FC2ブログ

イタリアチャート#1シングルのあれこれ

 ドイツチャートの№1特集に続き、今回はイタリアシングルチャートの№1を特集しました。
 チャート対象期間は1959年から2000年まで。
 イタリアチャートの特長は、自国のアーティスト(イタリア語)による曲が圧倒的に多いことにあります。5曲以上の№1をもつアーティスト11組のうち、イタリア出身のアーティストが9組。さらに12週以上の長期間№1に輝いた曲26曲のうち、実に19曲を占めるに至っています。これは英語圏のイギリス、カナダやオーストラリアはもとより、非英語圏であるドイツチャートにも見られない現象です。
 つまりイタリア人から見て外国人アーティスト(の楽曲)は、№1をとることがかなり難しいといえます。ここら辺は日本のチャートと似ているところでもあります。
 
 イタリアチャートで最も長期に亘って№1を獲得したのは、Kaomaの「Lambada」で20週。あの脳天気(死語)な曲がこのラテンの国でビッグヒットを記録したことは、妙に納得できてしまいます(しかし、ドイツチャートでも10週間1位だったですからね...。)
 続いて「Un'Estate Italiana」だの「In Ginocchio Da Te」だの「Rapput」だの、なんと読むのか分からないイタリアの曲が続きます。
 英語圏のなじみ深い長期№1に目を転じますと、「Candle In The Wind 1997」がイタリアでも16週間1位を独走。
 他にCoolioの「Gangsta'S Paradise」(13週)、Madonnaの「Who's That Girl」(12週)などに交じり、Bugglesの「Video Killed The Radio Star」が14週№1に輝いています。
 
 11週以下の№1では、Bruce Springsteenの「Streets Of Philadelphia」(9週)、Duran Duranの「Mixing」(こんな曲あった?)(3週)あたりが目立つ程度です.。
 なお1982年、我が国でもヒットした映画主題曲、Phoebe Cates(フィービー・ケイツ)の「Paradise(パラダイス)」(10週)やRichard Sanderson(リチャード・サンダーソン)の「Reality(愛のファンタジー)」(8週)がビッグヒットを記録。分からないでもないが、新鮮で意外だなあ。

■イタリアチャートで12週以上1位を記録したシングル
Title Artist #1
週数
初№1日付
Lambada Kaoma 20 1989/09/23
Un'Estate Italiana Gianna Nannini & Edoardo Bennato 19 1990/02/10
In Ginocchio Da Te Gianni Morandi 17 1964/07/18
Rapput Claudio Bisio 16 1991/07/13
Something About The Way You Look Tonight/Candle In The Wind 1997 Elton John 16 1997/10/04
Tu Sei L'Unica Donna Per Me Alan Sorrenti 14 1979/06/23
A Blue Shadow Berto Pisano 14 1974/04/06
Video Killed The Radio Star Buggles 14 1980/03/15
Sabato Pomeriggio Claudio Baglioni 14 1975/08/23
Pensieri E Parole Lucio Battisti 14 1971/06/05
Il Cielo In Una Stanza Mina 14 1960/10/15
(Out Here)On My Own Nikka Costa 14 1981/08/15
Gangsta's Paradise Coolio Feat. L.V. 13 1995/12/09
Il Mio Nome E' Mai Piu Liga /Jova /Pelu' 13 1999/07/10
Un Anno D'Amore Mina 13 1965/04/03
Il Padrino Santo & Johnny 13 1972/09/16
Ti Amo Umberto Tozzi 13 1977/07/23
Tu Umberto Tozzi 13 1978/07/01
Nata Per Me Adriano Celentano 12 1961/11/18
Stai Lontana Da Me Adriano Celentano 12 1962/06/16
E Tu Claudio Baglioni 12 1974/07/27
Ancora Tu Lucio Battisti 12 1976/04/03
La Collina Dei Ciliegi Lucio Battisti 12 1973/11/10
Una Donna Per Amico Lucio Battisti 12 1978/10/21
Who'S That Girl Madonna 12 1987/08/08
Scandalo Al Sole Percy Faith 12 1960/04/30

  アーティスト別では、Adriano Celentano(15曲)、Gianni Morandi(11曲)、Lucio Battisti(10曲)、Rita Pavone(8曲)、Domenico Modugno(7曲)などイタリアの誇るビッグアーティスト(おそらく)に交じり、Madonna(15曲)、Michael Jackson(7曲)といったワールドワイドなアーティストが多数の№1を放っています。

 因みにBeatlesはSimple Minds(!)、Depeche Mode、Duran Duranと並んで№1は4曲。しかしSimple Mindsがイタリアで受けるって...。


■イタリアチャートで4作以上№1シングルをもつアーティスト
1
曲数
Artist #1
週数
15 Adriano Celentano 71
15 Madonna 69
11 Gianni Morandi 65
10 Lucio Battisti 85
8 Rita Pavone 34
7 Domenico Modugno 34
7 Michael Jackson 31
7 Jovanotti 24
6 Renato Zero 20
5 Claudio Baglioni 37
5 Mina 36
4 Elton John 32
4 Gianna Nannini 26
4 Pooh 19
4 Duran Duran 16
4 Beatles 15
4 Bobby Solo 12
4 U2 12
4 Simple Minds 9
4 Depeche Mode 6


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
イタリアのチャートですか、知らない曲が多いです。
でも"Lambada"の大ヒットには納得ですね。
イタリア人アーチストでアメリカでヒットした人いるのでしょうか?思い当たらないです。

こんばんは!

「イタリア人アーチストでアメリカでヒット」というと、真っ先にイヴ・モンタン、次いでマントヴァーニ、リビン・ジョイ、ニーノ・ロータ、そしてジョルジオ・モロダーが思い浮かびます。
ドイツに比べると少ないですね~
MS-DATABASEリンク集
最新コメント
最新の記事
一応、ジャンル分け
塗りつぶせ
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
キーワードは、と