MS-DATABASE-別館

Billboard Country Singlesチャートのデータあれこれ(初登場から最速で1位に到達したシングル)

 Billboard Country Singlesチャートの様々なチャートアクションをご紹介。今回は初登場から最速で1位に到達したシングル。
 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入され、チャートサイズがTOP75に縮小される直前週である1990/1/13付まで。

 この間、Countryチャートで1位を獲得した作品は710作。チャートインから最も早く1位に到達したのは、Convoy-C.W. McCall。
 1975/11/299付で57位にNE。翌週28位、翌翌週12位、そして4週目の1975/12/20付で1位に達しました。
 12位から1位はBillboard Country Singlesチャートのジャンプアップ記録でもご紹介したとおり、この期間の1位へのジャンアップ記録です。
 これに次ぐのがTeddy Bear-Red Sovine。1976/6/19付で84位にNE。以降55→19→4と快調にジャンプアップを重ね、登場5週目で1位に到達しました。
 登場6週目での1位到達はLuckenbach, Texas-Waylon Jennings。1977/4/16付で48位と好位置にNE。以降、35→20→5→3→1位というチャートアクションを見せました。
 7週目での1位到達は11作。7週以内で1位に達したシングル14作はLady-Kenny Rogers(1980/11/22付1位)を除き、1970年代に記録されたもの。1970年代のCountryチャートは「軽快な動き」だったんですね。
 一方、初登場から最も週数をかけて1位に到達したのは、Never Be You-Rosanne Cash(1986/1/25付1位)とA Better Man-Clint Black(1989/6/10付1位)の17週。
 この2作を含み15週以上かけて1位に到達したシングルは90作。うちI'm Not Lisa-Jessi Colter(1975/2/15付)を除く89作が1981年以降に記録されたもの。1970年代から一転、緩慢な上昇傾向にあったことが窺えます。

 ちなみに、Randy TravisのOn The Other Handは1985/8/31付で83位にNE。1985/9/14付の67位をピークにTOP100滞在が12週と全く平凡なチャートアクションを見せた後、中22週を空けた1986/4/26付で64位にRE。RE14週目の1986/7/26付で1位に到達しました。これらを合算すると登場から26週目にして1位到達となります。
 

■初登場から7週以内で1位に到達したシングル
1位まで
の週数
Peak Date 100 40 10 wks @
#1
Title Artist HOT
100
4 1975/12/20 15 13 8 6 Convoy C.W. McCall 1
5 1976/07/17 13 8 5 3 Teddy Bear Red Sovine 40
6 1977/05/21 18 14 10 6 Luckenbach, Texas Waylon Jennings 25
7 1974/04/06 14 11 7 3 A Very Special Love Song Charlie Rich 11
7 1974/06/15 13 9 3 1 I Don't See Me In Your Eyes Anymore Charlie Rich 47
7 1977/11/19 16 11 7 2 The Wurlitzer Prize Waylon Jennings -
7 1977/03/12 14 10 5 1 She's Just An Old Love Turned Memory Charley Pride -
7 1978/03/04 16 12 8 4 Mammas Don't Let Your Babies Grow Up To Be Cowboys Waylon & Willie 42
7 1978/07/15 13 11 7 3 Only One Love In My Life Ronnie Milsap 63
7 1978/09/30 13 12 6 3 Heartbreaker Dolly Parton 37
7 1978/09/09 13 11 6 3 I've Always Been Crazy Waylon Jennings -
7 1979/06/30 14 11 8 3 Amanda Waylon 54
7 1979/03/03 14 12 7 3 Golden Tears Dave & Sugar -
7 1980/11/22 14 8 6 1 Lady Kenny Rogers 1


スポンサーサイト

Billboard Country Singlesチャートのウルトラダウン記録

 ジャンプ記録に続き、ダウン記録。
 1位からのダウン記録は以前、Billboard Hot Country Singles1位からの大幅ダウンの記録 でまとめましたので、全体のダウン記録をご紹介します。
 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入され、チャートサイズがTOP75に縮小される直前週である1990/1/13付まで。
 
 この間、前週から最も大きく順位を下げたのはThe Boxer-Emmylou Harris。1980/11/22付で前週の13位から93位へと86ランクのダウン。同期間中、前週から50ランク以上ダウンした作品は、この作品を含め66作。年別の分布を見てみると
1973 1
1974 0
1975 3
1976 2
1977 4
1978 4
1979 12
1980 28
1981 8
1982 2
1983 2
と1980年が突出し、1983/1/22付を最後に以降50ランク以上のダウンは見られなくなります。おそらく1980年前後に一度大きな集計方法の変更があったのでは?

■前週から61ランク以上ダウンしたシングル
日付 ダウン幅 当該週←前週←前々週 Title Artist
1980/11/22 -86 991313 The Boxer Emmylou Harris
1980/09/20 -78 982021 Bring It On Home Big Al Downing
1980/05/03 -72 982610 The Cowgirl And The Dandy Brenda Lee
1981/12/19 -72 8199 You May See Me Walkin' Ricky Skaggs
1980/01/19 -70 7332 Happy Birthday Darlin' Conway Twitty
1980/06/14 -67 983114 The Way I Am Merle Haggard
1980/11/29 -67 962930 A Little Ground In Texas The Capitals
1979/12/01 -66 7374 My Own Kind Of Hat Merle Haggard
1981/06/27 -64 1003610 Whisper Lacy J. Dalton
1975/06/14 -61 97365 Brass Buckles Barbi Benton


 TOP10内から最も大きく順位を下げたのは1981/12/19付で前週の9位から81位へと72ランクダウンしたYou May See Me Walkin'-Ricky Skaggs。
 同作に続くのが1980/01/19付で前週の3位から73位へと70ランクダウンしたHappy Birthday Darlin'-Conway Twitty。
 TOP10内から50ランク以上ダウンした作品は12作を数えますが、1978年から1981年の4年間に集中。中でも1979/12/1付では3作が同時に、前週のTOP10内から50ランク以上ダウンしています。

■TOP10内から48ランク以上ダウンしたシングル
日付 ダウン幅 当該週←前週←前々週 Title Artist
1981/12/19 -72 8199 You May See Me Walkin' Ricky Skaggs
1980/01/19 -70 7332 Happy Birthday Darlin' Conway Twitty
1979/12/01 -66 7374 My Own Kind Of Hat Merle Haggard
1980/01/26 -57 6142 Missin' You Charley Pride
1981/09/26 -57 6144 Miracles Don Williams
1979/12/01 -56 6153 Should I Come Home Gene Watson
1979/12/08 -56 661010 Say You Love Me Stephanie Winslow
1979/12/01 -53 5632 Half The Way Crystal Gayle
1979/07/21 -52 6087 She Believes In Me Kenny Rogers
1979/07/28 -52 6085 I Can't Feel You Anymore Loretta Lynn
1980/01/05 -52 5644 My World Begins And Ends With You Dave & Sugar
1979/11/03 -51 5654 Fooled By A Feeling Barbara Mandrell
1980/01/26 -51 5654 Help Me Make It Through The Night Willie Nelson
1980/04/05 -49 5564 My Heroes Have Always Been Cowboys Willie Nelson
1980/04/26 -49 5673 Sugar Daddy Bellamy Brothers
1980/05/03 -49 5451 It's Like We Never Said Goodbye Crystal Gayle
1981/10/31 -49 5122 Takin' It Easy Lacy J. Dalton
1978/06/03 -48 5241 She Can Put Her Shoes Under My Bed Johnny Duncan
1979/07/21 -48 5576 Nobody Likes Sad Songs Ronnie Milsap
1980/04/26 -48 5795 Women I've Never Had Hank Williams Jr.
1981/11/07 -48 5244 I'll Need Someone To Hold Me Janie Fricke


 前週、最も高い順位から翌週TOP100圏外に去った作品は、1981/6/27付の11位から翌週TOP100圏外に去ったBlessed Are The Believers-Anne Murray。同作は2→1→11→圏外という信じがたいチャートアクションを記録しています。この作品以外に10位台、20位台からTOP100圏外に去った作品はなく、これに続くのがI'll Try A Little Bit Harder-Donna FargoとLove Dies Hard-Randy Barlowの31位→TOP100圏外となります。

■前週34位以内からTOP100圏外にダウンしたシングル
日付 前週 TOP100
週数
最高位 Title Artist
1981/07/04 11 14 1 Blessed Are The Believers Anne Murray
1974/05/11 31 12 6 I'll Try A Little Bit Harder Donna Fargo
1981/07/11 31 13 13 Love Dies Hard Randy Barlow
1974/04/06 33 12 16 The Rainbow In Daddy's Eyes Sammi Smith
1973/10/20 34 13 16 I Recall A Gypsy Woman Tommy Cash
1978/08/05 34 11 12 Spring Fever Loretta Lynn


Billboard Country Singlesチャートのジャンプアップ記録

 Billboard Country SinglesチャートのDB化もおおむね終了。そこで例によってCountryチャートのチャートアクションをご紹介します。
 今回はジャンプアップ記録。

 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入され、チャートサイズがTOP75に縮小される直前週である1990/1/13付まで。

 この間、前週から大きくジャンプアップしたのは1989/07/29付で前週の95位から44位へと51ランクアップしたLiving Proof-Ricky Van Shelton。
 これに次ぐのが1978/10/28付で80位から31位へ49ランクアップした同じくCharley PrideのBurgers And Fries。期間中に40ランク以上をアップした作品は7作となっています。

■前週から40ランク以上アップしたシングル
日付 ジャンプ幅 当該週←前週 Title Artist
1989/07/29 51 4495 Living Proof Ricky Van Shelton
1978/10/28 49 3180 Burgers And Fries Charley Pride
1978/06/24 45 4489 Talking In Your Sleep Crystal Gayle
1978/11/11 45 2974 Tulsa Time Don Williams
1975/09/13 41 4889 Are You Sure Hank Done It This Way Waylon Jennings
1975/09/27 40 3878 All Over Me Charlie Rich
1978/10/28 40 3878 All Of Me Willie Nelson


 下位から最も大きくジャンプアップしTOP10入りしたのはI.O.U.-Jimmy DeanとElvira-Oak Ridge Boysの29位→9位の20ランクアップ。14ランク以上アップしてTOP10した作品は11作となっています。 

■前週から14ランク以上アップしてTOP10入りしたシングル

日付 ジャンプ幅 当該週←前週 Title Artist
1976/05/29 20 929 I.O.U. Jimmy Dean
1981/05/02 20 929 Elvira Oak Ridge Boys
1974/12/14 17 1027 Kentucky Gambler Merle Haggard and The Strangers
1981/05/09 17 926 What Are We Doin' In Love Dottie West (with Kenny Rogers)
1981/02/14 16 622 Do You Love As Good As You Look Bellamy Brothers
1982/01/16 16 824 Only One You T.G. Sheppard
1976/07/10 15 419 Teddy Bear Red Sovine
1977/05/07 15 520 Luckenbach, Texas (Back To The Basics Of Love) Waylon Jennings
1982/04/17 15 722 Mountain Music Alabama
1977/11/19 14 923 I'm Knee Deep In Loving You Dave & Sugar
1981/05/16 14 923 Blessed Are The Believers Anne Murray


 最も大きくジャンプアップして1位になったのはConvoy-C.W. McCall。1975/12/20付で前週の12位から11ランクアップして1位に輝きました。二桁ランクアップでの1位到達はこの曲のみ。5ランク以上アップしての1位到達も同作以外で6作を数えるのみ。

■前週から5ランク以上アップして№1になったシングル
日付 ジャンプ幅 当該週←前週←前々週 Title Artist
1975/12/20 11 11228 Convoy C.W. McCall
1979/10/20 7 1810 All The Gold In California Larry Gatlin & The Gatlin Brothers Band
1974/04/06 6 1715 A Very Special Love Song Charlie Rich
1973/09/08 5 169 You've Never Been This Far Before Conway Twitty
1977/08/27 5 1612 Don't It Make My Brown Eyes Blue Crystal Gayle
1978/09/02 5 167 Blue Skies Willie Nelson
1980/05/31 5 168 My Heart Ronnie Milsap


 30位以内にいきなりエントリーしたシングルは8作。最も高位置でのエントリーは1978/12/23付で14位にエントリーしたEvery Which Way But Loose-Eddie Rabbitt。翌週のフローズンチャート(休週)を挟み、12→8→4→2→2→1位と登場8週目で1位に到達しています。
 同作を含みTOP30以内に初登場した8作の次週のジャンプアップ幅は6ランク以内と小幅な上昇に止まっています。

■30位以内にニューエントリーしたシングル
日付 初登場順位 翌週順位 最高位 Title Artist
1978/12/23 18 18 1 Every Which Way But Loose Eddie Rabbitt
1979/03/31 24 21 2 Lying In Love With You Jim Ed Brown & Helen Cornelius
1979/06/09 25 19 1 You're The Only One Dolly Parton
1980/04/12 26 22 1 My Heart Ronnie Milsap
1979/02/03 27 23 8 Words Susie Allanson
1981/02/14 29 23 3 Pickin' Up Strangers Johnny Lee
1979/02/17 30 25 1 (If Loving You Is Wrong)I Don't Want To Be Right Barbara Mandrell
1980/10/25 30 25 1 One In A Million Johnny Lee

 全体的にこの期間のCountryチャートのジャンプ記録は小幅なものに止まり、目を引くようなものが少なくなっています。その一方、次回ご紹介するダウン記録はまさに目を疑うような記録が続出。ダウンとアップのあまりのギャップに驚きを禁じえません。

Billboard Black Singlesチャート(1958年10月20日付-1973年7月7日)のウルトラダウン&ジャンプアップ記録

 チャートサイズがTOP100に拡大される直前週(1973/7/7付)以前のダウン&アップ記録をご紹介します。
 スタートはBest SellersチャートとJockeyチャートがHot R&B Sidesとして統一された1958/10/20付以降です。

この間のチャートサイズは以下の通り。
TOP30 1958/10/20-1963/11/23
TOP40 1965/1/30-1966/7/30
TOP50 1966/8/6-1973/6/23
TOP60 1973/6/30-1973/7/7
なお、1963/11/30-1965/1/23の間はBillboardのR&Bチャートは休止となっています。

 この間、前週から最も大きく順位を上げたのはLet A Man Come In And Do The Popcorn (Part 2) -James Brown。前週の50位から11位へと39ランクアップのジャンプアップ。
 これに次ぐのが同じくJBのBrother Rapp (Part 1)など3曲の37ランクアップ。前週から30ランクアップした作品は、41作。うち37作が登場2週目のジャンアップアップ。残る4作は登場3週目のジャンアップ。
1971/06/05 Mr. Big Stuff-Jean Knight           43→38→8
1967/09/30 Memphis Soul Stew-King Curtis       45→45→14
1970/01/31 Do The Funky Chicken-Rufus Thomas   48→47→16
1972/03/11 In The Rain-The Dramatics           46→38→6

■前週から33ランク以上アップしたシングル
日付アップ幅 当該週 前週 Title Artist
1970/01/03 39 11 50 Let A Man Come In And Do The Popcorn (Part 2) James Brown
1968/03/09 37 10 47 (Sweet Sweet Baby) Since You've Been Gone Aretha Franklin
1970/05/09 37 13 50 Brother Rapp (Part 1) James Brown
1967/02/18 37 9 46 Love Is Here And Now You're Gone The Supremes
1966/11/19 36 9 45 I'm Ready For Love Martha & The Vandellas
1966/11/19 36 8 44 You Keep Me Hangin' On The Supremes
1968/11/23 35 13 48 Too Weak To Fight Clarence Carter
1971/04/10 35 14 49 (For God's Sake)Give More Power To The People The Chi-Lites
1972/07/22 34 15 49 I'm Still In Love With You Al Green
1969/05/03 34 13 47 I Can't See Myself Leaving You Aretha Franklin
1966/08/20 34 14 48 How Sweet It Is (To Be Loved By You) Jr. Walker & The All Stars
1968/09/07 34 14 48 Special Occassion Smokey Robinson & The Miracles
1968/12/07 34 13 47 Soulful Strut Young-Holt Unlimited
1968/11/16 33 16 49 Talking About My Baby Gloria Walker
1968/06/22 33 13 46 Here Comes The Judge Shorty Long
1969/05/17 33 14 47 Oh Happy Day Edwin Hawkins Singers feat. Dorothy Combs Morrison


 1位へのジャンプアップ記録はI Can't Stop Loving You-Ray Charlesが1962/05/26付で記録した23位→1位。
 これに次ぐのがYou Can't Hurry Love-The Supremesの22位→1位。この2作を含み前週のTOP10圏外から翌週1位は4作となっています。

■前週から9ランク以上アップして№1になったシングル
日付アップ幅 当該週 前週 Title Artist
1962/05/26 22 1 23 I Can't Stop Loving You Ray Charles
1966/09/03 21 1 22 You Can't Hurry Love The Supremes
1967/03/25 13 1 14 I Never Loved A Man(The Way I Loved You) Aretha Franklin
1963/06/15 11 1 12 It's My Party Lesley Gore
1968/12/14 10 1 11 I Heard It Through The Grapevine Marvin Gaye
1961/10/02 10 1 11 Hit The Road, Jack Ray Charles
1962/12/15 10 1 11 You Are My Sunshine Ray Charles
1959/10/19 9 1 10 You Better Know It Jackie Wilson
1961/04/03 9 1 10 Blue Moon The Marcels


 初登場TOP10以内を記録した作品は34作。うち33作がチャートサイズTOP30時代に記録されたもの。残る1作はTOP50時代の1972/12/2付で10位初登場したTrouble In My Home- Joe Simon。

■10位以内にニューエントリーしたシングル
日付初登場
順位
Title Artist
1960/08/22 3 Kiddio Brook Benton
1961/05/29 4 Every Beat Of My Heart The Pips
1961/05/29 6 Tossin' And Turnin' Bobby Lewis
1959/04/06 6 That's Why (I Love You So) Jackie Wilson
1962/01/06 7 Gypsy Woman The Impressions
1961/05/29 7 Barbara-Ann The Regents
1959/08/10 8 I Want To Walk You Home Fats Domino
1963/02/02 8 Mama Didn't Lie Jan Bradley
1960/05/23 8 Good Timin' Jimmy Jones
1959/11/16 8 Smooth Operator Sarah Vaughan
1963/01/19 9 That's The Way Love Is Bobby Bland
1959/04/13 9 Almost Grown Chuck Berry
1960/01/25 9 Baby (You've Got What It Takes) Dinah Washington & Brook Benton
1960/05/23 9 Mack The Knife Ella Fitzgerald
1960/04/04 9 Doggin' Around Jackie Wilson
1959/11/23 9 Come Into My Heart Lloyd Price
1958/12/22 9 Tom Dooley The Kingston Trio
1960/01/18 9 Uh! Oh! Part 2 The Nutty Squirrels
1961/02/06 10 I Pity The Fool Bobby Bland
1960/01/18 10 How About That Dee Clark
1959/08/17 10 A Big Hunk O' Love Elvis Presley
1960/11/28 10 Are You Lonesome To-night? Elvis Presley
1960/10/10 10 Three Nights A Week Fats Domino
1960/01/11 10 Why Frankie Avalon
1959/03/09 10 Teardrops On Your Letter Hank Ballard & The Midnighters
1960/08/01 10 A Fool In Love Ike & Tina Turner
1960/11/21 10 Am I The Man Jackie Wilson
1972/12/02 10 Trouble In My Home Joe Simon
1959/08/03 10 I Loves You, Porgy Nina Simone
1963/02/02 10 Hey Paula Paul & Paula
1960/09/05 10 I Want To Know Sugar Pie DeSanto
1961/05/29 10 Heart And Soul The Cleftones
1958/12/15 10 Smoke Gets In Your Eyes The Platters
1960/05/02 10 Easy Lovin' Wade Flemons


 前週から最も大きく順位を下げたのはStanding In The Shadows Of Love-Four Tops。前週の14位から45位へと31ランクダウン。TOP10内からのダウンはForget It-The Sandpebblesの10位→39位が最大。

■前週から26ランク以上ダウンしたシングル
日付ダウン幅 当該週 前週 Title Artist
1967/03/11 -31 45 14 Standing In The Shadows Of Love Four Tops
1967/08/26 -30 42 12 Baby Please Come Back Home J.J. Barnes
1968/07/20 -30 45 15 Ain't Nothin' Like The Real Thing Marvin Gaye & Tammi Terrell
1967/09/23 -29 44 15 Hypnotized Linda Jones
1972/10/21 -29 41 12 (Win, Place Or Show) She's A Winner The Intruders
1967/10/14 -29 39 10 Forget It The Sandpebbles
1966/08/06 -29 40 11 It's An Uphill Climb To The Bottom Walter Jackson
1968/06/29 -28 38 10 The Happy Song (Dum-Dum) Otis Redding
1972/07/29 -27 46 19 Woman's Gotta Have It Bobby Womack
1972/10/07 -27 47 20 Starting All Over Again Mel & Tim
1967/08/26 -27 37 10 For Your Love Peaches & Herb
1967/09/30 -27 40 13 Come On Sock It To Me Syl Johnson
1973/03/24 -27 44 17 Wish That I Could Talk To You The Sylvers
1967/08/12 -27 41 14 Soul Dance Number Three Wilson Pickett
1973/03/24 -26 38 12 Daddy's Home Jermaine Jackson
1972/03/04 -26 34 8 Love Gonna Pack Up (And Walk Out) The Persuaders


 1位からの最大ダウン作品は、So Many Ways-Brook BentonとI Could Never Love Another(After Loving You)-The Temptationsの1位から12位。7ランク以上のダウンはこの2作を含み4作。

■№1から8位以下にダウンしたシングル
日付ダウン幅 当該週 前週 Title Artist
1959/12/28 11 12 1 So Many Ways Brook Benton
1968/07/13 11 12 1 I Could Never Love Another(After Loving You) The Temptations
1972/03/11 9 10 1 Let's Stay Together Al Green
1959/12/07 7 8 1 Don't You Know Della Reese

UKアルバムチャート 前週から大きくジャンプアップして1位に輝いたアルバム

  リクエストにお応えして、UKチャートで大きくジャンプアップして1位に輝いたアルバムをご紹介いたします。
 ※UKチャートはオフィシャルチャートとしてTOP100まで発表されていますが、Bubbling Underチャート的に1994/11/19付以降TOP200まで集計されています。

 史上最も大きくジャンプアップして1位に輝いたアルバムはSpirit-Leona Lewis。
 同アルバムは2007/11/24付で初登場で1位に輝き、7週連続1位をキープ。登場47週目の2008/10/11付で101位とTOP100から転落し、以降103-110-121-129-132-137と順位を下げ続けます。しかし、2008/11/29付で前週の137位から一気に136ランクアップし1位に返り咲きました。

 これに続くのはMichael JacksonのNumber Ones。こちらも2003/11/29付で初登場1位に輝いたのち、ランクダウン。
 TOP200に出たり入ったりしていましたが、2009年6月25日の死去により、追悼需要で売上を伸ばし、2009/7/4付で前週の121位から120ランクアップし、1位に返り咲きました。

 最新のUKアルバムチャートで前週84位から83ランクアップジャンプし1位に到達したSgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band-The Beatlesは歴代5位のジャンプアップ幅となります。
 チャートインして271週目(TOP100では255週)、50年ぶりの1位返り咲きはもちろん最長スパン記録となります。

■UKアルバムチャート 大きくジャンプアップして1位に輝いたアルバムTOP10
Date TW LW WKS Title Artist
2008/11/29 1 137 54 Spirit Leona Lewis
2009/07/04 1 121 158 Number Ones Michael Jackson
2015/07/05 1 104 114 The Definitive Collection Lionel Richie & The Commodores
2016/06/24 1 85 7 A Moon Shaped Pool Radiohead
2017/06/02 1 84 271 Sgt Peppers Lonely Hearts Club Band The Beatles
2001/09/01 1 83 4 Break The Cycle Staind
2010/02/27 1 68 5 Glee - The Music - Season One - Vol 1 Glee Cast
2011/08/06 1 59 164 Back To Black Amy Winehouse
1976/02/07 1 54 2 The Very Best Of Slim Whitman Slim Whitman
1977/02/19 1 48 2 20 Golden Greats - Shadows Shadows


Billboard Black Singlesチャートのジャンプアップ記録

Billboard Black Singlesチャートの様々なチャートアクションをご紹介。今回はジャンプアップ記録。
 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入される直前週である1992/11/28付まで。

 この間、前週から大きくジャンプアップしたのは1978/04/22付で前週の72位から19位へと53ランクアップしたThe Groove Line-Heatwave。
 これに次ぐのが1978/01/07付で87位から35位へ52ランクアップした同じくHeatwaveのAlways And Forever。奇しくもHeatwaveが上位を占めることになりました。
 また期間3位にあたる50ランクアップ(Used Ta Be My Girl-The O'Jays 73位から23位)もhe Groove Line-Heatwave同様、1978/04/22付で記録されています。

■前週から45ランク以上アップしたシングル
日付 ジャンプ幅 当該週 前週 Title Artist
1978/04/22 53 19 72 The Groove Line Heatwave
1978/01/07 52 35 87 Always And Forever Heatwave
1978/04/22 50 23 73 Used Ta Be My Girl The O'Jays
1973/07/21 48 31 79 Let's Get It On Marvin Gaye
1985/04/06 48 10 58 We Are The World USA For Africa
1982/03/20 47 37 84 Get Down On It Kool & The Gang
1980/09/27 47 36 83 Master Blaster (Jammin') Stevie Wonder
1977/11/19 46 34 80 Reach For It George Duke
1978/12/16 46 38 84 Aqua Boogie (A Psychoalphadiscobetabioaquadoloop) Parliament
1991/04/27 45 39 84 I Wanna Sex You Up Color Me Badd


 下位から最も大きくジャンプアップしTOP10入りしたのはWe Are The World-USA For Africa。
 1985/03/30付で58位にニューエントリーし、翌週10位へと48ランクとジャンプアップ。48ランクアップは全体でも4位に当たるジャンプアップ記録です。
 前週30位台からTOP10入りしたのは、Reunited-Peaches & Herb、Upside Down-Diana Ross、Billie Jean-Michael Jacksonの3曲。
 Upside DownはHOT100でも49位から10位へ39ランクアップを記録しています。

■前週から17ランク以上アップしてTOP10入りしたシングル
日付 ジャンプ幅 当該週 前週 Title Artist
1985/04/06 48 10 58 We Are The World USA For Africa
1979/04/07 28 9 37 Reunited Peaches & Herb
1980/07/26 26 7 33 Upside Down Diana Ross
1983/02/05 23 8 31 Billie Jean Michael Jackson
1977/06/25 20 7 27 A Real Mother For Ya Johnny "Guitar" Watson
1978/09/16 19 10 29 One Nation Under A Groove - Part I Funkadelic
1974/08/24 17 10 27 Can't Get Enough Of Your Love, Babe Barry White
1984/10/27 17 10 27 Purple Rain Prince & The Revolution
1976/11/20 17 10 27 Car Wash Rose Royce
1980/03/01 17 8 25 Stomp! The Brothers Johnson
1977/01/29 17 9 26 Be My Girl The Dramatics
1980/12/27 17 6 23 Heartbreak Hotel The Jacksons

 最も大きくジャンプアップして1位になったのはGot To Give It Up (Pt. I)-Marvin Gaye。
 1977/04/30付で前週の13位から12ランクアップして1位に輝きました。
 二桁ランクアップでの1位到達はこの曲のみ。この間、1位への大ジャンプアップ記録はなかなかお目にかかることはできませんでした。

■前週から6ランク以上アップして№1になったシングル
日付 ジャンプ幅 当該週 前週 Title Artist
1977/04/30 12 1 13 Got To Give It Up (Pt. I) Marvin Gaye
1979/01/20 8 1 9 Aqua Boogie (A Psychoalphadiscobetabioaquadoloop) Parliament
1973/08/18 7 1 8 Let's Get It On Marvin Gaye
1983/02/12 7 1 8 Billie Jean Michael Jackson
1977/01/08 7 1 8 Darlin' Darlin' Baby (Sweet, Tender, Love) The O'Jays
1979/06/16 6 1 7 Ring My Bell Anita Ward
1989/05/27 6 1 7 My First Love Atlantic Starr
1983/07/30 6 1 7 She Works Hard For The Money Donna Summer
1976/08/07 6 1 7 Getaway Earth, Wind & Fire
1978/07/01 6 1 7 Stuff Like That Quincy Jones


 30位以内にいきなりエントリーしたシングルは9作。最も高位置でのエントリーは1982/01/23付で14位にエントリーしたThat Girl-Stevie Wonder。
 翌週一気に1位かと思いきや、8位へと6ランクアップ。以降5位→4位とアップし、5週目で1位に到達しました。

 これに続くのはThe Girl Is Mine    Michael-Jackson/Paul McCartneyの21位(1982/11/13付)。こちらは翌週10位に上昇するも以降6位→3位→3位→3位→3位→3位→3位となんと3位に6週間足止め。1位獲得ならずか、と思いきや登場10週目で1位に輝きました。
 
 期間3位に当たる24位にニューエントリーしたBig Fun-Kool & The Gang(1982/08/28付)は2週目以降18位→16位→13位→10位→8位→7位→6位→6位→6位→12位→40位と№1どころかTOP5入りも果たせませんでした。
これを上回るのがWelcome To The Club-The Brothers Johnson(1982/11/27付27位ニューエントリー)。2週目以降、21位→17位→15位→13位→13位→13位→13位→15位とTOP10入りできず。HOT100におけるAll Right-Christopher Crossのような結果となってしまいました。
 
 興味深いのが1982/10/16付でともに25位と28位という高位置でニューエントリーしたSexual Healing-    Marvin GayeとTruly-Lionel Richie。
Sexual Healingは25位→15位→3位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位と1980年代唯一、10週1位を獲得。
 一方、Trulyは28位→23位→11位→8位→2位→2位→2位→2位→2位→2位→2位→2位→2位とSexual Healingに阻まれ9週2位に据え置かれました(HOT100ではSexual Healing3位、Truly1位)。
 HOT100におけるPhysical-Waiting For Girl Like Youをほうふつさせるようなチャートアクションでありました。

■30位以内にニューエントリーしたシングル
日付 初登場順位 最高位 Title Artist
1982/01/23 14 1 That Girl Stevie Wonder
1982/11/13 21 1 The Girl Is Mine Michael Jackson/Paul McCartney
1982/08/28 24 6 Big Fun Kool & The Gang
1982/10/16 25 1 Sexual Healing Marvin Gaye
1981/10/03 27 1 Take My Heart (You Can Have It If You Want It) Kool & The Gang
1982/11/27 27 13 Welcome To The Club The Brothers Johnson
1991/02/23 28 3 Let's Chill Guy
1982/10/16 28 2 Truly Lionel Richie
1983/03/05 28 4 Tonight The Whispers



Billboard Black Singlesチャートのウルトラダウン記録

 先日DB化が終了したBillboard Black Singlesチャートの様々なチャートアクションをご紹介いたします。
 今回はウルトラダウン記録。
 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入される直前週である1992/11/28付まで。

 この間、前週から最も大きく順位を下げたのはSing A Happy Song-The O'Jays。1979/11/3付で前週の15位から93位へと78ランクのダウン。この週は同作を始め前週から30ランクダウン以上したシングルが7作を数えるなど、ウルトラダウンが続出した週となりました。

■前週から73ランク以上ダウンしたシングル
日付 ダウン幅 当該週 前週 Title Artist
1979/11/03 -78 93 15 Sing A Happy Song The O'Jays
1982/01/23 -77 100 23 Shake GQ
1981/06/06 -76 99 23 Get Tough Kleeer
1977/06/11 -76 100 24 You're Throwing A Good Love Away Spinners
1979/09/22 -75 100 25 Dance "N" Sing "N" L.T.D.
1980/06/28 -74 98 24 Don't Say Goodnight(It's Time For Love) The Isley Brothers
1984/09/01 -74 100 26 Beat Street Breakdown - Part I Grandmaster Melle Mel & The Furious Five
1979/11/03 -73 91 18 Come Go With Me Teddy Pendergrass
1979/09/08 -73 96 23 Ring My Bell Anita Ward
1980/02/16 -73 97 24 Move Your Boogie Body Bar-Kays
1984/09/01 -73 98 25 Feels So Real (Won't Let Go) Patrice Rushen
1980/08/23 -73 99 26 Shining Star The Manhattans


 TOP10内から最も大きく順位を下げたのは1982/10/30付で前週の10位から58位へと48ランクダウンしたThe Message-Grand Master Flash & The Furious Five。
 同作に続くのが1980/12/20付で前週の8位から55位へと47ランクダウンしたAnother One Bites The Dust-Queen。Queenがブラックチャートにエントリーとは何とも新鮮な感があります。

■TOP10内から27ランク以上ダウンしたシングル
日付 ダウン幅 当該週 前週 Title Artist
1982/10/30 -48 58 10 The Message Grand Master Flash & The Furious Five
1980/12/20 -47 55 8 Another One Bites The Dust Queen
1979/08/04 -44 51 7 Boogie Wonderland Earth, Wind & Fire with The Emotions
1978/10/28 -34 38 4 Got To Get You Into My Life Earth, Wind & Fire
1975/11/22 -33 39 6 Sweet Sticky Thing Ohio Players
1973/07/21 -32 37 5 Hey You! Get Off My Mountain The Dramatics
1976/11/13 -31 41 10 Anything You Want John Valenti
1976/11/20 -30 38 8 Message In Our Music The O'Jays
1978/11/04 -29 37 8 Holding On(When Love Is Gone) L.T.D.
1975/07/05 -27 34 7 Sadie Spinners
1978/06/17 -27 34 7 On Broadway George Benson
1975/09/13 -27 37 10 The Phones Been Jumping All Day Jeannie Reynolds
1983/02/05 -27 37 10 Young Love Janet Jackson


 1位からの最大ランクダウンは1988/03/05付で前週1位から20位へと19ランクダウンしたGirlfriend-Pebbles。
 1位からTOP10圏外にダウンした作品は同作を含み7作を数えます。

■№1から11位以下にダウンしたシングル
日付 1位からの
ランクダウン
Title Artist
1988/03/05 20 Girlfriend Pebbles
1991/09/21 15 Let The Beat Hit 'Em Lisa Lisa & Cult Jam
1989/07/01 14 Have You Had Your Love Today The O'Jays
1989/02/18 13 Can You Stand The Rain New Edition
1988/09/24 12 Another Part Of Me Michael Jackson
1975/02/15 11 Happy People The Temptations
1989/05/27 11 Start Of A Romance Skyy

 前週、最も高い順位から翌週TOP100圏外に去った作品は、1977/12/31付の20位から翌週TOP100圏外に去ったIt's Ecstasy When You Lay Down Next To Me-Barry White。
 これにThe Pinocchio Theory-    Bootsy's Rubber Bandの22位→TOP100圏外(1977/06/04付)が続きます。

■前週27位以内からTOP100圏外にダウンしたシングル
日付 前週 TOP100
週数
最高位 Title Artist
1977/12/31 20 21 1 It's Ecstasy When You Lay Down Next To Me Barry White
1977/06/04 22 13 6 The Pinocchio Theory Bootsy's Rubber Band
1981/02/21 23 14 7 Agony Of DeFeet Parliament
1981/05/23 24 20 2 It's A Love Thing The Whispers
1981/05/23 26 18 4 Thighs High (Grip Your Hips And Move) Tom Browne
1973/10/13 27 14 3 Theme From "Cleopatra Jones" Joe Simon featuring the Mainstreeters


4位からウルトラダウン記録更新 2017年5月20日付けBillboard 200

 最新(2017年5月20日付け)のBillboard200(アルバムチャート)で前週4位だった8-Incubusが一気に123ランクダウンし、127位にまで下降。
 これは従来の4位からの急降下記録(77ランクダウン:4位→81位)を大きく上回る新記録となります。
 Incubusといえば、2006年12月23日付けアルバムチャートで"Light Grenades"が1位から37位へ急降下し、当時の1位からのウルトラダウン記録を樹立したアーティスト。今後も急降下記録の塗り替えに期待したいところであります。
参考:1位からウルトラダウン記録更新 2016年12月3日付けBillboard 200

■Billboardアルバムチャートで4位から46ランク以上ダウンした作品
記録日付 4位→ 下降幅 タイトル アーティスト
2017/05/20 127 -123 8 Incubus
2010/04/10 81 -77 The Edge Various Artists
2014/04/19 62 -58 Unconditional Memphis May Fire
2013/04/06 60 -56 Let The Future Begin Passion
2014/05/24 52 -48 Passion: Take It All Passion
2016/04/30 51 -47 Weezer(White Album) Weezer
2016/08/27 50 -46 American Love Jake Owen

Billboard-Cashbox両チャートの高順位ニューエントリー記録(1980年代編)

 1982年から1984年まではBBが高順位(50位以内)でのニューエントリーが多く、1985年以降はCBが逆転。
全体的にCBチャートが高順位での初登場が多い傾向にあります。

■年別高順位エントリーシングル数の推移
TOP50内TOP40内 TOP30以内
BB CB BB CB BB CB
1980 15 18 7 7 1 0
1981 9 10 7 5 0 1
1982 7 5 4 3 1 1
1983 25 17 11 6 4 0
1984 32 28 8 11 3 6
1985 30 47 6 13 1 4
1986 11 24 2 5 0 0
1987 13 17 5 6 0 1
1988 12 12 1 1 0 0
1989 12 5 3 1 0 0
Total 166 183 54 58 10 13


■年別のハイエストデビューシングル一覧
Billboard Cashbox
初登場年月日 順位 タイトル/アーティスト 初登場年月日 順位 タイトル/アーティスト
1980 1980/11/08 30 Hungry Heart/Bruce Springsteen 1980/09/06 31 Real Love/Doobie Brothers
1981 1981/01/24 31 The Best Of Times/Styx 1981/05/23 25 All Those Years Ago/George Harrison
1982 1982/04/10 29 Ebony And Ivory/Paul McCartney & Stevie Wonder 1982/04/10 30 Ebony And Ivory/Paul McCartney with Stevie Wonder
1983 1983/10/15 26 Say Say Say/Paul McCartney & Michael Jackson 1983/06/04 32 Every Breath You Take/Police
1984 1984/02/11 20 Thriller/Michael Jackson 1984/02/04 24 Thriller/Michael Jackson
1985 1985/03/23 21 We Are The World/USA for Africa 1985/03/23 14 We Are The World/USA For Africa
1986 1986/07/19 40 Dancing On The Ceiling/Lionel Richie 1986/03/15 39 Harlem Shuffle/Rolling Stones
1986/10/04 40 True Blue/Madonna
1987 1987/08/08 37 I Just Can't Stop Loving You/Michael Jackson & Siedah Garrett 1987/08/08 23 I Just Can't Stop Loving You/Michael Jackson
1988 1988/04/16 40 One More Try/George Michael 1988/04/16 39 One More Try/George Michael
1989 1989/08/19 37 Cherish/Madonna 1989/03/18 40 Like A Prayer/Madonna

両者が同一シングルだったのは1982年、1984年-1985年、1987年-1988年の5回。
ただし、Thriller/Michael JacksonはCBの方が一週早くエントリー。

歴代2位の115ランクジャンプアップで1位の座に(Shape Of You-Ed Sheeran)

 2017年1月28日付BillboardHOT100の1位に輝いたのは、先週Bubbling Under(B.U)チャートの116位に登場したEd SheeranのShape Of You。116位から1位へ115ランクのジャンプアップは、歴代2位の大記録となります。
 またB.Uチャートを経由した№1シングルは1959年6月1日付でB.Uチャートがスタートして以降、244作目となりました。
今回は、
「"PART OF ME"(KATY PERRY)が101位から100ランクアップで1位獲得」
「101位以下から#1に輝いたシングル(Billboard 1959年-1985年編)」
「101位以下から#1に輝いたシングル(Billboard 1992年-2015年編)」
の総集編としてB.Uチャートを経由した№1シングルを更新しました。

■1992年以降チャート初登場が120位以下で1位に輝いた作品
初№1日付 タイトル アーティスト 1位までのチャートアクション
2009/04/11 Poker Face Lady Gaga 125,92,81,83,72,48,32,23,12,10,6,3,3,3,2,1
1993/11/06 I'd Do Anything For Love Meat Loaf 125,68,48,25,9,6,3,2,1
2010/06/19 California Gurls Katy Perry Featuring Snoop Dogg 125,2,3,2,1
2010/10/30 Like A G6 Far*East Movement Feat. Cataracs & Dev 125,106,92,69,41,21,16,10,6,2,2,1
2006/08/19 London Bridge Fergie 124,84,5,1
2000/04/08 Maria Maria Santana Featuring The Product G&B 124,125,120,118,119,119,109,101,15,8,6,5,2,3,2,2,1
2015/07/25 Cheerleader Omi 124,119,124,*,122,112,95,63,47,31,27,16,11,7,4,3,2,1
2006/04/08 Bad Day Daniel Powter 124,116,113,108,55,41,29,14,5,2,1
2000/11/11 With Arms Wide Open Creed 124,107,84,78,76,74,70,68,74,75,69,74,70,79,84,86,76,62,45,29,19,11
10,7,5,3,3,3,1
2000/03/04 Amazed Lonestar 124,107,81,54,44,39,38,33,29,29,32,27,26,24,27,32,33,35,35,40,43,50,-,-,-,-,-,-,-,-,-,
45,45,45,23,17,14,17,18,18,3,1
2001/03/31 Angel Shaggy Featuring Rayvon 124,105,81,57,56,39,24,19,12,9,7,5,3,3,2,1
2011/01/29 Hold It Against Me Britney Spears 124,1
2014/07/26 Rude Magic! 123,97,62,39,28,15,8,7,3,3,2,2,1
1999/07/31 Genie In A Bottle Christina Aguilerra 123,111,105,61,12,4,3,1
2001/12/22 How You Remind Me Nickelback 123,106,103,75,64,60,58,53,43,36,26,17,11,9,5,4,3,3,1
1999/09/04 Bailamos Enrique Iglesias 123,105,63,51,38,29,16,13,11,2,1,
2000/06/24 Be With You Enrique Iglesias 123,101,63,45,34,23,17,12,9,8,8,6,5,4,1
2009/11/21 Fireflies Owl City 122,97,94,82,58,46,24,11,9,7,1
2007/02/24 Say It Right Nelly Furtado 122,93,66,25,12,6,6,6,10,5,4,3,3,2,1
2006/12/16 Irreplaceable Beyonc? 122,87,24,9,4,3,2,1
2003/05/31 21 Questions 50 Cent 122,74,47,21,15,10,5,5,4,2,2,1
2007/07/28 Hey There Delilah Plain White T'S 122,103,79,66,53,53,44,41,37,27,27,16,6,5,4,3,2,1
2003/12/13 Hey Ya! Outkast 122,102,57,41,25,15,13,5,3,2,1
2007/03/03 What Goes Around... Comes Around Justin Timberlake 122,-,112,64,38,23,34,21,12,13,10,11,8,1
2005/09/17 Gold Digger Kanye West Featuring Jamie Foxx 121,122,92,75,62,47,30,27,19,1
2000/07/15 Everything You Want Vertical Horizon 121,114,110,106,103,70,61,53,46,40,33,31,26,22,19,17,15,13
9,9,8,8,6,7,7,8,3,3,6,6,1
2006/10/28 Money Maker Ludacris Featuring Pharrell 121,104,96,79,61,56,15,2,2,2,2,1
2009/11/14 Whatcha Say Jason Derulo 121,101,54,24,13,9,7,10,5,4,4,2,2,1
2006/06/03 Ridin' Chamillionaire Featuring Krayzie Bone 120,111,103,88,73,57,36,27,21,17,13,12,4,4,4,3,1
2013/06/22 Blurred Lines Robin Thicke Featuring T.I & Pharrell 120,109,112,94,89,70,54,12,11,6,1
2000/08/12 Incomplete Sisqo 120,107,77,66,61,61,61,55,2,1

■101位以下から翌週1位に輝いた作品
初№1日付 タイトル アーティスト 初登場順位
2011/01/29 Hold It Against Me Britney Spears 124
2017/01/28 Shape Of You Ed Sheeran 116
2010/11/13 We R Who We R Ke$Ha 115
2009/10/24 3 Britney Spears 114
2015/11/14 Hello Adele 114
2016/05/28 Can'T Stop The Feeling! Justin Timberlake 105
2014/09/06 Shake It Off Taylor Swift 104
2012/03/03 Part Of Me Katy Perry 101

1位からウルトラダウン記録更新 2016年12月3日付けBillboard 200

 ここのところウルトラダウン記録が続出する中、12/3付Billboardアルバムチャート(Billboard 200)で10年ぶりに1位からのウルトラダウン記録が塗り替えられました。
 これまでのウルトラダウン記録は、2006/12/23付でLight Grenades-Incubusが記録した1位→37位。これを今週、This House Is Not For Sale-Bon Joviが1位→43位という記録で上回ることになりました。
 1位から13位以下に転落したアルバムは同作で25作目ですが、うち23作までが2000年以降に、半数以上の13作が2010年代に記録されたものになります。1位からTOP50圏外という記録も出そうな雰囲気も漂ってくる、昨今のチャート状況であります。

■Billboardアルバムチャートで1位から13位以下にダウンした作品
日付 1位→ タイトル アーティスト
2016/12/03 43 This House Is Not For Sale Bon Jovi
2006/12/23 37 Light Grenades Incubus
2016/03/26 26 I Like It When You Sleep, For You Are So Beautiful Yet So Unaware Of It 1975
2011/02/19 26 Mission Bell Amos Lee
2011/02/05 25 Showroom Of Compassion Cake
2011/12/03 24 Blue Slide Park Mac Miller
2013/02/02 22 Burning Lights Chris Tomlin
2003/06/07 21 The Golden Age Of Grotesque Marilyn Manson
2016/11/12 20 Walls Kings Of Leon
2009/12/05 19 The Circle Bon Jovi
2015/07/04 19 Drones Muse
2014/08/02 19 1000 Forms Of Fear Sia
2007/01/06 18 The Inspiration Young Jeezy
2016/04/16 17 This Is What The Truth Feels Like Gwen Stefani
2015/05/09 17 Handwritten Shawn Mendes
1999/10/16 16 The Fragile Nine Inch Nails
2007/03/31 15 Greatest Hits Notorious B.I.G.
2013/06/29 15 ...Like Clockwork Queens Of The Stone Age
2000/01/01 14 Born Again Notorious B.I.G.
2016/11/26 14 Trap Or Die 3 Jeezy
2005/01/08 13 Loyal To The Game 2Pac
1974/10/12 13 Endless Summer Beach Boys
2006/12/09 13 Doctor's Advocate Game
2003/05/03 13 Faceless Godsmack
2009/12/12 13 Battle Studies John Mayer


6位からウルトラダウン記録更新 2016年11月12日付けBillboard 200

 先週(11/5付)のウルトラダウン続出の余韻さめやらぬ中(笑)、今週もBillboard 200でウルトラダウン記録が更新されました。
 今週の記録更新は6位からの大幅ダウン記録。従来の記録は2015/06/06付のTrust Fall (Side A) (EP)-Incubusの6位→109位。
今週、Mad Love.-Jojoがこれを2ランク上回る6位→111位を達成。
 これで6位から50ランク以上ダウンしたアルバムは14作目となりますが、全て2008年以降の作品。うち13作が2010年代に記録されたのもの。

■Billboardアルバムチャートで6位から50ランク以上ダウンした作品
記録日付 6位⇒ 下降幅 タイトル アーティスト
2016/11/12 111 -105 Mad Love. Jojo
2015/06/06 109 -103 Trust Fall (Side A) (EP) Incubus
2015/06/13 92 -86 The Voice: The Complete Season 8 Collection Sawyer Fredericks
2013/11/16 80 -74 Better Together (EP) Fifth Harmony
2015/08/08 72 -66 Sometime Last Night R5
2016/04/09 70 -64 Incarnate Killswitch Engage
2014/05/03 67 -61 Somo Somo
2016/08/27 66 -60 The Definition Of... Fantasia
2014/04/05 64 -58 Stereolithic 311
2011/07/02 63 -57 Dirty Work All Time Low
2016/05/28 62 -56 Electric Warlock Acid Witch Satanic Orgy Celebration Dispenser Rob Zombie
2012/11/03 58 -52 Don'T Panic All Time Low
2014/05/17 57 -51 Pop Psychology Neon Trees
2008/04/05 56 -50 The Elephant In The Room Fat Joe

 1990年代以前の6位からの下降記録は1962/3/3付でHoliday Sing Along With Mitch-Mitch Miller And The Gangが記録した6位→49位。70年代、80年代では大きなダウン記録は見当たらず、1983/2/5付でCoda-Led Zeppelinが記録した6位→20位が最大ダウン記録となっています。
 もう全くの別物チャート、ですね。

ウルトラダウン続出の2016年11月5日付けBillboard 200


 11月5日付けBillboard200(アルバムチャート)は、前週から160ランク以上のウルトラダウンを記録した作品が続出。
 まず前週の17位から194位へと177ランクダウンしたThe Violent Sleep Of Reason - Meshuggahは歴代4位、
13位から182位へ169ランクダウンしたMothership-Dance Gavin Danceは同13位、9位から172位へ163ランクダウンしたThree-    Phantogramは同27位、34位から196位へ162ランクダウンしたMemphis Rock And Soul-Melissa Etheridgeは同32位とウルトラダウン上位35傑に4作がエントリー。
 しかも全て前週初登場し、2週目にあたる今週160ランク以上の大幅ダウンを記録しています。
 ウルトラダウン記録TOP20は全て2012年以降のもの。実売からストリーミング、ダウンロードなどの要素が大きなポイントを占める近年のチャート。今後もウルトラダウンの記録が続出することが予想されます。

■Billboard Albumチャートで前週から160ランク以上ダウンした作品
DATE   TW LW TITLE ARTIST
2012/08/25 -190 195 5 Number Ones 2 Bee Gees
2014/08/30 -182 192 10 Somebody To You Ep Vamps
2016/09/03 -181 192 11 Gotta Be Me Cody Johnson
2016/11/05 -177 194 17 The Violent Sleep Of Reason Meshuggah
2015/05/23 -176 193 17 Marvelous Missing Link (Lost) Insane Clown Posse
2016/06/18 -176 196 20 Headspace Issues
2012/08/18 -176 200 24 Tomorrow Never Knows Beatles
2015/03/28 -175 198 23 Discovery Daft Punk
2012/07/28 -175 198 23 What We Saw From The Cheap Seats Regina Spektor
2016/05/14 -174 197 23 Origins, Vol. 1 Ace Frehley
2016/08/06 -172 199 27 Wildflower Avalanches
2014/03/29 -171 193 22 100 (EP) Kb
2016/11/05 -169 182 13 Mothership Dance Gavin Dance
2014/08/23 -168 198 30 Stuck Adelitas Way
2012/11/17 -167 185 18 Abominationz Twiztid
2015/12/19 -167 192 25 Strangeulation II Tech N9Ne Collabos
2013/11/09 -167 196 29 Get Home Safely Dom Kennedy
2016/07/02 -166 182 16 Love You To Death Tegan And Sara
2010/07/31 -166 199 33 The Wild Trapeze Brandon Boyd
2016/09/24 -165 184 19 It Doesn't Have To Make Sense Ingrid Michaelson
2016/05/14 -165 187 22 Layers Royce Da 5'9"
2013/03/30 -165 195 30 Welcome Oblivion How To Destroy Angels
2009/10/10 -164 182 18 Fashionably Late Honor Society
2002/02/16 -164 190 26 And All That Could Have Been, Live - Deluxe Edition Nine Inch Nails
2014/03/22 -164 192 28 Tides Live Bethel Music
2012/07/07 -164 196 32 At Heart Miss May I
2016/11/05 -163 172 9 Three Phantogram
2014/11/08 -163 192 29 Heart On My Sleeve Mary Lambert
2013/11/30 -163 200 37 Proof Of Life Scott Stapp
2013/02/09 -162 194 32 Fall Into Me Katie Armiger
2011/07/16 -162 196 34 Nothing But The Best Frank Sinatra
2016/11/05 -162 196 34 Memphis Rock And Soul Melissa Etheridge
2015/03/28 -162 197 35 Chasing Yesterday Noel Gallagher's High Flying Birds
2012/03/24 -161 181 20 The Best Of The Monkees Monkees
2011/10/29 -160 186 26 Radiosurgery New Found Glory
2012/01/21 -160 193 33 Under The Mistletoe Justin Bieber
2014/12/06 -160 198 38 Forever Queen


全米四大シングルチャート チャートアクション比較(You Ain't Seen Nothing Yet)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。
 今回はYou Ain't Seen Nothing Yet(Bachman Turner Overdrive)。

 チャートデビューは、CBが1974/9/14付で76位と他2誌より1週早くチャートイン。翌週BB65位、RW70位とHOT/TOP100にエントリー。以降、3誌とも順調に上昇し、10/26付で3誌同時にTOP10入り。特にBBでは前週17位から3位へとジャンプアップ。
 最初に1位を記録したのはRW。11/2付で前週の8位から7ランクアップし一気に1位に到達。翌11/9付にBBで、11/23付にはCBで、それぞれ1位を獲得、とここまでは目立つようなチャートアクションの差は見られませんが、1位獲得後のBBのチャートアクションが迷走状態に。
 11/9付で1位を獲得したものの、翌週12位に一気にランクダウン。さらに翌週34位まで下降。前述の通りこの週CBでは1位に到達しているので、同一週で方や1位、方や34位(RW6位)という大きな開きが見られることに。
 これに驚いた?(笑)BB、11/30付で一気に8位まで再浮上させるという荒業を見せます。これが奏功しこの週、BB8位、CB8位、RW13位と自然な並びとなりました。
 BBのこのチャートアクションの背景には、当初"You Ain't Seen Nothing Yet"のみの集計だったものが、途中から「B面」の"Free Wheelin'"が両A面扱いになり、両曲のポイントが合算されたため、急上昇に転じた、ということがあったらしいですが、真偽は?ですね。


BB CB RW
1974/09/14 - 76 -
1974/09/21 65 56 70
1974/09/28 49 38 53
1974/10/05 28 25 36
1974/10/12 22 19 28
1974/10/19 17 13 21
1974/10/26 3 7 8
1974/11/02 2 4 1
1974/11/09 1 3 2
1974/11/16 12 2 4
1974/11/23 34 1 6
1974/11/30 8 8 13
1974/12/07 8 14 18
1974/12/14 12 34 22
1974/12/21 23 40 31
1974/12/28 42 75 44
1975/01/04 51 - 50
1975/01/11 67 - 58
1975/01/18 - - 63


  BB CB RW
HOT/TOP100 17 16 18
TOP40 12 13 12
TOP30 11 10 10
TOP20 8 9 7
TOP10 5 6 5
Peak 1 1 1


全米四大シングルチャート チャートアクション比較(Hit Me with Your Best Shot)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。今回はHit Me with Your Best Shot (Pat Benatar)。
 1980/10/4付でBB73位、CB74位、RW66位と大きな差なく三大チャートにランクイン。TOP40入りもBB、RWが10/18付け、CBが翌週の10/25付で、この週BB33位、CB、RW34位で横一線。RRはこの週TOP30 3週目にして22位まで上昇。
 最初にTOP10入りしたのはRRで11/14付(三大チャート日付-1日)。次いでRWが11/29付(7位)、2週遅れてBB、CBでもTOP10入り、とここまでは大きな差のないチャートアクションでしたが、RWでは7-7-7-8-9-9-9-9とジリジリ後退するも、1981/1/24付けで9位から5位にランクアップ。  1980年代のランクダウン後の再上昇は珍しく、しかも4ランクアップというのは希少の部類に。
 その後、RWでは3週TOP10をキープ。2/14付ではRW9位に対しCB16位、BBではすでに43位とTOP40圏外に。
 さらにBBは3/14付、CBでは3/21付を最後にHOT/TOP100から去りますが、RWではその後もランクイン。
 最終的にはHOT/TOP100週数はBB24週、CB25週に対し、RWでは31週、TOP40週数でもBB15週に対しRW23週と大きな差がつくことになりました。
 ちなみにRWでのTOP100滞在31週は歴代16位タイ、TOP40 23週は歴代11位タイの長期滞在記録となります。

  BB CB RW RR
1980/10/04 73 74 66 -
1980/10/11 55 56 44 30
1980/10/18 40 44 38 28
1980/10/25 33 34 34 22
1980/11/01 25 23 29 15
1980/11/08 19 20 22 11
1980/11/15 16 16 15 9
1980/11/22 15 14 13 9
1980/11/29 13 12 7 10
1980/12/06 11 11 7 10
1980/12/13 10 9 7 13
1980/12/20 9 8 8 17
1980/12/27 9 7 9 17
1981/01/03 9 7 9 17
1981/01/10 12 7 9 23
1981/01/17 16 7 9 -
1981/01/24 28 10 5 -
1981/01/31 41 11 5 -
1981/02/07 41 12 9 -
1981/02/14 43 16 9 -
1981/02/21 51 32 20 -
1981/02/28 57 40 18 -
1981/03/07 79 48 18 -
1981/03/14 96 52 19 -
1981/03/21 - 77 34 -
1981/03/28 - - 42 -
1981/04/04 - - 58 -
1981/04/11 - - 62 -
1981/04/18 - - 68 -
1981/04/25 - - 83 -
1981/05/02 - - 99 -

 

BB CB RW RR
HOT/TOP100 24 25 31  
TOP40 15 19 23  
TOP30 13 16 20 14
TOP20 11 15 18 10
TOP10 4 7 12 4
Peak 9 7 5 9


全米四大シングルチャート チャートアクション比較(Uptown Festival)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。今回はUptown Festival (Shalamar)。
 はじめにチャートインしたのはBB。1977/3/5付でBubbling Under(BU)チャートの109位にエントリー。翌週86位に上昇しHOT100初登場。以降76→66→55→45とほぼ10ランクずつ好調にランクアップ。
 しかし、ここまで他誌でのチャートインはなし。BUにチャートインしてから7週目にあたる4/16付で39位とTOP40にランクイン。同週ようやくCBチャート96位にエントリー。さらに3週遅れて5/7付でようやくRW97位に登場という差のつきよう。
 結局、BBでは25位とスマッシュヒットを記録するも、CB61位、RWでは77位が最高位と大きな差がつくことに。
 HOT/TOP100の滞在週数もBB17週に対し、CB11週、RWでは僅か9週という結果に。
 BBが「大盤振る舞い」しすぎたのか、CB、RWが「辛め」なのか。

BB CB RW
1977/03/05 109
1977/03/12 86
1977/03/19 76
1977/03/26 66
1977/04/02 55
1977/04/09 45
1977/04/16 39 96
1977/04/23 35 91
1977/04/30 33 90
1977/05/07 32 86 97
1977/05/14 30 98 92
1977/05/21 27 90 88
1977/05/28 26 76 85
1977/06/04 25 69 82
1977/06/11 45 67 79
1977/06/18 45 61 77
1977/06/25 45 66 81
1977/07/02 79 94

  

  BB CB RW
HOT/TOP100 17 11 9
TOP40 8 0 0
TOP30 4 0 0
TOP20 0 0 0
TOP10 0 0 0
Peak 25 61 77


全米四大シングルチャート チャートアクション比較(I Go Crazy)

 Billboard(BB)、Cashbox(CB)、Record World(RW)、Radio & Record(RR)の全米四大チャートのチャートアクションを比較する企画。第1回目I Go Crazy (Paul Davis)。
 TOP100入りはBB、CB、RWともに1977/8/27付で順位も80位台とほぼ同じ。
 TOP40入りはBBが登場10週目にあたる1977/10/29付、1週遅れてCB。二誌で順調に上昇するもRWではTOP40入りに時間がかかり、登場16週目、BBから遅れること7週目の1977/12/10付でようやくTOP40入り。
 1977/12/24付、CBでは前週の22位から45位と大きくダウン。年末年始を挟み44位→43位→41位とTOP40圏外に4週滞在。
TOP10入りはBBが1978/3/4付、1週遅れてCBが3/11付。RWでは2/25付の13位が、TOP30のRRでは3/4付の18位が最高位でTOP10入りならず。
 最終的にはHOT/TOP100週数はBB40週、CB36週、RW37週。TOP40はBB25週に対しRW17週、TOP30はBB21週、RW11週と倍以上の差がつくことになりました。
 しかし、CBでの急降下は「?」な現象でありました。


Date BB CB RW RR
1977/08/27 89 84 88 -
1977/09/03 78 76 79 -
1977/09/10 68 66 72 -
1977/09/17 58 61 71 -
1977/09/24 47 56 69 -
1977/10/01 45 53 67 -
1977/10/08 43 49 67 -
1977/10/15 41 46 65 -
1977/10/22 41 44 62 -
1977/10/29 37 42 61 -
1977/11/05 34 39 60 -
1977/11/12 31 36 56 -
1977/11/19 29 31 49 -
1977/11/26 28 26 43 -
1977/12/03 25 25 42 -
1977/12/10 25 23 39 -
1977/12/17 23 22 36 -
1977/12/24 23 45 35 -
1977/12/31 23 44 35 -
1978/01/07 21 43 32 -
1978/01/14 21 41 31 -
1978/01/21 19 34 27 -
1978/01/28 18 25 22 28
1978/02/04 16 21 19 23
1978/02/11 14 19 16 20
1978/02/18 12 16 15 20
1978/02/25 11 14 13 19
1978/03/04 9 12 13 18
1978/03/11 8 10 13 27
1978/03/18 7 8 14 -
1978/03/25 7 7 18 -
1978/04/01 7 7 24 -
1978/04/08 28 11 43 -
1978/04/15 35 29 63 -
1978/04/22 63 45 71 -
1978/04/29 63 59 76 -
1978/05/06 83   81 -
1978/05/13 90     -
1978/05/20 95     -
1978/05/27 99     -

 

  BB CB RW RR
HOT/TOP100 40 36 37  
TOP40 25 20 17  
TOP30 21 16 11 7
TOP20 11 9 8 4
TOP10 5 4 0 0
Peak 7 7 13 18


Billboardアルバムチャートで同一順位に長く止まっていた作品(その3)

番外編としてTOP10以下で長期同順位を続けたアルバムをご紹介します。

11位
 最も長く11位に止まったのは"Lionel Richie"の12週。
1982/10/23付で42位に初登場し、30位→16位→5位→4位→3位と登場6週目で3位に達するも、以降6週連続3位(計7週連続3位)。翌週の5位を挟んで1983/1/22付で11位に転落。ここから7週連続11位をキープしたのち1983/3/12付で7位に上昇。以降7位→7位→7位→7位→7位→7位→8位→7位→10位→11位→10位→11位→11位→11位→11位で計12週間11位の座に止まりました。
 これに続くのが"Toni Braxton"の11週。奇しくもアーティスト名=タイトルが1、2位を占めました。
最高位11位の記録はAnother Page-Christopher Crossの5週。
 上記の"Lionel Richie"に引き継いで11位の座に止まること5週。こちらでも紹介したようにこの時期のアルバムチャートの固定ぶりは様々な記録を生むことになりました。

■Billboardアルバムチャート11位に7週以上止まった作品
11
週数
Title Artist 11位日付 最高位 TOP10
週数
12 Lionel Richie Lionel Richie 1983/01/22 3 21
11 Toni Braxton Toni Braxton 1993/10/09 1 11
10 Breakaway Kelly Clarkson 2005/01/01 3 23
9 Come On Over Shania Twain 1998/01/24 2 53
8 Soul Provider Michael Bolton 1990/02/17 3 21
7 Devil Without A Cause Kid Rock 1999/07/10 4 30
7 Tuesday Night Music Club Sheryl Crow 1994/09/24 3 12
7 Fly Like An Eagle The Steve Miller Band 1976/07/17 3 30

200位

 ぐっとマニアックに200位に長く止まったアルバムをご紹介いたします。
 最長はこちらでも紹介したWings Over America-Paul Mccartney & Wings。実に22週!これは今後破られない記録でしょう。
 これに次ぐのがTapestry-Carole Kingで15週。1976/11/13付から8週連続200位を記録。これは200位の連続記録です。
なお同作は198位にも17週止まり、198位の長期位記録を樹立しています。
 200位滞在第3位はThe Dark Side Of The Moon-Pink Floydで13週。これもこちらで詳しくご紹介していますので、ご参照ください。

Billboardアルバムチャートで同一順位に長く止まっていた作品(その2)

 Billboardアルバムチャートで同一順位に長く止まっていた作品シリーズ第二弾は5位から10位です。

 まず5位。最長記録はHeartbeat City-CarsとThe Sound Of Musicの16週。前者は最高位3位1週ながら、5位に16週滞在。うち11週は連続記録です。同作のTOP10週数は31週ですので、半分以上が5位に止まっていた、ということになります。
The Sound Of Musicは3位、4位、そしてこの5位と3ランク滞在の最長記録保持作品です。この2作を含み5位に10週以上止まった作品は8作。Heartbeat City以外は№1に輝いています。
 なお最高位5位の最長記録はPoison-Bell Biv Devoe、Emotions In Motion-Billy Squier、Raise-Earth, Wind & Fireの3作が記録した8週となっています。

■Billboardアルバムチャート5位滞在週数TOP10
週数 Title Arist 日付 最高位 TOP10
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
16 HEARTBEAT CITY CARS 1984/06/02 3 31 16 3 1 0 0
16 THE SOUND OF MUSIC SOUNDTRACK 1965/07/10 1 109 16 26 20 9 2
11 BORN IN THE USA BRUCE SPRINGSTEEN 1985/06/15 1 84 11 9 15 24 7
11 FOREVER YOUR GIRL PAULA ABDUL 1989/03/18 1 64 11 11 4 4 10
10 BAD MICHAEL JACKSON 1988/01/30 1 39 10 6 7 9 6
10 DR. ZHIVAGO SOUNDTRACK 1966/07/09 1 71 10 11 12 13 1
10 WEST SIDE STORY SOUNDTRACK 1963/01/19 1 99 10 13 11 27 12
10 1989 TAYLOR SWIFT 2015/02/28 1 59 10 4 3 12 11
9 AN INNOCENT MAN BILLY JOEL 1983/09/10 4 30 9 5 0 0 0
9 FALLING INTO YOU CELINE DION 1996/05/11 1 61 9 11 13 11 3
9 TIME, LOVE & TENDERNESS MICHAEL BOLTON 1991/06/22 1 38 9 2 0 2 1
9 NO STRINGS ATTACHED N SYNC 2000/06/10 1 31 9 2 0 0 8
9 SPACE JAM SOUND TRACK 1996/12/14 2 22 9 1 3 1 0


 6位の最長記録はPeter, Paul And Maryの20週。20週間6位ながら連続は3週どまり。1週+1週+1週+1週+1週+1週+2週+3週+1週+2週+1週+1週+1週+1週+2週と落ちては戻り、戻っては落ちを繰り返し、計20週間にわたり6位の座に止まっています。
 10週以上6位をキープしたのは10作、最高位6位の最長記録はWas Captured Live At The Forum-Three Dog Night、Physical-Olivia Newton-John、Rio-Duran Duran、Love Zone-Billy Ocean、The Lonesome Jubilee-John CougarMellencampの5作で7週。Was Captured Live...以外の4作は80年代の作品でした。

■Billboardアルバムチャート6位滞在週数TOP10
週数 Title Arist 日付 最高位 TOP10
週数
6
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
20 PETER PAUL & MARY PETER, PAUL AND MARY 1962/07/14 1 84 20 7 12 5 2 7
13 AUGUST & EVERYTHING AFTER COUNTING CROWS 1994/05/07 4 32 13 4 2 0 0 0
12 HUMAN CLAY CREED 2000/05/27 1 44 12 4 9 1 1 2
12 HYSTERIA DEF LEPPARD 1987/10/31 1 78 12 6 8 5 8 6
12 IN-A-GADDA-DA-VIDA IRON BUTTERFLY 1968/10/12 4 49 12 6 1 0 0 0
11 THE SOUND OF MUSIC SOUNDTRACK 1965/05/01 1 109 11 16 26 20 9 2
10 DON'T BE CRUEL BOBBY BROWN 1988/10/29 1 45 10 4 5 3 9 6
10 THE FAME LADY GAGA 2009/03/28 2 49 10 6 5 3 1 0
10 CRIMES OF PASSION PAT BENATAR 1980/10/11 2 29 10 5 2 0 5 0
10 WEST SIDE STORY SOUNDTRACK 1962/03/24 1 99 10 10 13 11 27 12


 7位の記録は、Hysteria-Def LeppardとPeter, Paul And Maryが持つ14週。前者は6位週数で3位、後者は6位週数トップの記録を持つ作品。
 最高位7位の最長記録はGood Trouble-Reo Speedwagonで9週。かつ9週連続で7位を記録しており。9週連続7位はBella Donna-Stevie Nicksと並ぶ7位の連続記録です。

■Billboardアルバムチャート7位滞在週数TOP10
週数 Title Arist 日付 最高位 TOP10
週数
7
週数
6
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
14 HYSTERIA DEF LEPPARD 1987/12/05 1 78 14 12 6 8 5 8 6
14 PETER PAUL & MARY PETER, PAUL AND MARY 1962/07/21 1 84 14 20 7 12 5 2 7
12 HANGIN TOUGH NEW KIDS ON THE BLOCK 1989/05/06 1 45 12 6 4 3 4 4 2
11 THE LONESOME JUBILEE JOHN COUGAR MELLENCAMP 1987/10/24 6 27 11 7 0 0 0 0 0
11 THE SOUND OF MUSIC SOUNDTRACK 1966/09/03 1 109 11 11 16 26 20 9 2
10 THE CARPENTERS CARPENTERS 1971/07/31 2 24 10 4 4 2 0 2 0
10 FALLEN EVANESCENCE 2003/03/22 3 43 10 4 2 8 7 0 0
10 IN-A-GADDA-DA-VIDA IRON BUTTERFLY 1968/12/07 4 49 10 12 6 1 0 0 0
10 THE WOMAN IN ME SHANIA TWAIN 1995/07/22 5 28 10 7 1 0 0 0 0
10 BELLA DONNA STEVIE NICKS 1981/11/07 1 26 10 4 3 1 2 4 1


 8位の最長記録はMary Poppins-Soundtrackの11週。14週1位の同作、7位2週、9位2週と11週8位を記録した前後の順位の週数は平凡なもの。
 8位を10週以上記録した作品は、同作を含み3作。最高位8位の最長記録はAldo Nova-Aldo Novaの6週でした。

■Billboardアルバムチャート8位滞在週数TOP10
週数 Title Arist 日付 最高位 8
週数
7
週数
6
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
11 MARY POPPINS SOUNDTRACK 1964/12/19 1 11 2 1 0 4 9 5 14
10 WHIPPED CREAM & OTHER DELIGHTS HERB ALPERT & THE TIJUANA BRASS 1965/07/24 1 10 1 8 2 2 8 13 8
10 WILSON PHILLIPS WILSON PHILLIPS 1990/06/23 2 10 9 2 1 9 6 10 0
9 BACKSTREET BOYS BACKSTREET BOYS 1998/02/28 4 9 9 6 5 2 0 0 0
9 TIME, LOVE & TENDERNESS MICHAEL BOLTON 1991/05/18 1 9 4 1 9 2 0 2 1
8 AN INNOCENT MAN BILLY JOEL 1983/12/24 4 8 2 4 9 5 0 0 0
8 HYSTERIA DEF LEPPARD 1987/12/12 1 8 14 12 6 8 5 8 6
8 ARE YOU EXPERIENCED JIMI HENDRIX EXPERIENCE 1967/12/09 5 8 8 1 1 0 0 0 0
8 IN THE LONELY HOUR SAM SMITH 2014/09/20 2 8 5 7 3 7 3 2 0
8 LOVE AT FIRST STING SCORPIONS 1984/04/14 6 8 1 2 0 0 0 0 0
8 COME ON OVER SHANIA TWAIN 1998/07/04 2 8 7 9 6 2 3 2 0
8 THE SOUND OF MUSIC SOUNDTRACK 1966/08/27 1 8 11 11 16 26 20 9 2
8 FULL MOON FEVER TOM PETTY 1989/10/14 3 8 2 7 7 1 2 0 0
8 I LEFT MY HEART IN SAN FRANCISCO TONY BENNETT 1962/10/13 6 8 7 4 0 0 0 0 0


 9位の記録はBackstreet Boysの11週。二桁週数は同作とFearless-Taylor Swiftの2作。
 そして最高位9位の最長記録はChicago 16-ChicagoとEddie & The Cruisers-Soundtrackの5週。ここら辺に来ると長期記録が難しくなってきますね。

■Billboardアルバムチャート9位滞在週数TOP10
週数 Title Arist 日付 最高位 TOP10
週数
9
週数
8
週数
7
週数
6
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
11 BACKSTREET BOYS BACKSTREET BOYS 1998/01/17 4 45 11 9 9 6 5 2 0 0 0
10 FEARLESS TAYLOR SWIFT 2009/05/16 1 58 10 5 6 3 4 4 2 4 11
9 DISRAELI GEARS CREAM 1968/02/17 4 30 9 5 6 4 0 2 0 0 0
8 BACK IN BLACK AC/DC 1980/10/25 4 23 8 1 0 5 3 3 0 0 0
8 V MAROON 5 2014/10/11 1 23 8 1 4 0 0 1 0 1 1
8 OPEN UP & SAY AHH! POISON 1988/07/23 2 26 8 2 0 2 3 2 3 1 0
8 COME ON OVER SHANIA TWAIN 1997/12/20 2 53 8 8 7 9 6 2 3 2 0
8 DR. ZHIVAGO SOUNDTRACK 1966/06/04 1 71 8 7 1 5 10 11 12 13 1
8 FLY LIKE AN EAGLE STEVE MILLER BAND 1976/07/24 3 30 8 3 1 5 2 2 2 0 0
7 THE RAZOR'S EDGE AC/DC 1990/12/15 2 19 7 2 3 1 1 1 2 1 0
7 GOODBYE YELLOW BRICK ROAD ELTON JOHN 1974/03/16 1 36 7 5 1 2 3 3 1 2 8
7 FALLEN EVANESCENCE 2003/03/29 3 43 7 3 10 4 2 8 7 0 0
7 IN-A-GADDA-DA-VIDA IRON BUTTERFLY 1968/12/21 4 49 7 7 10 12 6 1 0 0 0
7 BREAKAWAY KELLY CLARKSON 2005/03/19 3 23 7 5 1 4 0 0 1 0 0
7 DEVIL WITHOUT A CAUSE KID ROCK 1999/06/12 4 30 7 4 6 2 1 1 0 0 0
7 FOREVER YOUR GIRL PAULA ABDUL 1989/02/25 1 64 7 3 4 7 11 11 4 4 10
7 PETER PAUL & MARY PETER, PAUL AND MARY 1962/08/11 1 84 7 5 14 20 7 12 5 2 7
7 M!SSUNDAZTOOD PINK 2002/02/02 6 23 7 5 1 1 0 0 0 0 0
7 1999 PRINCE 1983/05/28 7 12 7 0 1 0 0 0 0 0 0


 10位の記録。Reckless-Bryan Adamsのみが13週と10週超え。9週7作、8週3作と長期滞在作品はぐっと減少します。
 最高位10位の記録はMemories-Barbra StreisandとSonic Temple-Cultの6週。こちらも80年代の作品で、最高位の最長記録は80年代に大きく偏っていることが分かります。

■Billboardアルバムチャート10位滞在週数TOP10
Title Arist 日付 最高位 TOP10
週数
10
週数
9
週数
8
週数
7
週数
6
週数
5
週数
4
週数
3
週数
2
週数
1
週数
13 RECKLESS BRYAN ADAMS 1985/01/05 1 40 13 1 6 5 3 2 4 1 3 2
9 SHE'S SO UNUSUAL CYNDI LAUPER 1984/03/31 4 21 9 5 0 1 2 0 4 0 0 0
9 SEVEN & THE RAGGED TIGER DURAN DURAN 1984/01/21 8 14 9 0 5 0 0 0 0 0 0 0
9 ARE YOU EXPERIENCED JIMI HENDRIX EXPERIENCE 1967/10/07 5 32 9 5 8 8 1 1 0 0 0 0
9 DEVIL WITHOUT A CAUSE KID ROCK 1999/06/19 4 30 9 7 4 6 2 1 1 0 0 0
9 M!SSUNDAZTOOD PINK 2001/12/22 6 23 9 7 5 1 1 0 0 0 0 0
9 FEARLESS TAYLOR SWIFT 2009/04/18 1 58 9 10 5 6 3 4 4 2 4 11
9 CRAZYSEXYCOOL TLC 1995/03/25 3 40 9 1 7 5 5 5 7 1 0 0
8 NO FENCES GARTH BROOKS 1991/07/20 3 36 8 3 5 4 3 4 7 2 0 0
8 ALL THE RIGHT REASONS NICKELBACK 2006/01/21 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
8 COME ON OVER SHANIA TWAIN 1998/05/09 2 53 8 8 8 7 9 6 2 3 2 0


Billboardアルバムチャートで同一順位に長く止まっていた作品(その1)

 リクエストにお応えしてBillboardアルバムチャートで同一順位に長く止まっていた作品をご紹介します。
 対象とした期間はアルバムチャートが150位まで拡大された1961年4月3日付から最新チャート(2016年8月20日付)まで。
 まず2位の記録は以前、こちらでご紹介しましたが、対象が1963年8月17日付から2002年12月7日付でしたので、その前後のデータを追加して改めてご紹介致します。

 この間、10週以上2位の座にあったアルバムは37作。最も長く2位を記録したのが、West Side Story-Soundtrack。
1961/10/23付128位に初登場し、27週目に2位に到達。翌週から7週連続1位を維持したのち、2位に転落。ここから14週連続2位をキープしたのち、登場49週目で再び1位に返り咲き。3週1位の後、2位に転落し5週2位に止まり、3位に転落。ここから3位-6位の間を17週間上下したのち、74週目に2位に上昇。以降3→2→2→1→1→2→2→2→3→3→2とTOP3内に止まることに。
 最終的にTOP10滞在は実に99週、№1 12週、そして2位に止まること27週という記録を樹立しました。
 これに次ぐのがBorn In The USA-Bruce Springsteenと21-Adeleの24週。Born In The USAのチャートアクションは、こちらでもご紹介したので割愛。
 21は現在もチャートイン。いったん140位台に下降したのち、再び9位まで上昇したこともあるため、今後、再び2位の座にカムバックすることも皆無ではないでしょう。

■Billboardアルバムチャート2位滞在週数TOP10
2
週数
TitleArtist初チャートイン最高位TOP
10
1
週数
27West Side StorySoundtrack1961/10/2319912
2421Adele2011/03/1218424
24Born In The USABruce Springsteen1984/06/231847
20Slippery When WetBon Jovi1986/09/131468
17Let's Talk About LoveCeline Dion1997/12/061261
17ThrillerMichael Jackson1982/12/2517837
16Please Hammer Don'Hurt 'EmM.C. Hammer1990/03/1015221
15Appetite For DestructionGuns N Roses1987/08/291525
15Built For SpeedStray Cats1982/07/032180
14Jagged Little PillAlanis Morissette1995/07/0117212

  
 続いて3位の記録。10週以上3位をキープしたアルバムは19作。
 最長3位記録はJagged Little Pill-Alanis MorissetteとThe Sound Of Music-Soundtrackの20週。前者は1位12週に加え、2位にも14週滞在(歴代10位)するなど90年代を代表する息の長いヒットアルバム。後者は1位2週、2位9週ながらTOP10滞在109週という歴史に残る超ロングランヒットアルバム。 The Sign-Ace Of Base(16週)をはさみ、2位24週で並んだ21-AdeleとBorn In The USA-Bruce Springsteenが3位週数でも15週で並んでいます。最高位3位の最長記録は、こちらでも紹介したH2O-Daryl Hall & John Oatesの15週(連続)。
 ちなみに同作、CashboxではTOP3に一歩届かず14週4位となっています。

■Billboardアルバムチャート3位滞在週数TOP10
3
週数
TitleArtist初チャートイン最高位TOP
10
2
週数
1
週数
20Jagged Little PillAlanis Morissette1995/07/011721412
20The Sound Of MusicSoundtrack1965/03/20110992
16The SignAce Of Base1993/12/1113082
1521Adele2011/03/121842424
15Born In The USABruce Springsteen1984/06/23184247
15H2ODaryl Hall & John Oates1982/10/3033300
13Falling Into YouCeline Dion1996/03/30161113
13MovingPeter, Paul And Mary1963/01/1925080
13FlashdanceSoundtrack1983/04/3012562
12Cracked Rear ViewHootie & The Blowfish1994/07/2315588
12Dr. ZhivagoSoundtrack1966/03/19171131


 4位の記録。10週以上4位を記録したアルバムは16作。最長記録は3位同様、The Sound Of Music-Soundtrackで26週。おそらく26週4位という記録、最も破られにくい記録でしょう。これに次ぐのがPyromania-Def Leppardの17週。同作最高位は2位(2週)でそのほかの順位分布は3位3週、5位3週、6位から8位まで各2週、9位5週、そして10位2週と平凡な週数ですが、4位だけ突出して17週、というのが不思議です。なお同作は12週連続で4位を記録しており、連続4位の最長記録となっています。
ちなみに最高位4位の最長記録はThe Mamas & The Papas-Mamas & The PapasとFragile-Yesの7週となっています。

■Billboardアルバムチャート4位滞在週数TOP10
4
週数
TitleArtist初チャートイン最高位TOP
10
3
週数
2
週数
1
週数
26The Sound Of MusicSoundtrack1965/03/2011092092
17PyromaniaDef Leppard1983/02/05238320
13Breakfast At Tiffany'sHenry Mancini & His Orchestra1961/10/09237770
13West Side StorySoundtrack1961/10/23199112712
12Mariah CareyMariah Carey1990/06/3014911411
12Peter Paul & MaryPeter, Paul & Mary1962/04/28184527
12WhitesnakeWhitesnake1987/04/182419100
11Falling Into YouCeline Dion1996/03/3016113113
11UnpluggedEric Clapton1992/09/121381053
114Foreigner1981/07/251346510
11Business As UsualMen At Work1982/07/031310015
11Forever Your GirlPaula Abdul1988/07/231644410
11Dr. ZhivagoSoundtrack1966/03/1917112131








1980年代UKオフィシャルチャートアクションデータ集

■1位へのジャンプアップ
 前週20位以下から翌週1位にジャンプアップしたのは5作。Decade最大のジャンプアップでの№1シングルは
"Happy Talk"(Captain Sensible)の32ランクアップ(33位→1位)。これに25ランクアップ(26位→1位)の"Pass The Dutchie"
(Musical Youth)が続きます。
date 翌週  Title  Artist 
1982/07/03 33 Happy Talk Captain Sensible
1982/10/02 26 Pass The Dutchie Musical Youth
1981/08/01 22 Green Door Shakin' Stevens
1980/12/20 21 (Just Like) Starting Over John Lennon
1987/02/21 19 Stand By Me Ben E King


■初登場1位
 1980年代、いきなり1位に輝いた初登場№1シングルは14作。うちJamが3作、企画・チャリティーものが4作を占めています。イギリスでのJamの人気の高さが分かります。

date Title Artist 
1980/03/22 Going Underground / Dreams Of Children Jam
1980/09/27 Don'T Stand So Close To Me Police
1981/05/09 Stand And Deliver Adam And The Ants
1982/02/13 A Town Called Malice / Precious Jam
1982/12/04 Beat Surrender Jam
1983/03/26 Is There Something I Should Know Duran Duran
1984/06/16 Two Tribes Frankie Goes To Hollywood
1984/12/15 Do They Know It's Christmas? Band Aid
1985/09/07 Dancing In The Street David Bowie And Mick Jagger
1987/04/04 Let It Be Ferry Aid
1989/05/20 Ferry Cross The Mersey Gerry Marsden, Paul Mccartney, Holly Johnson & The Christians
1989/06/10 Sealed With A Kiss Jason Donovan
1989/12/16 Let's Party Jive Bunny And The Mastermixers
1989/12/23 Do They Know It's Christmas? Band Aid II


■1位からのウルトラダウン
 1位から6位以下にダウンした作品は7作。Decade最大の1位からのダウンは"Only You"(Flying Pickets)の1位→10位。これに6作品が1位→6位で続きます。

date  翌週 Title  Artist 
1984/01/14 10 Only You Flying Pickets
1981/01/10 6 There's No One Quite Like Grandma St Winifred'S School Choir
1981/11/14 6 It's My Party Dave Stewart With Barbara Gaskin
1983/04/30 6 Let's Dance David Bowie
1985/03/23 6 You Spin Me Around (Like A Record) Dead Or Alive
1986/05/10 6 A Different Corner George Michael
1989/03/11 6 Belfast Child Simple Minds


■ウルトラダウン
 前週から翌週最も順位を下げたのは25位→74位と49ランクダウンを記録した"Me Myself I"(Joan Armatrading)。40ランク以上ダウンした作品は20作。
 TOP10内からのダウン記録は1983/1/15付で9位から46位へ37ランクダウンした"Peace On Earth / Little Drummer Boy"(David Bowie And Bing Crosby)。

date 前週 翌週 Title  Artist 
1980/08/23 25 74 -49 Me Myself I Joan Armatrading
1980/04/26 27 75 -48 Another Nail In My Heart Squeeze
1983/01/22 46 93 -47 Peace On Earth / Little Drummer Boy David Bowie And Bing Crosby
1982/06/19 26 72 -46 Instinction Spandau Ballet
1980/02/09 28 72 -44 Is It Love You'Re After Rose Royce
1982/02/06 28 72 -44 Daddy's Home Cliff Richard
1983/01/22 48 92 -44 Where The Heart Is Soft Cell
1983/01/22 49 93 -44 The Birdie Song (Birdie Dance) Tweets

■ジャンプアップ
 前週から一気に上昇したシングルは"Coming Up"(Paul Mccartney)。前週62位から一気に7位と55ランクの急上昇。TOP5へのジャンプアップは51位→4位の"Fame"(Irene Cara)の47ランクアップが最高記録。
date 前週 翌週 Title  Artist 
1980/04/26 62 7 55 Coming Up Paul Mccartney
1980/12/06 69 15 54 Stop The Cavalry Jona Lewie
1983/02/05 89 39 50 Africa Toto
1983/02/12 88 38 50 Baby Come To Me Patti Austin & James Ingram
1981/04/04 75 27 48 My Mum Is One In A Million Children Of Tansley School
1983/03/19 96 48 48 Breakaway Tracy Ullman
1980/07/12 63 16 47 Babooshka Kate Bush
1982/07/10 51 4 47 Fame Irene Cara
1983/05/21 95 48 47 Waiting For A Train Flash And The Pan
1982/06/19 73 27 46 No Regrets Midge Ure
1982/12/18 73 27 46 All The Love In The World Dionne Warwick

下位からジャンプアップしてTOP40入りしたシングル(Cashbox1970年代編)

 1970年代、Cashbox(CB)で最も大きくジャンプアップしてTOP40入りしたのはFly Away/John Denverで
1975/12/13付け69位から20位への49ランクアップ。これにTSOP (The Sound Of Philadelphia)(82位→38位・44ランクアップ)、Theme From Shaft(67位→24位・43ランクアップ)が続きます。
1960年代では、50ランク以上ジャンプアップしてTOP40入りした作品が25作、40ランクアップ以上に至っては101作あったので、1970年代は派手さに欠けるDecadeといっても良いかもしれません。

■下位から大きくジャンプアップし、Top40入りしたシングル10傑(Cashbox1970年代編)
Date LW-TW TW LW 2wk Titles Artist
1975/12/13 -49 20 69 - Fly Away John Denver
1974/03/09 -44 38 82 - TSOP (The Sound Of Philadelphia) Mfsb
1971/10/23 -43 24 67 - Theme From Shaft Isaac Hayes
1975/12/20 -42 20 62 - Breaking Up Is Hard To Do Neil Sedaka
1975/11/22 -41 36 77 - Fox On The Run Sweet
1971/12/18 -40 20 60 - Sugar Daddy Jackson 5
1975/02/01 -40 33 73 - Have You Never Been Mellow Olivia Newton-John
1970/07/04 -38 18 56 70 (They Long To Be) Close To You Carpenters
1971/07/24 -38 28 66 86 What The World Needs Now Is Love Tom Clay
1979/06/02 -37 22 59 88 Ring My Bell Anita Ward
1971/10/23 -37 29 66 - Imagine John Lennon & Plastic Ono Band

 

 さらに1960年代では8作を数えたTOP40圏外からいきなりTOP10入りした作品はゼロ。TOP40圏外から最も高位に飛び込んだのが、(They Long To Be) Close To You/Carpenters(56位→18位)、Bridge Over Troubled Water/Simon & Garfunkel(50位→18位)の18位に止まっています。

■Top40圏外から上位にジャンプアップしたシングル10傑(Cashbox1970年代編)
Date TW LW 2wk LW-TW Titles Artist
1970/07/04 18 56 70 -38 (They Long To Be) Close To You Carpenters
1970/02/14 18 50 67 -32 Bridge Over Troubled Water Simon & Garfunkel
1975/12/13 20 69 - -49 Fly Away John Denver
1975/12/20 20 62 - -42 Breaking Up Is Hard To Do Neil Sedaka
1971/12/18 20 60 - -40 Sugar Daddy Jackson 5
1972/02/05 20 54 75 -34 Joy Apollo 100
1973/06/02 20 54 74 -34 Kodachrome Paul Simon
1979/06/02 22 59 88 -37 Ring My Bell Anita Ward
1975/09/27 22 52 - -30 Lyin' Eyes Eagles
1971/12/18 22 51 68 -29 Let'S Stay Together Al Green
1974/02/02 22 50 76 -28 Seasons In The Sun Terry Jacks


下位からジャンプアップしてTOP40入りしたシングル(Cashbox1960年代編)

Billboard(BB)編に続き、Cashbox1960年代(CB編)。
1960年代編と言いつつ対象は、CBシングルチャートがTOP100に拡大された1958年9月13日付けから1969年12月最終週まで。

 この期間に最も大きくジャンプアップしてTOP40入りしたのはMy Happiness/Connie Francis。
1958/12/13付けで先週の100位から66ランクアップし、34位にジャンプアップしています。

 同作を筆頭に前週から50ランク以上アップしてTOP40に飛び込んだのは25作。
 うちGet Off Of My Cloud/Rolling Stones(65→5)、(Now And Then There's) A Fool Such As I/Elvis Presley(62→8)、Snoopy Vs. The Red Baron/Royal Guardsmen(57→5)が50ランク以上アップし、いきなりTOP10入りしています。

 多くの作品は、登場2週目で大きくジャンプアップしていますが、登場から数週を経ていきなりジャンプアップ、という作品も存在します。
 Blood, Sweat & TearsのSpinning Wheelは1969/5/31付けで84位に初登場。翌週は75位と9ランクアップに止まりましたが、次週一気に19位への大ジャンプアップ。
 同じくB,S&TのYou've Made Me So Very Happyも87→77→64ときて翌週17位にジャンプアップを見せています。

■前週から50ランク以上ジャンプアップし、top40入りしたシングル(Cashbox1960年代編)
Date LW-TW TW LW 2wk Title Artist
1958/12/13 -66 34 100 - My Happiness Connie Francis
1959/02/21 -63 32 95 - Alvin's Harmonica David Seville & Chipmunks
1960/05/07 -62 38 100 - Ding-A-Ling Bobby Rydell
1966/12/10 -62 20 82 - I'm A Believer Monkees
1961/04/08 -61 37 98 - You Can Depend On Me Brenda Lee
1965/10/16 -59 6 65 - Get Off Of My Cloud Rolling Stones
1969/06/14 -56 19 75 84 Spinning Wheel Blood, Sweat & Tears
1961/01/28 -56 40 96 - Where The Boys Are Connie Francis
1968/03/30 -55 28 83 - Honey Bobby Goldsboro
1960/02/27 -55 37 92 - Puppy Love Paul Anka
1968/09/21 -54 15 69 - Revolution Beatles
1959/04/04 -54 8 62 - (Now And Then There's)A Fool Such As I Elvis Presley
1961/08/19 -53 35 88 100 Does Your Chewing Gum Lose Its Flavor Lonnie Donegan
1959/03/07 -53 26 79 - Never Be Anyone Else But You Ricky Nelson
1959/04/11 -52 38 90 - Take A Message To Mary Everly Brothers
1965/06/19 -52 14 66 - (I Can't Get No) Satisfaction Rolling Stones
1966/12/24 -52 5 57 79 Snoopy Vs. The Red Baron Royal Guardsmen
1965/08/28 -52 33 85 - Laugh At Me Sonny
1968/09/28 -51 32 83 - Suzie Q. (Pt. 1) Creedence Clearwater Revival
1961/10/14 -51 20 71 - Big Bad John Jimmy Dean
1964/09/12 -51 26 77 - Do Wah Diddy Diddy Manfred Mann
1961/09/30 -50 20 70 - Runaround Sue Dion
1965/11/13 -50 23 73 - I Got You (I Feel Good) James Brown & Famous Flames
1960/09/10 -50 22 72 - Mr. Custer Larry Verne
1968/07/20 -50 30 80 89 Classical Gas Mason Williams

TOP10週数=TOP5週数を記録したシングル(Cashbox)

 Billboard(BB)編に続き、Cashbox(CB編)。
 対象はCBシングルチャートがTOP100に拡大された1958年9月13日付けから休刊となる1996年11月16日付けまで。
 38年間に「11位以下から5位以内にジャンプアップし、5位以内から11位以下にランクダウン」したシングルは69作。
 TOP10滞在10週以上のシングルとなるその数はぐっと減って5作。

TOP10週数=TOP5週数を記録したシングル(TOP100デビューから23週間のチャートアクション)
1960/12/24 Calcutta-Lawrence Welk & His Orchestra(67-35-20-5-5-3-2-1-1-1-1-3-5-14-21-38-55)
1964/01/11 I Want To Hold Your Hand-The Beatles(80-43-1-1-1-1-1-1-1-1-2-2-4-4-13-22-34-58)
1968/09/14 Hey Jude-The Beatles(38-1-1-1-1-1-1-1-2-3-2-4-12-13-25-27-38-36-41)
1980/08/16 Another One Bites The Dust-Queen (66-52-25-20-12-4-3-1-1-1-1-2-2-2-3-4-5-4-5-5-5-5-12)
1993/08/14 Dreamlover-Mariah Carey(17-11-11-2-2-2-1-1-1-1-3-3-3-3-3-13-15-15-29-28-28-28-28)

I Want To Hold Your HandとHey Judeの大ジャンプアップは、BBを遥かに上回る大記録。
Dreamloverは(Everything I Do) I Do It For You/Bryan Adams(TOP10滞在9週)とともに、TOP10週数=TOP3週数を記録。

TOP10週数=TOP5週数を記録したシングル(Billboard)

 1958年のHOT100開始以来、2015年12月までの間に「TOP10週数=TOP5週数」つまり11位以下から5位以内にジャンプアップし、5位以内から11位以下にランクダウンしたシングルは87作。どちらか一方、は珍しくもないですが、両方、というのはぐっと希少性が高くなります。いわば「熱しやすく冷めやすい?」曲と言えるかもしれません。
 さらに「TOP10週数=TOP3週数」となると僅か9作。うち8作が2003年以降に記録されたものでTOP10週数が2週以下というもの。いきなりTOP5にエントリーし、翌週はTOP10圏外というパターンが多くを占めています。そんな中でYesterdayの45-3-1-1-1-1-3-11のチャートアクションは特筆(?)といえるでしょう。

TOP10週数=TOP3週数を記録したシングル(HOT100デビューから12週間のチャートアクション)
1965/09/25 Yesterday-Beatles(45-3-1-1-1-1-3-11-13-26-45)
2003/06/28 Flying Without Wings-Ruben Studdard(2-2-13-18-38-55-70-71-85-91)
2006/07/01 Do I Make You Proud-Taylor Hicks(1-3-14-27-39-55-78-98)
2008/08/30 Crush-David Archuleta(2-15-31-32-32-15-20-25-22-21-20-20)
2010/02/06 Today Was A Fairytale-Taylor Swift(2-22-39-30-24-31-30-30-35-36-38-41)
2011/09/03 She Will-Lil Wayne-Featuring Drake(3-17-40-28-26-28-27-22-19-23-23-24)
2012/10/20 Live While We're Young-One Direction(3-21-31-39-39-42-68-55-70-74-78-74)
2013/08/10 Best Song Ever-One Direction(2-15-18-21-18-20-20-23-33-48-60-74)
2015/08/22 Drag Me Down-One Direction(3-26-31-14-23-24-24-25-20-21-26-24)

1980年代にTOP10週数=TOP5週数を記録したシングルを記録したのは次の9作。↑に比べると地味に見えます。

1981/07/11 Endless Love-Diana Ross and Lionel Richie(54-38-24-14-2-1-1-1-1-1-1-1-1-1-2-2-5-13)
1981/07/25 For Your Eyes Only-Sheena Easton(83-73-61-47-35-29-23-23-19-14-11-5-4-4-4-4-16-33)
1985/02/09 Material Girl-Madonna(43-34-24-18-5-3-2-2-3-5-13-23-37-50-60-91-100)
1985/02/09 One More Night-Phil Collins(50-41-34-22-14-5-3-1-1-2-4-11-17-29-47-53-81-99)
1985/05/18 A View To A Kill-Duran Duran(43-36-27-15-12-5-3-2-1-1-4-11-19-31-53-71-98)
1985/11/09 Say You, Say Me-Lionel Richie(40-32-22-12-5-3-1-1-1-1-2-2-5-14-20-32-45-56)
1985/12/07 How Will I Know-Whitney Houston(60-50-42-36-36-31-23-17-11-5-1-1-2-3-5-12-18-26)
1986/04/12 Live To Tell-Madonna(49-35-24-14-11-5-2-2-1-2-4-11-20-31-45-59-75-100)
1987/11/28 Could've Been-Tiffany(86-52-38-24-16-16-14-5-3-2-1-1-3-11-21-33-43-57)

101位以下から#1に輝いたシングル(Billboard 1992年-2015年編)

 1985/8/24付けを最後に休止状態にあったBubbling Under(B.U)チャートは、1992/12/5付けで再開。
 再開後、B.Uから1位に輝いた最初のシングルは"A WHOLE NEW WORLD"(PEABO BRYSON & REGINA BELLE)。
 以降、"HELLO"(ADELE)まで118作のシングルがB.U→1位に到達しています。
 この118作の中から、特筆すべきチャートアクションを示したシングルをご紹介します。

■B.Uから翌週1位
こちらでご紹介した4作に加え、その後"SHAKE IT OFF"(TAYLOR SWIFT)2014/09/06付け104位→1位
"HELLO"(ADELE)2015/11/14付け114位→1位の2作がB.Uから翌週1位を達成しています。


MARIA MARIA/SANTANA FEATURING THE PRODUCT G&B
 "SMOOTH"の大ヒットを受け、1999/12/11付けで124位に登場。翌週125位にダウン。次週に120位にランクアップするも、翌週B.Uからドロップアウト、とここまでは"SMOOTH"の余勢を全く受けなかったかのようなチャートアクション。
1週空け118位にリエントリー。以降119→119→109→101とジリジリ順位を上げ、2000/02/12付けで突如86ランクアップのウルトラジャンプを見せ15位でHOT100にエントリー。以降は8→6→5→2→3→2→2と着実に順位をアップし、2000/04/08付けで1位に到達。

EVERYTHING YOU WANT/VERTICAL HORIZON
 1999/12/18付け121位でB.Uに登場。以降114→110→106→103と5週間B.Uに滞在し、2000/01/22付けで70位にHOT100にニューエントリー。ここから61→53→46→40→33→31→26→22→19→17→15→13→9→9→8→8→6→7→7→8→3→3→6→6→1と25週をかけ、さらにTOP10入り後2回のランクダウンを経、2000/07/15付けでHOT100登場26週目、チャートインから31週目にして1位に到達。

CONFESSIONS PART II/USHER
 2004/01/31付け103位に登場するも翌週、圏外にダウン。2004/03/13付けで再びB.U122位にエントリーするも、翌週圏外へ。
2004/04/10付けで125位に三度目のエントリー、翌週も125位と振るわず、次週は三度目の圏外。1位獲得作品らしからぬチャートアクションを見せましたが、2004/05/01付けで48位にエントリーすると28→17→14→11→9→8→5→2→2→3→2と1位目前でダウンするも2004/07/24付けで1位に到達しました。B.Uでの不可解なチャートアクションが気になります。

CALIFORNIA GURLS/KATY PERRY FEATURING SNOOP DOGG
 2010/05/22付け125位にエントリー。翌週2位へと123ランクアップするも惜しくもB.U最下位→1位の大記録を逃す。

JUST GIVE ME A REASON/P!NK FEATURING NATE RUESS
 2012/10/06付けで106位にランクイン。翌週圏外へダウン。19週空けた2013/02/23付けで101位に再登場。以降、84→72→47→18→9→6→5→3→1位と上昇。

CHEERLEADER/OMI
 2015/02/07付けで124位に初登場するも、翌週から119→124位とダウンし2015/2/28付けで圏外へ。2015/04/25付けで122位に再登場し、112位を挟み、2015/05/09付けで95位にHOT100登場。以降63→47→31→27→16→11→7→4→3→2位を経て1位に到達。

101位以下から#1に輝いたシングル(Billboard 1959年-1985年編)

 Billboard 誌では、「BUBBLING UNDER」チャートと題し、1959年6月1日付けから85年8月24日付けまで約26年間、HOT100以下のランクを発表していた時期がありまし た。対象となるランクは、115位や120位までの時期、さらに多いときには135位前後まで、時代によりバラツキが見られましたが、74年7月13日か らは、110位までに固定されました。
 この「BUBBLING UNDER」チャート(つまり101位以下)にエントリーし、1位を獲得した曲は126曲。60年代前半は、実に3~4割が「BUBBLING UNDER」から1位を獲得したことになります。その中で、驚くようなチャートアクションを示した曲をご紹介します。

SUGAR,SUGAR/ARCHIES
 69年6月21日付けで124位に登場。123→110→102→101と5週間「BUBLLING UNDER」に滞在。7月26日付けでHOT100の91位に初登場。以降67位→41→24→14→3→3→2位と順調にランクアップし、9月13日に1位に到達。
 
I AM WOMAN/HELEN REDDY
 72年6月17日付けの「BUBLLING UNDER」チャート115位に登場。翌週、99位に上昇し、98→97位と僅かに上昇するも、翌週「BUBLLING UNDER」チャート107位に逆戻り。106→106→104位と4週間「BUBLLING UNDER」に踏みとどまるが、8月12日付けのBillboard誌からは、完全に消え去る。通常であれば、単なる最高位97位として終わるところで あったが、5週のブランクを経た9月16日付けHOT100に87位で再登場。以降12週かけて、1位に到達した。
(115, 99, 98, 97, 107, 106, 106, 104, -, -, -, -, -, 87, 65, 58, 46, 36, 27, 17, 12, 8,4, 4, 2, 1)

CAR WASH/ROSE ROYCE
 76年9月18日付け107位でエントリー。翌週110位に転落するが、再び108→106→106と上昇。10月23日付けでHOT100の86位に登場し、14週後に1位を獲得した。

THE NIGHT THE LIGHTS WENT OUT IN GEORGIA/VICKI LAWRENCE
 73年1月13日付け120位登場。118→117→112と4週かけて「BUBLLING UNDER」チャートを通過。HOT100は100位でエントリー。90→80→59→47→30→16→10と順調に上昇し、4月6日付けで10位から1位に一気にジャンプアップした。

BABY,COME TO ME /PATTI AUSTIN & JAMES INGRAM

 82年3月27日付け109位で登場。105→104→103→81→74→73位と上昇するが、5月15日付けの92位を最後にチャートから、姿を消 すこととなる。しかし、21週空けた10月16日付けで91位にリエントリー。 82→71→63→53→50→45→31→25→20→17→17→13→ 8→7→7→4→2→と着実に順位を上げ、リエントリーして19週目の83年2月19日付けで1位を獲得した。


 以下は「BUBLLING UNDER」チャートから大幅ジャンプアップして、HOT100にデビューした曲、チャート外に消えて再び「BUBLLING UNDER」チャートやHOT100に返り咲いた曲、短期間で1位に到達した曲などです。

RUNAROUND SUE/DION
 61年9月18日付けで115位に登場。翌週73ランクアップの42位でHOT100入り。以降21→4→2→1位。

STRANGER ON THE/SHORE MR.ACKER BILK
 62年2月24日付け120位。翌週、翌々週とチャートから消えるが、3月17日付けで80位にエントリー。10週後に1位を獲得。

WALK RIGHT IN/THE ROOFTOP SINGERS
 62年12月29日付け116位。翌週HOT100の71位エントリー。35→11→1位。

SUGAR SHACK/JIMMY GILMER & THE FIREBALLS
 63年9月14日付け106位。65→19→4→1位。

HELP!/BEATLES
 65年7月31日付け110位。41→14→3→2→ 1位。

I HEAR A SYMPHONY/THE SUPREMES
 65年10月23日付け101位。39→12→5→1位。

TO SIR WITH LOVE/LULU
67年8月26日付け127位。翌週ランク外に消えるが、9月9日付け74位でHOT100登場。以降58→35→22→11→3→1位。

DAYDREAM BELIEVER/THE MONKEES
67年11月11日付け101位。翌週68ランクアップの33位でHOT100デビュー。5位を経て1位に到達。

I HEARD IT THROUGH THE GRAPEVINE/MARVIN GAYE
68年11月16日付け108位。翌週74ランクの大幅アップで34位。16→4→1位。

THEME FROM S.W.A.T/RHYTHM HERITAGE
75年10月25日付け107位。2週ランク外に落ちるが、11月15日付けで90位。翌週90位、翌々週88位。以降84→81とHOT100入り後5週は僅かながらのアップにとどまるが、徐々にジャンプアップし、HOT100入り16週目で1位に到達。

IN THE YEAR 2525 (EXORDIUM & TERMINUS) ZAGER & EVANS
69年6月14日付け135位。72→35→ 8→1位。

DIZZY TOMMY ROE
69年1月4日付け118位。翌週チャート圏外へ落ちるが、1月18日付けで110位にリエントリー。以降106→86→44→39→25→10→4 →1位。 

1981年 Billboard誌の"Biggest Mover""Biggest Faller"Highest Debut""Dropouts"

 1981年、前週から最もジャンプアップしたシングルは、1981/5/2付けで前週の76位から39位へと37ランクアップした"AMERICA"(NEIL DIAMOND)。 この年、30ランク以上アップしたのはこの曲を含め5作でした。
■1981年 ジャンプアップTOP10
date ジャンプ
TW LW WKS Title Artist
1981/05/02 37 39 76 2 AMERICA NEIL DIAMOND
1981/12/12 34 36 70 2 WAITING ON A FRIEND ROLLING STONES
1981/03/28 33 32 65 2 TAKE IT ON THE RUN REO SPEEDWAGON
1981/07/04 33 42 75 2 NO GETTIN' OVER ME RONNIE MILSAP
1981/12/12 33 49 82 2 TAKE IT EASY ON ME LITTLE RIVER BAND
1981/05/16 29 38 67 3 YOU MAKE MY DREAMS DARYL HALL & JOHN OATES
1981/06/13 29 37 66 2 GEMINI DREAM MOODY BLUES
1981/03/28 27 33 60 2 TOO MUCH TIME ON MY HANDS STYX
1981/04/04 27 32 59 3 LIVING INSIDE MYSELF GINO VANNELLI
1981/05/02 27 40 67 2 THIS LITTLE GIRL GARY U.S. BONDS
1981/11/21 27 32 59 2 I CAN'T GO FOR THAT(NO CAN DO) DARYL HALL & JOHN OATES

 一方、前週から大きくダウンしたシングルは"PASSION"(ROD STEWART)、"TOGETHER"(TIERRA)、"ONE MORE NIGHT"(STREEK)の3曲で前週から53ランクダウンを記録しています。
 "PASSION"と"TOGETHER"は同じ3/28付けに記録したもので、この年のウルトラダウン20傑中この週(3/28付け)で記録されたシングルが7枚。また3/14付け1枚、3/21付け2枚、4/4付け1枚と3/28を中心に11枚がこの4週間に記録されています。
■1981年 ウルトラダウンTOP10
date ダウン
TW LW WKS Title Artist
1981/03/28 -53 91 38 19 PASSION ROD STEWART
1981/03/28 -53 92 39 21 TOGETHER TIERRA
1981/11/21 -53 100 47 7 ONE MORE NIGHT STREEK
1981/03/28 -52 93 41 16 AH! LEAH! DONNIE IRIS
1981/11/07 -52 86 34 7 HE'S A LIAR BEEGEES
1981/08/22 -48 100 52 20 MEDLEY STARS ON 45
1981/03/28 -47 94 47 14 RIDERS IN THE SKY OUTLAWS
1981/08/22 -47 82 35 10 DON'T WANT TO WAIT ANYMORE TUBES
1981/03/21 -46 92 46 16 HEARTBREAK HOTEL JACKSONS
1981/03/28 -46 95 49 22 (JUST LIKE) STARTING OVER JOHN LENNON

 この年、TOP40内にいきなりエントリーしたシングルは7枚。最も上位にニューエントリーしたのが"THE BEST OF TIMES"(STYX)の31位。同週には"CRYING"(DON MCLEAN)も37位にニューエントリーしましたが、運悪く"Highest Debut"の称号を得ることはできませんでした。
 また次週の1/31付けでは"HELLO AGAIN"(NEIL DIAMOND)が32位に、前週の1/17付けでは36位に"WOMAN"(JOHN LENNON)がニューエントリーしており、1/17付けから1/31付けまでの3週間に4枚のシングルがTOP40内にニューエントリーを果たしております。
■1981年 ハイエストデビューTOP10
date TW Title Artist
1981/01/24 31 THE BEST OF TIMES STYX
1981/01/31 32 HELLO AGAIN NEIL DIAMOND
1981/05/23 33 ALL THOSE YEARS AGO GEORGE HARRISON
1981/06/13 33 I DON'T NEED YOU KENNY ROGERS
1981/01/17 36 WOMAN JOHN LENNON
1981/01/24 37 CRYING DON MCLEAN
1981/03/14 38 HER TOWN TOO JAMES TAYLOR & J.D. SOUTHER
1981/10/10 42 WAITING FOR A GIRL LIKE YOU FOREIGNER
1981/09/05 47 SHARE YOUR LOVE WITH ME KENNY ROGERS
1981/07/04 51 URGENT FOREIGNER
1981/11/07 51 YESTERDAY'S SONGS NEIL DIAMOND

 上位からのドロップアウトの記録は1981/11/14付けで前週68位からHOT100圏外に消えた"RUN TO ME"(SAVOY BROWN)。特筆すべきウルトラドロップアウト記録は誕生しませんでした。
■1981年 ドロップアウトTOP10
date LW WKS Title Artist
1981/11/14 68 5 RUN TO ME SAVOY BROWN
1981/07/25 69 14 STILL RIGHT HERE IN MY HEART PURE PRAIRIE LEAGUE
1981/10/31 69 5 STILL JOHN SCHNEIDER
1981/03/14 70 6 DON'T YOU KNOW WHAT LOVE IS TOUCH
1981/01/24 72 17 THIS TIME JOHN COUGAR
1981/01/24 74 26 HE'S SO SHY POINTER SISTERS
1981/03/28 74 9 STAYING WITH IT FIREFALL
1981/01/24 75 6 SET THE NIGHT ON FIRE OAK
1981/02/21 76 12 COLD LOVE DONNA SUMMER
1981/07/25 76 4 SOMEDAY, SOMEWAY ROBERT GORDON

1980年 Billboard誌の"Biggest Mover"と"Biggest Faller"

その週で最も大きく上昇したBiggest Moverと大きく下降したBiggest Faller。
1980年代の両者を全週リストアップしご紹介していく予定です。
第1回は1980年。
(なお、いきなりHOT100へのニューエントリーとHOT100圏外へのダウンは除きました。)

 1980年全体のBiggest Moverは、1980/8/9付けで前週の49位から翌週一気に10位にジャンプアップした"UPSIDE DOWN"(DIANA ROSS)の39ランクアップ。
 これに次ぐのが1980/5/24付けで67位から29位に38ランクアップした"CUPID/I'VE LOVED YOU FOR A LONG TIME (MEDLEY)"(SPINNERS)。
 2週連続でBiggest Moverとなった作品は、"THE TIDE IS HIGH"(BLONDIE)、"GIVING IT UP FOR YOUR LOVE"(DELBERT MCCLINTON)、"FUNKYTOWN"(LIPPS INC.)、"STEAL AWAY"(ROBBIE DUPREE)の4作。
 "FUNKYTOWN"は1980/4/12付け(18ランクアップ79→61)、と翌4/19付け(24ランクアップ61→37)に加え、4週空けた5/17付けでも15ランクアップ(19→4)でBiggest Moverとなり、計3回Biggest Moverに輝いております。

 一方、この年、最も大きく前週より順位を下げたのは、1980/1/12付けで34位から99位に65ランクダウンした"HEARTACHE TONIGHT"(EAGLES)。
 また、複数回Biggest Fallerとなった作品は、"YOU'RE THE ONLY WOMAN"(AMBROSIA)、"DRIVIN' MY LIFE AWAY"(EDDIE RABBITT)。
なお、
"YOU'RE THE ONLY WOMAN"(AMBROSIA)
"DESIRE"(ANDY GIBB)
"GIVE IT ALL YOU GOT"(CHUCK MANGIONE)
"AN AMERICAN DREAM"(DIRT BAND)
"ON THE RADIO"(DONNA SUMMER)
の5作は、Biggest MoverとBiggest Fallerの両方を記録しています。

参考:Billboard Biggest Mover記録(1980年代)

Date 下降
前週 今週 Title Artist 上昇
前週 今週 Title Artist
1980/01/05 -48 87 39 I STILL HAVE DREAM RICHIE FURAY 22 64 42 FOOL IN THE RAIN LED ZEPPELIN
-48 95 47 RAINBOW CONNECTION KERMIT THE FROG
-48 98 50 DIM ALL THE LIGHTS DONNA SUMMER
1980/01/12 -65 99 34 HEARTACHE TONIGHT EAGLES 26 59 33 AN AMERICAN DREAM DIRT BAND
1980/01/19 -60 99 39 TRAIN, TRAIN BLACKFOOT 37 86 49 ON THE RADIO DONNA SUMMER
1980/01/26 -56 94 38 NO MORE TEARS BARBRA STREISAND & DONNA SUMMER 16 72 56 HIM RUPERT HOLMES
1980/02/02 -56 97 41 SHE'S IN LOVE WITH YOU SUZI QUATRO 22 44 22 DESIRE ANDY GIBB
22 79 57 GIVE IT ALL YOU GOT CHUCK MANGIONE
1980/02/09 -40 100 60 I'M ALIVE GAMMA 33 68 35 HOW DO I MAKE YOU LINDA RONSTADT
1980/02/16 -35 93 58 VOICES CHEAP TRICK 15 71 56 COME BACK J. GEILS BAND
-35 94 59 YOU KNOW THAT I LOVE YOU SANTANA 15 81 66 LOST IN LOVE AIR SUPPLY
1980/02/23 -49 92 43 THIRD TIME LUCKY FOGHAT 16 53 37 OFF THE WALL MICHAEL JACKSON
16 54 38 THREE TIMES IN LOVE TOMMY JAMES
1980/03/01 -52 86 34 DEJA VU DIONNE WARWICK 28 60 32 I CAN'T TELL YOU WHY EAGLES
1980/03/08 -50 80 30 DON'T DO ME LIKE THAT TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS 33 61 28 CALL ME BLONDIE
1980/03/15 -53 68 15 CRUISIN' SMOKEY ROBINSON 17 48 31 SEXY EYES DR. HOOK
1980/03/22 -58 93 35 WHEN A MAN LOVES A WOMAN BETTE MIDLER 26 53 27 YOU MAY BE RIGHT BILLY JOEL
1980/03/29 -41 96 55 GIRL WITH THE HUNGRY EYES JEFFERSON STARSHIP 20 70 50 STOMP THE BROTHERS JOHNSON
1980/04/05 -39 96 57 SEPTEMBER MORN NEIL DIAMOND 18 65 47 BREAKDOWN DEAD AHEAD BOZ SCAGGS
-39 97 58 BACK ON MY FEET AGAIN BABYS 18 85 67 THE SEDUCTION JAMES LAST
-39 98 59 ROMEO'S TUNE STEVE FORBERT
-39 99 60 WHAT I LIKE ABOUT YOU ROMANTICS
1980/04/12 -42 91 49 99 TOTO 18 44 26 DON'T FALL IN LOVE WITH A DREAMER KENNY ROGERS & KIM CARNES
-42 93 51 AN AMERICAN DREAM DIRT BAND 18 79 61 FUNKYTOWN LIPPS INC.
-42 95 53 MY HEROES HAVE ALWAYS BEEN COWBOYS WILLIE NELSON
-42 96 54 ROCK WITH YOU MICHAEL JACKSON
1980/04/19 -59 99 40 HEARTBREAKER PAT BENATAR 24 61 37 FUNKYTOWN LIPPS INC.
-47 92 45 YES I'M READY TERI DE SARIO WITH K.C.
1980/04/26 -44 83 39 DESIRE ANDY GIBB 16 75 59 STEAL AWAY ROBBIE DUPREE
-44 86 42 ON THE RADIO DONNA SUMMER
-44 87 43 GIVE IT ALL YOU GOT CHUCK MANGIONE
1980/05/03 -48 83 35 THE SECOND TIME AROUND SHALAMAR 26 59 33 STEAL AWAY ROBBIE DUPREE
1980/05/10 -32 64 32 FIRE IN THE MORNING MELISSA MANCHESTER 28 54 26 AGAINST THE WIND BOB SEGER
1980/05/17 -48 96 48 WHITE HOT RED RIDER 15 19 4 FUNKYTOWN LIPPS INC.
-48 100 52 SOLITAIRE PETER MCIAN 15 80 65 RUN LIKE HELL PINK FLOYD
1980/05/24 -51 89 38 SPECIAL LADY RAY, GOODMAN & BROWN 38 67 29 CUPID/I'VE LOVED YOU FOR A LONG TIME(MEDLEY) SPINNERS
1980/05/31 -38 84 46 DO RIGHT PAUL DAVIS 21 77 56 ANGEL SAY NO TOMMY TUTONE
1980/06/07 -32 84 52 FOOL FOR A PRETTY FACE HUMBLE PIE 14 64 50 MAGIC OLIVIA NEWTON-JOHN
1980/06/14 -36 60 24 I CAN'T HELP IT ANDY GIBB & OLIVIA NEWTON-JOHN 28 65 37 MORE LOVE KIM CARNES
1980/06/21 -35 60 25 BREAKDOWN DEAD AHEAD BOZ SCAGGS 13 58 45 IN AMERICA CHARLIE DANIELS BAND
13 83 70 SWEET SENSATION STEPHANIE MILLS
1980/06/28 -54 91 37 WE WERE MEANT TO BE LOVERS PHOTOGLO 21 82 61 TAKE A LITTLE RHYTHM ALI THOMSON
1980/07/05 -54 80 26 HURT SO BAD LINDA RONSTADT 20 74 54 I CAN'T LET GO LINDA RONSTADT
1980/07/12 -53 92 39 ATOMIC BLONDIE 22 59 37 OLD FASHION LOVE COMMODORES
-53 93 40 CLONES ALICE COOPER
1980/07/19 -46 91 45 ALL NIGHT THING INVISIBLE MAN'S BAND 15 58 43 WHY NOT ME FRED KNOBLOCK
1980/07/26 -45 91 46 IT'S FOR YOU PLAYER 15 48 33 BOULEVARD JACKSON BROWNE
1980/08/02 -42 96 54 SHE'S OUT OF MY LIFE MICHAEL JACKSON 17 82 65 YOU'LL ACCOMP'NY ME BOB SEGER
17 53 36 YOU'RE THE ONLY WOMAN AMBROSIA
1980/08/09 -39 92 53 BIGGEST PART OF ME AMBROSIA 39 49 10 UPSIDE DOWN DIANA ROSS
1980/08/16 -29 74 45 PLAY THE GAME QUEEN 18 57 39 DON'T ASK ME WHY BILLY JOEL
1980/08/16 -29 91 62 SHANDI KISS 18 33 15 GIVE ME THE NIGHT GEORGE BENSON
1980/08/23 -35 100 65 WHEN THE SPIRIT MOVES YOU TOUCH 20 63 43 XANADU OLIVIA NEWTON-JOHN & ELO
1980/08/30 -32 83 51 THE ROSE BETTE MIDLER 24 69 45 LOOK WHAT YOU'VE DONE TO ME BOZ SCAGGS
-32 100 68 DARLIN' YIPES
1980/09/06 -42 93 51 LOVE THE WORLD AWAY KENNY ROGERS 13 64 51 WHO'LL BE THE FOOL TONIGHT LARSEN-FEITEN BAND
1980/09/13 -31 84 53 FIRST BE A WOMAN LENORE O'MALLEY 16 49 33 WOMAN IN LOVE BARBRA STREISAND
1980/09/20 -48 95 47 YOU BETTER RUN PAT BENATAR 25 77 52 DREAMING CLIFF RICHARD
1980/09/27 -45 83 38 FIRST TIME LOVE LIVINGSTON TAYLOR 21 67 46 DREAMER SUPERTRAMP
1980/10/04 -40 77 37 IT'S STILL ROCK AND ROLL TO ME BILLY JOEL 30 62 32 MASTER BLASTER STEVIE WONDER
1980/10/11 -28 53 25 YOU'RE THE ONLY WOMAN AMBROSIA 19 39 20 LADY KENNY ROGERS
1980/10/18 -32 45 13 ALL OVER THE WORLD ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA 20 75 55 NEVER BE THE SAME CHRISTOPHER CROSS
1980/10/25 -29 51 22 HOW DO I SURVIVE AMY HOLLAND 17 79 62 DEEP INSIDE MY HEART RANDY MEISNER
17 58 41 I'M HAPPY THAT LOVE HAS FOUND YOU JIMMY HALL
1980/11/01 -23 89 66 SOMEONE THAT I USED TO LOVE NATALIE COLE 23 86 63 IT'S MY TURN DIANA ROSS
-23 92 69 YOU'RE THE ONLY WOMAN AMBROSIA
-23 93 70 LOVE THEME FROM SHOGUN MECO
1980/11/08 -28 46 18 DRIVIN' MY LIFE AWAY EDDIE RABBITT 25 68 43 GUILTY BARBRA STREISAND & BARRY GIBB
1980/11/15 -26 42 16 ALL OUT OF LOVE AIR SUPPLY 22 32 10 STARTING OVER JOHN LENNON
1980/11/22 -47 99 52 I COULD BE GOOD FOR YOU 707 23 81 58 THE TIDE IS HIGH BLONDIE
1980/11/29 -29 84 55 COULD I HAVE THIS DANCE ANNE MURRAY 20 58 38 THE TIDE IS HIGH BLONDIE
-29 86 57 DRIVIN' MY LIFE AWAY EDDIE RABBITT
1980/12/06 -27 73 46 IF YOU SHOULD SAIL NIELSEN/PEARSON 20 65 45 HEY NINETEEN STEELY DAN
-27 93 66 I'M ALRIGHT KENNY LOGGINS
1980/12/13 -31 100 69 TEXAS IN MY REAR VIEW MIRROR MAC DAVIS 21 90 69 GIVING IT UP FOR YOUR LOVE DELBERT MCCLINTON
1980/12/20 -35 83 48 STOP THIS GAME CHEAP TRICK 31 69 38 GIVING IT UP FOR YOUR LOVE DELBERT MCCLINTON
1980/12/27 -25 57 32 THIS TIME JOHN COUGAR 22 59 37 SAME OLD LANG SYNE DAN FOGELBERG
-25 66 41 NEVER KNEW LOVE LIKE THIS BEFORE STEPHANIE MILLS
-25 67 42 HORIZONTAL BOP BOB SEGER

Cashboxシングルチャートウルトラダウンの記録-2- 高位置からいきなり100位圏外へ

Cashbox(CB)シングルチャートのウルトラダウン記録の第二弾。
 CBチャートが100位まで拡大された1958/9/13付け以降、廃刊となる1996/11/13付けまでの間で、TOP100圏外に最も高い位置から消え去ったシングルは"STATE OF THE WORLD"(Janet Jackson)。1991/3/30付けの最高位8位から、翌週いきなりTOP100圏外にウルトラダウンしています。
 同作はBillboardではエアプレイチャートのみのチャートイン。CBでのこのウルトラダウンの背景には、ここら辺と関係がありそうな気もしますが...
 これに続くのが"SNOOPY'S CHRISTMAS"(The Royal Guardsmen)の10位→TOP100圏外。
 この作品、タイトルも示す通りクリスマスソングで「賞味期限切れ」とともに圏外にランクダウンというのは納得できます。
 なお、この作品、BillboradではHOT100にチャートインせず(クリスマスチャートのみのチャートインで5週1位を獲得)、Record Worldでは17位という微妙な最高位を記録しています。
 歴代3位となる15位→TOP100圏外を記録したのは"MARY JANE'S LAST DANCE"(Tom Petty & The Heartbreakers)。
 フローズンチャートを含めた同作のCBでのチャートアクションは、61→61→61→40→40→40→14→15→圏外。
 一方、BBでは86→79→75→68→65→56→51→44→43→34→20→16→14→14→17→21→21→22→27→44→圏外。
 BBでは21週目で50位以下の足切りルールに則っての圏外行きですから至って通常のチャートアクション。CBでのこの扱いはいかにも不自然。もしかしたら入れ忘れ?

参考
Billboardウルトラダウンの記録-2- 高位置からいきなり100位圏外へ
Cashboxシングルチャートウルトラダウンの記録
Billboard & Cashboxウルトラダウンの記録-#1シングル最終順位上位から一気に圏外へ

■20位以内から翌週TOP100圏外に転落したシングル
TOP100圏外
にダウン
する直前週
の順位
最高位日付 最高位 TOP
100
TOP
40
TOP
10
Title Artist BB RW
8 1991/03/30 8 7 6 1 STATE OF THE WORLD Janet Jackson A5  
10 1967/12/30 10 4 3 1 SNOOPY'S CHRISTMAS The Royal Guardsmen   17
15 1994/03/19 14 8 5 0 MARY JANE'S LAST DANCE Tom Petty & The Heartbreakers 14  
16 1968/12/21 1 15 13 8 I HEARD IT THROUGH THE GRAPEVINE Marvin Gaye 1 1
16 1969/05/31 16 11 8 0 THE RIVER IS WIDE The Grass Roots 31 16
18 1960/09/17 18 1 1 0 DEVIL OR ANGEL The Hollywood Flames    
18 1967/02/11 14 7 5 0 WILD THING Senator Bobby 20 13
18 1969/01/25 1 11 10 6 I'M GONNA MAKE YOU LOVE ME Diana Ross & The Supremes & The Temptations 2 1
19 1967/03/04 5 11 8 2 GIMME SOME LOVIN' Spencer Davis Group 7 5
19 1968/10/19 3 15 12 6 I'VE GOTTA GET A MESSAGE TO YOU The Bee Gees 8 7
19 1969/02/15 1 17 14 8 EVERYDAY PEOPLE Sly & The Family Stone 1 1
20 1964/10/03 5 11 9 5 REMEMBER (Walkin' In The Sand) The Shangri-Las 5 4
20 1968/06/22 1 14 12 8 THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU Herb Alpert 1 1
20 1969/03/08 5 16 11 6 THIS MAGIC MOMENT Jay & The Americans 6 4
次のページ

FC2Ad