MS-DATABASE-別館

25年前の世界各国№1ヒット(1982年4月第4週)

データは こちら

シングルチャート

■Music Week(イギリス)  "EBONY AND IVORY"(PAUL McCARTNEY & STEVIE WONDER)
 PAUL McCARTNEY、先々週の19位(初登場)、先週3位を経て3週目、27作目のチャートインシングルにして、本国でようやく2作目の№1を獲得。19位初登場は"JET "(初登場17位)に次ぐハイエストデビュー。この年の年間チャートでは9位。こちらは初めて年間TOP10入り。意外にも本国では振るわず。
 この間、2位止まりのシングルが4作(9位止まりも同じく9作)。4作以上の№2シングルをもつアーティストは17組。奇しくもSTEVIE WONDERも名を連ねる。
PAUL McCARTNEY(& WINGS)のUKチャートインシングル("EBONY AND IVORY"まで)
1971/02/27 *2 24 ANOTHER DAY (71年25位)
1971/08/28 39 42 BACK SEAT OF MY CAR  
1972/02/26 16 49 GIVE IRELAND BACK TO THE IRISH  
1972/05/27 *9 36 MARY HAD A LITTLE LAMB  
1972/12/09 *5 40 HI HI HI / C-MOON  
1973/04/07 *9 43 MY LOVE  
1973/06/09 *9 37 LIVE AND LET DIE  
1973/11/03 12 33 HELEN WHEELS  
1974/03/02 *7 17 JET  
1974/07/06 *3 27 BAND ON THE RUN  (74年50位)
1974/11/09 16 32 JUNIOR'S FARM  
1975/05/31 *6 33 LISTEN TO WHAT THE MAN SAID  
1975/10/18 41 49 LETTING GO  
1976/05/15 *2 29 SILLY LOVE SONGS  (76年23位)
1976/08/07 *2 28 LET 'EM IN  (76年29位)
1977/02/19 28 42 MAYBE I'M AMAZED  
1977/11/19 *1 48 MULL OF KINTYRE / GIRLS' SCHOOL  (77年13位・78年21位)
1978/04/01 *5 42 WITH A LITTLE LUCK  
1978/07/01 42 65 I'VE HAD ENOUGH  
1978/09/09 60 72 LONDON TOWN  
1979/04/07 *5 43 GOODNIGHT TONIGHT  
1979/06/16 35 73 OLD SIAM SIR  
1979/09/01 60 70 GETTING CLOSER / BABY'S REQUEST  
1979/12/01 *6 61 WONDERFUL CHRISTMAS TIME  
1980/04/19 *2 62 COMING UP  (80年49位)
1980/06/21 *9 53 WATERFALLS 
1982/04/10 *1 19 EBONY AND IVORY  (82年9位)
※左から、チャート初登場日付、最高位、初登場順位、タイトル、( )は年間シングルTOP50の年と順位

UKチャートで4作以上の№2をもつアーティスト(1982年4月第4週まで)
10 17 CLIFF RICHARD
*9 19 ELVIS PRESLEY
*5 13 FRANK SINATRA
*5 13 SWEET
*4 17 PAT BOONE
*4 *9 BEATLES
*4 *9 GARY GLITTER
*4 *9 T. REX
*4 *9 TOM JONES
*4 *8 QUEEN
*4 *7 DEAN MARTIN
*4 *7 HOLLIES
*4 *7 PAUL MC.CARTNEY(& WINGS)
*4 *6 EVERLY BROTHERS
*4 *6 STEVIE WONDER
*4 *5 LEO SAYER
*4 *4 SHOWADDYWADDY
※左から、№2作品数、№2週数、アーティスト


アルバムチャート

■Music Week(イギリス) "1982"(STATUS QUO)
 同グループ、13作目のTOP10アルバムにして、4作目の№1。TOP10入りしたアルバムは全て5位以内。数字で表記される作品初の№1。
STATUS QUOのUKチャートインアルバム("1982"まで)
1973/01/20 *5 PILEDRIVER
1973/06/09 32 THE BEST OF STATUS QUO
1973/10/06 *1 HELLO
1974/05/18 *2 QUO
1975/03/01 *1 ON THE LEVEL
1975/11/08 20 DOWN THE DUST PIPE
1976/03/20 *1 BLUE FOR YOU
1977/03/12 *3 LIVE
1977/11/26 *5 ROCKIN' ALL OVER THE WORLD
1978/11/11 *3 CAN'T STAND THE HEAT
1979/10/20 *3 WHATEVER YOU WANT
1980/03/22 *3 12 GOLD BARS
1980/10/25 *4 JUST SUPPOSIN'
1981/03/28 *2 NEVER TOO LATE
1981/10/10 74 FRESH QUOTA
1982/04/24 *1 1982
※左から、チャート初登場日付、最高位、タイトル

■ドイツ "OLE ESPANA"(MICHAEL SCHANZE UND DIE FUSSBALL-NATIONALMANNSCHAFT)
 この年、行われたサッカーワールドカップスペイン大会を記念したMICHAEL SCHANZEと代表メンバーによるコラボ。
サッカー西ドイツ代表参加アルバムの№1は、前大会(アルゼンチン大会)に次ぎ2作目。
ドイツチャートにエントリーしたサッカー西ドイツ代表の参加アルバム
1973/11/15 13 Fußball ist unser Leben - Die Fußball-Nationalmannschaft
1978/03/15 *1 Buenos dias, Argentina - Udo Jürgens und die Fußball-Nationalmannschaft
1982/03/15 *1 Ole Espana - Michael Schanze und die Fußball-Nationalmannschaft
※左から、チャート初登場日付、最高位、タイトル、アーティスト

スポンサーサイト

コメント

ポールの初登場はあまり振るいませんね。
9週1位になった「Mull Of Kintyre」も初48位とは。
イギリスよりアメリカの方が1位数が多いのは、アメリカ向けの作品を作りすぎた影響もありますね。

  • 2007/04/30(月) 21:30:57 |
  • URL |
  • HEY JUDE #-
  • [ 編集]

>9週1位になった「Mull Of Kintyre」も初48位とは。

この作品、205万枚のセールスを記録し、歴代UKシングル第4位のビッグヒットだったんですが、端境期にかかり、年間チャートではTOP10すら入ることは出来ませんでした。意外ですね。


>イギリスよりアメリカの方が1位数が多いのは、アメリカ向けの作品を作りすぎた影響もありますね。

なるほど。アメリカのほうがマーケット的には魅力的だったんでしょうね(笑)

  • 2007/04/30(月) 23:37:26 |
  • URL |
  • 脱走一号 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad