MS-DATABASE-別館

MS-DATABASE版Billboard "GREATEST HOT 100 SINGLES ALL-TIME" 80's

 MS-DATABASE版ALL-TIMEの1980年代版。こちらは思い入れのあるDecadeなんでTOP50をご紹介。

 Decadeトップは、オフィシャルでも8位とTOP10入りしたPHYSICAL。
10週連続1位に加え、TOP40 21週、TOP10 15週はともにDecade2位の長期滞在で文句なし、といったところでしょう。
 2位、3位はオフィシャルでも15位、16位と並び、ともに1981年のヒット曲であるBETTE DAVIS EYES、ENDLESS LOVE。№1週数はともに9週ですが、BETTE DAVIS EYESが5週1位+2位+4週1位と不連続で9週1位に対し、ENDLESS LOVEは9週連続。HOT100滞在はENDLESS LOVEが、TOP40、TOP10滞在はBETTE DAVIS EYESが、それぞれ1週上回るという甲乙つけがたいヒット状況。ポイントも僅差となりました。

 最高位1位以外でもっとも上位にランクされたのは、"GLORIA"。2週3位ながらDecade最長となるTOP40 22週、同3位となるHOT100滞在36週のロングランヒットで17位にランクされました。
 またDecade2位のHOT100 39週を記録したBUST A MOVEが最高位7位ながら24位に入りました。
一方、10週連続2位を記録したWAITING FOR A GIRL LIKE YOU、そしてBillborad史上最長チャートイン記録の称号を長らく有していたTAINTED LOVEの2曲は、68位と72位。ポイント計算すると2位10週もHOT100 43週も大きなアドバンテージにはならなかったようです。

参考:80年代HOT100、TOP40、TOP10長期ランクイン作品
HOT100
43週    1918    Tainted Love-Soft Cell
39週    2375    Bust A Move-Young M.C.
36週    2458    Gloria-Laura Branigan
32週    2648    Jessie's Girl-Rick Springfield
32週    2300    Baby, Come To Me-Patti Austin
31週    2605    Another One Bites The Dust-Queen

TOP40
22週    2648    Jessie's Girl-Rick Springfield
22週    2458    Gloria-Laura Branigan
22週    2339    Hurts So Good-John Cougar
21週    3229    Physical-Olivia Newton-John
21週    2605    Another One Bites The Dust-Queen
21週    2482    Don't You Want Me-Human League
21週    2423    Celebration-Kool & The Gang
21週    2045    You And I-Eddie Rabbitt
20週    2987    Bette Davis Eyes-Kim Carnes
20週    2729    Flashdance...What A Feeling-Irene Cara
20週    2677    Every Breath You Take-Police, The
20週    2634    Centerfold-J. Geils Band
20週    2375    Bust A Move-Young M.C.
20週    2134    Keep On Loving You-REO Speedwagon

TOP10
16週    2339    Hurts So Good-John Cougar
15週    3229    Physical-Olivia Newton-John
15週    2690    Eye Of The Tiger-Survivor
15週    2605    Another One Bites The Dust-Queen
15週    1939    Waiting For A Girl Like You-Foreigner
14週    2987    Bette Davis Eyes-Kim Carnes
14週    2729    Flashdance...What A Feeling-Irene Cara
14週    2495    Upside Down-Diana Ross
14週    2350    (Just Like) Starting Over-John Lennon
14週    2275    Abracadabra-Steve Miller Band

MS-DATABASE版Billboard "GREATEST HOT 100 SINGLES ALL-TIME" 80's TOP50
Rank Points HOT
100
TOP
40
TOP
10
Peak wks entry date Title Artist
1 3388 26 21 15 1 10 1981/10/03 Physical Olivia Newton-John
2 3120 26 20 14 1 9 1981/03/28 Bette Davis Eyes Kim Carnes
3 3101 26 19 13 1 9 1981/07/11 Endless Love Diana Ross and Lionel Richie
4 2905 22 20 13 1 8 1983/06/04 Every Breath You Take Police, The
5 2865 25 20 14 1 6 1983/04/02 Flashdance.. What A Feeling Irene Cara
6 2819 25 18 15 1 6 1982/06/05 Eye Of The Tiger Survivor
7 2771 24 19 12 1 6 1981/11/07 Centerfold J. Geils Band, The
8 2758 30 20 15 1 3 1980/08/16 Another One Bites The Dust Queen
9 2747 25 19 12 1 6 1980/02/16 Call Me Blondie
10 2737 32 22 12 1 2 1981/03/28 Jessie's Girl Rick Springfield
11 2683 24 17 11 1 7 1983/01/22 Billie Jean Michael Jackson
12 2682 24 18 12 1 6 1980/10/04 Lady Kenny Rogers
13 2586 28 17 14 1 4 1980/07/12 Upside Down Diana Ross
14 2572 28 18 11 1 4 1983/07/16 Total Eclipse Of The Heart Bonnie Tyler
15 2555 28 21 12 1 3 1982/03/06 Don't You Want Me Human League, The
16 2646 22 18 13 1 6 1983/10/15 Say Say Say Paul McCartney & Michael Jackson
17 2522 35 21 9 2 3 1982/07/10 Gloria Laura Branigan
18 2498 29 20 7 1 2 1980/10/25 Celebration Kool & The Gang
19 2485 23 16 12 1 4 1983/09/17 All Night Long (All Night) Lionel Richie
20 2479 25 19 12 1 4 1980/01/19 Another Brick In The Wall Pink Floyd
21 2478 24 18 9 1 4 1982/11/06 Down Under Men At Work
22 2458 26 21 13 1 1 1979/10/20 Do That To Me One More Time Captain and Tennille
23 2458 21 18 13 1 4 1980/11/01 (Just Like) Starting Over John Lennon
24 2455 38 19 4 7 1 1989/07/29 Bust A Move Young M.C.
25 2435 28 22 16 2 4 1982/04/24 Hurts So Good John Cougar
26 2428 20 16 12 1 7 1982/02/06 I Love Rock 'N Roll Joan Jett & The Blackhearts
27 2419 28 18 10 1 3 1984/05/19 What's Love Got To Do With It Tina Turner
28 2414 19 15 12 1 7 1982/04/10 Ebony And Ivory Paul McCartney with Stevie Wonder
29 2400 23 18 9 1 4 1979/11/03 Rock With You Michael Jackson
30 2397 25 19 14 1 2 1982/05/29 Abracadabra Steve Miller Band, The
31 2382 23 18 11 1 3 1980/09/06 Woman In Love Barbra Streisand
32 2370 31 17 9 1 2 1982/04/24 Baby, Come To Me Patti Austin with James Ingram
33 2344 21 16 11 1 5 1984/06/02 When Doves Cry Prince
34 2340 21 17 12 1 4 1979/12/22 Crazy Little Thing Called Love Queen
35 2330 25 18 10 1 3 1983/02/26 Beat It Michael Jackson
36 2308 27 17 9 1 2 1980/11/08 I Love A Rainy Night Eddie Rabbitt
37 2290 23 17 12 1 3 1981/08/15 Arthur's Theme Christopher Cross
38 2288 24 17 12 1 2 1983/08/27 Islands In The Stream Kenny Rogers With Dolly Parton
39 2287 22 17 10 1 4 1982/07/24 Jack & Diane John Cougar
40 2265 22 16 9 1 4 1985/11/09 That's What Friends Are For Dionne & Friends
41 2251 21 15 10 1 5 1984/01/14 Jump Van Halen
42 2242 22 16 12 1 3 1982/10/16 Maneater Daryl Hall & John Oates
43 2228 25 17 9 1 2 1980/11/29 9 To 5 Dolly Parton
44 2221 24 18 12 1 2 1982/06/05 Hard To Say I'm Sorry Chicago
45 2208 24 16 10 1 3 1984/02/25 Against All Odds Phil Collins
46 2206 23 16 11 1 3 1984/01/28 Footloose Kenny Loggins
47 2198 28 19 9 1 1 1980/11/29 Keep On Loving You REO Speedwagon
48 2170 25 15 10 1 3 1984/08/18 I Just Called To Say I Love You Stevie Wonder
49 2154 23 19 15 2 10 1981/10/10 Waiting For A Girl Like You Foreigner
50 2150 20 16 9 1 4 1980/05/24 Magic Olivia Newton-John



スポンサーサイト

コメント

脱壱 さん

私が好きな"Into The Night"と"What About Me"もよろしくお願いします♪

追記:
これだけだと意味不明っぽいので、お分かりだと思いますが書いておきますね。
'80年代HOT100長期ランクインの4位と2位です。

  • 2015/11/30(月) 22:30:53 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

starfort さん

>私が好きな"Into The Night"と"What About Me"もよろしくお願いします

57位 1975 Into The Night-Benny Mardones
72位 1934 What About Me-Moving Pictures
で残念ながらTOP50入りならずでした。

>'80年代HOT100長期ランクインの4位と2位です。

リエントリーの扱いですね。
これは私もどうしようかと悩みました(ポイントは合算しましたが)
Whitburnのチャート本では26週以上間隔をあけてリエントリーした曲は、同一バージョンであってもそれぞれ1曲としてカウントしてあります。
このため上記の2曲はWhitburn本では
6/14/80 11 20 1 Into The Night
5/6/89 20 17 2 Into The Night

9/18/82 31 26 1 What About Me
8/12/89 46 17 2 What About Me
と表記され1曲なのに2曲のHOT100ヒットという扱いです。
一方、Billboard本誌ではリエントリー後の週数も合算しており、HOT100滞在はそれぞれ37週と43週。これならばWhitburnが勝手に26週リエントリールールを作っているで済むのですが、84年ヒットと88年ヒットのバージョン違いのRed Red Wineは、Billboardでは合算した週数で表示されているため、HOT100 滞在40週となっています。
バージョン違いも同一曲として扱われ、週数もカウントされるならばSend Me An AngelやI'm So Excitedも合算しなければならないはず。ここらがBillboardの見解があいまいなところですね。それを踏まえて80年代のHOT100滞在TOP10は
43 WHAT ABOUT ME-MOVING PICTURES
43 TAINTED LOVE-SOFT CELL
40 I'M SO EXCITED-POINTER SISTERS
40 RED RED WINE-UB40
37 INTO THE NIGHT-BENNY MARDONES
36 GLORIA-LAURA BRANIGAN
36 WHERE ARE YOU NOW?-SYNCH
35 SEND ME AN ANGEL-REAL LIFE
32 BABY, COME TO ME-PATTI AUSTIN (WITH JAMES INGRAM)
32 JESSIE'S GIRL-RICK SPRINGFIELD
となります。

リエントリーをめぐる不可解な点(ごく一部)
・日本版「ビルボード・トップ10ヒッツ」ジョエル・ホイットバーン著、かまち潤監修の巻頭の解説には「リエントリー曲(数週間HOT100から外れた後、再登場したレコード)については、初登場とはみなしていない。」とあります。Chubby Checkerの方は49週、David Sevilleの方は50週、HOT100から外れてますがどちらも数週間というには長すぎる。
・BIllboardの本誌では"Every Little Kiss"-Bruce Hornsby & The Rangeのリミックスバージョンが登場したときは"NEW"エントリ、翌週の"WKS. ON CHART"欄がいきなり”11”になっている。
・"1999"-Prince は1982/10/30に#81で"NEW ENTRY"、以下 71,61,55,53,49,44,44,65,65,77,97で12週、19週間圏外後、1983/6/4に#70で再び"NEW ENTRY"(WKS. ON CHARTはこの時点で1、新曲扱いです。)以下 52,39,33,23,15,13,12,12,17,18,27,42,75,95でこの間"WKS. ON CHART"欄は1983/6/4からの週数でした。
半年もたたないのにリエントリではなく新曲扱いなので謎が深まります。
・Baby, Come To Me-Patti Austin & James Ingramも82年4月24日付けから4週間HOT100にランクした後、21週間ランク外へ。そして再び同年10月16日にHOT100にエントリーしました。この時は「1999」同様、「NEW ENTRY」でした。
・プリンス同様19週間空けてHOT100に戻ってきたPaul Simon「You Can Call Me Al」は「RE-ENTRY」。
・Billboard誌で1958/8/4-1961/12/25にHOT100にエントリされた曲のうち26週以上経たのちリエントリした曲ではクリスマスソングはすべて新曲扱い。その他では
"Dedicated To The One I Love"-Shirellesは新規扱い(76 wks off)
"Leave My Kitten Alone"-Little Willie Johnは新規扱い(68 wks off)
"I Remember (In The Still Of The Night)"-Five Satinsは新規扱い(51 wks off)
"All I Have To Do Is Dream"-Everly Brothersはリエントリ扱い(153 wks off)
"The Twist"-Chubby Checkerはリエントリ扱い(49 wks off)
"Dreamy Eyes"-Johnny Tillotsonは新規扱い(148 wks off)
"Maria"-Johnny Mathisは新規扱い(73 wks off)
とリエントリーの扱いがまちまちです。
以上はごくごく一部で、Billboardの週数合算は良く言えばケースバイケース(悪く言うといい加減 苦笑)なところがかなりあります。
したがって私のスタンスは、より合理的(と思われる)Whitburn式に則り、26週ルール=26週未満ならばリエントリー、以上ならばニューエントリーで以前の週数をカウントせず、で統一したいと思います。

  • 2015/12/01(火) 21:21:35 |
  • URL |
  • 脱壱 #-
  • [ 編集]

脱壱 さん

リエントリの扱いは難しいですね。
私は収集するためにチャートを利用してるので、同一バージョンは同じ曲という認識です。

Billboardは確かにいい加減ですねw。
Red Red Wineはまだしも、December 1963のRe-entryは違いすぎて違和感ありまくりでした。

そういった意味では、26週ルールは無難な選択なのかも知れませんね。
ただ、週数は別扱いでポイントが合算だと、ちょっと混乱します。

  • 2015/12/01(火) 21:57:37 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

starfortさん

>私は収集するためにチャートを利用してるので、同一バージョンは同じ曲という認識です。

やっぱり同一バージョンは同じ曲ですよね。
26週ルールは確かに理にかなっている(週数の妥当性は横に置くとして)のですが、同一曲は同一曲ですよね。
そもそもBillboardの担当者、バージョン違いかどうか理解していたんでしょうかね?

>Red Red Wineはまだしも、December 1963のRe-entryは違いすぎて違和感ありまくりでした。

Albumチャートは2009年以降足切りが廃止されたので旧作が続々と「リエントリー」していますが、オリジナルにボートラ入りなんてのも少し違和感を感じました(感じすぎですね)

>ただ、週数は別扱いでポイントが合算だと、ちょっと混乱します。

スミマセン。ダブルスタンダードはいかんですよね。そもそも、The Twistのポイントを合算で見たいがために強引に合算しました。
このため、all-timeチャート集計の際は、いわゆる26週リエントリーは別曲としてそれぞれポイントを弾いたため、HOT100長期滞在にリエントリー組が省かれた、というわけです。
もう少しデータベースの組み方を変えなきゃいけないですね。

  • 2015/12/01(火) 22:22:26 |
  • URL |
  • 脱壱 #-
  • [ 編集]

脱壱 さん

>そもそもBillboardの担当者、バージョン違いかどうか理解していたんでしょうかね?

かなり怪しいと思いますw。

>Albumチャートは2009年以降足切りが廃止されたので旧作が続々と「リエントリー」していますが、オリジナルにボートラ入りなんてのも少し違和感を感じました

これ、分かるような気がします。ボーナストラックは反則っぽい、つい目当てで買っちゃうんですよ。レコード会社の策略に見事に乗せられてますw。

>もう少しデータベースの組み方を変えなきゃいけないですね。

確かにall-timeチャートで"Twist"みたいな同一曲は合算で見たいですね。
より良いデータベースとなることを期待しております。

  • 2015/12/01(火) 23:34:20 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

starfortさん

>ボーナストラックは反則っぽい、つい目当てで買っちゃうんですよ。
>レコード会社の策略に見事に乗せられてます

ボートラ、リマスター、デラックスエディション、日本盤のみ○○...の魔力にかかって同一タイトルのCDを何枚持っているかを数えてみました。
4枚
THE LEXICON OF LOVE/ABC
BOSTON/BOSTON
THE NIGHTFLY/DONALD FAGEN

3枚
BREEZIN'/GEORGE BENSON、DARE/HUMAN LEAGUE(LP入れると5枚!)
TOTOIV/TOTO
THIRD STAGE/BOSTON
BORN IN THE U.S.A/BRUCE SPRINGSTEEN
SONGS FROM THE BIG CHAIR/TEARS FOR FEARS
INTO THE GAP/THOMPSON TWINS
BIZARRO/WEDDING PRESENT
GEORGE BEST/WEDDING PRESENT
90/808 STATE
EX:EL/808 STATE
GORGEOUS/808 STATE
3 FEET HIGH AND RIGING/DE LA SOUL

2枚は数知れず...
売り文句に弱いなあ、我ながら。

>より良いデータベースとなることを期待しております。

精進いたしますので今後もよろしくお願いします。

  • 2015/12/02(水) 21:03:22 |
  • URL |
  • 脱壱 #-
  • [ 編集]

脱壱 さんも相当ですね!

私は怖くて数えられませんですw。
今も持ってて一番多いのは、Beatles,Zep,Pink Floyd,Eagles,Lynard Skynard あたりのLP、CD合わせての5枚コースで、ご一緒ですね。
(LPの時代は音が悪いと買い直して売り払ったので、同じアルバムを買った枚数はもうよく分からないです)

レコード会社の売り文句は巧妙ですよねぇ。(笑)

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。

  • 2015/12/02(水) 22:30:59 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

starfort さん

>LPの時代は音が悪いと買い直して売り払ったので、同じアルバムを買った枚数はもうよく分からないです

やはりアナログ盤でもあったんですね、音の善し悪しが。
そういえばちょうど30年と1日前(!!!)の1985年12月2日、記念すべきCD1枚目を購入しました。(特に好きでもないCHICAGOの"CHICAGO17").
期待感と高揚感でスタートボタンを押して、あまりの「音のくもり」にがく然。30年経った今でも、あの音の悪さがCDの印象として残っています。買ったCDが悪かったのか、CDプレーヤー(ヤ○ハ製)が悪かったのか。

  • 2015/12/03(木) 22:22:36 |
  • URL |
  • 脱壱 #-
  • [ 編集]

脱壱 さん

>やはりアナログ盤でもあったんですね、音の善し悪しが。

アナログ盤の方が差が激しかったです。
国、レコード会社毎にけっこう違い、おおまかな国ごとの差は下記のような感じでした。
国内盤:スクラッチノイズは少ない。カッテングレベルは低めで大人しい音。
US盤 :スクラッチノイズが多い。カッテングレベルは高めで音にメリハリあり。
UK盤 :スクラッチノイズは低め。カッティングレベルは中ぐらいで好みの音。
    ただしレコード最外周に盛り上がりがなく針が落ちやすいので注意が必要。また国内の流通量が少ないのが難。
カートリッジによる音の違いもCDプレーヤの比ではなく大きかったです。
レコードプレーヤのセッティングや操作も面倒で、CDしか知らない世代ならあまりの違いに驚くかもしれません。


>期待感と高揚感でスタートボタンを押して、あまりの「音のくもり」にがく然。

それは残念な思い出ですねぇ。組み合わせでしょうか。
"CHICAGO"の音作りは昔からスケール感を重視してる感じですね。高音のレベルは相対的に低めです。初期のホーンセクションからの流れかもしれません。
ヤ○ハさんの製品は、私もレコードプレーヤ、アンプ、スピーカーを持ってますが、これでRockは聴かないですね。クラシック向けな感じです。Popならボーカル系でしょうか。
確かにこの組み合わせなら、音が曇りそうです。

CDはフォーマット上22.05kHzまでしか高音が入らないので、初期のCDは高音のレベルを上げてました。
またアナログより音がいいと印象付けるために低音もブーストしてたので、いわゆるドンシャリ系の音です。
最近の普通のCDはもっとひどくLoudness Warと呼ばれるほどで、クリップするまでレベルを上げています。
この音に慣れるとフラットな音は物足りなくなり、その組み合わせは今なら籠って感じられるかも知れません。

その点、アナログ盤はCD4の影響もあり、レベルを上げなくてもモノによっては高音が45kHzくらいまで伸びています。
カートリッジもスペック上65kHzまであるので、CDに比べると高音の伸び、ナチュラルさは別格です。
特にノイマンのカッティングマシンSAL74が出た1974年以降のアナログ盤は音が格段に良くなってます。

ただ寿命やノイズ、維持コストなんかを考えると、どうしてもデジタル音源に移行せざるを得ませんね。

  • 2015/12/04(金) 18:06:05 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

starfortさん

>国内盤:スクラッチノイズは少ない。カッテングレベルは低めで大人しい音。
>US盤 :スクラッチノイズが多い。カッテングレベルは高めで音にメリハリあり。
>UK盤 :スクラッチノイズは低め。カッティングレベルは中ぐらいで好みの音。

同一アルバムで日米英盤を持っているのはHeaven 17しかないんで、なんとも言えませんが、言われてみればHeaven 17のPenthouse And Pavement(UK盤)、(日本盤)、Heaven 17(US編集盤)、それぞれなんか違うなあ、と感じたことを思い出しました。言われてみれば、ですが。
聴き直そうにも、LPは3枚ともあるのにプレイヤーがないんですね。

>確かにこの組み合わせなら、音が曇りそうです。

その後(2年後)、DENONのプレイヤーで聴いたら多少曇りが晴れたような気がしました。こちらも「気がしました」、ですが。

>アナログより音がいいと印象付けるために低音もブーストしてたので、いわゆるドンシャリ系の音です。
>最近の普通のCDはもっとひどくLoudness Warと呼ばれるほどで、クリップするまでレベルを上げています。

デジタルリマスターと銘打ちながら、音圧操作でお茶を濁しているものもかなりありそうです。

>ただ寿命やノイズ、維持コストなんかを考えると、どうしてもデジタル音源に移行せざるを得ませんね。

しかも、モノではなく文字通り「音源」になりそうですね。

  • 2015/12/04(金) 22:17:41 |
  • URL |
  • 脱壱 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad