スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Billboardと Cashboxで大きく順位が異なったシングル(1980's編-2-)

 前回に引き続きBillboardとCashboxの全米二大チャートの最高位比べ第二弾。
 前回は、BB、CBいずれかでTOP20入りした1980年代の作品でしたが、今回の対象は1980年代の全てのチャートインシングル。
 もちろん、BillboardのBubbling Underチャートも対象です。

 1980年代、両チャート間の最高位が30ポジション以上離れたのは、25作。
うち21作がCashboxで振るわず、Billboardで健闘というもの。
bb_cb_gap_80s_2.jpg

 もっとも両誌の最高位で差がついたのは、COMING DOWN FROM LOVE-BOBBY CALDWELLの52ポジション。
 BB誌の最高位は42位とTOP40入り寸前まで上昇したのに対し、CB誌では94位。
 ちなみにRecord World誌の最高位は95位でCBとほぼ同じヒット規模。BBの過剰な最高位は何を意味しているのでしょうか?

COMING DOWN FROM LOVE-BOBBY CALDWELL
日付    CB BB
1980/04/19 97 89
1980/04/26 96 79
1980/05/03 95 69
1980/05/10 94 63
1980/05/17 --- 56
1980/05/24 --- 51
1980/05/31 --- 47
1980/06/07 --- 43
1980/06/14 --- 42
1980/06/21 --- 69

 一方がTOP40入りして、他方が下位の最大差はTHE CLAPPING SONG-PIA ZADORAの43ポジション差。
 BBでは既に前年にHOT100入り。順調にランクアップしてTOP40入りした週にCBではようやくTOP100にランクイン。
 まさかと思うが、エントリーし忘れたんじゃないだろうな、Cashboxさんよ(笑)
 さらにPIA ZADORAは、前年(1982年)にもI'M IN LOVE AGAINが、BB45位に対しCB79位と34ポジション差が付けられています。
 何か、恨みを買うようなことをしたのか知りたいところです。

THE CLAPPING SONG-PIA ZADORA
日付     CB BB
1982/12/11 ---  90
1982/12/18 ---  84
1982/12/25 ---  74
1983/01/01 ---  74
1983/01/08 ---  68
1983/01/15 ---  62
1983/01/22 ---  56
1983/01/29 ---  47
1983/02/05 ---  43
1983/02/12 87  38
1983/02/19 79  36
1983/02/26 79  36
1983/03/05 92  55
1983/03/12 ---  70
1983/03/19 --- 100
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

"COMING DOWN FROM LOVE"のチャート・アクションは、CB誌RW誌が正解だと胸を張って答えられそうです☆(^^;

ぶるじんさん

>"COMING DOWN FROM LOVE"のチャート・アクションは、CB誌RW誌が正解だと胸を張って答えられそうです

Hold The Lineと改名したらTOP40入りくらいはできたでしょうか(笑)
MS-DATABASEリンク集
最新コメント
最新の記事
一応、ジャンル分け
塗りつぶせ
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
キーワードは、と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。