FC2ブログ

MS-DATABASE-別館

1970年代ハイエスト・デビューシングル特集(Biilboard編)

 Biilboard(BB)チャートでその週もっとも高位置にデビューした「ハイエスト・デビュー」。
1980年代編に続き、1970年代編をご紹介いたします。

 1970年代にいきなりTOP40以内に初登場した"超強力曲"は12作(Cash Box(CB)12作、Record World(RR)26作)。1980年代の52作に対し、その数は1/4以下とグッとその数は減じます。1970年代にTOP40デビューはかなり希少性の高いことだったことが分かります。
 もっとも高位置でのデビューは1970/3/21付6位登場の"Let It Be"(Beatles)。Beatlesの「ラスト」シングルという話題性の高さから、いきなち6位に登場という衝撃のチャートデビューを飾りました。この初登場6位は、"Hey Jude"(1968/9/14付)、"Get Back"(1969/5/10付)の10位を上回るBB史上最高位でのチャートデビュー順位。チャートの集計法が大きく変わり、初登場1位が頻発するようになった1991年までアンタッチャブル・レコードとして君臨しました。
 ちなみにCBではBBより1週前の3/14付で32位、RWはBBと同じ1970/3/21付で64位と、大きく初登場の順位が異なっております。

 "Let It Be"に次ぐ、1970年代の高位置デビューシングルは"Imagine"(John Lennon)。1971/10/23付で20位に登場しました。なおCBでは1週前の10/16付で66位、RWではBBと同日付で40位とこれまたBBとは大きな隔たりがあります。少しBBはBeatlesファミリーに甘かったのかしらん。

 残る10作のTOP40内初登場組の顔ぶれを見るとBee Gees、Eagles、Beatles、Wings、Jackson 5、Rolling Stones、Stevie Wonder、Rod Stewartと70年代を代表するビッグネームが名を連ねています。特にBee Geesは"Too Much Heaven"、"Tragedy"、"Love You Inside Out"と三作連続TOP40デビューを記録しています。

 TOP40初登場12作の最高位をみると9作と3/4が№1を獲得。
 これをTOP50初登場に広げてみると52作中29作が1位に到達せず、TOP40一歩手前の41位初登場(1971/4/24)の"Battle Hymn Of Lt. Calley"(C Company)に至っては37位止まりに終わっています。



■1970年代、Billboard HOT100で41位以内にニューエントリーした作品
初登場
順位
2週目
順位
初登場日付 最高位 Track Artist CB RW
6 2 1970/03/21 1 Let It Be Beatles 32 64
20 6 1971/10/23 3 Imagine John Lennon 66 40
29 19 1979/02/10 1 Tragedy Bee Gees 32 28
33 19 1979/12/08 8 The Long Run Eagles 57 49
35 12 1970/05/23 1 The Long And Winding Road Beatles 38 44
35 31 1978/11/18 1 Too Much Heaven Bee Gees 27 31
37 23 1979/04/21 1 Love You Inside Out Bee Gees 39 34
38 16 1979/03/31 5 Goodnight Tonight Wings 41 38
40 19 1970/09/19 1 I'll Be There Jackson 5 28 60
40 13 1971/05/01 1 Brown Sugar Rolling Stones 53 77
40 29 1976/12/04 1 I Wish Stevie Wonder 46 40
40 27 1978/12/23 1 Do Ya Think I'm Sexy? Rod Stewart 47 62
41 14 1970/03/14 1 ABC Jackson 5 43 72
41 37 1971/04/24 37 Battle Hymn Of Lt. Calley C Company 81 31
41 18 1979/08/04 4 Don't Bring Me Down Electric Light Orchestra 48 35


参考:Record Worldチャートの高順位ニューエントリー記録




スポンサーサイト
  1. 2018/11/04(日) 17:37:10|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:6

返り咲き#1シングル特集(Billboard編)

 
 16年ほど前に作成し、お蔵入りになったBillboard№1シングルの返り咲き特集。ネタは古いですが、ご容赦ください。


 2002年1月最終週のUKチャートで、ジョージ・ハリスンの「マイ・スウィート・ロード」が実に31年ぶり(前回71年1月30日~5週1位)に1位に返り咲き、話題を呼んでいます。
 アメリカ(Billboard)のチャートでは、1位に輝いた後、チャート圏外に消え、再び1位に返り咲いたケースは、チャビー・チェッカーの「ザ・ツイスト」(60年9月19日 1週、62年1月13日~2週)の1例しかありません。しかし、1位転落後、再び返り咲いた曲はHOT100チャート導入以降、39曲を数えます。ここでは、見事1位返り咲きを果たした曲を特集します。
交互に返り咲いた曲
抜きつ抜かれつ交互に返り咲きを演じた曲は、
①「THE SOUNDS OF SILENCE/SIMON & GARFUNKEL」 V.S. 「WE CAN WORK IT OUT/BEATLES」
②「I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB」 V.S. 「BEST OF MY LOVE/EMOTIONS」
③「YOU DON'T BRING ME FLOWERS/BARBRA STREISAND & NEIL DIAMOND」 
  V.S. 「LE FREAK/CHIC」
④「FALLIN'/ALICIA KEYS」 V.S. 「I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE」
の4組8曲。
それぞれの1位の推移は以下の通り。

①66年1月1日~1月29日
1/01 THE SOUNDS OF SILENCE/SIMON & GARFUNKEL
1/08 WE CAN WORK IT OUT/BEATLES
1/15 WE CAN WORK IT OUT/BEATLES
1/22 THE SOUNDS OF SILENCE/SIMON & GARFUNKEL
1/29 WE CAN WORK IT OUT/BEATLES

②77年7月30日~9月24日
7/30 I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
8/06 I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
8/13 I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
8/20 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
8/27 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
9/03 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
9/10 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
9/17 I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
9/24 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS

③78年12月2日~79年2月3日
12/02 YOU DON'T BRING ME FLOWERS/BARBRA STREISAND & NEIL DIAMOND
12/09 LE FREAK/CHIC
12/16 YOU DON'T BRING ME FLOWERS/BARBRA STREISAND & NEIL DIAMOND
12/23 LE FREAK/CHIC
12/30 LE FREAK/CHIC
01/06 TOO MUCH HEAVEN BEE GEES
01/13 TOO MUCH HEAVEN BEE GEES
01/20 LE FREAK/CHIC
01/27 LE FREAK/CHIC
02/06 LE FREAK/CHIC

④2001年8月18日~10月27日
08/18 FALLIN'/ALICIA KEYS
08/25 FALLIN'/ALICIA KEYS
09/01 FALLIN'/ALICIA KEYS
09/08 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE
09/15 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE
09/22 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE
09/29 FALLIN'/ALICIA KEYS
10/06 FALLIN'/ALICIA KEYS
10/13 FALLIN'/ALICIA KEYS
10/20 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE
10/27 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE

 いずれ劣らず激しい1位の争奪戦ですが、③のLE FREAK/CHICは実に2回、1位に返り咲くという離れ業を演じました。この間のチャートアクションは1位→2位→1位1位→2位→2位→1位1位1位→(3位)でした。また記憶に新しいところでは、昨年(2001年)の秋、11週間に亘ってFALLIN'/ALICIA KEYSとI'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULEとの1位争いも見応えがありました。
中複数週空けての1位返り咲き
 1位から転落して中2週以上かけて再び1位に返り咲いた曲は15曲。3週以上となると7曲に半減してしてしまいます。最もブランク空いて1位を奪取したのは
・I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
・THE SIGN/ACE OF BASE
・U GOT IT BAD/USHER
の中4週。1位から転落して5週以上空くと、1位への返り咲きは絶望といえます。 
1位から転落後、3位以下に順位を下げたにも拘わらず1位に返り咲いた曲
 1位から3位以下まで落ちた後、再び見事返り咲いた曲は、
・THAT'S THE WAY (I LIKE IT)/KC & SUNSHINE BAND
・I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
・ABRACADABRA/STEVE MILLER BAND 3 1 3 2 1 2
・BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
・YOU DON'T BRING ME FLOWERS/B. STREISAND & N. DIAMOND
・WINCHESTER CATHEDRAL/NEW VAUDEVILLE BAND
の6曲
 中でも、「THAT'S THE WAY (I LIKE IT)/KC & SUNSHINE BAND」は1位→2位→2位の後、4位にダウン。通常ですと、ズルズルTOP10落ち、というパターンですが、翌週見事に1位に返り咲きました。
 「I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB」も最初に1位に輝いた翌週、2位に転落。翌週、翌々週2位を続けた後、3位に後退。しかし、次週には1位にカムバックしました。
 「ABRACADABRA/STEVE MILLER BAND」は1位の翌週3位に転落。翌週2位、翌々週返り咲きというチャートアクションでありました。なお、返り咲きを許した曲は、あのシカゴの「チャート返り咲き」NO.1シングル「素直になれなくて」。20年経っても色褪せぬ80年代の名曲。方や「アブラ...」はこんなところでしか、紹介してもらえない「キワモノ」ソング(でも両方好きなんすけどね)。この差は...。
返り咲き後、長く1位をキープした曲
 1位に返り咲いた後、その座を長くキープした曲はU GOT IT BAD/USHER(1週+5週)
以下4曲が4週で続きます。
NEL BLU DIPINTO DI BLU (VOLARE)/DOMENICO MODUGNO(1週+4週)
SILLY LOVE SONGS/PAUL McCARTNEY & WINGS(1週+4週)
BETTE DAVIS EYES/KIM CARNES(5週+4週)
ON BENDED KNEE/BOYZ II MEN(2週+4週)
 
 「BETTE DAVIS EYES/KIM CARNES」は5週1位をキープした後、1週間2位に陥落。翌週、再び1位に返り咲き4週連続1位。都合、9週間1位を獲得しました。

 

返り咲きNO.1リスト
Title Artist 最初に1位に輝いた日 NO.1週数 返り咲いた日 NO.1週数 トータルNO.1週数 最初に1位をストップさせた曲
NEL BLU DIPINTO DI BLU (VOLARE) DOMENICO MODUGNO 58.08.18 1 58.09.01 4 5 LITTLE STAR/ELEGANTS
IT'S ONLY MAKE BELIEVE CONWAY TWITTY 58.11.10 1 58.11.24 1 2 TOM DOOLEY/KINGSTON TRIO
MACK THE KNIFE BOBBY DARIN 59.10.05 6 59.11.23 3 9 MR. BLUE/FLEETWOODS
SAVE THE LAST DANCE FOR ME DRIFTERS 60.10.17 1 60.10.31 2 3 I WANT TO BE WANTED/BRENDA LEE
TRAVELIN' MAN RICKY NELSON 61.05.29 1 61.06.12 1 2 RUNNING SCARED/ROY ORBISON
COME SEE ABOUT ME SUPREMES 64.12.19 1 65.01.16 1 2 I FEEL FINE/BEATLES
I CAN'T HELP MYSELF (SUGAR PIE, HONEY BUNCH) FOUR TOPS 65.06.19 1 65.07.03 1 2 MR. TAMBOURINE MAN/BYRDS
THE SOUNDS OF SILENCE SIMON & GARFUNKEL 66.01.01 1 66.01.22 1 2 WE CAN WORK IT OUT/BEATLES
WE CAN WORK IT OUT BEATLES 66.01.08 2 66.01.29 1 3 THE SOUNDS OF SILENCE/SIMON & GARFUNKEL
PAPERBACK WRITER BEATLES 66.06.25 1 66.07.09 1 2 STRANGERS IN THE NIGHT/FRANK SINATRA
WINCHESTER CATHEDRAL NEW VAUDEVILLE BAND 66.12.03 1 66.12.17 2 3 GOOD VIBRATIONS/BEACH BOYS
GROOVIN' YOUNG RASCALS 67.05.20 2 67.06.17 2 4 RESPECT/ARETHA FRANKLIN
ALONE AGAIN (NATURALLY) GILBERT O'SULLIVAN 72.07.29 4 72.09.02 2 6 BRANDY (YOU'RE A FINE GIRL)/LOOKING GLASS
KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG ROBERTA FLACK 73.02.24 4 73.03.31 1 5 LOVE TRAIN/O'JAYS
LET'S GET IT ON MARVIN GAYE 73.09.08 1 73.09.22 1 2 DELTA DAWN/HELEN REDDY
THE WAY WE WERE BARBRA STREISAND 74.02.02 1 74.02.16 2 3 LOVE THEME/LOVE UNLIMITED ORCHESTRA
FAME DAVID BOWIE 75.09.20 1 75.10.04 1 2 I'M SORRY/JOHN DENVER
THAT'S THE WAY (I LIKE IT) KC & SUNSHINE BAND 75.11.22 1 75.12.20 1 2 FLY, ROBIN, FLY/SILVER CONVENTION
SILLY LOVE SONGS PAUL McCARTNEY & WINGS 76.05.22 1 76.06.12 4 5 LOVE HANGOVER/DIANA ROSS
I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING ANDY GIBB 77.07.30 3 77.09.17 1 4 BEST OF MY LOVE/EMOTIONS
BEST OF MY LOVE EMOTIONS 77.08.20 4 77.09.24 1 5 I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING/ANDY GIBB
YOU DON'T BRING ME FLOWERS B. STREISAND & N. DIAMOND 78.12.02 1 78.12.16 1 2 LE FREAK/CHIC
LE FREAK CHIC 78.12.09 1 78.12.23 2 6 YOU DON'T BRING ME FLOWERS/B. STREISAND & N. DIAMOND
79.01.20 3 TOO MUCH HEAVEN/BEE GEES
I WILL SURVIVE GLORIA GAYNOR 79.03.10 2 79.04.07 1 3 TRAGEDY/BEE GEES
HOT STUFF DONNA SUMMER 79.06.02 1 79.06.16 2 3 LOVE YOU INSIDE & OUT/BEE GEES
ESCAPE (THE PINA COLADA SONG) RUPERT HOLMES 79.12.22 2 80.01.12 1 3 PLEASE DON'T GO/KC & THE SUNSHINE BAND
9 TO 5 DOLLY PARTON 81.02.21 1 81.03.14 1 2 I LOVE A RAINY NIGHT/EDDIE RABBIT
BETTE DAVIS EYES KIM CARNES 81.05.16 5 81.06.27 4 9 STARS ON 45/STARSOUND
ABRACADABRA STEVE MILLER BAND 82.09.04 1 82.09.25 1 2 HARD TO SAY I'M SORRY/CHICAGO
DOWN UNDER MEN AT WORK 83.01.15 3 83.02.12 1 4 AFRICA/TOTO
THE SIGN ACE OF BASE 94.03.12 4 94.05.07 2 6 BUMP N GRIND/R. KELLY
ON BENDED KNEE BOYZ II MEN 94.12.03 2 94.12.31 4 6 HERE COMES THE HOTSTEPPER/INI KAMOZE
TOO CLOSE NEXT 98.04.25 4 98.05.30 1 5 MY ALL/MARIAH CAREY
THE FIRST NIGHT MONICA 98.10.03 2 98.10.24 3 5 ONE WEEK/BARENAKED LADIES
I KNEW I LOVED YOU SAVAGE GARDEN 00.01.29 3 00.02.26 1 4 THANK GOD I FOUND YOU/MARIAH CAREY & 98 DEGREES
BUTTERFLY CRAZY TOWN 01.03.24 1 01.04.07 1 2 ANGEL/SHAGGY FEAT. RAYVON
FALLIN' ALICIA KEYS 01.08.18 3 01.09.29 3 6 I'M REAL/JENNIFER LOPEZ FEAT. JA RULE
I'M REAL JENNIFER LOPEZ FEATURING JA RULE 01.09.08 3 01.10.20 2 5 FALLIN'/ALICIA KEYS
U GOT IT BAD USHER 01.12.15 1 02.01.19 5 6 HOW YOU REMIND ME/NICKELBACK


  1. 2018/09/26(水) 21:44:40|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:2

101位以下からTOP10入りしたシングル(Billboard 1959年-1979年編)



 Billboard(BB)誌では、「BUBBLING UNDER」(BU)チャートと題し、1959年6月1日付けから85年8月24日付けまで約26年間、HOT100以下のランクを発表していた時期がありました。対象となるランクは、115位や120位までの時期、さらに多いときには135位前後まで、時代によりバラツキが見られましたが、1974年7月13日からは、110位までに固定されました。
 このBUチャート(101位以下)に1959年6月1日付から1979年12月最終週までにエントリーし、TOP10入りした曲は607曲。同期間にBillboardでTOP10入りしたシングルは2063曲ですので、実に3割近くの作品がBUからTOP10入りしたことになります。
 その中で目を引くチャートアクションを示した曲をご紹介します。
参考:
101位以下から#1に輝いたシングル(Billboard 1959年-1985年編)
1980年代に101位以下からTOP10入りしたシングル

(タイトル/アーティスト/最高位・BUチャートイン日付)

Baby Talk /Jan And Dean/#10/1959/06/29
1959/6/29付で109位に登場。翌週111位とランクを下げた後、翌々週106位に上昇。翌週103位となるも登場5週目にはランク外に。しかし翌1959/8/3付でHOT100 65位にエントリー。以降順調にランクアップし、1959/9/14付で最高位10位に到達。
109位→111位→106位→103位→(1週ランク外)→65位→40位→27位→17位→17位→11位→10位→18位→18位→26位→41位→58位

The End Of The World/Skeeter Davis/#2/1962/12/8
1962/12/8付で104位にエントリー。翌週110位、翌々週105位と上昇するも、登場4週目に圏外に去る。翌週再び115位にリエントリーし、105位→101位と上昇し、1963/1/26付で84位にジャンプアップ。以降、65位→48位→36位→21位→12位→7位→4位と上昇し、1963/3/23付で2位に輝く。

Nobody But Me/The Human Beinz/#8/1967/10/21
1967/10/21付115位登場。翌週113位にアップしたのち、圏外に転落。中2週空けて101位に再登場。103位→103位を経て、1967/12/9付で98位に登場。最高位は1968/2/3付8位。
115位→113位→(2週ランク外)→101位→103位→103位→98位

Smile A Little Smile For Me/The Flying Machine/#5/1969/8/9
1969/8/9付125位に登場。翌週124位に上昇するも、翌週圏外へ。中4週空け、102位に登場。翌週も102位に止まるも、1969/10/4付で36ランクアップの66位に上昇。
125位→124位→(4週ランク外)→102位→102位→66位

I've Found Someone Of My Own/The Free Movement/#5/1971/5/8
1971/5/8付121位登場。翌週の117位をはさみ登場3週目に100位でHOT100に登場。以降97位→95位→91位→91位と僅かながら上昇するも、1971/6/26付けで110位に転落。翌週107位に上昇し、7/10付で91位でHOT100リエントリー。以降、じりじりと順位を上げ、11/13付で5位まで上昇。HOT100滞在26週にBU4週を加え、計30週チャートインを果たす。
121位→117位→100位→97位→95位→91位→91位→110位→107位→91位→91位→87位→86位→83位→82位→72位→67位→58位→44位→39位→30位→21位→17位→15位→11位→10位→8位→5位→11位→34位

Love Hurts/Nazareth/#8/1975/6/7
1975/6/7付104位に登場。翌週105位にダウンし、翌々週圏外へ。中18週を経た10/25付で109位に再登場。104位→104位と2週BUにエントリーした後、11/15付で再び圏外へ。しかし、翌11/22付で95位に登場。以降、ランクアップを続け1976/3/13付で8位まで上昇。
104位→105位→(18週ランク外)→109位→104位→104位→(1週ランク外)→95位→84位→73位→62位→46位→41位→25位→23位→21位→19位→18位→15位→13位→11位→10位→9位→8位→18位→27位→32位→49位→49位→59位


■BUチャートに4週以上ランクしたのちTOP10入りしたシングル
BU
entry date
HOT100
entry date
BU
週数
HOT100
週数
合計
週数
Top40
週数
Top10
週数
最高位 Title Artist
1962/12/08 1963/01/26 6 17 23 13 6 2 The End Of The World Skeeter Davis
1966/05/07 1966/06/11 5 14 19 10 4 8 Sweet Pea Tommy Roe
1967/10/21 1967/12/09 5 15 20 11 4 8 Nobody But Me Human Beinz
1969/06/21 1969/07/26 5 22 27 18 12 1 Sugar, Sugar Archies
1972/06/17 1972/06/24 5 22 27 14 8 1 I Am Woman Helen Reddy
1975/06/07 1975/11/22 5 23 28 14 3 8 Love Hurts Nazareth
1976/09/18 1976/10/23 5 23 28 14 9 1 Car Wash Rose Royce
1959/06/29 1959/08/03 4 12 16 9 1 10 Baby Talk Jan And Dean
1965/08/28 1965/09/25 4 15 19 10 7 2 1-2-3 Len Barry
1968/10/19 1968/11/16 4 16 20 12 5 5 Hooked On A Feeling B.J. Thomas
1969/07/12 1969/08/23 4 12 16 9 1 10 I'm Gonna Make You Mine Lou Christie
1969/08/09 1969/10/04 4 14 18 12 4 5 Smile A Little Smile For Me Flying Machine
1970/03/28 1970/04/25 4 20 24 15 8 3 Band Of Gold Freda Payne
1971/03/13 1971/04/10 4 18 22 13 7 3 Treat Her Like A Lady Cornelius Brothers & Sister Rose
1971/05/08 1971/05/22 4 26 30 11 3 5 I've Found Someone Of My Own Free Movement
1973/01/13 1973/02/10 4 20 24 14 7 1 The Night The Lights Went Out In Georgia Vicki Lawrence
1973/03/17 1973/04/14 4 20 24 13 4 9 Right Place Wrong Time Dr. John
1973/12/15 1974/01/12 4 17 21 11 2 9 Eres Tu (Touch The Wind) Mocedades


  1. 2018/09/25(火) 20:24:58|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

Billboardシングルチャート101位以下で長期間チャートインしていたシングル(1959年-1985年)

 Billboard 誌(BB)ではBubbling Under(B.U)チャートと題し、1959年6月1日付から1985年8月24日付まで約26年間、HOT100以下のランクを発表していた時期がありました。対象となるランクは、115位や120位までの時期、さらに多いときには135位前後まで、時代によりバラツキが見られましたが、1974年7月13日からは、110位までに固定されました。
 1985年8月24日付を最後に休止状態にあったB.Uチャートは、1992年12月5日付から再開され、現在に至るまで25位(125位)までのランキングとして発表されています。
 このB.Uチャートに長期間エントリーしていた作品を休止前(1959年6月1日付-1985年8月24日付)、休止後(1992年12月5日付-)の二期に分けご紹介いたします。

 休止前、B.Uチャートに10週以上エントリーしていたシングルは54作。もっとも長くエントリーしていたのはSan Francisco/Village People。
 1977/10/15付から1978/5/6付にかけ、実に30週にわたりB.Uチャートにエントリーし、登場14週目の1978/1/14付で最高位102位を記録しました。
 当時のB.Uチャートは前述のとおり110位までのランキングでしたので、102位から110位までの9ランクの間を30週間"ウロウロ"していたことになります。
■San Francisco/Village Peopleのチャートアクション
109位→104→104→103→103→103→105→110→104→105→104→104→106→102→106→104→105→109→108→107→110→108→108→107→105→109→107→110→110→109位。

 ちなみに同作は、Cashbox(CB)ではチャートインせず、Record World(RW)では、なんとこれまた101位(チャートイン13週)とTOP100の一歩手前で力尽きています。チャート各誌がどうしてもこの作品を100位以内に入れたくなかった、と邪推するしかないチャートアクションでしょうね。
 
 これに次ぐ長期B.Uチャートエントリー作品はEast Bound And Down/Jerry Reedで16週(最高位103位)。こちらもCB、RWともに107位止まり。特にRWでは101位以下で17週間止まるという不運ぶりでした。

 15週間B.Uチャートに止まった作品は、Just For Your Love/The Memphis HornsとNasty Girl/Vanity 6の2作。前者もCB103位、RW102位とTOP100入りならず。さらにRWでの101位以下の週数は18週に上っています。
 後者は1982/10/30付から7週間連続で最高位101位を記録。7週連続101位はB.Uチャート全期間を通じての最長記録で、100位の壁を崩すことはできませんでした。

■B.Uチャートに14週以上ランクインしていた作品
週数 初エントリー日付 最高位 CB RW 最高位
週数
Title Artist
30 1977/10/15 102 - 101 1 San Francisco (You've Got Me) Village People
16 1977/09/17 103 107 107 3 East Bound And Down Jerry Reed
15 1977/10/01 101 103 102 6 Just For Your Love The Memphis Horns
15 1982/10/02 101 - - 7 Nasty Girl Vanity 6
14 1977/07/30 101 94 101 5 Rollin' With The Flow Charlie Rich
14 1977/12/17 103 - 108 4 On Fire T-Connection
14 1978/08/12 102 - 75 4 Smile The Emotions

■101位を5週以上続けた作品
101位週数 101位日付 B.U週数 Title Artist
7 1982/10/30 15 Nasty Girl Vanity 6
6 1979/09/01 9 You Can Do It Al Hudson And The Soul Partners
6 1981/06/20 9 Pull Up To The Bumper Grace Jones
6 1977/01/08 10 Be My Girl Michael Henderson
6 1977/11/12 15 Just For Your Love The Memphis Horns
5 1981/04/18 7 When Love Calls Atlantic Starr
5 1977/08/27 14 Rollin' With The Flow Charlie Rich
5 1985/07/20 9 It's Over Now Luther Vandross
5 1978/03/18 9 Am I Losing You The Manhattans
5 1979/04/28 9 Good Good Feelin' War
5 1983/02/05 10 Heartbeats Yarbrough And Peoples
※=連続

  1. 2018/09/21(金) 21:11:12|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:2

Billboardアルバムチャートで7週以上最高位2位を記録したアルバム

 Billboard(BB)ステレオ、モノラルチャート両チャートが「TOP LP's」チャートとして統合された1963年8月17日付から2018年9月15日付までの55年間で最高位2位を7週以上記録したアルバムは10作。

 最も最高位2位を続けたのが、Built For Speed/Stray Catsで15週(連続)。1位進出を阻んだアルバムはBusiness As Usual/Men At Work(13週)とThriller/Michael Jackson(2週)というチャート史に残るメガヒットだから運が悪い。
 1982年から1983年にかけては、Business As Usual/Men At Workが15週連続1位、Thriller/Michael Jackson17週連続1位、Built For Speed/Stray Cats15週連続2位、Frontiers/Journey9週連続2位、H2O/Daryl Hall & John Oates15週連続3位などTOP3の顔ぶれが数ヶ月に亘り全く替わらなかったという今では考えられない時期でありました。詳細はこちら
 なお、Built For SpeedはCash Box(CB)では1982年12月18日付で1週ながら1位に輝いています。

 歴代2位の長期最高位2位を記録したのがBreathless/Kenny G。1993/1/30付から不連続ながら11週間2位の座に止まりました。
 同作が2位のときの11週間、1位は常にThe Bodyguard/Whitney Houstonだったのですが、The Bodyguardが2位に下がれば、Breathlessも下がる、ということでThe Bodyguardを超えることはありませんでした。

■1993年1月30日付~5月22日付までのBBアルバムチャートTOP4の推移
   1 2 3位  4
1/30 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Unplugged-
Eric Clapton
Some Gave All-
Billy Ray Cyrus
2/06 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Unplugged-
Eric Clapton
The Chronic-
Dr. Dre
2/13 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
The Chronic-
Dr. Dre
Unplugged-
Eric Clapton
2/20 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
The Chronic-
Dr. Dre
Some Gave All-
Billy Ray Cyrus
2/27 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
The Chronic-
Dr. Dre
Unplugged-
Eric Clapton
3/06 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
The Chronic-
Dr. Dre
Some Gave All-
Billy Ray Cyrus
3/13 Unplugged-
Eric Clapton
The Bodyguard-
Whitney Houston
19 Naughty III-
Naughty By Nature
Breathless-
Kenny G
3/20 Unplugged-
Eric Clapton
The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
19 Naughty III-
Naughty By Nature
3/27 Unplugged-
Eric Clapton
Ten Summoner's Tales-
Sting
The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
4/03 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Unplugged-
Eric Clapton
Ten Summoner's Tales-
Sting
4/10 Songs Of Faith & Devotion-
Depeche Mode
The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Unplugged-
Eric Clapton
4/17 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Unplugged-
Eric Clapton
Pocket Full Of Kryptonite-
Spin Doctors
4/24 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Pocket Full Of Kryptonite-
Spin Doctors
Unplugged-
Eric Clapton
5/01 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Pocket Full Of Kryptonite-
Spin Doctors
Unplugged-
Eric Clapton
5/08 Get A Grip-
Aerosmith
The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Pocket Full Of Kryptonite-
Spin Doctors
5/15 The Bodyguard-
Whitney Houston
Get A Grip-
Aerosmith
Porno For Pyros-
Porno For Pyros
Breathless-
Kenny G
5/22 The Bodyguard-
Whitney Houston
Breathless-
Kenny G
Get A Grip-
Aerosmith
Pocket Full Of Kryptonite-
Spin Doctors


 
10週最高位2位はともにセルフネームアルバムであるWhitesnakeとWilson Phillips。
 前者はThe Joshua Tree/U2(2週)、Whitney/Whitney Houston(3週)、Bad/Michael Jackson(5週)と80年代を代表するアーティストの№1アルバム3作に、後者はPleasehammer Don't Hurt 'Em/M.C.Hammer1作に、それぞれ1位の座を阻まれました。

 9週最高位2位は、BeatlesのIntroduction…The BeatlesとSomething New、そしてFrontiers/Journeyの3作。
 Beatlesの2作の1位獲得を阻んだのは皮肉にも同じBeatlesのMeetthe Beatles!とA Hard Day's Night。Something NewはCBでもA Hard Day's Nightに9週間にわたり1位進出を阻まれています。

 Frontiersは前述のように稀に見るチャートの動きが固定された時期に記録されたものですが、CBでは9週連続3位と2位にも及ばず、という結果でした。

■BBアルバムチャートで7週以上最高位2位を記録したアルバム
週数 タイトル アーティスト 2位日付 Top10
週数
1位のアルバム CB
最高位
15 Built For Speed Stray Cats 1982/11/27   Business As Usual/Men At Work(13) 1
Thriller/Michael Jackson(2)
11 Breathless Kenny G 1993/01/30   The Bodyguard/Whitney Houston(11) 2
10 Whitesnake Whitesnake 1987/06/13   The Joshua Tree/U2(2) 1
Whitney/Whitney Houston(3)
Bad/Michael Jackson(5)
10 Wilson Phillips Wilson Phillips 1990/08/04   Pleasehammer Don't Hurt 'Em/M.C.Hammer(10) 2
9 IntroductionThe Beatles The Beatles 1964/02/29   Meetthe Beatles!/The Beatles(9) 2
9 Something New The Beatles 1964/08/22   A Hard Day's Night/The Beatles(9) 2
9 Frontiers Journey 1983/03/12   Thriller/Michael Jackson(9) 3
8 Look At Us Sonny & Cher 1965/09/11   Help!/The Beatles(8) 2
7 Gonna Make You Sweet C & C Music Factory 1991/03/30   Mariah Carey/Mariah Carey(7) 2
7 Damn The Torpedoes Tom Petty & The Heartbreakers 1980/02/09   The Wall(7) 2

※=連続記録

  1. 2018/09/16(日) 18:50:15|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:2

UK三大チャートでMelody Makerのみにチャートインシングル(1980年代編)

 1980年代、UK三大チャート((Music Week(MW)、New Musical Express(NME)、Melody Maker(MM))でMMのみにチャートインしたシングルをご紹介します。
 はじめに1980年代の三大チャートのチャートサイズは以下の通り。
MW
 1980/01/05~…75位
 1983/01/08~…100位(BU含む)
NME
 1980/01/05~…30位
 1983/04/23~…50位
MM
 1980/01/05~…30位
 1984/01/14~…50位
※(1988/6/18付け位以降、NMEとMMのチャートは統合)

 上記の通り、例えば1983年12月最終週では、MWが100位まで、NMEが50位まで、MMは30位までといった具合に、三大チャートでチャートサイズが異なる時期がありました。このため、NMEやMMでチャートインせず、MWのみのチャートインというシングルはかなりの数に上ります。その一方、MMのみでチャートインしたシングルは17作と希少性が高くなります。
 MMでの最高位が最も高く、他チャートにエントリーしなかったのは1985/08/10付で38位を記録したThe People's Limousine-Coward Brothers。Elvis CostelloとT Bone Burnettによるコラボです。
 次いでBig BlackのThe Model/He’s A Whore(1987/09/12付39位)が続きます。さらにBig Blackは前シングル"Headache"も1987/07/04付44位ながら他チャートにエントリーしませんでした(MMのみとは言え、Big BlackがUKチャートにエントリーしていることに改めてビックリ)。
 このほか、ConflictやBilly Bragg、Tom WaitsあたりもMMのみのチャートインシングルで、新鮮な感があります。

■UK三大チャートでMelody Makerのみにチャートインシングル

entry date peak wks Title Artist
1984/02/18 41 2 Snake Dance March Violets
1984/03/17 47 1 Blue Light David Gilmour
1984/08/04 44 2 Walk Into The Sun March Violets
1984/11/03 41 1 Heartbeat Psychedelic Furs
1985/02/09 44 3 St. Swithins Day Billy Bragg
1985/03/23 45 1 This Is Not Enough Conflict
1985/05/11 49 1 Be With Me Red Guitars
1985/06/01 44 1 Death Of The European Three Johns
1985/06/15 49 2 Motorslug Wiseblood
1985/08/10 38 1 The Peoples Limousine Coward Brothers
1985/08/24 45 3 Well Well Well Woodentops
1985/11/16 50 1 Miracle Of Age Dr. & Medics
1985/12/14 44 1 Kick Over The Statues Redskins
1986/03/08 46 1 Safety Net Shop Assistants
1986/03/22 48 2 In The Neighbourhood Tom Waits
1987/07/04 44 1 Headache Big Black
1987/09/12 39 2 The Model / Hes A Whore Big Black

参考:New Musical Express(NME)にエントリーし、Music Week(MW)にエントリーしなかった作品


  1. 2017/06/25(日) 09:45:04|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

UK版Bubbling Underチャートの記録(1983年-1991年)

 UKチャートのオフィシャルランク外のシングルの記録をご紹介いたします。

 なお、以前も少し触れましたが、UKチャート(OCCウェブサイトのチャートアーカイブ)では2015年2月28日付の更新分から過去に遡って、76位~100位の"Next25"(Bubbling Under)によるチャートアクションも含まれるようになりました。
 また各週のアーカイブも、チャート順位が100位まで拡大された1983年1月第1週から、それまでの"Official Singles Chart Top 75"の表記が"Official Singles Chart Top 100"と変わり、従来までBubbling Under扱いされていた順位部分が、オフィシャル扱いにされたかのような印象を受けます。
 OCCサイトでは1991年4月第1週から1994年1月最終週までは"Official Singles Chart Top 75"となっており、76位以下の順位は"Official"扱いされていませんが、当時の紙媒体のチャートを見るとGallupチャートでは"Official National TOP100 Singles"、Music Weekでは"TOP75 Singles"と当時からダブルスタンダード状態にあることが分かります。
 このようにUKチャートでは何をもって"Official"順位なのかはっきりしませんが(一つの目安はGuinness社のチャート本である"British Hit Singles"への掲載)、ここでは"Next25"(またはBubbling Under)時代である1983年1月8日付から1991年4月6日付の76位から100位のデータをご紹介いたします

 この間に"Next25"(で便宜上統一)にチャートインし、かつ最高位を記録した作品(リエントリー含む)は2849作。うち最高位76位を記録したのは113作、同100位は89作となっています。
 最も長く"Next25"にランクしていたのはMama Told Me-Fantastiqueで13週(最高位84位)。これにThe Flame-Cheap Trickの11週(同77位)が続きます。

■"Next25"に9週以上滞在した作品
初チャートイン日付 最高位 週数 Title Artist
1986/09/20 84 13 Mama Told Me Fantastique
1988/06/18 77 11 The Flame Cheap Trick
1987/05/23 80 10 Gone Forever Cry Before Dawn
1988/01/16 82 10 Hungry Eyes Eric Carmen
1989/06/17 81 10 The Way To Your Heart Soul Sister
1985/03/16 76 9 Eastenders Theme Simon May
1988/12/17 80 9 Walk On Smith And Mighty

 5作以上"Next25"を持つアーティストは28組(Beatles除く)。
 最多ホルダーはFallの9作。チャートインから6作連続最高位90位台という珍記録を経て、7作目("Mr Pharmacist")にしてTOP75入り。しかしながら、最高位は75位とギリギリのオフィシャルへのチャートインとなりました。

■Fallのチャートインシングル(1983/1/8-1991/4/16)
初チャートイン日付 Title 最高位 週数
1984/06/23 Oh Brother 93 1
1984/09/01 Creep 91 2
1984/11/03 Draygos Guilt 99 1
1985/07/06 Rollin' Dany/Couldn'T Get Ahead 90 2
1985/11/16 Cruisers Creek/La 96 1
1986/07/26 Living Too Late/Hot Aftershave Bop 97 1
1986/09/13 Mr Pharmacist 75 2
1986/12/20 Hey Luciani 59 2
1987/05/09 There'S A Ghost In My House 30 4
1987/10/31 Hit The North 57 5
1988/01/30 Victoria 35 3
1988/11/26 Big New Prinz 59 2
1989/06/24 Cab It Up 81 1
1990/01/27 Telephone Thing 58 2
1990/03/24 Popcorn Double Feature 84 2
1990/09/08 White Lightning 56 2
1990/12/15 High Tension Line 97 1

 これに次ぐのがIcicle Worksの7作(Birds Fly(Whisper To A Scream)の初回ヒット含む)。
 個人的には全CDを持っている大ファンで、中でも一番のお気に入りである"Hollow Horse"が90位止まりっていうのが信じられないですね...。

■Icicle Worksのチャートインシングル(1983/1/8-1991/4/16)
初チャートイン日付 Title 最高位 週数
1983/07/02 Birds Fly (Whisper To A Scream) 90 4
1983/12/10 Love Is A Wonderful Colour 15 10
1984/03/10 Birds Fly (Whisper To A Scream) [R] 53 4
1984/10/13 Hollow Horse 91 2
1985/07/27 Seven Horses 80 3
1986/07/26 Understanding Jane 52 3
1986/10/04 Who Do You Want For Your Love 54 5
1987/02/14 Evangeline 53 4
1987/11/28 High Time 76 3
1988/03/05 Numb Ep 76 3
1988/04/30 Little Girl Lost 59 4
1988/07/23 Here Comes Trouble 94 2
1990/03/17 Motorcycle Rider 73 3
1990/06/02 Melanie Still Hurts 82 1
1990/08/18 I Still Want You 99 1

 "Next25"6作のアーティストはRobert Plant、Balaam And The Angel、Clannad、David Essex、Eric Clapton、Working Week、XTC。 Balaam And The AngelとWorking Weekはともにチャートイン7作中、"Next25"が6作。特にWorking Weekは初チャートイン作品("Venceremos - We Will Win")に続く2作目から7作目まで6作連続"Next25"という珍記録となっています。

■Working Weekのチャートインシングル(1983/1/8-1991/4/16)

初チャートイン日付 Title 最高位 週数
1984/06/02 Venceremos - We Will Win 64 3
1984/08/04 Storm Of Light 88 4
1985/03/09 Inner City Blues 93 2
1985/05/18 Sweet Nothing 83 3
1985/08/31 I Thought I'D Never See You Again 80 6
1986/08/23 Too Much Time 94 2
1991/02/16 Positive 96 1


 XTCは6作の"Next25"のうち2作が最高位100位、2作が同99位というチャートマニアには堪らない記録フォルダー。

■XTCのチャートインシングル(1983/1/8-1991/4/16)

初チャートイン日付 Title 最高位 週数
1983/10/01 Love On A Farmboy'S Wages 50 6
1984/09/22 All You Pretty Girls 55 6
1984/11/10 This World Over 99 1
1985/02/09 Wake Up 94 2
1986/09/06 Grass 100 2
1987/02/14 The Meeting Place 100 1
1987/06/27 Dear God 99 1
1989/01/28 Mayor Of Simpleton 46 5
1989/04/29 King For A Day 82 3
  1. 2017/06/11(日) 20:26:14|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:6

Billboard Black Singlesチャートのデータあれこれ

 Billboard Black Singlesチャートの様々なチャートアクションをご紹介。今回はチャートデータのあれこれ。
 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入される直前週である1992/11/28付まで。

 この間、ブラックチャートで1位を獲得した作品は502作。チャートインから最も早く1位に到達したのは、Billie Jean-Michael Jackson。1983/1/29付で31位にNE。翌週8位へとジャンプアップし、登場3週目の1983/2/12付で1位に達しました。
 これに次ぐ初登場4週目での1位到達はGot To Give It Up、Sexual Healing-Marvin Gaye、When Doves Cry-Princeの3作、5週目は6作となっています。なお5週以内に1位に到達した10作中、5作が7週以上1位をキープしています。

■初登場から5週以内で1位に到達したシングル
1位まで
の週数
Entry Date Peak Date 100 40 10 peak PK wks Title Artist
3 1983/01/29 1983/02/12 23 19 14 1 9 Billie Jean Michael Jackson
4 1982/10/16 1982/11/06 27 25 16 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
4 1984/06/09 1984/06/30 20 18 13 1 8 When Doves Cry Prince
4 1977/04/09 1977/04/30 21 19 11 1 5 Got To Give It Up (Pt. I) Marvin Gaye
5 1982/01/23 1982/02/20 21 20 15 1 9 That Girl Stevie Wonder
5 1973/07/07 1973/08/04 12 10 6 1 2 Angel Aretha Franklin
5 1983/09/24 1983/10/22 22 21 15 1 7 All Night Long (All Night) Lionel Richie
5 1987/09/19 1987/10/17 11 9 7 1 3 Bad Michael Jackson
5 1977/05/28 1977/06/25 22 21 13 1 4 Best Of My Love The Emotions
5 1976/07/10 1976/08/07 17 15 10 1 2 Getaway Earth, Wind & Fire

  一方、初登場から最も週数をかけて1位に到達したのは、The Second Time Around-ShalamarとDouble Dutch Bus-Frankie Smithの21週。
 ※The Second Time Aroundの1位までのチャートアクション88-78-68-58-48-40-31-27-27-26-27-25-20-20-15-12-7-5-2-2-1
 ※Double Dutch Bus-Frankie Smithの1位までのチャートアクション93-83-73-66-60-55-48-43-39-33-30-23-20-15-13-9-5-2-2-2-1

 これに次ぐのがGot To Be Real-Cheryl LynnとWritten All Over Your Face-Rude Boysの18週。17週目での1位到達は3作となっています。

■初登場から16週以上かけ1位に到達したシングル
1位まで
の週数
Entry Date Peak Date 100 40 10 peak PK wks Title Artist
21 1979/09/29 1980/02/16 32 24 10 1 1 The Second Time Around Shalamar
21 1981/02/28 1981/07/18 31 21 11 1 4 Double Dutch Bus Frankie Smith
18 1978/09/09 1979/01/06 26 17 10 1 1 Got To Be Real Cheryl Lynn
18 1990/11/17 1991/03/16 31 18 6 1 1 Written All Over Your Face Rude Boys
17 1976/12/11 1977/04/02 26 18 8 1 1 Trying To Love Two William Bell
17 1989/10/21 1990/02/10 25 15 6 1 1 Real Love Skyy
17 1991/08/03 1991/11/23 28 18 6 1 1 Tender Kisses Tracie Spencer
16 1984/10/13 1985/01/26 23 17 10 1 1 Gotta Get You Home Tonight Eugene Wilde
16 1987/11/07 1988/02/20 21 15 6 1 2 Girlfriend Pebbles


 最も初登場の順位が低く1位に到達したのはFinally Got Myself Together-The Impressions。1974/4/27付で100位にNE。以降、87-68-47-30-11-8-5と順調にランクアップし、登場9週目の1974/6/22付で1位に到達しました。

■初登場の順位が98位-100位で1位に到達したシングル
初登場 Date Entered Date Peaked 100 40 10 peak PK wks Title Artist 1位までの週数 
100 1974/04/27 1974/06/22 17 13 8 1 2 Finally Got Myself Together The Impressions 9
99 1974/05/11 1974/07/06 19 13 8 1 2 Rock Your Baby George McCrae 9
99 1974/11/09 1975/02/15 21 13 6 1 1 I Belong To You Love Unlimited 15
98 1975/04/19 1975/06/28 19 14 6 1 1 Look At Me (I'm In Love) The Moments 11
98 1975/04/26 1975/07/05 17 12 5 1 1 Slippery When Wet Commodores 11
98 1974/12/14 1975/02/22 18 11 4 1 1 Lady Marmalade Labelle 11
98 1976/05/15 1976/07/24 22 16 11 1 2 You'll Never Find Another Love Like Mine Lou Rawls 11
98 1975/12/20 1976/02/21 19 15 9 1 2 Sweet Thing Rufus feat. Chaka Kahn 10
98 1977/12/03 1978/02/04 21 15 9 1 2 Theme Song From "Which Way Is Up" Stargard 10


 TOP100に最も長くランクインしたのはDon't Walk Away-Jade。1992/11/14付でNEし、1993/02/06付まで37週間エントリー。以下、33週以上ランクインした作品はすべて1991年以降の作品。これ以前では
The Second Time Around-Shalamarの32週が最長となります。

■TOP100に32週以上エントリーしたシングル
Entry Date Peak Date TOP
100
40 10 5 3 2 peak PK wks Title Artist
1992/11/14 1993/02/06 37 31 14 6 3 2 2 2 Don't Walk Away Jade
1992/09/05 1992/11/21 35 28 7 4 3 1 1 1 Games Chuckii Booker
1992/11/21 1993/04/03 35 26 12 2 0 0 5 2 So Alone Men At Large
1992/08/29 1992/11/28 34 27 7 2 1 0 1 1 I Got A Thang 4 Ya! Lo-Key?
1991/11/02 1992/02/29 34 15 7 5 3 0 3 3 Breakin' My Heart Mint Condition
1991/03/16 1991/06/22 33 13 3 0 0 0 6 1 With You Tony Terry
1992/09/26 1992/11/28 33 26 0 0 0 0 11 1 Love's Taken Over Chante Moore
1979/09/29 1980/02/16 32 24 10 7 5 2 1 1 The Second Time Around Shalamar

 TOP40の最長滞在記録もDon't Walk Away-Jadeの31週を筆頭に1990年代の作品がずらりと並びます。この中で目を引くのが1980年代最長№1シングルであるSexual Healing-Marvin Gayeの25週。

■TOP40に25週以上エントリーしたシングル
Entry Date Peak Date TOP40 100 10 5 3 2 peak PK wks Title Artist
1992/11/14 1993/02/06 31 37 14 6 3 2 2 2 Don't Walk Away Jade
1992/09/05 1992/11/21 28 35 7 4 3 1 1 1 Games Chuckii Booker
1992/08/29 1992/11/28 27 34 7 2 1 0 1 1 I Got A Thang 4 Ya! Lo-Key?
1992/09/26 1992/11/28 26 33 0 0 0 0 11 1 Love's Taken Over Chante Moore
1992/11/21 1993/04/03 26 35 12 2 0 0 5 2 So Alone Men At Large
1982/10/16 1982/11/06 25 27 16 16 12 0 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
1992/10/10 1992/11/28 25 27 12 3 1 1 2 1 Love Shoulda Brought You Home Toni Braxton

 TOP10滞在記録になるとがらりと様相が変わり、1970年代後半から1980年代前半の作品が上位を占めます。TOP10最長滞在記録は前述のSexual HealingとOne Nation Under A Groove-Funkadelicの16週。

■TOP10に14週以上エントリーしたシングル
Entry Date Peak Date TOP10 100 40 5 3 2 peak PK wks Title Artist
1978/08/19 1978/09/30 16 25 19 11 6 0 1 6 One Nation Under A Groove Funkadelic
1982/10/16 1982/11/06 16 27 25 16 12 0 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
1979/11/03 1980/01/05 15 25 21 13 9 2 1 6 Rock With You Michael Jackson
1981/07/11 1981/08/22 15 24 21 13 7 0 1 7 Endless Love Diana Ross & Lionel Richie
1981/01/31 1981/05/09 15 24 21 9 7 4 1 1 Sukiyaki A Taste Of Honey
1982/01/23 1982/02/20 15 21 20 13 11 2 1 9 That Girl Stevie Wonder
1983/09/24 1983/10/22 15 22 21 10 9 0 1 7 All Night Long (All Night) Lionel Richie
1976/10/09 1976/11/27 14 23 20 9 8 2 1 4 Dazz Brick
1979/10/13 1979/12/15 14 23 19 12 9 6 1 3 Do You Love What You Feel Rufus & Chaka
1980/10/18 1980/12/20 14 24 20 10 8 0 1 6 Celebration Kool & The Gang
1981/11/07 1982/02/06 14 24 20 8 7 4 1 2 Call Me Skyy
1983/01/29 1983/02/12 14 23 19 12 12 2 1 9 Billie Jean Michael Jackson
1983/11/05 1984/01/28 14 26 21 9 9 4 1 4 If Only You Knew Patti LaBelle
1992/09/26 1992/12/05 14 27 23 10 8 0 3 8 Rump Shaker Wreckx-N-Effect
1992/11/14 1993/02/06 14 37 31 6 3 2 2 2 Don't Walk Away Jade

 TOP5の最長記録はSexual Healingの16週。これに次ぐのが13週(4作)なのでダントツの滞在週数と言えるでしょう。

■TOP5に12週以上エントリーしたシングル
Entry Date Peak Date TOP5 100 40 10 3 2 peak PK wks Title Artist
1982/10/16 1982/11/06 16 27 25 16 12 0 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
1979/11/03 1980/01/05 13 25 21 15 9 2 1 6 Rock With You Michael Jackson
1980/03/22 1980/05/17 13 22 18 13 9 3 1 6 Let's Get Serious Jermaine Jackson
1981/07/11 1981/08/22 13 24 21 15 7 0 1 7 Endless Love Diana Ross & Lionel Richie
1982/01/23 1982/02/20 13 21 20 15 11 2 1 9 That Girl Stevie Wonder
1977/08/13 1977/10/01 12 21 19 13 8 2 1 5 It's Ecstasy When You Lay Down Next To Me Barry White
1979/10/13 1979/12/15 12 23 19 14 9 6 1 3 Do You Love What You Feel Rufus & Chaka
1980/09/20 1980/11/01 12 24 20 13 11 1 1 7 Master Blaster (Jammin') Stevie Wonder
1981/10/03 1981/11/21 12 21 20 13 10 5 1 1 Take My Heart Kool & The Gang
1983/01/29 1983/02/12 12 23 19 14 12 2 1 9 Billie Jean Michael Jackson
1983/04/09 1983/06/04 12 25 19 13 9 1 1 8 Juicy Fruit Mtume
1984/06/09 1984/06/30 12 20 18 13 10 2 1 8 When Doves Cry Prince
1992/11/14 1992/12/05 12 23 20 13 11 0 1 11 I Will Always Love You Whitney Houston

 TOP3の滞在記録はSexual HealingとBillie Jean-Michael Jacksonの12週。10週以上TOP3に滞在していた9作中8作までが1位6週以上を記録する中、Take My Heart-Kool & The Gangの1位1週のみでTOP3滞在10週が目を引きます。


■TOP3に10週以上エントリーしたシングル
Entry Date Peak Date TOP3 100 40 10 5 2 peak PK wks Title Artist
1982/10/16 1982/11/06 12 27 25 16 16 0 1 10 Sexual Healing Marvin Gaye
1983/01/29 1983/02/12 12 23 19 14 12 2 1 9 Billie Jean Michael Jackson
1980/09/20 1980/11/01 11 24 20 13 12 1 1 7 Master Blaster (Jammin') Stevie Wonder
1982/01/23 1982/02/20 11 21 20 15 13 2 1 9 That Girl Stevie Wonder
1992/11/14 1992/12/05 11 23 20 13 12 0 1 11 I Will Always Love You Whitney Houston
1977/06/25 1977/08/13 10 20 17 13 11 2 1 6 Float On The Floaters
1981/10/03 1981/11/21 10 21 20 13 12 5 1 1 Take My Heart Kool & The Gang
1984/06/09 1984/06/30 10 20 18 13 12 2 1 8 When Doves Cry Prince
1992/10/17 1992/12/05 10 24 20 13 11 9 2 9 If I Ever Fall In Love Shai


 最後は2位の記録。2位に最も長く止まっていたのはTruly-Lionel Richieで9週。これにShe's A Bad Mama Jama-Carl Carltonが8週で続きます。6週以上2位を記録した12作中、最高位が2位止まりだったのは9作。残る3作は最高位1位かつ2位滞在5週以上となります。


■5週以上2位を記録したシングル
Entry Date Peak Date #2 100 40 10 5 3 peak PK wks Title Artist
1982/10/16 1982/11/13 9 23 20 13 10 9 2 9 Truly Lionel Richie
1981/06/20 1981/08/29 8 26 21 13 9 9 2 8 She's A Bad Mama Jama Carl Carlton
1979/10/13 1979/12/15 6 23 19 14 12 9 1 3 Do You Love What You Feel Rufus & Chaka
1980/10/18 1980/11/29 6 18 15 10 7 7 2 6 Love T.K.O. Teddy Pendergrass
1978/07/29 1978/09/23 5 16 13 10 8 7 1 1 Got To Get You Into My Life Earth, Wind & Fire
1978/08/26 1978/10/21 5 17 14 8 7 6 2 5 It Seems To Hang On Ashford & Simpson
1979/11/24 1980/02/23 5 23 19 11 8 7 1 1 Special Lady Ray,Goodman & Brown
1980/03/22 1980/05/24 5 22 18 12 5 5 2 5 Funkytown Lipps, Inc.
1981/10/03 1981/11/21 5 21 20 13 12 10 1 1 Take My Heart Kool & The Gang
1980/12/06 1981/01/10 5 17 14 10 7 5 2 5 Heartbreak Hotel The Jacksons
1983/05/07 1983/06/25 5 22 17 9 7 6 2 5 Flashdance... What A Feeling Irene Cara
1984/06/02 1984/07/14 5 24 21 13 11 9 2 5 What's Love Got To Do With It Tina Turner


  1. 2017/06/03(土) 18:17:20|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(AirplayチャートTOP10ヒット編)

 1984年10月20日付けでスタートしたHot 100 Airplay(A/P)。1998年11月28日付け以前は「シングル盤」の発売がなかった曲は原則HOT100にエントリーすることはできませんでした。しかし、A/Pチャートには、そうした制限はなかったため、HOT100にエントリーしなかった曲もエントリーすることが可能となりました。
 今回はA/PチャートのTOP10にランクされながら、HOT100にエントリーしなかった曲を紹介します。

 1984年10月20日付けから1998年11月28日付けの間でA/PチャートのTOP10に入りながら、HOT100にエントリーしなかった曲は24曲。
 うち、Don't Speak-No Doubt、Men In Black-Will Smith、Fly-Sugar Rayの3曲はA/Pで1位にまで上昇。
 またDon't Speak、Flyに加え、Mr. Jones-Counting Crows、Killing Me Softly-Fugees、Head Over Feet-Alanis Morissette、Lovefool-Cardigans、Uninvited-Alanis Morissetteの7曲はRadio & Recordsチャートで1位を獲得。もし、シングルカットしていれば、HOT100でもかなり上位まで上昇していたのではないかと思われます。
 こうしてみると1990年代後半のBillboardのシングルチャートは、「ヒット」の状況を反映していた、とは言い切れない存在だったことが分かります。

■Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(AirplayチャートTOP10編)
Entry date Peak CB RR Title Artist
1991/02/16 5 8 4 State Of The World Janet Jackson
1994/01/22 5 - 1 Mr. Jones Counting Crows
1994/12/10 6 - 4 When I Come Around Green Day
1995/07/08 8 - 12 I Could Fall In Love Selena
1995/12/30 10 - - The Chanukah Song Adam Sandler
1996/03/09 2 - 1 Killing Me Softly Fugees
1996/06/08 10 - 7 Standing Outside A Broken Phone Booth With Money In My Hand Primitive Radio Gods
1996/06/29 9 - 6 Forever Mariah Carey
1996/08/10 3 - 1 Head Over Feet Alanis Morissette
1996/10/19 1 - 1 Don't Speak No Doubt
1996/12/07 2 - 1 Lovefool Cardigans
1996/12/07 6 - 7 A Long December Counting Crows
1997/01/04 2 - 2 One Headlight Wallflowers
1997/04/26 4 - 2 How Bizarre OMC
1997/05/10 10 - 15 Butterfly Kisses Bob Carlisle
1997/06/07 5 - 2 Push matchbox twenty
1997/06/28 1 - 5 Men In Black Will Smith
1997/07/05 1 - 1 Fly Sugar Ray
1997/07/26 2 - 3 Walkin' On The Sun Smash Mouth
1998/02/07 6 - 6 Anytime Brian McKnight
1998/02/14 3 - 3 3 AM matchbox twenty
1998/03/07 4 - 3 As Long As You Love Me Backstreet Boys
1998/06/20 5 - 4 The Way Fastball
1998/06/27 4 - 1 Uninvited Alanis Morissette
  1. 2017/05/13(土) 08:37:06|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:6

Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(1991年以前編)

 1984年10月20日付けでスタートしたHot 100 Airplay。1998年11月28日付け以前は「シングル盤」の発売がなかった曲は原則HOT100にエントリーすることはできませんでした。しかし、Airplayチャートには、そうした制限はなかったため、HOT100にエントリーしなかった曲もエントリーすることが可能となりました。
 Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲を2回に分けて紹介します。今回は1991年以前編です。

 この間、Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲は23曲。うち2曲がCashboxに、4曲がRadio & Recordsにエントリーしています。
 Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲の第一号はNever Say Goodbye-Bon Jovi。
 1987/5/23付でAirplayチャートに36位でエントリーし、6/20付け28位が最高。"Slippery When Wet"からのアルバムカッツです。この曲あたりはシングルカットすれば、かなりのヒットが期待できたような気がしますが...。

 続く第二号もBon Joviでサントラ"Disorderlies"からのアルバムカッツ、Edge Of A Broken Heart。1987/10/17付け1週のみのチャートインで38位。
 これに続くのはSpotlight-Madonna。1988/1/16付でAirplayチャートにエントリーし、最高位は32位。リミックスアルバム"You Can Dance"に収録されています。当時のMadonna人気からすると、シングルカットすれば、TOP10は固かった?
 1980年代は上記の3曲のみ。いずれもR&Rチャートにエントリーしています。

 1991/1/26付でAirplayチャート11位まで上昇したDo The Bartman-SimpsonsはCBで22位まで上昇。CBではBrother, Don't You Walk Away-Hootersに次いで、アルバムカッツによる総合チャート入りした2曲目の作品となっています。

 State Of The World-Janet Jacksonは初のAirplayチャートTOP10ヒット(最高位5位)にして、HOT100にエントリーしなかった曲。CBでは8位、RRでは4位まで上昇しており、BBの"シングル盤"に対する頑な偏向ぶりを表しているのではないでしょうか?

参考:Cashboxシングルチャートにエントリーした"シングル"ではない曲

■Billboad Airplayチャートにエントリーし、HOT100にエントリーしなかった曲(1991年以前編)
Entry date PK CB RR Title Artist
1987/05/23 28 - 35 Never Say Goodbye Bon Jovi
1987/10/17 38 - 39 Edge Of A Broken Heart Bon Jovi
1988/01/16 32 - 31 Spotlight Madonna
1990/12/08 74 - - Eddy Steady Go Rozlyne Clarke
1990/12/15 11 22 9 Do The Bartman Simpsons
1990/12/22 64 - - Found Love Double Dee
1990/12/22 57 - - You Don't Have To Worry En Vogue
1991/01/05 72 - - One Good Man Sweet Sensation
1991/01/12 63 - - Don't Stop Now Cover Girls
1991/01/26 58 - - Games NKOTB
1991/02/02 69 - - Satisfaction Vanilla Ice
1991/02/16 5 8 4 State Of The World Janet Jackson
1991/02/23 56 - - I Like You Culture Beat
1991/02/23 61 - - Same Song Digital Underground
1991/04/06 68 - - Now Is Tomorrow Definition Of Sound
1991/04/13 70 - - Got My Eye On You Pajama Party
1991/06/08 55 - - You're The One For Me April
1991/06/08 59 - - Dangerous On The Dancefloor Musto and Bones
1991/06/22 66 - - (I Wanna Give You) Devotion Nomad
1991/08/10 64 - - Such A Good Feeling Brothers In Rhythm
1991/08/31 37 - - Word To The Mutha! Bell Biv DeVoe
1991/09/07 67 - - The Whistle Song Frankie Knuckles
1991/11/09 75 - - Peace (In The Valley) Sabrina Johnston

  1. 2017/05/07(日) 12:06:25|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:3

全英三大チャート #1シングル記録集

 1980年第1週(1980/1/5付)からMelody Maker(MM)とNew Musical Express(NME)が統一チャートを使用し始める1988年6月までの8年半の間、UK三大チャート(MUsic Week(MW)、MM、NME)で1位を獲得した作品は232作。
 今回はこの「全英№1」についていろいろな角度からご紹介します。
 1980年代の「全英№1」232作をチャート別にみると、MW160作、NME195作、MM200作。MMチャートが「1位に成り易いチャート」ということになります。
 さらに詳しく組み合わせ別にみていきます。

三大チャート全てで1位を獲得
 232作中、144作が三大チャート全てで1位を獲得。「真」の全英№1シングルといえるでしょう。

二チャートで1位を獲得
MW-NMEで1位を獲得(MMで1位を逃す)
 MW-NMEでの1位組み合わせは10作。

NW-MMで1位を獲得(NMEで1位を逃す)
 NW-MMの組み合わせは僅か3作と希少性がグッと高まります。

NME-MMで1位を獲得(MWで1位を逃す)
 この組み合わせが最も多く28作となっています。

一チャートのみの1位
MWのみ1位を獲得…5作
 "We Are The World"が他誌では1位獲得していなかったのが意外。

NMWのみ1位を獲得…16作
 6作がMWで3位止まり。

MMのみ1位を獲得…28作
 オフィシャルチャートを見慣れていると、MMのみといえど「全英チャート1位」という称号が意外と感じる作品が。
 特に"Two Pints Of Lager"(Splodgenessabounds)はNMEで5位、MWでは7位という順位ですから一層の驚きが。
 "Speak Like A Child"(Style Council)(MW4位、NME3位)、"Change"(Tears For Fears)(MW、NMEともに4位)あたりも
"運のよい"全英№1といえるでしょう。
一方、"I.O.U"(Freeze)や"Temptation"(Heaven 17)が1位を獲得しており嬉しい...
Title Artist MM MW N.M.E
初№1日付 週数 最高位 最高位
Antmusic Adam & The Ants 1981/01/24 1 2 2
Ain't No Pleasing You Chas And Dave 1982/04/17 1 2 2
Lean On Me Club Nouveaux 1987/04/25 1 3 2
Sometimes Erasure 1986/12/13 1 2 2
I.O.U Freeze 1983/08/13 1 2 2
Axel F Harold Faltemeyer 1985/07/13 2 2 2
Temptation Heaven 17 1983/05/28 1 2 2
Just An Illusion Imagination 1982/04/10 1 2 2
What Have You Done For Me Lately? Janet Jackson 1986/05/10 1 3 3
Can't Be With You Tonight Judy Boucher 1987/05/09 1 2 2
Kids In America Kim Wilde 1981/03/28 1 2 3
All Night Long Lionel Richie 1983/11/05 1 2 2
Only Love Nana Mouskouri 1986/02/08 1 2 2
I Can't Wait Nu Shooze 1986/06/21 1 2 2
On My Own Pattie Labelle & Michael Macdonald 1986/05/17 1 2 2
Say, Say, Say Paul Mccartney & Michael Jackson 1983/11/26 1 2 2
Sledgehammer Peter Gabriel 1986/05/31 2 4 2
Invisible Sun Police 1981/10/10 1 2 2
1999 Prince 1985/02/02 1 2 2
Hooked On Classics Royal Philharmonic Orchestra 1981/08/22 1 2 2
You Drive Me Crazy Shakin' Stevens 1981/06/06 1 2 2
Holding Back The Years Simply Red 1986/06/14 1 2 2
Torch Soft Cell 1982/06/26 1 2 2
Two Pints Of Lager Splodgenessabounds 1980/07/05 1 7 5
Golden Brown Stranglers 1982/02/06 1 2 2
Speak Like A Child Style Council 1983/03/26 1 4 3
Change Tears For Fears 1983/02/19 1 4 4
Only You Yazoo 1982/05/29 1 2 4


  1. 2017/04/02(日) 00:11:56|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

途切れることなくTOP100/HOT100にシングルをランクインさせたアーティスト

いわゆる「ランクインリレー」の記録。
上位10アーティストは以下の通り。
週数 スタート日付 最終日付 アーティスト
409 2009/05/23 継続中 Drake
326 2007/09/29 2013/12/21 Lil' Wayne
216 2009/08/15 2013/09/28 Rihanna
207 2010/02/20 2014/02/01 Nicki Minaj
205 1955/07/09 1959/06/01 Pat Boone
159 1999/06/26 2002/07/06 Jay-Z
152 2000/04/29 2003/03/22 Nelly
142 2010/07/17 2013/03/30 Chris Brown
141 2002/11/30 2005/08/06 Kenny Chesney
139 2010/04/10 2012/12/01 Katy Perry
139 1999/06/19 2002/02/09 Destiny's Child
139 2007/10/13 2010/06/05 Taylor Swift

 ランクインリレー記録はPat Booneの205週連続が不滅の記録として君臨し続けてきましたが、20世紀後半から21世紀にかけて塗り替えるアーティストが続出。やはり、「Featuring」の影響が大きいのでしょう。
 最長はDrake。2009年5月23日付から最新チャート(2017年3月18日付)までPat Booneの樹立した205週の倍に当たる409週間にわたりHOT100にランクイン。この間にHOT100に送り込んだ作品数は129作(Featuring含む)に達します。

なお、20世紀に100週以上のランクインリレーを達成したアーティストは次の通り(前掲アーティスト除く)
週数 スタート日付 最終日付 アーティスト
135 1956/03/03 1958/09/22 Elvis Presley
121 1998/12/05 2001/03/24 'n Sync
120 1998/05/16 2000/08/26 Dixie Chicks
115 1955/10/22 1957/12/23 Nat "King" Cole
114 1997/01/25 1999/03/27 Mase
113 1973/08/04 1975/09/27 Elton John
112 1994/10/08 1996/11/23 Hootie & The Blowfish
111 1980/07/19 1982/08/28 Daryl Hall & John Oates
110 1983/10/29 1985/11/30 Madonna
109 1957/02/09 1959/03/02 Johnny Mathis
108 1996/11/09 1998/11/28 Puff Daddy
106 1958/12/01 1960/12/05 Paul Anka
105 1956/03/03 1958/02/24 Fats Domino
104 1978/05/13 1980/05/03 Donna Summer
104 1959/01/26 1961/01/16 Brook Benton
102 1955/10/01 1957/09/02 The Platters
101 1998/11/21 2000/10/21 Britney Spears
101 1999/11/06 2001/10/06 Faith Hill
100 1987/02/21 1989/01/14 George Michael


ちなみに日本(オリコン)の記録は以下の通り
山口百恵 1973/6/ 4-1981/ 3/ 2 405週
森 進一 1968/1/ 4-1974/ 9/ 9 350週
五木ひろし 1971/3/22-1977/ 2/ 7 308週
松田聖子 1980/4/21-1985/ 9/ 9 282週
西条秀樹 1972/5/15-1977/ 8/29 277週+1977/ 9/12-81/12/14 223週
内山田 洋とクールファイブ 1969/ 3/ 3-1974/ 5/ 6 271週

西条秀樹は1977/9/5付で記録が途切れ、翌週返り咲き。
この空白の一週がなければ501週という空前絶後の大記録が誕生したところでした。
  1. 2017/03/11(土) 12:33:31|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

Billboardアルバムチャート最高位50位以下の長期滞在記録

 最高位が低くて長期間チャートインしたアルバムの特集。ここでは最高位50位以下の作品を取り上げます。
 最高位50位以下でTOP200に100週以上チャートインしたアルバムは15作。
 最も長期間エントリーしたのは、日本でも絶大な人気を誇るDecember-George Winston。最高位54位ながらTOP200に178週エントリー。うちTOP100には60週間滞在しています。ちなみに最高位である54位を記録しした1984年の年間アルバムチャートでは65位を記録しています。

 これに最高位52位のThe Sea-Anita Kerr Singers, Rod Mckuen & The San Sebastian StringsがTOP200滞在143週で続きます。 TOP100の滞在は77週で年間チャートには1967年(68位)、1968年(34位)と2年連続でランクインするという快挙を達成。
 
 Super Hits-Willie Nelsonは最高位98位でTOP200滞在が110週、しかしTOP100へのエントリーは最高位98位を記録した週の1週に止まっています。

 なお、最高位101位以下で最も長期間TOP200にエントリーしたのはEarly Days And Latter Days - The Very Best Of Led Zeppelin(2002/12/7付初チャートイン)で最高位114位でTOP200滞在68週間。
 そのチャートアクションは以下の通り。
116,200,182,168,154,156,181,173,175,176,184,195,-,191,199,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,
195,169,135,129,126,149,177,180,184,186,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,188,-,-,196,
193,189,186,186,183,194,187,-,190,193,175,161,155,160,140,138,132,130,133,
148,140,146,154,138,135,114,134,152,144,155,159,168,166,171,165,170,167,165,169,173,191,-,-,-,-,191,190

■最高位50位以下で100週以上チャートインしたアルバム
最高位日付 最高位 TOP
200
TOP
100
タイトル アーティスト
1984/01/21 54 178 60 December George Winston
1968/08/03 52 143 77 The Sea Anita Kerr Singers,
Rod Mckuen & The San Sebastian Strings
2011/04/30 60 135 23 The Best Of Lynyrd Skynyrd:
20th Century Masters The Millennium Collection
Lynyrd Skynyrd
2007/09/22 57 133 62 Flyleaf Flyleaf
1991/11/23 75 115 13 Pretty Hate Machine Nine Inch Nails
1973/04/14 70 113 36 Sittin' In Loggins And Messina
2014/03/01 66 113 5 Wicked Original Broadway Cast Recording
2013/05/18 84 111 11 Megalithic Symphony Awolnation
2012/02/18 98 110 1 Super Hits Willie Nelson
1991/05/25 57 110 29 Here In The Real World Alan Jackson
2011/04/30 66 107 11 The Best Of Eric Clapton:
20th Century Masters The Millenium Collection
Eric Clapton
1998/04/11 61 104 36 I'M Alright Jo Dee Messina
2000/03/04 70 102 30 The Whole Shebang Shedaisy
1986/08/30 85 100 4 Storms Of Life Randy Travis
1994/06/04 50 100 46 Fumbling Towards Ecstasy Sarah Mclachlan


  1. 2017/01/08(日) 13:08:06|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

Billboardアルバムチャート101位以下の長期滞在記録

こちらでご紹介したTOP100の長期滞在記録のリバーシブル編。

対象は1961年1月以降にアルバムチャートにランクインした作品で2016年12月31日付までの週数をカウント。Billboardのレギュラーポップアルバムの滞在週のみが対象でComprehensive AlbumsやTop Pop Catalog Albumsの週数はカウントしてません。
なお、Billboardのレギュラーポップアルバムのチャートサイズはこちらをご参照ください。

もっとも長く101位以下に滞在したのは、The Dark Side Of The Moon-Pink Floyd。TOP200に滞在すること925週。うち767週が101位以下で、実に全滞在週の8割以上を占めています。
参考:"Dark Side Of The Moon"、”狂気”のチャートアクション(Billboard編)

 これに次ぐのがChronicle:The 20 Greatest Hits-Creedence Clearwater Revivalで101位以下の滞在は296週。TOP200の滞在が324週なので実に9割以上が101位以下で推移ということになります。
 初チャートインは1976年3月6日付。14週間チャートインし、最高位は100位。1986年11月1日付で約10年5カ月ぶりにリエントリー。ここでも16週チャートインしながら最高位は165位と下位に低迷。2009年12月5日付で「足切り制度」が廃止され、2010年1月9日付で約23年ぶりに三度目のチャートイン。リエントリーを重ねながら2013年8月17日付で前週の133位から22位へと111ランクの大ジャンプアップをみせ、これが最高位となりました。2016年11月26日付を最後にTOP200から姿を消していますが、TOP200にリエントリーするのは間違いないところでしょう。

 続いて274週間101位以下に滞在したのはJourney's Greatest Hits。同作のTOP200滞在は439週で歴代5位。現時点(2016年12月31日付)もTOP200に滞在中で、このまま滞在し続けると、今年中にJohnny's Greatest HitsやMy Fair Ladyの記録を上回りTOP3入りも夢ではありません。TOP100滞在165週はThe Dark Side Of The Moon(159週)を上回る週数となっています。

 Journey's Greatest Hitsに1週及ばない273週で4位に位置するのがLegend:The Best Of Bob Marley And The Wailers。この作品のTOP200滞在は448週でJourney's Greatest Hitsを上回り歴代4位。Journey's Greatest Hits同様、今年一年チャートインし続けると、歴代2位に上昇するとともに、史上2作目のチャートイン500週の快挙の達成となります。
 同作の最高位はチャートインから実に464週目の2014年9月20日付の5位。前週100位から一気にTOP5入りを果たしています。
「足切り制度」廃止の恩恵を受けた作品の一つと言えるでしょう。

 続いてCurtain Call: The Hits-Eminemが259週間101位以下にランクイン。こちらは前出のChronicleとは対照的に初登場1位を記録。2週1位を維持したのち、順位をずるずると下げ、登場30週目に102位とTOP100から転落。しかし、ここから40週間200位以内に滞在。2007年4月14日付を最後にTOP200圏外に去りますが、2010年1月16日付け193位にリエントリー。何度もTOP200内外を往復しながら、定期的にTOP100入りも果たすなど、TOP200滞在は319週に達しました。

 TOP20中、9作がベストアルバム、6作が№1アルバムとなっています。

■Billboardアルバムチャート101位以下滞在週TOP20
101位以下
の週数
Title Artist 初チャート
イン
日付
TOP
200
TOP
100
TOP
10
最高位 #1
767 The Dark Side Of The Moon Pink Floyd 1973/03/17 926 159 27 1 1
296 Chronicle:The 20 Greatest Hits Creedence Clearwater Revival 1976/03/06 324 28 0 22 0
274 Journey's Greatest Hits Journey 1988/12/03 439 165 2 10 0
273 Legend:The Best Of Bob Marley And The Wailers Bob Marley And The Wailers 1984/08/18 448 175 1 5 0
259 Curtain Call: The Hits Eminem 2005/12/24 319 60 12 1 2
226 Mcmxc AD Enigma 1991/03/02 282 56 5 6 0
225 Phantom Of The Opera Highlights Original London Cast 1990/03/10 331 106 0 46 0
224 Nevermind Nirvana 1991/10/12 341 117 28 1 2
221 Phantom Of The Opera Original London Cast 1987/05/23 255 34 0 33 0
204 Greatest Hits Guns N' Roses 2004/04/10 378 174 6 3 0
198 The Best Of Van Morrison Van Morrison 1990/05/26 242 44 0 41 0
196 Back In Black Ac/Dc 1980/08/23 281 85 23 4 0
193 Tapestry Carole King 1971/04/10 318 125 46 1 15
190 Greatest Hits Queen 1981/11/14 262 72 0 11 0
187 Mothership Led Zeppelin 2007/12/01 214 27 1 7 0
185 Hot Rocks, 1964-1971 Rolling Stones 1972/01/08 262 77 8 4 0
165 Recovery Eminem 2010/07/10 260 95 27 1 7
156 1 Beatles 2000/12/02 251 95 20 1 8
149 Shepherd Moons Enya 1991/12/07 238 89 0 17 0
147 Under A Blood Red Sky U2 1983/12/10 180 33 0 28 0


  1. 2017/01/01(日) 19:43:01|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

全米三大チャート全てで2位止まりとなったアルバム

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)の全米三大チャート全てで2位止まりとなったアルバムをご紹介します。
 対象とする期間はMusic VendorがRecord Worldに改称した1964年4月18日付から、同チャートが休刊した1982年4月10日付までの939週間。
 この間に三大チャート全てで2位止まりだったアルバムは、19作。同期間、三大チャートを制覇したアルバムは167作ですので、ぐっと希少性が高まります。
 もっとも悲劇的だった作品は"Something New"-Beatles。BB、CBともに9週連続2位(RWの週数は調査中)。とはいうものの、同期間1位に君臨したのは"A Hard Day's Night”なので文句は言えないでしょうが。

参考:
全米三大チャート#1アルバム記録集-1-
全米三大チャート#1アルバム記録集-2-

■全米三大チャート全てで2位止まりだったアルバム
Title Artist BB CB RW

週数

2位週

週数

2位週

週数

2位週

Something New Beatles 9 1964/08/22 9 1964/08/15 ? 1964/08/01
Between The Buttons Rolling Stones 4 1967/03/11 4 1967/03/11 ? 1967/02/11
Their Satanic Majesties Request Rolling Stones 6 1968/01/06 5 1968/01/13 ? 1967/12/16
The Age Of Aquarius Fifth Dimention 2 1969/06/28 2 1969/07/05 ? 1969/05/31
Carpenters Carpenters 2 1971/07/03 1 1971/07/10 4 1971/07/10
Mud Slide Slim & The Blue Horizon James Taylor 4 1971/07/24 3 1971/08/14 2 1971/08/21
Ram Paul & Linda Mccartney 2 1971/08/21 1 1971/09/04 2 1971/09/04
Teaser And The Firecat Cat Stevens 1 1971/12/04 1 1971/12/11 1 1971/12/11
School'S Out Alice Cooper 3 1972/07/29 1 1972/08/19 2 1972/08/12
Buddha And The Chocolate Box Cat Stevens 3 1974/05/11 1 1974/05/25 2 1974/05/18
Sprit Earth,Wind & Fire 2 1976/10/30 4 1976/10/23 1 1976/11/13
The Song Remains The Same Led Zeppelin/Soundtrack 3 1976/11/13 2 1976/11/20 2 1976/11/20
I'M In You Peter Frampton 4 1977/07/16 3 1977/07/16 3 1977/07/09
Crosby Stills & Nash Crosby Stills & Nash 4 1977/08/13 4 1977/08/20 2 1977/08/06
Star Wars Soundtrack 3 1977/09/10 5 1977/09/17 7 1977/09/03
The Stranger Billy Joel 6 1978/02/18 6 1978/02/25 1 1978/03/11
London Town Paul Mccartney 6 1978/05/06 4 1978/05/06 5 1978/04/29
Feels So Good Chuck Mangione 2 1978/06/17 4 1978/06/03 3 1978/06/03
A Wild And Crazy Guy Steve Martin 6 1978/12/09 3 1978/12/02 2 1978/12/16

  1. 2016/12/25(日) 08:42:27|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

CashboxアルバムチャートTOP10にデビューした作品(1970年代編)

 1970年代、Cashbox(CB)アルバムチャートでいきなりTOP10内に初登場した作品は19作。
 同時期、Billboard(BB)アルバムチャートでのTOP10初登場作品数は38作なので、ちょうど半分。CBでのTOP10ニューエントリーは希少であることが分かります。
 一方、初登場1位はBBの3作に対し、CBでは4作。BBはTOP10初登場は容易ながら、1位初登場はハードルが高い、といったところでしょうか。 なお、BBで1975/11/8付けで初登場1位を記録したRock of the Westies/Elton Johnは、CBではその前週に15位で初登場。翌週1位となっています。

■CashboxアルバムチャートTOP10にデビューした作品
CB BB Title Artist
初登場日付 順位 初登場日付 順位
1970/12/19 9 1970/12/19 5 ALL THINGS MUST PASS George Harrison
1970/12/26 9 1970/12/26 14 PLASTIC ONO BAND John Lennon/Plastic Ono Band
1971/10/16 5 1971/10/16 13 SANTANA III Santana
1972/01/15 5 1972/01/08 14 THE CONCERT FOR BANGLADESH Various Artists
1975/06/07 1 1975/06/07 1 CAPTAIN FANTASTIC AND THE BROWN DIRT COWBOY Elton John
1975/09/27 7 1975/09/27 12 WISH YOU WERE HERE Pink Floyd
1975/10/04 2 1975/10/04 2 WINDSONG John Denver
1976/03/06 7 1976/03/06 4 THEIR GREATEST HITS Eagles
1976/10/16 1 1976/10/16 1 SONGS IN THE KEY OF LIFE Stevie Wonder
1976/11/06 5 1976/11/06 3 THE SONG REMAINS THE SAME Led Zeppelin
1976/11/13 7 1976/11/13 3 BLUE MOVES Elton John
1976/12/25 5 1976/12/25 4 HOTEL CALIFORNIA Eagles
1976/12/25 6 1976/12/25 7 WINGS OVER AMERICA Wings
1977/06/25 9 1977/06/25 5 I'M IN YOU Peter Frampton
1978/09/02 7 1978/09/02 10 DON'T LOOK BACK Boston
1979/02/17 4 1979/02/17 4 SPIRITS HAVING FLOWN Bee Gees
1979/09/08 1 1979/09/08 10 IN THROUGH THE OUT DOOR Led Zeppelin
1979/10/20 1 1979/10/20 2 THE LONG RUN Eagles
1979/11/24 6 1979/11/24 6 JOURNEY THROUGH THE SECRET LIFE OF PLANTS Stevie Wonder


  1. 2016/08/06(土) 01:39:56|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

UK二大チャートで最高位が大きく異なったシングル(1980年代編-2)

 UK二大チャートで最高位が大きく異なったシングル第二弾は、New Musical Express(NME)にエントリーし、Music Week(MW)にエントリーしなかった作品。
 NMEは1983/4/23以降50位まで、一方MWは1983/1/08以降100位までランキングを発表しており、MWのTOP100にエントリーして、NMEのTOP50にエントリーしなかった、というパターンは珍しくありません。
 その逆のNME TOP50にエントリー、MW TOP100エントリーせずは59作。
 その顔ぶれはCrass、Pig Bag、Fall、Conflict、Alien Sex Fiendなどインディーズ系のアーティストがずらり。
 そんな中、Boris Gardinerの全英№1シングル"I Want To Wake Up With You"に続く"You Make Me Feel Brand New"やBob Dylanの"Tight Connection To My Heart"(BB103位)がNMETOP30入りしながら、MWではエントリーせず、という意外な結果となっています。

■NMEエントリーしながらMWにエントリーしなかったシングル(1980年代)
NME
エントリー日
最高

Title Artist
1981/03/21 22 2 Nagasaki Nightmare Crass
1981/06/06 24 2 Papa's Got A Brand New Pig Bag Pig Bag
1986/10/11 25 3 You Make Me Feel Brand New Boris Gardiner
1981/04/04 26 1 Poor Old Soul Orange Juice
1981/05/23 26 2 Magazine About The Weather
1980/08/16 27 1 Lonely Desire Teena Marie
1981/08/08 28 1 Motorhead Hawkwind
1985/06/22 29 2 Tight Connection To My Heart Bob Dylan
1981/05/02 30 1 Candy Skin Fire Engines
1985/08/24 30 2 Wild Colonial Boy Ruefrex
1988/05/14 31 1 Collision Loop
1984/05/05 33 2 Good Technology Red Guitars
1987/07/11 33 4 Swamp That Petrol Emotion
1983/06/11 34 3 Sheep Farming In The Falklands Crass
1987/08/29 34 2 Through The Flowers Primitives
1985/01/19 35 1 Wash It All Off You've Got Foetus On Your Breath
1983/10/08 36 2 Kicker Conspiracy Fall
1983/09/03 37 1 To A Nation Of Animal Lovers Conflict
1985/12/14 38 4 Kick Over The Statues Red Skins
1986/02/08 38 2 Giving Ground Sisterhood
1983/10/15 39 1 Jinx Peter & Test Tube Babies
1983/10/15 39 2 Zulu Beat King Kurt
1983/12/10 39 5 Mutiny 1983 Birthday Party
1986/06/14 39 2 Junction Signal Blyth Power
1984/03/10 40 1 You're Already Dead Crass
1984/12/15 41 3 Rats Subhumans
1985/07/27 41 2 Can't Get There From Here R.E.M.
1983/07/30 42 2 Brothers' Grimm (EP) Death Cult
1983/12/24 42 3 Price Of Silence Discharge
1985/09/21 42 3 Makes No Sense At All Husker Du
1985/09/28 42 2 James Bond (Lives Down Our Street) Toy Dolls
1984/11/17 43 1 E.S.T. (Trip To The Moon) Alien Sex Fiend
1985/07/20 43 1 Seeing Through My Eyes Broken Bones
1983/09/03 44 1 Trees & Flowers Strawberry Switchblade
1983/12/24 44 2 There Ain't No Sanity Claus Damned
1984/01/28 44 1 Lions In My Own Garden Prefab Sprout
1983/09/03 45 1 Lean On Me Red Skins
1985/03/23 45 1 Hymn From A Village James
1985/05/11 45 1 Freak-A-Ristic Atlantic Starr
1986/05/10 45 3 Halley's Comet Chas & Dave
1986/09/06 45 2 If Push Comes To Shove Sly Fox
1988/03/19 45 1 Shimmer Flatmates
1985/12/07 46 1 Edie Adult Net
1986/03/08 46 1 Faces Of Freedom Test Department
1983/10/08 47 1 Shine Play Dead
1986/04/12 47 1 Come On Northern Ireland Northern Ireland Football Team
1985/01/05 48 1 I'll Do The Talking Cruella DeVille
1985/08/10 48 2 Tupelo Nick Cave & Bad Seeds
1985/11/02 48 1 I've Got You Under My Skin Julio Iglesias
1983/07/16 49 1 The Man Whose Head Expanded Fall
1984/10/13 49 1 Sensoria Cabaret Voltaire
1984/12/08 49 1 Every Man Has A Woman Who Loves Him John Lennon
1985/05/18 49 1 Deep March Violets
1986/07/19 49 1 The Singer Nick Cave
1986/09/20 49 1 Yin & Yang Love & Rockets
1987/05/02 49 1 Hello My Baby Ladysmith Black Mambazo
1984/05/12 50 1 Deceiving Girl Dennis Brown
1986/07/19 50 1 Ivory Tower Van Morrison
1988/04/09 50 1 Storybook Love Mark Knopfler & Willy De Ville


  1. 2016/07/31(日) 10:36:34|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

Billboard四大チャート=マルチチャートで大きな差がついた作品

 HOT100登場以前に存在していたBillboardの四大チャート="マルチ"チャート(Best Sellers in Stores、Most Played in Juke Boxes、Most Played by Jockeys、TOP100)で最高位に大きな差がついた作品をご紹介いたします(TOP100が登場した1955/11/12付以降)。
なお四大チャートとHOT100の存在期間は以下の通り

Best Sellers in Stores=BS(1940/7/27-1958/10/13)
Most Played in Juke Boxes=JB(1944/4/8-1957/6/17)
Most Played by Jockeys=DJ(1945/1/27-1958/7/28)
TOP100(1955/11/12-1958/7/28)
HOT100(1958/8/4-)
※厳密に言うとBSとHOT100は11週間共存してたことになりますが...

 四大チャートで最も差が大きかった作品は、Fascination-Dinah Shore。DJチャート15位に対し、TOP100は98位で83ランク差。これに続くのがHard To Get-G. MacKenzieとI'll Never Stop Loving You-Doris Dayの80ランク差。前者はDJ4位に対しTOP100 84位、後者はDJ13位、TOP100 93位。この3作を含み四大チャート間で50ランク以上の差が付いた作品は21作。
 全てTOP100/HOT100が最低位を記録しているというもの。また最高位の日付を見ると1955/11/12付(TOP100のスタート日)が6作を占めており、"盛り"を過ぎて下降し、TOP100スタート時に下位に引っかかった、という感じでしょうか。


■Billboard四大チャート=マルチチャートで50ランク以上差がついた作品
Title  Artist  BS JB  DJ  100 
最高位 日付 最高位 日付 最高位 日付 最高位 日付
Fascination Dinah Shore 83         15 57/09/30 98 57/10/07
Hard To Get G. MacKenzie 80 5 55/08/27 5 55/08/06 4 55/08/13 84 55/11/12
I'll Never Stop Loving You Doris Day 80 15 55/08/20     13 55/08/13 93 55/11/12
Judy Frankie Vaughan 78     22 58/07/28     100 58/08/04
Ain't That A Shame F. Domino 76 16 55/08/27 10 55/08/27     86 55/11/12
How Are Ya' Fixed For Love? Frank Sinatra and Keely Smith 75     22 58/05/12     97 58/05/26
Ca, C'est L'amour Tony Bennett 74         22 57/11/18 96 57/12/09
Seventeen R. Draper 70 18 55/08/27         88 55/11/12
Gum Drop Crew Cuts 70 10 55/09/17 20 55/09/17 14 55/09/10 80 55/11/19
When The Boys Talk About The Girls Valerie Carr 65     19 58/06/09     84 58/06/23
Words Of Love Diamonds 63         13 57/07/29 76 57/06/24
A Very Special Love Debbie Reynolds 63     20 58/01/20     83 58/02/10
Love Me Forever Eydie Gorme 62         24 57/12/30 86 57/12/16
Another Time, Another Place Patti Page 61     20 58/05/05     81 58/05/19
Chanson D'Amour Fontane Sisters 56     12 58/05/19     68 58/05/26
Rock Around The Clock B. Haley 55 1 55/07/09 1 55/07/30 1 55/07/16 56 55/11/12
Oh, Julie Sammy Salvo 55     23 58/03/03     78 58/02/24
Same Old Saturday Night F. Sinatra 52         13 55/10/08 65 55/11/12
You Can't Run Away From It Four Aces 50         20 56/10/20 70 56/10/20
White Silver Sands Owen Bradley Quintet 50         18 57/08/05 68 57/08/19
Silhouettes Diamonds 50         10 57/11/11 60 57/12/30

Best Sellers in Stores=BS
Most Played in Juke Boxes=JB
Most Played by Jockeys=DJ
TOP100/HOT100=100



  1. 2016/07/29(金) 21:16:21|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

UK二大チャートで最高位が大きく異なったシングル(1980年代編-1)

 1980年代、UK二大チャート(Music Week(MW)、New Musical Express(NME))で最高位が50ランク以上差がついたシングルは26作。
 いずれもNMEの最高位がMWのそれを大きく上回ったもの。
 ちなみに、1980年代の両チャートのチャートサイズは以下の通り
MW
1980/01/05~…75位
1983/01/08~…100位
NME
1980/01/05~…30位
1983/04/23~…50位

 最大差はThe Price-New Model ArmyとLike A Virgin-Lords Of The New Churchの65ランク差。前者はNME33位に対し、MWでは98位、後者は同31位に対し、同96位と大きくその差が開きました。
 これに続くのがMurder-New OrderでNME30位に対しMW92位とその差62ランク。60ランク以上差が開いたのは以上の3作。
 大差上位にインディ系のアーティストが並ぶ中、Olivia Newton-JohnのSoul KissがNME45位-MW100位と55ランク差。この差は意外な感じがします。

■二大チャートの最高位が50ランク以上差がついたシングル(1980年代)
NME MW Title Artist
1984/11/17 65 33 98 The Price New Model Army
1985/05/18 65 31 96 Like A Virgin Lords Of The New Church
1984/05/26 62 30 92 Murder New Order
1986/05/24 59 38 97 There Ain't No Sanity Claus Damned
1983/01/08 58 30 88 Fat Man Southern Death Cult
1984/06/23 56 31 87 What I Want Dead Or Alive
1985/12/14 56 35 91 All The Love (In The World) Rose Marie
1983/12/03 55 31 86 Sunburst & Snowblind Cocteau Twins
1986/02/15 55 45 100 Soul Kiss Olivia Newton-John
1986/11/08 55 40 95 Desire (Come & Get It) Gene Loves Jezebel
1986/03/22 54 42 96 Don't Want To Know If You're Lonely Husker Du
1986/08/23 54 42 96 Band Of The Hand Bob Dylan & Heartbreakers
1983/05/07 53 46 99 Zombie Creeping Flesh Peter & Test Tube Babies
1985/12/07 53 31 84 Music Is The Answer Colonel Abrams
1984/07/07 52 32 84 In The Ghetto Nick Cave & Bad Seeds
1985/10/19 52 39 91 Wendell Gee R.E.M.
1986/03/15 52 30 82 The Trumpton Riots Half Man Half Biscuit
1986/05/17 52 46 98 E.S.P. Hazell Dean
1987/02/28 52 46 98 It's My Beat Sweet Tee & Jazzy Joyce
1985/03/30 51 42 93 She Goes To Finos Toy Dolls
1987/05/23 51 43 94 Nosedive Karma (EP) Gaye Bykers On Acid
1983/05/14 50 32 82 Catch 23 GBH
1983/09/17 50 38 88 What I Want Dead Or Alive
1984/03/17 50 36 86 Night Of The Hawks (EP) Hawkwind
1986/08/09 50 48 98 Crummy Stuff Ramones
1987/09/12 50 45 95 Trouble Trouble Funk


  1. 2016/07/23(土) 09:31:36|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

UK三大チャート#1アルバム記録集-1-

 UK三大チャート(New Musical Express=NME、Record Retailer/Music Week=MW、Melody Maker=MM)全てで1位を獲得したアルバムをご紹介。対象は、NMEのアルバムチャートがスタートした1962/6/9付けから、NMEとMMが同一チャートになる前週の1988/4/23付けまでの1351週です。
 この間、各チャートで1位を獲得したアルバムはNME317作、MW339作、MM322作。うち、三大チャート全て1位に輝いたアルバムは214作。うち全チャートで10週以上1位を維持した作品は19作。20週以上1位を獲得したのは6作。最長記録はTHE SOUND OF MUSICでNMEとMMで62週、MWで70週1位に輝いています。

■三大チャート全てで10週以上1位に輝いたアルバム
Melody Maker Music Week NME Title Artist
初№1日付 週数 初№1日付 週数 初№1日付 週数
1965/06/19 62 1965/06/05 70 1965/06/26 62 The Sound Of Music Soundtrack
1970/03/07 29 1970/02/21 34 1970/02/21 35 Bridge Over Troubled Water Simon & Garfunkel
1963/05/04 30 1963/05/11 30 1963/05/11 29 Please Please Me Beatles
1967/06/03 22 1967/06/10 27 1967/06/03 22 Sgt Peppers Lonely Hearts Club Band Beatles
1963/11/30 22 1963/12/07 21 1963/11/30 21 With The Beatles Beatles
1964/07/18 21 1964/07/25 21 1964/07/18 21 A Hard Day's Night Beatles
1978/05/06 18 1978/05/06 18 1978/04/29 18 Saturday Night Fever Soundtrack
1969/10/04 20 1969/10/04 17 1969/10/04 18 Abbey Road Beatles
1974/02/09 18 1974/02/02 17 1974/02/02 19 The Singles 1969-1973 Carpenters
1985/06/01 15 1985/05/25 14 1985/06/01 20 Brothers In Arms Dire Straits
1962/06/23 19 1962/06/23 13 1962/06/23 18 West Side Story Soundtrack
1963/02/02 13 1963/02/02 14 1963/02/02 14 Summer Holiday Cliff Richard & Shadows
1978/10/07 11 1978/10/07 13 1978/09/30 12 Grease Soundtrack
1964/05/02 11 1964/05/02 12 1964/04/25 12 The Rolling Stones Rolling Stones
1974/11/30 12 1974/11/23 11 1974/11/30 12 Elton John'S Greatest Hits Elton John
1976/05/15 13 1976/05/08 11 1976/05/15 11 Abba's Greatest Hits Abba
1976/12/18 13 1977/01/15 10 1976/12/25 12 Arrival Abba
1965/02/13 10 1965/02/06 10 1965/01/23 13 Rolling Stones No2 Rolling Stones
1984/05/26 10 1984/05/19 12 1984/05/26 10 Legend Bob Marley & Wailers

  1. 2016/07/16(土) 19:16:44|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

「悲劇の」#2ソング(UKチャート編)

 1950年代から1960年代にかけて存在した各種UKチャートで全て2位どまりだった”悲劇”の№2ソングをリストアップ。
対象としたUKチャートはNew Musical Express、Record Retailer、Record Mirror、Melody Maker、Disc & Music Echoの
五大チャート。その数12年間で59作。少し多い?
さらに 1962年から1966年に存在したPop Weeklyでも2位に輝いたのは12作。これぞ正真正銘の”悲劇”の№2ソング
(Record Retailer=Record Mirrorの時期も存在。便宜上、別チャートとしてカウント)

■UK六大チャート全てで2位どまりだったシングル
New Musical Express、Record Retailer、Record Mirror、Melody Maker、Disc & Music Echo、Pop Weekly
It'll Be Me-Cliff Richard
The Loco-Motion-Little Eva
Let's Dance-Chris Montez
From A Jack To A King-Ned Miller
Atlantis-Shadows
It'S All In The Game-Cliff Richard
Then He Kissed Me-Crystals
I'm The One-Gerry & Pacemakers
I Believe-Bachelors
My Boy Lollipop-Millie
Someone Someone-Brian Poole & Tremeloes
I'm Gonna Be Strong-Gene Pitney
Heart Full Of Soul-Yardbirds

■UK五大チャート全てで2位どまりだったシングル
Song Artist Date
DON'T ELVIS PRESLEY 1958/03/01
A WONDERFUL TIME UP THERE PAT BOONE 1958/04/05
BIG MAN FOUR PREPS 1958/06/21
HARD HEADED WOMAN ELVIS PRESLEY 1958/07/26
TO KNOW HIM IS TO LOVE HIM TEDDY BEARS 1958/12/20
BABY FACE LITTLE RICHARD 1959/01/03
A VOICE IN THE WILDERNESS CLIFF RICHARD 1960/01/23
FALL IN LOVE WITH YOU CLIFF RICHARD 1960/03/26
SOMEONE ELSE'S BABY ADAM FAITH 1960/04/16
CRADLE OF LOVE JOHNNY PRESTON 1960/04/30
AS LONG AS HE NEEDS ME SHIRLEY BASSEY 1960/08/13
SAVE THE LAST DANCE FOR ME DRIFTERS 1960/10/29
WILD WIND JOHN LEYTON 1961/10/07
TELL ME WHAT HE SAID HELEN SHAPIRO 1962/02/17
HEY BABY BRUCE CHANNEL 1962/03/24
I'M LOOKING OUT THE WINDOW CLIFF RICHARD 1962/05/12
IT'LL BE ME CLIFF RICHARD 1962/09/08
THE LOCO-MOTION LITTLE EVA 1962/09/15
LET'S DANCE CHRIS MONTEZ 1962/10/20
FROM A JACK TO A KING NED MILLER 1963/03/16
ATLANTIS SHADOWS 1963/06/08
IT'S ALL IN THE GAME CLIFF RICHARD 1963/08/24
THEN HE KISSED ME CRYSTALS 1963/09/21
I'M THE ONE GERRY & PACEMAKERS 1964/01/18
I BELIEVE BACHELORS 1964/03/21
MY BOY LOLLIPOP MILLIE 1964/04/04
SOMEONE SOMEONE BRIAN POOLE & TREMELOES 1964/05/23
I'M GONNA BE STRONG GENE PITNEY 1964/11/14
HEART FULL OF SOUL YARDBIRDS 1965/06/26
YOU'VE GOT YOUR TROUBLES FORTUNES 1965/07/17
ALMOST THERE ANDY WILLIAMS 1965/09/25
IF YOU GOTTA GO, GO NOW MANFRED MANN 1965/09/25
DAYDREAM LOVIN' SPOONFUL 1966/04/16
SLOOP JOHN B. BEACH BOYS 1966/04/23
GOD ONLY KNOWS BEACH BOYS 1966/07/30
GIMME SOME LOVING SPENCER DAVIS GROUP 1966/11/05
WHAT WOULD I BE VAL DOONICAN 1966/11/12
MATTHEW AND SON CAT STEVENS 1967/01/14
DEDICATED TO THE ONE I LOVE MAMAS & PAPAS 1967/04/22
WATERLOO SUNSET KINKS 1967/05/13
THERE GOES MY EVERYTHING ENGELBERT HUMPERDINCK 1967/05/27
I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN TOM JONES 1967/07/29
EXCERPT FROM A TEENAGE OPERA KEITH WEST 1967/08/26
HOLE IN MY SHOE TRAFFIC 1967/09/09
EVERYBODY KNOWS DAVE CLARK FIVE 1967/11/11
SIMON SAYS 1910 FRUITGUM COMPANY 1968/04/06
HONEY BOBBY GOLDSBORO 1968/05/04
SON OF HICKORY HOLLER'S TRAMP O.C. SMITH 1968/06/15
JESAMINE CASUALS 1968/08/31
LITTLE ARROWS LEAPY LEE 1968/09/07
BUILD ME UP BUTTERCUP FOUNDATIONS 1968/11/30
GENTLE ON MY MIND DEAN MARTIN 1969/03/01
GOODBYE MARY HOPKIN 1969/04/12
OH HAPPY DAY EDWIN HAWKINS SINGERS 1969/05/31
GIVE PEACE A CHANCE JOHN LENNON 1969/07/19
SAVED BY THE BELL ROBIN GIBB 1969/07/19
DON'T FORGET TO REMEMBER BEE GEES 1969/08/23
I'M GONNA MAKE YOU MINE LOU CHRISTIE 1969/10/04
(CALL ME) NUMBER ONE TREMELOES 1969/11/01


  1. 2016/07/12(火) 21:20:26|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:4

同一曲複数アーティスト同時TOP10ランク・イン記録(UKシングルチャート)

UKオフィシャル・チャート開始(1952年11月15日)以降、同一曲を複数のアーティストが演じ、同時にTOP10にランクされたケースは、同年12月20日にTOP10同時エントリーした「BECAUSE YOU'RE MINE」NAT 'KING' COLE/MARIO LANZA(NICHOLAS BRODSZKY/SAMMY CAHN作)から96年12月20日付けの「WONDERWALL」OASIS/MIKE FLOWERS POPS(NOEL GALLAGHER作)まで46例を数えます。

 10週以上にわたり同時TOP10を達成した曲は5作。うち最も長く同時にTOP10にランクされたのは、「LIMELIGHT」RON GOODWIN/CHARLES CHAPLIN(FRANK CHACKSFIELD作)の18週。1953年5月16日に12位にチャートインしたRON GOODWINヴァージョンを追って、翌5月23日、CHARLES CHAPLINヴァージョンが10位に登場。GOODWINは翌週も11位で足踏みするも、CHAPLINはいきなり3位にアップ。6月6日付けで GOODWINがTOP10入り。翌週GOODWINは11位に後退するも、6月20日には8位に再浮上。ここから16週連続で同一曲異ヴァージョンが TOP10にランクされます。8月22日以外は常にCHAPLINヴァージョンが上位をキープ。10月24日にGOODWINがランク外に消え去るまで、 実に18週間にわたり、TOP10に2ヴァージョンがランクされていました。
なお、CHAPLINヴァージョンはUKチャート記録にあたる8週2位の大記録も達成しています。


「LIMELIGHT」(1953.5.16-10.17)

Artist 5.16 5.23 5.30 6.06 6.13 6.20 6.27 7.04 7.11 7.18 7.25 8.01 8.08 8.15 8.22 8.29 9.05 9.12 9.19 9.26 10.03 10.10 10.17
R.GOODWIN 12 11 11 10 11 8 7 9 7 6 5 6 3 5 3 10 7 7 9 8 8 11 9
C.CHAPLIN   10 3 2 2 5 4 2 2 2 3 2 2 3 5 2 3 3 5 5 5 5 5

 
 同時にTOP10入りした2曲がともに1位というパターンは、
「ANSWER ME」DAVID WHITFIELD/FRANKIE LAINE
「CHERRY PINK AND APPLE BLOSSOM WHITE」EDDIE CALVERT/PEREZ PRADO
「SINGING THE BLUES」GUY MITCHELL/TOMMY STEELE
の3例。
 中でも「ANSWER ME」は8週間にわたって2ヴァージョンが1位を独走。53年12月12日付けには同時1位という快挙を達成しました。

「ANSWER ME」
Artist 53.11.07 53.11.14 53.11.21 53.11.28 53.12.05 53.12.12 53.12.19 53.12.26
DAVID WHITFIELD 1 2 2 2 5 1 2 2
FRANKIE LAINE 2 1 1 1 1 1 1 1

「CHERRY PINK AND APPLE BLOSSOM WHITE」
Artist 55.5.27 55.6.03 55.6.10 55.6.17 55.6.24 55.7.01 5507.08
EDDIE CALVERT 1 1 1 1 2 4 4
PEREZ PRADO 12 3 3 3 2 1 1

「SINGING THE BLUES」
Artist 57.01.05 57.01.12 57.01.19 57.01.26 57.02.02
GUY MITCHELL 1 2 1 2 1
TOMMY STEELE 6 1 2 4 6



 3ヴァージョンを同時にTOP10にランクさせたのは、
「STRANGER IN PARADISE」、「UNCHAINED MELODY」、「AROUND THE WORLD」の3曲。いずれもTOP20時代のチャートに同時4曲ランクインの記録を達成。55年5月28日付けでは「STRANGER IN PARADISE」、「UNCHAINED MELODY」がそれぞれ3曲、「CHERRY PINK AND APPLE BLOSSOM WHITE」が2曲同時にランクされるという現象もありました。

55年5月28日付けU.K.TOP10
Rank Title Artist
1 CHERRY PINK AND APPLE BLOSSOM WHITE EDDIE CALVERT
2 STRANGER IN PARADISE TONY BENNETT
3 CHERRY PINK AND APPLE BLOSSOM WHITE PEREZ PRADO
4 UNCHAINED MELODY AL HIBBLER
5 EARTH ANGEL CREW-CUTS
6 GIVE ME YOUR WORD TENNESSEE ERNIE FORD
7 UNCHAINED MELODY JIMMY YOUNG
8 STRANGER IN PARADISE TONY MARTIN
9 STRANGER IN PARADISE FOUR ACES
10 UNCHAINED MELODY LES BAXTER



 「I FOUND LOVIN'」 FATBACK BAND/STEVE WALSHは、FATBACK BANDヴァージョンがチャートに初登場してから、41週目にして2曲同時TOP10を果たした変り種。しかも同時TOP10入りは12年ぶりというオマケがつきました。

「I FOUND LOVIN'」 87年1月10日-10月17日
Artist 01.10 07.04 07.11 07.18 07.25 08.01 08.08 08.15 08.22 08.29 09.05 09.12 09.19 09.26 10.03 10.10 10.17
FATBACK BAND 77 90 91 84 83 89 87 84 83 76 72 70 50 46 34 15 7
STEVE WALSH - - - 74 76 81 83 - - 64 57 54 49 45 39 22 9

  1. 2016/03/12(土) 21:54:18|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

U.K.EPチャート記録のあれこれ (作品編)

 NO.1を獲得したEPの記録  EPチャートが存在した7年9カ月(1960年3月~1967年12月)、403週間でNO.1を獲得したEPは52枚。同期間に1位を獲得したLP32枚、シングルは144枚。まさにLPとシングルの谷間に挟まれた存在と言えるでしょう。
 1枚あたりの平均NO.1獲得週は7.8週(LP12.6週、シングル2.8週)。52作のNO.1に占める1週のみのNO.1EPが僅か7作にとどまり、残る45作は複数週1位を獲得している、ということからEPチャートはLPチャートに近い存在であるということができます。
 なお、NO.1を獲得した52枚のちょうど1/4にあたる13枚は10週以上の長期間1位をキープしています。

10週以上1位を獲得した作品
Weeks TITLE ARTIST
32 THE BEACH BOY HITS BEACH BOYS
28 THE SHADOWS TO THE FORE SHADOWS
22 FOUR TOPS HITS FOUR TOPS
21 TWIST AND SHOUT BEATLES
21 FIVE BY FIVE ROLLING STONES
20 FOLLOW THAT DREAM ELVIS PRESLEY(O.S.T)
20 THE SHADOWS SHADOWS
19 PADDY ROBERTS TRIES AGAIN PADDY ROBERTS
17 KID GALAHAD ELVIS PRESLEY(O.S.T)
14 THE ROLLING STONES ROLLING STONES
13 FRANK IFIELD'S HITS FRANK IFIELD
13 I NEED YOU WALKER BROTHERS
10 SOUTH PACIFIC NO.1 ORIGINAL SOUNDTRACK

 

長期ランクインの記録

最も長期にわたりランクされていたのは「SHADOWS TO THE FORE」(SHADOWS)、「NINA AND FREDERICK」(NINA AND FREDERICK)の115週。
 後者の記録連続ランクイン記録です。なお同曲の115週間のチャートアクションは以下の通り。
5位-6-5-2-8-6-9-4-7-4-4-3-3-11-2-8-3-5-10-6-4-10-5-5-5-2-3-3-6-6-6-7-6-6-13-10-8-5-4-5-6-7-13-4-3-10-13-4-3-5-9-5-4-5-4-4-6-6-5-
14-18-10-5-9-13-8-7-5-7-6-7-9-7-14-8-12-8-9-8-14-13-10-4-4-3-5-5-4-3-3-5-9-9-7-9-4-13-6-5-7-8-10-10-11-11-18-20-14-11-13-
10-8-15-17-12位


長期ランクインEP
Title Artist Peak
POS.
Weeks TOP10 TOP5 TOP3 NO.2 NO.1
SHADOWS TO THE FORE SHADOWS 1 115 83 68 55 41 28
NINA AND FREDERICK NINA AND FREDERICK 2 115 93 45 13 3 0
SOUTH PACIFIC NO. 1 VARIOUS ARTISTS (FILM) 1 87 55 28 19 14 10
THE SHADOWS SHADOWS 1 86 63 47 38 27 20
BEACH BOY HITS BEACH BOYS 1 82 82 81 72 59 32
ADAM'S HIT PARADE ADAM FAITH 1 77 62 40 22 11 3
HITS FROM THE SEEKERS SEEKERS 2 73 73 47 29 6 0
SUCH A NIGHT ELVIS PRESLEY 2 70 27 11 3 2 0
STRICTLY FOR GROWN UPS PADDY ROBERTS 1 66 53 47 41 29 18
PETER, PAUL AND MARY PETER, PAUL AND MARY 3 65 42 7 1 0 0
TWIST AND SHOUT BEATLES 1 64 54 45 40 30 21
THE BUTTON DOWN MIND OF BOB NEWHART BOB NEWHART 2 64 45 24 19 15 0
STRICTLY ELVIS ELVIS PRESLEY 1 63 36 18 10 7 5

※=連続ランクイン

  1. 2016/03/05(土) 22:46:48|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:0

U.K.EPチャート記録のあれこれ(アーティスト編)

 U.K.EP チャートは、U.K.オフィシャルチャートがN.M.E.誌からRecord Retailer誌(現Music Week誌)への移行と同時(60年3月12日付け)にその歴史が始まりました。第1週目は上位10位までの発表でしたが、翌3月19日付けから TOP15に、さらに翌週の3月26日付けからはTOP20に拡大。66年4月9日付けまでTOP20体制が続きました。
 しかし、EP時代の終わりを告げるかのように、発売される枚数は減少。66年4月16日付けからTOP10にその枠は縮み、67年12月2日付けをもち EPチャートは廃止となりました。この間僅か7年9カ月。LPとシングルの狭間で「記録媒体」の主流になり得なかったEP(チャート)についてまとめてみ ました。 

EPチャートにランクさせたアーティスト
 7年9カ月間の存続期間中、EPチャートにランクインしたアーティストは、ちょうど200組(476枚)。この他に「UNIDENTIFIED ARTISTS」、「VARIOUS ARTISTS」、「ORIGINAL SOUNDTRACK」、「ORIGINAL CAST」の名義で25枚がランクされています。
 200組のアーティストのうち、1枚のみのランクインは過半数の103組を数えます。一方、最も多くのEPをランクさせたのはCLIFF RICHARDで22枚。以下、SHADOWS(19枚)、ELVIS PRESLEY(15枚)、BEATLES(12枚)、MR.ACKER BILK と60年代のイギリスを代表するアーティストが上位を占めます。

5枚以上をランクさせたアーティスト
ARTIST HITS TOP10 TOP5 TOP3 NO.1
CLIFF RICHARD 22 16 14 8 4
SHADOWS 19 13 6 5 4
ELVIS PRESLEY 15 10 7 6 4
BEATLES 12 12 11 9 8
MR.ACKER BILK 11 5 1 1 0
BUDDY HOLLY 7 3 1 0 0
FRANK SINATRA 7 2 0 0 0
SEARCHERS 7 4 4 2 2
NINA & FREDERIK 7 6 3 3 0
ADAM FAITH 6 2 2 1 1
FRANK IFIELD 6 3 3 1 1
JIM REEVES 6 5 2 1 1
MANFRED MANN 6 6 6 5 3
HARRY SECOMBE 6 1 0 0 0
BOBBY VEE 5 2 1 1 1
CHUCK BERRY 5 3 1 0 0
DUANE EDDY 5 2 1 0 0
RUSS CONWAY 5 1 0 0 0
SHIRLEY BASSEY 5 2 2 1 0
TORNADOS 5 5 3 2 0
ROY ORBISON 5 4 1 1 0

 

ランクイン・リレー
 1週も途切れることなく100週以上にわたりEPチャートにランクされたアーティストは、SHADOWS(157週)、CLIFF RICHARD(141週)、BEATLES(118週)、NINA AND FREDERICK(115週)の4組。
 SHADOWSの記録は同時に連続TOP10ランクイン記録でもあります。さらに87週連続TOP5、71週連続TOP3も樹立。この間にランクさせたEPは実に15枚に上ります。
 CLIFF RICHARDとNINA AND FREDERICKの記録は、EPチャート開始週の60年3月12日付けから始まったものです。CLIFF RICHARDのランクさせたEPが13枚であるのに対し、NINA AND FREDERICKは「NINA AND FREDERICK NO.1」のみ。つまり「NINA AND FREDERICK NO.1」は115週連続ランクインしていた、ということになります(作品別のデータは「作品編」で詳述します)。
 BEATLESは118週中、116週が連続TOP10、83週が連続TOP5といずれもSHADOWSの記録には一歩及びませんが、次項で紹介する11週連続TOP3独占など上位寡占の大記録を達成しています。

 

寡占記録
 同一週に最も多くのEPをランクさせた寡占記録は、SHADOWSがもつ6枚。63年3月9日付けから2週、1週空けた3月30日付けから同じく2週の計4週間達成しています。
 また3枚以上を同時にTOP10にランクさせた回数(週数)は31回。うち2回は4枚同時のTOP10ランクです。

SHADOWS 6曲同時ランクイン
TITLE 63.3.09 63.3.16 63.3.23 63.3.30 63.04.06
SHADOWS TO THE FORE 4 10 13 10 13
SPOTLIGHT ON THE SHADOWS 20 18 14 18 19
WONDERFUL LAND OF THE SHADOWS 18 19 - 16 18
THE BOYS 3 9 7 5 8
OUT OF THE SHADOWS 10 5 4 4 5
DANCE ON WITH THE SHADOWS 19 16 10 9 6

 
 BEATLESは「TWIST AND SHOUT」、「THE BEATLES HITS」、「THE BEATLES(NO. 1)」の3作により、63年11月16日から64年1月25日の11週間にわたりTOP3独占。
 さらに13週連続を含む計19週間1,2位独占、47週連続2位以上キープ、23週連続3枚以上同時TOP10入り、10週連続4枚同時TOP10ランクインなど63年から66年に至る4年間は、EPチャートの上位を完全に独占しました。

BEATLES 11週連続TOP3独占(63年11月16日~64年1月25日)
  11.16 11.23 11.30 12.07 12.14 12.21 12.28 01.04 01.11 01.18 01.25
TWIST AND SHOUT 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
THE BEATLES HITS 1 2 2 3 2 2 2 2 2 2 2
THE BEATLES (NO. 1) 3 3 3 2 3 3 3 3 3 3 3

 

  1. 2016/02/21(日) 12:05:52|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:4

史上最多の同一アーティストによるチャート寡占記録

史上最多の同一アーティストによるチャート寡占記録、といえば2005年7月4日付けのOriconシングルチャート。
TOP100にサザンオールスターズのシングル44曲がチャートイン。しかも全てが63位までにランクイン。TOP63のうち44曲、約7割が同一アーティストによって占められ、さらに27位から63位まで全て同一アーティストの名前が並ぶという空前絶後の記録。
この記録の前には、Beatlesも、Michael Jacksonも、David Bowieも霞んでしまいます。

■2005年7月4日付け OrcionシングルチャートTOP63



  1. 2016/02/05(金) 21:34:21|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:4

David Bowie追悼企画 同一アーティスト同時チャートイン記録(UKシングルチャート編)

 1/16付けUKシングルチャート(TOP200)に実に30作をエントリーさせたDavid Bowie。
 惜しくもTOP10ヒットこそありませんでしたが、TOP100に13作を送り込む快挙となりました。

2016年1月16日付けDavid Bowie30作同時ランクイン
1/16 1/09 Title
12 RE Heroes
16 RE Life On Mars?
18 RE Starman
23 RE Let's Dance
24 RE Space Oddity
43 RE Under Pressure
45 NE Lazarus
49 NE Changes
61 NE Blackstar
62 RE Ashes To Ashes
65 RE Rebel Rebel
76 NE Ziggy Stardust
97 RE China Girl
101 RE Modern Love
107 NE 'Tis A Pity She Was A Whore
108 NE The Man Who Sold The World
112 RE Sound and Vision
114 RE The Jean Genie
122 RE Young Americans
127 NE Oh You Pretty Things
133 RE Sue (Or In A Season Of Crime)
138 NE Dollar Days
141 NE I Can't Give Everything Away
146 NE Girl Loves Me
147 RE Golden Years
155 RE Absolute Beginners
162 RE Dancing In The Street
169 RE Fame
194 NE Suffragette City
197 NE Moonage Daydream

 過去、最も多くのシングルをチャートに送り込んだのはMichael Jackson。
 2009年6月25日に亡くなったMichaelのシングル42作が同年7月11日付けでTOP200入り。
 さらにShake Your Body (Down to the Ground) も179位にランクインし、合わせて43作がTOP200にひしめき合うことになりました。
 (なお、この作品、本来はJacksonsの作品ですが、この週の表記がどういうわけかMichael Jacksnのため便宜上、カウントしました)
 うち32作がTOP100入りし、TOP100へのランクイン記録も樹立しました。
この記録、今後も破られることはない大記録といえるでしょう。

2009年7月11日付けMichael Jackson42作(+α)同時ランクイン
7/11 7/04 Title
2 11 Man In The Mirror
10 25 Billie Jean
12 23 Thriller
13 28 Smooth Criminal
19 30 Beat It
25 45 Black Or White
26 50 Dirty Diana
32 67 They Don't Care About Us
33 38 Earth Song
34 47 The Way You Make Me Feel
35 44 You Are Not Alone
38 48 Don't Stop 'Til You Get Enough
40 57 Bad
46 58 Ben
54 73 Rock With You
57 72 Wanna Be Startin' Somethin'
60 97 You Rock My World
63 78 Heal The World
66 119 Leave Me Alone
70 106 Scream
73 85 Off The Wall
74 117 Give In To Me
78 92 I Just Can't Stop Loving You
81 115 Remember The Time
83 120 Will You Be There
86 118 Liberian Girl
88 95 She's Out Of My Life
90 109 Human Nature
91 135 Stranger In Moscow
92 96 Ain't No Sunshine
94 99 One Day In Your Life
98 125 Pyt (Pretty Young Thing)
112 111 Rockin' Robin
124 RE Say Say Say
132 190 Blood On The Dance Floor
134 RE Another Part Of Me
136 RE Who Is It
138 149 Got To Be There
149 172 The Girl Is Mine
156 RE In The Closet
172 RE One More Chance
184 RE Farewell My Summer Love
The Jacksons/Micael Jackson
129 177 Shake Your Body (Down To The Ground)


 TOP10に最も多くの曲をランクさせたアーティストはFrankie Laine。
 1953年10月31日付けから3週間にわたり、TOP10に4曲を同時ランクさせました。
 なお、11月14日付けのTOP10はFrankie Laineが4曲、Guy MitchellとMantovaniがそれぞれ2曲づつランクさせ、3アーティストが同時にTOP10内に複数曲をランクさせるという珍記録も作られています。

1953年11月14日付けUK TOP10 singles

11.14 11.07 Title Artist
1 2 Answer Me Frankie Laine
2 1 Answer Me David Whitfield
3 4 Look At That Girl Guy Mitchell
4 3 Hey Joe Frankie Laine
5 9 Swedish Rhapsody Mantovani
6 8 Poppa Piccolino Diana Decker
7 5 I Believe Frankie Laine
8 6 Chicka Boom Guy Mitchell
9 7 Where The Wind Blows Frankie Laine
10 - Moulin Rouge Mantovani


  1. 2016/02/02(火) 21:11:33|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:27

David Bowie追悼企画 同一アーティスト同時チャートイン記録(UKアルバムチャート編)

 1/10に亡くなったDavid Bowieの作品が大量にチャートインしています。これまでも大物アーティストが亡くなった直後の”追悼需要”で過去の作品がチャートに多数ランクインすることがありました。
 アーティストの追悼の意味も含み、アーティストの大量チャートインの記録をご紹介いたします。今回はUKアルバムチャート編。

■チャートイン記録
 UKアルバムチャートは1981/8/8~TOP100、1994/11/19~TOP150、1996/11/16付以降TOP200というチャートサイズとなっています。  チャートサイズを問わず過去最も多くの作品をチャートインさせたのは、2009年9月19日付け(および翌9月26日付け)のBeatlesで17作がチャートイン。全てTOP100にランクインさせています。
 今回のDavid Bowieは1/16付けで実に25作をTOP200内にランクイン。Beatlesの記録を遥かに上回りました。

2016年1月16日付けDavid Bowie25作同時ランクイン
1/16 1/09 Title
1 NE Blackstar
5 118 Nothing Has Changed The Very Best Of
11 RE The Best Of 1969/1974
14 RE Hunky Dory
17 RE The Rise & Fall Of Ziggy Stardust
18 RE Best Of Bowie
23 RE Aladdin Sane
25 RE The Next Day
31 RE Low
37 RE Diamond Dogs
42 RE LetS Dance
45 RE Heroes
55 RE Station To Station
59 RE The Best Of 1980/1987
60 RE Young Americans
61 RE Scary Monsters (And Super Creeps)
89 RE The Man Who Sold The World
95 RE Space Oddity
97 RE Five Years 1969-1973
111 RE The Best Of David Bowie 1974/1979
114 RE Lodger
140 RE Pin Ups
161 RE Heathen
179 RE Ziggy Stardust: The Motion Picture Soundtrack
184 RE A Reality Tour

■TOP100記録
 TOP100内の従来の記録も前述のBeatlesが記録した17作同時チャートイン。
 これに1977年9月10日付けで14作をランクインさせたElvis Presleyが続きます。
 いうまでもなくこの大量ランクイン記録は同年8月16日に亡くなった追悼需要によるもの。
 当時のUKアルバムチャートはTOP60までの発表でした。
 David Bowieは前述の1月16日付けと翌1月23日付けでともにTOP100内に19作を送り込み、TOP100への同時チャートイン記録も更新。
 さらに1月16日付けではうち15作がTOP60内にランクインしており、TOP60への同時チャートイン記録も更新しています。

1977年9月10日付けElvis Presley14作同時チャートイン
9/10 9/03 Title
1 5 Elvis Presley's 40 Greatest Hits
4 6 Moody Blue
7 12 Welcome To My World
12 23 Elvis In Demand
14 58 G. I. Blues
20 RE The Elvis Presley Sun Collection
21 RE Elvis' Golden Records Vol.1
26 RE Elvis As Recorded Live At Madison Square Gardens
27 RE Elvis' Golden Records Vol.2
30 RE Hits Of The 70's
37 RE Blue Hawaii
38 RE From Elvis Presley Boulevard, Memphis Tennessee
49 RE Elvis' Golden Records Vol.3
52 RE Picture Of Elvis

■TOP10記録
 TOP10内への同時チャートイン記録は2009年6月25日に亡くなったMichael Jacksonが同年7月18日付けで記録した6作。
 最新(1月29日付け)のUKアルバムチャートではDavid Bowieが5作同時にTOP10にランクイン。
 現時点ではMichael Jacksonに一歩(一作)及ばず。
 しかし、20位にAladdin Sane、27位にLowが上昇してきており、来週あたり、どちらかがTOP10入りすれば歴代最多記録に並ぶことになります。

2009年7月18日付けTOP10
7/18 7/11 Title Artist
1 1 The Essential Michael Jackson
2 NE Lungs Florence & The Machine
3 10 Off The Wall Michael Jackson
4 6 Thriller Michael Jackson
5 82 The Motown Years Michael Jackson & Jackson Five
6 2 La Roux La Roux
7 3 Number Ones Michael Jackson
8 NE Evacuate The Dancefloor Cascada
9 18 Thriller 25 Michael Jackson
10 8 The Fame Lady Gaga


  1. 2016/01/31(日) 11:51:37|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:2

1970年代、BillboardのDance(Disco)とBlack(Soul)両チャートにエントリーした作品

 1970年代、BillboardのDance(Disco)とBlack(Soul)両チャートにエントリーした作品は284作。
 うち、ともにTOP10入りしたのは67作、TOP5入りしたのは39作、TOP3入りは27作、ともに1位に輝いたのは15作という組み合わせになっています。
 AC-CW、AC-RBの組み合わせの360作に比べ80作ほど少なくなっていますが、Dance(Disco)チャートがスタートしたのは、1974年10月26日付けと1970年代も半分を過ぎようとした時点ですので、実質的には、Dance(Disco)とBlack(Soul)が最も親和性の高いチャート同士、ということができるでしょう。

 両チャートともにTOP10入りした作品が最も多いのがDonna Summerで4作。これにB.T. Express、Barry White、LaBelle、Peter Brown、Shalamar、Silver Convention、Sister Sledge、Tavaresの8アーティストが2作で続きます。意外と両チャートに複数TOP10入りさせたアーティストが少ない、という感じです。

■1970年代、BillboardのDance(Disco)とBlack(Soul)両チャートTOP5にエントリーした作品
entry date Title Artist Billboard CB RW
A/C
=E/L
C&W D/D R&B HOT
100
1974/11/02 YOU'RE THE FIRST, THE LAST, MY EVERYTHING Barry White     2 1 2 1 2
1975/01/18 SHAME, SHAME, SHAME Shirley (And Company)     1 1 12 8 18
1975/02/01 EXPRESS B.T. Express     1 1 4 9 8
1975/03/29 BAD LUCK (Part 1) Harold Melvin & The Blue Notes     1 4 15 13 14
1975/04/26 THE HUSTLE Van McCoy & The Soul City Symphony 2   3 1 1 1 1
1975/06/07 SEXY MFSB     2 2 42 43 50
1975/07/26 IT ONLY TAKES A MINUTE Tavares     2 1 10 10 8
1975/08/09 DREAMING A DREAM Crown Heights Affair     1 5 43 46 34
1975/08/09 DO IT ANY WAY YOU WANNA People's Choice     3 1 11 14 14
1975/10/04 FLY, ROBIN, FLY Silver Convention 6   1 1 1 1 1
1975/10/25 I LOVE MUSIC (Part I) O'Jays     1 1 5 7 7
1975/11/08 LOVE TO LOVE YOU BABY Donna Summer     1 3 2 3 1
1975/11/22 SING A SONG Earth, Wind & Fire     5 1 5 7 5
1976/03/20 GET UP AND BOOGIE (That's Right) Silver Convention 25   5 5 2 1 1
1976/03/20 MOVIN' Brass Construction     1 1 14 14 16
1976/04/10 LOVE HANGOVER Diana Ross 19   1 1 1 1 1
1976/05/29 YOU'LL NEVER FIND ANOTHER LOVE LIKE MINE Lou Rawls 1   4 1 2 4 2
1976/06/05 HEAVEN MUST BE MISSING AN ANGEL (Part 1) Tavares 18   1 3 15 10 19
1976/07/03 YOU SHOULD BE DANCING Bee Gees 25   1 4 1 1 4
1976/11/06 CAR WASH Rose Royce     3 1 1 20 1
1976/12/25 DON'T LEAVE ME THIS WAY Thelma Houston 40   1 1 1 3 4
1977/04/16 GOT TO GIVE IT UP (Pt. I) (Live) Marvin Gaye     1 1 1 1 1
1977/09/03 IT'S ECSTASY WHEN YOU LAY DOWN NEXT TO ME Barry White     5 1 4 7 5
1978/03/18 DANCE WITH ME Peter Brown with Betty Wright     4 5 8 8 11
1978/06/24 BOOGIE OOGIE OOGIE Taste Of Honey     1 1 1 1 1
1978/07/01 YOU AND I Rick James     3 1 13 15 13
1978/08/26 DANCE (Disco Heat) Sylvester     1 4 19 30 17
1978/12/09 SHAKE YOUR GROOVE THING Peaches & Herb     2 4 5 5 7
1978/12/23 DA YA THINK I'M SEXY? Rod Stewart     1 5 1 1 1
1979/02/03 HE'S THE GREATEST DANCER Sister Sledge     1 1 9 8 12
1979/02/24 I GOT MY MIND MADE UP (You Can Get It Girl) Instant Funk     1 1 20 22 26
1979/04/21 HOT STUFF Donna Summer     1 3 1 1 1
1979/04/28 WE ARE FAMILY Sister Sledge 30   1 1 2 2 3
1979/05/19 RING MY BELL Anita Ward     1 1 1 1 1
1979/05/26 BAD GIRLS Donna Summer     1 1 1 1 1
1979/08/11 DON'T STOP 'TIL YOU GET ENOUGH Michael Jackson     2 1 1 1 1
1979/11/17 DO YOU LOVE WHAT YOU FEEL Rufus & Chaka     5 1 30 22 40
1979/11/24 I WANNA BE YOUR LOVER Prince     2 1 11 12 13
1979/12/15 THE SECOND TIME AROUND Shalamar 47   1 1 8 10 13


  1. 2015/12/14(月) 21:54:56|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:15

1970年代、Billboard BlackとEasy Listening/Adult Contemporary両チャートにエントリーした作品

 1970年代、BillboardのBlackとEasy Listening/Adult Contemporary両チャートにエントリーした作品は、前回ご紹介したCountryとEasy Listening/Adult Contemporaryの組み合わせと全く同数の360作。
 うち、ともにTOP10入りしたのは52作(C&W-E/L=A/C86作)、TOP5入りしたのは26作(C&W-E/L=A/C50作)、TOP3入りは14作(C&W-E/L=A/C30作)、ともに1位に輝いたのは6作(C&W-E/L=A/C13作)という組み合わせになっており、C&WとE/L=A/Cの組み合わせのはほぼ半分と希少性が高くなります。
 両チャートともTOP5入りした26作中、Roberta Flack(5作)とStevie Wonder(3作)が複数の、同時TOP5作品を持っています。
 また26作中、RISE(17位)、YOU'LL NEVER FIND ANOTHER LOVE LIKE MINE(4位)、THE HUSTLE(3位)の3作がダンスチャートにもエントリー。特にTHE HUSTLEは3チャートでTOP3入りの快挙を達成しています。
 しかし、この曲、E/L=A/C(2位)とDance(3位)の順位逆のほうがしっくり来るなあ。

■Billboard BlackとEasy Listening/Adult Contemporary両チャートのTOP5にエントリーした作品
entry date Title Artist Billboard CB RW
AC=
E/L
C&W Dance R&B HOT
100
1970/01/03 RAINY NIGHT IN GEORGIA Brook Benton 2 - - 1 4 2 2
1970/10/17 ONE LESS BELL TO ANSWER 5th Dimension 1 - - 4 2 2 2
1972/03/04 THE FIRST TIME EVER I SAW YOUR FACE Roberta Flack 1 - - 4 1 1 1
1972/04/29 LEAN ON ME Bill Withers 4 - - 1 1 1 1
1972/06/10 WHERE IS THE LOVE Roberta Flack & Donny Hathaway 1 - - 1 5 7 5
1972/08/05 BEN Michael Jackson 3 - - 5 1 2 2
1973/01/20 KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG Roberta Flack 2 - - 2 1 1 1
1973/03/17 YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE Stevie Wonder 1 - - 3 1 1 1
1973/06/02 TOUCH ME IN THE MORNING Diana Ross 1 - - 5 1 1 1
1974/03/02 TSOP (The Sound Of Philadelphia) MFSB featuring The Three Degrees 1 - - 1 1 1 1
1974/06/15 FEEL LIKE MAKIN' LOVE Roberta Flack 1 - - 1 1 1 1
1974/07/20 THEN CAME YOU Dionne Warwicke & Spinners 3 - - 2 1 1 1
1974/09/28 WHEN WILL I SEE YOU AGAIN Three Degrees 1 - - 4 2 1 1
1975/01/25 LOVIN' YOU Minnie Riperton 4 - - 3 1 1 1
1975/02/08 WALKING IN RHYTHM Blackbyrds 5 - - 4 6 7 8
1975/04/26 THE HUSTLE Van McCoy & The Soul City Symphony 2 - 3 1 1 1 1
1975/08/02 THEY JUST CAN'T STOP IT Spinners 2 - - 1 5 2 1
1976/05/29 YOU'LL NEVER FIND ANOTHER LOVE LIKE MINE Lou Rawls 1 - 4 1 2 4 2
1976/07/10 SUMMER War 1 - - 4 7 15 16
1977/04/02 SIR DUKE Stevie Wonder 3 - - 1 1 1 1
1978/02/11 THE CLOSER I GET TO YOU Roberta Flack with Donny Hathaway 3 - - 2 2 2 3
1978/03/18 TOO MUCH, TOO LITTLE, TOO LATE Johnny Mathis/Deniece Williams 1 - - 1 1 2 1
1978/06/24 THREE TIMES A LADY Commodores 1 - - 1 1 1 1
1979/03/17 REUNITED Peaches & Herb 4 - - 1 1 1 1
1979/07/28 RISE Herb Alpert 1 - 17 4 1 1 1
1979/11/03 SEND ONE YOUR LOVE Stevie Wonder 1 - - 5 4 5 12


  1. 2015/12/12(土) 23:20:28|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:8

1970年代、Billboard CountryとAdult Contemporary両チャートにエントリーした作品

 1970年代、BillboardのCountryとAdult Contemporary両チャートにエントリーした作品は360作。
うち、ともにTOP10入りしたのは86作、TOP5入りしたのは50作、TOP3入りは30作、そしてともに1位に輝いたのは13作という組み合わせになっております。
 TOP3入りした30作中、Anne Murray、Glen Campbell、Charlie Richの3アーティストがいずれも4作、Kenny Rogersが3作、Crystal Gayle、John Denver、Linda Ronstadtが2作同時TOP3を記録しています。

■1970年代、Billboard CountryとAdult Contemporary両チャートにTOP3入りした作品
entry date Title Artist Billboard CB RW
A/C C&W HOT
100
1970/09/05 IT'S ONLY MAKE BELIEVE Glen Campbell 2 3 10 9 8
1971/01/23 HELP ME MAKE IT THROUGH THE NIGHT Sammi Smith 3 1 8 9 7
1973/09/08 PAPER ROSES Marie Osmond 1 1 5 6 4
1973/09/29 THE MOST BEAUTIFUL GIRL Charlie Rich 1 1 1 1 1
1973/12/22 I LOVE Tom T. Hall 2 1 12 17 14
1974/02/16 A VERY SPECIAL LOVE SONG Charlie Rich 1 1 11 8 10
1974/08/03 I LOVE MY FRIEND Charlie Rich 1 1 24 29 29
1974/09/21 BACK HOME AGAIN John Denver 1 1 5 5 8
1975/01/25 HAVE YOU NEVER BEEN MELLOW Olivia Newton-John 1 3 1 15 1
1975/02/01 ANOTHER SOMEBODY DONE SOMEBODY WRONG SONG B.J. Thomas 1 1 1 1 1
1975/04/12 WHEN WILL I BE LOVED Linda Ronstadt 3 1 2 1 4
1975/05/31 EVERY TIME YOU TOUCH ME (I Get High) Charlie Rich 1 3 19 22 33
1975/05/31 RHINESTONE COWBOY Glen Campbell 1 1 1 1 1
1975/08/09 I'M SORRY John Denver 1 1 1 1 1
1975/11/08 COUNTRY BOY (You Got Your Feet In L.A.) Glen Campbell 1 3 11 17 22
1976/11/13 TORN BETWEEN TWO LOVERS Mary MacGregor 1 3 1 1 1
1976/12/18 MOODY BLUE Elvis Presley 2 1 31 39 48
1976/12/25 SAY YOU'LL STAY UNTIL TOMORROW Tom Jones 3 1 15 15 13
1977/02/19 SOUTHERN NIGHTS Glen Campbell 1 1 1 1 1
1977/09/10 BLUE BAYOU Linda Ronstadt 3 2 3 2 3
1977/10/08 HERE YOU COME AGAIN Dolly Parton 2 1 3 7 6
1978/02/18 READY FOR THE TIMES TO GET BETTER Crystal Gayle 3 1 52 66 82
1978/07/08 TALKING IN YOUR SLEEP Crystal Gayle 3 1 18 16 24
1978/11/18 THE GAMBLER Kenny Rogers 3 1 16 13 18
1979/01/20 I JUST FALL IN LOVE AGAIN Anne Murray 1 1 12 11 17
1979/04/21 SHE BELIEVES IN ME Kenny Rogers 1 1 5 7 4
1979/05/19 SHADOWS IN THE MOONLIGHT Anne Murray 1 1 25 27 19
1979/09/08 YOU DECORATED MY LIFE Kenny Rogers 2 1 7 7 5
1979/09/22 BROKEN HEARTED ME Anne Murray 1 1 12 22 16
1979/12/22 DAYDREAM BELIEVER Anne Murray 1 3 12 17 10


  1. 2015/12/11(金) 21:05:20|
  2. チャートデータ
  3. | コメント:2
次のページ

MS-DATABASEリンク集

最新コメント

最新の記事

一応、ジャンル分け

塗りつぶせ

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

キーワードは、と


無料カウンター