MS-DATABASE-別館

TOP10ヒットながら年間チャートにエントリーしなかったシングル(1980年代-1-)

 1980年代、TOP10ヒットながら年間チャートにエントリーしなかったシングルを2回に分けご紹介します。第一回は1980年代前半(1980年から1984年)。
 この期間にHOT100にエントリーし、かつTOP10ヒットを記録しながら、年間チャートにエントリーできなかったシングルは36作。
 最も高位なのがStart Me Up、Purple Rainの2位、次いでHe's So Shy、The Wanderer、Heart Attack、King Of Painの3位となっています。

 Start Me Upは、1981/8/22付けでHOT100入り、翌8/29付けTOP40入り、10/31に最高位2位を記録。
一方、1981年(64位)、1982年(98位)と2年連続年間入りを果たしたArthur's Themeは、Start Me Upより1週早い1981/8/15付けでHOT100入り、TOP40入りはStart Me Upと同じ8/29付け。チャートイン週数もStart Me UpがHOT100 24週、TOP40 19週、TOP10 11週に対し、Arthur's ThemeはHOT100 24週、TOP40 17週、TOP10 12週とほぼ互角ながら、年間チャートでは明暗が分かれました。
 この年、年間チャートTOP100に入った作品中、最も早くHOT100にエントリーしたのはAnother One Bites The Dustの1980/8/16付け。逆に最も遅くHOT100にエントリーしたのは、前述のArthur's Themeで1981/8/15付け。
 この間にHOT100にエントリーした作品が1981年年間チャートの対象期間といえます。
 Start Me Up同様この期間を過ぎた1981/8/22付けでHOT100入りし、TOP10ヒットを記録しながら年間チャート入りを逃したのはThe Night Owls、I've Done Everything For You、The Theme From Hill Street Blues。一方、翌8/29付けでHOT100入りし、TOP10ヒットとなったPrivate Eyes、Our Lips Are Sealedの2曲は翌1982年の年間入り、Hard To Sayは"落選"となっています。
 この年の対象期間内にHOT100にエントリーし、最高位が15位以内で年間チャートにエントリーできなかった作品は、9作。うち、Dreaming(1980/9/13付けHOT100入り、最高位10位)、The Wanderer(1980/9/20付けHOT100入り、最高位3位)の2作がTOP10ヒットとなっています。

 Purple Rainは、1984/10/6付けで28位初登場、11/17付けで最高位2位を記録。この年(1984年)の年間チャートTOP100に入った作品中、最も早くHOT100にエントリーしたのは、Islands In The Streamの1983/8/27付け。逆に最も遅くHOT100にエントリーしたのは、Lucky Starで84年8月25日付け。
 この間にHOT100にエントリーした作品が1984年年間チャートの対象期間となります。Purple Rainはこの期間をはずれ、翌1985年の対象期間に該当しますが、最高位2位ながらHOT100 16週、TOP40 11週、TOP10 7週と短命ヒットで年間入りを逃しています。
 ちなみにCASEY KASEM's AMERICAN TOP40の制作会社Watermark社が独自に作成した年間チャートでは45位。そのほか、Billboard Official chart入りを逃したBlue Jean、Some Guys Have All The Luck、Desert MoonもWatermark版ではTOP100入りしています。

 HOT100 26週、TOP40 17週、最高位3位のHe's So Shyが年間入りを逃した1980年の年間チャートTOP100。この年間チャートに入った作品中、最も早くHOT100にエントリーしたのはRiseの1979/7/28付け(前年の年間チャートにもエントリー)。
 一方、最も遅くHOT100にエントリーしたのは、Upside Downで1980/7/12付け。Upside Downが最高位を記録したのは1980/9/6なので、遅くとも7月第2週までにチャートインし、9月早々にピークに達しなければ当該年度の年間チャートにエントリーできない、ということになります。
 ここまでくると 「年間チャート」というにはあまりにも実態とかけ離れている集計期間であることが分かります。

Title Artist Peak
Pos.
date HOT
100
TOP
40
TOP
10
W.M
YEAR
HOT100 TOP40 Peak
Start Me Up Rolling Stones 2 1981/08/22 1981/08/29 1981/10/31 24 19 11  
Purple Rain Prince & The Revolution 2 1984/10/06 1984/10/06 1984/11/17 16 11 7 45
He's So Shy Pointer Sisters 3 1980/07/26 1980/08/30 1980/10/25 26 17 5  
The Wanderer Donna Summer 3 1980/09/20 1980/09/27 1980/11/15 20 13 6  
Heart Attack Olivia Newton-John 3 1982/09/04 1982/09/25 1982/11/06 21 13 7  
King Of Pain Police 3 1983/08/27 1983/08/27 1983/10/08 16 13 5  
One Thing Leads To Another Fixx 4 1983/08/27 1983/09/10 1983/11/05 19 13 7  
Lookin' For Love Johnny Lee 5 1980/07/12 1980/08/02 1980/09/20 21 13 5  
Real Love The Doobie Brothers 5 1980/09/06 1980/09/06 1980/10/25 16 11 5  
Tryin' To Live My Life Without You Bob Seger & The Silver Bullet Band 5 1981/09/12 1981/09/26 1981/11/07 19 12 5  
Heartlight Neil Diamond 5 1982/09/11 1982/10/02 1982/11/13 19 11 6  
Late In The Evening Paul Simon 6 1980/08/09 1980/08/16 1980/09/27 16 12 7  
Never Knew Love Like This Before Stephanie Mills 6 1980/08/09 1980/08/30 1980/11/15 25 16 5  
The Night Owls Little River Band 6 1981/08/22 1981/09/05 1981/11/07 21 14 6  
I'm Alright Kenny Loggins 7 1980/07/12 1980/08/23 1980/10/11 22 12 5  
Hard To Say Dan Fogelberg 7 1981/08/29 1981/09/19 1981/10/31 19 10 4  
Xanadu Olivia Newton-John/Electric Light Orchestra 8 1980/08/09 1980/08/30 1980/10/11 17 10 3  
I've Done Everything For You Rick Springfield 8 1981/08/22 1981/09/12 1981/11/07 22 12 4  
Delirious Prince 8 1983/09/03 1983/09/17 1983/10/22 18 11 4  
Heart And Soul Huey Lewis & The News 8 1983/09/10 1983/10/08 1983/11/26 21 13 2  
Blue Jean David Bowie 8 1984/09/15 1984/09/29 1984/11/03 18 10 2 88
I Would Die 4 U Prince & The Revolution 8 1984/12/15 1984/12/22 1985/02/02 15 10 3  
One In A Million You Larry Graham 9 1980/06/28 1980/08/09 1980/09/20 20 9 2  
Rock This Town Stray Cats 9 1982/09/18 1982/10/23 1982/12/11 21 13 5  
Burning Down The House Talking Heads 9 1983/07/30 1983/09/03 1983/10/22 20 11 1  
Telefone(Long Distance Love Affair) Sheena Easton 9 1983/08/20 1983/09/10 1983/10/29 22 14 3  
Suddenly Last Summer Motels 9 1983/09/03 1983/09/17 1983/11/19 20 13 2  
Crumblin' Down John Cougar Mellencamp 9 1983/10/15 1983/10/22 1983/11/26 16 11 3  
Hold On To My Love Jimmy Ruffin 10 1980/03/01 1980/03/22 1980/05/03 14 9 2  
Dreaming Cliff Richard 10 1980/09/13 1980/09/27 1980/11/22 22 13 3  
The Theme From Hill Street Blues Mike Post Featuring Larry Carlton 10 1981/08/22 1981/10/03 1981/11/14 22 10 2  
Muscles Diana Ross 10 1982/10/02 1982/10/16 1982/11/13 17 10 6  
P.Y.T. (Pretty Young Thing) Michael Jackson 10 1983/10/08 1983/10/22 1983/11/26 16 9 1  
Some Guys Have All The Luck Rod Stewart 10 1984/08/25 1984/09/15 1984/10/27 17 10 1 99
Desert Moon Dennis DeYoung 10 1984/09/08 1984/09/22 1984/11/10 22 12 1 84
The Old Man Down The Road John Fogerty 10 1984/12/22 1985/01/19 1985/03/02 18 9 1  
スポンサーサイト

コメント

Watermark版年間チャートの空欄が目立ちますが、
Watermark版年間チャートが無くなった1985年を除いて、
Watermark版年間チャートでも年間TOP100内にランクイン出来なかったのは
One In A Million You / Larry Graham
Hold On To My Love / Jimmy Ruffin
P.Y.T. (Pretty Young Thing) / Michael Jackson
の3曲だけですね。
やはりTOP10内10週間というのがボーダーラインのようです。

「Purple Rain」は1984年11月17・24日付けの2位が最高位。
Billboard本誌の年間Singleチャートは1984年11月17日で区切っているので、区切りをまたいでいるPurple Rainは、1985年間チャート対象曲になります。

しかし「Purple Rain」が集計期間の区切りの関係で年間TOP100に入らなかったとなると
1985年のBillboard年間Singleチャートの
3位、WAKE ME UP BEFORE YOU GO-GO / Wham!
6位、OUT OF TOUCH / Daryl Hall & John Oates
5位、I FEEL FOR YOU / Chaka Khan
65位、ALL THROUGH THE NIGHT / Cyndi Lauper
59位、BETTER BE GOOD TO ME / Tina Turner
46位、STRUT / Sheena Easton
の年間チャートの順位が高すぎるような気がします。

集計ミスの可能性もありそうです。

  • 2016/01/09(土) 21:09:42 |
  • URL |
  • Yamapy v(^^;)v #-
  • [ 編集]

面白い特集ですね。
1975年の件もあり、年間チャートの順位はあまり気にしていないので、興味深いです。

殆どが年後半の曲の中、"Hold On To My Love"が目を惹きました。
当時、Discoで絶好調のRSOからのリリースでしたが、ヒットが短命過ぎたんですねぇ。Jimmy Ruffin 暫くぶりのヒットだったんですが、"What Becomes Of The Brokenhearted"には遠く及ばずで残念。
弟に負けないくらい、いいシンガーなのにヒットにはなかなか恵まれませんでしたね。

  • 2016/01/10(日) 01:15:39 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

Yamapyさん

>やはりTOP10内10週間というのがボーダーラインのようです。

これからご紹介する1980年代後半はTOP40滞在11週がひとつのボーダーのようです。

>「Purple Rain」が集計期間の区切りの関係で年間TOP100に入らなかったとなると1985年のBillboard年間Singleチャートの
>年間チャートの順位が高すぎるような気がします。

30年前から感じていましたが、どんな集計しているのか、よくわからないですね~。端境期をまたいだ曲のポイントに細工がありそうな気がします。

starfortさん

>1975年の件もあり、年間チャートの順位はあまり気にしていないので、興味深いです。

BBのミスを暴く、という観点からも年間チャートのネタは面白いですね。

>弟に負けないくらい、いいシンガーなのにヒットにはなかなか恵まれませんでしたね。

ニューウェーブのHeaven17とのコラボThe Foolish Thing To Doが白眉でした。
Heaven17と組んだTina Turnerが復活したように、期待をしたのですが...

  • 2016/01/10(日) 11:29:48 |
  • URL |
  • 脱壱 #CmmwLt5M
  • [ 編集]

脱壱 さん、

> ニューウェーブのHeaven17とのコラボThe Foolish Thing To Doが白眉でした。
Maxine Nightingale とのデュエット"Turn To Me"も正統派 Soul の素晴らしい Vocal でしたが、Hot 100 では残念ながら不発でした。

今知ったのですが、"Blue Jean"がエントリしている David Bowie さんが69歳でお亡くなりになったそうです。
ご冥福をお祈りいたします。

David Bowie といえば、US でのヒットより UK ヒットの方が印象に残っています。
"Rebel Rebel"は今でも My Favorite。
当時は、Status Quo や Mott the Hoople みたいに UK only の人だと思っていたので、"Fame"の大ヒットに驚いた記憶があります。

  • 2016/01/11(月) 17:47:06 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

starfortさん

>"Blue Jean"がエントリしている David Bowie さんが69歳でお亡くなりになったそうです。

7時のNHKニュースのオープニングで採り上げられていましたね。
いつまでも若々しいイメージだったんですが、69歳なんですね...
Let's Danceのころはまだ30代半ばだったのか。

>David Bowie といえば、US でのヒットより UK ヒットの方が印象に残っています。

思いっきりLet's Dance世代なんですが、後追いでチャートを眺めると、まさにUSよりUKという感じですね。
Let's DanceがUKでヒットしたころ、UKアルバムチャートTOP100中で10作がBowieの作品で占められたこともありましたから、イギリスでは我々が考える以上の大スターだったんですね。

  • 2016/01/11(月) 20:58:51 |
  • URL |
  • 脱壱 #CmmwLt5M
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad