MS-DATABASE-別館

Billboard Black Singlesチャートのジャンプアップ記録

Billboard Black Singlesチャートの様々なチャートアクションをご紹介。今回はジャンプアップ記録。
 対象期間はチャートサイズがTOP100に拡大された1973/7/14付からBDS、サウンドスキャンが導入される直前週である1992/11/28付まで。

 この間、前週から大きくジャンプアップしたのは1978/04/22付で前週の72位から19位へと53ランクアップしたThe Groove Line-Heatwave。
 これに次ぐのが1978/01/07付で87位から35位へ52ランクアップした同じくHeatwaveのAlways And Forever。奇しくもHeatwaveが上位を占めることになりました。
 また期間3位にあたる50ランクアップ(Used Ta Be My Girl-The O'Jays 73位から23位)もhe Groove Line-Heatwave同様、1978/04/22付で記録されています。

■前週から45ランク以上アップしたシングル
日付 ジャンプ幅 当該週 前週 Title Artist
1978/04/22 53 19 72 The Groove Line Heatwave
1978/01/07 52 35 87 Always And Forever Heatwave
1978/04/22 50 23 73 Used Ta Be My Girl The O'Jays
1973/07/21 48 31 79 Let's Get It On Marvin Gaye
1985/04/06 48 10 58 We Are The World USA For Africa
1982/03/20 47 37 84 Get Down On It Kool & The Gang
1980/09/27 47 36 83 Master Blaster (Jammin') Stevie Wonder
1977/11/19 46 34 80 Reach For It George Duke
1978/12/16 46 38 84 Aqua Boogie (A Psychoalphadiscobetabioaquadoloop) Parliament
1991/04/27 45 39 84 I Wanna Sex You Up Color Me Badd


 下位から最も大きくジャンプアップしTOP10入りしたのはWe Are The World-USA For Africa。
 1985/03/30付で58位にニューエントリーし、翌週10位へと48ランクとジャンプアップ。48ランクアップは全体でも4位に当たるジャンプアップ記録です。
 前週30位台からTOP10入りしたのは、Reunited-Peaches & Herb、Upside Down-Diana Ross、Billie Jean-Michael Jacksonの3曲。
 Upside DownはHOT100でも49位から10位へ39ランクアップを記録しています。

■前週から17ランク以上アップしてTOP10入りしたシングル
日付 ジャンプ幅 当該週 前週 Title Artist
1985/04/06 48 10 58 We Are The World USA For Africa
1979/04/07 28 9 37 Reunited Peaches & Herb
1980/07/26 26 7 33 Upside Down Diana Ross
1983/02/05 23 8 31 Billie Jean Michael Jackson
1977/06/25 20 7 27 A Real Mother For Ya Johnny "Guitar" Watson
1978/09/16 19 10 29 One Nation Under A Groove - Part I Funkadelic
1974/08/24 17 10 27 Can't Get Enough Of Your Love, Babe Barry White
1984/10/27 17 10 27 Purple Rain Prince & The Revolution
1976/11/20 17 10 27 Car Wash Rose Royce
1980/03/01 17 8 25 Stomp! The Brothers Johnson
1977/01/29 17 9 26 Be My Girl The Dramatics
1980/12/27 17 6 23 Heartbreak Hotel The Jacksons

 最も大きくジャンプアップして1位になったのはGot To Give It Up (Pt. I)-Marvin Gaye。
 1977/04/30付で前週の13位から12ランクアップして1位に輝きました。
 二桁ランクアップでの1位到達はこの曲のみ。この間、1位への大ジャンプアップ記録はなかなかお目にかかることはできませんでした。

■前週から6ランク以上アップして№1になったシングル
日付 ジャンプ幅 当該週 前週 Title Artist
1977/04/30 12 1 13 Got To Give It Up (Pt. I) Marvin Gaye
1979/01/20 8 1 9 Aqua Boogie (A Psychoalphadiscobetabioaquadoloop) Parliament
1973/08/18 7 1 8 Let's Get It On Marvin Gaye
1983/02/12 7 1 8 Billie Jean Michael Jackson
1977/01/08 7 1 8 Darlin' Darlin' Baby (Sweet, Tender, Love) The O'Jays
1979/06/16 6 1 7 Ring My Bell Anita Ward
1989/05/27 6 1 7 My First Love Atlantic Starr
1983/07/30 6 1 7 She Works Hard For The Money Donna Summer
1976/08/07 6 1 7 Getaway Earth, Wind & Fire
1978/07/01 6 1 7 Stuff Like That Quincy Jones


 30位以内にいきなりエントリーしたシングルは9作。最も高位置でのエントリーは1982/01/23付で14位にエントリーしたThat Girl-Stevie Wonder。
 翌週一気に1位かと思いきや、8位へと6ランクアップ。以降5位→4位とアップし、5週目で1位に到達しました。

 これに続くのはThe Girl Is Mine    Michael-Jackson/Paul McCartneyの21位(1982/11/13付)。こちらは翌週10位に上昇するも以降6位→3位→3位→3位→3位→3位→3位となんと3位に6週間足止め。1位獲得ならずか、と思いきや登場10週目で1位に輝きました。
 
 期間3位に当たる24位にニューエントリーしたBig Fun-Kool & The Gang(1982/08/28付)は2週目以降18位→16位→13位→10位→8位→7位→6位→6位→6位→12位→40位と№1どころかTOP5入りも果たせませんでした。
これを上回るのがWelcome To The Club-The Brothers Johnson(1982/11/27付27位ニューエントリー)。2週目以降、21位→17位→15位→13位→13位→13位→13位→15位とTOP10入りできず。HOT100におけるAll Right-Christopher Crossのような結果となってしまいました。
 
 興味深いのが1982/10/16付でともに25位と28位という高位置でニューエントリーしたSexual Healing-    Marvin GayeとTruly-Lionel Richie。
Sexual Healingは25位→15位→3位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位→1位と1980年代唯一、10週1位を獲得。
 一方、Trulyは28位→23位→11位→8位→2位→2位→2位→2位→2位→2位→2位→2位→2位とSexual Healingに阻まれ9週2位に据え置かれました(HOT100ではSexual Healing3位、Truly1位)。
 HOT100におけるPhysical-Waiting For Girl Like Youをほうふつさせるようなチャートアクションでありました。

■30位以内にニューエントリーしたシングル
日付 初登場順位 最高位 Title Artist
1982/01/23 14 1 That Girl Stevie Wonder
1982/11/13 21 1 The Girl Is Mine Michael Jackson/Paul McCartney
1982/08/28 24 6 Big Fun Kool & The Gang
1982/10/16 25 1 Sexual Healing Marvin Gaye
1981/10/03 27 1 Take My Heart (You Can Have It If You Want It) Kool & The Gang
1982/11/27 27 13 Welcome To The Club The Brothers Johnson
1991/02/23 28 3 Let's Chill Guy
1982/10/16 28 2 Truly Lionel Richie
1983/03/05 28 4 Tonight The Whispers



スポンサーサイト

コメント

Trulyは、Sexual Healingを1度も上回ることはなかったのですね。

気になったのが
THRILLER / Michael Jackson
が無いこと。

全くの平凡なチャートアクションに終わってしまったのでしょうか?

次回はwks on chart関係ですね。
最速No.1曲
最遅No.1曲
最長ランキング記録
アーティスト別のNo.1獲得週数

あとR&B Albumの記録も楽しみにしています。

  • 2017/05/28(日) 22:00:24 |
  • URL |
  • Yamapy v(^^;)v #-
  • [ 編集]

>気になったのがTHRILLER / Michael Jacksonが無いこと。
>全くの平凡なチャートアクションに終わってしまったのでしょうか?

R&Bチャートのチャートアクションは以下の通りです。
46-19-5-3-3-7-9-14-20-29-38-45-61-98

2週目に46位-19位とジャンプアップしたのが目を引くぐらいであまり振るわなかったようです。

>次回はwks on chart関係ですね。
>最速No.1曲
>最遅No.1曲
>最長ランキング記録
>アーティスト別のNo.1獲得週数

ここら辺はDB化が終わったので今週中にはアップできるかと思います。

>あとR&B Albumの記録も楽しみにしています。

DB化が不完全ですが、1位の記録あたりをご紹介したいと思います。

  • 2017/05/28(日) 22:26:42 |
  • URL |
  • 脱壱 #-
  • [ 編集]

私はAtlanticやStaxのサウンドが好みなので、Disco Era以前の曲がLet's Get It Onしか入っていないのは少々寂しいですね。

もし機会がありましたら、何とか比較可能と思われる1965/1/30以降を入れた場合のデータもご紹介頂けるとうれしいです。(アルバムは1972年に7週間の空白があるのが難点ですが…)

1位へのジャンプアップ最高記録はシングルだと22位から1位のYou Can't Hurry Love、アルバムは初登場1位のStevieを除くと22位から1位のTemptations Live!と予想しています。次点はArethaあたりかな?

  • 2017/05/28(日) 23:52:19 |
  • URL |
  • starfort #mQop/nM.
  • [ 編集]

脱壱様、ありがとうございます。
THRILLER / Michael Jackson はHOT100では驚異の初登場20位
(Single発売前にAirPlayが先行していたということもありますが…)
だった割にはR&Bチャートの方では平凡なチャートアクションだったのですね。

もし、当時サウンドスキャン、B.D.Sが導入されていたら初登場1位だったかもしれませんね。

あと
WE ARE THE WORLD / USA For Africa
もそうですが…
HOT100よりもR&Bチャートの方がチャート登場が1週間遅れですよね。

これって、HOT100以外のチャートは、全てHOT100から1週間遅れでチャートが集計されていたのでしょうか?

Countryでも似たような傾向なので気になります。

  • 2017/05/29(月) 12:01:15 |
  • URL |
  • Yamapy v(^^;)v #-
  • [ 編集]

starfortさん

>もし機会がありましたら、何とか比較可能と思われる1965/1/30以降を入れた場合のデータもご紹介頂けるとうれしいです。

ありがとうございます。私もPreTOP100Eraのデータもご紹介しようかと思っておりました。
なかなか平日は仕事の関係でアップするのが難しいので、週末にご紹介できればと思います。

>1位へのジャンプアップ最高記録はシングルだと22位から1位のYou Can't Hurry Love、アルバムは初登場1位のStevieを除くと22位から1位のTemptations Live!と予想しています。次点はArethaあたりかな?

鋭いですね。結果は乞うご期待。


Yamapyさん

>HOT100よりもR&Bチャートの方がチャート登場が1週間遅れですよね。
>これって、HOT100以外のチャートは、全てHOT100から1週間遅れでチャートが集計されていたのでしょうか?

VariousチャートとHOT100のエントリー日付はいろいろと謎が多いですよね。
Variousチャートの方が早くエントリーするのな分かるのですが?
少しサンプルを採って比較してみるのも面白かもしれません。

  • 2017/05/29(月) 19:58:50 |
  • URL |
  • 脱壱 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad