MS-DATABASE-別館

TOP40内にニューエントリーしながら"ハイエストデビュー"にならなかったシングル(Cashbox編 )

 Cashboxシングルチャート(CB)で、TOP40以内にいきなりデビューしながら、"ハイエストデビュー"=その週の最も高位でエントリーしたシングルの称号を得られなかった作品をご紹介します。
 対象はCBがTOP100に拡大された1958年9月13日付けから、1990年最終週まで。

 CB史上最も運の悪いTOP40ニューエントリー曲はTusk-Fleetwood Mac。同作は1979/10/6付けでいきなり31位にニューエントリー。この初登場31位は、この時点(1979/10/6付)でCB史上歴代16位タイに並ぶハイエストデビュー順位。しかし、同週の23位にHeartache Tonight-Eaglesがエントリー。その時点で"ハイエストデビュー"の称号を失いました。

 TOP40内に3作がニューエントリーしたのが1985/3/16付け。38位にSome Like It Hot-Power Stationが、35位にSome Things Are Better Left Unsaid-Daryl Hall  John Oatesが、そして23位にThat Was Yesterday-Foreignerが、それぞれニューエントリー。
 なお、こちらでもご紹介したとおり、That Was YesterdayはBBのNE順位が47位、Some Things Are Better...が同55位、Some Like It Hotが同57位と、「BB誌-CB誌ニューエントリーで大きく差がついたシングル10傑(80年代・CB上位)」入りするほど、BB初登場との乖離が激しい作品。さらに3作とも№1に到達することができない、という結果に終わっています。

 1969/10/18付けでは36位にSomething、39位にCome Togetherがそれぞれニューエントリー。同一アーティストの作品が同一週にTOP40へのニューエントリーを果たした唯一のケースとなっています。
 ちなみに、こちらでも紹介したとおり、BBシングルチャートでは1969/11/29以降、「曲」単位から「シングル盤」単位に対象が変わったため、両曲が「/」で結ばれ「両面ヒット」となりましたが、CBでは相変わらず「曲」を対象とするチャートだったため、それぞれが終始異なったチャートアクションを見せています。

entry date N.E
rank
next
rank
peak
Pos.
Title Artist BB
1966/10/29 33 16 1 Winchester Cathedral New Vaudeville Band 1
36 24 1 You Keep Me Hangin' On Supremes 1
1969/10/18 36 11 2 Something Beatles 3
39 30 1 Come Together Beatles 1
1969/12/27 34 20 5 Without Love (There Is Nothing) Tom Jones 5
39 29 6 I'Ll Never Fall In Love Again Dionne Warwick 6
1979/10/06 23 12 1 Heartache Tonight Eagles 1
31 24 8 Tusk Fleetwood Mac 8
1980/09/06 31 24 7 Real Love Doobie Brothers 5
34 28 1 Woman In Love Barbra Streisand 1
1984/10/06 28 22 1 Purple Rain Prince & The Revolution 2
35 30 8 All Through The Night Cyndi Lauper 5
1985/02/09 30 25 10 Just Another Night Mick Jagger 12
40 26 1 One More Night Phil Collins 1
1985/03/16 23 17 10 That Was Yesterday Foreigner 12
35 30 15 Some Things Are Better Left Unsaid Daryl Hall John Oates 18
38 33 6 Some Like It Hot Power Station 6
1985/05/18 28 23 1 Raspberry Beret Prince & The Revolution 2
38 33 1 A View To A Kill Duran Duran 1


スポンサーサイト

コメント

80年代はBillboardよりもCashbox誌の方が、大物ほどNewEntry順位が高い傾向にありますね。

逆にCashboxの方がBillboardよりチャートの回転が遅い分、下位にNewEntryする曲はBillboardから1週間遅れてEntryする傾向がありますよね。

Cashboxが休刊し始める1993年以降を除いて
Cashbox誌のHighest NewEntry記録は
14位初登場の
WE ARE THE WORLD / USA For Africa
でよろしいでしょうか?

Billboardで
80年代Highest NewEntry記録の「THRILLER」
70年代のHighest NewEntry記録の
「LET IT BE」
は、いずれもBillboardよりも1週間早くNewEntryしてますよね。

  • 2016/01/28(木) 22:02:23 |
  • URL |
  • Yamapy v(^^;)v #-
  • [ 編集]

Yamapyさん

>80年代はBillboardよりもCashbox誌の方が、大物ほどNewEntry順位が高い傾向

That Was Yesterday-Foreigner 23 位
I Just Can'T Stop Loving You-Michael Jackson 23位
All Those Years Ago-George Harrison 25位
Dancing In The Dark-Bruce Springsteen 25位
あたりが顕著でしたね。特にThat Was Yesterdayの順位は異様な気がしました。

>Cashboxの方がBillboardよりチャートの回転が遅い分、下位にNewEntryする曲はBillboardから1週間遅れてEntryする傾向

ここらは一度データで検証してみたいと思います。

>Cashbox誌のHighest NewEntry記録は14位初登場の
WE ARE THE WORLD / USA For Africa

正解!
意外にもTOP10内ニューエントリーはないんですよね、1990年代までのCBには。

>Billboardで
80年代Highest NewEntry記録の「THRILLER」
70年代のHighest NewEntry記録の「LET IT BE」
は、いずれもBillboardよりも1週間早くNewEntryしてますよね。

ちなみに80年代、BB、CBいずれか(または両方とも)50位以内にニューエントリーした221作中、NEの日付がずれたのは7作でした。

1985/08/17 46 1985/08/24 40 Lonely Ol' Night-John Cougar Mellencamp
1980/06/14 58 1980/06/21 44 Love The World Away-Kenny Rogers
1987/08/08 46 1987/08/01 52 I Need Love-L.L. Cool J
1980/04/05 57 1980/04/12 46 Hurt So Bad-Linda Ronstadt
1984/08/18 77 1984/08/25 49 Lucky Star-Madonna
1984/02/04 24 1984/02/11 20 Thriller-Michael Jackson
1984/01/14 35 1984/01/07 61 Wrapped Around Your Finger-Police

数字左からCBのNE日付、順位、BBのNE日付、順位

  • 2016/01/29(金) 22:01:27 |
  • URL |
  • 脱壱 #CmmwLt5M
  • [ 編集]

私には、CB は BB に比べてチャートの動きが激しく、1位がどんどん変わる印象があったのですが、80年代は違ったんですね。

調べてみたら、CB のみで1位を記録した曲は、70年代は92曲もあったのに、80年代は42曲と半減してました。
(逆に BB のみでの1位は、70年代は18曲、80年代は28曲)

雑誌の印象で、世代判定ができそうですw。

  • 2016/01/30(土) 16:23:12 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

starfortさん

>調べてみたら、CB のみで1位を記録した曲は、70年代は92曲もあったのに、80年代は42曲と半減してました。
>(逆に BB のみでの1位は、70年代は18曲、80年代は28曲)

興味深いデータありがとうございました。
私も範囲をTOP10ヒットに拡大して調べてみました。
1970年代
CBのみTOP10 182作
BBのみTOP10  64作
1980年代
CBのみTOP10  52作
BBのみTOP10  104作

やはり№1ソング同様、Decadeが異なると真逆の結果となりました。
時代とチャートにより「ヒット」の解釈も異なることの表れですね。

  • 2016/01/30(土) 22:49:44 |
  • URL |
  • 脱壱 #CmmwLt5M
  • [ 編集]

脱壱 さん

TOP10 に拡大すると更に顕著ですね。
ちなみに 60年代はというと、CB のみで1位を記録した曲は52曲、BB のみでは20曲でした。
細かく見ると、1970-75 が最盛期のようで、毎年10曲以上も CB のみで1位を量産してましたw。

おっしゃるとおり、時代とチャートで「ヒット」も異なるわけですが、CB が元気だったこの時期の US は最も多様性に富んで活気のあった時代だったような気がします。

  • 2016/01/31(日) 19:08:11 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

Wrapped Around Your Finger-Police
がずれているのは
1月7日にCashboxのチャートがお休みしていたからなので単純比較出来ませんが、でも違和感強いです。

THAT WAS YESTERDAY / Foreigner
が初登場23位だった当時はCashbox購読していませんでしたが、
チャート登場3週目からCashboxお得意の2ランクアップが続き他誌と順位を合わせた?
ちなみにCashboxは3週間2ランクアップが続くと次は1ランクアップになり上昇マークが消える傾向あります。
Billboard誌の
ALL RIGHT / Christopher Cross
並みの違和感です。

TOP10曲数、No.1曲数が逆転したのは1985年辺りからでしょうか?

  • 2016/02/01(月) 22:22:12 |
  • URL |
  • Yamapy v(^^;)v #-
  • [ 編集]

starfortさん

>CB が元気だったこの時期の US は最も多様性に富んで活気のあった時代だったような気がします。

RWもあったし、RRも出始めたし、70年代中盤から後半にかけてのミュージックシーンはバラエティに富んでいましたね。
リアルタイムで体感したかったな~


Yamapyさん

>Cashboxは3週間2ランクアップが続くと次は1ランクアップになり上昇マークが消える傾向あります。

BBもそうですが、チャートごと、時代にごとにいろいろな「傾向」が見られますよね。作為的なものも含めて。
少しここら辺をまとめてみたいと思います。

  • 2016/02/01(月) 22:51:05 |
  • URL |
  • 脱壱 #CmmwLt5M
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad