MS-DATABASE-別館

1980年代ハイエスト・デビューシングル特集(その1)

15年ほど前に初期ホームページに掲載したネタの再掲です。
我ながら、懐かしい~

 毎週、Billboardのチャートには3曲から15曲がチャートインしてきます。その中で80年代に最も高い位置でエントリーしてきた曲=ハイエスト・デビュー曲をいろいろな角度から見ていきたいと思います。(86年12月21日付けから 「HOT SHOT DEBUT」として正式に認定)
 
 80年代最初の週(80年1月5日付)、最も高い位置でデビューしたのは、GAMMAの「I'M ALIVE」。81位にエントリーしました(最高位60位)。以来89年12月23日付まで512週(年末年始のいわゆる空白週除く)、即ち512曲のハイエスト・デビュー曲が誕生したことになります。

 いきなりTOP40以内にハイエスト・デビューした超強力曲は、80年5月24日付38位の「IT'S STILL ROCK'N ROLL TO ME」(BILLY JOEL)から、89年8月19日付37位の「CHERISH」(MADONNA)まで52曲。さらに「(JUST LIKE) STARTING OVER」(JOHN LENNON)(80年11月1日付・38位)、「CRYING」(DOM McLEAN)(81年1月24日付・37位)の2曲はTOP40内にニューエントリーしたものの、さらに上位のエントリー曲(「LOVE ON THE ROCKS」/NEIL DIAMOND・80年11月1日付32位、「THE BEST OF TIMES」/STYX・81年1月24日付・31位)に阻まれ、「ハイエストデビュー」曲ではありませんでした。(データ1)
データ1 40位以内にニューエントリーした曲
NEW
ENTRY
POS.
ENTRY
DATE
TITLE ARTIST HIGH
POS.
20 84.02.11 THRILLER MICHAEL JACKSON 4
21 85.03.23 WE ARE THE WORLD USA FOR AFRICA 1
26 83.10.15 SAY SAY SAY PAUL McCARTNEY & MICHAEL JACKSON 1
28 83.04.09 OVERKILL MEN AT WORK 3
84.10.06 PURPLE RAIN PRINCE & THE REVOLUTION 2
29 82.04.10 EBONY AND IVORY PAUL McCARTNEY & STEVIE WONDER 1
83.01.22 ALL RIGHT CHRISTOPHER CROSS 12
30 80.11.08 HUNGRY HEART BRUCE SPRINGSTEEN 5
83.10.29 SAY IT ISN'T SO DARYL HALL & JOHN OATES 2
84.06.30 STATE OF SHOCK JACKSONS 3
31 81.01.24 THE BEST OF TIMES STYX 3
82.10.30 IT'S RAINING AGAIN SUPERTRAMP 11
32 80.11.01 LOVE ON THE ROCKS NEIL DIAMOND 2
81.01.31 HELLO AGAIN NEIL DIAMOND 6
33 80.07.05 EMOTIONAL RESCUE THE ROLLING STONES 3
81.05.23 ALL THOSE YEARS AGO GEORGE HARRISON 2
81.06.13 I DON'T NEED YOU KENNY ROGERS 3
82.06.19 HOLD ME FLEETWOOD MAC 4
35 83.04.30 DON'T LET IT END STYX 6
36 81.01.17 WOMAN JOHN LENNON 2
83.01.29 WE'VE GOT TONIGHT KENNY ROGERS & SHEENA EASTON 6
83.02.05 SEPARATE WAYS JOURNEY 8
83.06.04 EVERY BREATH YOU TAKE POLICE 1
84.01.21 NOBODY TOLD ME JOHN LENNON 5
84.05.26 DANCING IN THE DARK BRUCE SPRINGSTEEN 2
85.08.17 DRESS YOU UP MADONNA 5
37 83.08.27 KING OF PAIN POLICE 3
84.12.22 CARELESS WHISPER WHAM 1
85.05.18 RASPBERRY BERET PRINCE & THE REVOLUTION 2
87.08.08 I JUST CAN'T STOP LOVING YOU MICHAEL JACKSON WITH SIEDAH GARRETT 1
89.08.19 CHERISH MADONNA 2
81.01.24 CRYING DOM McLEAN 5
38 80.05.24 IT'S STILL ROCK'N ROLL TO ME BILLY JOEL 1
81.03.14 HER TOWN TOO JAMES TAYLOR & J. D. SOUTHER 11
83.07.30 TELL HER ABOUT IT BILLY JOEL 1
84.11.03 WILD BOYS DURAN DURAN 2
87.05.16 I WANNA DANCE WITH SOMEBODY (WHO LOVES ME) WHITNEY HOUSTON 1
89.03.18 LIKE A PRAYER MADONNA 1
80.11.01 (JUST LIKE) STARTING OVER JOHN LENNON 1
39 80.10.04 LADY KENNY ROGERS 1
85.05.11 SUSSUDIO PHIL COLLINS 1
89.05.06 SATISFIED RICHARD MARX 1
40 80.09.06 REAL LOVE DOOBIE BROTHERS 5
82.12.18 SHAME ON THE MOON BOB SEGER 2
83.02.12 MR.ROBOTO STYX 3
84.03.03 MISS ME BLIND CULTURE CLUB 5
85.08.24 LONELY OL' NIGHT JOHN COUGAR MELLENCAMP 6
85.11.09 SAY YOU, SAY ME LIONEL RICHIE 1
86.07.19 DANCING ON THE CEILING LIONEL RICHIE 2
86.10.04 TRUE BLUE MADONNA 3
87.01.17 JACOB'S LADDER HUEY LEWIS & THE NEWS 1
87.09.19 BAD MICHAEL JACKSON 1
87.10.03 BRILLIANT DISGUISE BRUCE SPRINGSTEEN 5
88.04.16 ONE MORE TRY GEORGE MICHAEL 1

※赤字は「ハイエスト・デビュー」曲ではない。

 各週のハイエスト・デビュー曲は、その週にニューエントリーした曲の中で、最も1位に近い曲ということができます。いわば「入学時の成績1位」。彼らが卒業(最高位を記録)した時の順位はどうなったのでしょうか。
 80年代にエントリーにし、1位に輝いた曲は229曲。その229曲のうち、ハイエスト・デビュー曲は98曲。つまり「入学時の成績が1位でそのまま卒業した」のは42.7%。残りは「入学順位」が必ずしもトップではなかった、といえるわけです。
 角度を変えると、512曲のハイエスト・デビュー曲の中で、1位までたどり着いたのは僅か98曲(19.1%)。ハイエスト・デビューが必ずしも1位の条件ではない、ことが分かります。
 さらにTOP30にニューエントリーした10曲のうち、1位に輝いたのは僅か3曲。いきなり30位以内にエントリーというアドヴァンテージを得たにも拘わらず、7曲は1位に到達出来なかった、ということになります。CHRISTOPHER CROSSの「ALL RIGHT」に至ってはTOP10にも届かない12位。これをTOP40に拡げてもNO.1は18曲(33%)。意外に「前評判」の良い曲はヒットしない?


 逆に最も低いポジションのハイエスト・デビュー曲(ややこしい)は、「GOTTA GET YOU HOME TONIGHT」/EUGENE WILDE(85年1月12日・最高位83位)、「COMING UP CLOSE」/TIL TUESDAY(87年1月10日・最高位59位)の90位。1月第1週は、ハイエスト・デビューポジションが低調です。(データ2)
 なお、ハイエスト・デビュー曲が最も多いポジションは、54位(19曲)。以下49・52・67位がそれぞれ17曲で続いています。
データ2 「年はじめのハイエスト・デビュー曲」
ENTRY
DATE
NEW
ENTRY
POS.
TITLE ARTIST HIGH
POS.
80.01.05 81 I'M ALIVE GAMMA 60
81.01.10 86 TOCCATA SKY 83
82.01.09 76 PAC-MAN FEVER BUCKNER & GARCIA 9
83.01.08 82 GOT TO BE THERE CHAKA KHAN 67
84.01.07 61 WRAPPED AROUND YOUR FINGER POLICE 8
85.01.05 76 KNOCKING AT YOUR BACK DOOR DEEP PURPLE 61
86.01.11 87 YOUR PERSONAL TOUCH EVELYN CHAMPAGNE KING 86
87.01.10 90 COMING UP CLOSE TIL TUESDAY 59
88.01.09 82 LOVE OVERBOARD GLADYS KNIGHT & THE PIPS 13
89.01.07 79 THE LIVING YEARS MIKE + THE MECHANICS 1
 
  ※「その2」アーティスト編に続く。

スポンサーサイト

コメント

いろいろ質問してすみません <(_ _)>

もしかすると
ALL RIGHT / Christopher Crossは、
NewEntryで30位以内にEntryしながらTOP10入りを逃した唯一の曲でしょうか?(集計方法が改正される1991年以前)

昨日、RFラジオ日本で放送された
「全米TOP40 80s」
で似たような書き込みを複数見かけました。
脱壱様、私の推理は合っていますか?

後、放送を聴いていて気になったのが2つ。
WHAT ABOUT ME / Moving Pictures
が翌週20週かかってTOP30入りしていますが、これは
WHY ME / Kris Kristofferson 23週目
TAINTED LOVE / Soft Cell 21週目
に次ぐ記録でしょうか?

更に、次の週末に放送される
1982年1月23日付けで
THAT GIRL / Stevie Wonder
がHot Soul Singlesで初登場14位を記録していますが、
これは、1971年11月6日に13位で初登場した
ROCK STEADY / Aretha Franklin
以来だそうですが、当時は50位まででした。

100位まで発表されるようになった1973年7月以降では
Stevie Wonderの記録は最高記録でしょうか?

  • 2016/01/18(月) 21:17:54 |
  • URL |
  • Yamapy v(^^;)v #-
  • [ 編集]

Yamapyさん

>ALL RIGHT / Christopher Crossは、
NewEntryで30位以内にEntryしながらTOP10入りを逃した唯一の曲でしょうか?(集計方法が改正される1991年以前)

Billboardのシングルチャートが100位まで発表されるようなった翌週の1955年11月19日付けから、All Rightまでの間でニューエントリー30位以内の作品と最高位は以下の通りです。
6→1 Let It Be-Beatles
7→2 Wear My Ring Around Your Neck-Elvis Presley
7→1 Purple People Eater-Sheb Wooley
10→1 Hey Jude-Beatles
10→1 Get Back-Beatles
12→1 Love Me Tender-E. Presley
12→1 Mrs. Brown You've Got A Lovely Daughter-Herman's Hermits
15→1 Jailhouse Rock-Elvis Presley
15→1 Hard Headed Woman-Elvis Presley
18→1 Poor Little Fool-Ricky Nelson
20→3 Something-Beatles
20→3 Imagine-John Lennon
21→1 A Hard Day's Night-Beatles
22→1 I Feel Fine-Beatles
23→1 At The Hop-Danny and the Juniors
23→4 Lady Madonna-Beatles
23→1 Come Together-Beatles
24→2 Hound Dog-E. Presley
24→1 Surrender-Elvis Presley
24→3 Valleri-Monkees
25→3 Nowhere Man-Beatles
26→1 All Shook Up-E. Presley
27→5 Banana Boat(Day-O)-H. Belafonte
27→1 Can't Buy Me Love-Beatles
28→1 Don't Be Cruel-E. Presley
28→1 Paperback Writer-Beatles
29→29 Roll Over, Beethoven-C. Berry
29→1 Tragedy-Bee Gees
29→1 Ebony And Ivory-Paul McCartney with Stevie Wonder
29→12 All Right-Christopher Cross

30作中20作が№1を獲得。8作がTOP5、そしてAll Rightが12位、Roll Over, Beethovenが29位(つまり初登場の順位が最高位)。
なお、Roll Over, BeethovenはHOT100以前の作品ですので、HOT100以降ではAll Rightが30位以内でニューエントリーした初のTOP10入り(かつTOP5入れ)を逃した作品ということになります。

>WHAT ABOUT ME / Moving Pictures
が翌週20週かかってTOP30入りしていますが、これは
WHY ME / Kris Kristofferson 23週目
TAINTED LOVE / Soft Cell 21週目
に次ぐ記録でしょうか?

この時点では上記2作に次ぎ、Falling/LeBlanc & Carr(1978/2/25付け20週目でTOP30入り)と並び歴代3位タイのスローTOP30入り記録となります。

>100位まで発表されるようになった1973年7月以降では
Stevie Wonderの記録は最高記録でしょうか?

スミマセン、Blackチャートは未整備のため、
不明です。
ちなみに1973年にtop100に拡大されたCountryチャートでは、Every Which Way but Loose/Eddie Rabbittの初登場18位がハイエストデビュー記録です。

  • 2016/01/19(火) 21:10:11 |
  • URL |
  • 脱壱 #CmmwLt5M
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad