スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Billboard Adult Contemporary Artist All-time Ranking(1980's)

 Billboard Adult Contemporaryチャートのオールタイムランキングのアーティスト編の第二弾は1980年代。
ランキングはこちらで紹介した作品のポイントをアーティスト別に集計しました。

 1980年代、A/Cチャートで最もポイントを稼いだ(ヒットした)アーティストは、Kenny Rogers。チャートイン27曲、TOP20 22曲、TOP10 19曲、TOP5 14曲はいずれもDecade最多で、№1 7曲は同2位。獲得ポイントは2位以下を大きく引き離す17,110ポイント。最大のヒット曲Islands In The Streamを始めチャートイン27曲中7曲がデュエット曲と、他のアーティストとの相乗効果によるところも大きいのが特徴でもあります。
 Decade2位はLionel Richie。以前もご紹介したとおりA/Cチャートにランクインした15作中、実に11作が№1に輝き(Decade最多)、80'sオールタイムTOP100に10作がランクインするなど、Kenny Rogersに引けを取らないヒットメイカーといえるでしょう。
 3位以下は混戦。特に3位Billy Joel(11,881P)、4位Neil Diamond(11,757P)、5位Elton John(11,718P)は163ポイントにひしめく大混戦。チャートイン曲数から№1ヒットまでほぼ同数で誤差の範囲といえるでしょう。
 10位のWhitney HoustonはA/Cチャートにランクインした11作すべてがTOP10入り(Teddy PendergrassとのデュエットHold Me含む)、うち7曲が№1という快挙を達成。実質デビューがDecadeの中盤であるにもかかわらずTOP10入りは見事。

■1980年代Billboard Adult Contemporary TOP20 Artist
Rank Aritist Points チャートイン
曲数
TOP20 TOP10 TOP5 1 Decade最大のヒット曲
Rank Points Title
1 Kenny Rogers 17,110 27 22 19 14 7 25 1228 Islands In The Stream
2 Lionel Richie 15,469 15 14 14 13 11 11 1315 Hello
3 Billy Joel 11,881 19 16 13 12 6 44 1178 This Is The Time?
4 Neil Diamond 11,757 20 16 14 11 3 51 1157 Yesterday'S Songs
5 Elton John 11,718 20 15 11 11 4 113 1039 Blue Eyes
6 Barbra Streisand 11,028 20 15 13 8 3 9 1323 Woman In Love
7 Barry Manilow 11,011 21 16 12 7 4 58 1143 Read 'Em & Weep
8 Air Supply 10,180 13 13 10 10 3 5 1350 Lost In Love
9 Dionne Warwick 10,142 18 15 10 8 5 33 1202 That'S What Friends Are For
10 Whitney Houston 10,117 11 11 11 8 7 43 1180 The Greatest Love Of All ?
11 Dan Fogelberg 9,650 14 13 11 8 4 168 967 Lonely In Love?
12 Chicago 9,087 13 11 9 6 3 22 1258 Hard To Say I'm Sorry
13 Phil Collins 9,062 12 9 8 7 5 8 1334 Two Hearts
14 Stevie Wonder 8,683 16 11 8 6 6 34 1202 I Just Called To Say I Love You
15 Madonna 8,575 17 12 8 8 3 126 1021 Live To Tell?
16 Anne Murray 8,090 20 13 7 2 1 412 737 Daydream Believer
17 Billy Ocean 7,935 10 9 9 8 3 28 1216 Love Is Forever
18 Gloria Estefan/Miami Sound Machine 7,856 11 10 8 7 4 30 1210 Words Get In The Way
19 Steve Winwood 7,762 10 9 8 6 4 106 1060 Back In The High Life Again?
20 Michael Jackson 7,309 15 9 8 6 2 86 1085 The Girl Is Mine
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おおっ、Dan Fogelberg が入ってる!
Joe Walsh がプロデュースした Souvenirs から聴いてました。
Tim Weisberg との共演盤も良かったなぁ。
50代の若さで亡くなったのが残念です。

ところで、脱壱さん、ちょっと気になっているんですが、うちの環境だと曲名の後ろに"?"が付いてるのがあったり、アポストロフィーの次の文字が一部大文字になったりしています。
Windows10 のせいだと思うのですが、文字のエンコード指定をご教示願えませんでしょうか?
これを変えてもダメなら、MS のアップデート待ちかな。

starfort さん

>Joe Walsh がプロデュースした Souvenirs から聴いてました。

私はMissing Youからの新参者です(苦笑)

>うちの環境だと曲名の後ろに"?"が付いてるのがあったり、アポストロフィーの次の文字が一部大文字になったりしています。

スミマセン。「"?"マーク」は文字化け、「アポストロフィーの次の文字が一部大文字」はPROPER 関数で変換後の小文字化忘れです。
極力アップする前に確認しますのでご容赦を。

脱壱さん、

> 「"?"マーク」は文字化け、「アポストロフィーの次の文字が一部大文字」はPROPER 関数で変換後の小文字化忘れです。

原因が分かって安心しました。
うちの Windows10 が問題児でして、ブラウザで日本語入力は化けるわ、ディスプレイドライバは停止するわで、てっきりMSのせいだと思ってました。(^^;;;
このくらいの文字化けなら、全然問題ないです。どうぞ、お気になさらずに。

starfort 様
私も年末年季休暇を利用してWindows10へバージョンアップ作業を試みました。
環境は問題ありませんでしたが、エッジの使い勝手が悪くイライラするばかり…。
結局8.1に戻しましたが、今度はTwitterのアカウントが使えなくなってしまい…
(単なるパスワード忘れですが)
MS-DATABASE さんのフォローもし直しました。

明日から仕事なので、5月の大型連休で、パソコンに詳しい友人に来てもらいリベンジする予定です。

追記
Dan Fogelbergは、LONGERからです。

脱壱様
80sありがとうございます。
こちらも順当な結果ですね。

ただ、Kenny Rogersの最大のヒット曲はISLANDS IN THE STREAMですか?
私にはLADY、
I DON’T NEED YOU
THROUGH THE YEARS(←私の一番好きな曲)
の方が印象が強いです。

おそらくWks on Chartで稼いだのでしょう(笑)。

ふと思ったのですが、Kenny Rogersデュエットが多いですよね。
その場合の得点配分はどうなっていますか?

WHAT ABOUT ME? / Kenny Rogers with Kim Carnes & James Ingram
の場合は3アーティストに全て配分? 
ポイントを3等分して配分?
それとも最初のKenny Rogersだけに配分?
気になりましたので…。

starfort さん

>うちの Windows10 が問題児でして、ブラウザで日本語入力は化けるわ、ディスプレイドライバは停止するわで、てっきりMSのせいだと思ってました。

誰に聞いても評判あまり良くないですね。
パソコン立ち上げると「更新しろ更新しろ」とうるさいので、逆にバージョンダウンしてやりました(笑)

Yamapyさん

>Kenny Rogersの最大のヒット曲はISLANDS IN THE STREAMですか?
私にはLADY、
I DON’T NEED YOU
THROUGH THE YEARS(←私の一番好きな曲)
の方が印象が強いです。

Kenny RogersのA/CチャートTOP5はいかのとおり。
25位 1228PI slands In The Stream
56位 1145P Lady 
60位 1133P I Don't Need You
105位 1060P Love Will Turn You Around
120位 1032P What About Me?

おっしゃるとおりwks on chartの差ですね。

>ふと思ったのですが、Kenny Rogersデュエットが多いですよね。

基本的にはクレジットされているアーティストに等分に配点しています。
(andやwithで結ばれるアーティスト)
Dionne and FriendsはDionne Warwickのみ、USA for Africaは単独アーティストとして扱っています。

Yamapy 様、脱壱 様

私の他にも Windows10 に煩わされている方がいて安心(?)しました。(笑)
ネット上にはあまり情報が出てない Tips をお一つ。
うちでは Windows10 で画面が固まる謎の現象に悩まされていたのですが、IME が原因でした。
IME のプロパティ > 詳細設定 で、"予測入力を使用する"と"学習する"のチェックを外すと安定しました。ネットの辞書を参照したりするのがバグバグっぽいです。

"Longer"は名曲ですねぇ。"Missing You"は"Part Of Plan"の頃に似たエレキを使ったちょっとハードな感じが好きでした。
Joe Walsh プロデュースで日の目を見た人なので、Eagles ファンでもある私には思い入れが深いアーティストです。

starfortさん

>"Missing You"は"Part Of Plan"の頃に似たエレキを使ったちょっとハードな感じが好きでした。

Missing Youから入門した私は、これがDan Fogelberg!と思いこみ、遡ってLongerを聴いた時の違和感を忘れることができません(笑)。
MS-DATABASEリンク集
最新コメント
最新の記事
一応、ジャンル分け
塗りつぶせ
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
キーワードは、と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。