臭いハンコックとエモーショナルかつ執拗なフレージングのグリーンの掛け合いに陶酔。
3
Born To Be Blue
Grant Green
4432
1990/05/21

 1/4 世紀の永きに亘り、発表が見合わせれていた作品。
 邪推すれば
1961年当時のグリーンの作風としては、あまりにも「雅」過ぎたのでないのでしょうか。
 タイトル曲でのケベックのブローには驚愕を禁じ得ません。
 常に"Blue And Sentimental"と対で聴く隠れた名盤。
4
Portrait Of Sheila
Sheila Jordan
9002
1991/01/11

 ヴォーカルとブルーノートは縁遠い。
 しかし、その数少ない作品がジャズヴォーカル史上極上の作品に仕上がるとは...。
 ギター・ベース・ドラムのシンプルな編成の中に、シーラの妖艶な声が響きます。
 はじめの一音からゾクゾクするヴォーカルアルバムの逸品。
 "洒落たバー"のBGMにはしないでね。
5
Introducing Kenny Burrell
Kenny Burrell
(1523)
1990/09/17

 煽るキャンディドのコンガ、フラナガンのピアノも縦横に跳ねる。それに応え疾走するバレル。
 バレル初のリーダーアルバムは、バレルが若さと気負い溢れた、うねるようなジャズを聴かせてくれます。
 70年代以降の渋さに満ちたバレルからは想像もつかない、躍動感!
6
Happenings
Bobby Hutcherson
4231
1990/09/20

 聴くたびに「海」を連想させる作品。
 ハッチャーソンのヴァイブ、ハンコックのピアノが紡ぎだす、時には穏やかな南海、時には極寒の荒々しい海。
 これほど情景が浮かび上がる作品は、ないでしょう。
7
Bass On Top
Paul Chambers

1521
1990/06/28

 ベースが、ここまで表情豊かに唄う楽器だったとは、と驚いてしまいます。
 その太い音色に急逝したチェンバースの魂が伝わります。
バレルのギターが、いつになく神妙で、哀しい、とは思い過ごしか。
 50年代をリードしたベーシストの二十代半ばにしての集大成。
8
Sal Salvador Quintet
Sal Salvador
5035
1990/09/17

 サルの唯一のブルーノート盤。
 1989年にタル・ファーロウ、ルー・メッカの作品とカップリングで世界初CD化されました。
 いつでも口ずさめるようなホーンライクで、メロディアックな音色は、心和ませてくれます。

 文字通り"Get Happy"な作品。
9
Beautiful
Candido
(4357)
1993/11/09

 ブルーノートは早くから、コンガやボンゴなどアフリカンパーカッションに注目していましたが、リーダー作はブルーノート随一の珍盤と呼ばれる
サブーの「
PALO CONGO(1561)、ソロモン・イロリの「AFRICAN HIGHLIFE(4136)
そしてこのキャンディドと三作のみ。
 この作品は前二作に比べ、ラテンフュージョンフレーバー満載の楽しいジャズ。走れ、キャンディド!
10

Foreign Intrigue
Tony Williams
85119
1991/06/21

 十撰唯一の新生ブルーノートの作品(1985年)。
 センスの悪いジャケット(失礼)とのっけから電子ドラム、ということでしばらく敬遠。
 しかし、改めて聴き直すと、瑞々しいフレーズで埋め尽くされる紛れもない新主流派の音。
 このメンバーがロックを通過し、ジャズに回帰するとこういう音になります、といった感じでしょうか。
 いまやBN十撰には欠かせないアルバム。

  1. 2018/12/14(金) 18:31:23|
  2. 与太話
  3. | コメント:0

"MS-DB-CD4000"Vol.2

 前回のジャンル別に続き、Vol.2ではアーティスト別に4000枚を分類してみました。
 こちらはジャンル別に比べ遥かに分かり易く、カンタン。原則、共演名義は最初にアーティスト名が記されているほう(George Benson & Joe Farreell→George Benson、YMO/Human League”→ YMO等)にカウントしました。
 「同一アルバムで複数枚」(リマスター盤・再発盤・デラックスエディション盤等)はそれぞれ1枚にカウントしました。

 10枚以上のアーティストは以下のとおりで43組。そのアーティストの最初に購入した作品とカタログナンバー、そして購入日、アーティストのジャンルを記しました。
 もっとも多くのCDを保有するアーティストは、Grant Greenの41枚、これに39枚のGeorge BensonとKenny Burrellが続きます。上位3傑は奇しくもジャズギタリストで占めることになりました。
 
Grant Green
 最初に購入したGreenのCDは、"Idle Moments"(US盤 CDP 7 84154 2)で1989年7月のこと。この1989年はちょうどBlue Note創設50周年にあたり、同レーベルの旧作が続々とCD化を始めた年にあたります。世界的なアシッドジャズ(ソウルジャズ)ブームとも重なり、正統的なジャズファンから見向きもされなかった未発表盤も“発掘”され陽の目を見ることになりはじめたころでもあります。こうしたブームも多分に影響したことでしょう、1993年5月、東芝EMIの「歴史的英断」によりBlue Noteの核心ともいえる4000番台全てが、3年以上を掛けCD化されることとなりました。カタログナンバー順に、しかも毎月!
 定期購読していた「スイングジャーナル」でこの報に接し狂喜乱舞。毎月第4水曜日を心待ちにしたのは、もう四半世紀前のことになるのですねえ。
 ここから一気にG.Green作品の収集ペースが加速します。「完全ブルーノート・ブック」(1987年ジャズ批評社)を片手にリーダー作品以外にも食指を伸ばし、足掛け30年でG.Greenリーダー作は41枚(リマスター盤・再発盤・デラックスエディション盤含む)に。
 未だに発掘されていない音源もあるというから、この枚数はまだまだ増えることでしょう。

George Benson
 ある評論家がGeorge Bensonをこう評していました。
 「もしBensonの歌が聴けないとしたら、ちょっと寂しいものの、といって落ち込むほどではない。一方ギターが聴けないとしたら、これは本当に悲しくなってしまう」 
 なるほど、蓋し名言。しかし、私はBensonのヴォーカル曲は全部飛ばして聴いている輩ですが...
 Prestigeに残したブラザー・ジャック・マクダフ・グループのギタリスト時代に始まりColumbia、A&M、CTIを経て、「BREEZIN'」で一気にポップ・フィールドに進出したWarner時代...。この後のエンターテイナーとしての活躍はご存知のとおり。
 どの時代をとっても、また4ビートでも8ビートでも16ビートでも、その超絶したギターは際立っていますが、もっともお気に入りなのはCTIに残した作品群。ジャズとPOPの両者の魅力がギッシリと詰まった快作が揃っており、実は彼のキャリアの中で、最も充実した時期なのでは?

Kenny Burrell
 1956年の初レコーディング以来、リーダー作は100枚を超え、サイド・マンとして参加したアルバムは、実に600枚とも700枚とも言われる、ジャズ・ギタリストの最高峰に位置するKenny Burrell。
 87歳の現在も健在でリーダー作を発表し続けているというから驚きのひとこと。
 彼のギタースタイルはとかく「都会的で、ハードボイルド」なんて形容されますが、通底するのは紛れもなくブルースであることは間違いありません。
 初Burrell CDはベタな"Midnight Blue"。聴き始めは"Chitlins Con Carne"にノックアウトされましたが、30年近く経った今、"Mule" に打ち震え、"Soul Lament"に涙する日々(苦笑)。

41
Grant Green
Jazz/Fusion

Idle Moments
 CDP 7 84154 2
 1989/07/08
39
George Benson
Jazz/Fusion
Greatest Jazz
 JC-1603
 1990/05/15
39
Kenny Burrell
Jazz/Fusion
Midnight Blue
 CP32-5229
 1990/07/09
26
Kraftwerk
Techno/House/Electro
Electric Cafe
 CDP 0777 7 46416 2 3
 1987/06/23
23
Pat Metheny/Group
Jazz/Fusion
Letter From Home
 22P2-2874
 1992/02/13
22
808 State
Techno/House/Electro
90
 246 461-2
 1990/03/15
20
Boston
Rock/Pops
Don't Look Back
 EK 35050
 1987/11/14
19
Joe Jackson
Rock/Pops
Body And Soul
 CD-3286
 1987/11/21
19
Heaven 17
Rock/Pops
Pleasure One
 32VD-1055
 1986/12/27
18
Daryl Hall & John Oates
Rock/Pops
Rock'n Soul Part1
 BVCP-5017
 1991/02/19
18
Depeche Mode
Rock/Pops
The Singles 81-85
 CD MUTEL 1
 1987/03/06
18
Herbie Hancock
Jazz/Fusion
Perfect Machine
 CK-40025
 1988/05/24

17枚~14
17 Human League
Rock/Pops
Love And Dancing
 CDOVED 6
 1987/02/13
17 Fleetwood Mac
Rock/Pops
Greatest Hits
 25P2-2390
 1989/01/17
16 Cars
Rock/Pops
The Cars Greatest Hits
 32XD-373
 1986/02/02
16 Earl Klugh
Jazz/Fusion
Collaboration
 32XD-752
 1991/08/09
15 Toto
Rock/Pops
Past To Present 1977-1990
 CSCS 5220
 1990/06/28
14 Buzzcocks
Punk/Hardcore
Singles Going Steady
 Records CD 001
 1990/02/05
14 George Winston
Easy Listening/New Age/Healing
Autumn
 D25Y-5129
 1990/10/29
14 Ministry
Body/Industrial/Noise
Twelve Inch Singles 1981-1984
 WAXCD 035
 1992/07/22
14 KMFDM
Body/Industrial/Noise
Angst
 TVT 7202
 1993/12/25

 

13枚~10
13 Art Of Noise Rock/Pops In Visible Silence 1986/08/23
13 Donald Fagen Rock/Pops The Nightfly 1989/01/09
13 Wes Montgomery Jazz/Fusion Road Song 1990/05/09
13 Wedding Present Rock/Pops Bizarro 1994/12/29
12 Orchestral Manoeuvres In The Dark Rock/Pops The Pacific Age 1986/12/02
12 New Order Rock/Pops Substance 1987/08/20
12 Blood,Sweat & Tears Rock/Pops Blood,Sweat & Tears Greatest Hits 1987/11/15
12 Kansas Rock/Pops Leftoverture 1987/11/21
12 Ultravox Rock/Pops The Collection 1988/11/27
12 Ike Quebec Jazz/Fusion Blue And Sentimental 1990/06/28
11 Talk Talk Rock/Pops It's My Life 1987/06/14
11 Exploited Punk/Hardcore Death Before Dishonour 1988/12/06
11 Chickenshack Jazz/Fusion Chickenshack 1991/08/23
11 David Bowie Rock/Pops Sound And Vision 1992/02/13
11 Dionne Warwick Soul/R&B Greatest Hits 1979-1990 1995/03/23
11 Chemical Brothers Rock/Pops Exit Planet Dust 1995/10/27
11 Fatboy Slim Rock/Pops Palookaville 2014/03/24
10 Thompson Twins Rock/Pops Quick Step And Side Kick 1988/04/10
10 Meat Beat Manifesto Body/Industrial/Noise Satyricon 1993/06/22
10 Al Kooper Rock/Pops Super Session 1988/01/23
10 Art Blakey Jazz/Fusion The Big Beat 1991/03/27
10 Steely Dan Rock/Pops Steely Dan Featuring W.Becker&D.Fagen 1989/09/21


  1. 2018/12/07(金) 21:19:29|
  2. 与太話
  3. | コメント:0

"MS-DB-CD4000"Vol.1

 先日(11/23)、"Wes Montgomery Plays Latin And"(Wes Montgomery 1988年 ビクターVDJ-28050)を入手。
 これで1985年12月2日に購入した"Chicago17"(ワーナー32XD-314)から33年を経て、ちょうど4000枚目(Maxi-single含む)の購入CDとなりました(すでに手元にないものもかなりありますが…)。

 これを機に、購入CDデータをまとめたDBを(再)整備しようと発起。
 現在のDB項目である購入日、タイトル、アーティスト、購入店、購入価格、その他(再購入盤、枚組、プラスDVD等。一部カタログナンバー)に加え、収録曲やジャンル等も加えてみたいと作業に取り掛かりましたが、これが予想以上に難しい。
 
 そもそもジャンルの定義から始まり、盤で分類するのか、アーティストで分類するのか、改めて日本盤・輸入盤や「枚組」の定義とは? 複数のアーティストによるアルバムの扱いは?...数え上げればきりがない。
 例えば、日本盤・輸入盤の定義。CD黎明期の80年代中盤頃までは、「西ドイツ盤等の輸入盤の日本仕様盤」が少なくありませんでした。これは西ドイツでプレス・製造し(Made In West Germany)固有のカタログナンバーが付された盤(輸入盤)に日本語解説や対訳、帯をつけ、日本盤としてカタログナンバーをつけ販売したもので、ふたつのカタログナンバーが並立することになります(Warner系に多く見られました)。

 とりあえず、アーティスト名でジャンル分けしようといくつかの類型に分類すること数回、試行錯誤の末、「えいやっ」と
「Rock/Pops」
「Jazz/Fusion」
「Techno/House/Electro」
「Body/Industrial/Noise」
「Soul/R&B」
「Punk/Hardcore」
「Easy Listening/New Age/Healing」
「Funk/Hip-Hop」
「Blues」
「Classic」
「日本」
「O.S.T」
「V.A.」
「その他」
の13分類(+その他)を強引に設定したところまでは良かったのですが…。

 Dan Hartmanの”Instant Replay”は「Rock/Pops」だが”New Green/Clear Blue”は「Easy Listening/New Age」だよな?、John CageやSteve Reichは「Rock/Pops」「Jazz/Fusion」「Classic」「その他」のどれ? 石野卓球は「Techno」?「日本」?
そもそも「Rock/Pops」にPaul Ankaや Andrews SistersとともにBauhausやPop Groupが分類されることに強い違和感が(苦笑)
 
 とはいうものの、大まかにアーティストのジャンルで4000枚を分類し、微調整を加えつつ、備忘録("MS-DB-CD4000")をまとめてみようと思います。HP開設から19年目、ブログ開設から13年目にして初の私的データの開陳?

MS-DB-CD4000枚のジャンル別分類
ジャンル枚数比率
Rock/Pops176444.1%
V.A.85621.4%
Jazz/Fusion57214.3%
Techno/House/Electro1964.9%
Body/Industrial/Noise1333.3%
Soul/R&B1233.1%
Punk/Hardcore892.2%
Easy Listening/New Age/Healing862.2%
日本491.2%
O.S.T521.3%
Funk/Hip-Hop320.8%
Blues250.6%
その他150.4%
Classic80.2%
 4000100.0%




ジャンル別分類の考え方は以下のとおりです。

Bluesに含んだアーティスト・盤
 Blind Lemon Jefferson、Buddy Guy、Chris Thomas King、Hound Dog Taylor、Howlin Wolf、James Cotton、John Little John、Magic Sam、Memphis Slim、Mississippi John Hurt、Muddy Waters、Otis Rush、Robert Johnson、Robert Lockwood Jr.、Snooks Eaglin、T-Bone Walker、Willie Willis…
 いわゆる黒人の「どブルース」のみ。Paul Butterfield Blues BandやMike Bloomfield、John Mayall & The Bluesbreakers等の白人のブルースもどき(失礼)はRock/Popsに分類。

Jazz/Fusionに含んだアーティスト・盤
 いわゆる正統派ジャズ(デキシー、スイング、4ビート、メインストリーム等)とフュージョン(系)、ラテン、ジャズファンク等など。
 すこし(かなり)微妙ですが、以下のアーティストはこちらにカテゴライズしました。
Azymuth、Cab Calloway、Chuck Mangione、Fania All Stars、Guru、James Blood Ulmer、John Zorn、Kenny G.、Ocho、Pucho & Latin Soul Brothers、Shakatak、。
 渡辺貞夫、Square、村松健、近藤等則、高中正義、日野皓正、マリーン、カシオペア、マルタ、Chickenshack(チキンシャック・山岸潤史)は「日本」ではなく、Jazz/Fusionに、Ben Sidran、Meta Roos & Nippe Sylwens Band、Nina SimoneはSoul/R&Bに、Allan Holdsworth、Doris Day、Gipsy Kings、Manhattan Transfer、Sergio MendesはRock/PopsにMitch MillerはEasy Listening/New Age/Healingに分類。
 Chuck Mangione はEasy Listening/New Age、ShakatakはRock/Popsの方がいいのかしらん…

Techno/House/Electroに含んだアーティスト・盤
 このジャンルあたりから分類が難しく、困難に…
こちらもかなり微妙ですが、Bizarre Inc.、Coil、Dub Syndicate、L.A. Style、M/A/R/R/S、Meat Beat Manifesto、Mr. Fingers、Shades Of Rhythm、T-99、Tackhead Soundsystem、Todd Terry、Ultraviolence…もTechno扱いに。
またサンプリングCD等はV.A.ではなくコチラに含みました。
 Co-Fusion、石野卓球、Y.M.O、電気グルーヴ、ケン・イシイは「日本」ではなく、Technoに分類。


以下、次回に続く

  1. 2018/11/30(金) 22:06:37|
  2. 与太話
  3. | コメント:2

”聴き飽きた”-多くの"耳だこ"が含まれるコンピレーション盤

 多くの"耳だこ"が含まれるコンピレーション盤=耳だこコンピレーション盤はなにか?
 調査対象とした「80's」(1980年代)と銘打つ輸入コンピ盤1197枚の中で多くの"耳だこ"が含まれるコンピレーション盤=耳だこコンピレーション盤は"Fantastic 80's!"(1999年・UK盤・Sony Music TV-SONYTV37CD)。

 同作は1999年の2枚組UK盤で収録曲は40曲。"耳だこ"ランキングTOP10中、実に8曲、TOP20中12曲、収録曲の半数以上に当たる21曲が"耳だこ"ランキングTOP100にランクインという"耳だこ"ぶりを発揮。
 その一方、輸入コンピ盤1197枚に全く含まれない"I Can't Stand Up For Falling Down"(Elvis Costello & The Attractions/UKチャート4位)や"Annie I'm Not Your Daddy"(Kid Creole & The Coconuts/UKチャート2位)、"Swords Of A Thousand Men"(Tenpole Tudor)といった希少性の高いシングルも収録。闇ナベ的な味わいのあるコンピ盤といっても良いでしょう。

"Fantastic 80's!"収録曲
# Title Artist Rank
1 Wake Me Up Before You Go Go Wham! 17
2 The Reflex Duran Duran 21
3 Take On Me A-Ha 22
4 Come On Eileen Dexy's Midnight Runners 6
5 Karma Chameleon Culture Club 16
6 When The Going Gets Tough, The Tough Get Going Billy Ocean 66
7 Never Gonna Give You Up Rick Astley 5
8 Girls Just Want To Have Fun Cyndi Lauper 7
9 Breakout Swing Out Sister 107
10 A Good Heart Feargal Sharkey 87
11 Fantastic Day Haircut One Hundred  
12 I'm Still Standing Elton John  
13 If You Let Me Stay Terence Trent D'Arby  
14 I Don't Wanna Dance Eddy Grant  
15 Respectable Mel & Kim 57
16 Down Under Men At Work 9
17 Imagination Belouis Some  
18 Wherever I Lay My Hat (That's My Home) Paul Young  
19 Hold On Tight Electric Light Orchestra  
20 Bette Davis Eyes Kim Carnes 14
CD-2
1 Two Tribes Frankie Goes To Hollywood  
2 You Spin Me Round (Like A Record) Dead Or Alive 4
3 Don't You Want Me Human League 61
4 What Is Love? Howard Jones  
5 Hold Me Now Thompson Twins 30
6 Sweet Dreams (Are Made Of This) Eurythmics 55
7 Nobody's Diary Yazoo  
8 Stand & Deliver Adam & The Ants  
9 Love Plus One Haircut One Hundred  
10 Tempted Squeeze  
11 Going Underground Jam  
12 I Can't Stand Up For Falling Down Elvis Costello & The Attractions  
13 Golden Brown Stranglers 40
14 Swords Of A Thousand Men Tenpole Tudor  
15 Kids In America Kim Wilde 10
16 99 Red Balloons Nena 3
17 Mickey Toni Basil  
18 Annie I'm Not Your Daddy Kid Creole & The Coconuts  
19 Too Shy Kajagoogoo 1
20 Vienna Ultravox 19

※Rankは"耳だこランキング"順位


”聴き飽きた”-多くのコンピレーション盤に収録されているシングル(トータル編)で紹介したTOP10シングルのアーティストのこんな曲によるコンピ盤出ないかなあ~
"耳だこ"ランキングTOP10 "耳だこ"ランキングTOP10アーティスト裏収録曲
Title Artist US
最高位
日付 Title 最高位 日付 チャート
1 Too Shy Kajagoogoo 5 1983/07/09 Ooh To Be Ah 7 1983/04/09 UK
2 Tainted Love Soft Cell 8 1982/07/17 Say Hello Wave Goodbye 3 1982/02/20 UK
3 99 Luftballons/99 Red Balloons Nena 2 1984/03/03 Just A Dream 70 1984/05/12 UK
4 You Spin Me Round(Like A Record) Dead Or Alive 11 1985/08/17 Lover Come Back To Me 11 1985/04/27 UK
5 Never Gonna Give You Up Rick Astley 1 1988/03/12 She Wants To Dance With Me 6 1988/10/15 UK
6 Come On Eileen Dexy's Midnight Runners 1 1983/04/23 The Celtic Soul Brothers 20 1983/04/16 UK
7 Girls Just Want To Have Fun Cyndi Lauper 2 1984/03/10 All Through The Night 5 1984/12/08 US
8 Walking On Sunshine Katrina & The Waves 9 1985/06/22 Do You Want Crying 37 1985/09/07 US
9 Down Under Men At Work 1 1983/01/15 Everything I Need 47 1985/06/29 US
10 Kids In America Kim Wilde 25 1982/08/14 View From A Bridge 16 1982/05/08 UK


  1. 2018/11/28(水) 21:01:32|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

”聴き飽きた”-多くのコンピレーション盤に収録されているシングル(トータル編)

”聴き飽きた”=多くのコンピレーション盤に収録されているシングル特集、今回はトータル編。
 「80's」(1980年代)と銘打つ輸入コンピ盤1197枚に含まれる延べ43580曲に及ぶ作品中、もっとも多くのコンピ盤に収録されている、"キング・オブ耳だこ"曲は、"Too Shy"(Kajagoogoo・Billboard(BB)5位)。収録されるコンピ盤の数112枚。多いだろうな、とは思っていましたが、まさか、この曲が80'sの"キング・オブ耳だこ"とは...
 むしろLimahlの"Never Ending Story"(BB17位)の方が多いかと思いましたが...。ちなみに同曲は55枚のコンピ盤に含まれ、総合53位となっています。

 これに続くのが"Tainted Love"(Soft Cell BB8位、"Where Did Our Love Go"とのメドレー含む)の107枚。輸入盤と一口にいってもUS盤だけではなく、UK盤やヨーロッパ盤も含まれるので、こういう結果となりました。
 総合3位はBillboard №2編で取り上げた"99 Luftballons/99 Red Balloons"(Nena)が106枚で続き、総合4位に"You Spin Me Round (Like A Record)"(Dead Or Alive BB11位)が105枚でランクインしました。ここら辺は誤差の範囲でしょうから、まかり間違えば"You Spin Me Round"が"キング・オブ耳だこ"に成る可能性もあったわけですね。
 5位から7位のBillboard №1編、№2編で紹介した№1&№2曲を挟み、第8位に"Walking On Sunshine"(Katrina & The Waves BB9位)が90枚でランクインしました。"Do You Really Want To Hurt Me?"や"Karma Chameleon"、"Wake Me Up Before You Go-Go"より"耳だこ"とは...
 同じく90枚の"Down Under"を挟み、10位に86枚の"Kids In America"(Kim Wilde BB25位)、11位に同じく86枚の"19"(Paul Hardcastle BB15位)が続きます。この2曲も意外ですね~ 
 なお、"19"は小林完吾フィーチャーの日本語バージョンをはじめ、ドイツ語、スペイン語、フランス語...と多くの非英語バージョンが存在しますが、1197枚のコンピ盤で非英語バージョンが含まれるのはYves Mourousiがフィーチャーされるフランス語バージョンのみでありました。

 以下、主なところに目を転じると、19位75枚で"Vienna"(Ultravox UK2位)、25位70枚で"Fade To Grey"(Visage UK8位)、そして28位69枚で"(Feels Like) Heaven"(Fiction Factory UK6位)がランクイン。"Fade To Grey"と"(Feels Like) Heaven"は嬉しいですね。
 全体的にユーロビート系とニューロマ/エレポ系が強いという感じでしょうか。

■多くのコンピ盤に収録されているシングルTOP40
# Title Artist 枚数 レーベル Billboard UK
最高位 最高位
日付
1 Too Shy Kajagoogoo 112 EMI/America 5 1983/07/09
2 Tainted Love Soft Cell 107 Sire 8 1982/07/17
3 99 Luftballons/99 Red Balloons Nena 106 Epic 2 1984/03/03
4 You Spin Me Round (Like A Record) Dead Or Alive 105 Epic 11 1985/08/17
5 Never Gonna Give You Up Rick Astley 102 RCA 1 1988/03/12
6 Come On Eileen Dexy's Midnight Runners 92 Mercury 1 1983/04/23
7 Girls Just Want To Have Fun Cyndi Lauper 92 Portrait 2 1984/03/10
8 Walking On Sunshine Katrina & The Waves 90 Capitol 9 1985/06/22
9 Down Under Men At Work 90 Columbia 1 1983/01/15
10 Kids In America Kim Wilde 86 EMI/America 25 1982/08/14
11 19 Paul Hardcastle 86 Chrysalis 15 1985/07/20
12 Do You Really Want To Hurt Me? Culture Club 84 Virgin/Epic 2 1983/03/26
13 Walk Like An Egyptian Bangles 84 Columbia 1 1986/12/20
14 Bette Davis Eyes Kim Carnes 82 EMI/America 1 1981/05/16
15 TRUE Spandau Ballet 83 Chrysalis 4 1983/10/08
16 Karma Chameleon Culture Club 81 Virgin/Epic 1 1984/02/04
17 Wake Me Up Before You Go-Go Wham! 80 Columbia 1 1984/11/17
18 The Final Countdown Europe 76 Epic 8 1987/03/28
19 Vienna Ultravox 75 Chrysalis -   2
20 Gold Spandau Ballet 75 Chrysalis 29 1984/01/14
21 The Reflex Duran Duran 73 Capitol 1 1984/06/23
22 Take On Me A-Ha 72 Warner 1 1985/10/19
23 We Close Our Eyes Go West 72 Chrysalis 41 1985/04/27
24 Don't You (Forget About Me) Simple Minds 72 A&M 1 1985/05/18
25 Fade To Grey Visage 70 Polydor -   8
26 The Look Of Love ABC 70 Mercury 18 1983/01/08
27 Total Eclipse Of The Heart Bonnie Tyler 69 Columbia 1 1983/10/01
28 (Feels Like) Heaven Fiction Factory 69 CBS -   6
29 Temptation Heaven 17 68 Virgin -   2
30 Hold Me Now Thompson Twins 67 Arista 3 1984/05/05
31 Call me Blondie 66 Chrysalis 1 1980/04/19
32 Love & Pride King 65 CBS -   2
33 Relax Frankie Goes To Hollywood 64 ZTT/Island 10 1985/03/16
34 Centerfold J.Geils Band 64 EMI/America 1 1982/02/06
35 Everybody Wants To Rule The World Tears For Fears 64 Mercury 1 1985/06/08
36 Tell It To My Heart Taylor Dayne 64 Arista 7 1988/01/23
37 Don't Leave Me This Way Communards 64 MCA/London 40 1987/03/07
38 It's My Life Talk Talk 63 EMI/America 31 1984/05/19
39 Shattered Dreams Johnny Hates Jazz 61 Virgin 2 1988/05/14
40 Golden Brown Stranglers 61 Liberty -   2


  1. 2018/11/23(金) 14:18:26|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

”聴き飽きた”-多くのコンピレーション盤に収録されているシングル(Billboard №2編)

 ”聴き飽きた”=多くのコンピレーション盤に収録されているシングル特集、第二弾は1980年代にBillboard(BB)で最高位2位を記録したシングル。
 1980年代に最高位2位を記録したシングルは"Yes, I'm Ready"(Teri DeSario with K.C.)から"Don't Know Much"(Linda Ronstadt Featuring Aaron Neville)まで94作。
 この94作中、もっとも多くのコンピ盤に収録されている、いわゆる"耳だこ"曲は、"99 Luftballons"(Nena)で106枚!ただし"99 Luftballons"(ドイツ語版)、"99 Red Balloons"(英語版)を合算した数字です。
 次いで"Girls Just Want To Have Fun"(Cyndi Lauper)が92枚、"Do You Really Want To Hurt Me"(Culture Club)が84枚で続きます。
 以下、"Shattered Dreams"、"When The Going Gets ToughTough Get Going"、"Rosanna"、
"Wild Boys"、"C'est La Vie"、"Somebody's Watching Me"、"Manic Monday"が耳だこTOP10のラインナップです。

TOP10以下では
"Don't Dream It's Over"(Crowded House)(24枚)
"Sowing The Seeds Of Love"(Tears For Fears)(20枚)
"Time (Clock Of The Heart)"(Culture Club)(17枚)
"Waiting For A Girl Like You"(Foreigner)(13枚)
"Easy Lover"(Philip Bailey & Phil Collins)(11枚)
あたりは意外と少なく、

"Electric Avenue"(Eddy Grant)(24枚)
"More Than I Can Say"(Leo Sayer)(21枚)
"Simply Irresistible"(Robert Palmer)(15枚)
あたりは意外と多い、という感じを持ちましたが、あくまで個人の主観です。


■多くのコンピ盤に収録されている№2シングル
枚数 初№2日付 1
週数
タイトル アーティスト レーベル
106 1984/03/03 1 99 Luftballons/99 Red Balloons Nena Epic
92 1984/03/10 2 Girls Just Want To Have Fun Cyndi Lauper Portrait
84 1983/03/26 3 Do You Really Want To Hurt Me Culture Club Virgin/Epic
61 1988/05/14 3 Shattered Dreams Johnny Hates Jazz Virgin
49 1986/02/15 1 When The Going Gets ToughTough Get Going Billy Ocean Jive
47 1982/07/03 5 Rosanna Toto Columbia
37 1984/12/15 3 Wild Boys Duran Duran Capitol
37 1987/01/17 2 C'est La Vie Robbie Nevil EMI
35 1984/03/24 3 Somebody's Watching Me Rockwell Motown
32 1986/04/19 1 Manic Monday Bangles Columbia


 一方、全くコンピ盤に含まれていない№2シングルは19曲。Bob Seger & The Silver Bullet BandやJohn Cougar Mellencamp、Rolling Stonesといったロック系アーティストは、アーティストの姿勢・考えなどからか、コンピ盤でお目にかかることはまずありませんね。
 またMadonnaやMichael Jacksonあたりも知名度の割には輸入コンピ盤への収録は少ない傾向にあるようです。

■80'sコンピ盤に収録されていない№2シングル
初№2日付 2
週数
タイトル アーティスト レーベル
1983/02/26 4 Shame On The Moon Bob Seger & The Silver Bullet Band Capitol
1988/07/23 1 Pour Some Sugar On Me Def Leppard Mercury
1988/08/27 1 I Don't Wanna Go On With You Like That Elton John MCA
1981/07/04 3 All Those Years Ago George Harrison Dark Horse
1986/09/27 2 Friends & Lovers Gloria Loring & Carl Anderson USA Carrere
1988/04/16 2 Devil Inside INXS Atlantic
1987/03/21 1 Let's Wait Awhile Janet Jackson A&M
1982/08/07 4 Hurts So Good John Cougar Riva
1986/04/05 1 R.O.C.K In The USA(A Salute To 60's Rock) John Cougar Mellencamp Riva
1987/03/14 1 Somewhere Out There Linda Ronstadt & James Ingram MCA
1989/12/23 1 Don't Know Much Linda Ronstadt Feat.Aaron Neville Elektra
1989/10/07 2 Cherish Madonna Sire
1989/07/15 2 Express Yourself Madonna Sire
1983/01/08 3 The Girl Is Mine Michael Jackson/Paul McCartney Epic
1981/01/10 3 Love On The Rocks Neil Diamond Capitol
1989/11/04 1 Cover Girl New Kids On The Block Columbia
1981/10/31 3 Start Me Up Rolling Stones Rolling
1980/03/01 2 Yes, I'm Ready Teri DeSario with K.C. Casablanca
1986/10/18 3 Typical Male Tina Turner Capitol


  1. 2018/11/17(土) 09:28:47|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

”もう聴き飽きた”-多くのコンピレーション盤に収録されているシングル(Billboard №1編)

 「どのコンピ盤にも必ず入っている」と感じる曲はありませんか?
 個人的には"Take On Me"(A-Ha) 、"Time After Time"(Cyndi Lauper) 、"Wake Me Up Before You Go-Go"(Wham!) 、"Footloose"(Kenny Loggins) あたりはどのコンピ盤を買っても必ず含まれているような気がします。
 そこで、どの曲がどのくらいの割合でコンピ盤に含まれているのかを調べてみました。

 対象としたのは「80's」(1980年代)と銘打つ輸入コンピ盤1197枚。ここに含まれる延べ43580曲に及ぶ作品をデータベース(DB)化。Billboard(BB)の最高位別に収録状況を調べてみました
 このDB、もともと1980年代にチャートインしたシングルのデジタル音源(CD)の収集のためにDB化したもので、現在は日本盤CDのDB化作業中です。
 なお、バージョン違い(シングルバージョン、アルバムバージョン、リミックスバージョン等)も同一作品としてカウントしています。

 今回はBBで1980年代に1位となった"Escape"から"Another Day In Paradise"までの232曲を対象に調べてみました。
 もっとも多くのコンピ盤に収録された、いわゆる"耳だこ"№1は"Never Gonna Give You Up"( Rick Astley)で102枚。様々なレーベルから異なったコンセプトで集められたコンピ盤1197枚のほぼ一割近くに収録されていることになります。
「80's」と銘打ったコンピ盤10枚買えば、必ず1枚には"Never Gonna Give You Up"が含まれている、ということになります。
 これに"Come On Eileen"(92枚)、"Down Under"(90枚)、"Walk Like An Egyptian"(84枚)、"Bette Davis Eyes"(82枚)、"Karma Chameleon"(81枚)、"Wake Me Up Before You Go-Go"(80枚)が80枚以上で続きます。
 上記の作品が含まれていない「80's」コンピは"まがいもの"ですね(笑)。
 また55枚以上に収録されている20曲のレーベル(レコード会社)を見るとColumbiaが5作、RCA3作、EMI、Chrysalisが2作等となっております。レーベル/レコード会社の意向も大きく反映されるのでしょうね。

■多くのコンピ盤に収録されている№1シングル
枚数 初№1日付 1
週数
タイトル アーティスト レーベル
102 1988/03/12 2 Never Gonna Give You Up Rick Astley RCA
92 1983/04/23 1 Come On Eileen Dexys Midnight Runners Mercury
90 1983/01/15 4 Down Under Men At Work Columbia
84 1986/12/20 3 Walk Like An Egyptian Bangles Columbia
82 1981/05/16 9 Bette Davis Eyes Kim Carnes EMI
81 1984/02/04 3 Karma Chameleon Culture Club Virgin/Epic
80 1984/11/17 3 Wake Me Up Before You Go-Go Wham! Columbia
73 1984/06/23 2 The Reflex Duran Duran Capitol
72 1985/05/18 1 Don't You (Forget About Me) Simple Minds A&M
72 1985/10/19 1 Take On Me A-Ha Warner
69 1983/10/01 4 Total Eclipse Of The Heart Bonnie Tyler Columbia
66 1980/04/19 6 Call Me Blondie Chrysalis
64 1982/02/06 6 Centerfold J. Geils Band, The EMI
64 1985/06/08 2 Everybody Wants To Rule The World Tears For Fears Mercury
59 1983/02/05 1 Africa Toto Columbia
58 1982/12/18 3 Maneater Daryl Hall & John Oates RCA
58 1987/05/02 2 (I Just) Died In Your Arms Cutting Crew Virgin
57 1985/08/24 2 Power Of Love Huey Lewis & The News Chrysalis
55 1985/12/07 2 Broken Wings Mr. Mister RCA
55 1986/09/06 1 Venus Bananarama London

 一方、全くコンピ盤に含まれていない№1シングルは22曲。この数字多いのか、少ないのかはそれぞれの感覚によりますが、1980年代全№1シングルの1割近いのですから、やはり多いのでしょう。
 Michael Jacksonが3曲。しかもアルバム"Bad"からの№1です。Bon Joviも2曲、コンピ盤には全く含まれていません。顔ぶれを見ると知名度が低い№1が多いような気がします。そんな中で"Magic"(Olivia Newton-John) は意外な感がします。
 この22曲が含まれる「80's」コンピ盤は「買い」といったところでしょうか。

■80'sコンピ盤に収録されていない№1シングル
初№1日付 1
週数
タイトル アーティスト レーベル
1989/06/10 1 Wind Beneath My Wings Bette Midler Atlantic
1980/07/19 2 It's Still Rock And Roll To Me Billy Joel Columbia
1987/08/01 1 Shakedown Bob Seger MCA
1988/11/19 2 Bad Medicine Bon Jovi Mercury
1989/05/13 1 I'll Be There For You Bon Jovi Mercury
1988/10/08 1 Love Bites Def Leppard Mercury
1988/08/27 2 Monkey George Michael Columbia
1989/10/07 4 Miss You Much Janet Jackson A&M
1982/11/27 2 Truly Lionel Richie Motown
1986/06/07 1 Live To Tell Madonna Sire
1987/02/07 1 Open Your Heart Madonna Sire
1989/06/03 1 Rock On Michael Damian Cypress
1987/10/24 2 Bad Michael Jackson Epic
1988/03/26 2 Man In The Mirror Michael Jackson Epic
1988/07/02 1 Dirty Diana Michael Jackson Epic
1980/08/02 4 Magic Olivia Newton-John MCA
1980/06/28 3 Coming Up Paul McCartney Columbia
1985/11/30 1 Separate Lives Phil Collins & Marilyn Martin Atlantic
1989/08/05 1 Batdance Prince Warner
1988/07/30 4 Roll With It Steve Winwood Virgin
1985/11/02 1 Part-Time Lover Stevie Wonder Tamla


  1. 2018/11/11(日) 13:41:08|
  2. 未分類
  3. | コメント:6

1970年代ハイエスト・デビューシングル特集(Biilboard編)

 Biilboard(BB)チャートでその週もっとも高位置にデビューした「ハイエスト・デビュー」。
1980年代編に続き、1970年代編をご紹介いたします。

 1970年代にいきなりTOP40以内に初登場した"超強力曲"は12作(Cash Box(CB)12作、Record World(RR)26作)。1980年代の52作に対し、その数は1/4以下とグッとその数は減じます。1970年代にTOP40デビューはかなり希少性の高いことだったことが分かります。
 もっとも高位置でのデビューは1970/3/21付6位登場の"Let It Be"(Beatles)。Beatlesの「ラスト」シングルという話題性の高さから、いきなち6位に登場という衝撃のチャートデビューを飾りました。この初登場6位は、"Hey Jude"(1968/9/14付)、"Get Back"(1969/5/10付)の10位を上回るBB史上最高位でのチャートデビュー順位。チャートの集計法が大きく変わり、初登場1位が頻発するようになった1991年までアンタッチャブル・レコードとして君臨しました。
 ちなみにCBではBBより1週前の3/14付で32位、RWはBBと同じ1970/3/21付で64位と、大きく初登場の順位が異なっております。

 "Let It Be"に次ぐ、1970年代の高位置デビューシングルは"Imagine"(John Lennon)。1971/10/23付で20位に登場しました。なおCBでは1週前の10/16付で66位、RWではBBと同日付で40位とこれまたBBとは大きな隔たりがあります。少しBBはBeatlesファミリーに甘かったのかしらん。

 残る10作のTOP40内初登場組の顔ぶれを見るとBee Gees、Eagles、Beatles、Wings、Jackson 5、Rolling Stones、Stevie Wonder、Rod Stewartと70年代を代表するビッグネームが名を連ねています。特にBee Geesは"Too Much Heaven"、"Tragedy"、"Love You Inside Out"と三作連続TOP40デビューを記録しています。

 TOP40初登場12作の最高位をみると9作と3/4が№1を獲得。
 これをTOP50初登場に広げてみると52作中29作が1位に到達せず、TOP40一歩手前の41位初登場(1971/4/24)の"Battle Hymn Of Lt. Calley"(C Company)に至っては37位止まりに終わっています。



■1970年代、Billboard HOT100で41位以内にニューエントリーした作品
初登場
順位
2週目
順位
初登場日付 最高位 Track Artist CB RW
6 2 1970/03/21 1 Let It Be Beatles 32 64
20 6 1971/10/23 3 Imagine John Lennon 66 40
29 19 1979/02/10 1 Tragedy Bee Gees 32 28
33 19 1979/12/08 8 The Long Run Eagles 57 49
35 12 1970/05/23 1 The Long And Winding Road Beatles 38 44
35 31 1978/11/18 1 Too Much Heaven Bee Gees 27 31
37 23 1979/04/21 1 Love You Inside Out Bee Gees 39 34
38 16 1979/03/31 5 Goodnight Tonight Wings 41 38
40 19 1970/09/19 1 I'll Be There Jackson 5 28 60
40 13 1971/05/01 1 Brown Sugar Rolling Stones 53 77
40 29 1976/12/04 1 I Wish Stevie Wonder 46 40
40 27 1978/12/23 1 Do Ya Think I'm Sexy? Rod Stewart 47 62
41 14 1970/03/14 1 ABC Jackson 5 43 72
41 37 1971/04/24 37 Battle Hymn Of Lt. Calley C Company 81 31
41 18 1979/08/04 4 Don't Bring Me Down Electric Light Orchestra 48 35


参考:Record Worldチャートの高順位ニューエントリー記録




  1. 2018/11/04(日) 17:37:10|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:6

全米四大シングルチャート チャートアクション比較(Master Blaster(Jammin')/Stevie Wonder)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。今回は"Master Blaster(Jammin')"(Stevie Wonder)。

  BB CB RW RR
1980/09/20 78     -
1980/09/27 62 54 71 -
1980/10/04 32 39 57 -
1980/10/11 27 23 51 -
1980/10/18 19 19 44 -
1980/10/25 15 17 40 -
1980/11/01 10 12 36 -
1980/11/08 8 10 32 -
1980/11/15 7 7 21 -
1980/11/22 7 5 16 -
1980/11/29 7 3 15 -
1980/12/06 5 1 22 -
1980/12/13 5 1 35 -
1980/12/20 5 2 38 -
1980/12/27 13 4 52 -
1981/01/03 13 4 52 -
1981/01/10 18 4 52 -
1981/01/17 27 15 59 -
1981/01/24 45 33 63 -
1981/01/31 49 40 80 -
1981/02/07 61 44 98 -
1981/02/14 71 61   -
1981/02/21 97 71   -
1981/02/28   81   -
1981/03/07   99   -

 

  BB CB RW RR
HOT/TOP100 23 24 20 0
TOP40 16 18 9 0
TOP30 15 15 4 0
TOP20 13 14 2 0
TOP10 8 10 0 0
TOP5 3 8 0 0
TOP3 0 4 0 0
TOP2 0 3 0 0
Peak 5 1 15 -

 初登場はBBが1980/9/20付、CBとRWは一週遅れて9/27付。TOP40入りはBBが登場3週目、CBが同2週目にあたる10/4付、RWは二誌より3周遅れの10/25付と差がつき始めます。
 TOP10入りはBBが11/1付、CBが11/8付。CBがTOP10入りした11/8付の時点でRWでは32位と両誌との差が大きくなりました。RWでは翌11/15付で21位、翌11/22付で16位とランクアップを見せ、始め遅ればせながらTOP10間近かかと思われましたが、11/29付で15位を記録した後、12/6付では22位とランクダウンとなります。
 一方、CBでは順調にランクアップを続け、12/6付で1位に到達。翌週もその座を維持し、2週連続1位と「全米№1」の称号を得ることになりました。
 BBでは11/15付から3週7位の後、CBが1位に到達した12/6付で5位に上昇するも、そのまま5位に留め置かれ、最終的には最高位5位どまり、となりました。
 ちなみにRRではTOP30入りすらできないという状況で、結果的にはCB1位、BB5位、RW15位、RRランクインせず、という史上最も最高位にばらつきのある「全米№1」シングルとなりました。一体、この差は何なんでしょう?

■他誌で最高位10位以下の「全米№1」シングル(1980/12/6付まで・RR除く三大誌)
Title Artist BB  CB  RW 
最高位 日付 最高位 日付 最高位 日付
Julie Do Ya Love Me Bobby Sherman 5 1970/09/19 3 1970/09/26 1(1) 1970/10/03
Indiana Wants Me R. Dean Taylor 5 1970/11/07 1(1) 1970/11/14 2 1970/11/14
Doesn't Somebody Want To Be Wanted Partridge Family 6 1971/03/27 1(1) 1971/04/03 1(1) 1971/04/03
Have You Seen Her Chi-Lites 3 1971/12/11 5 1971/11/20 1(2) 1971/12/11
Sylvia's Mother Dr.Hook & Medicine Show 5 1972/06/03 1(1) 1972/06/17 2 1972/06/17
Rock On David Essex 5 1974/03/09 1(1) 1974/03/23 3 1974/03/16
Rock Me Gently Andy Kim 1(1) 1974/09/28 1(1) 1974/09/28 5 1974/09/14
Can't Get Enough Bad Company 5 1974/11/02 1(1) 1974/10/26 4 1974/10/26
Please Mr. Please Olivia Newton-John 3 1975/08/09 1(1) 1975/08/02 5 1975/08/09
They Just Can't Stop It(Games People Play) Spinners 5 1975/10/25 2 1975/10/25 1(1) 1975/11/01
The Wreck Of The Edmund Fitzgerald Gordon Lightfoot 2 1976/11/20 1(1) 1976/11/13 5 1976/11/13
On The Radio Donna Summer 5 1980/03/08 4 1980/03/08 1(1) 1980/03/08
Master Blaster (Jammin') Stevie Wonder 5 1980/12/06 1(2) 1980/12/06 15 1980/11/29


  1. 2018/10/28(日) 09:22:35|
  2. チャートアクション
  3. | コメント:2

Daryl Hall & John Oates の全米四大チャートインシングル

 1970年中盤に、"Sara Smile"、"She's Gone"、"Rich Girl"と№1を含む3曲のTOP10ヒットを放つも、1970年代後半は低迷期に。しかし80年代に入り1985年にかけTOP10ヒットを連発。中でも圧巻なのはBBで達成した111週連続HOT100チャートイン。
 1980/7/19付から1982/8/28付までの2年以上にわたり"How Does It Feel To Be Back"から"Your Imagination"まで8曲が連続してHOT100にエントリーし続けるという偉業を達成。
 "Your Imagination"がTOP10入りし、もう少し(6週)粘れば、次作の"Maneater"とつながり、連続HOT100チャートイン記録が大幅(+100週)に伸びていたと思うと、"Your Imagination"のパワー不足が恨めしくなります。同曲で連続TOP10も途切れましたし...。

 RWは1982年に休刊したためTOP100ヒットは17曲に止まっていますが、このほかに6曲の101位以下のシングルを有し計23曲が1982年までにチャートイン。チャートデビューから1982年までのチャートイン作品数では、他誌をうわまっております(BB19作、CB20作)

 TOP10ヒットが最も多いのはRR。"You've Lost That Lovin' Feeling"から"Did It In A Minute"まで6曲連続TOP5。13位の"Your Imagination"を挟み"Maneater"から"Method Of Modern Love"まで7曲連続TOP10。
 "You've Lost That Lovin' Feeling"から"Method Of Modern Love"までの13曲のTOP10中、"Family Man"(7位)を除く12曲がTOP5入りするという無双ぶりを発揮しています。

画像↓をクリックするとPDFファイルが開きます

  1. 2018/10/20(土) 19:08:17|
  2. アーティストのチャートデータ
  3. | コメント:2

全米四大シングルチャート チャートアクション比較(Heartache Tonight/Eagles)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。今回は"Heartache Tonight"(Eagles)。

 ニューエントリー(NE)はBB、CB、RWが1979/10/6付、RRはその前週(9/28付)。
 BBがNE52位に対し、CB、RWともに23位のハイエストデビュー。ちなみにこの23位NEは、CBが歴代7位タイ、RWが同6位の大記録。この30ランク近い差は何なんでしょうね?

参考
CBニューエントリー記録
RWニューエントリー記録

 翌10/13付でCBが12位への11ランク、RWは19位へと僅か4ランクのアップに止まると、BBは一気に15位へと35ランクの大ジャンプアップ。BB担当者が他誌の前週のランクを見て、「これはマズイ」と帳尻を合わせたかのように一気にCB、RWのランクと肩を並べます。
 なおBBでの前週50位台、翌週TOP20入りは"Heartache Tonight"で55作目となります。

■BBでの前週50位台、翌週TOP20入りしたシングル("Heartache Tonight"までの直近10作)
1968/09/21 60→15 Fire-Crazy World Of Arthur Brown
1968/09/21 57→19 My Special Angel-Vogues
1968/10/12 54→18 Those Were The Days-Mary Hopkin
1969/05/03 52→15 Love (Can Make You Happy)-Mercy
1970/12/05 72→13 My Sweet Lord / Isn'T It A Pity-George Harrison
1971/04/10 57→15 Never Can Say Goodbye-Jackson 5
1974/04/27 54→19 The Streak-Ray Stevens
1975/10/11 52→19 Something Better To Do-Olivia Newton-John
1978/04/08 57→17 With A Little Luck-Wings
1979/10/13 52→15 Heartache Tonight-Eagles

 なお、年間チャートの順位はBB47位(1980年)、CB34位(1979年)、RWはランクインせず(TOP30までのランキング)、に対しRRは6位(1979年)とTOP10入りするEagles最大のヒットとなりました。

  BB CB RW RR
1979/09/29       22
1979/10/06 52 23 23 10
1979/10/13 15 12 19 3
1979/10/20 9 9 12 1
1979/10/27 7 7 8 1
1979/11/03 2 3 3 1
1979/11/10 1 1 1 1
1979/11/17 5 2 2 2
1979/11/24 5 4 4 2
1979/12/01 5 4 5 4
1979/12/08 7 9 6 11
1979/12/15 9 12 9 25
1979/12/22 20 23 10  
1979/12/29 20 32 16  
1980/01/05 34 32 16  
1980/01/12 99 45 16  
1980/01/19   64 27  
1980/01/26     41  
1980/02/02     56  

  BB CB RW RR
HOT/TOP100 15 16 18 12
TOP40 13 14 16 12
TOP30 12 12 16 12
TOP20 12 10 14 10
TOP10 9 8 9 9
Peak 1 1 1 1



  1. 2018/10/14(日) 12:55:03|
  2. チャートアクション
  3. | コメント:2

返り咲き#1シングル特集(Cash Box編)

 Billboard(BB)に次いでCash Box(CB)の№1返り咲きシングル特集。
 対象はCBのチャートサイズがTOP100に拡大された1958年9月13日付から休刊となった1996年11月16日付までに1位に輝いた作品です。この間にCBチャートで1位に輝いた作品は946作。うち1位転落後、再び返り咲いた作品は30作。全№1作品中3%とかなり希少性が高いといえます。

交互に返り咲いた曲
抜きつ抜かれつ交互に返り咲きを演じた曲は、
①Mack The Knife/Bobby Darin VS Mr. Blue/The Fleetwoods VS Don't You Know?/Della Reese
②Runaway/Del Shannon VS Mother-in-Law/Ernie K-Doe
③Windy/The Association VS Can't Take My Eyes Off You/Frankie Valli
④Brand New Key/Melanie VS American Pie/Don McLean
⑤Don't Turn Around/Ace of Base VS Any Time,Any Place/Janet Jackson
の5組11作

それぞれの1位の推移は以下の通り。
1959117日付~1212日付
    11/07 11/14 11/21 11/28 12/05 12/12
Mack The Knife Bobby Darin 1 3 2 2 2 1
Mr. Blue Fleetwoods 2 1 3 1 4 8
Don't You Know Della Reese 3 2 1 3 1 5
1961415日付~520日付
    4/15 4/22 4/29 5/06 5/13 5/20
Runaway Del Shannon 1 1 2 2 1 2
Mother-In-Law Ernie K-Doe 3 2 1 1 2 1
196771日付~729日付
    7/01 7/08 7/15 7/22 7/29  
Windy Association 1 1 2 1 3
Can't Take My Eyes Off You Frankie Valli 6 3 1 2 1
19711225日付~1972129日付
    12/25 01/01 01/08 01/15 01/22 01/29
Brand New Key Melanie 1 3 2 1 2 10
American Pie - Parts I & II Don McLean 6 2 1 2 1 1
Got to Be There Michael Jackson 2 1 4 16 20 58
199479日付~813日付
    7/09 7/16 7/23 7/30 8/06 8/13
Don't Turn Around Ace Of Base 1 2 1 1 2 3
Any Time, Any Place Janet Jackson 3 1 2 2 1 1

 "Mack The Knife"は、"Mr. Blue"と"Don't You Know?"の№1争奪を傍で見ながら中4週空けて返り咲き。三つ巴を制した形となりました。
 "Brand New Key"と"American Pie"との交互返り咲き劇の間に"Got to Be There"(Michael Jackson)も割り込みましたが、三つ巴にはならず、あっという間にランクダウンしていったのはご覧のとおり。


中複数週空けての1位返り咲き
 1位から転落して中2週以上空けて再び1位に返り咲いた曲は13作で、3週以上となると6作に半減。最もブランク空いて1位を奪取したのは既述の"Mack The Knife"(Bobby Darin)と"Jump"(Kris Kross)の中4週。ともに1位から3位に転落し2位→2位→2位を経て1位に返り咲いています。


1位から転落後、3位以下に順位を下げたにも拘わらず1位に返り咲いた曲
 8曲が3位までランクダウンを経験。さすがに4位以下に転落後の返り咲きはありません。


返り咲き後、長く1位をキープした曲
 返り咲き後に最も長く1位をキープしたのは"I Will Always Love You"(Whitney Houston)
1992/11/21付で47位にニューエントリーし、翌週9位にジャンプアップ。登場3週目の12/5付で1位に到達しますが、翌週2位にランクダウン。12/19付で1に返り咲き、以降12週間1位を独走。トータル13週1位はCBチャート記録です。

 なお、12/12付で"I Will Always Love You"の1位を阻んだのは、かの有名な"The Letter"(Wayne Newton)。この曲、BBチャートではBubbling Underチャートも含め1週たりともチャートインしておらず、当時、経営難に陥ったCB誌が「カネでチャートを売った?」とまことしやかに囁かれたといういわくつきの曲。この一件ですっかり信用をなくした(?)CB誌は翌年以降、休刊が目立ち、1996年11月には実質上の廃刊となってしまいます。全米チャート史上最大の謎を上げろと言えば、この曲のCB誌でのチャートインがその筆頭になることは間違いないでしょうね。


■Cash Box返り咲きNO.1リスト
Title Artist 初№1日付 #1から転落
した週数
#1
週数
返り咲き後
の№
1週数
#1
週数
TOP
100
TOP
40
TOP
10
BB RW 連続1位を阻んだ曲
Mack The Knife Bobby Darin 1959/09/26 4 7 1 8 25 22 17 1 1 Mr. Blue/Fleetwoods
Don't You Know/Della Reese
Mr. Blue Fleetwoods 1959/11/14 1 1 1 2 19 16 11 1 1 Don't You Know/Della Reese
Don't You Know Della Reese 1959/11/21 1 1 1 2 19 15 9 2 1 Mr. Blue/Fleetwoods
Runaway Del Shannon 1961/04/22 2 2 1 3 16 14 10 1 1 Mother-In-Law/Ernie K-Doe
Mother-In-Law Ernie K-Doe 1961/05/06 1 2 1 3 16 12 8 1 1 Runaway/Del Shannon
I Feel Fine Beatles 1964/12/19 1 1 3 4 12 10 7 1 1 Come See About Me/Supremes
Yesterday Beatles 1965/10/09 1 2 1 3 13 11 8 1 1 A Lover'S Concerto/Toys
Winchester Cathedral New Vaudeville Band 1966/11/26 1 1 2 3 16 16 10 1 1 You Keep Me Hangin' On/Supremes
Ruby Tuesday Rolling Stones 1967/02/25 1 1 1 2 13 11 7 1 1 Love Is Here And Now You'e Gone/Supremes
Somethin' Stupid Nancy Sinatra & Frank Sinatra 1967/04/15 2 1 1 2 14 11 7 1 1 A Little Bit Me, A Little Bit You/Monkees
Groovin' Young Rascals  1967/05/20 3 2 1 3 14 12 9 1 1 I Got Rhythm/Happenings
Respect/Aretha Franklin
Windy Association 1967/07/01 1 2 1 3 15 12 8 1 1 Can't Take My Eyes Off You/Frankie Valli
Can't Take My Eyes Off You Frankie Valli 1967/07/15 1 1 1 2 17 13 7 2 1 Windy/Association
One Bad Apple The Osmonds 1971/02/13 1 3 1 4 16 11 8 1 1 Mama'S Pearl/Jackson 5
Brand New Key  Melanie  1971/12/25 2 1 1 2 19 13 8 1 1 American Pie/Don McLean
Got To Be There/Michael Jackson
American Pie Don McLean 1972/01/08 1 1 3 4 20 14 9 1 1 Brand New Key/Melanie
I Honestly Love You Olivia Newton-John 1974/09/21 3 1 1 2 14 12 8 1 1 Rock Me Gently /Andy Kim
Then Came You /Dionne Warwicke & Spinners
Nothing From Nothing /Billy Preston
Afternoon Delight Starland Vocal Band 1976/06/26 2 3 1 4 24 17 12 1 1 Kiss And Say Goodbye/Manhattans
Disco Duck (Part I) Rick Dees & His Cast Of Idiots 1976/10/16 1 1 1 2 20 15 9 1 1 If You Leave Me Now/Chicago
Rich Girl Daryl Hall & John Oates 1977/03/26 1 1 1 2 18 14 8 1 1 Dancing Queen/ABBA
Lady Kenny Rogers 1980/11/15 2 3 1 4 26 21 15 1 1 Master Blaster (Jammin')/Stevie Wonder
Bette Davis Eyes Kim Carnes 1981/05/30 2 3 2 5 27 21 14 1 1 Stars On 45(Medley) /Stars On 45
I Love Rock 'n Roll Joan Jett & The Blackhearts 1982/03/20 1 2 3 5 25 18 13 1 1 That Girl/Stevie Wonder
Vogue Madonna 1990/05/19 1 2 1 3 21 14 8 1 All I Wanna Do Is Make Love To You /Heart
Jump Kris Kross 1992/05/02 4 2 1 3 22 18 13 1 Bohemian Rhapsody /Queen
My Lovin'?/En Vogue
I Will Always Love You Whitney Houston 1992/12/05 1 1 12 13 30 22 16 1 The Letter/Wayne Newton
The Sign Ace Of Base 1994/03/19 2 2 1 3 41 26 16 1 Without You /Mariah Carey
Don't Turn Around Ace Of Base 1994/07/09 1 1 2 3 39 29 18 4 Any Time, Any Place /Janet Jackson
Any Time, Any Place Janet Jackson 1994/07/16 2 1 2 3 24 18 16 2 Don't Turn Around /Ace Of Base
Always Be My Baby Mariah Carey 1996/03/30 3 3 2 5 34 29 17 1 Because You Loved Me /Celine Dion
  1. 2018/10/06(土) 11:23:29|
  2. Cashbox.Radio&Records,Record World
  3. | コメント:2

MS-DATABASE版 1980-1989 Hit Singles TOP 40

 1980年代に全米三大チャート(Billboard=BB、Cash Box=CB、Radio & Records=RR)にチャートインした全シングルを対象に、そのチャートアクションをポイント化。総合ランキングを作成してみました。
 ポイント算出方法は、BBとCBは、1位100ポイント...100位1ポイントの基礎ポイントに、ボーナスポイントとして1位1週につき100ポイント、TOP10内1週につき10ポイント、TOP40内1週につき5ポイントを加算。
 RRは1位50ポイント...50位1ポイントの基礎ポイントに、 最高位ボーナスとして1位1週につき40ポイント、TOP10内10ポイント、TOP40内5ポイントを加算しました。
三大チャートごとのランキングは以下をご覧ください。
Billboard
Cash Box
Radio & Records

データはこちら↓をクリックしてください


 栄えある1980年代のDecade№1に輝いたのは"Endless Love"(Diana Ross & Lionel Richie )
BBでは9週連続1位で3位、CBでは同じく9週1位で見事1位、RRでは5週連続1位ながら19位で総合ポイントは7517。三大誌のトータル№1週数23週はDecadeトップ(タイ)です。

 第2位 "Physical"(Olivia Newton-John)
 BBでは10週1位のDecadeトップ、CBでは"Endless Love"に僅か及ばず2位でしたが、エアプレイチャートであるRRでは最高位3位、総合195位と他の二誌に比べ大苦戦。これが"Endless Love"との差に表れました。

 第3位 "Flashdance...What A Feeling"(Irene Cara)
 BB6週1位の4位、CBも同じく6週連続1位で3位、そしてRRでは5週連続1位で4位と三大チャート全てでTOP10入りを果たしました。

 第4位 "Every Breath You Take"(Police)
 BB8週1位で6位、CBは7週1位で5位。そしてRRでは最長記録となる8週1位の4位と"Flashdance"同様、三大チャートでTOP10入り。ちなみに三大チャート全てでのTOP10入りはこの2作のみです。

 第5位 "Bette Davis Eyes"(Kim Carnes)
 
BBでは返り咲きを含め通算9週1位で"Physical"に次ぐ2位。CBでは5週1位で11位とTOP10入りを逃しましたが、RRでは5週1位の10位。あと一歩のところで三大チャートTOP10入りを逃しました。

 第6位 "Call Me"(Blondie)
 
BB6週1位で7位、CB7週1位の6位、RRでも6週1位を獲得していますがチャートイン週数が多くなく16位止まりとなっています。

 第7位 "Down Under"(Men At Work)
 BBでは19位ながらCBでは8位とTOP10入り。そしてRRではロングランヒットでポイントを稼ぎ、堂々の1位に輝いています。

 第8位 "Lady"(Kenny Rogers)
 
BB14位、CB12位とTOP10入りこそできませんでしたが、RRでは5週1位ながら5位を記録しています。

 第9位 "Another One Bites The Dust"(Queen)
 
BB10位、CBでは4位とTOP3まであと一歩にまで迫りましたが、RRでは最高位2位(1週)でランクは266位とポイントを稼ぐことができませんでした。ちなみに1982年4月をもって廃刊となったRecord World(RW)では6週1位を記録。TOP100 34週、TOP40 28週、TOP10 20週とロングランを記録し、1977年から1982年までの5年間チャートでは堂々の1位に輝いています。

 第10位 "Eye Of The Tiger"(Survivor)
 
BBでは5位と大健闘に対し、CB17位、RR22位とTOP10入りは果たせず、総合9位に止まりました。

 第11位と惜しくもTOP10入りを果たせなかったのは"Centerfold"(J. Geils Band)。BB9位、CB7位と二大チャートではTOP10入りするも、RRでは最高位は3週2位の187位。ちなみに第10位の"Eye Of The Tiger"とのポイント差はわずかに4。これは誤差の範囲と言えるでしょう。
 以下で特筆すべき作品を上げると

16位 "Don't You Want Me"(Human League)
 
BB13位、CBでは10位とTOP10入りするも、RRでは最高位3位に止まり233位と大苦戦

21位 "Abracadabra"(Steve Miller Band)
 
BB27位、CBでは9位ながら、"Don't You Want Me"同様、RRでは最高位3位で236位と下位に沈みました。

25位 "Jessie's Girl"(Rick Springfield)
 
この作品も上記2作と同パターン。BBでは8位、CBも19位とTOP20入りしましたが、RRでの最高位はなんと8位止まりでランキングは655位とTOP500入りすらできませんでした。

30位 "Waiting For A Girl Like You"(Foreigner)
 こちらは上記3作と逆パターン。BBでは10週連続2位ながらチャート滞在が少なく67位、CBでも6週2位と"悲劇"2位の代名詞である同作ですが、RRでは6週間№1を記録し、ランキングは3位。

 こうしてみると、改めてBBとCBは類似しRRはそこから大きく乖離、ということが分かります。
次はRWを加え、四大チャートが同時に存在した1973年から1982年までの総合チャートをご紹介する予定です。
  1. 2018/09/30(日) 02:24:07|
  2. ALL-TIME CHART
  3. | コメント:4

返り咲き#1シングル特集(Billboard編)

 
 16年ほど前に作成し、お蔵入りになったBillboard№1シングルの返り咲き特集。ネタは古いですが、ご容赦ください。


 2002年1月最終週のUKチャートで、ジョージ・ハリスンの「マイ・スウィート・ロード」が実に31年ぶり(前回71年1月30日~5週1位)に1位に返り咲き、話題を呼んでいます。
 アメリカ(Billboard)のチャートでは、1位に輝いた後、チャート圏外に消え、再び1位に返り咲いたケースは、チャビー・チェッカーの「ザ・ツイスト」(60年9月19日 1週、62年1月13日~2週)の1例しかありません。しかし、1位転落後、再び返り咲いた曲はHOT100チャート導入以降、39曲を数えます。ここでは、見事1位返り咲きを果たした曲を特集します。
交互に返り咲いた曲
抜きつ抜かれつ交互に返り咲きを演じた曲は、
①「THE SOUNDS OF SILENCE/SIMON & GARFUNKEL」 V.S. 「WE CAN WORK IT OUT/BEATLES」
②「I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB」 V.S. 「BEST OF MY LOVE/EMOTIONS」
③「YOU DON'T BRING ME FLOWERS/BARBRA STREISAND & NEIL DIAMOND」 
  V.S. 「LE FREAK/CHIC」
④「FALLIN'/ALICIA KEYS」 V.S. 「I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE」
の4組8曲。
それぞれの1位の推移は以下の通り。

①66年1月1日~1月29日
1/01 THE SOUNDS OF SILENCE/SIMON & GARFUNKEL
1/08 WE CAN WORK IT OUT/BEATLES
1/15 WE CAN WORK IT OUT/BEATLES
1/22 THE SOUNDS OF SILENCE/SIMON & GARFUNKEL
1/29 WE CAN WORK IT OUT/BEATLES

②77年7月30日~9月24日
7/30 I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
8/06 I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
8/13 I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
8/20 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
8/27 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
9/03 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
9/10 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
9/17 I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
9/24 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS

③78年12月2日~79年2月3日
12/02 YOU DON'T BRING ME FLOWERS/BARBRA STREISAND & NEIL DIAMOND
12/09 LE FREAK/CHIC
12/16 YOU DON'T BRING ME FLOWERS/BARBRA STREISAND & NEIL DIAMOND
12/23 LE FREAK/CHIC
12/30 LE FREAK/CHIC
01/06 TOO MUCH HEAVEN BEE GEES
01/13 TOO MUCH HEAVEN BEE GEES
01/20 LE FREAK/CHIC
01/27 LE FREAK/CHIC
02/06 LE FREAK/CHIC

④2001年8月18日~10月27日
08/18 FALLIN'/ALICIA KEYS
08/25 FALLIN'/ALICIA KEYS
09/01 FALLIN'/ALICIA KEYS
09/08 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE
09/15 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE
09/22 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE
09/29 FALLIN'/ALICIA KEYS
10/06 FALLIN'/ALICIA KEYS
10/13 FALLIN'/ALICIA KEYS
10/20 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE
10/27 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE

 いずれ劣らず激しい1位の争奪戦ですが、③のLE FREAK/CHICは実に2回、1位に返り咲くという離れ業を演じました。この間のチャートアクションは1位→2位→1位1位→2位→2位→1位1位1位→(3位)でした。また記憶に新しいところでは、昨年(2001年)の秋、11週間に亘ってFALLIN'/ALICIA KEYSとI'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULEとの1位争いも見応えがありました。
中複数週空けての1位返り咲き
 1位から転落して中2週以上かけて再び1位に返り咲いた曲は15曲。3週以上となると7曲に半減してしてしまいます。最もブランク空いて1位を奪取したのは
・I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
・THE SIGN/ACE OF BASE
・U GOT IT BAD/USHER
の中4週。1位から転落して5週以上空くと、1位への返り咲きは絶望といえます。 
1位から転落後、3位以下に順位を下げたにも拘わらず1位に返り咲いた曲
 1位から3位以下まで落ちた後、再び見事返り咲いた曲は、
・THAT'S THE WAY (I LIKE IT)/KC & SUNSHINE BAND
・I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
・ABRACADABRA/STEVE MILLER BAND 3 1 3 2 1 2
・BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
・YOU DON'T BRING ME FLOWERS/B. STREISAND & N. DIAMOND
・WINCHESTER CATHEDRAL/NEW VAUDEVILLE BAND
の6曲
 中でも、「THAT'S THE WAY (I LIKE IT)/KC & SUNSHINE BAND」は1位→2位→2位の後、4位にダウン。通常ですと、ズルズルTOP10落ち、というパターンですが、翌週見事に1位に返り咲きました。
 「I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB」も最初に1位に輝いた翌週、2位に転落。翌週、翌々週2位を続けた後、3位に後退。しかし、次週には1位にカムバックしました。
 「ABRACADABRA/STEVE MILLER BAND」は1位の翌週3位に転落。翌週2位、翌々週返り咲きというチャートアクションでありました。なお、返り咲きを許した曲は、あのシカゴの「チャート返り咲き」NO.1シングル「素直になれなくて」。20年経っても色褪せぬ80年代の名曲。方や「アブラ...」はこんなところでしか、紹介してもらえない「キワモノ」ソング(でも両方好きなんすけどね)。この差は...。
返り咲き後、長く1位をキープした曲
 1位に返り咲いた後、その座を長くキープした曲はU GOT IT BAD/USHER(1週+5週)
以下4曲が4週で続きます。
NEL BLU DIPINTO DI BLU (VOLARE)/DOMENICO MODUGNO(1週+4週)
SILLY LOVE SONGS/PAUL McCARTNEY & WINGS(1週+4週)
BETTE DAVIS EYES/KIM CARNES(5週+4週)
ON BENDED KNEE/BOYZ II MEN(2週+4週)
 
 「BETTE DAVIS EYES/KIM CARNES」は5週1位をキープした後、1週間2位に陥落。翌週、再び1位に返り咲き4週連続1位。都合、9週間1位を獲得しました。

 

返り咲きNO.1リスト
Title Artist 最初に1位に輝いた日 NO.1週数 返り咲いた日 NO.1週数 トータルNO.1週数 最初に1位をストップさせた曲
NEL BLU DIPINTO DI BLU (VOLARE) DOMENICO MODUGNO 58.08.18 1 58.09.01 4 5 LITTLE STAR/ELEGANTS
IT'S ONLY MAKE BELIEVE CONWAY TWITTY 58.11.10 1 58.11.24 1 2 TOM DOOLEY/KINGSTON TRIO
MACK THE KNIFE BOBBY DARIN 59.10.05 6 59.11.23 3 9 MR. BLUE/FLEETWOODS
SAVE THE LAST DANCE FOR ME DRIFTERS 60.10.17 1 60.10.31 2 3 I WANT TO BE WANTED/BRENDA LEE
TRAVELIN' MAN RICKY NELSON 61.05.29 1 61.06.12 1 2 RUNNING SCARED/ROY ORBISON
COME SEE ABOUT ME SUPREMES 64.12.19 1 65.01.16 1 2 I FEEL FINE/BEATLES
I CAN'T HELP MYSELF (SUGAR PIE, HONEY BUNCH) FOUR TOPS 65.06.19 1 65.07.03 1 2 MR. TAMBOURINE MAN/BYRDS
THE SOUNDS OF SILENCE SIMON & GARFUNKEL 66.01.01 1 66.01.22 1 2 WE CAN WORK IT OUT/BEATLES
WE CAN WORK IT OUT BEATLES 66.01.08 2 66.01.29 1 3 THE SOUNDS OF SILENCE/SIMON & GARFUNKEL
PAPERBACK WRITER BEATLES 66.06.25 1 66.07.09 1 2 STRANGERS IN THE NIGHT/FRANK SINATRA
WINCHESTER CATHEDRAL NEW VAUDEVILLE BAND 66.12.03 1 66.12.17 2 3 GOOD VIBRATIONS/BEACH BOYS
GROOVIN' YOUNG RASCALS 67.05.20 2 67.06.17 2 4 RESPECT/ARETHA FRANKLIN
ALONE AGAIN (NATURALLY) GILBERT O'SULLIVAN 72.07.29 4 72.09.02 2 6 BRANDY (YOU'RE A FINE GIRL)/LOOKING GLASS
KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG ROBERTA FLACK 73.02.24 4 73.03.31 1 5 LOVE TRAIN/O'JAYS
LET'S GET IT ON MARVIN GAYE 73.09.08 1 73.09.22 1 2 DELTA DAWN/HELEN REDDY
THE WAY WE WERE BARBRA STREISAND 74.02.02 1 74.02.16 2 3 LOVE THEME/LOVE UNLIMITED ORCHESTRA
FAME DAVID BOWIE 75.09.20 1 75.10.04 1 2 I'M SORRY/JOHN DENVER
THAT'S THE WAY (I LIKE IT) KC & SUNSHINE BAND 75.11.22 1 75.12.20 1 2 FLY, ROBIN, FLY/SILVER CONVENTION
SILLY LOVE SONGS PAUL McCARTNEY & WINGS 76.05.22 1 76.06.12 4 5 LOVE HANGOVER/DIANA ROSS
I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING ANDY GIBB 77.07.30 3 77.09.17 1 4 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
BEST OF MY LOVE EMOTIONS 77.08.20 4 77.09.24 1 5 I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
YOU DON'T BRING ME FLOWERS B. STREISAND & N. DIAMOND 78.12.02 1 78.12.16 1 2 LE FREAK/CHIC
LE FREAK CHIC 78.12.09 1 78.12.23 2 6 YOU DON'T BRING ME FLOWERS/B. STREISAND & N. DIAMOND
79.01.20 3 TOO MUCH HEAVEN/BEE GEES
I WILL SURVIVE GLORIA GAYNOR 79.03.10 2 79.04.07 1 3 TRAGEDY/BEE GEES
HOT STUFF DONNA SUMMER 79.06.02 1 79.06.16 2 3 LOVE YOU INSIDE & OUT/BEE GEES
ESCAPE (THE PINA COLADA SONG) RUPERT HOLMES 79.12.22 2 80.01.12 1 3 PLEASE DON'T GO/KC & THE SUNSHINE BAND
9 TO 5 DOLLY PARTON 81.02.21 1 81.03.14 1 2 I LOVE A RAINY NIGHT/EDDIE RABBIT
BETTE DAVIS EYES KIM CARNES 81.05.16 5 81.06.27 4 9 STARS ON 45/STARSOUND
ABRACADABRA STEVE MILLER BAND 82.09.04 1 82.09.25 1 2 HARD TO SAY I'M SORRY/CHICAGO
DOWN UNDER MEN AT WORK 83.01.15 3 83.02.12 1 4 AFRICA/TOTO
THE SIGN ACE OF BASE 94.03.12 4 94.05.07 2 6 BUMP N GRIND/R. KELLY
ON BENDED KNEE BOYZ II MEN 94.12.03 2 94.12.31 4 6 HERE COMES THE HOTSTEPPER/INI KAMOZE
TOO CLOSE NEXT 98.04.25 4 98.05.30 1 5 MY ALL/MARIAH CAREY
THE FIRST NIGHT MONICA 98.10.03 2 98.10.24 3 5 ONE WEEK/BARENAKED LADIES
I KNEW I LOVED YOU SAVAGE GARDEN 00.01.29 3 00.02.26 1 4 THANK GOD I FOUND YOU/MARIAH CAREY & 98 DEGREES
BUTTERFLY CRAZY TOWN 01.03.24 1 01.04.07 1 2 ANGEL/SHAGGY FEAT. RAYVON
FALLIN' ALICIA KEYS 01.08.18 3 01.09.29 3 6 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEAT. JA RULE
I'M REAL JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE 01.09.08 3 01.10.20 2 5 FALLIN'/ALICIA KEYS
U GOT IT BAD USHER 01.12.15 1 02.01.19 5 6 HOW YOU REMIND ME/NICKELBACK


  1. 2018/09/26(水) 21:44:40|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:2

101位以下からTOP10入りしたシングル(Billboard 1959年-1979年編)



 Billboard(BB)誌では、「BUBBLING UNDER」(BU)チャートと題し、1959年6月1日付けから85年8月24日付けまで約26年間、HOT100以下のランクを発表していた時期がありました。対象となるランクは、115位や120位までの時期、さらに多いときには135位前後まで、時代によりバラツキが見られましたが、1974年7月13日からは、110位までに固定されました。
 このBUチャート(101位以下)に1959年6月1日付から1979年12月最終週までにエントリーし、TOP10入りした曲は607曲。同期間にBillboardでTOP10入りしたシングルは2063曲ですので、実に3割近くの作品がBUからTOP10入りしたことになります。
 その中で目を引くチャートアクションを示した曲をご紹介します。
参考:
101位以下から#1に輝いたシングル(Billboard 1959年-1985年編)
1980年代に101位以下からTOP10入りしたシングル

(タイトル/アーティスト/最高位・BUチャートイン日付)

Baby Talk /Jan And Dean/#10/1959/06/29
1959/6/29付で109位に登場。翌週111位とランクを下げた後、翌々週106位に上昇。翌週103位となるも登場5週目にはランク外に。しかし翌1959/8/3付でHOT100 65位にエントリー。以降順調にランクアップし、1959/9/14付で最高位10位に到達。
109位→111位→106位→103位→(1週ランク外)→65位→40位→27位→17位→17位→11位→10位→18位→18位→26位→41位→58位

The End Of The World/Skeeter Davis/#2/1962/12/8
1962/12/8付で104位にエントリー。翌週110位、翌々週105位と上昇するも、登場4週目に圏外に去る。翌週再び115位にリエントリーし、105位→101位と上昇し、1963/1/26付で84位にジャンプアップ。以降、65位→48位→36位→21位→12位→7位→4位と上昇し、1963/3/23付で2位に輝く。

Nobody But Me/The Human Beinz/#8/1967/10/21
1967/10/21付115位登場。翌週113位にアップしたのち、圏外に転落。中2週空けて101位に再登場。103位→103位を経て、1967/12/9付で98位に登場。最高位は1968/2/3付8位。
115位→113位→(2週ランク外)→101位→103位→103位→98位

Smile A Little Smile For Me/The Flying Machine/#5/1969/8/9
1969/8/9付125位に登場。翌週124位に上昇するも、翌週圏外へ。中4週空け、102位に登場。翌週も102位に止まるも、1969/10/4付で36ランクアップの66位に上昇。
125位→124位→(4週ランク外)→102位→102位→66位

I've Found Someone Of My Own/The Free Movement/#5/1971/5/8
1971/5/8付121位登場。翌週の117位をはさみ登場3週目に100位でHOT100に登場。以降97位→95位→91位→91位と僅かながら上昇するも、1971/6/26付けで110位に転落。翌週107位に上昇し、7/10付で91位でHOT100リエントリー。以降、じりじりと順位を上げ、11/13付で5位まで上昇。HOT100滞在26週にBU4週を加え、計30週チャートインを果たす。
121位→117位→100位→97位→95位→91位→91位→110位→107位→91位→91位→87位→86位→83位→82位→72位→67位→58位→44位→39位→30位→21位→17位→15位→11位→10位→8位→5位→11位→34位

Love Hurts/Nazareth/#8/1975/6/7
1975/6/7付104位に登場。翌週105位にダウンし、翌々週圏外へ。中18週を経た10/25付で109位に再登場。104位→104位と2週BUにエントリーした後、11/15付で再び圏外へ。しかし、翌11/22付で95位に登場。以降、ランクアップを続け1976/3/13付で8位まで上昇。
104位→105位→(18週ランク外)→109位→104位→104位→(1週ランク外)→95位→84位→73位→62位→46位→41位→25位→23位→21位→19位→18位→15位→13位→11位→10位→9位→8位→18位→27位→32位→49位→49位→59位


■BUチャートに4週以上ランクしたのちTOP10入りしたシングル
BU
entry date
HOT100
entry date
BU
週数
HOT100
週数
合計
週数
Top40
週数
Top10
週数
最高位 Title Artist
1962/12/08 1963/01/26 6 17 23 13 6 2 The End Of The World Skeeter Davis
1966/05/07 1966/06/11 5 14 19 10 4 8 Sweet Pea Tommy Roe
1967/10/21 1967/12/09 5 15 20 11 4 8 Nobody But Me Human Beinz
1969/06/21 1969/07/26 5 22 27 18 12 1 Sugar, Sugar Archies
1972/06/17 1972/06/24 5 22 27 14 8 1 I Am Woman Helen Reddy
1975/06/07 1975/11/22 5 23 28 14 3 8 Love Hurts Nazareth
1976/09/18 1976/10/23 5 23 28 14 9 1 Car Wash Rose Royce
1959/06/29 1959/08/03 4 12 16 9 1 10 Baby Talk Jan And Dean
1965/08/28 1965/09/25 4 15 19 10 7 2 1-2-3 Len Barry
1968/10/19 1968/11/16 4 16 20 12 5 5 Hooked On A Feeling B.J. Thomas
1969/07/12 1969/08/23 4 12 16 9 1 10 I'm Gonna Make You Mine Lou Christie
1969/08/09 1969/10/04 4 14 18 12 4 5 Smile A Little Smile For Me Flying Machine
1970/03/28 1970/04/25 4 20 24 15 8 3 Band Of Gold Freda Payne
1971/03/13 1971/04/10 4 18 22 13 7 3 Treat Her Like A Lady Cornelius Brothers & Sister Rose
1971/05/08 1971/05/22 4 26 30 11 3 5 I've Found Someone Of My Own Free Movement
1973/01/13 1973/02/10 4 20 24 14 7 1 The Night The Lights Went Out In Georgia Vicki Lawrence
1973/03/17 1973/04/14 4 20 24 13 4 9 Right Place Wrong Time Dr. John
1973/12/15 1974/01/12 4 17 21 11 2 9 Eres Tu (Touch The Wind) Mocedades


  1. 2018/09/25(火) 20:24:58|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

Billboardシングルチャート101位以下で長期間チャートインしていたシングル(1959年-1985年)

 Billboard 誌(BB)ではBubbling Under(B.U)チャートと題し、1959年6月1日付から1985年8月24日付まで約26年間、HOT100以下のランクを発表していた時期がありました。対象となるランクは、115位や120位までの時期、さらに多いときには135位前後まで、時代によりバラツキが見られましたが、1974年7月13日からは、110位までに固定されました。
 1985年8月24日付を最後に休止状態にあったB.Uチャートは、1992年12月5日付から再開され、現在に至るまで25位(125位)までのランキングとして発表されています。
 このB.Uチャートに長期間エントリーしていた作品を休止前(1959年6月1日付-1985年8月24日付)、休止後(1992年12月5日付-)の二期に分けご紹介いたします。

 休止前、B.Uチャートに10週以上エントリーしていたシングルは54作。もっとも長くエントリーしていたのはSan Francisco/Village People。
 1977/10/15付から1978/5/6付にかけ、実に30週にわたりB.Uチャートにエントリーし、登場14週目の1978/1/14付で最高位102位を記録しました。
 当時のB.Uチャートは前述のとおり110位までのランキングでしたので、102位から110位までの9ランクの間を30週間"ウロウロ"していたことになります。
■San Francisco/Village Peopleのチャートアクション
109位→104→104→103→103→103→105→110→104→105→104→104→106→102→106→104→105→109→108→107→110→108→108→107→105→109→107→110→110→109位。

 ちなみに同作は、Cashbox(CB)ではチャートインせず、Record World(RW)では、なんとこれまた101位(チャートイン13週)とTOP100の一歩手前で力尽きています。チャート各誌がどうしてもこの作品を100位以内に入れたくなかった、と邪推するしかないチャートアクションでしょうね。
 
 これに次ぐ長期B.Uチャートエントリー作品はEast Bound And Down/Jerry Reedで16週(最高位103位)。こちらもCB、RWともに107位止まり。特にRWでは101位以下で17週間止まるという不運ぶりでした。

 15週間B.Uチャートに止まった作品は、Just For Your Love/The Memphis HornsとNasty Girl/Vanity 6の2作。前者もCB103位、RW102位とTOP100入りならず。さらにRWでの101位以下の週数は18週に上っています。
 後者は1982/10/30付から7週間連続で最高位101位を記録。7週連続101位はB.Uチャート全期間を通じての最長記録で、100位の壁を崩すことはできませんでした。

■B.Uチャートに14週以上ランクインしていた作品
週数 初エントリー日付 最高位 CB RW 最高位
週数
Title Artist
30 1977/10/15 102 - 101 1 San Francisco (You've Got Me) Village People
16 1977/09/17 103 107 107 3 East Bound And Down Jerry Reed
15 1977/10/01 101 103 102 6 Just For Your Love The Memphis Horns
15 1982/10/02 101 - - 7 Nasty Girl Vanity 6
14 1977/07/30 101 94 101 5 Rollin' With The Flow Charlie Rich
14 1977/12/17 103 - 108 4 On Fire T-Connection
14 1978/08/12 102 - 75 4 Smile The Emotions

■101位を5週以上続けた作品
101位週数 101位日付 B.U週数 Title Artist
7 1982/10/30 15 Nasty Girl Vanity 6
6 1979/09/01 9 You Can Do It Al Hudson And The Soul Partners
6 1981/06/20 9 Pull Up To The Bumper Grace Jones
6 1977/01/08 10 Be My Girl Michael Henderson
6 1977/11/12 15 Just For Your Love The Memphis Horns
5 1981/04/18 7 When Love Calls Atlantic Starr
5 1977/08/27 14 Rollin' With The Flow Charlie Rich
5 1985/07/20 9 It's Over Now Luther Vandross
5 1978/03/18 9 Am I Losing You The Manhattans
5 1979/04/28 9 Good Good Feelin' War
5 1983/02/05 10 Heartbeats Yarbrough And Peoples
※=連続

  1. 2018/09/21(金) 21:11:12|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:2

Billboardアルバムチャートで7週以上最高位2位を記録したアルバム

 Billboard(BB)ステレオ、モノラルチャート両チャートが「TOP LP's」チャートとして統合された1963年8月17日付から2018年9月15日付までの55年間で最高位2位を7週以上記録したアルバムは10作。

 最も最高位2位を続けたのが、Built For Speed/Stray Catsで15週(連続)。1位進出を阻んだアルバムはBusiness As Usual/Men At Work(13週)とThriller/Michael Jackson(2週)というチャート史に残るメガヒットだから運が悪い。
 1982年から1983年にかけては、Business As Usual/Men At Workが15週連続1位、Thriller/Michael Jackson17週連続1位、Built For Speed/Stray Cats15週連続2位、Frontiers/Journey9週連続2位、H2O/Daryl Hall & John Oates15週連続3位などTOP3の顔ぶれが数ヶ月に亘り全く替わらなかったという今では考えられない時期でありました。詳細はこちら
 なお、Built For SpeedはCash Box(CB)では1982年12月18日付で1週ながら1位に輝いています。

 歴代2位の長期最高位2位を記録したのがBreathless/Kenny G。1993/1/30付から不連続ながら11週間2位の座に止まりました。
 同作が2位のときの11週間、1位は常にThe Bodyguard/Whitney Houstonだったのですが、The Bodyguardが2位に下がれば、Breathlessも下がる、ということでThe Bodyguardを超えることはありませんでした。

■1993年1月30日付~5月22日付までのBBアルバムチャートTOP4の推移
   1 2 3位  4
1/30 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Unplugged-
Eric Clapton
Some Gave All-
Billy Ray Cyrus
2/06 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Unplugged-
Eric Clapton
The Chronic-
Dr. Dre
2/13 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
The Chronic-
Dr. Dre
Unplugged-
Eric Clapton
2/20 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
The Chronic-
Dr. Dre
Some Gave All-
Billy Ray Cyrus
2/27 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
The Chronic-
Dr. Dre
Unplugged-
Eric Clapton
3/06 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
The Chronic-
Dr. Dre
Some Gave All-
Billy Ray Cyrus
3/13 Unplugged-
Eric Clapton
The Bodyguard-
Whitney Houston
19 Naughty III-
Naughty By Nature
Breathless-
Kenny G
3/20 Unplugged-
Eric Clapton
The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
19 Naughty III-
Naughty By Nature
3/27 Unplugged-
Eric Clapton
Ten Summoner's Tales-
Sting
The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
4/03 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Unplugged-
Eric Clapton
Ten Summoner's Tales-
Sting
4/10 Songs Of Faith & Devotion-
Depeche Mode
The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Unplugged-
Eric Clapton
4/17 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Unplugged-
Eric Clapton
Pocket Full Of Kryptonite-
Spin Doctors
4/24 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Pocket Full Of Kryptonite-
Spin Doctors
Unplugged-
Eric Clapton
5/01 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Pocket Full Of Kryptonite-
Spin Doctors
Unplugged-
Eric Clapton
5/08 Get A Grip-
Aerosmith
The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Pocket Full Of Kryptonite-
Spin Doctors
5/15 The Bodyguard-
Whitney Houston
Get A Grip-
Aerosmith
Porno For Pyros-
Porno For Pyros
Breathless-
Kenny G
5/22 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Get A Grip-
Aerosmith
Pocket Full Of Kryptonite-
Spin Doctors


 
10週最高位2位はともにセルフネームアルバムであるWhitesnakeとWilson Phillips。
 前者はThe Joshua Tree/U2(2週)、Whitney/Whitney Houston(3週)、Bad/Michael Jackson(5週)と80年代を代表するアーティストの№1アルバム3作に、後者はPleasehammer Don't Hurt 'Em/M.C.Hammer1作に、それぞれ1位の座を阻まれました。

 9週最高位2位は、BeatlesのIntroduction…The BeatlesとSomething New、そしてFrontiers/Journeyの3作。
 Beatlesの2作の1位獲得を阻んだのは皮肉にも同じBeatlesのMeetthe Beatles!とA Hard Day's Night。Something NewはCBでもA Hard Day's Nightに9週間にわたり1位進出を阻まれています。

 Frontiersは前述のように稀に見るチャートの動きが固定された時期に記録されたものですが、CBでは9週連続3位と2位にも及ばず、という結果でした。

■BBアルバムチャートで7週以上最高位2位を記録したアルバム
週数 タイトル アーティスト 2位日付 Top10
週数
1位のアルバム CB
最高位
15 Built For Speed Stray Cats 1982/11/27   Business As Usual/Men At Work(13) 1
Thriller/Michael Jackson(2)
11 Breathless Kenny G 1993/01/30   The Bodyguard/Whitney Houston(11) 2
10 Whitesnake Whitesnake 1987/06/13   The Joshua Tree/U2(2) 1
Whitney/Whitney Houston(3)
Bad/Michael Jackson(5)
10 Wilson Phillips Wilson Phillips 1990/08/04   Pleasehammer Don't Hurt 'Em/M.C.Hammer(10) 2
9 IntroductionThe Beatles The Beatles 1964/02/29   Meetthe Beatles!/The Beatles(9) 2
9 Something New The Beatles 1964/08/22   A Hard Day's Night/The Beatles(9) 2
9 Frontiers Journey 1983/03/12   Thriller/Michael Jackson(9) 3
8 Look At Us Sonny & Cher 1965/09/11   Help!/The Beatles(8) 2
7 Gonna Make You Sweet C & C Music Factory 1991/03/30   Mariah Carey/Mariah Carey(7) 2
7 Damn The Torpedoes Tom Petty & The Heartbreakers 1980/02/09   The Wall(7) 2

※=連続記録

  1. 2018/09/16(日) 18:50:15|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:2

全米四大シングルチャート チャートアクション比較(Slow Hand/Pointer Sisters)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。今回はSlow Hand(Pointer Sisters)。

 1981/5/30付でBB(83位)、CB(84位)、RW(78位)の三誌でニューエントリー(NE)。2週遅れ(6/12付)でRRが28位にNE。
TOP40入りはCBとRWで登場4週目(6/20)、一週遅れてBBで登場5週目(6/27)。
 TOP10入りはRRが最も早く登場4週目の7/10付(8位)。次いで7/11付でBB、翌週(7/18付)CB、さらに翌週(7/25付)にRWでTOP10を果たしました。
 RR登場8週目の7/31付で見事1位に到達。CBでは8/22付、BBでは翌8/29付で2位まで上昇した一方、RWでは8/8付で4位に上昇したのち、実に7週間その座に据え置かれることとなりました。
 RW誌での7週連続4位は、それまでの6週(A White Sport Coat(Marty Robbins)を上回る最長連続4位記録となりました。

■RWシングルチャートで4週以上最高位4位を記録した作品(1981年9月19日付現在)
1981/08/08 7  10 Slow Hand-Pointer Sisters
1957/05/25 6  9 A White Sport Coat (And A Pink Carnation)-Marty Robbins
1955/01/10 4* 11 That's All I Want From You-Jaye P. Morgan
1959/07/20 4*  8 What A Diff'Rence A Day Makes-Dinah Washington
1962/06/16 4  7 Palisades Park-Freddy Cannon
1962/08/25 4  6 She'S Not You-Elvis Presley with The Jordanaires
1964/08/15 4  7 Under The Boardwalk-The Drifters
1964/12/12 4  8 She'S Not There-The Zombies
1970/04/04 4  7 Love Grows (Where My Rosemary Goes)-Edison Lighthouse
1977/06/18 4  8 Gonna Fly Now (Theme From "Rocky")-Bill Conti
1978/01/07 4  10 You'Re In My Heart (The Final Acclaim)-Rod Stewart
1980/09/20 4  6 Lookin' For Love-Johnny Lee
※数字左から初4位日付、4位の週数(*=不連続)、TOP10週数

なお、最高位3位以上も含めた4位の週数では、Celebration(Kool & The Gang・最高位1位)が6週4位を記録しています。
Celebrationのチャートアクション(4-4-1-2-2-5-4-4-4-4-7)
2週4位から1位にジャンプ。翌週から2位2週、さらに5位に転落した後、4位に再浮上。そこから4週連続4位。
チャートマニアの頬が緩むようなチャートアクションです。

  BB CB RW RR
1981/05/30 83 84 78  
1981/06/06 73 69 61  
1981/06/13 57 51 52 28
1981/06/20 44 40 40 25
1981/06/27 32 28 35 17
1981/07/04 18 20 30 8
1981/07/11 10 12 13 6
1981/07/18 9 10 11 5
1981/07/25 7 8 8 4
1981/08/01 6 6 6 1
1981/08/08 6 4 4 1
1981/08/15 6 3 4 2
1981/08/22 4 2 4 3
1981/08/29 2 2 4 6
1981/09/05 2 2 4 14
1981/09/12 2 3 4 18
1981/09/19 10 3 4 29
1981/09/26 12 6 9  
1981/10/03 27 11 12  
1981/10/10 30 12 13  
1981/10/17 45 29 22  
1981/10/24 57 53 32  
1981/10/31 70 68 52  
1981/11/07 97 97 58  
1981/11/14     82  
1981/11/21     92  
1981/11/28     99  

  BB CB RW RR
HOT/TOP100 24 24 27  
TOP40 16 18 19  
TOP30 15 17 16 15
TOP20 13 15 14 12
TOP10 11 11 10 9
TOP5 4 7 7 6
TOP3 3 6 0 4
TOP2 3 3 0 3
Peak 2 2 4 1


  1. 2018/09/14(金) 20:13:26|
  2. チャートアクション
  3. | コメント:2

全米四大シングルチャート チャートアクション比較(Open Arms/Journey)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。
 今回はOpen Arms(Journey)。

 1982/1/16付(RR1/15付)で四大誌すべてにニューエントリー(NE)。
 最も早くTOP10入りしたのがRRで登場3週目(TOP30)、以下、BB5週目、CB6週目、RW7週目と時差を付けTOP10入り。RRでは登場5週目で1位に到達。
 以降、3/26付まで7週間にわたり1位を独走しました。RR誌での7週連続1位は、I Can't Go For That(No Can Do)/Daryl Hall & John Oates(年末年始の未発表週2週含む)に次ぎ、Don't Go Breaking My Heart/Elton John & Kiki Deeに並ぶ史上2位(当時)の大記録となります。

■RRシングルチャートで6週以上№1を記録した作品(1982年3月26日付現在)
8 1981/12/18 I Can't Go For That (No Can Do)/Daryl Hall & John Oates
7 1982/02/12 Open Arms/Journey
7 1976/07/30 Don't Go Breaking My Heart/Elton John & Kiki Dee
6 1974/02/08 Seasons In The Sun/Terry Jacks
6 1974/09/13 I Honestly Love You/Olivia Newton-John
6 1975/04/04 Philadelphia Freedom/Elton John
6 1975/06/06 Love Will Keep Us Together/Captain & Tennille
6 1976/05/14 Silly Love Songs/Wings
6 1977/10/14 You Light Up My Life/Debby Boone
6 1978/01/27 Stayin' Alive/Bee Gees
6 1978/03/10 Night Fever/Bee Gees
6 1978/08/04 Three Times A Lady/Commodores
6 1979/01/26 Do Ya Think I'm Sexy/Rod Stewart
6 1980/03/28 Call Me/Blondie
6 1981/11/06 Waiting For A Girl Like You/Foreigner
※数字左から№1週数、初№1日付

 次いで1位に到達したのはRW誌で登場8週目の3/6付、翌3/13付にはCBでも1位を獲得しました。
 一方、BB誌は2/27付で2位に上昇したものの、"Centerfold"と"I Love Rock 'n' Roll"に3週ずつ計6週間にわたり1位上昇を阻まれ4/10付で7位に転落。四大誌で唯一、BBのみ1位を獲得することはできませんでした。なお、6週連続2位は、"Open Arms"の一作前の最高位2位シングルである"Waiting For A Girl Like You"の10週に次ぐ歴代2位タイ(当時)。
 驚くことに"Waiting For A Girl Like You"と"Open Arms"の2作は「RRシングルチャートで6週以上№1を記録した作品」かつ「BBシングルチャートで最高位2位を6週以上記録した作品」ということになります。

参考:「悲劇の」#2ソング(1973年-1982年編)

■BBシングルチャートで最高位2位を6週以上記録した作品(TOP100/HOT100 1982年4月3日付現在)
10 1981/11/28 Waiting For A Girl Like You/Foreigner
 6 1957/04/17 Little Darlin'/Diamonds
 6 1963/12/14 Louie Louie/Kingsmen
 6 1978/06/24 Baker Street/Gerry Rafferty
 6 1982/02/27 Open Arms/Journey
※数字左から2位週数、初2位日付

 なお、"Open Arms"の年間チャートではBB34位、CB21位に対し、RRでは貫録の1位に輝いています。


  BB CB RW RR
1982/01/16 57 58 45 28
1982/01/23 29 35 36 19
1982/01/30 21 23 32 10
1982/02/06 15 18 25 3
1982/02/13 4 11 22 1
1982/02/20 4 6 11 1
1982/02/27 2 5 4 1
1982/03/06 2 2 1 1
1982/03/13 2 1 5 1
1982/03/20 2 4 5 1
1982/03/27 2 5 5 1
1982/04/03 2 6 7 4
1982/04/10 7 10 11 15
1982/04/17 9 11   16
1982/04/24 23 17   19
1982/05/01 88 19   26
1982/05/08 92 59    
1982/05/15 100 89    


  1. 2018/09/07(金) 21:22:07|
  2. チャートアクション
  3. | コメント:2

全米四大シングルチャート チャートアクション比較(Hot Stuff/Donna Summer)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。今回はHot Stuff(Donna Summer)。

 まずはニューエントリー(NE)の順位。1979/4/21付でBBが79位に対し、CBは48位、RWはなんといきなり31位にそれぞれNE。RWのNE31位はこの時点(1979/4/21付)での同誌における歴代10位の高順位NE記録となります。(TOP30までの発表であったRR誌は4/20付28位にNE)。
 チャート誌によりチャートインが1週ずれた場合、NE順位が大きく異なることはありますが、同一週でここまで差がつくのは珍しい。
■RWシングルチャートでのハイエストデビュー記録(1979年4月21日付現在)
1965/02/20    19位(最高位8位)    Red Roses For A Blue Lady/Wayne Newton
1971/10/30    20位(最高位1位)    Have You Seen Her/The Chi-Lites
1965/07/03    20位(最高位1位)    I'M Henry Viii, I Am/Herman's Hermits
1965/02/27    22位(最高位6位)    Goldfinger*/John Barry & His Orchestra
1965/02/13    22位(最高位8位)    Red Roses For A Blue Lady/Vic Dana
1970/11/07    26位(最高位26位)    Hum Along And Dance/The Temptations
1965/12/25    27位(最高位12位)    Day Tripper/The Beatles
1979/02/10    28位(最高位1位)    Tragedy/Bee Gees
1965/04/17    28位(最高位1位)    Mrs. Brown You'Ve Got A Lovely Daughter/Herman's Hermits
1978/11/18    31位(最高位1位)    Too Much Heaven/Bee Gees
1971/04/17    31位(最高位11位)    Battle Hymn Of Lt. Calley/C Company Feat. Terry Nelson
1979/04/21    31位(最高位1位)    Hot Stuff/Donna Summer

 翌4/28付、BBは前週の遅れを取り戻すかのように29位へと50ランクの大ジャンプアップ。79位から29位への上昇は、この時点で歴代3位にあたる下位から29位へのジャンプアップ記録となりました。
■BBシングルチャートでの29位へのジャンプアップ記録(1979年4月28日付現在)
1958/12/29 88位→29位    The Little Drummer Boy/Harry Simeon Chorale
1975/12/13 82位→29位    Convoy/C.W. Mccall
1979/04/28 79位→29位    Hot Stuff/Donna Summer

 一方、RWは僅か7ランクアップの24位、CBはBBと同じく29位と登場2週目でほぼ横並びに。
登場4週目の1979/5/12付でBB、CB、RWの三大誌いずれもTOP10入りしますが、BBでは前週20位から17ランクのジャンプアップで一気に3位まで上昇します。17ランクアップで3位への上昇は歴代6位タイ(当時)の記録となります。

■BBシングルチャートでの3位へのジャンプアップ記録(1979年5月12日付現在)
1964/01/25 45位→3位 I Want To Hold Your Hand/Beatles
1965/10/02 45位→3位 Yesterday/Beatles
1967/08/05 29位→3位 All You Need Is Love/Beatles
1956/04/14 27位→3位 Hot Diggity (Dog Ziggity Boom)/Perry Como
1973/08/04 21位→3位 Live & Let Die/Wings
1965/04/03 20位→3位 I'M Telling You Now/Freddie And The Dreamers
1979/05/12 20位→3位 Hot Stuff/Donna Summer

 登場7週目の1979/6/2付でBB、CB、RWの三大誌で1位に到達。№1週数はBB3週、CB4週、RW5週、RR2週。TOP10週数はBB、RWが14週ながら、CB、RRが8週と大きな差が見られました。


日付 BBCBRWRR
1979/04/2179483128
1979/04/2829292417
1979/05/052016168
1979/05/123974
1979/05/192644
1979/05/262221
1979/06/021111
1979/06/092114
1979/06/161115
1979/06/231117
1979/06/3023116
1979/07/07362 
1979/07/143113 
1979/07/213113 
1979/07/284163 
1979/08/049243 
1979/08/1193010 
1979/08/18193614 
1979/08/25434423 
1979/09/01715435 
1979/09/081009249 
1979/09/15  78 
1979/09/22  88 

BBCBRWRR
HOT/TOP10021212311
TOP4017172011
TOP3017161811
TOP2016131610
TOP10149148
Peak1111
  1. 2018/09/02(日) 16:24:13|
  2. チャートアクション
  3. | コメント:2

Little River Bandの全米四大チャートインシングル

何といってもRR誌でのヒットぶりが顕著。
チャートイン(TOP40)シングル12作中実に8作が連続TOP10入り。
しかも№1を獲得した"Lonesome Loser"、2位まで上昇した"Reminiscing"を含む6作連続TOP5入りは、実にお見事。

画像↓をクリックするとPDFファイルが開きます
  1. 2018/08/26(日) 18:06:09|
  2. アーティストのチャートデータ
  3. | コメント:4

UltravoxのUK三大チャートインシングル

画像↓をクリックするとPDFファイルが開きます
  1. 2018/08/20(月) 22:03:42|
  2. アーティストのチャートデータ
  3. | コメント:0

追悼 Aretha Franklinの全米四大チャートインシングル

画像↓をクリックするとPDFファイルが開きます

  1. 2018/08/17(金) 21:35:37|
  2. アーティストのチャートデータ
  3. | コメント:2

Orchestral Manoeuvres In The Dark(O.M.D.)のUK三大チャートインシングル

画像↓をクリックするとPDFファイルが開きます


  1. 2018/08/16(木) 00:19:46|
  2. アーティストのチャートデータ
  3. | コメント:0

REO Speedwagonの全米四大チャートインシングル


画像↓をクリックするとPDFファイルが開きます

  1. 2018/08/12(日) 09:46:14|
  2. アーティストのチャートデータ
  3. | コメント:0
次のページ

MS-DATABASEリンク集

最新コメント

最新の記事

一応、ジャンル分け

塗りつぶせ

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

キーワードは、と


無料カウンター