MS-DATABASE-別館

Billboard All-Time Albums(1980's)

Billboard、CashboxのALL-TIMEチャートに続き、Billboardアルバムでもオールタイムチャートを作成してみました。
ただし、「ALL-TIME」といっても1980年代限定ですが。
 対象は、1980年代(1980年1月5日から1989年12月30日まで)にBillboardアルバムチャート200位以内にエントリーした作品。
 これ以前にエントリーした作品は1980年代のチャートアクションのみを対象にしました。一方、この間にエントリーした作品で1990年代に入ってもチャートにエントリーし続けた作品は、そのポイントも加算。
 ポイント集計方法は、1位200ポイント...200位1ポイントの基礎ポイントに、ボーナスポイントとして1位1週につき100ポイント、TOP10内1週につき50ポイント、TOP50内1週につき10ポイントを付加しました。
 「それじゃあ、№1アルバムやTOP3、TOP5アルバムに厚すぎるだろ」というなかれ、蓋を開けたら意外な結果に。

album_top30_80s.jpg
 37週№1を記録した「THRILLER」は順位こそ1位ですが、2位(WHITNEY HOUSTON)とのポイント差は僅か。№1以外のアルバムがTOP20内に5作入りました。
 特筆すべきは、「DARK SIDE OF THE MOON」。1980年代のみのチャートアクション、しかもこの間の最高位は44位でTOP50滞在僅か4週にもかかわらず、9位と堂々のTOP10入り。
 一方、1980年代に10週以上№1を記録した14作品中、総合TOP20に入ったのは僅か4作。
 80年代、「THRILLER」の37週に次ぐ24週1位を記録した「PURPLE RAIN」は総合50位、17週№1の「SYNCHRONYCITY」は47位、同15週の「BUSINESS AS USUAL」は32位、同じく「HI INFIDELITY」が35位、「THE WALL(PINK FLOYD)」(15週1位)に至っては115位と上位100位にすら入れない始末。
 これらはいずれもチャート(TOP200)滞在が100週以下(「HI INFIDELITY」は101週ですが)と短いため、こういう結果となりました。
 1991年以前のBillboardの年間アルバムチャートの集計方法も、№1の週数よりチャートに長期ランクインしていた要素に重きを置く傾向があるのと同じなんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad