MS-DATABASE-別館

Billboardウルトラダウンの記録-2- 高位置からいきなり100位圏外へ

 Billboardウルトラダウンの記録第2弾は、高位置からいきなりTOP100/HOT100圏外に消え去ったシングルをご紹介します。
 TOP100/HOT100圏外に最も高い位置から消え去ったシングルはNUTTIN' FOR CHRISTMAS/    ART MOONEY AND HIS ORCHESTRA WITH BARRY GORDON。
 その名が示すようにクリスマスソングで1955/12/17付けで62位に初登場。翌週44ランクアップし18位に。さらに翌翌週9位とTOP10入り。そして登場4週目の1956/01/07付けの7位を最後にTOP100から消え去りました。
 これに次ぐのがA LITTLE BIT LONGER/JONAS BROTHERSとMEAN/TAYLOR SWIFTの2000年代のヒット曲2曲。
 いずれも11位に初登場し、翌週早くもHOT100圏外にウルトラダウンしています。
 以上の3作を含み、20位以内から100位圏外にダウンしたシングルは22作。うち、5作がクリスマスソング、6作が2000年代のシングルで、登場週の翌週には早くもランク外に消え去っています。

■20位以内から翌週100位圏外にダウンしたシングル
100位圏外に
ダウンする
直前週
の順位
TOP100 TOP40 TOP10 Peak
POS.
Track Artist Last date
7 4 3 3 7 NUTTIN' FOR CHRISTMAS ART MOONEY & HIS ORCHESTRA WITH BARRY GORDON 1956/01/07
11 1 1 1 11 A LITTLE BIT LONGER JONAS BROTHERS 2008/08/23
11 1 1 1 11 MEAN TAYLOR SWIFT 2010/11/06
12 4 3 3 12 WHITE CHRISTMAS BING CROSBY 1961/12/25
12 1 1 1 12 HAIR LADY GAGA 2011/06/04
13 1 1 1 13 STATE OF GRACE TAYLOR SWIFT 2012/11/03
16 1 1 1 16 TOXIC GLEE CAST 2010/10/16
17 18 14 14 2 NIGHTS IN WHITE SATIN THE MOODY BLUES 1972/12/02
17 1 1 1 17 BEAUTIFUL EMINEM 2009/05/30
18 3 2 2 18 WHITE CHRISTMAS BING CROSBY 1956/01/07
18 7 3 3 18 YES TONIGHT, JOSEPHINE JOHNNIE RAY 1957/05/27
18 4 3 3 14 ROCKIN' AROUND THE CHRISTMAS TREE BRENDA LEE 1960/12/31
18 16 15 15 1 CRIMSON AND CLOVER TOMMY JAMES & THE SHONDELLS 1969/03/29
18 4 2 2 18 THE CHRISTMAS SONG CHRISTINA AGUILERA 2000/01/08
19 10 9 9 10 YOU DON'T OWE ME A THING JOHNNIE RAY 1957/03/16
20 13 11 11 1 THE BALLAD OF THE GREEN BERETS S/SGT. BARRY SADLER 1966/04/30
20 10 9 9 2 DEDICATED TO THE ONE I LOVE THE MAMAS & THE PAPAS 1967/04/29
20 12 10 10 1 GRAZING IN THE GRASS HUGH MASEKELA 1968/08/24
20 12 10 10 2 TRACES CLASSICS IV FEAT. DENNIS YOST 1969/04/26
20 12 11 11 6 DOESN'T SOMEBODY WANT TO BE WANTED PARTRIDGE FAMILY 1971/05/01
20 14 12 12 1 A HORSE WITH NO NAME AMERICA 1972/05/20
20 1 1 1 20 INVENTING SHADOWS DIA FRAMPTON 2011/07/16


 なお、余談ですがBillboard誌と足切りルールについて少し触れてみたいと思います。
 BB誌の足切りと言えば、HOT100滞在20週を超えて、50位以下に止まることができないというRecurrent Rulesが有名ですが(INFORMER/SNOWが25週目で52位に残ったというポカがありましたが)、それ以前にも「足切り」が存在していたようです。
 初めて導入されたのが1963年の「30位ルール」。
 これは下降中の曲が30位以下になった場合、その週を含め最大2週間しかHOT100に止まることができないというもの。これでチャートの回転を速くしようとしたワケです。これが1967年に改正され、「40位ルール」に。
 しかし70年代の中ごろにこの足切りは打ち切りに。
 次いで77年には「最少ポイントシステム」が導入されました。これは、HOT100にデビューできる最小の点数制、つまり足かせを設定したことで、仮に設定された最小のポイントを超えなければ、70位以上相当のポイントを持っていてもHOT100にはランクされません。この結果、91位から100位でデビューする曲は激減した、ということです。
 ちなみ40位ルール時代のチャートを少し見てみたいと思います。
1970年1月3日付けから1973年12月29日付けまでの丸4年間209週間でTOP50内から翌週HOT100圏外に消え去ったシングルは824作に上ります。
 ということは少なくともダウン幅は50ランク以上ということになります。その一方、この期間、50ランク以上ダウンして、翌週もHOT100に止まったシングルは1971/12/04付けで21位から89位に74ランクダウンしたBLESS THE BEASTS & CHILDREN/SUPERSTAR/CARPENTERSのみ。
 その他のシングルは全て50ランク以上の急降下ということになります。
ここまで極端ではないにしろ、こうした傾向は、1977年ころまで続きますが、1978年に入ると一転。TOP50以内からHOT100圏外にいきなり消えたシングルは10作に対し、TOP50以内から50ランク以上ダウンしてHOT100に残った曲は79作にも上ります。

TOP50内→いきなりHOT100 
1970年~1973年 TOP50内→HOT100圏外 824作に対し、TOP50内→50ランク以上ダウンしHOT100に止まる 1作
1978年      TOP50内→HOT100圏外 10作に対し、TOP50内→50ランク以上ダウンしHOT100に止まる 79作

 以上からすると、1970年代の中盤まで、50ランク以上のランクダウン相当曲はHOT100に残ることなく、足切りされてHOT100圏外に去っていったということになりそうです。
スポンサーサイト

コメント

やはりカットがあったのですね。

ありがとうございます。
NUTTIN' FOR CHRISTMASという曲は最高位7位から圏外ですか。
クリスマスソングという特殊性が有るとは言え極端ですね。
やはり60年代の頃は「足切り」が有ったのですね。
あまりの高位置から消えていたので、ある基準を満たさなくなるとランキングから抹消されているとは想像してました。

あと「最小ポイントシステム」。
これは現在も継続されていそうですね。
「最小ポイントシステム」の方は、むしろCash-Box誌の方が明らかに適用してましたね。
90位ラインを超えて、かつ上昇傾向でないと100位以内のポイントを得てもチャートインと認めないような感じでした。

この脱壱さんの解説を見てしまうと新たな疑問が出てしまいます。
「初登場11位の翌週に圏外?」
とまるで日本国内のようなランキング現象が起きているのですね。
ということは1位獲得曲、極端に言えば初登場1位になった曲のうち、1ヶ月以内に圏外に去った曲も存在するのでは?
またTOP10内1週間だけのNo.1ソングとか。
私がチャート本を持っている1990年頃まではHot100のNo.1ソングの短命記録はたしか10週だったと思います。

  • 2013/08/18(日) 21:27:50 |
  • URL |
  • yamapy #-
  • [ 編集]

yamapyさん

>1位獲得曲、極端に言えば初登場1位になった曲のうち、1ヶ月以内に圏外に去った曲も存在するのでは?
またTOP10内1週間だけのNo.1ソングとか。
>私がチャート本を持っている1990年頃まではHot100のNo.1ソングの短命記録はたしか10週だったと思います。

仰る通り、№1シングルの最短HOT100滞在記録は、長らくBEATLESのEIGHT DAYS A WEEK、PAPERBACK WRITER、PENNY LANEが持つ10週でしたが、2004/07/10付けで1位を獲得したI BELIEVE/FANTASIAが10週で並び、2006/07/01付け1位のDO I MAKE YOU PROUD/TAYLOR HICKSがHOT100滞在8週という最短記録を塗り替えています。
ちなみに№1シングルの最短TOP10滞在は上記2作の2週(!)です。

  • 2013/08/19(月) 21:27:40 |
  • URL |
  • 脱壱 #mQop/nM.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad