MS-DATABASE-別館

1980年代 Billboardの異なるジャンルのチャートにエントリーした作品

 1980年代、BillboardのPop(HOT100)除く主要5大チャート(R&B、Country、Adult Contemporary=A/C、Dance、Rock Tracks=R/T(1981年3月21日スタート))のうち、2つ以上のチャートにランクインした作品は1489作(HOT100にチャートインした作品)。この全作品のジャンル別の組み合わせを調べてみました。
 まず最も多い組み合わせはDance-R&Bの組み合わせで581作が両チャートにランクイン。ブラック=ディスコ=ダンスというイメージ通りの結果と言えるでしょう。
 これに次ぐのがA/C/-R&Bの組み合わせで389作。R&Bチャートに入る作品中、A/Cと親和性の高い「ブラコン」作品群がこの組み合わせの主流となっています。
 3番目に多い組み合わせはA/C-R/Tで332作。少し意外な感じがしますが、ハードロック系ではなく、「ソフトなロック」がA/Cチャートにもエントリーしていることなのでしょう。
 4番目の組み合わせはDance-R/Tで234作。「踊れるロック」がこんなにあるとはこちらも意外な感があります。
続いてA/C-Danceの210作。「静のA/C」に「動のDance」と両極端のイメージがありますが、200作を超える作品が両チャートにチャートインしています。
 続いてA/C-C&Wの124作。1980年代序盤にカントリー系アーティストがPopチャートにも進出し、洗練されたA/C調の作品が印象的だったので、この少なさは意外です。

 以上6パターンは100を超える組み合わせが存在しますが、残る3パターンの組み合わせはグッと少なくなり10作以下となります。
まずC&W-R/Tの組み合わせは9作。
 Crosby, Stills & NashやJuice Newtonといったカントリー系のアーティストからのアプローチとJohn Cougar Mellencamp、Bruce Hornsby & Rangeのロック系アーティストからのアプローチに大別されるようです。
entry date  Title  Artist Billboard  CB RR RW
A/C C&W Dance R&B R/T HOT100
1981/02/21 ANGEL OF THE MORNING Juice Newton 1 22 - - 57 4 2 4 1
1981/07/18 SWEET HOME ALABAMA Charlie Daniels Band - 94 - - 52 110 i101 - -
1982/06/26 WASTED ON THE WAY Crosby, Stills & Nash 2 87 - - 9 9 8 2 -
1985/03/23 WE ARE THE WORLD USA For Africa 1 76 - 1 27 1 1 1 -
1987/01/17 MANDOLIN RAIN Bruce Hornsby & Range 1 38 - - 2 4 4 4 -
1987/06/27 LA BAMBA Los Lobos 4 57 - - 11 1 1 1 -
1988/12/17 PERFECT Fairground Attraction 31 85 - - 23 80 81 - -
1989/01/21 YOU GOT IT Roy Orbison 1 7 - - 2 9 16 14 -
1989/07/15 JACKIE BROWN John Cougar Mellencamp 31 82 - - 20 48 45 - -


 続いて前回もご紹介したC&W-R&Bの組み合わせは5組
WHAT ABOUT ME?、WE ARE THE WORLDといった白人黒人、カントリー系、R&B系が混在する作品は、両チャートへのエントリーは納得といったところでしょう。
 全てがA/Cチャートで1位を獲得しているようにA/C的な作品が多いのがこの組み合わせの特徴でしょうか。

 そして最も希少性の高い組み合わせはC&W-Danceでわずか2作。
2作というのも意外な感じがします。ダンサブルな曲調のカントリーミュージックは少なくないでしょうからね。
 なお、その2作、9 TO 5、THE HOUSE OF THE RISING SUNとDolly Partonの作品ですが、Danceチャートではカップリングとしてエントリー。このため2曲1組という変則的なチャートインをしています。
entry date  Title  Artist Billboard CB RR RW
A/C C&W Dance R&B R/T HOT100
1980/11/29 9 TO 5 Dolly Parton 1 1 77 - - 1 1 2 1
1981/09/19 THE HOUSE OF THE RISING SUN Dolly Parton 30 14 77 - - 77 i102 - -


スポンサーサイト

コメント

脱壱 さん

ネタのご紹介、どうもありがとうございます♪
最も希少性の高い組み合わせは、Country/Discoでしたか。
アメリカ人の知人によると、Countryは田舎、Discoは都会の音楽らしいです。
Countryは日本の演歌みたいなものだと言ってました。(何か彼は間違って演歌を認識してるような気もしますが…w)
曲調に関係なく、田舎に住む保守的で年配向けの音楽と思えばよいようです。
Grand Ole Opryに出るようなアーティスト以外お断りみたいな感じでしょうか。

この Dolly Parton は、"Baby, I'm Burnin'"の余波みたいですね。
猫も杓子も Disco の時代(1978-1979)に Dolly も手を出して、Disco チャートで15位まで上がってます。カントリーの女王 Dolly らしく両A面シングルで、"I Really Got The Feeling"がCountryで1位でした。

あと蛇足ですが、Crosby, Stills & Nash をカントリー系というとオールドファンにはかなり違和感があります。Eagles, Zepを含む多くのロックバンドへ影響を与えた偉大なロックバンドです。

  • 2015/12/08(火) 02:31:55 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

starfortさん

>曲調に関係なく、田舎に住む保守的で年配向けの音楽と思えばよいようです。

ざっくり言うと共和党=カントリー、A/C、民主党=R&B、ディスコ、R/Tみたいな感じなんでしょうね。あくまでざっくり言うとですが。

>Dolly Parton は、"Baby, I'm Burnin'"の余波みたいですね。

70年代も同様の企画をいたしますが、やっぱりこの曲も数少ないC&W-Danceのひとつです。

>Crosby, Stills & Nash をカントリー系というとオールドファンにはかなり違和感があります。

認識不足でスミマセン。アメリカと並ぶカントリーロックの雄という位置づけでした。
やっぱり70年代は奥が深いなあ。

  • 2015/12/08(火) 20:50:32 |
  • URL |
  • 脱壱 #-
  • [ 編集]

脱壱 さん

> ざっくり言うと共和党=カントリー、A/C、民主党=R&B、ディスコ、R/Tみたいな感じなんでしょうね。

おっ、これは面白い例えですね♪
確かに共和党は保守的でタカ派のイメージ。

> 70年代も同様の企画をいたしますが、やっぱりこの曲も数少ないC&W-Danceのひとつです。

ありがとうございます。楽しみです。


CS&Nは、フォークロックですかね。
Bob DylanやJoan Baezはフォークであってもカントリーには入らないのと同様、その昔はフォークロックとカントリーロックを区別してました。
カントリーとフォークはルーツが同じで曲調から判別しずらく、日本人には区別しにくいです。
フォークはメッセージ性にも特徴がありますが、ニューヨークやサンフランシスコあたりの都会で生まれたものは、カントリーじゃないっていう感じでしょうか。
カントリーロック、音的には、バンジョーやフィドルに特徴があります。Charlie Danielsがいい例です。(彼は、フォークミュージシャンとの共演も多いですが、フォークロックとは決して呼ばれず、カントリーロックという呼称がぴったりです。)
またカントリーロックはサザンロックと親和性が高いのも特徴ですね。

> やっぱり70年代は奥が深いなあ。
90年代以降により複雑化したロックのジャンル分けに比べるとまだ単純です。(もう私はついていけませんです…)
70年代は60年代に生まれたロックの流れが一気に広がった時代で面白いですよ♪

  • 2015/12/08(火) 22:20:07 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

starfortさん

>CS&Nは、フォークロックですかね。
>その昔はフォークロックとカントリーロックを区別してました。
>カントリーとフォークはルーツが同じで曲調から判別しずらく、日本人には区別しにくいです。

なるほど。フォークロックならしっくりきますね。
分かりやすいご説明ありがとうございました。

ところでアメリカでいうところのフォークやブルースって日本では全然違ったジャンルをさすことが多いですね。
特にブルース。昭和40年代に日本で○○ブルースっていうタイトルがはやりましたが、アメリカでいうところのブルースとは何の関係もない、演歌調歌謡曲でしたもんね。


  • 2015/12/09(水) 21:52:43 |
  • URL |
  • 脱壱 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad