MS-DATABASE-別館

上位から圏外へ急下降したシングル(UKチャート編)

 今回は、前回(150位以下から翌週1位にジャンプアップしたシングル)の逆で、上位からチャート圏外に消え去ったシングルをご紹介いたします。
 「チャート圏外」の定義は、1960年3月~TOP50、1978年5月~TOP75、1983年1月~TOP100、1994年以降TOP200と致します。
 UKチャート史上、最も高位から翌週、チャート圏外にランクダウンしたしたシングルはCrazy(Gnarls Barkley)。
同曲は2006/04/08付で初登場1位に輝き、通算9週間1位を独走後、登場10週目に2位、翌週5位へとダウン。ここまでは極めて平凡なチャートアクションを見せましたが、翌週、TOP100はおろか、TOP200にも引っかからず、200位圏外に大幅ダウン。少なくとも196ランク以上のダウン幅となりました。

 1960年代のTOP50時代にともに9位からTOP50圏外にランクダウンしたMrs. Robinson[EP](Simon And Garfunkel)とSixteen Reasons(Connie Stevens)を挟み、10位からTOP200圏外にダウンしたのが、Maneater(Nelly Furtado)。
こちらも8位初登場、翌週から3週1位、登場5週目以降は2-4-4-7-10と緩やかな下降カーブを描いていましたが、登場10週目、いきなりTOP200内から消え去りました。

 Last Night(Lucy Spraggan)は2012/09/01付で70位初登場し、翌週11位に大ジャンプアップ。TOP10も眼前に迫った登場3週目、TOP200から姿を消しています。

 Silver Shorts(The Wedding Present)は1992/04/18付で14位に初登場するも、翌週TOP100圏外に。最高位14位ながらTOP100滞在1週を記録しています。


■15位以内から翌週チャート圏外にダウンしたシングル
ダウン
前の順位
タイトル アーティスト 初登場日付 チャートアクション
5 Crazy Gnarls Barkley 2006/04/08 1-1-1-1-1-1-1-1-1-2-5-Out
9 Mrs. Robinson [EP] Simon And Garfunkel 1969/01/08 31-29-30-27-9-Out
9 Sixteen Reasons Connie Stevens 1960/05/07 45-45-22-15-17-19-11-17-11-18-9-Out
10 Maneater Nelly Furtado 2006/06/10 8-1-1-1-2-4-4-7-10-Out
11 Last Night Lucy Spraggan 2012/09/01 70-11-Out
13 Let It Be Me The Everly Brothers 1960/02/13 22-20-18-19-19-13-0-26-47-30-40-Out
14 It's Gonna Be A Cold Cold Christmas Dana 1975/12/13 48-18-4-4-9-14-Out
14 Silver Shorts The Wedding Present 1992/04/18 14-Out
15 16 Bars The Stylistics 1976/08/07 43-27-19-12-11- 7-7-14-15-Out
15 Art For Art's Sake 10CC 1975/11/29 49-32-27-19-17-17- 7-5-11-15-Out
15 Dr. Love Tina Charles 1976/12/04 46-24-18-8-8-7-8-4-12-15-Out
15 Raving I'm Raving Shut Up And Dance/Peter Bouncer 1992/05/30 2-15-Out


スポンサーサイト

コメント

脱壱さま
こんにちは。

さっそくの急下降シングルの記事をありがとうございます!
忘れていたもう1曲は「Crazy」でした。
こちらは急上昇の方以上に謎が多いですね。
ロング・チャート・インや連続記録以上に作為的なものを感じます(笑)。

そういえばアルバムの方ですが今年の4月4日付けで9位に初登場した
CRIBSの「FOR ALL MY SISTERS」が翌週にTOP100圏外になりましたが
これはTOP200以内には入っていましたでしょうか?

  • 2015/04/28(火) 19:24:08 |
  • URL |
  • Soreyuki #lTiDBgvI
  • [ 編集]

Soreyuki さん

>ロング・チャート・インや連続記録以上に作為的なものを感じます

その作品のみの意図的な足切り、みたいなチャートアクションですからね。

>アルバムの方ですが今年の4月4日付けで9位に初登場した
CRIBSの「FOR ALL MY SISTERS」が翌週にTOP100圏外になりましたが
これはTOP200以内には入っていましたでしょうか?

9位→113位→TOP200圏外と、これまた派手なチャートアクションを見せています。
次はUKアルバムチャートの急上昇、急下降をご紹介いたします。

  • 2015/04/28(火) 23:27:02 |
  • URL |
  • 脱壱 #mQop/nM.
  • [ 編集]

脱壱さま

>9位→113位→TOP200圏外と、これまた派手なチャートアクションを見せています。

さっそくのご回答ありがとうございました!
やはり圏外に1週で行くのと2週で行くのとではインパクトの差が大きいですね。

>次はUKアルバムチャートの急上昇、急下降をご紹介いたします。

こちらも楽しみにしております。
記憶に新しいところですとCHARLIE SIMPSONの「LONG ROAD HOME」 が
2014年8月16日に10位で初登場で翌週TOP100圏外。

あとMICHAEL BUBLEの「CHRISTMAS」がここ3年(2013~2015)の新年1週目までTOP10に滞在して
2週目にTOP100圏外になってますね。

  • 2015/04/30(木) 15:52:11 |
  • URL |
  • Soreyuki #lTiDBgvI
  • [ 編集]

Soreyukiさん

>記憶に新しいところですとCHARLIE SIMPSONの「LONG ROAD HOME」 が
2014年8月16日に10位で初登場で翌週TOP100圏外。

>あとMICHAEL BUBLEの「CHRISTMAS」がここ3年(2013~2015)の新年1週目までTOP10に滞在して
2週目にTOP100圏外になってますね。

情報ありがとうございます。アルバムのウルトラダウン、TOP200のデータが抜けている期間もあり、データ整備と併せて集計中です。
しばし、お待ち下さい!

  • 2015/04/30(木) 20:50:33 |
  • URL |
  • 脱壱 #mQop/nM.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad