MS-DATABASE-別館

Record Worldチャートの高順位ニューエントリー記録

 ニューエントリー特集のRecord World編。
 対象期間は1964年1月第一週(Music Vedor時代含む)から休刊となる1982年4月10日付けまで。

■Record Worldチャートで初登場30位以内のシングル
初登場
順位
翌週 日付 最高
Title Artist BB CB
日付 順位 日付 順位
19 16 1965/02/20 8 Red Roses For A Blue Lady Wayne Newton 1965/02/27 76 1965/02/13 91
20 9 1971/10/30 1 Have You Seen Her Chi-Lites 1971/10/23 60 1971/10/23 87
20 5 1965/07/03 1 I'M Henry Viii, I Am Herman's Hermits 1965/07/03 42 1965/07/03 18
22 17 1965/02/27 6 Goldfinger John Barry & His Orchestra 1965/03/13 84 1965/02/06 59
22 19 1965/02/13 8 Red Roses For A Blue Lady Vic Dana 1965/02/06 95 1965/02/13 91
23 19 1979/10/06 1 Heartache Tonight Eagles 1979/10/06 52 1979/10/06 23
25 20 1980/08/09 9 Late In The Evening Paul Simon 1980/08/09 46 1980/08/09 33
26 - 1970/11/07 26 Hum Along And Dance Temptations - - 1970/10/31 93
27 18 1965/12/25 12 Day Tripper Beatles 1965/12/18 56 1965/12/18 76
27 24 1980/09/06 9 Real Love Doobie Brothers 1980/09/06 40 1980/09/06 31
28 23 1979/02/10 1 Tragedy Bee Gees 1979/02/10 29 1979/02/10 32
28 6 1965/04/17 1 Mrs.Brown You've Got A Lovely Daughter Herman's Hermits 1965/04/17 12 1965/04/17 31
29 23 1980/10/04 1 Lady Kenny Rogers 1980/10/04 39 1980/10/04 31
29 26 1980/11/08 10 Hungry Heart Bruce Springsteen 1980/11/08 30 1980/11/08 37
29 26 1980/09/06 1 Woman In Love Barbra Streisand 1980/09/06 49 1980/09/06 34
30 27 1980/11/01 3 Love On The Rocks Neil Diamond 1980/11/01 32 1980/11/01 36

 この間にいきなりTOP40にエントリーした作品は64作。最も高い順位でのエントリー作品は、1965/02/20付で19位にエントリーしたRed Roses For A Blue Lady-Wayne Newton。
 ちなみに同作はBBでは翌週76位に、CBでは前週に91位で、それぞれニューエントリー。この差は何なんでしょう?
 Wayne Newtonと言えばこの27年後の1992年に "The Letter事件"の当事者(?)となったアーティスト。RWでも順位工作を...(笑)

 1970/11/07付で26位にニューエントリーしたHum Along And Dance-Temptationsは翌週圏外にドロップアウトという21世紀のチャート並みのチャートアクション。なお同作はBBではエントリーせず、CBでは93位止まりなので、もしかすると集計ミスによる幻のエントリーという可能性もありそうです。

 64作中、30位以内へのニューエントリーは16作。うち6作までが翌週3ランクという小幅な上昇。翌週TOP10入りは3作に止まっています。

 TOP40内初登場作品を最も多くもつアーティストはBeatlesで7作。うち3作(Do You Want To Know A Secret、Paperback Writer、Rain)が40位ちょうどのニューエントリー、となっています。
 これに次ぐのがKenny Rogersの4作。こちらも3作が37位ニューエントリーという珍記録となっています。


 ちなみに同期間の他チャートでTOP40ニューエントリー作品数はBBが50作、CBが52作。RWが他チャートに比べ2割ほど多くなっています。
 期間別に見てみるとBB、CBはほぼ同じ傾向を示しているの対し、RWでは1970年代後半に一気にその数が増加していることが分かります。とくに1979年から1982年までは35作がTOP40内ニューエントリー。これはBB19作、CB17作の倍近くに達する数字。
 廃刊間近のチャート工作、という感がないわけでもありません。

■三大チャートの期間別TOP40ニューエントリー
BB CB RW
1964-1969 23 27 16
1970-1974 5 6 7
1975-1979 7 6 19
1980-1982 15 13 22
Total 50 52 64


スポンサーサイト

Billboard-Cashbox両チャートの高順位ニューエントリー記録(1958年-1991年編)

 BB-CBの高順位ニューエントリー記録第二弾は、CBが100位までランキングを拡大した1958年9月13日付けからBBがSoundscanシステムを導入しチャートが大きく変質する前の1991年11月23日付けまでの33年間が対象。
Rank BB CB
Entry date Title Artist Peak Entry date Title Artist Peak
6 1970/03/21 Let It Be Beatles 1           
10 1968/09/14 Hey Jude Beatles 1
1969/05/10 Get Back Beatles 1
12 1965/04/17 Mrs. Brown You've Got A Lovely Daughter Herman's Hermits 1
14   1985/03/23 We Are The World USA For Africa 1
15 1991/03/02 Rescue Me Madonna 9    
18         1965/07/03 I'm Henry VIII, I Am Herman's Hermits 1
1965/12/18 We Can Work It Out Beatles 1
20 1969/10/18 Something Beatles 3 1966/07/23 They're Coming To Take Me Away, Ha-Haaa! Napoleon XIV 1
1971/10/23 Imagine John Lennon 3         
1984/02/11 Thriller Michael Jackson 4
21 1964/07/18 A Hard Day's Night Beatles 1 1964/03/28 Can't Buy Me Love Beatles 1
1985/03/23 We Are The World USA for Africa 1 1968/03/23 Lady Madonna Beatles 2
22 1964/12/05 I Feel Fine Beatles 1     
23 1968/03/23 Lady Madonna Beatles 4 1966/03/05 Nowhere Man Beatles 2
1969/10/18 Come Together Beatles 1 1979/10/06 Heartache Tonight Eagles 1
         1985/03/16 That Was Yesterday Foreigner 10
1987/08/08 I Just Can't Stop Loving You Michael Jackson 1
24 1961/02/20 Surrender Elvis Presley 1 1958/11/08 I Got Stung Elvis Presley 5
1968/03/09 Valleri Monkees 3 1966/02/26 19th Nervous Breakdown Rolling Stones 1
        1966/08/20 Yellow Submarine Beatles 1
1984/02/04 Thriller Michael Jackson 4
25 1966/03/05 Nowhere Man Beatles 3 1981/05/23 All Those Years Ago George Harrison 3
     1984/05/26 Dancing In The Dark Bruce Springsteen 1
26 1983/10/15 Say Say Say Paul McCartney 1 1965/12/25 As Tears Go By Rolling Stones 3
     1984/06/30 State Of Shock Jacksons 3
27 1964/03/28 Can't Buy Me Love Beatles 1 1967/07/29 All You Need Is Love Beatles 1
1990/04/28 U Can't Touch This M.C. Hammer 8 1978/11/18 Too Much Heaven Bee Gees 2
1990/05/26 Step By Step New Kids On The Block 1     
28 1966/06/11 Paperback Writer Beatles 1 1970/09/19 I'll Be There Jackson 5 1
1983/04/09 Overkill Men At Work 3 1984/01/21 Nobody Told Me John Lennon 6
1984/10/06 Purple Rain Prince 2 1984/10/06 Purple Rain Prince 1
     1985/05/18 Raspberry Beret Prince & The Revolution 1
29 1979/02/10 Tragedy Bee Gees 1 1959/03/07 It's Late Ricky Nelson 6
1982/04/10 Ebony And Ivory Paul McCartney & Stevie Wonder 1 1971/04/03 Never Can Say Goodbye The Jackson 5 1
1983/01/22 All Right Christopher Cross 12 1984/12/22 Careless Whisper Wham! Feat.George Michael 1
30 1958/11/10 One Night Elvis Presley 4 1982/04/10 Ebony And Ivory Paul McCartney & Stevie Wonder 1
1966/12/17 Snoopy Vs. The Red Baron Royal Guardsmen 2 1985/02/09 Just Another Night Mick Jagger 10
1980/11/08 Hungry Heart Bruce Springsteen 5           
1983/10/29 Say It Isn't So Daryl Hall & John Oates 2
1984/06/30 State Of Shock Jacksons 3

・この間、30位以内にニューエントリーしたのは、BB32作、CB29作とほぼ同じ。
・BB、CBともにTOP30内にニューエントリーしたのはCan't Buy Me Love、Ebony And Ivory、Lady Madonna、Nowhere Man、Purple Rain、State Of Shock、Thriller、We Are The Worldの8作。
・一方TOP10でのニューエントリーはBBではLet It Beの6位を筆頭に3作を数えるのに対し、CBはゼロ。
・アーティスト別ではBBのTOP30エントリー32作中1/3以上の11作がBeatles。一方、CBではBeatlesは6作とほぼ半数に止まる。
・BB32作中1位まで上昇したのは15作と半数以下、CBでは29作中17作。一方、All Rightは29位ニューエントリー(BB)ながら最高位12位とこの期間唯一のTOP30ニューエントリーでTOP10ヒットならずの不名誉シングル(チャートアクション:29→23→19→16→16→16→12→12→12)
・両者のニューエントリー順位で最も差がついたのはRescue Me-Madonna。BB15位に対しCBでは81位とランク差66。これに次ぐのがIt's Late-Ricky NelsonでCB29位、BB91位でランク差62。
詳細はこちら

惜しい!~全米三大誌(Billboard、Cashbox、Radio & Records)全ての最高位が11位~13位だったシングル

 全米三大チャートBillboard=BB、Cashbox=CB、Radio & Records=RR)全てでTOP10入り目前(11位-13位)で失速したシングルをご紹介します。対象期間はRRがスタートした1973年9月からCBが休刊した1996年11月まで。

 この期間で三大チャート全てで最高位が11位-13位だったシングルは27作。
 うちThat'll Be The Day-Linda RonstadtとCrazy About Her-Rod Stewartの2作が三大チャート全てで最高位11位。「全米TOP10シングル」という称号を逃しました。

TitleARTIST BB Peak Date BB CB RR
Bungle In The Jungle Jethro Tull 1975/01/11 12 12 13
That'll Be The Day Linda Ronstadt 1976/10/23 11 11 11
Theme From Close Encounters Of The Third Kind John Williams 1978/02/25 13 13 13
I Just Fall In Love Again Anne Murray 1979/04/07 12 11 11
Rock 'N' Roll Fantasy Bad Company 1979/06/16 13 11 13
Pilot Of The Airwaves Charlie Dore 1980/05/03 13 12 11
Goody Two Shoes Adam Ant 1983/02/12 12 12 11
How Am I Supposed To Live Without You Laura Branigan 1983/10/08 12 13 12
Do What You Do Jermaine Jackson 1985/01/05 13 12 12
You Spin Me Round (Like A Record) Dead Or Alive 1985/08/17 11 13 13
Dare Me Pointer Sisters 1985/09/21 11 12 13
A Love Bizarre Sheila E. 1986/03/01 11 13 11
I Wanna Be A Cowboy Boys Don't Cry 1986/06/21 12 13 13
(Sittin' On) The Dock Of The Bay Michael Bolton 1988/03/26 11 12 11
Another Lover Giant Steps 1988/11/12 13 12 11
Rocket Def Leppard 1989/04/29 12 11 13
Crazy About Her Rod Stewart 1989/07/29 11 11 11
It's Not Enough Starship 1989/10/07 12 11 12
Leave A Light On Belinda Carlisle 1989/12/09 11 12 11
All My Life Linda Ronstadt Feat.Aaron Neville 1990/03/31 11 11 12
Heartbeat Seduction 1990/04/28 13 12 12
Love Child Sweet Sensation 1990/05/19 13 12 11
Stranded Heart 1990/12/01 13 11 11
Miracle Jon Bon Jovi 1990/12/22 12 12 13
Walking In Memphis Marc Cohn 1991/07/06 13 11 11
The Dream Is Still Alive Wilson Phillips 1991/08/03 12 11 12
Believe Elton John 1995/05/13 13 11 12

一方、三大チャートのいずれかが11位で他チャートの順位が高い作品は以下の通り

BBで11位ながら他チャートで高順位
It's Raining Again-Supertramp RR2位(CB7位)

CBで11位ながら他チャートで高順位
Because Of Love-Janet Jackson RR2位(BB10位)

RRで11位ながら他チャートで高順位
Got To Give It Up (Pt. 1)-Marvin Gaye BB、CB、RW1位
Love Machine (Pt. 1)-Miracles BB、CB、RW1位
Creep-TLC BB1位(CB2位)
Mickey-Toni Basil BB1位(CB2位)
Sittin' Up In My Room-Brandy CB1位(BB2位)
Cruisin'-Smokey Robinson CB1位(BB4位、RW5位)

同時期(1982年12月)のヒット曲でIt's Raining Again-SupertrampがBB11位に対しRR2位、一方Mickey-Toni BasilがBB2位、CB1位ながらRR11位と真逆の成績に。このころまでのRRの特異性は顕著でした。


参考:惜しい!~全米三大誌(Billboard、Cashbox、Record World)全ての最高位が41位以上45位以下だったシングル

TOP40内にニューエントリーしながら"ハイエストデビュー"にならなかったシングル(Cashbox編 )

 Cashboxシングルチャート(CB)で、TOP40以内にいきなりデビューしながら、"ハイエストデビュー"=その週の最も高位でエントリーしたシングルの称号を得られなかった作品をご紹介します。
 対象はCBがTOP100に拡大された1958年9月13日付けから、1990年最終週まで。

 CB史上最も運の悪いTOP40ニューエントリー曲はTusk-Fleetwood Mac。同作は1979/10/6付けでいきなり31位にニューエントリー。この初登場31位は、この時点(1979/10/6付)でCB史上歴代16位タイに並ぶハイエストデビュー順位。しかし、同週の23位にHeartache Tonight-Eaglesがエントリー。その時点で"ハイエストデビュー"の称号を失いました。

 TOP40内に3作がニューエントリーしたのが1985/3/16付け。38位にSome Like It Hot-Power Stationが、35位にSome Things Are Better Left Unsaid-Daryl Hall  John Oatesが、そして23位にThat Was Yesterday-Foreignerが、それぞれニューエントリー。
 なお、こちらでもご紹介したとおり、That Was YesterdayはBBのNE順位が47位、Some Things Are Better...が同55位、Some Like It Hotが同57位と、「BB誌-CB誌ニューエントリーで大きく差がついたシングル10傑(80年代・CB上位)」入りするほど、BB初登場との乖離が激しい作品。さらに3作とも№1に到達することができない、という結果に終わっています。

 1969/10/18付けでは36位にSomething、39位にCome Togetherがそれぞれニューエントリー。同一アーティストの作品が同一週にTOP40へのニューエントリーを果たした唯一のケースとなっています。
 ちなみに、こちらでも紹介したとおり、BBシングルチャートでは1969/11/29以降、「曲」単位から「シングル盤」単位に対象が変わったため、両曲が「/」で結ばれ「両面ヒット」となりましたが、CBでは相変わらず「曲」を対象とするチャートだったため、それぞれが終始異なったチャートアクションを見せています。

entry date N.E
rank
next
rank
peak
Pos.
Title Artist BB
1966/10/29 33 16 1 Winchester Cathedral New Vaudeville Band 1
36 24 1 You Keep Me Hangin' On Supremes 1
1969/10/18 36 11 2 Something Beatles 3
39 30 1 Come Together Beatles 1
1969/12/27 34 20 5 Without Love (There Is Nothing) Tom Jones 5
39 29 6 I'Ll Never Fall In Love Again Dionne Warwick 6
1979/10/06 23 12 1 Heartache Tonight Eagles 1
31 24 8 Tusk Fleetwood Mac 8
1980/09/06 31 24 7 Real Love Doobie Brothers 5
34 28 1 Woman In Love Barbra Streisand 1
1984/10/06 28 22 1 Purple Rain Prince & The Revolution 2
35 30 8 All Through The Night Cyndi Lauper 5
1985/02/09 30 25 10 Just Another Night Mick Jagger 12
40 26 1 One More Night Phil Collins 1
1985/03/16 23 17 10 That Was Yesterday Foreigner 12
35 30 15 Some Things Are Better Left Unsaid Daryl Hall John Oates 18
38 33 6 Some Like It Hot Power Station 6
1985/05/18 28 23 1 Raspberry Beret Prince & The Revolution 2
38 33 1 A View To A Kill Duran Duran 1


Cashboxシングルチャートにエントリーした"シングル"ではない曲

 Billborad(BB)のシングルチャートであるTOP100/HOT100はおおまかに
第1期(1955/11/12~1969/11/22 シングル・カットまたはEP化された曲のチャート)、
第2期(1969/11/29~1998/11/28 シングルのチャート)、
第3期(1998/12/5~ 曲のチャート)
と分けられていました。

 例えば、第2期までは原則としてシングルカットされていない曲(Tell Me I'm Not Dreaming/Jermaine & Michael JacksonやSpotlight/Madonna)はHOT100にエントリーできないという扱いになっていました。
 同様に、Cashbox(CB)シングルチャートも"シングル"以外は、シングルチャートにエントリーできない状態が続いていましたが、1990年を境にこの状態が解消されたようです。

 CBでシングル以外の曲(Album Cuts)が最初にエントリーしたのは、1990/2/17付けでTOP100にエントリーしたBrother, Don't You Walk Away/Hooters(最高位85位)。以降、
 CBが廃刊になる1996年までに28曲がシングルチャートにランクインしています。
 28作のうち、9作がTOP40入りし、うち2作がTOP10ヒット、そして1作が№1に輝いています。
 またBBとの関係でみてみると23作がエアプレイチャートに、1作がBubbling Underチャートに、それぞれチャートイン、そして4作がBBのポップチャートにはランクインしませんでした。
 Album Cutsで№1に輝き、かつBBチャートにランクインしなかった唯一の作品が"あの"The Letter。
 様々なチャートの「?」がありますが、おそらくこの"The Letter"を上回る「?」はなかなか存在しないでしょうね。

entry date peak date peak TOP
100
TOP
40
TOP
10
Title Artist BB
1990/02/17 1990/02/24 85 4 0 0 Brother, Don't You Walk Away Hooters -
1990/12/08 1990/12/29 22 6 5 0 Do The Bartman The Simpsons A11
1991/02/16 1991/03/30 8 7 6 1 State Of The World Janet Jackson A5
1992/05/09 1992/06/06 29 16 6 0 Steel Bars Michael Bolton A16
1992/07/25 1992/12/12 1 31 17 7 The Letter Wayne Newton -
1993/06/26 1993/06/26 81 3 0 0 Plush Stone Temple Pilots A39
1993/12/25 1993/12/25 23 15 9 0 Daughter Pearl Jam A33
1994/05/14 1994/06/18 51 6 0 0 Until I Fall Away Gin Blossoms A21
1994/05/28 1994/06/11 88 4 0 0 Doggy Dogg World Snoop Doggy Dogg A46
1994/06/25 1994/07/23 24 7 5 0 Ain't Got Nothing If You Ain't Got Love Michael Bolton A30
1994/06/25 1994/06/25 84 1 0 0 Hard Luck Woman Garth Brooks A45
1994/07/02 1994/08/20 25 8 4 0 Black Hole Sun Soundgarden A24
1994/07/23 1994/08/06 87 6 0 0 Long View Green Day A36
1994/12/10 1995/01/28 59 12 0 0 I Alone Live A38
1994/12/17 1995/01/28 25 13 7 0 Buddy Holly Weezer A18
1994/12/24 1994/12/24 88 5 0 0 All I Want For Christmas Is You Mariah Carey A35
1995/02/25 1995/03/04 81 5 0 0 Don't Tell Me?(What Love Can Do) Van Halen -
1995/03/11 1995/05/27 46 16 0 0 What Would You Say Dave Matthews Band 115
1995/04/01 1995/04/29 55 10 0 0 White Lines Duran Duran A67
1995/04/01 1995/05/06 65 10 0 0 Down By The Water PJ Harvey A48
1995/07/08 1995/08/26 26 9 5 0 I Could Fall In Love Selena A8
1995/07/22 1995/08/12 75 11 0 0 Say It Ain't So Weezer A51
1995/08/12 1995/09/23 46 9 0 0 Til I Hear It From You Gin Blossoms -
1995/10/28 1995/11/04 49 3 0 0 Ants Marching Dave Matthews Band A21
1995/11/11 1995/11/18 69 6 0 0 Walk This World Heather Nova A63
1996/02/17 1996/03/09 51 7 0 0 Oh Virginia Blessid Union Of Souls A54
1996/08/03 1996/08/31 72 15 0 0 Pepper Butthole Surfers A26
1996/08/17 1996/09/07 57 14 0 0 But Anyway (Live) Blues Traveler A36

BB欄の”A”はBillboard Airplayチャートの最高位を示す。

全米四大チャートで全て№1シングルが異なった週

 Billboard(以下「BB」・1890年創刊)、Cashbox(以下「CB」・1942年創刊)の戦前からの二大誌に続き、1964年4月18日付でRecord World(以下「RW」)が、73年9月28日付からRadio & Records(以下「RR」)が最初のチャートを発表し、70年代を迎えアメリカの「四大チャート」が揃い踏みを果たすことになります(BB、CB、RWは土曜日、RRは金曜日にチャートを発行)。
 全米四大チャートが同時に存在した期間は、RR創刊からRW廃刊までの446週間。
 この間、四大チャート全てで異なった№1シングルが誕生したのは僅か19週(1974/02/09、1974/02/16、1974/03/23、1974/06/15、1974/10/26、1975/02/22、1975/07/26、1975/08/23、1976/09/25、1977/06/25、1977/09/10、1978/01/28、1978/03/11、1978/07/29、1979/11/03、1980/02/02、1980/02/09、1980/06/28、1981/03/07)。
 1974/2/9~02/16、1980/2/2~2/9は2週連続で四大チャートの№1シングルが異なっています。
 また、1978/3/11付けではGibb兄弟(Bee Gees、Andy Gibb)がそれぞれ異なった3枚のシングルで同時№1を記録するという快挙を達成しています。

1974/2/9付け全米四大チャートTOP10(四大チャート全てで№1が異なった最初のチャート)
Billboard 1974/2/9 TOP10 Cash box 1974/2/9 TOP10
1 LOVE'S THEME/LOVE UNLIMITED ORCHESTRA 1 THE WAY WE WERE/BARBRA STREISAND
2 THE WAY WE WERE/BARBRA STREISAND 2 AMERICANS/BYRON MACGREGOR
3 YOU'RE SIXTEEN/RINGO STARR 3 LOVE'S THEME/LOVE UNLIMITED ORCHESTRA
4 AMERICANS/BYRON MACGREGOR 4 YOU'RE SIXTEEN/RINGO STARR
5 UNTIL YOU COME BACK TO ME/ARETHA FRANKLIN 5 LET ME BE THERE/OLIVIA NEWTON-JOHN
6 LET ME BE THERE/OLIVIA NEWTON-JOHN 6 BOOGIE DOWN/EDDIE KENDRICKS
7 SPIDERS AND SNAKES/JIM STAFFORD 7 UNTIL YOU COME BACK TO ME/ARETHA FRANKLIN
8 SHOW AND TELL/AL WILSON 8 JUNGLE BOOGIE/KOOL & THE GANG
9 I'VE GOT TO USE MY IMAGINATION/GLADYS KNIGHT & THE PIPS 9 SPIDERS AND SNAKES/JIM STAFFORD
10 JUNGLE BOOGIE/KOOL & THE GANG 10 SEASONS IN THE SUN/TERRY JACKS
Record World 1974/2/9 TOP10 Radio & Records 1974/2/8 TOP10
1 AMERICANS /BYRON MACGREGOR 1 SEASONS IN THE SUN/TERRY JACKS
2 THE WAY WE WERE/BARBRA STREISAND 2 THE WAY WE WERE/BARBRA STREISAND
3 LOVE'S THEME/LOVE UNLIMITED ORCHESTRA 3 LOVE'S THEME/LOVE UNLIMITED ORCHESTRA
4 YOU'RE SIXTEEN/RINGO STARR 4 YOU'RE SIXTEEN/RINGO STARR
5 UNTIL YOU COME BACK TO ME/ARETHA FRANKLIN 5 SPIDERS AND SNAKES/JIM STAFFORD
6 LET ME BE THERE/OLIVIA NEWTON-JOHN 6 ROCK ON/DAVID ESSEX
7 SMOKIN' IN THE BOY'S ROOM/BROWNSVILLE STATION 7 SHOW AND TELL/AL WILSON
8 I'VE GOT TO USE MY IMAGINATION/GLADYS KNIGHT & THE PIPS 8 THE JOKER/STEVE MILLER BAND
9 SPIDERS AND SNAKES/JIM STAFFORD 9 DARK LADY/CHER
10 SHOW AND TELL/AL WILSON 10 LET ME BE THERE/OLIVIA NEWTON-JOHN

1978/3/11(Gibb兄弟の異なった3枚のシングルによる№1)
Billboard 1978/3/11 TOP10 Cash box 1978/3/11 TOP10
1 (LOVE IS) THICKER THAN WATER/ANDY GIBB 1 EMOTION/SAMANTHA SANG
2 NIGHT FEVER/BEE GEES 2 (LOVE IS) THICKER THAN WATER/ANDY GIBB
3 SOMETIMES WHEN WE TOUCH/DAN HILL 3 STAYIN' ALIVE/BEE GEES
4 EMOTION/SAMANTHA SANG 4 NIGHT FEVER/BEE GEES
5 LAY DOWN SALLY/ERIC CLAPTON 5 SOMETIMES WHEN WE TOUCH/DAN HILL
6 STAYIN' ALIVE/BEE GEES 6 LAY DOWN SALLY/ERIC CLAPTON
7 DANCE,DANCE,DANCE(YOWSAH,YOWSAH,YOWSAH)/CHIC 7 WHAT'S YOUR NAME/LYNYRD SKYNYRD
8 I GO CRAZY/PAUL DAVIS 8 PEG/STEELY DAN
9 JUST THE WAY YOU ARE/BILLY JOEL 9 JUST THE WAY YOU ARE/BILLY JOEL
10 CAN'T SMILE WITHOUT YOU/BARRY MANILOW 10 I GO CRAZY/PAUL DAVIS
Record World 1978/3/11 TOP10 Radio & Records 1978/3/10 TOP10
1 STAYIN' ALIVE/BEE GEES 1 NIGHT FEVER/BEE GEES
2 (LOVE IS) THICKER THAN WATER/ANDY GIBB 2 STAYIN' ALIVE/BEE GEES
3 EMOTION/SAMANTHA SANG 3 EMOTION/SAMANTHA SANG
4 SOMETIMES WHEN WE TOUCH/DAN HILL 4 CAN'T SMILE WITHOU YOU/BARRY MANILOW
5 NIGHT FEVER/BEE GEES 5 LAY DOWN SALLY/ERIC CLAPTON
6 WE ARE THE CHAMPIONS/QUEEN 6 (LOVE IS) THICKER THAN WATER/ANDY GIBB
7 JUST THE WAY YOU ARE/BILLY JOEL 7 DUST IN THE WIND/KANSAS
8 BABY COME BACK/PLAYER 8 SOMETIMES WHEN WE TOUCH/DAN HILL
9 OUR LOVE/NATALIE COLE 9 THUNDER ISLAND/JAY FERGUSON
10 JACK AND JILL/RAYDIO 10 THE WAY YOU DO THE THINGS YOU DO/RITA COOLIDGE

1981/3/7付け全米四大チャートTOP10(四大チャート全てで№1が異なった最後のチャート)
Billboard 1981/3/7 TOP1 Cash box 1981/3/7 TOP10
1 I LOVE A RAINY NIGHT/EDDIE RABBITT 1 KEEP ON LOVING YOU/REO SPEEDWAGON
2 9 TO 5/DOLLY PARTON 2 9 TO 5/DOLLY PARTON
3 WOMAN/JOHN LENNON 3 WOMAN/JOHN LENNON
4 KEEP ON LOVING YOU/REO SPEEDWAGON 4 I LOVE A RAINY NIGHT/EDDIE RABBITT
5 THE BEST OF TIMES/STYX 5 CELEBRATION/KOOL & THE GANG
6 CELEBRATION/KOOL & THE GANG 6 THE BEST OF TIMES/STYX
7 CRYING/DON MCLEAN 7 RAPTURE/BLONDIE
8 GIVING IT UP FOR YOUR LOVE/DELBERT MCCLINTON 8 THE TIDE IS HIGH/BLONDIE
9 THE WINNER TAKES IT ALL/ABBA 9 CRYING/DON MCLEAN
10 HELLO AGAIN/NEIL DIAMOND 10 SAME OLD LANG SYNE/DAN FOGELBERG
Record World 1981/3/7 TOP10 Radio & Records 1981/3/6 TOP10
1 9 TO 5/DOLLY PARTON 1 THE BEST OF TIMES/STYX
2 KEEP ON LOVING YOU/REO SPEEDWAGON 2 WOMAN/JOHN LENNON
3 I LOVE A RAINY NIGHT/EDDIE RABBITT 3 HELLO AGAIN/NEIL DIAMOND
4 WOMAN/JOHN LENNON 4 KEEP ON LOVING YOU/REO SPEEDWAGON
5 CELEBRATION/KOOL & THE GANG 5 CRYING/DON MCLEAN
6 THE BEST OF TIMES/STYX 6 9 TO 5/DOLLY PARTON
7 RAPTURE/BLONDIE 7 KISS ON MY LIST/DARYL HALL & JOHN OATES
8 HELLO AGAIN/NEIL DIAMOND 8 RAPTURE/BLONDIE
9 THE TIDE IS HIGH/BLONDIE 9 WHAT KIND OF FOOL/BARBRA STREISAND & BARRY GIBB
10 CRYING/DON MCLEAN 10 A LITTLE IN LOVE/CLIFF RICHARD

参考
全米四大チャート #1シングル記録集-1-
全米四大チャート№1シングル記録集-2-

CashboxのVarious Chart

 Billboard同様、CashboxにもPopやBlack、CountryなどのMain Chart(主要チャート)のほかに、数多くのVarious Chartが存在していました。
 面白いところではJukeboxチャート(正式名称"Juke Box Programmer")がその筆頭でしょう。
 このチャートは名称のとおり、全米のジュークボックスで支持された曲をランキングしたもので、Popのほかに、Black Contemporary、Countryの3チャートがそれぞれTOP30まで発表されていました。1982年2月13日付でスタートし、1985年 12月14日付をもちその短い歴史を閉じました。

 LPとCDの端境期にあたる80年代中盤、CDのみを対象としたのがCompact Discsチャート。1984年9月15日から1988年6月18日まで存在しました。 
 こちらはBeatlesの諸作品など「マスターピース」が次々とCD化された87年前後が最も面白い時期にあたります。同様にBillboardやOriconにもCDだけを扱うCDチャートがありました。
 
 Billboardが1982年7月24日からスタートさせた、いわゆる廉価盤チャートMidline LP’sを思いっきりパくったのがMidline Priced Albumsチャートで、Cashboxでは、1982年12月11日からスタート。
 Billboardではその後、Catalogチャートとして衣替えし、確固たる地位を築いたのは対照的に、こちら(Cashbox)では僅か2年後の1984年12月8日付けで廃止されました。
 
 BillboardのDance/Discoチャートにあたるのが、“12 Inch Singles”チャート。スタートは1978年10月28日の"Top30 Disco"。1980年4月5日付けで一旦休止しますが、1984年1月28日付けで"Top30 12 Inch Singles"とネーミングも新たに再スタートを切りました。
 Billboard同様、アルバム(All-Cuts)もその対象とし、最盛期の84年にはTOP75まで発表されました。
 今回は、再スタート第一週の(1984年1月第4週=1984年1月28日付け)のTOP30をご紹介します。
■1984年1月28日付け Cashbox Top30 12 Inch Singles
*1 LET THE MUSIC PLAY -SHANNON
*2 OWNER OF A LONELY HEART-YES
*3 HARD TIMES-RUN-D.M.C.
*4 ELECTRIC KINGDOM-TWILIGHT 22
*5 TOUR DE FRANCE- KRAFTWERK
*6 WHITE HORSE-LAID BACK
*7 ENCORE- CHERYL LYNN
*8 WHITE LINES- GRANDMASTER FLASH & MELLE MEL
*9 SOMETHING'S ON YOUR MIND- D-TRAIN
10 TROMMELTANZ (DIN DAA DAA)-GEORGE KRANZ
11 WHERE IS MY MAN-EARTHA KITT
12 CRAZY CUTS-GRANDMIXER D.S.T.
13 BODY TALK - DEELE
14 TALKING IN YOUR SLEEP-ROMANTICS
15 BREAK MY STRIDE- MATTHEW WILDER
16 POP GOES MY LOVE -FREEEZ
17 SOMEBODY'S WATCHING ME-ROCKWELL
18 REMEMBER WHAT YOU LIKE-JENNY BURTON
19 SAY IT ISN'T SO-DARYL HALL & JOHN OATES
20 AUTODRIVE -HERBIE HANCOCK
21 ON THE UPSIDE-XENA
22 OVER MY HEAD- TONI BASIL
23 HOLIDAY- MADONNA
24 IF ONLY YOU KNEW-PATTI LABELLE
25 NEW SONG-HOWARD JONES
26 LET'S PRETEND WE'RE MARRIED/IRRESISTIBLE BITCH-PRINCE
27 LOVE IS A BATTLEFIELD- PAT BENATAR
28 UNION OF THE SNAKE- DURAN DURAN
29 ALL NIGHT LONG(ALL NIGHT)-LIONEL RICHIE
30 KEEPIN' MY LOVER SATISFIED -MELBA MOORE

BillboardとCashboxで大きく順位が異なったシングル

史上最もCB-BBの最高位に差がついたシングル

 I SAW HER STANDING THERE- Beatles

  CB BB
1964/02/01 - 117
1964/02/08 100 68
1964/02/15 - 54
1964/02/22 - 35
1964/02/29 - 28
1964/03/07 - 18
1964/03/14 - 15
1964/03/21 - 14
1964/03/28 - 26
1964/04/04 - 31
1964/04/11 - 38
1964/04/18 - 45

 CBではチャートイン僅か1週、しかも100位。BBではチャートイン12週、HOT100は11週、最高位14位。ランク差は86。
    これってどういうことなんでしょう?
一方、BBでは振るわず、最高位に大差がついたシングル

SOLITAIRE- Embers

CB BB
1961/06/17 - 1961/06/12 120
1961/06/24 - 1961/06/19 -
1961/07/01 - 1961/06/26 -
1961/07/08 - 1961/07/03 -
1961/07/15 - 1961/07/10 -
1961/07/22 - 1961/07/17 111
1961/07/29 90 1961/07/24 -
1961/08/05 72 1961/07/31 103
1961/08/12 59 1961/08/07 -
1961/08/19 46 1961/08/14 -
1961/08/26 38 1961/08/21 -
1961/09/02 36 1961/08/28 -
1961/09/09 39 1961/09/04 -
1961/09/16 67 1961/09/11 -
1961/09/23 92 1961/09/18 -

CBでは36位まで上昇。TOP100滞在9週、TOP40滞在は3週。
片やBBではBUチャートに出入り3回。最高位は103位止まり.
ランク差は67。

BillboardとRadio & Recordsで大きく順位が異なったシングル(1980's編)

 1980年代、Billboard(BB)とRadio & Records(RR)の全米二大チャートで最高位が20ランク以上乖離した作品をピックアップしました。
 最も、最高位が乖離したのはTWILIGHT ZONE-GOLDEN EARRING。BBでは10位とTOP10入りの大ヒットを記録したのに対し、RRでは41位とTOP40入りならず、でその差31ランクと開きました。
 これに次ぐのがI GOTTA TRY-MICHAEL MCDONALDでこちらはBBでは44位止まりに対し、RRでは17位とTOP20入りの27ランク差。
 同じくTAKE THE SHORT WAY HOME-DIONNE WARWICKもRRでは17位ながら、BBでは41位とTOP40入りならず、となっています。
 RRでTOP10入りしたにも拘わらず、BBで振るわなかった代表格は99-TOTO。RR5位に対し、BBでは26位に終わっています。同様にMAKE BELIEVEもRRの10位に対し、BB30位と大差が。
 I.G.Y.-DONALD FAGENもRRでは6位とTOP10ヒットを記録。一方、BBでは26位止まりと大きくその差が開きました。
最高位の
ランク差
Title ARTIST BB Pos BB Peak Date RR Pos RR Peak Date CB Peak Date CB Pos
31 TWILIGHT ZONE GOLDEN EARRING 10 1983/03/26 41 1983/01/07 1983/04/09 16
27 I GOTTA TRY MICHAEL MCDONALD 44 1982/12/25 17 1983/01/14 1983/01/22 31
24 TAKE THE SHORT WAY HOME DIONNE WARWICK 41 1983/04/02 17 1983/04/01 1983/04/16 32
23 I CAN'T STAND STILL DON HENLEY 48 1983/02/26 25 1983/02/18 1983/02/26 38
21 99 TOTO 26 1980/03/15 5 1980/02/22 1980/03/15 17
21 HOPE YOU LOVE ME LIKE YOU SAY YOU DO HUEY LEWIS & THE NEWS 36 1982/06/26 15 1982/06/18 1982/07/03 33
21 CALLING ALL GIRLS QUEEN 60 1982/08/21 39 1982/07/30 1982/08/21 61
21 ALL THOSE LIES GLENN FREY 41 1983/01/15 20 1983/01/28 1983/02/05 37
21 THE CURLY SHUFFLE JUMP 'N THE SADDLE 15 1984/01/21 36 1984/01/13 1984/01/21 9
20 I FOUND SOMEBODY GLENN FREY 31 1982/08/07 11 1982/07/30 1982/07/31 23
20 MAKE BELIEVE TOTO 30 1982/09/25 10 1982/09/17 1982/09/18 19
20 I.G.Y. (WHAT A BEAUTIFUL WORLD) DONALD FAGEN 26 1982/11/27 6 1982/11/26 1982/12/04 19


 なお、RRのみのチャートイン作品は、5作。いずれもエアプレイチャートのみのヒット。当時、BBではシングル盤として発売されない作品はチャートインすることができず、こうした現象となりました。
 TELL ME I'M NOT DREAMING-JERMAINE JACKSONとINTO THE GROOVE-MADONNAはRRでTOP10入り(ともに6位)と大健闘しています。
Title ARTIST BB Pos BB Peak Date RR Pos RR Peak Date CB Peak Date CB Pos
TELL ME I'M NOT DREAMING JERMAINE JACKSON - - 6 1984/06/08 - -
SPOTLIGHT MADONNA - - 31 1988/01/22 - -
EDGE OF A BROKEN HEART BON JOVI - - 39 1987/10/09 - -
INTO THE GROOVE MADONNA - - 6 1985/06/28 - -
NEVER SAY GOODBYE BON JOVI - - 35 1987/06/12 - -

参考
BillboardとCashboxで大きく順位が異なったシングル(1980's編)
Billboardと Cashboxで大きく順位が異なったシングル(1980's編-2-)

全米三大チャート#1アルバム記録集-2-

その1

Billboard(以下「BB」)、Cashbox(以下「CB」)、Record World(以下「RW」)の三誌のうち二誌でNO.1に輝いたアルバムは37作。
 
 ①BBで1位を逃したケース(CB-RWで1位)…19作
 19作中14作が2位まで上昇。3作3位、4作2位と、「三冠」まであと一歩という作品が多数を占めています。
 BB4位止まりの作品は、「SELF PORTRAIT」(BOB DYLAN)(CB1週1位・RW2週1位)、
「XANADU」(ORIGINAL SOUNDTRACK)(CB・RW共に1週1位)の2作。

 ②RWで1位を逃したケース(BB-CBで1位)…10作
 10作中7作は2位まで上昇するも、「HELLO DOLLY!」(ORIGINAL CAST)(BB1週・CB6週)・「MEET THE BEATLES」(BEATLES)(BB2週・CB1週)の2作は、64年4月~6月にBB、CBで1位を獲得しましたが、集計期間の関係からか、RWではランクインしていません。
 「SO FAR」(CROSBY, STILLS, NASH & YOUNG)(BB・CB共に1週1位)はRWでは8位までしか上昇していません。

 ③CBで1位を逃したケース(BB-RWで1位)…8作
 BB-RWで1位を獲得しCBで2位以下は、8作。うち7作は最高位2位を記録していますが、「SOUNDS LIKE」(HERB ALPERT & THE TIJUANA BRASS)(BB-RWで共に1週1位)はCBでは8位止まり。
 
 
 一誌のみで1位を獲得したアルバムは59作。その内訳はRW23作、CB20作、BB16作となっております。
 
 RWのみNO.1アルバム23作中、11作が2週以上1位を獲得。「CONCERT FOR BANGLADESH」(GEORGE HARRISON & FRIENDS)はRWで5週1位を記録したもののBB-CB共に2位止まり。「TOMMY」(WHO)はRWで3週1位ながらBB4位、CB5位。

 CBのみで1位を獲得した20作品のうち、BB-RW共に4位以下に止まったのは、「INNERVISIONS」(STEVIE WONDER)73/10/06付1週1位…BB、RW4位
「LOVE IS THE MESSAGE」(MFSB)74/04/20付1週1位…BB4位、RW5位
の2作。

 「BREEZIN'」(GEORGE BENSON・76/07/31付~2週1位)はCB、RW5位、「BETWEEN THE LINES」(JANIS IAN・75/09/20付1位)に至っては、CB4位、RWでは10位止まり。
BB1位で他誌4位以下
TITLE ARTIST NO.1DATE Weeks CB RW
BREEZIN' GEORGE BENSON 76/07/31 2 5 5
BEE GEES GREATEST BEE GEES 80/01/12 1 4 3
BETWEEN THE LINES JANIS IAN 75/09/20 1 4 10
CITY TO CITY JERRY RAFFERTY 78/07/08 1 2 5
HOLD OUT JACKSON BROWNE 80/09/13 1 2 4

 

CB1位で他誌4位以下
TITLE ARTIST NO.1DATE Weeks BB RW
THIRD ALBUM JACKSON 5 70/11/07 2 4 3
THE BEATLES 1962 - 1966 BEATLES 73/05/19 2 3 4
CHICAGO AT CARNEGIE HALL CHICAGO 72/01/01 1 3 4
GREATEST HITS SIMON & GARFUNKEL 72/08/19 1 5 2
HOT AUGUST NIGHT NEIL DIAMOND 73/03/03 1 5 2
ROCKY MOUNTAIN HIGH JOHN DENVER 73/04/07 1 4 3
INNERVISIONS STEVIE WONDER 73/10/06 1 4 4
THE JOKER STEVE MILLER BAND 74/01/05 1 2 5
LOVE IS THE MESSAGE MFSB 74/04/20 1 4 5

 

RW1位で他誌4位以下
TITLE ARTIST NO.1DATE Weeks BB CB
TOMMY WHO 69/08/02 3 4 5
CHICAGO III CHICAGO 71/02/27 2 2 4
BORN TO RUN BRUCE SPRINGSTEEN 75/09/27 1 3 4
CHEECH & CHONG'S WEDDING ALBUM CHEECH & CHONG 74/11/23 1 5 2
FANTASY CAROLE KING 73/07/21 1 6 2
GREATEST HITS SLY & THE FAMILY STONE 70/12/05 1 2 4
HOOKED ON CLASSICS LOUIS CLARK CONDUCTS THE ROYAL PHILHARMONICA ORC. 82/02/27 1 4 2

 


全米三大チャート#1アルバム記録集-1-

 Billboard(以下「BB」・1890年創刊)、Cashbox(以下「CB」・1942年創刊)の二誌に続き、1964年(4月18日付)にRecord World誌(以下「RW」)が最初のチャートを発表し、ここにアメリカの「三大チャート」が揃うことになりました。
 その後、73年にはRadio & Records誌もスタートしますが、その影響力は小さく、60年代~70年代を通じ、「アメリカの三大チャート」と言えば、BB-CB-RWといっても過言ではありません。最後発のRWがその幕を閉じた82年4月10日付までの18年間は、まさに「アメリカン・ポップス最盛期」でありました。
 
 三誌が同時に存在した1964年4月18日付から1982年4月10日付までの939週間にNO.1を獲得したアルバムは、BB201作、CB216作、RW217作。重複を除くと263作が「全米NO.1」アルバムの称号を得ました。
 うち64%にあたる167作が三誌全てでNO.1を獲得。「真の」全米NO.1アルバムと言うことが出来ます。
 さらに三誌で10週以上1位をキープしたアルバムは15作。特に「RUMOURS」はBB31週、CB33週、RW35週とアルバムチャート史上稀に見る大ヒットを記録しています。

三誌全てで10週以上1位を記録したアルバム
TITLE ARTIST BB CB RW
RUMOURS FLEETWOOD MAC 31 33 35
SATURDAY NIGHT FEVER ORIGINAL SOUNDTRACK 24 25 25
HI INFIDELITY R.E.O. SPEEDWAGON 15 17 21
FRAMPTON COMES ALIVE! PETER FRAMPTON 10 13 17
GREASE ORIGINAL SOUNDTRACK 12 16 16
TAPESTRY CAROLE KING 15 14 15
4 FOREIGER 10 13 15
THE WALL PINK FLOYD 15 16 14
HAIR ORIGINAL CAST 13 20 13
MORE OF THE MONKEES MONKEES 18 15 13
THE MONKEES MONKEES 13 15 13
SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND BEATLES 15 14 13
A HARD DAY'S NIGHT BEATLES 14 14 13
ABBEY ROAD BEATLES 11 14 12
SONGS IN THE KEY OF LIFE STEVIE WONDER 14 12 11

「悲劇の」#2ソング(1982年-1996年編)

 「悲劇の#2ソング」と言えば、"WAITING FOR A GIRL LIKE YOU"-FOREIGNER(81-82年)がその代名詞として長く語り継がれておりますが、同曲はRadio & Records誌で6週間にもわたり#1を記録しており、巷間伝えられるイメージとは大きく異なっています。
 「悲劇の」という形容を付すならば、全米チャート全てで2位に甘んじた曲こそ、その称号に相応しいと思います。

 全米四大誌(Billboard(以下「BB」・1890年創刊)、Cashbox(以下「CB」・1942年創刊)、Record World誌(以下「RW」・1964年創刊)、Radio & Records誌(以下「RR」・1973年創刊)のうち、1982年4月10日付をもちRWが廃刊し、1996年11月16日付を最後にCBが廃刊されるまでの14年7か月(762週間)に各誌でそれぞれ最高位2位を記録したのは、BB134曲、CB106曲、RR131曲に上ります。
 この期間、3誌全てで2位とまりだった正真正銘の「悲劇の#2ソング」は11曲。9曲が87年から92年に集中しており、3誌のヒット傾向が極めて類似していた時期であることを示しています。

正真正銘の「悲劇の№2ソング」(3誌全てで№2)
Title Artist BB CB RR
Weeks  Date  Weeks  Date  Weeks  Date 
SOMEBODY'S WATCHING ME ROCKWELL 3 84/03/24 3 84/03/24 1 84/03/09
BURNING HEART SURVIVOR 2 86/02/01 2 86/02/08 2 86/01/17
LOOKING FOR A NEW LOVE JODY WATLEY 4 87/05/02 3 87/05/09 1 87/05/15
IS THIS LOVE WHITESNAKE 1 87/12/19 3 87/12/26 2 87/12/11
I DON'T WANT TO GO ON WITH YOU LIKE THAT ELTON JOHN 1 88/08/27 2 88/08/27 1 88/08/19
ON OUR OWN BOBBY BROWN 3 89/08/05 3 89/08/05 2 89/08/04
HEAVEN WARRANT 2 89/09/23 2 89/09/23 2 89/09/15
I WANNA BE RICH CALLOWAY 1 90/05/05 1 90/05/12 1 90/04/27
I WANNA SEX YOU UP COLOR ME BADD 4 91/06/08 2 91/06/22 3 91/06/14
EVERY HEARTBEAT AMY GRANT 1 91/08/17 4 91/08/10 2 91/08/09
BABY-BABY-BABY TLC 6 92/08/15 3 92/09/12 4 92/07/31

※数字は2位週数を示す。

 3誌中2誌で№2を記録したのは64曲。うち、両誌で3週以上2位を維持した曲は14曲ですが、92年から96年にかけ9曲と集中しています。14曲中1曲がBBで、4曲がCBで、7曲がRRで2位の座を逃しています。
 正真正銘の「悲劇の№2ソング」を逃した14曲のうち、1位まで上り詰めた曲は6曲。一方、3位で止まったものは6曲とほぼ均一なヒット状況を示していますが、RRで2位を逃した"RED LIGHT SPECIAL"-TLC
"ONE MORE CHANCE"-NOTORIOUS B.I.G.の2曲はともにTOP10にすらエントリーすることができないという偏ったヒット状況となっています。

2誌ともに3週以上2位
Title Artist Year BB CB RR
DON'T TALK TO STRANGER RICK SPRINGFIELD 1982 4 3 1(5)
SAY IT ISN'T SO DARYL HALL & JOHN OATES 1983 4 3 3
PARTY ALL THE TIME EDDIE MURPHY 1985 3 3 3
CASUING A COMMOTION MADONNA 1987 3 3 3
DON'T WANNA FALL IN LOVE JANE CHILD 1990 3 3 1(2)
SOMETIMES LOVE JUST AIN'T ENOUGH PATTY SMYTH WITH DON HENLEY 1992 6 6 1(3)
IF I EVER FALL IN LOVE SHAI 1992 8 8 3
ALL THAT SHE WANTS ACE OF BASE 1993 3 3 5
I'LL REMEMBER MADONNA 1994 4 4 1(4)
ALL I WANNA DO SHERYL CROW 1994 6 5 1(6)
RED LIGHT SPECIAL TLC 1995 3 3 14
ONE MORE CHANCE NOTORIOUS B.I.G. 1995 3 3 -
RUNAWAY JANET JACKSON 1995 3 11 6
IT'S ALL COMING BACK TO ME NOW CELINE DION 1996 5 1(2) 7

※数字は2位週数を示す。


 BB、CB、RRが同時に存在した1982年4月から1996年11月の間、BBで5週以上の長期間2位に止まったのは9曲。既出を除く4曲はいずれも他誌で1位を獲得。特に"I LOVE YOU ALWAYS FOREVER"-DONNA LEWISはCBで8週、RRでは実に12週間にもわたり1位を獲得するなど、歴史に残る№1ソングとなっています。
 一方、"WHOOMP! (THERE IT IS)"-TAG TEAMはCBこそ2週2位を記録していますが、RRでは20位まで上昇するのが精一杯という有様。93年以降のRRのヒット傾向が如実に示される結果となっています。

BBで5週以上№2だった曲(既出曲除く)の他誌での最高位
Title Artist Date Weeks CB RR
I LOVE YOU ALWAYS FOREVER DONNA LEWIS 1996/8/24 9 1(8) 1(12)
WHOOMP! (THERE IT IS) TAG TEAM 1993/7/31 7 1 20
ROSANNA TOTO 1982/7/3 5 2 1(4)
ELECTRIC AVENUE EDDY GRANT 1983/7/2 5 1(1) 2

※数字は2位週数を示す。


「悲劇の」#2ソング(1973年-1982年編)

 「悲劇の#2ソング」と言えば、"WAITING FOR A GIRL LIKE YOU"-FOREIGNER(81-82年)がその代名詞として長く語り継がれておりますが、同曲はRadio & Records誌で6週間にもわたり#1を記録しており、巷間伝えられるイメージとは大きく異なっています。
 「悲劇の」という形容を付すならば、全米チャート全てで2位に甘んじた曲こそ、その称号に相応しいと思います。
 全米四大誌(Billboard(以下「BB」・1890年創刊)、Cashbox(以下「CB」・1942年創刊)、Record World誌(以下「RW」・1964年創刊)、Radio & Records誌(以下「RR」・1973年創刊)が同時に存在した期間は、RR創刊からRW廃刊までの10年足らず(1973年9月28日付から 1982年4月10日付までの446週間)ですが、この間に各誌で最高位2位を記録したのは、BB59曲、CB、RWともに36曲、RR88曲。RRが突出しているのが目を引きます。
 この期間、4誌全てで2位とまりだった正真正銘の「悲劇の#2ソング」は、僅か2曲を数えるに過ぎません。同時期、4誌全てで№1を獲得した「四冠王=真の全米#1シングル」が105曲を数えるのに対し、あまりにも対照的です。4誌中3誌で№2を記録した曲も11曲、2誌に範囲を広げても25曲です。いかに最高位2位というポジションが微妙な位置かということが分かる結果となっています。

 
正真正銘の「悲劇の#2ソング」(4誌全てで#2)
タイトル/アーティスト 誌名,#2週数,日付 1位のタイトルと週数
KEEP IT COMIN' LOVE/
K.C. & THE SUNSHINE BAND
BB
3Wks(77/10/01)
STAR WARS/CANTINA BAND- MECO(1)
YOU LIGHT UP MY LIFE-DEBBY BOONE(2)
CB
2Wks(77/10/08)
YOU LIGHT UP MY LIFE-DEBBY BOONE(2)
RW
3Wks(77/10/08)
STAR WARS/CANTINA BAND- MECO(1)
YOU LIGHT UP MY LIFE-DEBBY BOONE(1)
RR
2Wks(77/09/16)
DON'T STOP-FLEETWOOD MAC(1)
STAR WARS/CANTINA BAND- MECO(1)
FIRE/
POINTER SISTERS
BB
2Wks(79/02/24)
DA YA THINK I'M SEXY?-ROD STEWART(2)
I WILL SURVIVE-GLORIA GAYNOR(1)
CB
2Wks(79/02/17)
DA YA THINK I'M SEXY?-ROD STEWART(2)
RW
2Wks(79/02/17)
DA YA THINK I'M SEXY?-ROD STEWART(2)
RR
3Wks(79/02/02)
DA YA THINK I'M SEXY?-ROD STEWART(3)

 
 4誌中3誌で#2を記録した11曲中、残る1誌で1位に輝いた曲は4曲。少なくともこの4曲については、「悲劇の」という冠は不必要ではないかと思われます。

 なお、RWが11曲全て2位に絡んでいるのに対し、RRでは1位獲得曲2曲を輩出する一方、5位止まりも2曲あるなど他誌とは一線を画す結果となっているのが特徴的であります。

3誌で#2
Title Artist Year BB CB RW RR
RAMBLIN' MAN ALLMAN BROTHERS BAND 1973 1 1(1) 1 1
LYIN' EYES EAGLES 1975 2 3 1 3
WILDFIRE MICHAEL MURPHY 1975 3 1 2 2
NOBODY DOES IT BETTER CARLY SIMON 1977 3 4 1 1(1)
DON'T IT MAKE MY BROWN EYES BLUE CRYSTAL GAYLE 1977 3 1(2) 2 2
BOOGIE NIGHTS HEATWAVE 1977 2 1 5 3
CAN'T SMILE WITHOUT YOU BARRY MANILOW 1978 3 4 4 2
THE CLOSER I GET TO YOU ROBERTA FLACK & DONNY HATHAWAY 1978 2 1 1 3
WAITING FOR A GIRL LIKE YOU FOREIGNER 1981 10 6 7 1(6)
QUEEN OF HEARTS JUICE NEWTON 1981 2 3 5 5
WE GOT THE BEAT GO-GO'S 1982 3 3 1 5

※数字は2位週数を示す。
※"WE GOT THE BEAT"は2位継続中にRWが廃刊。

 
 1973年9月28日付から1982年4月10日付までの間、BBで4週以上2位に止まったのは6曲。"WAITING FOR A GIRL LIKE YOU"を除く5曲の他誌における最高位を見てみると、複数誌で№1を獲得した曲が、3曲も存在します。特に、"WAITING FOR A ..."に次ぐ、「悲劇ソング」に数えられていた"OPEN ARMS"(6週連続2位)は、他誌では全て1位を獲得。特にRR誌においては、当時の最長記録となる7週#1を記録するなど、「悲劇」どころか、RR誌を代表する快心の大ヒット曲となっております。
 いかにBB偏重であったかを雄弁に物語っているではありませんか。

BBで4週以上#2だった曲の他誌での最高位("WAITING FOR A GIRL LIKE YOU"を除く)
Title Artist Date Weeks CB RW RR
BAKER STREET GERRY RAFFERTY 1978/6/24 6 1(2) 4 1(4)
OPEN ARMS JOURNEY 1982/2/27 6 1(1) 1(1) 1(7)
MORE THAN I CAN SAY LEO SAYER 1980/12/6 5 3 3 2
RIDE LIKE THE WIND CHRISTOPHER CROSS 1980/4/26 4 3 3 2
ALL OUT OF LOVE AIR SUPPLY 1980/9/13 4 2 1(2) 1(2)

 



「悲劇の」#2ソング(1964年-1973年編)

 「悲劇の№2ソング」と言えば、"WAITING FOR A GIRL LIKE YOU"-FOREIGNER(81-82年)がその代名詞として長く語り継がれておりますが、同曲はRadio & Records誌で6週間にもわたり№1を記録しており、巷間伝えられるイメージとは大きく異なっています。
 「悲劇の」という形容を付すならば、全米チャート全てで2位に甘んじた曲こそ、その称号に相応しいと思います。
 戦前から続く全米ニ大誌(Billboard(以下「BB」・1890年創刊)、Cashbox(以下「CB」・1942年創刊)にRecord World誌(以下「RW」)が割って入ったのは、1964年4月18日付けから。以降1973年9月28日付で最後発のRadio & Records誌(以下「RR」)が参入するまでの約9年半(493週間)は、まさに「ポップス全盛期」に相応しい時代でした。

 この間に三大誌で最高位2位を記録したのは、BB110曲、CB80曲、RW107曲。この三大誌隆盛期、3誌全てで2位とまりだった正真正銘の「悲劇の№2ソング」は18曲。RWが82年4月に「リング・アウト(廃刊)」して以降、RRを加えた「ニュー御三家」時代が続く96年11月までの762週間での「悲劇の№2ソング」が11曲ですので、かなり希少性が低い、といっても良いでしょう。


正真正銘の「悲劇の№2ソング」(3誌全てで№2)
Title Artist BB CB RW
Weeks Date Weeks Date Weeks Date
BANG BANG (MY BABY SHOT ME DOWN) CHER 1 66/04/23 2 66/04/16 2 66/04/23
RAINY DAY WOMEN # 12 & 35 BOB DYLAN 1 66/05/21 1 66/05/21 1 66/05/21
DEDICATED TO THE ONE I LOVE MAMAS & THE PAPAS 3 67/03/25 2 67/04/01 2 67/04/01
I WAS MADE TO LOVE HER STEVIE WONDER 2 67/07/29 1 67/08/05 1 67/08/05
REFLECTIONS DIANA ROSS & THE SUPREMES 2 67/09/09 1 67/09/09 2 67/09/09
CRY LIKE A BABY BOX TOPS 2 68/04/27 1 68/05/04 3 68/04/27
MACARTHUR PARK RICHARD HARRIS 1 68/06/22 1 68/06/29 4 68/06/15
BORN TO BE WILD STEPPENWOLF 3 68/08/24 3 68/08/24 3 68/08/31
FIRE CRAZY WORLD OF ARTHUR BROWN 1 68/10/19 2 68/10/19 2 68/10/19
YOU'VE MADE ME SO VERY HAPPY BLOOD, SWEAT & TEARS 3 69/04/12 1 69/04/19 2 69/04/19
IT'S YOUR THING ISLEY BROTHERS 1 69/05/03 1 69/05/10 2 69/05/10
LOVE (CAN MAKE YOU HAPPY) MERCY 2 69/05/31 3 69/05/24 2 69/05/31
HEY THERE LONELY GIRL EDDIE HOLMAN 1 70/02/21 3 70/02/21 2 70/02/21
WHICH WAY YOU GOIN' BILLY? POPPY FAMILY (FEATURING SUSAN JACKS) 2 70/06/06 2 70/06/13 1 70/06/20
ONE LESS BELL TO ANSWER FIFTH DIMENSION 2 70/12/26 1 70/12/26 2 70/12/26
RAINY DAYS AND MONDAYS CARPENTERS 2 71/06/19 1 71/06/26 1 71/07/03
DANIEL ELTON JOHN 1 73/06/02 2 73/06/09 2 73/06/09
PLAYGROUND IN MY MIND CLINT HOLMES 2 73/06/16 1 73/06/30 3 73/06/23


 3誌中2誌で№2を記録したのは58曲ですが、2誌で3週以上2位を維持した曲は、4曲とその数は大きく減ります。この間、最も長く2位を維持したのは3誌とも4週が最高で、他の年代に比べヒットサイクルが非常に短くなっていることが分かります。

2誌ともに3週以上2位
Title Artist BB CB RW
Weeks Date Weeks Date Weeks Date
SNOOPY VS. THE RED BARON ROYAL GUARDSMEN 4 66/12/31 4 67/01/07 1(1)
SPINNING WHEEL BLOOD, SWEAT & TEARS 3 69/07/05 3(2) 3 69/07/12
WHAT'S GOING ON MARVIN GAYE 3 71/04/10 1(1) 3 71/04/10
NEVER CAN SAY GOODBYE JACKSON FIVE 3 71/05/08 1(1) 3 71/05/10

 

BillboardとCashboxで大きくニューエントリーの順位が異なったシングル(1980年代編)

[4]BB誌-CB誌ニューエントリーで大きく差がついたシングル10傑(80年代・BB上位)
35 43-78 1982/12/25 1982/12/25 STRAY CAT STRUT - STRAY CATS
28 42-70 1989/01/21 1989/01/21 LOST IN YOUR EYES - DEBBIE GIBSON
28 49-77 1984/08/25 1984/08/18 LUCKY STAR - MADONNA
23 50-73 1983/12/17 1983/12/17 MIDDLE OF THE ROAD - PRETENDERS
22 36-58 1983/02/05 1983/02/05 SEPARATE WAYS - JOURNEY
19 49-68 1989/11/11 1989/11/11 RHYTHM NATION - JANET JACKSON
18 43-61 1983/04/30 1983/04/30 FAMILY MAN - DARYL HALL & JOHN OATES
18 42-60 1989/09/02 1989/09/02 MISS YOU MUCH - JANET JACKSON
18 37-55 1989/08/19 1989/08/19 CHERISH - MADONNA
18 47-65 1983/01/22 1983/01/22 BILLIE JEAN - MICHAEL JACKSON

[5]BB誌-CB誌ニューエントリーで大きく差がついたシングル10傑(80年代・CB上位)

26 61-35 1984/01/07 1984/01/14 WRAPPED AROUND YOUR FINGER - POLICE
24 47-23 1985/03/16 1985/03/16 THAT WAS YESTERDAY - FOREIGNER
24 65-41 1980/11/29 1980/11/29 HEY NINETEEN - STEELY DAN
21 70-49 1981/12/05 1981/12/05 WAITING ON A FRIEND - ROLLING STONES
20 55-35 1985/03/16 1985/03/16 SOME THINGS ARE BETTER LEFT UNSAID - DARYL HALL & JOHN OATES
20 64-44 1985/03/16 1985/03/16 DON'T COME AROUND HERE NO MORE - TOM PETTY & HEARTBREAKERS
19 57-38 1985/03/16 1985/03/16 SOME LIKE IT HOT - POWER STATION
18 66-48 1985/11/16 1985/11/16 TALK TO ME - STEVIE NICKS
16 65-49 1980/02/23 1980/02/23 FIRE LAKE - BOB SEGER
16 60-44 1985/03/23 1985/03/23 EVERYTHING SHE WANTS - WHAM!

※左から、BB-CBランク差、BB、CBニューエントリー順位、BB、CBニューエントリー日付

1980年代で両者が乖離した10傑をご紹介しましょう。[
CB誌でのTHAT WAS YESTERDAY - FOREIGNER(NE23位)、WRAPPED AROUND YOUR FINGER(NE35位)は驚き。
THAT WAS YESTERDAYは、ファーストシングルのI WANT TO KNOW WHAT LOVE IS(NE39位)より、WRAPPED AROUND YOUR FINGERは、セカンドシングルのKING OF PAIN(NE40位)より、それぞれ上位でニューエントリーしてたんですね。


BillboardとCashboxで大きくニューエントリーの順位が異なったシングル

 タイトルどおり、Billboard(BB)とCashbox(CB)の両誌でニューエントリー順位(最初にチャートインしたときの順位)に大きな差が見られたシングルをピックアップしました。
 対象期間は、Cashboxが100位まで発表されるようになった1958年9月から廃刊した1996年11月まで。両誌いずれかで50位以内にニューエントリーした作品(Cashbox427作、Billboard509作)が対象です。

[1]BB誌-CB誌ニューエントリーで大きく差がついたシングル10傑(BB上位)

66 15-81 1991/03/02 1991/01/19 RESCUE ME - MADONNA
64 20-84 1995/06/17 1995/06/10 FREAK'N YOU - JODECI
60 30-90 1994/05/28 1994/05/21 ANY TIME, ANY PLACE/AND ON AND ON - JANET JACKSON
60 23-83 1995/06/24 1995/06/10 HOLD ME, THRILL ME, KISS ME - U2
59 40-99 1960/12/12 1960/12/10 ANGEL BABY - ROSIE & THE ORIGINALS
58 34-92 1996/08/31 1996/08/24 IF YOUR GIRL ONLY KNEW - AALIYAH
57 35-92 1996/03/09 1996/03/09 CLOSER TO FREE - BODEANS
57 33-90 1996/02/17 1995/12/16 DON'T CRY - SEAL
55 37-92 1995/09/09 1995/08/19 BROKENHEARTED - BRANDY
55 24-79 1992/09/26 1992/09/05 FOREVER LOVE - COLOR ME BADD
※左から、BB-CBランク差、BB、CBニューエントリー順位、BB、CBニューエントリー日付(以下、同じ)

 ANGEL BABYを除き、10曲中9曲が90年代の作品。90年代に入るとCB誌は休刊がちになるとともに、BB誌はセールス偏重の集計方式への移行により、上位初登場曲が激増し、80年代とは一転、両者に大きな差が見られるようになりました。

[2]BB誌TOP10ニューエントリー、CB誌TOP40圏外ニューエントリー
49 *2-51 1996/05/11 1996/05/11 THA CROSSROADS - BONE THUGS-N-HARMONY
48 *7-55 1995/12/23 1995/12/30 I GOT ID/LONG ROAD - PEARL JAM
47 *5-52 1995/06/24 1995/06/24 ONE MORE CHANCE - NOTORIOUS B.I.G.
44 *4-48 1995/11/18 1995/10/28 YOU REMIND ME OF SOMETHING - R. KELLY
42 *7-49 1996/06/08 1996/06/08 YOU'RE MAKIN' ME HIGH/LET IT FLOW - TONI BRAXTON
41 10-51 1969/05/10 1969/05/03 GET BACK - BEATLES
40 *7-47 1996/02/24 1996/02/17 JESUS TO A CHILD - GEORGE MICHAEL
 BB誌でいきなりTOP10にニューエントリーしたものの、CB誌ではTOP40圏外で初登場、は上記7作。こちらもGET BACKも除き、95-96年に集中。

[3]BB誌-CB誌ニューエントリーで大きく差がついたシングル10傑(CB上位)
62 91-29 1959/03/02 1959/03/07 IT'S LATE-RICKY NELSON
53 79-26 1965/12/25 1965/12/25 AS TEARS GO BY-ROLLING STONES
53 88-35 1967/05/13 1967/05/20 SHE'D RATHER BE WITH ME-TURTLES
51 96-45 1970/02/14 1970/02/14 KENTUCKY RAIN-ELVIS PRESLEY
51 95-44 1970/01/17 1970/01/17 PSYCHEDELIC SHACK-TEMPTATIONS
49 99-50 1959/03/30 1959/04/04 YEP!-DUANE EDDY & REBELS
46 83-37 1967/02/25 1967/02/25 STRAWBERRY FIELDS FOREVER-BEATLES
44 91-47 1971/02/20 1971/02/20 YOU'RE ALL I NEED TO GET BY-ARETHA FRANKLIN
44 71-27 1967/07/22 1967/07/29 ALL YOU NEED IS LOVE-BEATLES
42 90-48 1969/02/08 1969/02/08 HEAVEN-RASCALS

 [1]の反対で、CB誌が上位でBB誌が振るわず、大差がついた10傑。こちらは[1]とは対照的に10作全てが71年以前の作品。

CASH BOX - THE 100 BIGGEST TOP 100 HITS(1958-1996)- 

 Cashbox誌のAll-timeチャートを詳細にご紹介。
 Officialページに掲載されており、Compilerは私が尊敬するRandy Price。
 おそらくBillboardがHOT100誕生50周年を記念したAll-Timeチャートを発表したのに因んで(対抗して?)作成したのでしょう。
 期間は1958年から廃刊する1996年まで。スタートを1958年に据えたのは、BillboardのAll-Timeチャートに対抗したことと、この年からTOP100の発表がスタートしたことなどと思われます。
 集計法は明らかにされていませんが、時代によりチャート滞在の長短などによる有利不利を解消するため、集計ポイントの調整がなされているのも、Billboardと同じ。
 それではTOP100を見て気付いた点を列挙してみます。
6週以上№1を獲得しながらALL-TIME100から漏れたシングルは12作ありますが、うち7作が90年代の作品です。

■6週以上№1を獲得しながらALL-TIME100から漏れたシングル
Peak Date 100 40 10 5 3 #2 #1 Title Artist
1995/02/18 32 24 13 12 11 1 8 TAKE A BOW MADONNA
1995/07/08 36 26 11 9 7 0 7 WATERFALLS TLC
1996/05/25 23 15 11 10 9 1 7 THE CROSSROADS BONE THUGS-N-HARMONY
1995/04/15 39 28 18 8 8 1 6 I KNOW DIONNE FARRIS
1994/05/28 34 27 13 12 10 1 6 I SWEAR ALL 4 ONE
1993/11/06 29 21 15 9 8 2 6 I'D DO ANTHING FOR LOVE MEAT LOAF
1983/03/12 27 19 13 10 8 1 6 BILLIE JEAN MICHAEL JACKSON
1991/08/03 25 17 9 9 9 1 6 (EVERYTHING I DO)I DO IT FOR YOU BRYAN ADAMS
1982/05/15 20 17 14 10 10 3 6 EBONY & IVORY PAUL MCCARTNEY & STEVIE WONDER
1958/08/23 20 17 12 11 11 3 6 NEL BLU DIPINTO DI BLU (VOLARE) DOMENICO MODUGNO/DEAN MARTIN
1960/10/15 17 14 9 7 6 0 6 SAVE THE LAST DANCE FOR ME DRIFTERS
1962/09/08 16 12 9 8 7 1 6 SHERRY 4 SEASONS

80年代では、"BILLIE JEAN"と"EBONY & IVORY"(ともに6週1位)がランク入りを逃しています。
参考までに80年から83年に上記2作とほぼ同じ程度のヒット規模をもち、ALL-TIMEチャートにランクされた作品と"BILLIE JEAN"、"EBONY & IVORY"のチャートイン状況は以下のとおり。
Peak Date 総合
順位
100 40 10 5 3 #2 #1 Title Artist
1983/05/28 25 31 24 16 13 10 0 6 FLASHDANCE...WHAT A FEELING IRENE CARA
1982/01/30 33 28 22 14 11 10 1 6 CENTERFOLD J. GEILS BAND
1982/08/28 50 28 21 13 12 10 5 5 ABRACADABRA STEVE MILLER BAND
1983/01/22 61 28 21 14 9 7 2 5 DOWN UNDER MEN AT WORK
1982/12/18 73 24 21 14 12 9 3 5 MANEATER DARYL HALL & JOHN OATES
1981/05/30 76 27 21 14 12 9 4 5 BETTE DAVIS EYES KIM CARNES
1983/03/12 - 27 19 13 10 8 1 6 BILLIE JEAN MICHAEL JACKSON
1982/05/15 - 20 17 14 10 10 3 6 EBONY & IVORY PAUL MCCARTNEY & STEVIE WONDER

"EBONY & IVORY"はTOP100滞在が20週と比較的短期でしたので、致し方ないとしても(ギリギリ落選?)、
"BILLIE JEAN"は同時期のヒット作"DOWN UNDER"や"MANEATER"と比較しても遜色なく、落選の理由がイマイチ
分かりません。

 一方、「ええっ、このチャートイン状況でTOP100入り?」の代表格が"WE ARE THE WORLD"。
これも同時期(1984年-1985年)に同規模のヒット状況を記録した作品と比較してみました。
Peak Date 総合
順位
100 40 10 5 3 #2 #1 Title Artist
1985/12/21 47 24 17 11 9 8 2 5 SAY YOU, SAY ME LIONEL RICHIE
1985/04/13 84 19 15 11 9 8 2 5 WE ARE THE WORLD USA FOR AFRICA
1985/09/21 91 28 17 12 9 7 3 4 MONEY FOR NOTHING DIRE STRAITS
選から漏れた同規模作品
1984/12/29 21 15 10 9 7 2 5 LIKE A VIRGIN MADONNA
1984/07/14 22 16 11 10 9 4 4 WHEN DOVES CRY PRINCE

 うーん、こうして見るとそんなにおかしくもないのかな、という感じがしてきました(オイオイ)。
どうやら80年代は、1983年と1984年の間にポイント調整の線引きがされているようですね。

 さて、こちらも参考ですが、年間チャートの1位に輝いたシングルがALL-TIME100から漏れたのは14作(1966年は年間1位が2作)。
70年代中盤と80年代後半、さらにCB廃刊間際に年間1位を獲得したシングルが落選しています。

■年間チャートの1位に輝きながらALL-TIME100から漏れたシングル
Peak Date 100 40 10 5 3 #2 #1 最高位 Title Artist
1965/06/05 1965 11 9 6 3 2 0 1 1 BACK IN MY ARMS AGAIN SUPREMES
1966/03/12 1966 19 14 7 4 0 0 0 4 CALIFORNIA DREAMIN' MAMAS & THE PAPAS
1970/05/02 1970 17 12 9 8 4 3 2 1 SPIRIT IN THE SKY NORMAN GREENBAUM
1974/01/26 1974 22 16 8 5 3 1 1 1 SHOW AND TELL AL WILSON
1975/06/28 1975 21 17 5 4 4 2 2 1 LOVE WILL KEEP US TOGETHER CAPTAIN & TENNILLE
1976/04/10 1976 19 15 8 6 4 2 2 1 DISCO LADY JOHNNIE TAYLOR
1984/07/14 1984 22 16 11 10 9 4 4 1 WHEN DOVES CRY PRINCE
1986/08/30 1986 22 17 9 8 7 2 2 1 HIGHER LOVE STEVE WINWOOD
1987/06/20 1987 23 15 8 7 4 2 2 1 HEAD TO TOE LISA LISA & CULT JAM
1988/09/10 1988 22 13 10 7 5 1 3 1 SWEET CHILD O' MINE GUNS N' ROSES
1989/04/22 1989 19 13 8 7 5 0 3 1 LIKE A PRAYER MADONNA
1990/05/19 1990 21 14 8 6 6 1 3 1 VOGUE MADONNA
1994/07/09 1994 39 29 18 11 10 4 3 1 DON'T TURN AROUND ACE OF BASE
1995/08/26 1995 39 31 17 14 5 4 1 1 KISS FROM A ROSE SEAL


全米四大チャート№1シングル記録集-2- 四大チャートのうち三誌で№1に輝いた作品

その1 より続く

 Billboard(以下「BB」・1890年創刊)、Cashbox(以下「CB」・1942年創刊)の戦前からの二大誌に続き、1964年4月18日付でRecord World誌(以下「RW」)が、73年9月28日付からRadio & Records誌(以下「RR」)が最初のチャートを発表し、70年代を迎えアメリカの「四大チャート」が揃い踏みを果たすことになります(BB、CB、RWは土曜日、RRは金曜日にチャートを発行)。
 全米四大誌が同時に存在した期間は、RR創刊からRW廃刊までの10年足らず(446週間)でありますが、この間に306作の№1シングルが誕生しています。
 306作の№1の組み合わせは次のとおり。

四誌全てで№1…105作
三誌で№1…87作(対象期間内+1)
二誌で№1…41作
一誌のみの№1…72作

 
 四誌のうち三誌で№1を獲得した作品(というより、惜しくも「真の全米№1」を逃した作品)は前述のとおり87作ありますが、うち74作がRRで№1を獲得できないというケースで占められています。詳しく見てみると...。
 
①RRで1位を逃したケース(BB-CB-RWで1位)…74作
 74作中15作が三誌で№1にも拘わらずRRでは5位以下、さらに下記の3作が10位以下というギャップを見せています。
"BEFORE THE NEXT TEARDROP FALLS"-FREDDY FENDER RR#13
"GOT TO GIVE IT UP (PT. 1)"-MARVIN GAYE RR#11
"LOVE MACHINE (PT. 1)"-MIRACLES RR#11
(三誌ではいずれも1週のみの№1)

 また三誌でともに5週以上の長期間1位を維持した一方、RRで1位を獲得できなかったのは、
"CENTERFOLD"-J. GEILS BAND (BB6週、 CB6週、 RW5週) RR#2
"PHYSICAL"-OLIVIA NEWTON-JOHN  (BB10週、 CB9週、 RW9週) RR#2
の2作。特に"PHYSICAL"は81-82年かけて全米チャートを席巻しただけに、RRチャートの特異性が顕著となっています。

②BBで1位を逃したケース(CB-RW-RRで1位)…6作
"THE ROSE"-BETTE MIDLER #3
"SAIL ON"-COMMODORES #4
"GOODBYE YELLOW BRICK ROAD"-ELTON JOHN #2
"DREAM WEAVER "-GARY WRIGHT #2
"THEME FROM 'GREATEST AMERICAN HERO'"-JOEY SCARBURY #2
"BEING WITH YOU"-SMOKEY ROBINSON #2

 いずれも我が国では「名曲」として知られるヒット曲。これら6曲に「惜しくも全米№1を逃した名曲」との枕詞を付す人がいたら、BBに毒されている証拠です(笑)

③CBで1位を逃したケース(BB-RW-RRで1位)…3作
 このケースは以下の三作。
"SISTER GOLDEN HAIR"-AMERICA #2
"TOO MUCH HEAVEN"-BEE GEES #2
"BLACK WATER"-DOOBIE BROTHERS #3
 
 なお、対象期間内に限定すると、"WE'RE AN AMERICAN BAND "-GRAND FUNK RAILROADもこのケースに当てはまります(同作は四大誌が出揃う1週前73年9月22日にCBで1位を獲得)。

④RWで1位を逃したケース(BB-CB-RRで1位)…4作
 
"HOW DEEP IS YOUR LOVE "-BEE GEES #2
"BABY COME BACK"-PLAYER #2
"MISS YOU"-ROLLING STONES #3
"IF I CAN'T HAVE YOU"-YVONNE ELLIMAN #2
 
 「権威ある」BB-CB、「難関の」RRで1位を獲得しながら、「ダークホース」RWで躓くというある意味、最も惜しいケース。そのメンツも豪華です。この4曲は、「真の全米№1」に準ずる、といっても過言ではないでしょう。

※対象期間:1973年9月29日付~82年4月10日付(RR誌の日付は-1日)

惜しい!~全米三大誌(Billboard、Cashbox、Record World)全ての最高位が41位~45位だったシングル

全米三大誌(Billboard、Cashbox、Record World)全ての最高位が41位~45位以下だったシングル

1964/08/29 41 41 43 HEY GIRL, DON'T BOTHER ME - TAMS
1964/11/14 41 43 45 I HAD A TALK WITH MY MAN - MITTY COLLIER
1965/02/20 43 42 45 WHOSE HEART ARE YOU BREAKING TONIGHT? - CONNIE FRANCIS
1966/01/29 41 42 41 MICHAEL - C.O.D.'S
1967/08/19 45 44 44 RIVER IS WIDE - FORUM
1968/05/25 44 41 41 WEAR IT ON OUR FACE - DELLS
1968/08/31 45 43 43 AND SUDDENLY - CHERRY PEOPLE
1968/11/30 43 44 42 NOT ENOUGH INDIANS - DEAN MARTIN
1969/02/01 41 43 41 SOUL SISTER, BROWN SUGAR - SAM & DAVE
1970/03/07 45 42 45 GOOD GUYS ONLY WIN IN THE MOVIES - MEL & TIM
1973/10/27 42 45 45 SUCH A NIGHT - DR. JOHN
1974/05/25 42 41 42 CHAMELEON - HERBIE HANCOCK
1975/05/17 42 42 41 EASE ON DOWN THE ROAD - CONSUMER RAPPORT
1976/01/24 42 44 42 YESTERDAY'S HERO - JOHN PAUL YOUNG
1977/07/16 41 43 44 I DON'T LOVE YOU ANYMORE - TEDDY PENDERGRASS
1978/05/06 45 45 41 MAKE YOU FEEL LOVE AGAIN - WET WILLIE
1979/01/27 42 44 43 I DON'T WANNA' LOSE YOU - DARYL HALL & JOHN OATES
1980/10/18 44 42 45 LET ME TALK - EARTH, WIND & FIRE
1981/08/08 41 43 43 NIGHTWALKER - GINO VANNELLI
※左から、BB最高位日付、BB,CB,RW各誌最高位

三大誌全てで「41位止まり」の作品がないのがチト惜しい。

全米四大チャート #1シングル記録集-1-

 Billboard(以下「BB」・1890年創刊)、Cashbox(以下「CB」・1942年創刊)の戦前からの二大誌に続き、1964年4月18日付でRecord World誌(以下「RW」)が、73年9月28日付からRadio & Records誌(以下「RR」)が最初のチャートを発表し、70年代を迎えアメリカの「四大チャート」が揃い踏みを果たすことになります(BB、CB、RWは土曜日、RRは金曜日にチャートを発行)。
 全米四大誌が同時に存在した期間は、RR創刊からRW廃刊までの10年足らず(446週間)でありますが、この間に306作の№1シングルが誕生しています。
 チャート誌別に№1作品数を見てみると、BB209作、CB250作、RW224作、RR154作となっており、特にCBとRRでは100作近くの差 (1作あたりの平均№1滞在週はCB1.8週に対し、RR2.9週)が見られます。これは、CBでは4週以上の長期№1が全体の1割に満たないのに対し、 RRでは1/3に上っている、逆に1週のみの№1がCB64.8%、RR23.4%となっており、RRは長期№1の傾向にあるということの表れでもあります。
四大誌№1比較表
  BB CB RW RR
№1作品数 209作 250作 224作 154作
最長№1週数 10週 9週 13週 8週
4週以上№1数 31作(14.8%) 24作(9.6%) 33作(14.7%) 48作(31.2%)
1週のみの№1数 106作(50.7%) 162作(64.8%) 136作(60.7%) 36作(23.4%)
※対象期間:1973年9月29日付~82年4月10日付(RR誌の日付は-1日)

 四誌が存続した446週間に四誌全てにおいて№1を獲得したシングルは105作。№1総数の1/3以上が「四冠王=真の全米№1シングル」の称号を得ています。
 105作のうち、四誌全てで5週以上の№1を記録した作品となると僅か6作に激減してしまいます。下記に四大誌で№1を獲得した週数が15週以上の作品を列挙しましたが、このクラスになるとさすがにチャート間での№1週数のバラつきは小さくなっています。

四大誌通算15週以上№1作品
Title Artists Year BB CB RW RR Total
YOU LIGHT UP MY LIFE DEBBY BOONE 1977 10 8 13 6 37
ENDLESS LOVE DIANA ROSS & LIONEL RICHIE 1981 9 9 9 5 32
NIGHT FEVER BEE GEES 1978 8 8 8 6 30
CALL ME BLONDIE 1980 6 7 6 6 25
SHADOW DANCING ANDY GIBB 1978 7 6 8 4 25
TONIGHT'S THE NIGHT (GONNA BE ALRIGHT) ROD STEWART 1976 8 5 6 5 24
BETTE DAVIS EYES KIM CARNES 1981 9 5 5 5 24
LE FREAK CHIC 1979 6 7 7 4 24
STAYIN' ALIVE BEE GEES 1978 4 4 6 6 20
DA YA THINK I'M SEXY? ROD STEWART 1979 4 5 5 6 20
LADY KENNY ROGERS 1980 6 4 5 5 20
MY SHARONA KNACK 1978 6 6 5 3 20
DON'T GO BREAKING MY HEART ELTON JOHN & KIKI DEE 1976 4 3 5 7 19
(JUST LIKE) STARTING OVER JOHN LENNON 1980 5 5 5 4 19
THREE TIMES A LADY COMMODORES 1978 2 4 5 6 17
SILLY LOVE SONGS PAUL McCARTNEY & WINGS 1976 5 2 4 6 17
REUNITED PEACHES & HERB 1979 4 4 4 4 16
LOVE WILL KEEP US TOGETHER CAPTAIN & TENNILLE 1975 4 2 3 6 15
ESCAPE (THE PINA COLADA SONG) RUPERT HOLMES 1979 3 3 4 5 15
ANOTHER BRICK IN THE WALL(PART II) PINK FLOYD 1980 4 3 5 3 15
I JUST WANT TO BE YOUR EVERYTHING ANDY GIBB 1977 4 3 5 3 15
※対象期間:1973年9月29日付~82年4月10日付(RR誌の日付は-1日)

Cashboxにエントリーせず、Billboardにエントリーしたシングル(1980's編)

 前回の裏返しで、1980年代、BB誌のみにエントリーしたシングル。
Cashboxにエントリーせず、Billboardのみエントリーしたシングルは、429作。
 その逆が46作ですので9倍以上の開きが見られます。
 "BBでもっとも高位ながらCBにエントリーせず"はIN MY EYES-STEVIE B(BB37位)。
 このほか、NOTHIN' TO HIDE-POCO(BB39位)、I WANT YOU-SHANA(BB40位)もBBではTOP40ヒットとなりながら、CBにエントリーすることはできませんでした。
 いずれも1989年の作品で、さらに上位10傑(12作)中、1989年の作品は7作と半数以上を占めています(1982年の作品は3作)。
1980年代も終わりに差し掛かり、BBとCBとの乖離が大きくなっていくことが分かるようで興味深いものがあります。

1980年代、BB誌のみにエントリーしたシングル(BBランク上位10傑)
37 1989/05/27 IN MY EYES-STEVIE B
39 1989/12/02 NOTHIN' TO HIDE-POCO
40 1989/10/07 I WANT YOU-SHANA
48 1982/12/04 AFTER I CRY TONIGHT-LANIER & COMPANY
50 1989/10/21 FRENCH KISS-LIL LOUIS
51 1989/08/05 GYPSY ROAD-CINDERELLA
55 1982/12/11 PAPA WAS A ROLLING STONE-BILL WOLFER
57 1982/12/25 ARE YOU SERIOUS-TYRONE DAVIS
58 1989/11/04 ITHINK I CAN BEAT MIKE TYSON-D.J. JAZZY JEFF & FRESH PRINCE
58 1980/12/20 SKATEAWAY-DIRE STRAITS
58 1989/05/27 JOY & PAIN-ROB BASE & DJ E-Z ROCK
58 1988/09/17 NEVER LET YOU GO-SWEET SENSATION

Billboard HOT100にエントリーせず、CashboxTOP100にエントリーしたシングル(1980's編)

BB-CB比較第三弾は、Cashboxのみにエントリーしたシングルです。
 1980年代、Billboard HOT100にエントリーせず、CashboxTOP100にエントリーしたシングルは46作。
 Cashboxでもっとも高位でありながら、BillboardにエントリーできなったのはAMERICAN DREAM-CROSBY, STILLS, NASH & YOUNGの59位。
 これに次ぐのがMY SONG-GLASS TIGER(CB71位)。この2作を含めCB70位台以内でBBにエントリーできなかった作品は10作でした。

CB70位台以内ながらBillboard HOT100にエントリーできなかったシングル
59 1988/12/17 AMERICAN DREAM-CROSBY, STILLS, NASH & YOUNG
71 1988/12/10 MY SONG-GLASS TIGER
72 1989/03/04 I CRY MYSELF TO SLEEP AT NIGHT-ROMEO'S DAUGHTER
73 1989/02/18 SING-MICKEY THOMAS
74 1983/04/23 DER KOMMISSAR-FALCO
75 1988/12/31 THE LOVE YOU TAKE-DAN HARTMAN & DENISE LOPEZ
76 1981/09/19 EASY TO LOVE AGAIN-CAROLE BAYER SAGER
76 1989/05/06 ALL THIS I SHOULD HAVE KNOWN-BREATHE
76 1989/06/17 EVERYTHING COUNTS-DEPECHE MODE
77 1982/08/28 LOVE ACTION (I BELIEVE IN LOVE)-HUMAN LEAGUE

DER KOMMISSAR、EVERYTHING COUNTS、そしてLOVE ACTIONがとても新鮮です。

Billboardと Cashboxで大きく順位が異なったシングル(1980's編-2-)

 前回に引き続きBillboardとCashboxの全米二大チャートの最高位比べ第二弾。
 前回は、BB、CBいずれかでTOP20入りした1980年代の作品でしたが、今回の対象は1980年代の全てのチャートインシングル。
 もちろん、BillboardのBubbling Underチャートも対象です。

 1980年代、両チャート間の最高位が30ポジション以上離れたのは、25作。
うち21作がCashboxで振るわず、Billboardで健闘というもの。
bb_cb_gap_80s_2.jpg

 もっとも両誌の最高位で差がついたのは、COMING DOWN FROM LOVE-BOBBY CALDWELLの52ポジション。
 BB誌の最高位は42位とTOP40入り寸前まで上昇したのに対し、CB誌では94位。
 ちなみにRecord World誌の最高位は95位でCBとほぼ同じヒット規模。BBの過剰な最高位は何を意味しているのでしょうか?

COMING DOWN FROM LOVE-BOBBY CALDWELL
日付    CB BB
1980/04/19 97 89
1980/04/26 96 79
1980/05/03 95 69
1980/05/10 94 63
1980/05/17 --- 56
1980/05/24 --- 51
1980/05/31 --- 47
1980/06/07 --- 43
1980/06/14 --- 42
1980/06/21 --- 69

 一方がTOP40入りして、他方が下位の最大差はTHE CLAPPING SONG-PIA ZADORAの43ポジション差。
 BBでは既に前年にHOT100入り。順調にランクアップしてTOP40入りした週にCBではようやくTOP100にランクイン。
 まさかと思うが、エントリーし忘れたんじゃないだろうな、Cashboxさんよ(笑)
 さらにPIA ZADORAは、前年(1982年)にもI'M IN LOVE AGAINが、BB45位に対しCB79位と34ポジション差が付けられています。
 何か、恨みを買うようなことをしたのか知りたいところです。

THE CLAPPING SONG-PIA ZADORA
日付     CB BB
1982/12/11 ---  90
1982/12/18 ---  84
1982/12/25 ---  74
1983/01/01 ---  74
1983/01/08 ---  68
1983/01/15 ---  62
1983/01/22 ---  56
1983/01/29 ---  47
1983/02/05 ---  43
1983/02/12 87  38
1983/02/19 79  36
1983/02/26 79  36
1983/03/05 92  55
1983/03/12 ---  70
1983/03/19 --- 100

BillboardとCashboxで大きく順位が異なったシングル(1980's編)

BillboardとCashboxの全米二大チャート、
 1980年代、両誌の最高位で8ポジション以上差がついたシングルをピックアップしてみました(いずれかがTOP20入りした作品)。
その数34作。うち30作はCashboxで振るわず、Billboardで健闘というもの。
 一方、”CB健闘、BB苦戦”で最大差がついた作品は、THE LOOK OF LOVE-ABCの9ポジション(BB18位、CB9位)。
 その差が20ランク以上ついたものは2作。
 中でもPAT BENATARのアルバム"GET NERVOUS"からのセカンドシングル"LITTLE TOO LATE"に至っては、
BBでは20位とTOP20入りしたものの、CBでは41位とTOP40入りすら逃すという差のつきよう。
 1980年代、BB誌でTOP20入りした曲がCB誌でTOP40を逃したのはこのシングルだけです。

bb_cb_gap_80s.jpg

1980年代でCB誌とBB誌で最も最高位に差が付いたシングル
AMERICAN HEARTBEAT-SURVIVOR
日付    CB   BB
1982/09/25 84  79
1982/10/02 71  62
1982/10/09 65  48
1982/10/16 56  34
1982/10/23 50  27
1982/10/30 46  23
1982/11/06 42  20
1982/11/13 39  18
1982/11/20 39  17
1982/11/27 49  17
1982/12/04 58  44
1982/12/11 65  78
1982/12/18 91  93
1982/12/25 95 100

方や(BB誌)17位とTOP20入り、方や(CB誌)39位とギリギリTOP40に滑り込み。最高位の差は22ランク。

LITTLE TOO LATE-PAT BENATAR
日付    CB  BB
1983/02/05 87  73
1983/02/12 74  62
1983/02/19 65  57
1983/02/26 59  47
1983/03/05 53  37
1983/03/12 49  29
1983/03/19 45  25
1983/03/26 41  20
1983/04/02 41  20
1983/04/09 59  20
1983/04/16 83  27
1983/04/23 --    49
1983/04/30 --    83
1983/05/07 --  100

 "Shadows Of The Night"に次ぐ、アルバム"Get Nervous"からの第二弾シングル。
 BBではTOP20とスマッシュヒットを記録するも、CBではTOP40入りすらならず。
 1980年代、BB誌で TOP20入りした曲がCB誌でTOP40を逃しのはこのシングルだけ。

1980年代CB誌で前週より50ランク以上ダウンしたシングル

1980年代CB誌で前週より50ランク以上ダウンしたシングル
1983/03/26 -60 36 → 96 MANEATER - DARYL HALL & JOHN OATES
1982/09/04 -56 40 → 96 YOUR IMAGINATION - DARYL HALL & JOHN OATES
1982/08/14 -52 47 → 99 IF YOU WANT MY LOVE - CHEAP TRICK
1983/03/26 -52 41 → 93 SEXUAL HEALING - MARVIN GAYE
1982/06/12 -52 36 → 88 WAKE UP LITTLE SUSIE - SIMON & GARFUNKEL
1982/04/24 -52 30 → 82 TONIGHT I'M YOURS (Don't Hurt Me) - ROD STEWART
1983/04/02 -51 49 → 100 ALLENTOWN - BILLY JOEL
1980/09/27 -51 41 → 92 TIRED OF TOEIN' THE LINE - ROCKY BURNETTE
1982/05/08 -51 23 → 74 FIND ANOTHER FOOL - QUARTERFLASH
1981/05/30 -50 47 → 97 BUT YOU KNOW I LOVE YOU - DOLLY PARTON
1982/04/17 -50 35 → 85 THROUGH THE YEARS - KENNY ROGERS
1983/10/22 -50 34 → 84 DON'T FORGET TO DANCE - KINKS
1982/06/19 -50 27 → 77 MY GIRL - DONNIE IRIS

と13作ですが、同時期(1980年代)のBillboard誌で50ランク以上ダウンしたのは97作とCB誌の7倍以上に上ります。
97作全て記すのも、ナンですので、ダウン幅上位10傑をご紹介します。

1982/06/05 -72 20 → 92 THE BEATLES MOVIE MEDLEY  - BEATLES
1982/06/12 -68 22 → 90 STILL IN SAIGON  - CHARLIE DANIELS BAND
1982/05/01 -67 18 → 85 NOBODY SAID IT WAS EASY  - LE ROUX
1982/06/12 -66 25 → 91 MY GIRL  - DONNIE IRIS
1980/01/12 -65 34 → 99 HEARTACHE TONIGHT  - EAGLES
1982/05/01 -65 23 → 88 OPEN ARMS  - JOURNEY
1982/05/01 -65 26 → 91 THAT GIRL  - STEVIE WONDER
1982/06/12 -65 27 → 92 WAKE UP LITTLE SUSIE l - SIMON & GARFUNKE
1982/09/18 -65 16 → 81 AMERICAN MUSIC  - POINTER SISTERS
1982/09/11 -64 19 → 83 ONLY THE LONELY  - MOTELS
10作中9作までが1982年に記録。さらに97作中実に66作がこの年(1982年)の作品。少し、やりすぎだね、Billboardサンも。

Billboard、Cashboxいずれか一方のみエントリーしたシングル

1958年から1996年までの間にBillboard、Cashbox、Radio & Records、Record Worldの全米四大誌のいずれかにエントリーした作品は、それら全てをクロス集計した私のデータベースによれば、26,498作。
 うち、BB、CBいずれか一方のみにエントリーした作品の数3000作は下りません(その8割がBBにエントリー、CBにはエントリーせず)。
 今回は、1980年代でBB、CBのいずれか一方にエントリー上位10傑をご紹介します。

1980年代、BB誌のみにエントリーしたシングル(BBランク上位10傑)
37 1989/05/27 IN MY EYES - STEVIE B
39 1989/12/02 NOTHIN' TO HIDE - POCO
40 1989/10/07 I WANT YOU - SHANA
48 1982/12/04 AFTER I CRY TONIGHT - LANIER & COMPANY
50 1989/10/21 FRENCH KISS - LIL LOUIS
51 1989/08/05 GYPSY ROAD - CINDERELLA
55 1982/12/11 PAPA WAS A ROLLING STONE - BILL WOLFER
57 1982/12/25 ARE YOU SERIOUS - TYRONE DAVIS
58 1989/11/04 I THINK I CAN BEAT MIKE TYSON - D.J. JAZZY JEFF & FRESH PRINCE
58 1980/12/20 SKATEAWAY - DIRE STRAITS
58 1989/05/27 JOY & PAIN - ROB BASE & DJ E-Z ROCK
58 1988/09/17 NEVER LET YOU GO - SWEET SENSATION

1980年代、CB誌のみにエントリーしたシングル(CBランク上位10傑)
59 1988/12/17 AMERICAN DREAM - CROSBY, STILLS, NASH & YOUNG
71 1988/12/10 MY SONG - GLASS TIGER
72 1989/03/04 I CRY MYSELF TO SLEEP AT NIGHT - ROMEO'S DAUGHTER
73 1989/02/18 SING - MICKEY THOMAS
74 1983/04/23 DER KOMMISSAR - FALCO
75 1988/12/31 THE LOVE YOU TAKE - DAN HARTMAN & DENISE LOPEZ
76 1989/05/06 ALL THIS I SHOULD HAVE KNOWN - BREATHE
76 1981/09/19 EASY TO LOVE AGAIN - CAROLE BAYER SAGER
76 1989/06/17 EVERYTHING COUNTS - DEPECHE MODE
77 1982/08/28 LOVE ACTION (I BELIEVE IN LOVE) - HUMAN LEAGUE

因みに上記作品は、BillboardではHOT100のみならずBubbling Underチャートにすらエントリーしていません。
DER KOMMISSAR、EVERYTHING COUNTS、そしてLOVE ACTIONが「全米チャート」にエントリーしていたとは。
とても新鮮です。

1980年代Cashboxで30週以上TOP100にエントリーしたシングル

※左からCB週数、BB週数、CB初登場日付、CB最高位、タイトル、アーティスト(「*」は不連続)

37 32 1982/04/24 *2 BABY, COME TO ME - PATTI AUSTIN WITH JAMES INGRAM *
36 43 1982/01/30 *7 TAINTED LOVE - SOFT CELL
35 27 1982/11/06 14 1999 - PRINCE *
34 36 1982/07/03 *1 GLORIA - LAURA BRANIGAN
34 31 1980/08/16 *1 ANOTHER ONE BITES THE DUST - QUEEN
32 29 1981/11/07 *7 KEY LARGO - BERTIE HIGGINS
32 30 1980/11/01 *1 CELEBRATION - KOOL & GANG
32 29 1983/09/17 *2 BREAK MY STRIDE - MATTHEW WILDER
31 25 1980/06/21 *5 DRIVIN' MY LIFE AWAY - EDDIE RABBITT
31 30 1981/08/29 20 OUR LIPS ARE SEALED - GO-GO’S
31 25 1983/04/02 *1 FLASHDANCE...WHAT A FEELING - IRENE CARA
31 32 1981/03/28 *1 JESSIE'S GIRL - RICK SPRINGFIELD
31 28 1981/12/12 *1 CHARIOTS OF FIRE (TITLES) - VANGELIS
30 29 1983/07/16 *1 TOTAL ECLIPSE OF THE HEART - BONNIE TYLER
30 25 1982/12/04 *1 DO YOU REALLY WANT TO HURT ME - CULTURE CLUB
30 28 1982/03/06 *1 DON'T YOU WANT ME - HUMAN LEAGUE
30 27 1983/10/08 12 ON THE DARK SIDE - JOHN CAFFERTY & BEAVER BROWN BAND *
30 29 1983/07/09 14 TONIGHT, I CELEBRATE MY LOVE - PEABO BRYSON & ROBERTA FLACK
30 28 1987/07/04 *1 HERE I GO AGAIN - WHITESNAKE

 80年代、CashboxTOP100に30週以上チャートインしたシングルは19作(連続滞在が16作。半年以内にリエントリーした不連続チャートインシングルは3作)。
 同時期、BB誌HOT100に30週以上チャートインしたシングルは12作なので、CB誌の方が、ロングランシングルが多かったことになります。
 CBで30週以上100位以内に滞在した19作中、BBでも30週以上チャートインしたのは、7作。
 BB誌で43週HOT100に滞在した"TAINTED LOVE"がCBでは36週に止まったのに対し、BB誌でいずれもHOT100滞在が25週に終わった"DRIVIN' MY LIFE AWAY"(CB31週)、"FLASHDANCE...WHAT A FEELING"(CB31週)、"DO YOU REALLY WANT TO HURT ME"(CB30週)は30週以上CBに滞在。
 また"1999"もBBでは27週滞在だったのに対し、CBでは35週滞在(いずれもリエントリー含む)とほぼ2か月分にあたる8週間も長くチャートインしていました。

CASHBOX TOP20 ALBUMS (Aug.1981)

データは こちら

1981年8月最終週のBIllboardとRecord WorldALBUM TOP20

BIllboard
8/29 8/22 8/15 8/08 8/01
*1 *1 *2 *4 *13 4 - FOREIGNER
*2 *3 12 -- --- BELLA DONNA - STEVIE NICKS
*3 *4 *5 13 --- ESCAPE - JOURNEY
*4 *2 *1 *2 **6 PRECIOUS TIME - PAT BENATAR
*5 *5 *3 *1 **1 LONG DISTANCE VOYAGER - MOODY BLUES
*6 *7 *9 11 *12 DON'T SAY NO - BILLY SQUIER
*7 12 17 22 --- PIRATES - RICKIE LEE JONES
*8 *9 11 12 *14 WORKING CLASS DOG - RICK SPRINGFIELD
*9 *8 *4 *3 **3 STREET SONGS - RICK JAMES
10 11 *8 *8 **2 HI INFIDELITY - REO SPEEDWAGON
11 *6 *6 *7 **7 SHARE YOUR LOVE - KENNY ROGERS
12 10 10 10 *10 THE ONE THAT YOU LOVE - AIR SUPPLY
13 14 15 17 *20 IN THE POCKET - COMMODORES
14 15 16 18 *23 BLACK & WHITE - POINTER SISTERS
15 20 27 61 110 ENDLESS LOVE - ORIGINAL SOUNDTRACK
16 13 13 *6 **5 HARD PROMISES - TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS
17 16 *7 *5 **4 MISTAKEN IDENTITY - KIM CARNES
18 19 21 23 *25 FEELS SO RIGHT - ALABAMA
19 18 18 *9 **8 PARADISE THEATER - STYX
20 17 14 15 *18 FANCY FREE - OAK RIDGE BOYS

Record World
8/29 8/22 8/15 8/08 8/01
*1 *1 *2 *2 *6 4 - FOREIGNER
*2 *2 *3 *7 -- ESCAPE - JOURNEY
*3 *3 *1 *1 *4 PRECIOUS TIME - PAT BENATAR
*4 *7 28 -- -- BELLA DONNA - STEVIE NICKS
*5 *4 *4 *4 *1 HI INFIDELITY - REO SPEEDWAGON
*6 *6 *9 27 69 ENDLESS LOVE - ORIGINAL SOUNDTRACK
*7 *5 *5 *5 *2 LONG DISTANCE VOYAGER - MOODY BLUES
*8 *8 *8 10 14 DON'T SAY NO - BILLY SQUIER
*9 *9 *7 *6 *5 STREET SONGS - RICK JAMES
10 10 *6 *3 *3 SHARE YOUR LOVE - KENNY ROGERS
11 12 21 33 -- PIRATES - RICKIE LEE JONES
12 13 10 19 10 THE ONE THAT YOU LOVE - AIR SUPPLY
13 14 15 16 17 WORKING CLASS DOG - RICK SPRINGFIELD
14 17 11 11 16 PARADISE THEATER - STYX
15 16 16 19 21 IN THE POCKET - COMMODORES
16 24 -- -- -- TIME - E.L.O.
17 22 24 20 22 KENNY ROGERS GREATEST HITS - KENNY ROGERS
18 11 12 *8 *8 HARD PROMISES - TOM PETTY & HEARTBREAKERS
19 28 -- -- -- PRETENDERS II - PRETENDERS
20 21 19 13 *9 FANCY FREE - OAK RIDGE BOYS

TOP10から大きくダウンしたシングル (Cashbox編)

データは こちら
 
 Billboardの「TOP10から大きくダウンしたシングル」に続き、Cashbox編。
対象期間は、同誌が100位まで拡大された1958年9月13日付から最終号である1996年11月 16日付までの39年間(2000週・休刊週含む)。
 この間、前週から30ランク以上ダウンした作品は、延べ2242作。単純計算だが、毎週1作以上は30ランクダウンする作品があったことになる。同時期、Billboard誌では2672作が30ランク以上のダウンをしているので、BB誌に比べ400作以上少ない。しかし、CB誌でTOP10内から30ランク以上ダウンした作品は32作とBB誌(10作)の3倍以上に上っている。
■TOP10内からTOP40圏外にダウンした作品
-50 1972/09/30 *5→*8→58 I'M STILL IN LOVE WITH YOU - AL GREEN
-49 1972/09/30 10→10→59 THE GUITAR MAN - BREAD
-49 1972/09/30 *1→*7→56 LONG COOL WOMAN (IN A BLACK DRESS) - HOLLIES
-43 1973/06/02 11→10→53 THE RIGHT THING TO DO - CARLY SIMON
-40 1970/11/28 *9→*9→49 ALL RIGHT NOW - FREE
-40 1985/03/30 *5→*9→49 SUGAR WALLS - SHEENA EASTON
-38 1974/03/02 *1→*6→44 AMERICANS - BYRON MACGREGOR
-37 1971/07/24 *9→10→47 WHEN YOU'RE HOT, YOU'RE HOT - JERRY REED
-37 1973/06/02 *1→*5→42 YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE - STEVIE WONDER
-36 1985/03/16 11→10→46 NEUTRON DANCE - POINTER SISTERS
-35 1967/11/18 *5→10→45 THE LETTER - BOX TOPS
-35 1982/03/13 *4→*7→42 PHYSICAL - OLIVIA NEWTON-JOHN
-34 1972/08/26 *5→*8→42 HOW DO YOU DO? - MOUTH & MACNEAL
-34 1982/07/17 *7→*8→42 THE OTHER WOMAN - RAY PARKER JR.
-34 1967/12/23 *6→*6→40 AN OPEN LETTER TO MY TEENAGE SON - VICTOR LUNDBERG
-33 1974/03/02 11→10→43 DOO DOO DOO DOO DOO (HEARTBREAKER) - ROLLING STONES
-32 1973/04/28 *6→*8→40 DANNY'S SONG - ANNE MURRAY
-32 1981/11/28 *3→*6→38 ENDLESS LOVE - DIANA ROSS & LIONEL RICHIE
-31 1973/05/26 11→10→41 DAISY A DAY - JUD STRUNK

 TOP10から最も大きくダウンした作品は、1972年9月30日付けで"I'M STILL IN LOVE WITH YOU"(AL GREEN)が記録した50ランクダウン(8位→58位)。(歴代78位タイ)。この週は、"THE GUITAR MAN"(BREAD)(10位→59位)、LONG COOL WOMAN(IN A BLACK DRESS)"(HOLLIES)(7位→56位)の2作が49ランクダウンを記録しており、TOP10からの大幅ダウン記録上位3作が、
同週で達成されたことになる。さらに2作が30ランクダウン以上を達成するなど大幅ランクダウンが目立った。
■1972年9月30日付で30ランクダウン以上を記録した作品
-50 *8→58 I'M STILL IN LOVE WITH YOU - AL GREEN
-49 *7→56 LONG COOL WOMAN (IN A BLACK DRESS) - HOLLIES
-49 10→59 THE GUITAR MAN - BREAD
-42 21→63 YOU DON'T MESS AROUND WITH JIM - JIM CROCE
-39 23→62 POP THAT THANG - ISLEY BROTHERS

 なお、TOP40内から30ランク以上のダウン作が最も多かったのは、1961年8月26日、1966年8月13日、1973年9月22日、1982年6月26日、1991年2月2日で6作がTOP40内→30ランク以上ダウンを記録している。

全米(Billboard ,CASHBOX & Record World)№1アルバム(1979年)

データは こちら

 この年は三大誌で№1に輝いた=全米№1の称号を得たアルバムは10作(前年、既に№1に到達したBARBRA STREISAND'S GREATEST HITS VOL.2 - BARBRA STREISAND除く)。
 前年同様、その全てがBillboard誌で1位を獲得。二誌で№1に輝いたの3作のうち、BB-CBの組み合わせが1作、BB-RWの組み合わせが2作。

■三大誌全てで1位を獲得した作品
79/02/10 3 79/02/10 *2 79/02/03 *3 BLONDES HAVE MORE FUN - ROD STEWART
79/03/03 6 79/02/24 12 79/02/24 10 SPIRITS HAVING FLOWN - BEE GEES
79/05/19 6 79/05/19 *7 79/05/12 *9 BREAKFAST IN AMERICA - SUPERTRAMP
79/06/16 6 79/06/09 *5 79/06/16 *4 BAD GIRLS - DONNA SUMMER
79/08/11 5 79/08/11 *4 79/08/11 *4 GET THE KNACK - KNACK
79/09/15 7 79/09/08 *6 79/09/08 *7 IN THROUGH THE OUT DOOR - LED ZEPPELIN
79/11/03 9 79/10/20 14 79/10/27 14 THE LONG RUN - EAGLES
※左からBBチャート初№1日付、№1週数、CBチャート初№1日付、№1週数、RWチャート初№1日付、№1週数、タイトル、アーティスト

■二誌で1位を獲得した作品
(BB-RWの組み合わせ)
79/04/07 1 79/04/21 1 MINUTE BY MINUTE - DOOBIE BROTHERS(CB #2)
80/01/05 1 79/12/22 1 ON THE RADIO: GREATEST HITS VOLUMES I & II  - DONNA SUMMER (CB #2)
※左からBBチャート初№1日付、№1週数、RWチャート初№1日付、№1週数、タイトル、アーティスト、CB最高位

(BB-CBの組み合わせ)
79/02/03 1 79/01/27 2 BRIEFCASE FULL OF BLUES - BLUES BROTHERS(RW #2)
※左からBBチャート初№1日付、№1週数、CBチャート初№1日付、№1週数、タイトル、アーティスト、RW最高位

 
これにて1970年代はおしまい。次回から積み残した1964年以前の全米№1アルバムのデータをご紹介いたしま~す。1980年以降を補完する、に気が変わったらご容赦を。

次のページ

FC2Ad